おすすめの「KC(ケーシー)」に関する記事


【音楽ライターに聞いた】ピックホルダーおすすめ9選|マイクスタンドからボディ・ヘッド用まで

【音楽ライターに聞いた】ピックホルダーおすすめ9選|マイクスタンドからボディ・ヘッド用まで

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ピックホルダーの選び方や、おすすめのピックホルダー9選を紹介します。マイクスタンド用、ボディ用、ヘッド用から厳選。ギタリストの演奏スタイルに合わせて、どう選んだらよいかポイントをお聞きしました。ショッピングサイトの人気ランキングも参考にしてください。ピックホルダーがあれば、演奏中にピックを落としたときでも予備のピックをすばやく取り出せますし、ピックの保管場所として使うことも可能です。自分のスタイルに合ったピックホルダーを見つけてください。


【ベースケースのおすすめ6選】音楽ライターが厳選! リュックタイプからハードケースまで

【ベースケースのおすすめ6選】音楽ライターが厳選! リュックタイプからハードケースまで

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベースケースの選び方とおすすめ商品6選を紹介します。ベースケースにはソフトケース、ギグバッグ、リュックタイプ、ハードケースなどさまざまなタイプがあります。そして保護性能はもちろん、ストラップの担ぎやすさや収納力などそれぞれに特徴があります。自分のベースに合うケースはどれなのか、移動や保管時の利便性はどうかなど、想像しながら記事をチェックしてみてください。


カスタネットのおすすめ5選|音楽ライター厳選【フラメンコ用・教育用など】

カスタネットのおすすめ5選|音楽ライター厳選【フラメンコ用・教育用など】

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、カスタネットの選び方とおすすめのカスタネットをご紹介します。カスタネットは、誰もが子どものころから慣れ親しんでいる楽器で、フラメンコやオーケストラ、バンドのパーカッションでも広く使われています。うまく演奏できるようになれば、いろいろな場面で音楽をより楽しめるようになりますよね。カスタネットには、学校などでよくみる教育用のものから、フラメンコで使う本格的なもの、バンドで使いやすいものまで、サイズや材質・形状もさまざまです。この記事を参考にしてぜひお気に入りをみつけてくださいね。


【音楽ライターがおすすめする譜面台7選】高さや機能で選ぼう!

【音楽ライターがおすすめする譜面台7選】高さや機能で選ぼう!

楽器の演奏中に、見やすい位置に譜面を置くことができる譜面台。オーケストラや吹奏楽の奏者には必須ですが、それ以外の人にとっても便利なもの。ほとんど譜面を使わないというバンド系のプレイヤーでも、コード表や歌詞カードなど、演奏しながら見たいものは意外に多いものです。また、譜面台はどれも同じように見えますが、調整できる高さや、調整の方法など、少しずつ違いがあり、使い方に合わせて選ぶ必要があります。そこでこの記事では、音楽ライターの田澤 仁さんに取材し、譜面台の選び方とおすすめの譜面台を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


ギタースタンドおすすめ5選|吊り下げタイプのものもご紹介!

ギタースタンドおすすめ5選|吊り下げタイプのものもご紹介!

本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ギタースタンドの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。ギタリストにとって、あると便利なギタースタンド。演奏の合間にちょっとギターを置くだけでなく、インテリアの一部としてギターを飾るなど、日常の保管場所として便利に使えるものもあります。日ごろからギタースタンドで手の届くところにギターを置いておけば、億劫がらずにすぐに練習しようという気になるかもしれませんね。ぜひ、本記事を参考にあなたに合ったギタースタンドを選んでみましょう!


ギターストラップおすすめ7選|音楽ライターが選んだストラップとは?

ギターストラップおすすめ7選|音楽ライターが選んだストラップとは?

音楽ライターの田澤仁さんに取材し、ギターストラップの選び方と、おすすめの製品を教えてもらいました。立ってギターを演奏するときに必要なのがストラップです。ギター周辺のアクセサリの中では地味にも思えるかもしれませんが、これが意外に重要な存在。ストラップひとつで全体の見た目の印象も変わるし、演奏のしやすさも違ってきます。カラーはもちろん、素材や太さなど、とても色々な種類があるストラップですが、できれば自分にぴったりのものを見つけておきたいところです。ぜひ、参考にしてくださいね!


キーボードケースおすすめ12選|ソフト・ハード・鍵盤のサイズで選ぶ!

キーボードケースおすすめ12選|ソフト・ハード・鍵盤のサイズで選ぶ!

キーボードの持ち運びや保管時には、キーボードケースに入れておく必要があります。タイプはハードとソフトの2タイプ。ほかに鍵盤のサイズや商品によって対応している機種も異ってきます。そこで、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部が選んだキーボードケースのおすすめ商品12選と、キーボードケースの選び方をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る