シニア猫用キャットフードのおすすめ10選【食べやすい】小粒・ウェットタイプも

シニア猫用キャットフードのおすすめ10選【食べやすい】小粒・ウェットタイプも

愛猫にいつまでも元気に長生きしてほしいなら、食事への配慮が必要です。それぞれの年齢・体調にあった食事を与えて、毎日の食事で愛猫のヘルスケアを行ないましょう。

この記事では、シニア猫キャットフードのおすすめ商品と選び方を紹介します。「いつから食べさせる?」「普通のキャットフードとの違いは?」といった疑問も解決。記事の最後には、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミの評判もあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ペット専門エディター&ライター
井手 綾子

編集歴は20年以上。 雑誌の編集長を経てフリーランスのライターとなる。インタビューや取材した人・お店の数は1000以上。クスっと笑えるものから、読んでタメになる読み込む記事までさまざまな記事を執筆している。 中でも、医療ものや動物関係が得意。今までに買ったことのある動物は、犬、猫、鳩、インコ、ジュウシマツ、キジ、リス、ウサギ、カメ、鶏、ウシガエル、金魚、カタツムリ、てんとう虫、カブトエビなど。

マイナビおすすめナビ編集部

主に『ベビー・キッズ』『美容・健康』『食品・ドリンク』カテゴリを担当する、40代編集者。マタニティ・育児雑誌、美容系雑誌、モノ系雑誌の編集経験をもとに、「ユーザー目線で本当にいい物をおすすめする」が信条。最近はスキンケアグッズよりも、健康食品や健康グッズに興味・関心が移りつつある。趣味:食べる、寝る 特技:大食い、子供とすぐ仲良くなる

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

シニア用キャットフードはいつから食べさせる? 何歳からがシニア猫?

「シニア猫用のフードは、そもそもいつから与えていいの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。猫の健康状態や体重にもよりますが、7~10歳ごろを目安に、シニア猫用のキャットフードにかえていきましょう。

猫は敏感な動物なので、急にフードがかわると食べなくなってしまうケースが多いです。そのため、これまで食べていたフードに混ぜて、徐々に量を増やしながら切り替えていきましょう。1週間ほど様子を見て、ちょっとずつ新しいフードに慣れさせるのがポイントです。

普通のキャットフードとシニアフードの違いは?

一般的なキャットフードと、シニア猫用のキャットフードにはどんな違いがあるのでしょうか。私たち人間も年齢によって食生活に違いがあるように、猫もライフステージに合った食事をとる必要があります。

シニア猫用キャットフードは低カロリーで栄養価が高いように作られているものが多いです。これは、肥満を防止しながらも、体力が落ちてくるシニア猫の健康を維持できるように考えられているからです。愛猫の身体に合うものを選んで、食事をサポートしてあげましょう。

シニア猫用キャットフードの選び方 食事管理で愛猫の健康をサポート!

まずは、シニア猫キャットフードの選び方をチェックしましょう。たんぱく質の含有量や添加物の有無をよくチェックすることが大切です。ポイントは下記の7つ。

【1】年齢に合っているか
【2】ドライかウェットか
【3】主原料
【4】たんぱく質の質が高いか
【5】炭水化物が少ないか
【6】添加物の有無
【7】消化吸収しやすいか

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

年齢にあったフードを選ぶ

シニア猫用のフードといっても、実はタイプがあります。ライフステージや健康状態に応じて、適したものを選びましょう。

シニア期|7歳~10歳ごろ

フードを食べる猫
ペイレスイメージズのロゴ

7歳~10歳ごろにかけてのシニア期は、猫の運動量が減るぶんカロリー消費量が落ちてきます。しかし食欲はまだまだあるので、成猫用のフードを与え続けていると肥満になりやすいので注意。

シニア猫用のフードは、成猫用のものより低カロリーで作られています。「シニア用」や「7歳以上」などと明記されたフードを選ぶようにしましょう。

ハイシニア期|11歳以上

診察される猫
ペイレスイメージズのロゴ

最近では猫の寿命も延び、20歳ごろまで長生きする猫も増えてきました。11歳以上のハイシニア期になると、筋肉量や食欲が落ち、痩せやすくなります。

シニア期とは反対に、低カロリーなものを与え続けると、カロリーが足りないために栄養不足になるおそれがあります。適度にカロリーを摂取できるように、「11歳以上」などと記載されているフードを選ぶようにしましょう。

ドライタイプかウェットタイプか、食べやすいタイプを選ぶ

キャットフードには、「カリカリ」と呼ばれるドライタイプと、ペースト状のウェットタイプがあります。猫が食べやすいタイプを選びましょう。

一般的なのは「ドライタイプ」

 

キャットフードの主食として一般的に使われるのが、「カリカリ」とも呼ばれるドライフードタイプです。水分量が少なく、長期的に保存できるのもポイント。

ただし、噛む力が弱くなってきたシニア猫には、超小粒のものを選ぶ、ぬるま湯でふやかすなど工夫してあげるとよいでしょう。

嗜好性が高い「ウェットタイプ」

 

ウェットフードタイプのキャットフードは、ペースト状になっていたり、液体になっていたりと水分量が多いものを指します。食感が柔らかいので、噛む力が弱くなってきたシニア猫におすすめ。また、嗜好性も高いので、食欲が落ちてきたシニア猫に与えると食べてくれることがあります。水分が不足している猫にもおすすめです。

ウェットフードのデメリットとしては、単価が高いことと、栄養バランスが偏りやすいこと。ドライフードとの合わせ技でバランスをとってあげるとよいでしょう。

主原料をチェック

肉や野菜などの食品
ペイレスイメージズのロゴ

キャットフードの主原料は、肉や魚です。猫も人間と同じように、若いころ好きで食べていたものも、加齢とともに嗜好性が変わってくることがあります。猫の好みに合わせて、魚メインのフードにするか、お肉メインのフードにするのか決めましょう。

その際、原材料が明確に記載されているものを選びましょう。「チキン」「サーモン」など、原材料になにが使われているのかをチェックすることが大切です。また、原料の産地なども記載されていれば、より安全性が高いといえます。

質の高いたんぱく質のフードを選ぶ

 

高齢になると猫も人間と同じく、骨や関節が弱くなるほか筋肉や毛艶も失われやすくなります。体をすこやかにたもつためにも、質の高い動物性たんぱく質が使われているキャットフードを選ぶことが大切です。

また、タンパク質の含有量は25〜30%のものを選ぶといいでしょう。タンパク質量が多すぎても、腎臓のはたらきに影響を及ぼす可能性があります。

キャットフードのなかには、脂質や添加物が多く含まれているものもあります。キャットフードの原材料や成分はできるだけチェックしましょう。

炭水化物が少ないものを選ぶ

 

猫も人間と同じように、加齢にともない代謝が衰え、太りやすくなります。愛猫が高齢になったら、低カロリーで太りにくいキャットフードを与えましょう。

とくに、炭水化物は体内で糖に変わり、肥満の原因になります。肥満が気になる場合は、含まれている炭水化物の量が少ないグレインフリーのキャットフードを選ぶのもひとつの方法です。

市販されているキャットフードのなかには炭水化物を多く使ったものも少なくないので、肥満が気になるときはグレインフリーと書かれているものを選ぶとよいでしょう。

添加物をチェック

 

シニア猫用のキャットフードを選ぶときは、添加物の有無にも気を配ってください。ペットフ-ドに使用される添加物のほとんどは、食品や飼料に使用が認められているものです。しかし、愛猫のことを考えるなら、できるだけ無添加のものか、添加物が少ないものを選びましょう。

おもな添加物には着色料や保存料、酸化防止剤などがあります。なかには、キャットフードの栄養を強化するために添加されるビタミン類やミネラル類、アミノ酸類などもあるので、購入するときは原材料をできるだけチェックしてください。

消化吸収しやすいものを選ぶ

フードを食べようとする猫
ペイレスイメージズのロゴ

シニアになると、消化機能が低下し、消化不良を起こしやすくなります。とくに穀物が多く含まれてるフードは、猫の消化器官に負担をかけてしまいます。そこで、穀物不使用のグレインフリーフードを選ぶのがおすすめ。

グレインフリーフードとは、米や小麦、トウモロコシといったイネ科の穀物が含まれていないもののこと。代わりに魚や肉などが主原料となるので、タンパク質をしっかり含んでいます。完全にグレインフリーでなくても、穀物が第一主原料でないフードを選ぶといいですよ。

シニア猫におすすめのキャットフード10選 食べやすい小粒サイズやウェットタイプも!

シニア猫を飼っている人に試してほしいキャットフードを10点紹介します。愛猫の好みや年齢に応じてキャットフードを選ぶ際の参考にしてください。

ネスレ『ピュリナワン 高齢猫用(11歳以上) 優しく腎臓の健康サポート チキン』

ネスレピュリナワン『高齢猫用(11歳以上)優しく腎臓の健康サポートチキン』 ネスレピュリナワン『高齢猫用(11歳以上)優しく腎臓の健康サポートチキン』 ネスレピュリナワン『高齢猫用(11歳以上)優しく腎臓の健康サポートチキン』 ネスレピュリナワン『高齢猫用(11歳以上)優しく腎臓の健康サポートチキン』 ネスレピュリナワン『高齢猫用(11歳以上)優しく腎臓の健康サポートチキン』 ネスレピュリナワン『高齢猫用(11歳以上)優しく腎臓の健康サポートチキン』 ネスレピュリナワン『高齢猫用(11歳以上)優しく腎臓の健康サポートチキン』 ネスレピュリナワン『高齢猫用(11歳以上)優しく腎臓の健康サポートチキン』

出典:Amazon

腎臓をすこやかにたもつキャットフード

愛猫が高齢になると、腎臓への負担を気にする方も多いでしょう。7歳以上のシニア猫の3~4割は腎臓の不調をかかえているといわれています。愛猫の腎臓の調子が気になるという飼い主さんは、ぜひ腎臓に配慮したフードを選びましょう。

このフードには、良質なたんぱく質とオリゴ糖が配合されており、腎臓をすこやかにたもってくれます。また、年齢とともに衰えてくる足腰によいとされる、天然のグルコサミンとコラーゲンを配合しているのもポイントです。

チキンの旨みが存分に感じられるフードなので、食事にこだわりがある猫もおいしく食べてくれるでしょう。

ペットライン メディファス『室内猫 毛玉ケアプラス 11歳から チキン&フィッシュ味』

ペットラインメディファス『室内猫毛玉ケアプラス11歳からチキン&フィッシュ味』 ペットラインメディファス『室内猫毛玉ケアプラス11歳からチキン&フィッシュ味』 ペットラインメディファス『室内猫毛玉ケアプラス11歳からチキン&フィッシュ味』 ペットラインメディファス『室内猫毛玉ケアプラス11歳からチキン&フィッシュ味』 ペットラインメディファス『室内猫毛玉ケアプラス11歳からチキン&フィッシュ味』 ペットラインメディファス『室内猫毛玉ケアプラス11歳からチキン&フィッシュ味』 ペットラインメディファス『室内猫毛玉ケアプラス11歳からチキン&フィッシュ味』 ペットラインメディファス『室内猫毛玉ケアプラス11歳からチキン&フィッシュ味』

出典:Amazon

毛玉・便のニオイにも配慮!

着色料を使わずに作った、小粒のキャットフードです。マグネシウムとカルシウムの量を調整するとともに、尿を弱酸性にして、下部尿路のトラブルに配慮しているのもポイント。

食物繊維を豊富に含むので、毛玉が気になる猫にもぴったりです。

そのほか、腎臓や心臓、便のニオイなどにも配慮されているので、室内で猫を飼っている飼い主さんはぜひ一度利用してみてください。

ロイヤルカナン『エイジング12+ ウェット』

ドライタイプの総合栄養食が苦手な猫に

関節をサポートするために脂肪酸(EPA/DHA)を豊富に配合したキャットフードです。猫が本能的に求める栄養バランス「マクロニュートリショナルプロファイル」に調整されており、これだけで猫がすこやかに暮らすのに必要な栄養が摂取できます。

ジューシーなグレービー風味なので、エサのニオイに敏感な猫も食欲をそそられるでしょう。ドライフードが苦手な猫に適したウェットタイプの総合栄養食です。

ネスレ『ピュリナ モンプチ 15歳以上用 5種のブレンド』

ピュリナモンプチ『15歳以上用5種のブレンド』 ピュリナモンプチ『15歳以上用5種のブレンド』 ピュリナモンプチ『15歳以上用5種のブレンド』 ピュリナモンプチ『15歳以上用5種のブレンド』 ピュリナモンプチ『15歳以上用5種のブレンド』

出典:Amazon

カリッと香ばしいキャットフード

15歳以上のシニア猫におすすめのドライフードです。フレッシュなチキンや良質なたんぱく質を含むポークのほか、大豆やおなかにやさしい米、カルシウムが豊富な小魚をバランスよく加えています。

抗酸化物質を含むクランベリーを配合しているのもポイント。総合栄養食なので、これひとつで豊富な栄養素が摂れる点も魅力です。香ばしい風味とカリッとした食感で、食事にこだわりがある猫も進んで食べてくれるでしょう。

アイシア『ミャウミャウ カリカリ小粒タイプミドル シニア猫用かつお味』

アイシアミャウミャウ『カリカリ小粒タイプミドルシニア猫用かつお味』 アイシアミャウミャウ『カリカリ小粒タイプミドルシニア猫用かつお味』 アイシアミャウミャウ『カリカリ小粒タイプミドルシニア猫用かつお味』 アイシアミャウミャウ『カリカリ小粒タイプミドルシニア猫用かつお味』 アイシアミャウミャウ『カリカリ小粒タイプミドルシニア猫用かつお味』 アイシアミャウミャウ『カリカリ小粒タイプミドルシニア猫用かつお味』 アイシアミャウミャウ『カリカリ小粒タイプミドルシニア猫用かつお味』 アイシアミャウミャウ『カリカリ小粒タイプミドルシニア猫用かつお味』 アイシアミャウミャウ『カリカリ小粒タイプミドルシニア猫用かつお味』

出典:Amazon

シニア猫の健康を総合的にサポート!

下部尿路と腎臓にも配慮して、リン・ナトリウム・カリウム・カルシウムの含有量を調整されたキャットフードです。目や心臓の健康をサポートする必須アミノ酸のタウリンや皮膚・毛艶をすこやかにたもつコラーゲンを配合。

さらに、年齢とともに衰える免疫力をサポートするためにビタミンC・Eを摂取できるのもポイント。うすく小さな粒なので、大きなキャットフードが苦手な猫も食べやすいです。

マース ジャパン『アイムス 11歳以上用 毎日の健康サポート チキン』

マースジャパンリミテッドアイムス『11歳以上用毎日の健康サポートチキン』 マースジャパンリミテッドアイムス『11歳以上用毎日の健康サポートチキン』 マースジャパンリミテッドアイムス『11歳以上用毎日の健康サポートチキン』 マースジャパンリミテッドアイムス『11歳以上用毎日の健康サポートチキン』 マースジャパンリミテッドアイムス『11歳以上用毎日の健康サポートチキン』 マースジャパンリミテッドアイムス『11歳以上用毎日の健康サポートチキン』 マースジャパンリミテッドアイムス『11歳以上用毎日の健康サポートチキン』 マースジャパンリミテッドアイムス『11歳以上用毎日の健康サポートチキン』 マースジャパンリミテッドアイムス『11歳以上用毎日の健康サポートチキン』

出典:Amazon

小分けパックで与えやすい!

心臓や肝臓、目のはたらきをサポートするタウリンとコリンを配合したキャットフードです。獣医師の知見にもとづいて開発されています。下部尿路や腎臓、関節はもちろん、ひまわり油由来のオメガ6脂肪酸と亜鉛で艶やかな毛並みもサポートしてくれるのが魅力です。

375gずつの小分けになっているので、傷みにくいのもポイント。一度開封したあとのフードの劣化が心配な飼い主さんはぜひ購入してみてください。

いなばペットフード『 チャオ 焼かつおディナー 高齢猫用 かつお節・ほたて貝柱入り』

気になるニオイに配慮したウェットフード

焼きかつおをフレーク状にし、ほたて貝柱とかつお節をトッピングしたウェットフードです。ベースにはうま味のあるほたて出汁を使用しています。一般食なので、総合栄養食と一緒に与えましょう。

関節とおなかの調子に配慮して、コラーゲンとオリゴ糖を配合しているのもポイント。緑茶消臭成分配合で、便のニオイが気になる猫にも向いています。

ネスレ『ピュリナ モンプチ スープ 11歳以上 かがやきサポート まぐろスープ ささみ、かにかま、しらす入り』

毎日の水分補給に!

良質なたんぱく質のほか、ビタミンEやオリゴ糖、魚のピュアオイルを配合したスープタイプのウェットフードです。水分が90%以上と多いので、水を飲む量が減ってきた高齢猫の水分補給にもぴったり。スープの具材が小さめで食べやすいのもポイントです。

ゼリータイプやとろみタイプ、テリーヌタイプのウェットフードはあまり食べてくれない猫に試してみてください。

はごろもフーズ『無一物 やんわか仕立て 鶏むね肉』

無一物パウチやんわか仕立て鶏むね肉(35g*12コセット)【ねこまんま】[キャットフード] 無一物パウチやんわか仕立て鶏むね肉(35g*12コセット)【ねこまんま】[キャットフード]

出典:楽天市場

こまかいフレークで食べやすい!

鶏むね肉と水だけで作られた、カロリーオフなウェットフードです。食品添加物・飼料添加物は使われていません。水分をたっぷり含むので、水分補給にも適しています。

対象年齢は13歳からですが、全成長段階でも与えられるのがポイント。こまかいフレーク状で食べやすいです。キャットフードの添加物が気になる飼い主さんは、ぜひ購入してみてください。

日本ヒルズ・コルゲート『ヒルズ サイエンス・ダイエット シニア 7歳以上 高齢猫用 チキン』

ヒルズサイエンス・ダイエット『シニア7歳以上高齢猫用チキン』 ヒルズサイエンス・ダイエット『シニア7歳以上高齢猫用チキン』 ヒルズサイエンス・ダイエット『シニア7歳以上高齢猫用チキン』

出典:楽天市場

やわらかいキャットフードを好む猫に

やわらかく、なめらかな食感のウェットフードです。質の高いたんぱく質を使用しており、消化吸収にすぐれています。チキン風味で食べやすいのも魅力。骨や筋肉、肌、被毛、目、心臓をすこやかにたもつ配慮もされています。

7歳以上の全猫種に対応しているので、どんな高齢猫に与えられる点も飼い主さんにはうれしいポイントです。

「シニア猫用キャットフード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ネスレ『ピュリナワン 高齢猫用(11歳以上) 優しく腎臓の健康サポート チキン』
ペットライン メディファス『室内猫 毛玉ケアプラス 11歳から チキン&フィッシュ味』
ロイヤルカナン『エイジング12+ ウェット』
ネスレ『ピュリナ モンプチ 15歳以上用 5種のブレンド』
アイシア『ミャウミャウ カリカリ小粒タイプミドル シニア猫用かつお味』
マース ジャパン『アイムス 11歳以上用 毎日の健康サポート チキン』
いなばペットフード『 チャオ 焼かつおディナー 高齢猫用 かつお節・ほたて貝柱入り』
ネスレ『ピュリナ モンプチ スープ 11歳以上 かがやきサポート まぐろスープ ささみ、かにかま、しらす入り』
はごろもフーズ『無一物 やんわか仕立て 鶏むね肉』
日本ヒルズ・コルゲート『ヒルズ サイエンス・ダイエット シニア 7歳以上 高齢猫用 チキン』
商品名 ネスレ『ピュリナワン 高齢猫用(11歳以上) 優しく腎臓の健康サポート チキン』 ペットライン メディファス『室内猫 毛玉ケアプラス 11歳から チキン&フィッシュ味』 ロイヤルカナン『エイジング12+ ウェット』 ネスレ『ピュリナ モンプチ 15歳以上用 5種のブレンド』 アイシア『ミャウミャウ カリカリ小粒タイプミドル シニア猫用かつお味』 マース ジャパン『アイムス 11歳以上用 毎日の健康サポート チキン』 いなばペットフード『 チャオ 焼かつおディナー 高齢猫用 かつお節・ほたて貝柱入り』 ネスレ『ピュリナ モンプチ スープ 11歳以上 かがやきサポート まぐろスープ ささみ、かにかま、しらす入り』 はごろもフーズ『無一物 やんわか仕立て 鶏むね肉』 日本ヒルズ・コルゲート『ヒルズ サイエンス・ダイエット シニア 7歳以上 高齢猫用 チキン』
商品情報
特徴 腎臓をすこやかにたもつキャットフード 毛玉・便のニオイにも配慮! ドライタイプの総合栄養食が苦手な猫に カリッと香ばしいキャットフード シニア猫の健康を総合的にサポート! 小分けパックで与えやすい! 気になるニオイに配慮したウェットフード 毎日の水分補給に! こまかいフレークで食べやすい! やわらかいキャットフードを好む猫に
タイプ ドライ(総合栄養食) ドライ(総合栄養食) ウェット(総合栄養食) ドライ(総合栄養食) ドライ(総合栄養食) ドライ(総合栄養食) ウェット(一般食) ウェット(一般食) ウェット(副食) ウェット(総合栄養食)
たんぱく質含有量 36%以上 28.5%以上 7.5%以上 32%以上 30%以上 30.6%以上 10%以上 8%以上 12%以上 38.7%
カロリー 100gあたり360kcal 100gあたり375kcal 100gあたり87kcal 100gあたり365kcal 100gあたり350kcal 100gあたり390kcal 1袋あたり30kcal 100gあたり30kcal 1袋あたり21kcal 1缶あたり90kcal
内容量 2.2kg(550g×4袋) 1.41kg(235g×6袋) 85g 600g 580g 1.5kg(375g×4袋) 50g 40g 35g 82g
着色料・保存料の有無 有(着色料) - -
原産国 アメリカ 日本 オーストリア アメリカ 日本 オーストラリア 日本 タイ 日本 アメリカ
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年9月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月13日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする シニア猫用キャットフードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのシニア猫用キャットフードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:キャットフードランキング
楽天市場:キャットフードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

シニア用キャットフードに関するQ&A

question iconフードは1日に何回与えるべき?

answer icon

シニア期になると消化機能が低下してきます。一度にたくさん与えてしまうと、消化不良を起こしたり、吐き戻ししてしまうことも。フードは1回分の量を減らし、1日に3~4回に分けて与えるようにしましょう。

question iconシニア猫に全年齢対応のフードを与えてもいいの?

answer icon

キャットフードのなかには、オールステージ(全年齢)対応のものがあります。健康な状態であれば老猫でも問題ありませんが、腎臓病などを患っている場合は負担をかけてしまうことも。まずは動物病院で診察してもらい、適したフードを選んでもらうようにしましょう。

そのほかの猫用品の記事はこちら 【関連記事】

ペット専門ライターより

ペット専門エディター&ライター

シニアの猫のフードは、パッケージにシニア用と記載があっても、高タンパク・低炭水化物、食品添加物が少ないものとは限りません。なかにはあまり体によくないものも。

そのためフードを選ぶときには、しっかり表示を確認するようにしましょう。肉や魚などのタンパク源となる材料とその含有量、グレインフリーの表記もしくは炭水化物の内容、添加物の有無の表記などがその手がかりとなります。

愛猫のヘルスケアは毎日の食事から

大切な家族の一員である愛猫には、いつまでも元気で長生きしてもらいたいもの。そのためには、毎日の食事に気を配りましょう。7歳以上になったら、徐々にシニア猫用のキャットフードに変えていってください。

愛猫の年齢や体調、好みにあったシニア猫用キャットフードを与えて、毎日の食事を通して愛猫のヘルスケアをサポートしていきましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


キャットフードおすすめ38選|猫ちゃんの年齢に合わせて最適なものを選ぶ!

キャットフードおすすめ38選|猫ちゃんの年齢に合わせて最適なものを選ぶ!

「猫ちゃんを家族として招き入れたいから、今のうちにご飯の種類を知っておきたい。」「種類やメーカーが多くて、どれがいいのかよくわからない。」「ドライフードとウェットフードって何が違うの?」上記のようなたくさんの疑問が湧いてきてはいませんか?猫ちゃんが毎日食べるご飯なので、しっかり予習して最適なものを選んであげたいですよね。本記事では、動物病院院長の平松育子先生の監修のもと、キャットフードの選び方やおすすめ商品を初心者向けにご紹介。ご飯についての基本的な知識や、猫ちゃんの年齢に合わせたおすすめ商品を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon キャットフード・おやつ ,

猫用ミルクおすすめ12選【子猫・成猫・シニア猫に】愛猫に合ったミルクを

猫用ミルクおすすめ12選【子猫・成猫・シニア猫に】愛猫に合ったミルクを

この記事では、愛玩動物飼養管理士の古川諭香さんが厳選した、おすすめの猫用ミルクと選び方をご紹介します。猫用ミルクには子猫用や成猫用をはじめ、商品ごとに対象とする猫に適した成分が含まれています。愛猫の特性を見極めたうえで商品を選びましょう。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon キャットフード・おやつ ,

ダイエットキャットフードのおすすめ12選|安全でおいしく体重管理

ダイエットキャットフードのおすすめ12選|安全でおいしく体重管理

猫の肥満は、さまざまな病気の原因になることも。太り気味の猫には、カロリーや栄養バランスに配慮したダイエットキャットフードを選んであげましょう。この記事では、ペット専門エディター&ライターの井手綾子さんにお話をうかがい、ダイエットキャットフードの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

tag icon キャットフード・おやつ ,

猫缶のおすすめ12選|総合栄養食や人気の無添加タイプ、高齢猫向けフードも!

猫缶のおすすめ12選|総合栄養食や人気の無添加タイプ、高齢猫向けフードも!

いつでも栄養バランスが整った食事を与えられる猫缶詰。猫に必要とされる栄養が入っているため、自分で作らなくてもおいしい食事をあげられます。無添加で安全性が高いものや、高級感のある猫缶などさまざま。本記事では猫缶の選び方とおすすめ商品を紹介します。記事後半では、Amazonなど通販サイトの「ウェットフード最新人気ランキング」のリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。

tag icon 猫用トイレ・ケア用品 , キャットフード・おやつ ,

子猫用離乳食おすすめ17選【食べさせ方も紹介!】ゼリーやスープ、ドライフードも

子猫用離乳食おすすめ17選【食べさせ方も紹介!】ゼリーやスープ、ドライフードも

子猫の離乳食は、ムースやペースト、粉、ウェットフードなどのタイプや量などのあげ方を適切に判断して食べさせることがポイントです。この記事では、ペット専門エディターの井手綾子さんへの取材をもとに、おすすめの子猫用離乳食と選び方をご紹介! いつまであげる? 1日に何回あげる?など食べさせ方についても解説しています。記事後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングや比較一覧表もありますのでぜひチェックしてみてください。

tag icon キャットフード・おやつ ,

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。