おすすめの「日本酒」に関する記事

日本酒の選び方、おすすめ情報と、関連情報をお届けします。

日本酒に関連するタグ

にごり酒・どぶろく
>>日本酒に関連するタグ一覧

島根の日本酒おすすめ7選と選び方|現場をよく知る日本酒ライターに取材

島根の日本酒おすすめ7選と選び方|現場をよく知る日本酒ライターに取材

唎酒師で日本酒ライターでもある関 友美さんに島根県の日本酒おすすめ7選と選び方を教えてもらいました。島根県といえば誰もが知る「出雲大社」があるところ。そしてあまり知られていませんが、日本酒発祥の地ともいわれています。この記事ではそんな島根県の日本酒を厳選してご紹介します。ぜひお気に入りにの一本を見つけてくださいね。


熱燗でおいしい日本酒おすすめ10選【酒屋の三代目が厳選】味わいの変化を楽しもう

熱燗でおいしい日本酒おすすめ10選【酒屋の三代目が厳選】味わいの変化を楽しもう

唎酒師で酒屋の三代目でもある小林健太さんに、熱燗でおいしい日本酒の選び方とおすすめ商品をうかがいました。寒い日は熱燗でキュッと一杯。温かい日本酒が冷えた体を内側から温め、温かい食事と一緒に、ホクホクと楽しむ。今も昔も変わらない、熱燗を美味しく楽しむシチュエーションです。でも熱燗の魅力は季節感のあるシチュエーションを楽しむだけにとどまりません。燗酒は、温かい食事との相性が良いのはもちろん、お酒の味わい自体をまろやかにし、味わいをふくらませてくれます。また体温に近いぬる燗は体に優しい酔い方をする飲み方とも言われています。そんな燗に向くお酒を、小林健太さんの視点を参考に選んでみてください。


岐阜の日本酒おすすめ8選|国際唎酒師が選び方のポイントを解説!

岐阜の日本酒おすすめ8選|国際唎酒師が選び方のポイントを解説!

国際唎酒師に聞いた、岐阜の日本酒の選び方とおすすめ商品をご紹介します。岐阜県は、日本のほぼ中央にある山に囲まれた地域です。大きくわけると、冬は雪が多く寒冷な気候が酒造りに適している北部の「飛騨地方」、平野部と山間部の両方の特色があり、米作りや酒造りに恩恵をもたらす川の恵み豊かな南部の「美濃地方」があり、それぞれ気候や風土が大きく異なります。現在、40を超える酒蔵が県内に広く点在しており、全国でも有数の酒どころです。この記事では、国際唎酒師の宇津木聡子さんに、岐阜の日本酒を選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせて参考にしてみてください。


富山の日本酒おすすめ6選|唎酒師が教えるとっておきの日本酒とは

富山の日本酒おすすめ6選|唎酒師が教えるとっておきの日本酒とは

唎酒師で日本酒ライターでもある関 友美さんに、富山の日本酒の選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。日本酒づくりには「水」「適度な冬の寒さ」「良質な原料米」が欠かせません。富山県は、名水と呼ばれる水源が多く、「山田錦」「五百万石」といった酒米の生産も盛んな日本酒づくりに適した場所です。この記事を参考に、富山のおいしい日本酒を楽しんでみてください。


日本酒パックおすすめ10選【日本酒学講師が教える】燗にして楽しむ

日本酒パックおすすめ10選【日本酒学講師が教える】燗にして楽しむ

酒匠で日本酒学講師の石黒建大さんに聞いた、日本酒パックの選び方とおすすめ商品を紹介します。日本酒パックは、家で日本酒を楽しみたいときにちょうどよく、日本酒を飲んだことのない方でも気軽においしく楽しめるお酒です。最近では非常にリーズナブルな価格で高品質、手軽に入手できる商品が増えており、糖質ゼロなどの機能性をもったものまで幅広く販売されています。ご家庭での晩酌、料理酒として日本酒パックをお探しの方は、本記事をぜひ参考にしてくださいね。


【静岡の日本酒】おすすめ5選|おいしい日本酒を選ぶコツを日本酒ライターが紹介

【静岡の日本酒】おすすめ5選|おいしい日本酒を選ぶコツを日本酒ライターが紹介

唎酒師で日本酒ライターの関 友美さんに、静岡の日本酒の選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。2008年「洞爺湖サミット」において乾杯酒として選ばれたことをキッカケに、静岡県は酒どころとしてその実力が国内外に知られるようになりました。この記事では、唎酒師で日本酒ライターの関 友美さんにお話をうかがい、静岡県のおいしい日本酒5選とその選び方をご紹介します。漁港の多い静岡ならではの、海の幸にも合う日本酒をぜひ楽しんでみてください。


【岡山の日本酒】おすすめ9選|日本酒通も唸るおいしさのひみつを日本酒学講師が解説

【岡山の日本酒】おすすめ9選|日本酒通も唸るおいしさのひみつを日本酒学講師が解説

酒匠で日本酒学講師の石黒建大さんに、岡山県の日本酒のおすすめを教えてもらいました。現代の日本酒に使用される酒造好適米のほとんどのルーツが岡山県の「雄町(おまち)」といわれています。現在はおこなわれていませんが、昭和初期の全国清酒品評会では、上位入賞するには「雄町で醸した吟醸酒でなければ不可能」と言われたほどです。実際に、昭和初期の品評会では、岡山酒の上位入賞が目立ちました。また、古くからの銘醸地で、万葉集にも、現在の岡山県である吉備の国(きびのくに)の酒を詠(よ)んだ歌が出てくるほどです。この記事では、そんな岡山の日本酒のおすすめ商品と選び方のポイントをご紹介します。ぜひお気に入りの一本を見つけてくださいね。


石川県の日本酒おすすめ10選|日本酒学講師が選び方のポイントを紹介

石川県の日本酒おすすめ10選|日本酒学講師が選び方のポイントを紹介

石川県の日本酒を選ぶポイントとおすすめの商品を、日本酒学講師の石黒建大さんに教えていただきました。石川県といえば、加賀前田家100万石の独自の文化を現代に受け継ぎ、加賀料理と呼ばれる独特の食文化を誇ります。日本酒に関しても豊臣秀吉が全国の銘酒を集めて開催した「醍醐の花見」にも伝説の加賀の菊酒が登場しています。また、現代でも銘醸地として知られ、全国で銘酒を造る能登杜氏組合が存在し、農口杜氏をはじめ名杜氏を多数輩出しています。この記事では、数ある石川県の日本酒から厳選した商品をご紹介します。ぜひ参考にしていただき、お気に入りの一本を見つけてください。


酒燗器おすすめ7選【国際唎酒師が選ぶ】電気式も湯煎式もご紹介!

酒燗器おすすめ7選【国際唎酒師が選ぶ】電気式も湯煎式もご紹介!

国際唎酒師で、マーケティングコンサルタントでもある宇津木聡子さんに、酒燗器おすすめ8選と選び方を教えてもらいました。温めたお酒は、冷酒とはまた違う味わいで楽しめ、食との合わせ方の幅も広がります。また、お燗酒には、体温に近い温度で吸収されるアルコール分が冷酒よりもスムーズに吸収され、酔いに気づく前につい飲み過ぎてしまうことがないことや、からだが温まることなど、からだにやさしい効果のある飲み方でもあります。電子レンジでお酒を温めてしまうこともできますが、やはり食卓でゆっくり楽しむのに、便利でうれしいのが酒燗器。ご自身がお酒を楽しむスタイルに合うものを選び、ときには、ひと手間かけてお燗酒を味わってみませんか?


北海道の日本酒おすすめ11選|銘柄や蔵元など地酒選びのポイントを解説

北海道の日本酒おすすめ11選|銘柄や蔵元など地酒選びのポイントを解説

日本酒ライター関 友美さんへの取材をもとに、北海道の日本酒選びのポイントやおすすめの銘柄、また代表的な蔵元をご紹介します。北海道の醸造所は現在12か所、大地ときれいな空気、酒づくりに適した寒い気候、潤沢な水資源などの自然の恵みを活かし、北海道ならではのおいしい日本酒を製造しています。酒米の品質向上に合わせて、注目を集めている北海道の日本酒。日頃から日本酒が好きな方はもちろん、お気に入りを探したい方や北海道土産を検討している方まで必見の内容です。ぜひ最後まで読んでくださいね。


長野の日本酒おすすめ6選|唎酒師が人気銘柄を厳選して紹介

長野の日本酒おすすめ6選|唎酒師が人気銘柄を厳選して紹介

唎酒師に聞いた長野の日本酒のおすすめ6選をご紹介します。山々に囲まれ、豊かな自然と水に恵まれている長野県。広い県内には自然の恵みを存分に生かし、古くから酒づくりに励んでいる酒蔵が数多くあります。この記事では、唎酒師の関 友美さんに長野の日本酒を選ぶときのポイントとおすすめの商品を教えていただきました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。参考にして、ぜひお気に入りの一本を見つけてください。


福岡の日本酒おすすめ13選|酒類ジャーナリストと編集部が厳選して紹介

福岡の日本酒おすすめ13選|酒類ジャーナリストと編集部が厳選して紹介

酒類ジャーナリストの松﨑晴雄さんへの取材をもとに、日本酒好き必見の福岡の日本酒のおすすめと上手な選び方を紹介します。九州というと焼酎のイメージが強いですが、福岡県は日本酒の生産が盛んで、酒蔵の数と生産量は九州一! 多くの酒蔵がさまざまなタイプの酒を造っています。福岡のおいしいものと合わせて福岡の日本酒も楽しんでみましょう。


日本酒学講師が選ぶ! おすすめの日本酒吟醸10選

日本酒学講師が選ぶ! おすすめの日本酒吟醸10選

本記事では、日本酒学講師の石黒建大さんへの取材をもとに、純米吟醸酒・吟醸酒の選び方とおすすめ商品10選をご紹介します。日本酒とひと口にいっても、いくつかの種類があります。吟醸酒は「特定名称酒」のひとつで、酒米を60%以下まで削って造る日本酒。華やかな香りとお米の繊細な味わいを楽しむことができます。商品によってまるで違う個性をもっているのが日本酒の魅力。日本酒のエキスパートの解説を参考に、お気に入りの純米吟醸酒・吟醸酒を見つけてみてくださいね。


香川の日本酒のおすすめ5選|酒匠がおいしいお酒の選び方を紹介

香川の日本酒のおすすめ5選|酒匠がおいしいお酒の選び方を紹介

酒匠が選ぶ香川のおすすめ日本酒をご紹介します。季節ごとに旬を迎える食材が変わっていく日本は、素晴らしい食材とおいしいお酒の宝庫です。季節の味覚に合わせて、キンキンに冷やして楽しんだり、燗をつけて楽しんだりできるのは日本酒の大きな魅力。ぜひ旬の食材に合わせて日本酒を選んでみましょう。この記事では、酒匠・緋田和美さんにお話をうかがい、香川県のおいしい日本酒とその選び方をご紹介します。口当たりがやさしい香川の日本酒を味わうきっかけにしてみてくださいね。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


山口の日本酒おすすめ10選|獺祭や貴、わかむすめなどの地酒をご紹介

山口の日本酒おすすめ10選|獺祭や貴、わかむすめなどの地酒をご紹介

国際唎酒師が選ぶ山口の日本酒10選をご紹介します。『獺祭』に代表される山口県の日本酒は、県内の蔵元が連携して積極的に輸出・販路拡大、ブランド力の強化などに取り組んでおり、年々出荷量が増えてきています。それぞれの蔵元が個性豊かな日本酒を造っており、2009年から年に一度東京で開催される「やまぐちの地酒維新」というイベントは、毎年チケットが即完売になるほどの盛況ぶりです。そこで、国際唎酒師の宇津木聡子さんに山口の日本酒のおすすめ10選とその選び方について教えてもらいました。ぜひこの機会に年々質が高まる山口の日本酒を味わってみてくださいね。また、最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。


【奈良の日本酒】選び方&おすすめ商品10選|国際唎酒師が解説!

【奈良の日本酒】選び方&おすすめ商品10選|国際唎酒師が解説!

国際唎酒師が選ぶ奈良の日本酒10選をご紹介します。奈良県は、日本酒醸造発祥の地のひとつともいわれている場所です。歴史ある蔵元が多く存在し、それぞれが個性的な日本酒を造っています。そこで、国際唎酒師の宇津木聡子さんに、奈良のおいしい日本酒10選と選び方のポイントをうかがいました。宇津木さんが選んでくださったバラエティ豊かな日本酒から、自分好みの1本を見つけてください。また、最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらぜひ参考にしてみてくださいね。


山形の日本酒おすすめ10選|飲みやすい甘口タイプや出羽桜もご紹介!

山形の日本酒おすすめ10選|飲みやすい甘口タイプや出羽桜もご紹介!

唎酒師(ききさけし)が選ぶ山形の日本酒10選をご紹介します。山形には54の蔵元(仙台国税局作製2019年1月1日現在「山形酒蔵マップ」)があり日本酒を生産しています。そこで、国際唎酒師の宇津木聡子さんに、山形の日本酒を選ぶ際のポイントとおすすめの商品を教えてもらいました。ぜひ、山形の日本酒選びの参考にしてくださいね。


新潟の日本酒おすすめ13選|各エリアの代表的な蔵元や銘柄もご紹介

新潟の日本酒おすすめ13選|各エリアの代表的な蔵元や銘柄もご紹介

日本酒ジャーナリストが選ぶ新潟の日本酒をご紹介します。日本酒メーカーの数と成人1人あたりの日本酒消費量がトップクラスの新潟県は、生産量も兵庫や京都につぎ第3位と、日本有数の酒どころです。なかでも「幻の酒」と呼ばれた『越乃寒梅』は、「地酒ブーム」の火付け役となり、以後も『八海山』『久保田』『〆張鶴』などが人気を集めてきました。そんな新潟の日本酒にはさまざまな銘柄があり、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。そこで、日本酒ジャーナリストの松﨑晴雄さんにお話をうかがい、新潟の日本酒の選び方とおすすめの銘柄について教えてもらいました。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


福井の日本酒おすすめ10選|人気の銘酒から唎酒師が厳選して紹介

福井の日本酒おすすめ10選|人気の銘酒から唎酒師が厳選して紹介

本記事では、国際唎酒師である宇津木聡子さんへの取材をもとに、福井の日本酒の選び方とおすすめ商品10選をご紹介します。福井には、おいしい日本酒造りに適した条件がそろっています。県内各地に良質な名水が流れ、酒米のなかでも代表的な「五百万石」づくりがさかんな福井では、良質な素材にこだわり、それらの良さを引きだす日本酒造りが行なわれています。商品によって飲み口や風味が異なるため、ポイントをおさえてお好みの商品を見つけてみてください。


甘口日本酒おすすめ8選|日本酒専門家・唎酒師が選ぶ!【進化を味わう】

甘口日本酒おすすめ8選|日本酒専門家・唎酒師が選ぶ!【進化を味わう】

最近は醸造技術や酵母の進化により、多様な甘口の日本酒が登場しています。とはいってもいざ選ぶとなると、香りをはじめ甘みや酸味の度合いなど、どれを選べばよいか迷ってしまうかもしれません。そこでこちらの記事では、酒屋の三代目で唎酒師でもある小林健太さんに取材をし、甘口日本酒の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。新たな甘口日本酒との出会いに、どうぞお役立てください。


日本酒の人気記事