おすすめの「米」に関する記事

白米、玄米、胚芽米、もち米から古代米まで、さまざまなお米の選び方、おすすめ情報と関連情報をお届けします。

米に関連するタグ

玄米
>>米に関連するタグ一覧

鏡餅おすすめ11選|飾る場所、サイズで【お洒落なデザインも】

鏡餅おすすめ11選|飾る場所、サイズで【お洒落なデザインも】

お正月に飾りたい「鏡餅」。縁起ものでもあり、飾っているだけでおめでたい気分になりますね。最近は住まいやライフスタイルの多様化に合わせ、鏡餅の種類も幅広くなっています。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、鏡餅の選び方とおすすめ11選をご紹介します。


もち米のおすすめ8選|料理アレンジ広がる! おはぎや赤飯やおこわにも!

もち米のおすすめ8選|料理アレンジ広がる! おはぎや赤飯やおこわにも!

もちを作るほかお赤飯やおこわに使用するもち米。お正月やお祝い事など特別な際には欠かせないという場合も多いでしょう。もち米は「はくちょうもち」など地域を代表するものから「こがねもち」のように全国的に栽培されている品種もあり、どのもち米を選べばよいかわかりづらいです。この記事ではフードアナリスト・市岡充重さんと編集部が選んだ8選についてご紹介します。


きりたんぽ鍋おすすめ9選|比内地鶏がセットになったものも!

きりたんぽ鍋おすすめ9選|比内地鶏がセットになったものも!

料理家の河野真希さんへの取材をもとに、きりたんぽ鍋のおすすめ商品を紹介します! 練ったご飯を串に巻きつけて焼いた、秋田名物「きりたんぽ」。きりたんぽをいろいろな具材と出汁の旨みの詰まったスープで煮込んだものが「きりたんぽ鍋」です。きりたんぽに使われるお米の品種や、セットになっている具材もさまざま。この記事では、きりたんぽ鍋選びのポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


タイガー炊飯器のおすすめ10選|毎日おいしいご飯が炊ける【内釜に秘密が】

タイガー炊飯器のおすすめ10選|毎日おいしいご飯が炊ける【内釜に秘密が】

プロの家電販売員のたろっささんと編集部が、タイガーの炊飯器の選び方とおすすめの商品をご紹介。種類も豊富で、時短調理器にもなるタイガー炊飯器の特徴は内釜です。とことんおいしいご飯にこだわるご飯好きにうれしい本格仕様で期待度も高め。ひとり暮らしから大家族まで、毎日の食卓が楽しくなる魅力がつまっています。ハイクラスの炊飯器からお手頃価格なのに高機能など、製品ごとの違いをみながらライフスタイルに合う炊飯器選を選んでみましょう。


パナソニック炊飯器おすすめ5選|内釜の材質やコーティングにも注目

パナソニック炊飯器おすすめ5選|内釜の材質やコーティングにも注目

デジタル&家電ライターのコヤマ タカヒロさんにPanasonic(パナソニック)の炊飯器おすすめ5選と選び方を教えてもらいました。お米本来のうまさを引き出す「Wおどり炊き」や「IHスチーム」など、パナソニック独自の機能を備えた炊飯器が多数販売されていますが、炊飯量のちがいや価格の幅もあるためどのように選んだらいいか悩んでしまいますよね。この記事では、デジタル&家電ライターのコヤマ タカヒロさんの解説とあわせて、各ショッピングサイトのランキングも掲載しています。ぜひ参考にしていただき、ぴったりの炊飯器を見つけてくださいね。


三菱電機炊飯器おすすめ8選+α|3.5合炊き・5.5合炊きもご紹介!

三菱電機炊飯器おすすめ8選+α|3.5合炊き・5.5合炊きもご紹介!

デジタル&家電ライターであるコヤマタカヒロさんへの取材をもとに、MITSUBISHI(三菱電機)の炊飯器を選ぶポイントとおすすめの商品5選をご紹介します。圧力方式ではなく常圧で炊飯する三菱電機の炊飯器には、お手ごろの小容量タイプから、本炭釜を採用した上位機種まで、数多くのモデルがラインナップされています。ユニークな機能が搭載されたモデルが多いのも三菱電機の炊飯器の特徴で、いざ買おうと思ってもどれを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、選ぶときのポイント以外に、通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。あわせて炊飯器選びの参考にしてみてください。


スチームオーブンレンジおすすめ10選|家族が喜ぶ手間暇かけた料理も

スチームオーブンレンジおすすめ10選|家族が喜ぶ手間暇かけた料理も

本記事では家電ライターが選ぶスチームオーブンレンジのおすすめ製品5選をご紹介します。最近注目を集めている「スチームオーブンレンジ」。材料を入れるだけで、センサーが火加減を自動調節してくれるので、完成を待つだけ。モデルによっては、外出先からスマホでメニューが検索できたり、声で操作が可能だったりと、機能がすさまじく進化しています。そんなスチームオーブンレンジの選び方を家電ライターの田中真紀子さんが解説します。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


【専門家厳選】ガス炊飯器のおすすめ5選|強い火力で早くおいしく炊く!

【専門家厳選】ガス炊飯器のおすすめ5選|強い火力で早くおいしく炊く!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんにガス炊飯器の選び方や注意点、そしておすすめ商品をお聞きしました! 味にこだわる方や飲食店で使われるガス炊飯器は強い火力で一気にご飯を炊き上げることで、とてもおいしいお米になります。しかし、肝心の選び方はいまいち……そんな方にぜひ読んでいただきたい情報がありますので、ぜひ参考にしてみてください。


蒸気レス炊飯器おすすめ11選|お手入れが簡単なタイプもご紹介!

蒸気レス炊飯器おすすめ11選|お手入れが簡単なタイプもご紹介!

家電量販店の元店員が選ぶ蒸気レス炊飯器6選をご紹介します。炊飯中の蒸気を少なくした蒸気レス炊飯器の登場で、設置場所の選択肢の幅が広がりました。毎年のようにさまざまな家電メーカーから炊飯器が販売されているため、どれが蒸気レス炊飯器なのかと感じる方も少なくないはず。そこで、蒸気レス炊飯器の選び方とおすすめ商品について、家電量販店の元店員の花華さんにお話をうかがいました。蒸気レス以外にも、炊飯機能や価格帯に違いがありますので、自分に合った商品を見つけてくださいね。


【ひとり暮らし向けの炊飯器5選】|家電コンシェルジュのおすすめ商品や選び方

【ひとり暮らし向けの炊飯器5選】|家電コンシェルジュのおすすめ商品や選び方

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、一人暮らし向けの炊飯器を選ぶときのポイント、おすすめの商品についてうかがいました。大型の炊飯器で少量のご飯を炊いたとき、あまりおいしく炊けなかったという経験はないでしょうか? 5合炊くのが得意な炊飯器は、かならずしも1合炊きでも同じ味になるということはありません。しかも、たくさん炊きすぎると変色してしまったり味が落ちてしまったりします。これから一人暮らしをはじめる方は、ぜひ本記事を参考に自分にぴったりの炊飯器を探してみてくださいね。


一升餅おすすめ5選【フードコーディネーターが厳選】風呂敷やリュックつき商品も

一升餅おすすめ5選【フードコーディネーターが厳選】風呂敷やリュックつき商品も

古来より縁起がいいとされているお餅。お正月の鏡餅やお祝いの場での引き出ものなど、現代でもおめでたい場でお餅を目にする機会は多いですね。そのなかのひとつに、生まれてからはじめて迎える1歳のお誕生日に、「一生食べ物に困りませんように」「健やかに成長しますように」そんな願いをこめて一升餅(いっしょうもち)でお祝いする風習があります。大切なお子さんのはじめての誕生日だから、記憶に残るようなお祝いをしたいですね。しかし、どんな一升餅を選べばいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、フードコーディネーターの杉本亜希子さんへの取材をもとに、一升餅の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


胚芽米のおすすめ4選|フードコーディネーター厳選【無洗米も】

胚芽米のおすすめ4選|フードコーディネーター厳選【無洗米も】

胚芽米(胚芽精米)とは、胚芽を残して精米された米のこと。白米と比べ栄養分を豊富に含むという特長があり、玄米に比べると食べやすいですね。胚芽米は栄養の面だけにこだわらず、いろいろと試して自分のお気に入りの品種や商品を見つけるのも楽しいもの。こちらの記事ではフードコーディネーターの三井 愛さんに取材をし、胚芽米の選び方のポイントとおすすめの商品を紹介します。おいしい胚芽米探しにぜひお役立てください。


発芽玄米のおすすめ商品5選|栄養豊富で食べやすい!【料理家に取材】

発芽玄米のおすすめ商品5選|栄養豊富で食べやすい!【料理家に取材】

精米した白米に比べて、多くの栄養素が含まれている玄米。なかでも発芽玄米は玄米よりも栄養成分を含む注目の食材です。しかも食べやすく、炊飯の手間も玄米ほどかからないので、もう何年も続けているという方も多いのでは。スーパーでも気軽に手に入る発芽玄米ですが、種類も多いのではじめて購入する方はどこをポイントに選べばいいのか迷いますよね。ここでは発芽玄米の選び方とおすすめ商品をフードスタイリストで料理家の江口恵子さんにお聞きしました。続けやすさを考慮しておすすめ商品を選んでくださったので、これから発芽玄米をはじめたいという方はぜひチェックしてみてください。


無洗米おすすめ6選|銘柄や産地にも注目|選び方も解説!

無洗米おすすめ6選|銘柄や産地にも注目|選び方も解説!

お米をとぐ必要のない「無洗米」。工場でお米のヌカをとっているので、水を加えるだけでかんたんに炊くことができるのです。寒い季節に水に触れる必要がなく、調理の時短にもなるのでうれしいですよね。白米、玄米などタイプのほか、産地や品種もいろいろとあります。そこで、本記事ではフードアナリストの平林玲美さんに聞いた、無洗米の選び方とおすすめの銘柄・商品を紹介します! ぜひ選ぶ際の参考にしてみてくださいね。


精米機おすすめ8選+α|おうちで精米できる家庭用をご紹介!

精米機おすすめ8選+α|おうちで精米できる家庭用をご紹介!

おいしいお米を食べたいなら、自宅で精米を! 本記事では、プロの家電販売員・たろっささんに聞いた、自宅で使える精米機の選び方とおすすめ製品を紹介していきます。実は、お米がおいしく食べられる期間は精米してから約1週間といわれています。そのため、炊飯の前に玄米を都度精米することが風味を損なわないための大事なポイント。お米が米ぬかに包まれた状態である玄米は、空気に触れることがなく、水分の蒸発も防げるので保存に適しているのです。毎日食べるお米をこだわりたいと思っている方は必見です! ぜひプロの家電販売員おすすめの精米機をチェックしてみてくださいね。


【米油のおすすめ5選】日本体質改善協会の代表に聞く!

【米油のおすすめ5選】日本体質改善協会の代表に聞く!

日本体質改善協会の代表である平林玲美さんに、米油の選び方とおすすめの商品をうかがいました。米油とは、玄米から精米したときにでる米ぬかを原料とし、その油分をしぼってできたものです。クセがなく、揚げものの油はもちろん、サラダのドレッシングなどの生食にも使えます。そんな米油、製法によって合う料理や風味などがちがうことをご存じでしたか? この記事を参考に、自分にぴったりの米油を探してみてくださいね。


【料理家が解説】押し麦のおすすめ5選|日常にムリなく取りいれて栄養価アップ!

【料理家が解説】押し麦のおすすめ5選|日常にムリなく取りいれて栄養価アップ!

ごはんに混ぜて炊くだけと、普段の食事に無理なく取り入れられる押し麦。独特の香りと食感が楽しめるため、多くの方に好まれています。完全精麦(せいばく)された真っ白な押し麦のほかにも、精麦度合を変えてより栄養価を残したタイプなど、さまざまなタイプがあります。選択肢が多すぎて「どれを選んでいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。そこで、料理家の江口恵子さんへの取材をもとに、押し麦の選び方やおすすめ商品をご紹介します。これから押し麦を取り入れたい方、新しい商品への乗り換えを検討されている方は、ぜひ参考になさってください。


おひつのおすすめ8選|木製からセラミックまで【ごはんをおいしく保存!】

おひつのおすすめ8選|木製からセラミックまで【ごはんをおいしく保存!】

炊飯器でご飯を保温していたら黄色っぽくなってヘンなにおいがする、という経験はあるでしょうか。ご飯を炊くのに便利な炊飯器ですが、長く保温するとおいしくなくなってしまうことがあります。理想的なのは、炊きたてご飯をおひつに移すことです。ご飯をおいしく保ってくれるおひつには、木製からセラミック製の素材などさまざまなものがあります。いざ購入しようと思っても、どれを選んだらいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで、生活コラムニストのももせ いづみさんに、おひつの特徴や選び方のポイント、そしておすすめ商品を教えていただきました。


五穀米のおすすめ4選【フードスタイリストが選び方も解説!】

五穀米のおすすめ4選【フードスタイリストが選び方も解説!】

米・麦・あわ・きび・豆などをブレンドした米をさすことが多い「五穀米」。最近では5種にとどまらず、多用な穀物や「スーパーフード」などがブレンドされていることから、「雑穀米」「雑穀ブレンド米」とも呼ばれます。栄養価が高く、ダイエットにも人気を集めているため、「日々の食事に取り入れたい」と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、何十種とある穀物のなかから、自分に合うものを選ぶのは難しいですよね。そこで、フードスタイリストの江口恵子さんに、五穀米の選び方とおすすめの商品をご紹介します。


冷凍おにぎりおすすめ5選|フードアナリストが厳選【お弁当にも!】

冷凍おにぎりおすすめ5選|フードアナリストが厳選【お弁当にも!】

小腹が減ったときや夜食、お弁当などにも役立つ「冷凍おにぎり」。冷凍だとストックしておけるので、長もちするうえに必要なときに手早く用意できて便利です。しかし、モチモチした食感を楽しめるものや、焼きおにぎりや炊き込みおにぎりなど種類が豊富なので、ついつい選ぶのに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで、フードアナリストの平林玲美さんに、冷凍おにぎりの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。


人気の記事


>>総合ランキングを見る