【インナーイヤー・スポーツタイプ・耳かけ型など】開放型イヤホンおすすめ9選

【インナーイヤー・スポーツタイプ・耳かけ型など】開放型イヤホンおすすめ9選
IT・家電ジャーナリスト
安蔵 靖志

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。 日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。 デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。 KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。

インナーイヤーイヤホンやスポーツタイプ、耳かけ型イヤホンまで、様々なタイプがある開放型イヤホンを、IT・家電ジャーナリストへの取材を元におすすめ商品選び方をご紹介いたします。


インナーイヤー・スポーツタイプ・耳かけ型などは【開放型イヤホン】です

IT・家電ジャーナリスト

開放型イヤホンは耳栓のようなカナル型のイヤホン以外を指しており、そのタイプは幅広いです。

耳の中に押し込むカナル型が苦手という人はインナーイヤータイプ、ランニング用途であれば防滴や防水性能を備えたうえに耳にホールドしやすい工夫がなされたスポーツタイプ、音楽を聴きながら周囲の音もよりはっきりと聴きたい場合は耳かけタイプを選ぶのがおすすめです。

インナーイヤータイプ

BOSE(ボーズ)『QuietComfort 20』

ノイズキャンセリング機能を搭載したインナーイヤータイプ。遮音性の高いイヤホンを求めている人におすすめ。

>> Amazonで詳細を見る

スポーツタイプ

SONY(ソニー)『WI-SP500』

防滴&ワイヤレスでスポーツに最適な開放型イヤホンです。

>> Amazonで詳細を見る

耳かけタイプ

SONY(ソニー)『STH40D』

リモコンやマイクを搭載し、ハンズフリー通話にも対応。より多くの人にフィットする独特の形状を採用している。

>> Amazonで詳細を見る

開放型イヤホンを選ぶポイント IT・家電ジャーナリストが解説!

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに、開放型イヤホンを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。開放型イヤホン選びにお悩みの方はチェックしておきましょう!

黒のイヤホン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

開放型イヤホンはいろいろな種類がありますが、どのように選ぶべきでしょうか?

有線タイプかワイヤレスタイプか選ぶ

IT・家電ジャーナリスト

ストレスフリーなワイヤレスに対し充電不要の有線

開放型イヤホンは比較的低価格な有線タイプが中心ですが、スポーツ向けモデルを中心にワイヤレスタイプ(Bluetoothイヤホン)もラインナップされています。

通勤・通学電車などでケーブルが煩(わずら)わしい方や、ランニングで用いたいという方には、Bluetoothイヤホンがおすすめです。有線タイプはバッテリーの充電も不要なので、いつでも安心して音楽を楽しみたいという方はこのタイプを選ぶといいでしょう。

リモコンやマイクの有無にも注目

IT・家電ジャーナリスト

リモコンにどんな機能が割り当てられているか確認

スマートフォンで音楽を聴く場合は、再生や一時停止、曲送りや曲戻しなどができるリモコンや、ハンズフリー通話ができるマイクの有無にも注目したいところです。

最近ではGoogleアシスタントやSiriの呼び出し機能を搭載するモデルも増えています。リモコンのボタンで使える機能はモデルによって異なるので、リモコンをよく使う人はどのような機能が割り当てられているかもチェックするといいでしょう。

高音質を求めるならハイレゾ対応が目印

「High(高い) Resolution(解像度)」通称ハイレゾは高音質の音を楽しむことができます。通常MP3ファイルはオリジナルの音源を圧縮したデータを再生しています。そのため、圧縮時に切り落とした音(データ)は再現されません。ハイレゾ対応イヤホンであればオリジナルの音源に限りなく近い音を再生できるので、より「音」を楽しむことができるのです。

注意してほしいのは、ハイレゾ対応イヤホンを持っているだけではハイレゾ音楽は楽しめません。再生するデータもハイレゾ音源である必要があります。

代表的なメーカーの「音質の特徴」 実際に実機で確認しよう!

音質はメーカーごとに特徴があります。ここでは、代表的なメーカーの音質の特徴をご紹介します。実際に聴いてみないとわからない部分もあるので可能であれば家電量販店で試聴するのがベストです。

SONY(ソニー)

SONY(ソニー)『STH40D』

周囲の音を聞きながら音楽や通話を楽しめるイヤホンです。

>> Amazonで詳細を見る

たとえば、高音と低音のコントラストが明快な「ドンシャリ系」が好みの人はSONYを選んだほうがよいでしょう。この音の系統はいわゆるテクノやハウス、トランスといったEDM系ジャンルを好む人にぴったりです。

audio-technica(オーディオテクニカ)

audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-C505iS』

スポーティでありながらシンプルでコンパクトなデザインが特徴のイヤホンです。

>> Amazonで詳細を見る

audio-technicaの音作りは非常にフラットなのが特徴です。すべての音域を忠実に再現しようとするので、クラシックやインスト系などのジャンルを好む人に合うでしょう。

BOSE(ボーズ)

BOSE(ボーズ)『QuietComfort 20』

圧倒的なノイズキャンセリング機能を実現したイヤホンです。

>> Amazonで詳細を見る

高級オーディオ機器の代名詞でもあるBOSE。その音質の良さを漏らさず耳にとどけてくれるノイズキャンセリング機能は、純粋に音楽を楽しみたいという人にはうれしいメーカーです。

開放型イヤホンおすすめ9選 IT・家電ジャーナリストと編集部が厳選!

イヤホンで音楽を聴く女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

SONYやBOSEで知られるノイズキャンセリング機能があれば、屋外の騒音空間でも快適に音楽を楽しむことができるでしょう。

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんにおすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『STH40D』

SONY(ソニー)『STH40D』

出典:Amazon

リモコン機能 あり
再生周波数帯域 20Hz~20kHz
ノイズキャンセル機能 -
通話機能 あり
ハイレゾ対応 -
有線/無線 有線

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

周囲の音を聞きながら音楽や通話を楽しめる

いわゆる「インナーイヤー型」とは違い、クリップのような形で耳をはさんで固定するタイプのイヤホンです。カナル型やインナーイヤー型と違って耳をふさぐような構造になっていないため、周囲の音を遮断せずに音楽を楽しめるのが大きな魅力です。

どこを歩いていても、走っていても、自分の周りだけを自分専用のBGMが流れ続けているような不思議な感覚を楽しむことができます。より多くの耳の形にフィットする独自のスタイルを採用していて、メガネをかけたままでもラクに使うことができるのも特徴です。

リモコン、マイク、ボリューム、マルチファンクションキーが搭載されていて、ハンズフリー通話にも対応しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Owltech(オウルテック)『Samu SE01』

OWL-SAMU-SE01-SI(シルバ-)SamuSEシリ-ズハイレゾ音源対応高音質イヤホン OWL-SAMU-SE01-SI(シルバ-)SamuSEシリ-ズハイレゾ音源対応高音質イヤホン OWL-SAMU-SE01-SI(シルバ-)SamuSEシリ-ズハイレゾ音源対応高音質イヤホン OWL-SAMU-SE01-SI(シルバ-)SamuSEシリ-ズハイレゾ音源対応高音質イヤホン OWL-SAMU-SE01-SI(シルバ-)SamuSEシリ-ズハイレゾ音源対応高音質イヤホン OWL-SAMU-SE01-SI(シルバ-)SamuSEシリ-ズハイレゾ音源対応高音質イヤホン OWL-SAMU-SE01-SI(シルバ-)SamuSEシリ-ズハイレゾ音源対応高音質イヤホン OWL-SAMU-SE01-SI(シルバ-)SamuSEシリ-ズハイレゾ音源対応高音質イヤホン OWL-SAMU-SE01-SI(シルバ-)SamuSEシリ-ズハイレゾ音源対応高音質イヤホン

出典:Amazon

リモコン機能 あり
再生周波数帯域 5Hz~40kHz
ノイズキャンセル機能 -
通話機能 あり
ハイレゾ対応 あり
有線/無線 有線

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

金属ハウジング採用の高音質イヤホン

40kHzまでの周波数帯域に対応し、最高約22kHzまで記録可能なCDを超える音質を実現した「ハイレゾ音源」の再生にも対応するイヤホンです(ハイレゾ音源の再生には対応するプレーヤーが必要)。ハウジングに高耐久アルミニウムを採用し、低価格ながらクリアな高域と深みのある豊かな低域を実現。

ケーブルの内部には、防弾チョッキにも用いられている高耐久アラミド繊維が使われています。イヤホンの故障は断線が多いので、引っ張りにも強いタフネス仕様なのも大きな魅力です。リモコンマイクが付属しているため、音楽の停止や再生、ハンズフリー通話が可能となっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOSE(ボーズ)『QuietComfort 20』

BOSE(ボーズ)『QuietComfort20』

出典:Amazon

リモコン機能 あり
再生周波数帯域 -
ノイズキャンセル機能 あり
通話機能 あり
ハイレゾ対応 -
有線/無線 有線

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

圧倒的なノイズキャンセリング機能を実現

「耳の中に押し込むカナル型が苦手だけど、遮音性の高いイヤホンがほしい」という人に最適のモデルです。

インナーイヤータイプながら、周囲の音を打ち消すアクティブノイズキャンセリング機能を搭載しているため、電車の走行音や飛行機のジェットエンジンといった暗騒音をしっかりと消してくれ、静かなリスニングを楽しめます。バッテリーが切れても普通のインナーイヤーイヤホンとして音楽を聴けるのも魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Jaybird(ジェイバード)『Tarah』

Jaybird(ジェイバード)『Tarah』

出典:Amazon

リモコン機能 あり
再生周波数帯域 20Hz~20kHz
ノイズキャンセル機能 -
通話機能 あり
ハイレゾ対応 -
有線/無線 無線

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

防汗・防水性能を備えたBluetoothイヤホン

IPX7の防水性能を実現しており、汗や突然の雨でも安心して使えるスポーツ向けBluetoothイヤホンです。

シリコン製のイヤージェルを採用しており、耳にしっかりとフィットして外れにくいようになっています。約6時間の連続再生が可能で、無料のスマートフォンアプリを使うことで音質のカスタマイズも可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ambie(アンビー)『ambie sound earcuffs』

ambie(アンビー)『ambiesoundearcuffs』

出典:Amazon

リモコン機能 あり
再生周波数帯域 -
ノイズキャンセル機能 -
通話機能 あり
ハイレゾ対応 -
有線/無線 有線

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

耳をふさがないイヤーカフ型イヤホン

耳たぶをはさみ込むようなスタイルで装着するため、耳をふさがずに音楽を聴くことができる新感覚のイヤホンです。

どこか見えない場所にスピーカーがあるような不思議な感覚で音楽を楽しめるだけでなく、車の接近や駅のアナウンスなどを聞き逃すことがないのが魅力。安全かつ快適にお気に入りの音楽を楽しみたい方に向くモデルでしょう。

Astrotec(アストロテック)『LYRA CLASSIC』

Astrotec(アストロテック)『LYRACLASSIC』

出典:Amazon

リモコン機能 -
再生周波数帯域 15Hz~40kHz
ノイズキャンセル機能 -
通話機能 -
ハイレゾ対応 あり
有線/無線 有線

ハイレゾ対応で繊細な音を表現

インナーイヤー型イヤホンでは珍しくハイレゾにも対応しているのがこの 『LYRA CLASSIC』です。イヤホンとしては高価格帯ですが、値段に負けない音質を保証してくれます。前モデルである『LYRA6』からデザインを見直し、装着感の向上を実現。さらに、ドライバーもハイレゾに対応するために新設計、各音域が干渉し合うことで発生する「音潰れ」を防ぎ、繊細な音質を再現することが可能になりました。

また、ケーブルには銀メッキを施し高級感を演出しています。大口径イヤーピースのため耳の大きさによってつけにくいという方のために、耳にかけられるウィングチップも付属しており、外れにくい配慮も行き届いてます。開放的な音質になる開放型イヤホンですが、感覚的にはヘッドホンに近いリスニング感覚を実現しています。

audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-C505iS』

audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-C505iS』

出典:Amazon

リモコン機能 あり
再生周波数帯域 20Hz~20kHz
ノイズキャンセル機能 -
通話機能 あり
ハイレゾ対応 -
有線/無線 有線

コスパに定評のある低価格モデル

スポーティでありながらシンプルでコンパクトなデザインが特徴の『ATH-C505iS』。ブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4色展開でカラーバリエーションも豊富です。大口径ドライバーを搭載しているのでカナル型では味わうことができない音の奥行きを体験できます。マイクもついているので通話にも対応しているのがうれしいポイントですね。

新設計されたベースディメンションエキサイターがよい仕事をするのでフラットな音作りのオーディオテクニカとしては低音が強めになっています。耳へのフィット感もよいのでコスパが高いという評判が人気を裏付けています。

ELECOM(エレコム)『EHP-IS3510M』

ELECOM(エレコム)『EHP-IS3510M』

出典:Amazon

リモコン機能 あり
再生周波数帯域 20Hz~20kHz
ノイズキャンセル機能 -
通話機能 あり
ハイレゾ対応 -
有線/無線 有線

カラーコンビネーション豊かな大口径イヤホン

14.8mmの大口径ドライバーで高音から低音までをバランスよくカバーしている 『EHP-IS3510M』。取り回しがラクなフラットケーブルを採用し、からまりにくい設計になっています。からまりにくいため髪の毛の長い女性にも好評です。

収納時に役立つスライダーがついているので、使っていないときにブラブラと邪魔になりません。イヤーパッドもふたつついているので装着感も抜群です。カラーバリエーションもグリーン、ブラック、ブルー、迷彩、ミックス、ピンク、レッド、ホワイトと多彩なのでコーディネートのワンポイントにも使えますよ。

SONY(ソニー)『WI-SP500』

SONY(ソニー)『WI-SP500』

出典:Amazon

リモコン機能 あり
再生周波数帯域 -
ノイズキャンセル機能 -
通話機能 あり
ハイレゾ対応 -
有線/無線 無線

防滴&ワイヤレスでスポーツに最適な開放型イヤホン

ランニングなどでイヤホンを検討しているのであれば『WI-SP500』はいかがでしょうか。開放型イヤホンなので周囲の音が聞き取りやすく、ランニング中の上下動にも強く設計されています。耳の形状に合わせたイヤーチップを採用しているので外れにくく、汗や水しぶきを防ぐ防滴機能も完備。さらに、ハンズフリー通話にも対応しているので急な連絡にもすぐに対応することができます。

ワイヤレスイヤホンにありがちな使おうと思ったら電池切れ……という心配もこのイヤホンならありません。最大8時間のスタミナバッテリーなので多少使った程度では電池切れになることもありません。カラーは4種類(ブラック、ホワイト、イエロー、ピンク)が用意されています。

「開放型イヤホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『STH40D』
Owltech(オウルテック)『Samu SE01』
BOSE(ボーズ)『QuietComfort 20』
Jaybird(ジェイバード)『Tarah』
ambie(アンビー)『ambie sound earcuffs』
Astrotec(アストロテック)『LYRA CLASSIC』
audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-C505iS』
ELECOM(エレコム)『EHP-IS3510M』
SONY(ソニー)『WI-SP500』
商品名 SONY(ソニー)『STH40D』 Owltech(オウルテック)『Samu SE01』 BOSE(ボーズ)『QuietComfort 20』 Jaybird(ジェイバード)『Tarah』 ambie(アンビー)『ambie sound earcuffs』 Astrotec(アストロテック)『LYRA CLASSIC』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-C505iS』 ELECOM(エレコム)『EHP-IS3510M』 SONY(ソニー)『WI-SP500』
商品情報
特徴 周囲の音を聞きながら音楽や通話を楽しめる 金属ハウジング採用の高音質イヤホン 圧倒的なノイズキャンセリング機能を実現 防汗・防水性能を備えたBluetoothイヤホン 耳をふさがないイヤーカフ型イヤホン ハイレゾ対応で繊細な音を表現 コスパに定評のある低価格モデル カラーコンビネーション豊かな大口径イヤホン 防滴&ワイヤレスでスポーツに最適な開放型イヤホン
リモコン機能 あり あり あり あり あり - あり あり あり
再生周波数帯域 20Hz~20kHz 5Hz~40kHz - 20Hz~20kHz - 15Hz~40kHz 20Hz~20kHz 20Hz~20kHz -
ノイズキャンセル機能 - - あり - - - - - -
通話機能 あり あり あり あり あり - あり あり あり
ハイレゾ対応 - あり - - - あり - - -
有線/無線 有線 有線 有線 無線 有線 有線 有線 有線 無線
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 開放型イヤホンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの開放型イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:オープン型ランキング
楽天市場:ヘッドホン・イヤホン(開放型)ランキング
Yahoo!ショッピング:開放型イヤホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

IT・家電ジャーナリストからアドバイス 開放型イヤホンを買う前に

IT・家電ジャーナリスト

用途に合わせてタイプを選択しましょう

ひと口に「開放型」といっても、シンプルに「カナル型に違和感があって苦手」という方から、「ランニング中に音楽を楽しみたいから外音を聴き取りやすいモデルがほしい」という方、「今までにない音楽体験がしたい」という方など目的はさまざまだと思います。

音質的には、やはり遮音性が高くて周囲の環境に左右されないカナル型が有利ではありますが、カナル型とは違う音楽体験ができるのも確かです。その時々の用途に合わせてイヤホンを選ぶといった使い分けもおすすめです。

音楽を楽しむことができる自分に合ったイヤホンを選ぼう

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんにお話をうかがい、開放型イヤホンの選び方とおすすめの開放型イヤホンをご紹介しました。

イヤホンは有線かワイヤレスか、リモコンの有無などで特性が違ってきます。また、それぞれメーカーごとに音の味付けがかなり変わるので、自分に合うメーカーを見つけ、そのなかで気に入ったイヤホンを選ぶようにすれば、後悔しないはずです。高音質を求めるのであればハイレゾ対応のものを選びましょう。

ぜひいろいろ試してみて自分好みの音を見つけてくださいね!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/06/19 商品情報の更新を行いました。(協力:マグスター 掲載:マイナビおすすめナビ編集部 成田晴香・加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


Beatsヘッドホン・イヤホンのおすす6選|ノイズキャンセリング・完全ワイヤレスも

Beatsヘッドホン・イヤホンのおすす6選|ノイズキャンセリング・完全ワイヤレスも

ガジェット系ライターの堀井塚 高さんにBeatsヘッドホン・イヤホンの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。Beats(ビーツ)の創業は2006年。比較的新しい音響機器メーカーですが、海外セレブが使っていることで人気が拡大。2014年にアップルに買収されたこともあり、以降に発売されたモデルは、iPhoneやiPadなどとの親和性が高くなっています。またヘッドホン・イヤホンとしての性能はもちろん、デザイン性が高いのもBeatsブランドの魅力。特徴的な「b」のロゴマークは、ひと目でBeats製品とわかります。そんなBeats製品の選び方を紹介。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


PS4向けイヤホンおすすめ14選|片耳タイプからワイヤレスまで良品を一挙紹介!

PS4向けイヤホンおすすめ14選|片耳タイプからワイヤレスまで良品を一挙紹介!

PS4のゲーム音楽や音声、オンラインでゲーム仲間と会話をするうえで便利なイヤホン。ゲームの世界観をより楽しめるだけでなく、近隣への音が気になる人も夜間のゲームを気兼ねなく楽しむことができます。PS4向けのイヤホンにはワイヤレスタイプやマイクつきなど、さまざまな種類の商品が存在。ここでは、その選び方と、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選んだおすすめ14商品ご紹介します。


【2020】ランニング用イヤホンおすすめ16選|外れにくい、高音質、高コスパモデルは?

【2020】ランニング用イヤホンおすすめ16選|外れにくい、高音質、高コスパモデルは?

オーディオ&ビジュアルライターでAV機器の評論家である折原一也さんの取材をもとに、ランニングに適したイヤホンの選び方とおすすめの商品をご紹介します。これまで納得できるイヤホンに出会えていなかった方、必見の情報です。


【2020最新】Bluetoothイヤホンの選び方&おすすめ18選|高コスパから人気モデルまで!

【2020最新】Bluetoothイヤホンの選び方&おすすめ18選|高コスパから人気モデルまで!

この記事では、家電製品総合アドバイザーの福田満雄さんへの取材をもとに、Bluetoothイヤホンの選び方とおすすめ商品18選をご紹介していきます! 最近はイヤホンジャックのないスマートフォンも多く登場しているので、今後ますます注目が高まる予感。高コスパ、高音質、長時間連続再生などおすすめの人気モデルを厳選! 通販サイトの売れ筋人気ランキングとあわせてチェックしてくださいね。


【2020年版】高音質で低価格!オーディオテクニカ製イヤホンおすすめ19選

【2020年版】高音質で低価格!オーディオテクニカ製イヤホンおすすめ19選

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、2020年版オーディオテクニカ製イヤホンのおすすめ19選をご紹介します。性能がすぐれた商品を数多く紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


新着記事


2020年9月23日【Amazonタイムセール】今日のおすすめ商品|有機ELテレビ

2020年9月23日【Amazonタイムセール】今日のおすすめ商品|有機ELテレビ

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日の一品はパナソニック『65V型 有機EL 4K テレビ ビエラ』。今テレビが売れに売れてるらしいですよ。


【2020年9月21日20時~】楽天お買い物マラソン|クーポン付き目玉商品を厳選!

【2020年9月21日20時~】楽天お買い物マラソン|クーポン付き目玉商品を厳選!

楽天市場では、「楽天お買い物マラソン」が2020年9月21日(月)20:00~2020年9月26日(土)1:59の期間で開催中。複数のショップを買いまわることでポイント還元率が最大10倍になるお得なキャンペーンです。この記事では、9月21〜26日のクーポンまたは特典付き目玉商品をご紹介していきます。


【2020年9月21日20時~】楽天お買い物マラソン|事前準備でポイントアップ!

【2020年9月21日20時~】楽天お買い物マラソン|事前準備でポイントアップ!

2020年9月21日(月)20:00~2020年9月26日(土)1:59の期間で開催される「楽天お買い物マラソン」。複数のショップを買いまわることでポイント還元率を最大10倍にアップできるお得な機会です。そこで、この記事では、事前にやっておくべき準備からポイント獲得についての情報をご紹介していきます。


【プロ厳選ランキング】PS4向けUSBメモリおすすめ15選|3.0以上の高性能な商品をご紹介!

【プロ厳選ランキング】PS4向けUSBメモリおすすめ15選|3.0以上の高性能な商品をご紹介!

プロの家電販売員 兼 家電・ITライターである、たろっささんへの取材をもとに、PS4向けのUSBメモリのおすすめ商品と選び方をご紹介します。「PS4のセーブデータをUSBメモリにバックアップしておきたい」「ゲーム動画をUSBメモリに録画保存して配信したい」など、さまざまな理由でUSBメモリがほしい方もいるのではないでしょうか。PS4で選びたいUSBは3.0以上。容量によって使い勝手が異なるので、用途や目的に合った商品を選ぶことが大切です。


【プロ厳選ランキング】ASUSタブレットおすすめ6選|学習用からビジネス用まで幅広くご紹介

【プロ厳選ランキング】ASUSタブレットおすすめ6選|学習用からビジネス用まで幅広くご紹介

スマートフォンでは画面が小さいけれど、パソコンを持ち歩くのは大変……そんな方にちょうどいいのが、機能性と適度な大きさを兼ね備えたタブレット。ただ、購入しようとなると、学校でも使われているシンプルな機能のものから、ビジネスに活用しやすい2in1タイプのものまで、種類が幅広くどれにしようか迷ってしまいますよね。そこでここでは、数あるブランドのなかからASUSのタブレットにスポットを当て、ITライターの酒井麻里子さんと編集部が選んだおすすめの8商品をご紹介します。選び方の解説とあわせて、ぜひ参考にしてみてください。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る