チリワインおすすめ6選|カベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネなど人気品種を紹介

[常温便][2本目以降700円引]モンテス ”アルファ” カベルネソーヴィニヨン【2017年】
出典:Amazon
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

価格は手ごろなのに、高品質な商品が数多くそろっているチリワイン。こちらの記事ではワインエキスパート・石関華子さんへの取材をもとに、チリワインの選び方やおすすめ商品、相性のいい料理をご紹介します。多彩な気候条件が育んだ、個性的でおいしいチリワインを入り口に、ワインの世界をもっと広げてみましょう。記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


チリワインの選び方 カベルネソーヴィニヨンやシャルドネ、カルメネールなど!

4種類のワイン
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

チリではさまざまなワインが生産されています。

ワインエキスパート・石関華子さんへの取材をもとに、チリワインを選ぶときのポイントをご紹介します。

ブドウの品種で選ぶ

ワイン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

チリ原産のブドウや、チリワインらしい味わいが楽しめるブドウもあります。

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

チリではさまざまな品種のブドウが栽培されています。最も栽培量の多い品種は、赤ワイン用のカベルネ・ソーヴィニヨンという品種。しっかりとした味わいの豊かな渋みのあるワインを生み出す品種です。ほかにも赤ワイン用の品種としては、凝縮した果実味のあるカルメネール、渋みが穏やかで軽快な味わいのピノ・ノワールなどがあります。

また白ワイン用品種としては、華やかで爽快な白ワインを生み出すソーヴィニヨン・ブラン、ふくよかな白ワインを生み出すシャルドネなどが栽培されています。

このようにブドウ品種によってワインの味わいが大きく変化するので、お好みにあわせてブドウ品種から選ぶのもおすすめです。

チリワインらしい味わいが楽しめる「カルメネール」

「カルメネール」は、フランスのボルドー地方が原産のブドウです。近年はボルドー地方で栽培されておらず、おもにチリで栽培されています。

カルメネールを使ったワインは、まろやかな口当たりと豊かなコクが特徴。樽で熟成させることで、コーヒーやビターチョコレートのようなニュアンスも出てきます。

料理と合わせる際は、コクがあるものや香ばしさを感じるものと合わせるとよいでしょう。

チリ原産の品種「パイス」はレアなブドウ

チリ原産のブドウ「パイス」は、大航海時代に伝道師によってチリにもたらされた品種です。1980年代までは広く栽培されていましたが、近年はカベルネ・ソーヴィニョンなどの品種に押され、徐々に栽培されなくなりました。

最近になって再び作られるようになったパイスのワインは、チェリーのような赤い果実の香りとなめらかな口当たりが特徴。タンニンが少ないので、サングリアなどにも適しています。

チリワインの代表品種「カベルネ・ソーヴィニョン」

世界各地で栽培されている「カベルネ・ソーヴィニョン」は、熟成度合いによって味わいが変わる品種です。若いうちはしっかりとしたタンニンが感じられますが、熟成させることで角が取れ、エレガントな味わいに変化します。

チリはカベルネ・ソーヴィニョンの栽培に適した気候で、カシスのような黒系果実の香りやハーブを思わせるさわやかさが感じられます。チリ全土で栽培されているので、産地ごとの違いを楽しんでみるのもよいでしょう。

コスパが高い「ピノ・ノワール」

フランス・ブルゴーニュ地方が原産の「ピノ・ノワール」は、繊細な口当たりと華やかな香りをもつ品種です。暖かく、日照時間が多いチリでは、より力強さが感じられるパワフルなピノ・ノワールが作られています。

チリ産のピノ・ノワールで作られたワインは全体的に濃縮した強い果実味があり、ピノ・ノワールのチャーミングな魅力が詰まった味わいです。

料理と合わせるなら「メルロ」

フランスのボルドー地方が原産の「メルロ」は、料理と合わせやすい赤ワイン用のブドウ品種です。シルキーなテクスチャーで、タンニンのトゲがなくまろやかな味わいですが、ただまろやかなだけでなく、コクや奥行きのある複雑な味わいも感じられるのがポイント。

チリ産の熟したメルロからは、ブルーベリーなどの黒い果実やカカオ、ミントのような香りをもったワインが作られています。

華やかな香りの「ソーヴィニョン・ブラン」

温暖な気候で栽培されるチリの「ソーヴィニョン・ブラン」は、トロピカルフルーツのように華やかな香りが感じられます。とくに、レイダ・ヴァレーはチリ産ソーヴィニョン・ブランの銘醸地です。

ソーヴィニョン・ブランを使ったワインは、骨格のある酸味とイキイキとしたフレッシュなニュアンスが特徴。さっぱりとした白ワインを好む人にぴったりです。

フルーティーで飲みごたえがある「チリ産シャルドネ」

白ワイン用のブドウとして有名な「シャルドネ」は、栽培される土地の個性が出やすい品種です。冷涼な気候で育つとスッキリとシャープな味わいに、温暖な気候で育つとコクが感じられる味わいになります。チリのシャルドネは、バナナやパイナップルといったトロピカルフルーツの香りをもつのが特徴です。

南北に長いチリでは、地方によって気候が大きく異なります。それぞれの地方ごとの個性も楽しめるのが、チリ産シャルドネの魅力です。

ワインの個性を育む「生産地区」から選ぶ

ブドウ畑
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

チリのワインの産地は、その細長い国土を縦方向に区切り、「コスタ」と「エントレ・コルディリェラス」、「アンデス」の3つの地区に分けられます。

「コスタ」は西側の太平洋に面した地区。フンボルト海流の影響による冷涼な気候で、ミネラル感とシャープな酸味をもつワインが生み出されています。「エントレ・コルディリェラス」は海岸山脈とアンデス山脈にはさまれた中央部地区です。いくつもの河川が流れる入り組んだ地形で、チリを代表する赤ワインの産地です。「アンデス」は東側の山脈の麓の地区。ここでは昼夜の寒暖差が大きいため、凝縮感のある高品質なワインが生み出されています。

このように生産地区ごとにワインの個性も異なるので、生産地区から選ぶのもおすすめです。

しっかりとした味わいのアコンカグア地方のワイン

アコンカグア山の麓(ふもと)を流れる河の流域に広がっているアコンカグア地方では、手ごろな価格のおいしいワインが造られています。とくに、冷涼な気候で海からの風と霧の影響を受ける「カサブランカ・ヴァレー」や「レイダ・ヴァレー」のブドウを使ったワインは、濃厚な果実味が感じられるパワフルな味わいです。

アコンカグア・ヴァレーではカベルネ・ソーヴィニヨンとシラーが、レイダー・ヴァレーでは繊細なピノ・ノワールが高い評価を得ています。

セントラル・ヴァレー地方のワインは個性派ぞろい

チリの中央部に位置するセントラル・ヴァレー地方のワインは、温暖で安定しており、カルメネールなどの栽培に適しています。この地方にはいくつかのヴァレーが含まれており、マイポ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニョンはとくに個性的な味わいです。

気温が高く日照量が多いカチャポアル・ヴァレーでは、カルメネールやマルベック、メルロなどのブドウが栽培されています。

セントラル・ヴァレーには、チリのブドウ栽培の心臓部とも呼ばれる「クリコ・バレー」も含まれており、ヴァレーごとに異なる味わいが楽しめるのが特徴です。

生産者の取り組みやブランドのコンセプトから選ぶ

樽の上に置かれたワインボトル

Photo by Unsplash

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

チリには数多くのワインの生産者が存在し、大手ワインメーカーではそれぞれのコンセプトのもとで多彩なワインのブランドを展開しています。

たとえば、世界有数のオーガニック製品認証団体の認証を受けたコノスルのオーガニックシリーズはシ、オーガニック志向の方におすすめです。また、高品質なプレミアムワインを展開するモンテスのアルファシリーズは、ワンランク上のワインを楽しみたい方におすすめ。

このように生産者の取り組みやブランドのコンセプトにも注目して選ぶと、より自分に合ったワインを見つけられるでしょう。

オーガニックワインなら「ロス・ヴァスコス」を

チリに移住したスペイン人によって創業された「ロス・ヴァスコス」は、殺虫剤や除草剤などの化学物質に頼らない方法でブドウを栽培するなど、オーガニックにこだわってワインを造っています。

フランスの名門シャトー・ラフィット社と提携することで、フランスで培われたワイン造りの技術も醸造に取り入れるようになりました。

質の高いワインなら「モンテス S.A.」

質の高いプレミアムチリワインなら、「モンテスS.A.」のワインがよいでしょう。「モンテス S.A.」のワインは、農薬をほとんど使わずに育てられたブドウで造られます。

洗練された味わいが好みなら、アルファシリーズを。ボルドーのグランヴァンに引けをとらない香りと味わいです。クラシックシリーズは、デイリーワインにぴったりの価格帯と味わい。リミテッドシリーズは、そのクォリティに根強いファンが多いです。

「コノスル」はふだん飲むワインにぴったり

いつもの食卓でカジュアルに楽しみたいなら「コノスル」がぴったりです。チリ全土にいくつものブドウ畑を持ち、そこで収穫されたブドウを使って、品種ごとの個性がしっかりと感じられるワインを醸造しています。

買い求めやすい価格と質の高さのバランスがよいので、デイリーワインを探している人はぜひチェックしてみてください。

受賞歴のあるワインなら「サンタカロリーナ」

1875年創業のワイナリー「サンタカロリーナ」は、これまでに何度も国際コンペティションで賞を受賞しているワイナリーです。伝統と革新を大切にしたワイン造りのなかで生み出されるワインはバリエーション豊かで、プレミアムなワインからテーブルワインまで好みやシーンに合わせて選べるのがポイント。

新たに発売されたフラッグシップワイン「エレンシア」は、カルメネールらしい濃厚な果実味と豊かな香りが感じられ、チリワインのポテンシャルを存分に感じさせてくれます。

料理との相性から選ぶ

ワインと料理

Photo by Unsplash

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

比較的手ごろな価格なものが多いチリワインは、日ごろの夕食のお供にされる方も多いのではないかと思います。そのため、「どんな料理と合わせるか」といった料理との相性から選ぶのもおすすめです。

たとえば、濃厚な味わいの赤ワインであれば濃厚な肉料理やボリューム感のある料理、すっきりとした白ワインであればあっさりとした味つけの料理や軽めの料理とよく合います。

また次に紹介しているおすすめ商品のなかにも、それぞれに相性のよい料理を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

チリワインおすすめ6選! コノスルやモンテスなど人気ワインを厳選!

上で紹介したチリワインの選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・石関華子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンテス『モンテス・アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨン 2017』

[常温便][2本目以降700円引]モンテス”アルファ”カベルネソーヴィニヨン【2017年】

出典:Amazon

内容量 750ml
生産地 コルチャグア・ヴァレー
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

フルボディの赤ワインがお好きな方におすすめの1本

濃厚なフルボディの赤ワインがお好きな方におすすめのワインがこちら。「世界最高峰のチリワインをつくる」という信念のもとでワインづくりを行なうモンテスが手掛ける上質なプレミアムワイン、「アルファシリーズ」のひとつです。

産地はエントレ・コルディリェラス地区のコルチャグア・ヴァレーで、そのなかでも海岸山脈に近いエリアで作られます。適度に冷たい潮風の恩恵を受け、上質なブドウが育つのが特徴です。

ブドウ品種はおもにカベルネ・ソーヴィニヨン。プラムやイチジクのような香りと、果実味とタンニン(渋み)が見事に調和した味わいに仕上がっており、ミートソースやラムチョップなどと抜群の相性です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サンタ・ヘレナ『サンタ・ヘレナ・グラン・ヴィーノ・カルメネール』

サンタ・ヘレナグラン・ヴィーノカルメネール[赤ワインミディアムボディチリ750ml]

出典:Amazon

内容量 750ml
生産地 セントラル・ヴァレー
ブドウ品種 カルメネール

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

飲みやすい高コスパなカルメネールのワイン

果実味豊かでコストパフォーマンスの高い赤ワインをお探しの方におすすめの1本がこちら。

いち早く海外進出を果たし、世界50カ国以上で愛されているサンタ・ヘレナが手掛ける『サンタ・ヘレナ・グラン・ヴィーノ・カルメネール』です。

産地はセントラル・ヴァレー。海岸山脈とアンデス山脈に挟まれたエントレ・コルディリェラス地区のなかでも指折りのワインの産地として知られています。ブドウ品種はカルメネール。チリならではのブドウ品種です。果実味が濃厚で飲みやすい味わいで、ハンバーグや焼き肉などとよく合います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ウンドラーガ『シバリス グラン・レセルバ ピノ・ノワール』

ウンドラーガシバリスグラン・レセルバピノ・ノワール[赤ワインミディアムボディチリ750ml]

出典:Amazon

内容量 750ml
生産地 レイダ・ヴァレー
ブドウ品種 ピノ・ノワール

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ピノ・ノワールの軽快かつエレガントな1本

軽めの赤ワインがお好きな方におすすめのワインが、この『シバリス グラン・レセルバ ピノ・ノワール』です。生産者のウンドラーガは100年以上の歴史を持つワイナリーで、洗練された高品質なワイン造りを行なっています。

産地は海沿いのコスタ地区のレイダ・ヴァレー。海からの風の影響で冷涼な気候のため、高品質なブドウが育つエリアです。

ブドウ品種はフランスのブルゴーニュ地方原産のピノ・ノワール。果実味と酸のバランスがよく、エレガントな味わいで、ローストビーフや焼き鳥などと相性が良好です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

テラノブレ『テラノブレ メルロ レゼルバ』

テラノブレメルロ・レゼルバ[2018]TERRANOBLEMerlotReservaVineyardSelection

出典:楽天市場

内容量 750ml
生産地 マウレ・ヴァレー
ブドウ品種 メルロー

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

メルローの特徴がよく表れたお値打ち赤ワイン

お手頃価格のしっかりとした味わいの赤ワインをお探しの方におすすめなのが、この『テラノブレ メルロ レゼルバ』です。

産地はエントレ・コルディリェラス地区のセントラル・ヴァレー(マウレ・ヴァレー)で、ブドウ品種はメルロー。生産者のテラノブレは、ブドウのもつ本来の風味を大切にしながら独自の製法でワインづくりを行なうメーカーで、特にメルローのワインに定評があります。

カシスやプラムなどの香りと果実の凝縮した味わいが特徴的で、メルローの特徴がよく表れています。相性のよい料理はビーフシチューやステーキ、豚の角煮など。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コノスル『オーガニック ソーヴィニヨン・ブラン 2018』

コノスルオーガニックソーヴィニヨン・ブラン[2018白ワイン辛口チリ750ml]

出典:Amazon

内容量 750ml
生産地 サン・アントニオ・ヴァレー
ブドウ品種 ソーヴィニヨン・ブラン

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

オーガニックの爽快な辛口白ワイン

辛口の白ワインやオーガニックワインをお探しの方におすすめな1本がこちら。

2017年に「世界で最も称賛されるワインブランドTOP20」に選出されたコノスルが手掛ける『コノスル オーガニック ソーヴィニヨン・ブラン』です。オーガニックシリーズのひとつで、フランスのオーガニック認証機関「エコサール」の認証を受けています。

産地は太平洋に近いコスタ地区のサン・アントニオ・ヴァレー。冷涼な気候に由来するフレッシュな果実味とさわやかな酸味、海洋性ミネラルを含んだ土壌に由来するミネラル分豊かな味わいが特徴です。シーフードマリネやスモークサーモンなどの海の幸とよく合います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビニャ・マイポ『ビニャ・マイポ ミ・プエブロ シャルドネ 2018』

ビニャ・マイポ『ビニャ・マイポミ・プエブロシャルドネ2018』

出典:楽天市場

内容量 750ml
生産地 セントラル・ヴァレー
ブドウ品種 シャルドネ

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シャルドネのコスパの高い白ワイン

コストパフォーマンスの高い白ワインをお求めの方におすすめの1本がこちら。

生産者のビニャ・マイポはブドウの個性を活かしながら、果実感に満ちたワイン造りを目指しています。産地は海岸山脈とアンデス山脈の間に位置するエントレ・コルディリェラス地区のセントラル・ヴァレー。

ブドウ品種はシャルドネで、トロピカルフルーツを思わせる甘い香りと、みずみずしい果実味とほのかな酸味が特徴のワインに仕上がっています。白身魚のフライやソテー、クリームシチューなどと相性が良好です。

「チリワイン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
モンテス『モンテス・アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨン 2017』
サンタ・ヘレナ『サンタ・ヘレナ・グラン・ヴィーノ・カルメネール』
ウンドラーガ『シバリス グラン・レセルバ ピノ・ノワール』
テラノブレ『テラノブレ メルロ レゼルバ』
コノスル『オーガニック ソーヴィニヨン・ブラン 2018』
ビニャ・マイポ『ビニャ・マイポ ミ・プエブロ シャルドネ 2018』
商品名 モンテス『モンテス・アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨン 2017』 サンタ・ヘレナ『サンタ・ヘレナ・グラン・ヴィーノ・カルメネール』 ウンドラーガ『シバリス グラン・レセルバ ピノ・ノワール』 テラノブレ『テラノブレ メルロ レゼルバ』 コノスル『オーガニック ソーヴィニヨン・ブラン 2018』 ビニャ・マイポ『ビニャ・マイポ ミ・プエブロ シャルドネ 2018』
商品情報
特徴 フルボディの赤ワインがお好きな方におすすめの1本 飲みやすい高コスパなカルメネールのワイン ピノ・ノワールの軽快かつエレガントな1本 メルローの特徴がよく表れたお値打ち赤ワイン オーガニックの爽快な辛口白ワイン シャルドネのコスパの高い白ワイン
内容量 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml
生産地 コルチャグア・ヴァレー セントラル・ヴァレー レイダ・ヴァレー マウレ・ヴァレー サン・アントニオ・ヴァレー セントラル・ヴァレー
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー カルメネール ピノ・ノワール メルロー ソーヴィニヨン・ブラン シャルドネ
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月30日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする チリワインの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのチリワインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:チリワインランキング
Yahoo!ショッピング:チリワインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ワインエキスパートからアドバイス

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

価格が手ごろな割に高品質なものが多く、コストパフォーマンスに優れたチリワイン。肩肘張らずに楽しめるので、ぜひ日ごろからチリワインを食卓に取り入れてみてくださいね。

またチリではさまざまなブドウ品種のワインが生産されているため、まずはチリワインでいろいろなブドウ品種のワインを試し、お気に入りのブドウ品種を見つけるというのもおすすめです。お気に入りのブドウ品種が見つかったら、そこからまた新たなワインの世界を広げていってくださいね。

そのほかのワインもチェック! 【関連記事】

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:ピカルディ修士、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/14  記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部)
※2020/12/16 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 下田結賀子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


カマンベールチーズおすすめ10選|高級品からリーズナブルな安い商品まで!

カマンベールチーズおすすめ10選|高級品からリーズナブルな安い商品まで!

濃厚でコクのあるカマンベールチーズ。今や日本でもなじみ深いチーズですが、本格志向のものから手軽に手に入るものまで種類はさまざま。産地や熟成度合いなど違いがあり、どれを買うべきか迷ってしまう方も多いのでは? この記事では、フランスチーズ鑑評騎士・山田好美さんへ取材して、カマンベールチーズの選ぶポイントやおすすめ商品をご紹介します。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


ポートワインのおすすめ5選!【ワイン専門家の厳選商品】

ポートワインのおすすめ5選!【ワイン専門家の厳選商品】

独特の甘さがある「ポートワイン」。ひと口にポートワインといっても、ルビーポートやトウニーポート、ヴィンテージ・ポートなど、さまざまな種類があります。自分の好みに合うものがわからないという方は多いのではないでしょうか? そこで本記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートである石関華子さんへの取材をもとに、ポートワインの選び方とおすすめの商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


カベルネ・ソーヴィニヨンおすすめ12選|安うま1,000円ワインから高級ワインまで!

カベルネ・ソーヴィニヨンおすすめ12選|安うま1,000円ワインから高級ワインまで!

赤ワイン用ブドウの品種として代表的なカベルネ・ソーヴィニヨン。高級なものから1,000円前後で買える安いワインまで種類が豊富です。また、フランスのボルドーをはじめ、チリやアメリカなど産地もさまざま。この記事では、カベルネ・ソーヴィニヨンの選び方やおすすめ商品をご紹介。どんな料理に合うのかもかんたんに解説しています。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


ワインエキスパートがおすすめ! 4000円以下のイタリアワイン6選

ワインエキスパートがおすすめ! 4000円以下のイタリアワイン6選

世界のなかでもイタリアは、ワインの生産量がトップクラス。ピエモンテ州とトスカーナ州の2大産地が有名ですが、北はアルプス山脈から南はシチリア島まで、イタリア全土でワインがつくられています。ぶどうの品種によって、またつくられている州によって味も香りもさまざまなイタリアワイン。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、イタリアワインの選び方と、おおむね4,000円以下のお手ごろ価格で手に入るなかから、赤ワイン、白ワイン、スパークリングワインのおすすめを紹介していきます。


 2,000円以下のオーガニックワイン5選|ワイン専門家の推薦!

2,000円以下のオーガニックワイン5選|ワイン専門家の推薦!

一日の疲れを癒やしたり、特別な日のお祝いに欠かせないワイン。せっかくならワインのなかでも、製法や栽培方法にこだわったものを楽しみたいですよね。有機栽培されたオーガニックワインが気になっている方にとって、どのような基準でワインを選べばよいかわからないこともあるでしょう。ここでは日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート石関華子さんへの取材をもとに、おおむね2,000円以下で手に入るお買い得なオーガニックワインからおすすめをご紹介いたします。


関連するブランド・メーカー


Cono Sur(コノスル)

新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る