開放型イヤホンおすすめ9選|インナーイヤー・スポーツタイプ・耳かけ型など

SONY(ソニー)『カナル型ノイズキャンセリングイヤホン(MDR-NC33/B)』
出典:Amazon

インナーイヤー型をはじめスポーツタイプや耳かけ型イヤホンまで様々なタイプがある開放型イヤホン。ここでは、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんと編集部が厳選した開放型イヤホンのおすすめと選び方をご紹介します。

また、記事後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

IT・家電ジャーナリスト
安蔵 靖志

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。 日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。 デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。 KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
加藤 佑一

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。炊飯器を調べたのがきっかけで、家電やガジェット周りに興味が広がる。日々、ネット・雑誌から新商品をチェックするため、欲しい家電が増えすぎてしまう。現在はドラム式洗濯機購入のため貯金中。

◆本記事の公開は、2020年02月21日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

開放型イヤホンとは? インナーイヤー・スポーツタイプ・耳かけ型

イヤホンで音楽を聴く女性
Pixabayのロゴ

SONYやBOSEで知られるノイズキャンセリング機能があれば、屋外の騒音空間でも快適に音楽を楽しむことができるでしょう。

開放型イヤホンは、インナーイヤー型をはじめとする耳甲介に軽くはめるタイプのイヤホン。耳栓のようなカナル型のイヤホン以外を指しています。高音の抜けがよい反面、音漏れしやすく、低音に弱いのが特徴です。

耳の中に押し込むカナル型が苦手という人はインナーイヤータイプ、ランニング用途であれば防滴や防水性能を備えたうえに耳にホールドしやすい工夫がなされたスポーツタイプ、音楽を聴きながら周囲の音もよりはっきりと聴きたい場合は耳かけタイプを選ぶのがおすすめです。

開放型イヤホンを選ぶポイント

黒のイヤホン
Pixabayのロゴ

開放型イヤホンはいろいろな種類がありますが、どのように選ぶべきでしょうか?

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんのアドバイスをもとに、開放型イヤホンの選び方を紹介します。ポイントは下記の5つ。

【1】タイプ(インナーイヤー・スポーツ・耳かけ)
【2】接続方法(有線・ワイヤレス(Bluetooth))
【3】リモコンやマイクの有無
【4】ハイレゾ対応か
【5】ノイズキャンセリング機能の有無


上記の5つのポイントをおさえることで、より具体的に自分に合う開放型イヤホンを選ぶことができます。一つひとつ解説していきます。

『開放型イヤホンのおすすめ商品』を今スグみる

【1】開放型イヤホンの種類で選ぶ

ここからは、インナーイヤータイプ・スポーツタイプ・耳かけタイプなど開放型イヤホンの種類についてご紹介します。

インナーイヤータイプ

 

ノイズキャンセリング機能を搭載したインナーイヤータイプ。遮音性の高いイヤホンを求めている人におすすめ。

ノイズキャンセリング機能を搭載したインナーイヤータイプ。遮音性の高いイヤホンを求めている人におすすめ。

スポーツタイプ

 

防滴&ワイヤレスでスポーツに最適な開放型イヤホンです。

防滴&ワイヤレスでスポーツに最適な開放型イヤホンです。

耳かけタイプ

 

リモコンやマイクを搭載し、ハンズフリー通話にも対応。より多くの人にフィットする独特の形状を採用している。

リモコンやマイクを搭載し、ハンズフリー通話にも対応。より多くの人にフィットする独特の形状を採用している。

【2】接続方法で選ぶ 有線・ワイヤレス(Bluetooth)

開放型イヤホンには、有線タイプとワイヤレスタイプとがあります。ここでは、それぞれの特徴についてご紹介します。

ワイヤレスタイプ(Bluetooth)

 

Bose(ボーズ)『Quiet Comfort Earbuds』

ワイヤレスタイプは、Bluetoothを使って接続するケーブルがないタイプのイヤホンです。ワイヤレスタイプのなかには、首にかける「ネックバンド型」、左右のイヤホンが独立した「完全ワイヤレス型」イヤホンがあります。ただし、通信状況によって音の遅延や音ズレが発生するものもありますので、通販サイトの口コミなどを参考にして事前に確認が必要です。

有線タイプ

 

SONY(ソニー)『STH40D』

ケーブル付きの有線タイプ。ケーブルの煩わしさはありますが、イヤホンとデバイスとをケーブルで直接つなぐため、音の遅延などがなく安定しています。また、イヤホンを充電する必要もありません。

【3】リモコンやマイクの有無を確認 ハンズフリーで操作可能

 

スマートフォンで音楽を聴く場合は、再生や一時停止、曲送りや曲戻しなどができるリモコンや、ハンズフリー通話ができるマイクの有無にも注目したいところです。

最近ではGoogleアシスタントやSiriの呼び出し機能を搭載するモデルも増えています。リモコンのボタンで使える機能はモデルによって異なるので、リモコンをよく使う人はどのような機能が割り当てられているかもチェックするといいでしょう。

【4】高音質を求めるならハイレゾ対応が目印

音楽をきく女性
ペイレスイメージズのロゴ

「High(高い) Resolution(解像度)」通称ハイレゾは高音質の音を楽しむことができます。通常MP3ファイルはオリジナルの音源を圧縮したデータを再生しています。そのため、圧縮時に切り落とした音(データ)は再現されません。ハイレゾ対応イヤホンであればオリジナルの音源に限りなく近い音を再生できるので、より「音」を楽しむことができるのです。

注意してほしいのは、ハイレゾ対応イヤホンを持っているだけではハイレゾ音楽は楽しめません。再生するデータもハイレゾ音源である必要があります。

【5】ノイズキャンセリング機能の有無を確認

 

SONY(ソニー)『カナル型ノイズキャンセリングイヤホン(MDR-NC33/B)』

ノイズキャンセリング機能は、電車や人混みのなかなど騒音の大きい環境でもノイズを遮断し、聞き取りやすくしてくれる機能です。ノイズキャンセリング機能は、電力を必要とするため、充電式のモデルに搭載されています。

人気のメーカーで選ぶ SONY・audio-technica・BOSE

音質はメーカーごとに特徴があります。ここでは、代表的なメーカーの音質の特徴をご紹介します。実際に聴いてみないとわからない部分もあるので、可能であれば家電量販店で試聴するのがベストです。

SONY(ソニー)

 

周囲の音を聞きながら音楽や通話を楽しめるイヤホンです。

高音と低音のコントラストが明快な「ドンシャリ系」が好みの人はSONYを選んだほうがよいでしょう。この音の系統はいわゆるテクノやハウス、トランスといったEDM系ジャンルを好む人にぴったりです。

audio-technica(オーディオテクニカ)

 

スポーティでありながらシンプルでコンパクトなデザインが特徴のイヤホンです。

audio-technicaの音作りは非常にフラットなのが特徴です。すべての音域を忠実に再現しようとするので、クラシックやインスト系などのジャンルを好む人に合うでしょう。

BOSE(ボーズ)

 

圧倒的なノイズキャンセリング機能を実現したイヤホンです。

高級オーディオ機器の代名詞でもあるBOSE。その音質の良さを漏らさず耳にとどけてくれるノイズキャンセリング機能は、純粋に音楽を楽しみたいという人にはうれしいメーカーです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Bose(ボーズ)『Quiet Comfort Earbuds』
audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-C505iS』
ELECOM(エレコム)『EHP-IS3510M』
ambie(アンビー)『ambie sound earcuffs』
Panasonic(パナソニック)『ステレオインサイドホン(RP-HJE600-A)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WI-SP500)』
SONY(ソニー)『STH40D』
SONY(ソニー)『カナル型ノイズキャンセリングイヤホン(MDR-NC33/B)』
Jaybird(ジェイバード)『Tarah』
商品名 Bose(ボーズ)『Quiet Comfort Earbuds』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-C505iS』 ELECOM(エレコム)『EHP-IS3510M』 ambie(アンビー)『ambie sound earcuffs』 Panasonic(パナソニック)『ステレオインサイドホン(RP-HJE600-A)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WI-SP500)』 SONY(ソニー)『STH40D』 SONY(ソニー)『カナル型ノイズキャンセリングイヤホン(MDR-NC33/B)』 Jaybird(ジェイバード)『Tarah』
商品情報
特徴 迫力のオーディオをノイズキャンセリングイヤホンで コスパに定評のある低価格モデル カラーコンビネーション豊かな大口径イヤホン 耳をふさがないイヤーカフ型イヤホン 低音から高音まで高音質で聞けるインサイドホン 高い装着性と防滴性能で運動中も快適なヘッドセット 周囲の音を聞きながら音楽や通話を楽しめる 地下鉄でも快適な音楽を楽しめるイヤホン 防汗・防水性能を備えたBluetoothイヤホン
リモコン機能 - あり あり あり - - あり - あり
再生周波数帯域 - 20Hz~20kHz 20Hz~20kHz - 6Hz~26kHz 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz) 20Hz~20kHz 10Hz~22kHz 20Hz~20kHz
ノイズキャンセル機能 あり - - - - - - あり -
通話機能 - あり あり あり - あり あり - あり
ハイレゾ対応 - - - - - - - -
有線/無線 無線 有線 有線 有線 有線 無線 有線 有線 無線
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年12月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月23日時点 での税込価格

開放型イヤホンおすすめ9選 リモコン・ノイズキャンセリング・通話機能・ハイレゾ対応もチェック!

開放型イヤホンの選び方のポイントをふまえ、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。

Bose(ボーズ)『Quiet Comfort Earbuds』

BoseQuietComfortEarbuds完全ワイヤレスイヤホンノイズキャンセリングトリプルブラックBluetooth接続対応IPX4最大6時間連続使用 BoseQuietComfortEarbuds完全ワイヤレスイヤホンノイズキャンセリングトリプルブラックBluetooth接続対応IPX4最大6時間連続使用 BoseQuietComfortEarbuds完全ワイヤレスイヤホンノイズキャンセリングトリプルブラックBluetooth接続対応IPX4最大6時間連続使用 BoseQuietComfortEarbuds完全ワイヤレスイヤホンノイズキャンセリングトリプルブラックBluetooth接続対応IPX4最大6時間連続使用 BoseQuietComfortEarbuds完全ワイヤレスイヤホンノイズキャンセリングトリプルブラックBluetooth接続対応IPX4最大6時間連続使用 BoseQuietComfortEarbuds完全ワイヤレスイヤホンノイズキャンセリングトリプルブラックBluetooth接続対応IPX4最大6時間連続使用 BoseQuietComfortEarbuds完全ワイヤレスイヤホンノイズキャンセリングトリプルブラックBluetooth接続対応IPX4最大6時間連続使用 BoseQuietComfortEarbuds完全ワイヤレスイヤホンノイズキャンセリングトリプルブラックBluetooth接続対応IPX4最大6時間連続使用
出典:Amazon この商品を見るview item

迫力のオーディオをノイズキャンセリングイヤホンで

ノイズキャンセリング機能により周囲の雑音を低減し、ふだん聞き逃してしまうような演奏の細部にまで聞き入ることができます。11段階のノイズキャンセリングは、自身でカスタマイズが可能。電車のアナウンスなど周囲の音を聞き逃したくないときは調整できます。

耳に触れる部分はソフトシリコンでできているので、長時間の使用でも痛くなりにくいのもうれしい特徴。

audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-C505iS』

コスパに定評のある低価格モデル

スポーティでありながらシンプルでコンパクトなデザインが特徴の『ATH-C505iS』。ブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4色展開でカラーバリエーションも豊富です。大口径ドライバーを搭載しているのでカナル型では味わうことができない音の奥行きを体験できます。マイクもついているので通話にも対応しているのがうれしいポイントですね。

新設計されたベースディメンションエキサイターがよい仕事をするのでフラットな音作りのオーディオテクニカとしては低音が強めになっています。耳へのフィット感もよいのでコスパが高いという評判が人気を裏付けています。

ELECOM(エレコム)『EHP-IS3510M』

カラーコンビネーション豊かな大口径イヤホン

14.8mmの大口径ドライバーで高音から低音までをバランスよくカバーしている 『EHP-IS3510M』。取り回しがラクなフラットケーブルを採用し、からまりにくい設計になっています。からまりにくいため髪の毛の長い女性にも好評です。

収納時に役立つスライダーがついているので、使っていないときにブラブラと邪魔になりません。イヤーパッドもふたつついているので装着感も抜群です。カラーバリエーションもグリーン、ブラック、ブルー、迷彩、ミックス、ピンク、レッド、ホワイトと多彩なのでコーディネートのワンポイントにも使えますよ。

エキスパートのおすすめ

ambie(アンビー)『ambie sound earcuffs』

ambiesoundearcuffs(アンビーサウンドイヤカフ)(CactusGreen)イヤホンリモコン付通話イヤフォン有線ながら聞き耳にいれないswitch対応ビデオ会議テレワークオンライン授業ランニングスポーツ ambiesoundearcuffs(アンビーサウンドイヤカフ)(CactusGreen)イヤホンリモコン付通話イヤフォン有線ながら聞き耳にいれないswitch対応ビデオ会議テレワークオンライン授業ランニングスポーツ ambiesoundearcuffs(アンビーサウンドイヤカフ)(CactusGreen)イヤホンリモコン付通話イヤフォン有線ながら聞き耳にいれないswitch対応ビデオ会議テレワークオンライン授業ランニングスポーツ
出典:Amazon この商品を見るview item
IT・家電ジャーナリスト:安蔵 靖志

IT・家電ジャーナリスト

耳をふさがないイヤーカフ型イヤホン

耳たぶをはさみ込むようなスタイルで装着するため、耳をふさがずに音楽を聴くことができる新感覚のイヤホンです。

どこか見えない場所にスピーカーがあるような不思議な感覚で音楽を楽しめるだけでなく、車の接近や駅のアナウンスなどを聞き逃すことがないのが魅力。安全かつ快適にお気に入りの音楽を楽しみたい方に向くモデルでしょう。

Panasonic(パナソニック)『ステレオインサイドホン(RP-HJE600-A)』

低音から高音まで高音質で聞けるインサイドホン

低音、中音、高音域を独立してコントロールすることで、それぞれの楽器の音色とボーカルをバランスよく再現する密閉型のインサイドホン。こすれ音を低減するコードスライダー搭載で、コードと衣服などがこすれたときの音を低減します。

密閉型のインサイドホンなので、気密性が高く音漏れを軽減、迫力のある重低音が楽しめます。

SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WI-SP500)』

ソニーワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500BQWI-SP500BQ/マイク付き/ ソニーワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500BQWI-SP500BQ/マイク付き/ ソニーワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500BQWI-SP500BQ/マイク付き/ ソニーワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500BQWI-SP500BQ/マイク付き/ ソニーワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500BQWI-SP500BQ/マイク付き/ ソニーワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500BQWI-SP500BQ/マイク付き/ ソニーワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500BQWI-SP500BQ/マイク付き/ ソニーワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500BQWI-SP500BQ/マイク付き/ ソニーワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500BQWI-SP500BQ/マイク付き/ ソニーワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500BQWI-SP500BQ/マイク付き/ ソニーワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500BQWI-SP500BQ/マイク付き/ ソニーワイヤレスステレオヘッドセットWI-SP500BQWI-SP500BQ/マイク付き/
出典:Amazon この商品を見るview item

高い装着性と防滴性能で運動中も快適なヘッドセット

開放型のヘッドセットなので、周囲の環境音が聞きやすいのが特徴で、運動中の利用におすすめです。汗や水しぶき、雨からヘッドセットを守る防滴性能と高い装着性。オーディオメーカーであるソニーのヘッドセットなので、ワイヤレスでも高音質を実現。

Bluetooth機能とハンズフリー通話機能も搭載されており、操作性にも優れています。

エキスパートのおすすめ

SONY(ソニー)『STH40D』

ソニーイヤホンSTH40DJP:インイヤー/開放型/デュアルリスニング/マイク付2018年モデルブラックSTH40DJPB ソニーイヤホンSTH40DJP:インイヤー/開放型/デュアルリスニング/マイク付2018年モデルブラックSTH40DJPB ソニーイヤホンSTH40DJP:インイヤー/開放型/デュアルリスニング/マイク付2018年モデルブラックSTH40DJPB
出典:Amazon この商品を見るview item
IT・家電ジャーナリスト:安蔵 靖志

IT・家電ジャーナリスト

周囲の音を聞きながら音楽や通話を楽しめる

いわゆる「インナーイヤー型」とは違い、クリップのような形で耳をはさんで固定するタイプのイヤホンです。カナル型やインナーイヤー型と違って耳をふさぐような構造になっていないため、周囲の音を遮断せずに音楽を楽しめるのが大きな魅力です。

どこを歩いていても、走っていても、自分の周りだけを自分専用のBGMが流れ続けているような不思議な感覚を楽しむことができます。より多くの耳の形にフィットする独自のスタイルを採用していて、メガネをかけたままでもラクに使うことができるのも特徴です。

リモコン、マイク、ボリューム、マルチファンクションキーが搭載されていて、ハンズフリー通話にも対応しています。

SONY(ソニー)『カナル型ノイズキャンセリングイヤホン(MDR-NC33/B)』

地下鉄でも快適な音楽を楽しめるイヤホン

周囲からの騒音を低減し、クリアなサウンドが堪能できるノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンです。単4形のアルカリ電池で100時間の再生が可能。話しかけられたときには再生中の音声が消音、周囲の音が聞けるモニタースイッチを搭載しています。

シリコン製のイヤーピースは柔らかく、装着性とすぐれた音質という2つの快適をお約束します。

エキスパートのおすすめ

Jaybird(ジェイバード)『Tarah』

JaybirdワイヤレスイヤホンJBD-TR-001NGJグレーBluetooth防水防汗IPX7連続再生6時間スポーツ対応TARAH国内正規品1年間メーカー保証 JaybirdワイヤレスイヤホンJBD-TR-001NGJグレーBluetooth防水防汗IPX7連続再生6時間スポーツ対応TARAH国内正規品1年間メーカー保証 JaybirdワイヤレスイヤホンJBD-TR-001NGJグレーBluetooth防水防汗IPX7連続再生6時間スポーツ対応TARAH国内正規品1年間メーカー保証 JaybirdワイヤレスイヤホンJBD-TR-001NGJグレーBluetooth防水防汗IPX7連続再生6時間スポーツ対応TARAH国内正規品1年間メーカー保証 JaybirdワイヤレスイヤホンJBD-TR-001NGJグレーBluetooth防水防汗IPX7連続再生6時間スポーツ対応TARAH国内正規品1年間メーカー保証 JaybirdワイヤレスイヤホンJBD-TR-001NGJグレーBluetooth防水防汗IPX7連続再生6時間スポーツ対応TARAH国内正規品1年間メーカー保証 JaybirdワイヤレスイヤホンJBD-TR-001NGJグレーBluetooth防水防汗IPX7連続再生6時間スポーツ対応TARAH国内正規品1年間メーカー保証 JaybirdワイヤレスイヤホンJBD-TR-001NGJグレーBluetooth防水防汗IPX7連続再生6時間スポーツ対応TARAH国内正規品1年間メーカー保証 JaybirdワイヤレスイヤホンJBD-TR-001NGJグレーBluetooth防水防汗IPX7連続再生6時間スポーツ対応TARAH国内正規品1年間メーカー保証
出典:Amazon この商品を見るview item
IT・家電ジャーナリスト:安蔵 靖志

IT・家電ジャーナリスト

防汗・防水性能を備えたBluetoothイヤホン

IPX7の防水性能を実現しており、汗や突然の雨でも安心して使えるスポーツ向けBluetoothイヤホンです。

シリコン製のイヤージェルを採用しており、耳にしっかりとフィットして外れにくいようになっています。約6時間の連続再生が可能で、無料のスマートフォンアプリを使うことで音質のカスタマイズも可能です。

各通販サイトの最新人気ランキングを見る 開放型イヤホンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの開放型イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:オープン型ランキング
楽天市場:ヘッドホン・イヤホン(開放型)ランキング
Yahoo!ショッピング:開放型イヤホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

開放型イヤホンに関するそのほかの商品情報 【関連記事】

用途に合わせてタイプを選択しましょう IT・家電ジャーナリストからのアドバイス

IT・家電ジャーナリスト

ひと口に「開放型」といっても、シンプルに「カナル型に違和感があって苦手」という方から、「ランニング中に音楽を楽しみたいから外音を聴き取りやすいモデルがほしい」という方、「今までにない音楽体験がしたい」という方など目的はさまざまだと思います。

音質的には、やはり遮音性が高くて周囲の環境に左右されないカナル型が有利ではありますが、カナル型とは違う音楽体験ができるのも確かです。その時々の用途に合わせてイヤホンを選ぶといった使い分けもおすすめです。

音楽を楽しむことができる自分に合ったイヤホンを選ぼう

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんにお話をうかがい、開放型イヤホンの選び方とおすすめの開放型イヤホンをご紹介しました。

イヤホンは有線かワイヤレスか、リモコンの有無などで特性が違ってきます。また、それぞれメーカーごとに音の味付けがかなり変わるので、自分に合うメーカーを見つけ、そのなかで気に入ったイヤホンを選ぶようにすれば、後悔しないはずです。高音質を求めるのであればハイレゾ対応のものを選びましょう。

ぜひいろいろ試してみて自分好みの音を見つけてくださいね!

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部