おすすめの「楽器」に関する記事

電子ピアノやギターといった楽器とその周辺のものの選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。

楽器に関連するタグ

ピアノ・電子ピアノ(鍵盤楽器) アコースティックギター エレキギター・エレキベース ウクレレ ドラム・パーカッション・打楽器 管楽器・吹奏楽器
>>楽器に関連するタグ一覧

音楽ライターがおすすめの【歪み系エフェクター6選】迫力のサウンドを手に入れる!

音楽ライターがおすすめの【歪み系エフェクター6選】迫力のサウンドを手に入れる!

ギタリストにとってもっとも身近なエフェクターといえば、歪み系エフェクターでしょう。音を厚くパワフルにし、伸びをよくする歪み系エフェクターは、ロックに限らず利用範囲の広いエフェクターです。ただ、歪み系エフェクターは、エフェクターのなかでも数が多く、さまざまな商品があるため、どれを選んだらよいか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、歪み系エフェクターの選び方と、おすすめの商品をご紹介します。


【真空管ギターアンプおすすめ6選】ナチュラルドライブで深みのあるサウンドに! 音楽ライターが解説

【真空管ギターアンプおすすめ6選】ナチュラルドライブで深みのあるサウンドに! 音楽ライターが解説

プロミュージシャンが愛用しているギターアンプの多くは、チューブアンプ(真空管アンプ)と呼ばれるものです。独特のパワフルなトーン、個性豊かな歪みが魅力で、いつかはチューブアンプ、と思っている人も多いでしょう。ただ、チューブアンプにはたくさんの製品があるのでどのように選ぶのがよいか最初はわかりませんよね。そこで、音楽ライターの田澤 仁さんに真空管ギターアンプの選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。


レベルに合わせて選ぶ! 音楽ライターおすすめのウクレレ教本6選

レベルに合わせて選ぶ! 音楽ライターおすすめのウクレレ教本6選

音楽ライターの田澤 仁さんに聞いた、ウクレレ教本の選び方とおすすめのウクレレの教本をご紹介します。ウクレレを弾けるようになりたい、ウクレレをもっとうまく演奏できるようになりたい、そんなときに頼りになるのが教本です。ウクレレの教本には、初歩から解説する初心者むけのものを中心にさまざまなものがあります。それぞれのレベルや好みに合う教本を使えば、楽しみながら上達すること間違いなし。ぜひ自分に合うウクレレ教本選びの参考にしてくださいね。


太さや素材で選ぶ! 音楽ライターが厳選|アコースティックギター弦のおすすめ6選

太さや素材で選ぶ! 音楽ライターが厳選|アコースティックギター弦のおすすめ6選

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、アコースティックギター用の弦の選び方と、おすすめの弦を6つご紹介します。アコースティックギター用の弦は、古くなると、張ってすぐの音質が出なくなっていくので、切れたりしなくても定期的な交換が必要です。とはいえ楽器店に行くと、あまりにたくさんの弦が並んでいます。そのため価格をはじめ、どれを選んでよいか迷ってしまうこともあるでしょう。こちらの記事を参考にし、自分にぴったりの弦を選んでください。


張り替えるならどれ? 音楽ライターおすすめのエレキギター弦6選

張り替えるならどれ? 音楽ライターおすすめのエレキギター弦6選

ギタリストなら、こだわりをもって弦を選んでいるという人も多いでしょう。その一方で、安ければなんでもよい、という人もいるようです。しかし、素材や太さ、形状など、弦の種類によって、音色や弾き心地は違ってきます。では、自分のギターや奏法にぴったりの弦をどのように選べばよいのでしょうか。本記事では音楽ライターの田澤 仁さんに、エレキギター用弦の選び方とおすすめのエレキギター弦を教えてもらいましたのでご紹介します。


音楽ライターが紹介|クラシックギター弦おすすめ5選【ブランド、材質、テンションで選ぶ】

音楽ライターが紹介|クラシックギター弦おすすめ5選【ブランド、材質、テンションで選ぶ】

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、クラシックギター弦の選び方と、おすすめの商品をご紹介します。弦はメーカー、ブランドによってさまざまな個性があり、弦の素材やテンションなどによって、対応する奏法や出せる音にも違いが出るものです。そのため、クラシックギター弦を交換するとき、どんな弦を選ぶか悩んだことのある人は多いでしょう。本記事では、標準的で使いやすいナイロン弦を中心にご紹介しています。ぜひご参考になさってください。


【音楽ライターがおすすめするウクレレケース7選】ぴったりなケースをみつけよう

【音楽ライターがおすすめするウクレレケース7選】ぴったりなケースをみつけよう

この記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ウクレレケースの選び方と、おすすめ製品をご紹介します。ウクレレを持ち運んだり、保管したりするには、ケースが必要です。がっちりしたトランクのようなケースから、薄手な布製ケースまでさまざまな製品がありますが、どんなケースが最適なのかは、使い方によって変わってきます。自分のウクレレにぴったりのケースをみつけるために、ぜひ本記事を参考にしてみてください。


【初心者向け】ベースのおすすめ7選|音楽ライターが厳選! 低価格モデルも

【初心者向け】ベースのおすすめ7選|音楽ライターが厳選! 低価格モデルも

音楽ライターの田澤 仁さんに、ベース選びの基本と初心者におすすめのベースを7つ教えてもらいました。プロが使うようなベースは音も性能もすぐれていますが、とても高価。もちろんはじめから高価なベースを使ってもいいのですが、気軽にはじめるにはできるだけ出費も抑えたいものです。本記事では、比較的低価格で入手できる商品を厳選して紹介します。ベースをはじめるにあたって、どんなベースを選んだらいいか悩んでいる方は必見です! ぜひこの記事を参考に、お気に入りの1本をみつけてみてください。


【音や弾きやすさの違いは?】音楽ライターおすすめのウクレレ弦5選

【音や弾きやすさの違いは?】音楽ライターおすすめのウクレレ弦5選

ウクレレの弦を交換するとき、どのように弦を選んでいますか? ナイロン、フロロカーボン、ナイルガットと、素材によって音は変わりますし、弦の太さによって弾きやすさも変わります。本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ウクレレの弦の選び方とおすすめ商品をご紹介します。素材ごとの音の特徴などをしっかりチェックして、自分に合ったウクレレ弦を選びましょう。


初心者におすすめのアコギ6選|3万円台以下【購入のポイントも解説!】

初心者におすすめのアコギ6選|3万円台以下【購入のポイントも解説!】

本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、初心者向けのアコギの選び方と、3万円台以下で購入できるおすすめのアコギ6選を紹介します。アコースティックギターの初心者は、どのようなギターを選んだらよいのでしょうか。とくに最初の1本を選ぶときは、できるだけ出費を抑えたいものですが、低価格なものは品質が心配だ、という人も多いでしょう。しかし、安くても作りがしっかりしていてちゃんと使えるギターは、実は数多くあります。これからご紹介するアコギの選び方や購入するときのポイント、おすすめ商品をぜひ参考にしてみてくださいね。


テレキャスター用ピックアップおすすめ6選【音楽ライターが徹底解説!】

テレキャスター用ピックアップおすすめ6選【音楽ライターが徹底解説!】

本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、テレキャスター用のピックアップの選び方と、おすすめ商品を紹介します。テレキャスタータイプのギターを使っていて、なんとなく音が気に入らないという人もいるでしょう。その解決策のひとつが、ピックアップを交換することです。とくに大きな加工を必要とせず、かんたんに取り付けられるテレキャスター専用のピックアップが数多く出ていますので、音に不満を感じたら試してみるとよいでしょう。ピックアップによって出せる音はさまざまですが、テレキャスターらしいサウンドが出せるおすすめ商品を中心に紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!


ギターピックのおすすめ8選! かっこいいピックを音楽ライターが厳選

ギターピックのおすすめ8選! かっこいいピックを音楽ライターが厳選

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、おすすめのギターピック8選と選び方のポイントを紹介します。ギター演奏に必須のアクセサリであるピックは、形や材質、厚さなどさまざまなため、とくに初心者はどれを選んだらよいか悩んでしまうこともあるでしょう。選ぶときにはギターピックの形や材質、厚さなど気にすべき大切なポイントがいくつかあります。本記事を参考に自分の演奏スタイルにマッチするギターピック選びの参考にしてくださいね。


ギター用マルチエフェクターおすすめ5選! レコーディングエンジニアの選び方も解説

ギター用マルチエフェクターおすすめ5選! レコーディングエンジニアの選び方も解説

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんが、マルチエフェクター選びのポイントとおすすめ商品5選を解説します。1台で複数のエフェクターの役割を果たし、コンパクトエフェクターでは難しい音作りを実現するマルチエフェクター。なかでもギター用に設計されたものは、著名なアンプのシミュレーションなど、エフェクターの守備範囲を超える音作りをサポート。ギターの音作りにはまり、足元がコンパクトエフェクターなどのデバイスでいっぱいというギタリストの方、セッティングを見直しませんか? BOSSやZOOM、MOOERなどの商品が厳選されていますので、参考にしてワンランク上のギターサウンドに挑戦してみてください。通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


サックスケースのおすすめ8選|サックスプレイヤー厳選&選び方解説

サックスケースのおすすめ8選|サックスプレイヤー厳選&選び方解説

サックスを外に持ち出すさいに気になるのは、運びやすさ。リュックのように背負えるものもあるなど、サックスケースにはさまざまな種類があります。見た目ももちろん重要ですが、頑丈さ、強度、重さなどもサックスケース選びの重要なポイントです。この記事では、サックスプレイヤー・加度克紘さんへの取材をもとに、サックスケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。目的によってケースの選び方も異なりますが、安全に大切に楽器を運べるようにするサックスケースを選びたいところです。


ドラムスティック6選|元プロドラマーおすすめ【材質や形状で選ぶ! 初心者向けから幅広く】

ドラムスティック6選|元プロドラマーおすすめ【材質や形状で選ぶ! 初心者向けから幅広く】

音楽ライター・田澤 仁さんがおすすめするドラムスティックを6点ご紹介。ドラマーにとってスティック選びはつねに悩みの種。自分の手や演奏スタイルに合ったスティックを使わなければ、思うような演奏ができないばかりか、手や腕を傷めてしまうこともあります。また、とくに初心者は、合わないスティックのせいで変なクセがついてしまうと、上達もしにくくなります。元プロドラマーでもある田澤 仁さんのドラムスティックの選び方とおすすめ商品を、ぜひ参考にしてみてください。


音楽ライターが選ぶ! おすすめのベースケース6選

音楽ライターが選ぶ! おすすめのベースケース6選

本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベースケースの選び方とおすすめ商品6選をご紹介します。大切な楽器を安心して持ち運び・保管できるように、形状や材質などに注目してしっかりとしたケースを選びたいですね。保護性能はもちろん、ストラップのタイプや収納力など、それぞれ特徴の異なる商品をご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。


ドラム用シンバルおすすめ6選! 元プロドラマーが厳選|ライド、クラッシュ、ハットなど

ドラム用シンバルおすすめ6選! 元プロドラマーが厳選|ライド、クラッシュ、ハットなど

音楽ライターで元プロドラマーの田澤 仁さんへの取材をもとに、ドラム用シンバルの選び方と、おすすめの商品6選をご紹介します。ドラムセットに必要なシンバルは、さまざまなメーカーがライド、クラッシュ、ハットなどとても数多くの種類の製品を販売しています。どのシンバルがどのように使えるのか、叩き方によってどんな音がするのかわからないと、どれを選んだらよいか迷ってしまうでしょう。なお、シンバルには本当にたくさんの製品があるので、本記事でははよく使われる種類のシンバルにしぼり、その代表的な商品をご紹介しています。


クラリネットのおすすめ5選! 楽器に詳しいエキスパートが選ぶ

クラリネットのおすすめ5選! 楽器に詳しいエキスパートが選ぶ

楽器に詳しい、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんがおすすめするクラリネット5選を紹介します。音色がやわらかく美しいクラリネットを選ぶためには、材質による音色の違いやメーカーごとの特徴を知っておくと役立ちます。楽器は高価なものだからこそ、間違いのない商品を選びたいですよね。本記事で紹介するおすすめ商品や、各通販サイトのクラリネットの売れ筋ランキングを参考に、ぜひじっくり選んでみてくださいね。


カポタストおすすめ9選【アコギ、エレキ用など】音楽ライターが厳選

カポタストおすすめ9選【アコギ、エレキ用など】音楽ライターが厳選

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、カポタスト選びのポイントとおすすめの商品9選を紹介します。ギタリスト必携アイテムのひとつ「カポタスト」。キーを変更したり、コードを弾きやすくしたりといったことがかんたんにできるカポタストは、アコギユーザーだけでなくエレキギターでも使われます。本記事を参考に、自分の演奏スタイル、楽器に合うカポタストをさがしてみてくださいね。記事の最後には、通販サイトのカポタストランキングも紹介しています。


アナログシンセのおすすめ5選【サウンドクリエーターが厳選!】

アナログシンセのおすすめ5選【サウンドクリエーターが厳選!】

電圧や音の波形を自由に調整することでサウンドを作り出すアナログシンセサイザー。比較的音の調整がしやすいデジタルシンセと比べて、より独特で個性的なサウンドを作ることができる点が魅力の楽器です。しかし、オシレーターやフィルターなど、機能が多くて、何を重視すべきか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、サウンドクリエーターでキーボーディスト、そしてシンセサイザープログラマーとして活躍されている内藤 朗さんへの取材をもとに、アナログシンセの選び方とおすすめ商品5選を紹介。さらに記事の最後では各通販サイトの売れ筋ランキングも紹介します! お気に入りのアナログシンセをみつけて、音作りを存分に楽しんでみてくださいね。