【キャットフード記事まとめ】年齢・悩みなどに合うおすすめ記事を読んで、商品を選ぼう!

【キャットフード記事まとめ】年齢・悩みなどに合うおすすめ記事を読んで、商品を選ぼう!

愛猫の体づくりや健康に必要不可欠なキャットフード。しかし、種類も豊富でどの商品をどんな基準で選んだらいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、私たちのサイトに掲載されているキャットフードの記事を一覧でご紹介!選び方の解説やおすすめの商品、その他お役立ち情報などを各記事でまとめていますので目的に合うおすすめ記事を見つけて、商品を選んでみてくださいね。


キャットフードについて詳しく知る

子猫
ペイレスイメージズのロゴ

本記事では、おすすめナビにあるキャットフードの記事を一覧でご紹介!

「キャットフードについて詳しく知りたい」
「猫ちゃんを家族として迎えるので、キャットフードの種類やメーカーを知りたい」
「猫ちゃんの成長に合わせて適切なキャットフードを選びたい」


という方は、まずは下記の記事をチェック!キャットフードを選ぶ際のポイントやライフステージに合わせておすすめ商品を紹介しています。

「タイプ」で選ぶ

キャットフードには、「ドライフード」と「ウェットフード」の2種類のタイプがあります。それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

▼ドライフードはこちら

▼ウェットフードはこちら

▼缶詰はこちら

▼ドライフード

ご飯を食べている猫
ペイレスイメージズのロゴ

ドライフードとは、水分含有量が10%以下で粒状のペットフードのことを言います。「カリカリ」などとも呼ばれていて、総合栄養食であることが多いです。

歯石がつきにくく、ある程度保存ができるのがメリット。また、手頃な価格のものが多くコスパの良さも魅力です。

▼ウェットフード

 

ウェットフードとは、水分含有量が75%程度で水分量が高いペットフードのことを言います。一度開封してしまうと日持ちはしませんが、嗜好性が高く、猫の食いつきがいいのがメリット。

食感がやわらかいので歯が発達していない子猫や老猫にもおすすめです。

▼缶詰

 

缶詰はウェットフードのひとつで水分をしっかりとれるのがメリット。通常のご飯というよりは、ドライフードのトッピングやおやつとして与えるのがおすすめです。

「年齢」で選ぶ

ここからは、「年齢」に合わせてキャットフードを選びたいという飼い主さんに向けておすすめの記事をご紹介します。

▼子猫はこちら

▼シニア猫はこちら

▼子猫

子猫
ペイレスイメージズのロゴ

生後10~12カ月くらいまでは子猫用フードを与えるのがおすすめ。最初はペースト状やムース状のものからスタートし、徐々にドライフードやウェットフードに切り替えていくと良いでしょう。

下記記事で食べさせ方のポイントなども紹介しているのでぜひ、参考にしてみてください。

▼シニア猫

 

愛猫が高齢になるにつれて配慮したいのが食事管理です。

シニア猫用キャットフードは、年齢に合わせて必要な栄養素が取れるよう設計されています。また、噛む力が弱くなった猫ちゃんには、ウェットフードなどもおすすめ。切り替える時期としては、おおよそ7~10歳ごろを目安に、徐々にシニア猫用のキャットフードに切り替えていきましょう。

「健康・悩み」に合わせて選ぶ

ここからは、「健康・悩み」に合わせてキャットフードを選びたいという飼い主さんに向けておすすめの記事を紹介します。

▼オーガニックキャットフードはこちら

▼グレインフリーキャットフードはこちら

▼ダイエットキャットフードはこちら

▼アレルギー対策はこちら

▼便秘対策はこちら

▼軟便改善はこちら

▼毛玉ケアはこちら

▼オーガニックキャットフード

キャットフード
ペイレスイメージズのロゴ

オーガニックとは「有機」と同じ意味で、遺伝子組み換え技術や農薬・化学肥料に頼らず、自然の恵みを生かして作られたもの。

パッケージに各国の認証マークがついているものが、オーガニック認証基準をクリアしているものになるので、できるかぎり自然由来のものを選びたい、という飼い主さんは認証マークを確認してから購入すると良いでしょう。

▼グレインフリーキャットフード

 

グレインフリーキャットフードとは、原材料に小麦やとうもろこしなどの穀物を使用していないフードのこと。

猫は肉食動物であることから、たんぱく質をしっかり摂取することが大切です。しかし、キャットフードのなかには、原価を抑えるために穀物を多く配合しているものもあります。

グレインフリーキャットフードは、猫に必要な動物性たんぱく質が多く含まれていたり、穀物が苦手な猫ちゃんでも食べられるといったメリットがあります。

▼ダイエットキャットフード

 

ダイエットキャットフードはカロリーや栄養バランスなどに配慮して作られています。低脂肪で高たんぱく質なキャットフードも多いので、太り気味の猫ちゃんは、ダイエットキャットフードを選ぶと良いでしょう。

▼アレルギー対策

診察を受けている猫
ペイレスイメージズのロゴ

猫も人間と同じように、食べものが原因でアレルギーを発症することがあります。しかし、アレルギーといってもまずは、原因がわからないと適切なものを選ぶことができません。

動物病院で診察を受けたうえで、アレルギーの原因となるものが入っていないキャットフードを選ぶと良いでしょう。

▼便秘対策

 

猫の便秘の原因には、水分不足、食物繊維不足、毛玉を飲み込む、ストレス、老化などがあります。そのため、水分や良質なタンパク質、また、食物繊維が多く含まれているキャットフードを選ぶようにしましょう。

▼軟便改善

 

猫が軟便になってしまう原因は、キャットフードが合っていない、食べすぎ、ストレス、病気などさまざまな理由があげられます。

それぞれ体質や食の好みに違いはありますが、なるべく添加物が少なく、良質なたんぱく質が多く含まれているものを選び、与え過ぎていないかを確認しましょう。

▼毛玉ケア

 

猫は春や秋になると毛が多く抜けて、毛玉を吐いてしまうことも。たまった毛を吐き出すことで胃に毛がたまらないようにしていますが、そんな毛玉ケアの対策には消化吸収をサポートするキャットフードやサプリメントがおすすめです。

下記記事で詳しく紹介しているので気になる方はチェックしてみてください。

「ご褒美にあげたい食べ物」はこちら

ここからは、猫用の「おやつ・ミルク・ケーキ」のおすすめ記事をご紹介します。

▼おやつはこちら

▼ミルクはこちら

▼ミルクはこちら

▼おやつ

 

おやつは、猫とのコミュニケーションを図るほか、栄養補給、毛玉ケア、デンタルケアなどにも最適です。また、お留守番のあとのごほうびやストレス対策にもおすすめなので、あげすぎには十分注意して愛猫に合うものを与えましょう。

▼ミルク

 

猫用ミルクは「子猫に与えるもの」というイメージが強いかもしれませんが、食欲がない成猫や老猫にもおすすめです。年齢によって適したミルクが異なるので、年齢に合ったミルクを選びましょう。

▼ケーキ

 

誕生日やクリスマスなど、特別な日には美味しいケーキでお祝いしたいと考える飼い主さんも多いのではないでしょうか。

猫用ケーキは、猫の身体の負担にならないよう、豆腐・じゃがいも・マグロ・牛肉などで作られているものが多いです。体質に合わせて原材料に注目して選ぶと良いでしょう。

「付属アイテム」はこちら

最後は、猫用の食器や給餌器の記事をご紹介します。キャットフードと合わせてぜひ、こちらも参考にしてくださいね。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする キャットフードの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのキャットフードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:キャットフードランキング
楽天市場:キャットフードランキング
Yahoo!ショッピング:キャットフードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

愛猫にとって本当に良いものを見つけよう!

本記事では、おすすめナビで掲載しているキャットフードの記事をまとめてご紹介しましたがいかがでしたか?

猫は敏感な動物なので、急にフードがかわると食べなくなってしまうケースもあります。そのためキャットフードを切り替えるときはこれまで食べていたフードに新しいフードを混ぜながら少しずつ切り替えていきましょう。

また、食事は大切な愛猫が健やかな生活を送るために重要な要素です。ライフステージや悩みによっても選ぶものが異なってくると思いますのでぜひ、本記事を読んでいただき、愛猫にとって本当に良いキャットフードを見つけてみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

豆柴をこよなく愛する20代編集者。主に『美容・食品』を担当。自信を持っておすすめできる物を紹介するため、日々、奮闘中。趣味は、旅行と食べること。美味しい物には目が眩み、ついつい食べ過ぎ後悔に襲われる。プライベートでは、47都道府県制覇と豆柴を飼うことが目標である。

関連する記事


キャットフードおすすめ38選|猫ちゃんの年齢に合わせて最適なものを選ぶ!

キャットフードおすすめ38選|猫ちゃんの年齢に合わせて最適なものを選ぶ!

「猫ちゃんを家族として招き入れたいから、今のうちにご飯の種類を知っておきたい。」「種類やメーカーが多くて、どれがいいのかよくわからない。」「ドライフードとウェットフードって何が違うの?」上記のようなたくさんの疑問が湧いてきてはいませんか?猫ちゃんが毎日食べるご飯なので、しっかり予習して最適なものを選んであげたいですよね。本記事では、動物病院院長の平松育子先生の監修のもと、キャットフードの選び方やおすすめ商品を初心者向けにご紹介。ご飯についての基本的な知識や、猫ちゃんの年齢に合わせたおすすめ商品を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon キャットフード・おやつ ,

猫用ミルクおすすめ12選【子猫・成猫・シニア猫に】愛猫に合ったミルクを

猫用ミルクおすすめ12選【子猫・成猫・シニア猫に】愛猫に合ったミルクを

この記事では、愛玩動物飼養管理士の古川諭香さんが厳選した、おすすめの猫用ミルクと選び方をご紹介します。猫用ミルクには子猫用や成猫用をはじめ、商品ごとに対象とする猫に適した成分が含まれています。愛猫の特性を見極めたうえで商品を選びましょう。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon キャットフード・おやつ ,

ダイエットキャットフードのおすすめ12選|安全でおいしく体重管理

ダイエットキャットフードのおすすめ12選|安全でおいしく体重管理

猫の肥満は、さまざまな病気の原因になることも。太り気味の猫には、カロリーや栄養バランスに配慮したダイエットキャットフードを選んであげましょう。この記事では、ペット専門エディター&ライターの井手綾子さんにお話をうかがい、ダイエットキャットフードの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

tag icon キャットフード・おやつ ,

猫缶のおすすめ12選|総合栄養食や人気の無添加タイプ、高齢猫向けフードも!

猫缶のおすすめ12選|総合栄養食や人気の無添加タイプ、高齢猫向けフードも!

いつでも栄養バランスが整った食事を与えられる猫缶詰。猫に必要とされる栄養が入っているため、自分で作らなくてもおいしい食事をあげられます。無添加で安全性が高いものや、高級感のある猫缶などさまざま。本記事では猫缶の選び方とおすすめ商品を紹介します。記事後半では、Amazonなど通販サイトの「ウェットフード最新人気ランキング」のリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。

tag icon 猫用トイレ・ケア用品 , キャットフード・おやつ ,

子猫用離乳食おすすめ17選【食べさせ方も紹介!】ゼリーやスープ、ドライフードも

子猫用離乳食おすすめ17選【食べさせ方も紹介!】ゼリーやスープ、ドライフードも

子猫の離乳食は、ムースやペースト、粉、ウェットフードなどのタイプや量などのあげ方を適切に判断して食べさせることがポイントです。この記事では、ペット専門エディターの井手綾子さんへの取材をもとに、おすすめの子猫用離乳食と選び方をご紹介! いつまであげる? 1日に何回あげる?など食べさせ方についても解説しています。記事後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングや比較一覧表もありますのでぜひチェックしてみてください。

tag icon キャットフード・おやつ ,

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。