ピノ・ノワールのワイン5選|ワインのプロが特徴や選び方を解説【合う料理も紹介!】

ピノ・ノワールのワイン5選|ワインのプロが特徴や選び方を解説【合う料理も紹介!】
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

豊かな香りと優美な味わいが特徴の、ピノ・ノワールのワイン。華やかな香りが特徴のフランス原産のピノ・ノワール種のワインで、世界各国で生産されています。ピノ・ノワールのワインは、生産地によって味わいもさまざま。いざ購入しようとしても、たくさんの商品の中からどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、ピノ・ノワールのワインの選び方とおすすめの商品をご紹介。ワインに合わせる料理も教えてくれたので、ぜひ参考にしてくださいね。


ピノ・ノワールのワインの選び方 ワインエキスパートに聞きました

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・石関華子さんに、ピノ・ノワールのワインを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。はじめての方も、いつも飲んでいるものとは違うワインを選んでみたいという方もぜひ参考にしてみてください。

ピノ・ノワールのワイン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ピノ・ノワールは赤ワイン用の品種でも人気の高いブドウです。世界各地で栽培されていますが、産地ごとに香りや味わいが変わってきます。

産地によって異なる香りと味わい

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

赤ワイン用ブドウ品種のなかでも人気の高いピノ・ノワール。フランスのブルゴーニュ地方をはじめ、南北アメリカやニュージーランドなど、世界各地で栽培されている品種です。一般的にピノ・ノワールのワインにはイチゴやチェリー、バラのような香りがあり、熟成が進むとトリュフやなめし皮、紅茶のような複雑な香りもあらわれます。

また、比較的渋みの穏やかなワインになるのも特徴です。ですが、その香りや味わいの質は産地ごとに異なるので、産地ごとの特徴をとらえながら選ぶといいでしょう。

用途や予算に応じて価格から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ピノ・ノワールのワインには超高級ワインとして有名な『ロマネ・コンティ』から1,000円前後で買えるものまで、実に幅広い価格帯のものが存在します。贈りものにしたり、特別な日に飲むのであれば、少々お値段は張りますが、やはり伝統と格式のあるブルゴーニュ産のものがおすすめです。

一方、デイリーワインにするのであれば、比較的手ごろな価格のニューワールド(ヨーロッパなどのワイン伝統国に対し、アメリカやチリ、オーストラリアなどのワイン新興国)のものでもじゅうぶんに楽しめます。ただし、価格とおいしさは比例するわけではありませんので、価格はあくまでひとつの目安と考えるようにしましょう。

生産者から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

たとえ同じ産地のピノ・ノワールのワインであったとしても、生産者が違えば、そのワインの個性もがらりと変化します。生産者ごとにこだわりやコンセプトがあるため、もし時間に余裕があれば、なるべく生産者のことも調べてみるようにしましょう。

なお、ここで紹介しているおすすめ商品には、それぞれの生産者の特徴や取り組みなども記載しているのでぜひ参考にしてください。

デルタ・ヴィンヤード『マールボロ ピノ・ノワール 2016』

多くのワイン愛好家から注目を集める、ニュージーランドのピノ・ノワールのワインです。

>> Amazonで詳細を見る

ピノ・ノワールのワインに合う料理とは

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

一般的にピノ・ノワールのワインは鶏肉や鴨肉などを使った料理とよく合います。ただし、先述のとおり、それぞれ個性があるため、相性のいい料理というのも変わってきます。

そのため、「せっかくなら最高においしい組み合わせを楽しみたい」という方は、ぜひ相性のいい料理もチェックしながら選んでください。

また、格式高い料理や高級食材を用いた料理には同じく格式高いものや高価なもの、ふだんの家庭料理には手ごろな価格なものというように、双方の格を合わせるというのもワインと料理を合わせるときのポイントになります。

ピノ・ノワールのワインのおすすめ5選 ワインエキスパートが厳選

うえで紹介したピノ・ノワールのワインの選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会ワインエキスパートの石関華子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。特別な日に飲みたいものから、日常的に飲めるコスパのいいワインまで、さまざまな角度からワインを紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ブシャール・ペール・エ・フィス『ジュヴレ・シャンベルタン 2015』

ブシャール・ペール・エ・フィス『ジュヴレ・シャンベルタン2015』

出典:Amazon

内容量 750ml
生産地 フランス(ブルゴーニュ)

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

「王のワイン」と呼ぶにふさわしい品格

贈りものや特別な日にピッタリな、ピノ・ノワールのワインがこちら。産地はフランスのブルゴーニュ地方のなかでもとくにすぐれた畑を多く有するコート・ド・ニュイ地区のジュヴレ・シャンベルタン。この地のワインはナポレオンに愛されていたことでも知られ、「ブルゴーニュの王」や「王のワイン」とも呼ばれ、高い名声を保っています。

1731年に創立された歴史あるつくり手、ブシャール・ペール・エ・フィスが手掛けるこのワインは、ダークチェリーやバラを想わせる香りに、力強さと優雅さをあわせ持った凝縮感のある味わいで、まさに「王のワイン」と呼ぶのにふさわしい1本です。相性のいい料理は、鴨のコンフィや仔羊のローストです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エルヴェ・ケルラン『ピノ・ノワール』

エルヴェ・ケルラン『ピノ・ノワール』

出典:Amazon

内容量 750ml
生産地 フランス(ブルゴーニュ)

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

本場ブルゴーニュの味わいを気軽に楽しめる

本場フランス、ブルゴーニュのワインを気軽に楽しみたい方におすすめの1本がこちら。「手ごろな高級品」をつくることをコンセプトにしているエルヴェ・ケルランが手掛けるピノ・ノワールのワインです。 ブルゴーニュ地方で栽培されたピノ・ノワールが使用されています。

色調は鮮やかなルビーレッド。チェリーやイチゴジャム、バラなどの香りのなかに、ほのかに野性的な香りが加わり、ほどよく複雑な印象を醸し出しています。リーズナブルな価格で本格的な味わいが楽しめます。

スパイスの効いたローストチキンや、鶏肉の赤ワイン煮込みなどの料理と相性良好です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ボデガ・エル・エステコ『ミッシェル・トリノ コレクション ピノ・ノワール』

ボデガ・エル・エステコ『ミッシェル・トリノコレクションピノ・ノワール』

出典:Amazon

内容量 750ml
生産地 アルゼンチン(カルチャキ・ヴァレー)

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

高コスパなアルゼンチンのピノ・ノワールのワイン

アルゼンチンワインのなかでも、とくにコストパフォーマンスに優れたブランドのひとつである「ミッシェル・トリノ」。そのなかでもこの『ミッシェル・トリノ コレクション ピノ・ノワール』は、ラズベリーやスミレ、バラのような香りに、やわらかいながらもボリューム感のある味わいで、手ごろな価格ながらアルゼンチンのピノ・ノワールの魅力を存分に味わえる1本です。

デイリーワインにはもちろん、ピノ・ノワールのワインを気軽に試してみたいという方にもおすすめです。相性のいい料理は鶏の照り焼きや唐揚げ、チキン南蛮です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

デルタ・ヴィンヤード『マールボロ ピノ・ノワール 2016』

デルタ・ヴィンヤード『マールボロピノ・ノワール2016』

出典:楽天市場

内容量 750ml
生産地 ニュージーランド(南島/マールボロ)

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ニュージーランドの注目のつくり手の1本

ニュージーランド産のおすすめのピノ・ノワールのワインがこちら。数多くのワイン愛好家から注目を集めるマールボロ地方の新進気鋭の生産者デルタ・ヴィンヤードが手掛ける、『マールボロ ピノ・ノワール 2016』です。

ブラックベリーやカシス、スミレなどを想わせる香りに、果実味の凝縮した力強い味わいが特徴です。フランスのブルゴーニュなど、ほかの国や地域で生産されたピノ・ノワールのワインとは違った個性を楽しめるので、ふだんから愛飲されている方にはとくにおすすめしたい1本です。相性のいい料理は、ローストビーフやハッシュドビーフです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

はこだてわいん『北海道100 ピノ・ノワール 2017』

はこだてわいん『北海道100ピノ・ノワール2017』

出典:楽天市場

内容量 720ml
生産地 日本/北海道

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

和食と相性抜群な北海道のピノ・ノワールのワイン

日本産のピノ・ノワールのワインのおすすめが、こちらの『北海道100 ピノ・ノワール 2017』です。北海道に拠点を置く、はこだてワインは、日本人の味覚に合うワインづくりを目指している生産者です。このワインに使用されているブドウは、すべて北海道産のピノ・ノワール。日本の気候風土で育まれたピノ・ノワールの個性を存分に楽しめるので、日本ワインのファンにもおすすめです。

さわやかなベリー系の香りと豊かな果実味、さわやかな余韻が特徴的で、素材の味を活かした繊細な味付けの日本料理とよく合います。しゃぶしゃぶや、いくらの醤油漬けなどと相性抜群です。

「ピノ・ノワール」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ブシャール・ペール・エ・フィス『ジュヴレ・シャンベルタン 2015』
エルヴェ・ケルラン『ピノ・ノワール』
ボデガ・エル・エステコ『ミッシェル・トリノ コレクション ピノ・ノワール』
デルタ・ヴィンヤード『マールボロ ピノ・ノワール 2016』
はこだてわいん『北海道100 ピノ・ノワール 2017』
商品名 ブシャール・ペール・エ・フィス『ジュヴレ・シャンベルタン 2015』 エルヴェ・ケルラン『ピノ・ノワール』 ボデガ・エル・エステコ『ミッシェル・トリノ コレクション ピノ・ノワール』 デルタ・ヴィンヤード『マールボロ ピノ・ノワール 2016』 はこだてわいん『北海道100 ピノ・ノワール 2017』
商品情報
特徴 「王のワイン」と呼ぶにふさわしい品格 本場ブルゴーニュの味わいを気軽に楽しめる 高コスパなアルゼンチンのピノ・ノワールのワイン ニュージーランドの注目のつくり手の1本 和食と相性抜群な北海道のピノ・ノワールのワイン
内容量 750ml 750ml 750ml 750ml 720ml
生産地 フランス(ブルゴーニュ) フランス(ブルゴーニュ) アルゼンチン(カルチャキ・ヴァレー) ニュージーランド(南島/マールボロ) 日本/北海道
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月29日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ピノ・ノワールの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのピノ・ノワールの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ピノ・ノワールランキング
楽天市場:ピノ・ノワールランキング
Yahoo!ショッピング:ピノ・ノワールランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

2,000円以下のおいしい赤ワインのおすすめはこちらから

産地や品種、年代などによってさまざまな表情を見せてくれる赤ワイン。その種類の多さに、どれを買えばいいのか迷ってしまうことはないでしょうか? そこでこの記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、2,000円以下のお手ごろな赤ワインをご紹介していきます。また...

ワインエキスパートからのアドバイス

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

保管状態にも気をつけましょう|

ワインはとてもデリケートなお酒です。保管状態が悪いと、せっかくの香りや味わいを損なってしまいます。なかでもピノ・ノワールのワインはとくにデリケート。せっかく高級なものを買っても、香りや味が劣化してしまったら台なしなので、暖かくなる時期はとくに気をつけるようにしてください。

理想的な保管場所はワインセラーですが、ご自宅にない方は、なるべく涼しくて日の当たらない場所に保管するようにしましょう。また、コルクの乾燥を防ぐため、寝かせた状態で置いておくのがベストです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:やきさんま、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/1/29 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 松林麻衣)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


シードルおすすめ17選|度数控えめで、初心者も飲みやすいもの【甘口・辛口】

シードルおすすめ17選|度数控えめで、初心者も飲みやすいもの【甘口・辛口】

リンゴを使ったお酒「シードル」は、その飲みやすさから世界中で愛されているお酒です。国内でもニッカやアサヒなどの大手メーカーが生産をしているほか、リンゴの産地などでもオリジナルのシードルを造っています。比較的アルコール度数が低いため、お酒の初心者にもおすすめしたいシードル。本記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパーの石関華子さんへの取材をもとに、シードル選びのポイントと、おすすめのシードルを厳選してご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


カリフォルニアワインおすすめ6選!【JSA認定ソムリエが厳選】

カリフォルニアワインおすすめ6選!【JSA認定ソムリエが厳選】

ニューワールドと呼ばれる、比較的歴史の新しいワイン産地のひとつであるカリフォルニア。最先端の科学や研究結果を盛りこみ、恵まれた気候のなかでワインづくりが行なわれている地域です。しっかりとした飲み心地とストレートな味わいのものや、複雑で繊細な味わいのものなど、ワインのスタイルはとても多様です。魅力的なワインが多く、どんな商品を選べばいいのか迷ってしまいますね。そこで本記事では、日本ソムリエ協会(JSA)認定ソムリエである井出玲子さんへの取材をもとに、カリフォルニアワインの選び方とおすすめ商品6選をご紹介します。本記事を参考に、お気にいりのカリフォルニアワインを探してみてください。


ワイングラスおすすめ11選|プラスチック製・ステムなしなど種類と選び方

ワイングラスおすすめ11選|プラスチック製・ステムなしなど種類と選び方

「ワイングラスでワインの味が変わる」といわれるほど、ワインを楽しむのに欠かせないワイングラス。ここでは、食空間プランナーの赤松真紀子さんと編集部が選ぶワイングラスのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。人気ブランドからアウトドアにも使いやすいプラスチック製など厳選しています。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ブルゴーニュ白ワインおすすめ6選|ワイン専門家が厳選! シャルドネも多数紹介

ブルゴーニュ白ワインおすすめ6選|ワイン専門家が厳選! シャルドネも多数紹介

ブルゴーニュは、ボルドーと並びフランスの高級ワインの生産地として、世界中で認知されています。有名な「ロマネ・コンティ」や「ボージョレ・ヌーヴォー」もブルゴーニュ地方で作られたワインなのです。ワインは、値段の幅も大きく、味の好みもあるのでどれを選べばよいか迷うことはありませんか? この記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに取材をもとに、ブルゴーニュの白ワインの選び方とおすすめ商品を紹介します。さらに記事後半では、各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。


リースリングのおすすめ商品5選|ワイン専門家が厳選!

リースリングのおすすめ商品5選|ワイン専門家が厳選!

リースリングとは、ドイツ原産の白ワイン用ブドウ品種のこと。世界中の寒冷地で栽培されている、最も有名な品種のひとつです。こちらでは、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、初心者向けの甘口のリースリングから、上級者向けの辛口リースリングまで、選び方とおすすめ商品をご紹介いたします! さらに、アメリカやオーストラリアなどの産地や生産者の違いよるリースリングの楽しみ方も教えていただきました。また記事後半では通販サイトの最新人気ランキングも確認できるので、口コミなども参考にしながらお気に入りの1本を見つけていきましょう!


関連するブランド・メーカー


ブシャール・ペール・エ・フィス

新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る