PR(アフィリエイト)

【2024年】ソニーのイヤホンおすすめ24選|ワイヤレス・有線を厳選! 最新型モデルも

SONY(ソニー)『WF-C700N』
出典:Amazon
SONY(ソニー)『WF-C700N』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2020年03月24日に公開された記事です。

ノイズキャンセリングやワイヤレス(Bluetooth)、ハイレゾ対応など最新技術をつめ込んだ高性能モデルが続々登場しているソニーのイヤホン。いろんな種類があり、どのイヤホンを選んでいいか迷ってしまいますよね。

本記事では、SONY(ソニー)のイヤホンの選び方やおすすめ商品をご紹介。高機能・高音質の最新型や安い商品をピックアップしています。

記事の後半にはAmazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

コール徳島店店長
野田 博之
ソニーにてシステムエンジニアとして勤務後、徳島へUターン。ソニーショップと一級建築士事務所を運営する、株式会社コールの代表を務める。 店舗、Web、ブログ、SNSを使った、リアル&ネット融合型の運営を行っている。 得意ジャンルは、ホームシアターを中心に、映像、音響、カメラ、IT全般。 ソニー情報を中心に発信している、毎日更新ブログ「店長のつぶやき日記ハイパぁ。。。」は、2004年7月から継続中。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

ソニーのイヤホンの特徴

 

オーディオ機器の代表格でもあるソニーのイヤホンは、高音と低音の差がはっきりとしているクリアなサウンドが特徴です。CDの6.5倍も情報量を持つ「ハイレゾ音源」に対応したモデルもあり、サウンドの質の高さが魅力。

最新技術の導入も積極的です。最新モデルはノイズキャンセリング機能が非常に優れており、周囲の騒音が全く気にならないレベルにまで高めています。

また、日本製ということもあり日本人の耳にフィットしやすかったり、こだわり抜かれた高いデザイン性であったり……注目ポイントは盛りだくさんです。プロアマ問わず支持率の高いイヤホンを数多く展開し、質・人気ともに高い評価を得ているので、ぜひチェックしてみてください!

ソニーイヤホンのシリーズごとの特徴

音にこだわりたい人は、使用目的や好みの音楽ジャンルにマッチする特徴をチェックして選びましょう。

ノイズキャンセリングを搭載した「1000Xシリーズ」

 

いつでもどこでも自由にヘッドホンを使いたいという人におすすめなのが「1000Xシリーズ」です。ノイズキャンセリングを搭載し、電車や車の音がうるさくても快適に音楽を楽しめます。

「1000Xシリーズ」はBluetoothモデル最上位シリーズで、音質面でも非常に優れています。高音質であり、ノイズだけではなく、ケーブルからも解放され、ストレスフリーな音楽ライフを実現します。「連続再生時間」も合わせてチェックしましょう。

防水機能付き「SPORTSシリーズ」

 

スポーツシーンで活用できるイヤホンを探している人には「SPORTSシリーズ」のモデルがおすすめ。ランニング中やジムでのトレーニング中はもちろん、プールでも装着できる防水機能搭載のモデルも展開しています。

イヤホンが濡れる場所での使用がメインであれば、IPX4以上の防水機能を搭載しているものを選びましょう。水中で利用する人は、IPX7・8レベルの防水機能が必須となります。

数時間着用することになるかもしれないので、連続再生可能時間も一緒にチェックしておきましょう。

豊富なカラーで個性を演出!「h.earシリーズ」

 

イヤホンもコーディネートのひとつとして、デザインも重視したい人におすすめなのが「h.earシリーズ」です。時計や眼鏡と同じようにファッションアイテムのひとつとして、おしゃれに身につけることができます。

イヤホンでは珍しい、ミディアムトーンカラーも取り入れたカラー展開が特徴。性能だけでなく見た目にもこだわりたい方にぴったりです。

重低音が楽しめる「EXTRA BASSシリーズ」

 

迫力の重低音を感じたい人には「EXTRA BASSシリーズ」がぴったり。クラブや、ライブ会場のスピーカー前にいるような、臨場感あふれる音を存分に体感できます。

バスドラムなど重低音が特徴的なヒップホップや4つ打ち系のEDM(ハウス、トランス、テクノ)を好むなら、さらに心地よく音を楽しめます。

低音・中央・高音が楽しめてコスパもいい「XBAシリーズ」

 

低音・中央・高音のバランスのいいサウンドを楽しみたいなら「XBAシリーズ」がおすすめ。手ごろなプライスで、ソニーの高音質イヤホンを手に入れられる、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

高性能で原音に忠実な音を再現可能なドライバーを採用。密閉タイプのカナル型イヤホンは快適な装着感も魅力で、迫力のハイレゾ音源にも対応しています。ワイヤレスモデルを購入する場合は、SBC以外の高音質コーデックに対応しているかも確認しましょう。

高音質にこだわるなら「Signature・モニターシリーズ」

 

スタジオやライブで利用するようなプロ仕様の高音質を楽しみたい人におすすめなのが「Signature・モニターシリーズ」です。原音の再現性にこだわり、ありのままのサウンドを体感できるのが魅力。複数のハイブリッドドライバーを採用した、こだわりのパーツ設計です。

ほかのイヤホンにくらべると多少値も張りますが、その分の高品質な音楽を味わえます。音質にこだわる人にぴったりのモデルです。

外音を取り込みやすい「LinkBudsシリーズ」

 

外音を取り込むことも、音楽に没入することもできる、利便性の高いシリーズ。圧迫感がないので、装着していても快適そのものです。コーデックは「LDAC」にも対応しており、ハイレゾ相当の音質を楽しむこともできますよ。

イヤホンをしたまま会話することもできるので、着けっぱなしで生活できちゃいます!

ソニーのイヤホンの選び方

それでは、ソニーのイヤホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記。

【1】ノイズキャンセリング機能の有無
【2】外音取り込み機能の有無
【3】LDAC対応かチェック
【4】リモコンやマイクの有無
【5】その他の便利機能


上記のポイントを押さえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ノイズキャンセリング機能の有無

ノイズキャンセリングの仕組み

出典:マイナビおすすめナビ

ノイズキャンセリングの仕組み

出典:マイナビおすすめナビ

ノイズキャンセリング機能とは、周囲の騒音を認識し、ノイズを低減してくれる機能のこと。ノイズの周波数と逆の周波数を発して騒音を打ち消します。

シングル・デュアルの2種類があります。よりより高いノイズ除去機能を求めるのであれば、「デュアルノイズキャンセリング」対応モデルを選びましょう。

【2】外音取り込み機能の有無

 

呼びかけやクラクションなどの環境音や、人の声をキャッチする「外音取り込み」機能。この機能を搭載したモデルであれば、移動中や屋外でも安心して使用できます。

専用のアプリと連動し、外音の取り込みレベルがコントロールできるものもあります。音楽に集中したいときと、外の音も聞きたいときの使い分けが可能です。

【3】高音質を求めるなら、LDAC対応かチェック

コーデックの説明

出典:マイナビおすすめナビ

コーデックの説明

出典:マイナビおすすめナビ

ワイヤレスイヤホンは基本的にオーディオ機器とBluetooth通信で接続します。その際に、音楽のデータを圧縮変換しており、この仕組みを「コーデック」や「音声圧縮変換方式」と呼びます。

高音質を求めるなら、LDAC(エルダック)というコーデックに対応しているかをチェックしましょう。ソニーが独自に開発した音を劣化させないコーデックで、解像度の高いハイレゾ音源を聴けます。

ほかのコーデックもご参考にしてくださいね。
「SBC」:標準的なタイプで、多くの機種で使われています。
「AAC」:iPhoneなどに対応しておりSBCより音質が良く遅延が少ないタイプ。
「aptX」:主にAndroidに使用されており、音質と遅延のバランスに優れています。
「aptX LL」:LLはLow Latencyの頭文字を取ったもので、遅延が最も少ないタイプ。ゲームや動画視聴などをするならおすすめです。
「aptX HD」:HDはHighDefinitionの頭文字で、高解像度を意味します。

【4】リモコンやマイクの有無

 

リモコンは、イヤホンに取り付けられたボタンのことを差し、早送りや再生、停止、音量調節などをボタン操作で簡単に行うことができます。また、マイクについては、通話やテレビ会議などをイヤホンをしたまま行える機能です。

ほとんどのソニー製品には上記2つの機能は搭載されていますが、まれに搭載されていない場合もあるため、念のためチェックしておきましょう。

【5】その他の便利機能もチェック

ある程度自分にぴったりのモデルを絞り込めたら、ライフスタイルに合わせてそのほかの便利機能もチェックしましょう。

音を楽しみながら会話もできる「ながら聴き対応」

 

「ながら聴き対応」搭載モデルなら、音を楽しみながら会話も可能です。ながら聴き対応のイヤホンは、耳をふさがない設計になっているのが特徴。さらに音漏れもしにくい仕様になっているので、まわりを気にせず音楽を楽しめます。

スマホアプリ対応なら、自分好みのサウンドに

 

ソニーのヘッドホン専用アプリ「Headphones Connect」に対応したイヤホンを選べば、自分好みのカスタマイズも楽しむことができます。サウンドエフェクトの調整や外音取り込み機能の切り替え、レベル調節も可能です。

音響設定なども自由自在に楽しみたい人は、ぜひ取り入れてみてください。

ソニーのイヤホンおすすめ9選【完全ワイヤレス】

左右のイヤホンが独立した完全ワイヤレスイヤホン。充電ケースと併用することで50時間ほど再生できるモデルもあります。コードがないので、わずらわしさは一切感じないはずですよ!

SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』

SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』
出典:Amazon この商品を見るview item

高次元のノイズキャンセリング

世界最高のノイズキャンセリング機能を謳うソニーの新作です。LDAC対応にしており、ハイレゾ音源で音楽を楽しめます。

また、新しいドライバーユニットを搭載し、前作よりより小さく軽くなりました。装着部分の内側は人間工学に基づいた形状で、フィット感が向上しているのも普段使いにいいポイントです。

タイプ 密閉ダイナミック
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC、LDAC、LC3
シリーズ 1000X
重量 5.9 g
プラス機能 マルチペアリング対応、ノイズキャンセリング、外音取り込み、防塵・防水機能(IPX4)、AIアシスタント機能
連続再生時間 最大8時間(NCオン)、最大12時間(NCオフ)
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC、LDAC、LC3
シリーズ 1000X
重量 5.9 g
プラス機能 マルチペアリング対応、ノイズキャンセリング、外音取り込み、防塵・防水機能(IPX4)、AIアシスタント機能
連続再生時間 最大8時間(NCオン)、最大12時間(NCオフ)
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ワイヤレスでノイズも限りなくカット

業界最高クラスノイズキャンセリング性能を搭載した完全ワイヤレスモデルです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を融合。低音から中高音までの幅広い帯域のノイズを大きく低減できます。

さらに新型のBluetoothチップを搭載。音楽プレーヤーから左右のイヤホンそれぞれに同時伝送する方式を採用することで、安定した接続を実現。片耳のみでも使えるなど、さまざまなシーンでストレスのない快適な音楽ライフを楽しめます。

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ 1000X
重量 約8.5g×2
プラス機能 DSEE HX搭載(ハイレゾ級高音質)、ノイズキャンセリング、デュアルノイズセンサーテクノロジー ほか
連続再生時間 NC ON:最大6時間、NC OFF:最大8時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ 1000X
重量 約8.5g×2
プラス機能 DSEE HX搭載(ハイレゾ級高音質)、ノイズキャンセリング、デュアルノイズセンサーテクノロジー ほか
連続再生時間 NC ON:最大6時間、NC OFF:最大8時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『LinkBuds S(WF-LS900N)』

SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBudsS(WF-LS900N)』
出典:Amazon この商品を見るview item

普段使いしやすい「ながら聴き」に対応!

4.8gの軽量さとコンパクトさを兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホンです。音楽を聴きながら周囲の音も聞ける「ながら聴き」にも対応。しっかり音楽を聴きたいなら、ノイズキャンセリング機能で外音を遮断することもできます。

5分の充電で60分も再生ができるクイック充電にも対応しています。いろんな環境で使いやすいイヤホンなのでおすすめですよ!

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC、LDAC
シリーズ LinkBuds
重量 4.8 g
プラス機能 ノイズキャンセリング、ハイレゾ対応、外音取り込み機能、防滴性能など
連続再生時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC、LDAC
シリーズ LinkBuds
重量 4.8 g
プラス機能 ノイズキャンセリング、ハイレゾ対応、外音取り込み機能、防滴性能など
連続再生時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』
出典:Amazon この商品を見るview item

コスパに優れた完全ワイヤレスイヤホン

実売価格で1万円以下というリーズナブルな価格を実現した完全ワイヤレスイヤホンです。カラーバリエーションも4色展開されているので、デザインやカラーにこだわりたいという人にもおすすめのモデルとなっています。

サウンドは高音域から低音域までバランスがとれたクセのないものとなっていて、いろんな音楽にマッチするイヤホンに仕上がっています。

タイプ 密閉ダイナミック
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ -
重量 5.4g×2
プラス機能 IPX4防滴性能、左右同時伝送方式採用
連続再生時間 最大10時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ -
重量 5.4g×2
プラス機能 IPX4防滴性能、左右同時伝送方式採用
連続再生時間 最大10時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』

SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ノイキャン搭載のおしゃれイヤホン

高性能なノイズキャンセリングを搭載した完全独立タイプのイヤホンです。DSEEに対応しているので、圧縮率の高いMP3などの音源でもCDの音質相当に高められますよ。

連続再生時間は、ケース充電を併用して最大20時間も可能。また、ラベンダーやセージグリーンなどくすんだカラーリングもラインナップしているので、アクセサリー効果が高くファッション感覚で着用できます。

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ -
重量 4.6 g
プラス機能 ノイズキャンセリング、マイク、外音取り込み、リモコン、防水性(IPX4)
連続再生時間 最大7.5時間(NCオン)、最大10時間(NCオフ)
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ -
重量 4.6 g
プラス機能 ノイズキャンセリング、マイク、外音取り込み、リモコン、防水性(IPX4)
連続再生時間 最大7.5時間(NCオン)、最大10時間(NCオフ)
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』

SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』
出典:Amazon この商品を見るview item

耳を塞がないイヤホン

従来のイヤホンは完全に耳を塞いでしまうものが一般的でした。しかし、こちらのモデルは中央に穴を開けることによって耳を塞がないという斬新な構造となっています。

自然な外音を取り込みながら音楽を楽しむことができるので、外で使用することが多い人にも安心のモデルです。コンパクトで軽量なので長時間の使用でもストレスを感じにくいという点もポイント。

タイプ 開放ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ -
重量 4.1g×2
プラス機能 IPX4防滴性能、Sound AR対応
連続再生時間 5.5時間
全てを見る全てを見る

タイプ 開放ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ -
重量 4.1g×2
プラス機能 IPX4防滴性能、Sound AR対応
連続再生時間 5.5時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』
出典:Amazon この商品を見るview item

便利な音楽プレーヤー機能搭載モデル

約920曲の楽曲を保存できる4GBのメモリー機能を搭載したモデル。イヤホン本体だけでも音楽を楽しむことができ、ランニング中にスマホを持つ必要はありません。スマホから離れても音楽を楽しめるので、利用シーンの幅が広がりますね。

さらにメモリー再生時は最大6時間のスタミナを維持するロングバッテリーを実現。旅行や出張時などの長距離移動でも安心です。

タイプ 密閉バランスド・アーマチュア型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ SPORTS
重量 約7.3g×2(ヘッドセットのみ、アークサポーター含まず)
プラス機能 防塵・防水性能、外音取り込みモード、音楽プレーヤー機能 ほか
連続再生時間 プレーヤーモード(Bluetooth OFF):最大6時間、ヘッドホンモード(Bluetooth ON):最大3時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉バランスド・アーマチュア型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ SPORTS
重量 約7.3g×2(ヘッドセットのみ、アークサポーター含まず)
プラス機能 防塵・防水性能、外音取り込みモード、音楽プレーヤー機能 ほか
連続再生時間 プレーヤーモード(Bluetooth OFF):最大6時間、ヘッドホンモード(Bluetooth ON):最大3時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『h.ear in 3 Truly Wireless(WF-H800)』

SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『h.earin3TrulyWireless(WF-H800)』
出典:Amazon この商品を見るview item
コール徳島店店長:野田 博之

コール徳島店店長

『WF-H800』はノイキャン非対応ながら、『WF-1000XM3』と比較して、大幅に本体&充電ケースともに小型化。華やかにチューニングされた音色は、外観ともマッチします。

ハイレゾ級高音質を完全ワイヤレスで

2020年最新モデルのワイヤレスタイプのスタイリッシュなイヤホンです。DSEE HX搭載、CD、MP3、ストリーミングアプリ、動画などの圧縮音源の高音域を補完することで、完全ワイヤレスでもハイレゾ級の高音質を楽しめます。

また、Bluetooth信号を左右のイヤホンから同時に伝送、接続安定性が大幅に向上し、動画視聴時の遅延も低減しています。ツートーンカラーが特徴の5つのカラーバリエーションで、個性豊かなデザインも魅力です。

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ h.ear
重量 約7.6g×2
プラス機能 DSEE HX搭載(ハイレゾ級高音質)、充電10分で約70分使用可能、音声アシスタント機能対応 ほか
連続再生時間 最大8時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ h.ear
重量 約7.6g×2
プラス機能 DSEE HX搭載(ハイレゾ級高音質)、充電10分で約70分使用可能、音声アシスタント機能対応 ほか
連続再生時間 最大8時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』
出典:Amazon この商品を見るview item

1世代前のフラッグシップモデル

ソニーの完全ワイヤレスイヤホンのフラッグシップモデルです。1世代前のモデルとなりますが、その分よりリーズナブルに購入できるという点がポイント。

2019年モデルとはいっても、ソニーの技術が惜しみなく注ぎ込まれたモデルとなっており、アクティブキャンセリング性能も業界トップクラスです。コスパ重視で完全ワイヤレスイヤホンを探している人におすすめです。

タイプ 密閉ダイナミック
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ -
重量 8.5g×2
プラス機能 アクティブノイズキャンセリング
連続再生時間 最大8時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ -
重量 8.5g×2
プラス機能 アクティブノイズキャンセリング
連続再生時間 最大8時間
全てを見る全てを見る

ソニーのイヤホンおすすめ7選【左右一体型】

左右のイヤホンがネックバンドでつながっているため、落として失くしてしまう心配が少ないのが左右一体型のメリット。また使わないときは、ネックレスのように首に掛けておけますよ。

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』
出典:Amazon この商品を見るview item

バッテリー持ちも、サウンドの質も良し!

最長25時間も連続再生できるロングバッテリーを備え、こまめに充電しなくてもOK。また10分の充電で60分再生できるクイック充電にも対応しているので、忙しい朝にもパパッと充電できます。

専用アプリ「Headphones Connect」に対応し、好みの音質にカスタマイズできたり、「360 Reality Audio」で立体的な音を楽しめたりします。コスパに優れたイヤホンに仕上がっています。

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ
重量 20 g
プラス機能 マルチペアリング、音声通話、リモコン、AIアシスタント対応、IPX4防滴性能
連続再生時間 最大25時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ
重量 20 g
プラス機能 マルチペアリング、音声通話、リモコン、AIアシスタント対応、IPX4防滴性能
連続再生時間 最大25時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『Float Run(WI-OE610)』

SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』
出典:Amazon この商品を見るview item

軽やかな着け心地で快適リスニング!

耳にかけて使用する左右一体型のタイプで、16mmのドライバーを搭載し広がりのあるサウンドを楽しめます。着用していることを感じさせない優しいフィット感で、圧迫感はほぼありません。

長時間利用しやすいので、テレワーク中や家事の最中にもおすすめ。IPX4の防水性能もありジョギング中にも使えますよ。

タイプ 開放ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ -
重量 33 g
プラス機能 マイク、リモコン、防水性(IPX4)、AIアシスタント呼び出し機能
連続再生時間
全てを見る全てを見る

タイプ 開放ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ -
重量 33 g
プラス機能 マイク、リモコン、防水性(IPX4)、AIアシスタント呼び出し機能
連続再生時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『 ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ワイヤレスで最大15時間再生のロングバッテリー

迫力の重低音再生を体感できる「EXTRA BASS」サウンド。正確なリズムで再現された、臨場感あふれる重低音と、クリアな高音質を両立しています。ワイヤレスでもAAC対応なので、音質劣化の少ないリスニングを実現。

最大15時間再生が可能で、一日中音楽が楽しめるのも魅力です。さらに、わずか10分の充電で60分の再生が可能なクイック充電機能も搭載。外出時や長時間の移動時にも重宝します。

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ EXTRA BASS
重量 約21g
プラス機能 充電10分で約60分使用可能、ハンズフリー通話、マルチペアリング対応 ほか
連続再生時間 最大15時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ EXTRA BASS
重量 約21g
プラス機能 充電10分で約60分使用可能、ハンズフリー通話、マルチペアリング対応 ほか
連続再生時間 最大15時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』
出典:Amazon この商品を見るview item

AACコーデック対応の高音質ワイヤレスイヤホン

最大15時間再生のロングスタミナバッテリーを搭載し、クイック充電にも対応。また、マグネット連結とフラットケーブルを採用しているため、イヤホンがまとまって絡まりを防ぎます。

スマホをポケットから出すことなくコントロールできるほか、ハンズフリー通話にも対応しています。

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ EXTRA BASS
重量 19g
プラス機能 10分の充電で60分の再生が可能、マルチペアリング、マグネット連結対応、ハンズフリー通話、音声アシスタント
連続再生時間 最大15時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ EXTRA BASS
重量 19g
プラス機能 10分の充電で60分の再生が可能、マルチペアリング、マグネット連結対応、ハンズフリー通話、音声アシスタント
連続再生時間 最大15時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』
出典:Amazon この商品を見るview item
コール徳島店店長:野田 博之

コール徳島店店長

ネックバンド式の『WI-1000XM2』は使わないときは首にぶら下げることで、収納場所に困らないのがメリットです。ネックバンド式フラッグシップモデルらしいクオリティ。

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能

どんな場所でも音楽に没頭できる、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現したモデル。エンジン音などの低音から人の声などの中高音までにわたり、幅広い帯域のノイズを除去するので、移動中や人ごみのなかでも快適に音楽を楽しめます

LDAC対応でワイヤレスでもハイレゾ音質で再生可能。また、MP3やストリーミング、動画などのさまざまな圧縮音源も、DSEE HXによりハイレゾ級の高音質にアップスケーリングすることができます。

タイプ 密閉ハイブリッド型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC、LDAC
シリーズ 1000X
重量 約58g(本体:約44g)
プラス機能 ノイズキャンセリング機能、ハイレゾ対応、専用アプリ「Headphones Connect」対応 ほか
連続再生時間 NC ON:最大10時間、アンビエントサウンドモード:最大12時間、NC OFF:最大15時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ハイブリッド型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC、LDAC
シリーズ 1000X
重量 約58g(本体:約44g)
プラス機能 ノイズキャンセリング機能、ハイレゾ対応、専用アプリ「Headphones Connect」対応 ほか
連続再生時間 NC ON:最大10時間、アンビエントサウンドモード:最大12時間、NC OFF:最大15時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』

SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』
出典:Amazon この商品を見るview item

雨などからイヤホンを守る防滴性能つき

汗や水しぶき、突然の雨などからイヤホンを守る防滴対応タイプ。屋外でのスポーツシーンでも、天候を気にせず快適に使用できます

「EXTRA BASSシリーズ」ならではの迫力の重低音も魅力です。重低音のグルーブ感をダイレクトに伝達し、クラブにいるような圧倒的な量感の低音を正確なリズムで再現。音楽に合わせて自分好みの重低音サウンドを楽しむことができます。

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ EXTRA BASS
重量 約21g(アークサポーター含まず)
プラス機能 デジタルノイズキャンセリング、外音取り込みモード、防滴性能 ほか
連続再生時間 最大6時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ EXTRA BASS
重量 約21g(アークサポーター含まず)
プラス機能 デジタルノイズキャンセリング、外音取り込みモード、防滴性能 ほか
連続再生時間 最大6時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』
出典:Amazon この商品を見るview item

コスパ抜群のスタミナモデル

ワイヤレスイヤホンのラインナップのなかでも、特にコストパフォーマンスに優れたモデルとなっています。最大連続再生時間は15時間とスタミナも抜群なので、長時間連続で使用したい人にもおすすめです。

クイック充電にも対応しており、わずか10分の充電で60分の使用が可能。出かける前に充電切れに気づいたといったシーンでも安心です。

タイプ 密閉ダイナミック
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ -
重量 19g
プラス機能 クイック充電
連続再生時間 15時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック
ワイヤレス対応 ワイヤレス
コーデック SBC、AAC
シリーズ -
重量 19g
プラス機能 クイック充電
連続再生時間 15時間
全てを見る全てを見る

ソニーのイヤホンおすすめ8選【有線】

音声データを圧縮してイヤホンに転送するワイヤレスとは異なり、圧縮することなくコードで音声データを送るので、質のいいサウンドを楽しめます。

SONY(ソニー)『ステレオヘッドホン(IER-Z1R)』

SONY(ソニー)『ステレオヘッドホン(IER-Z1R)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドホン(IER-Z1R)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドホン(IER-Z1R)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドホン(IER-Z1R)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドホン(IER-Z1R)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドホン(IER-Z1R)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドホン(IER-Z1R)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドホン(IER-Z1R)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドホン(IER-Z1R)』
出典:Amazon この商品を見るview item
コール徳島店店長:野田 博之

コール徳島店店長

『IER-Z1R』はヌケ感のいい高音と、解像度の高い低音のバランスが優れています。質の高いバランスケーブルとアンバランスケーブル、種類豊富なイヤーピースと付属品も充実。

ソニー最高峰の高音質を体感できるインイヤー

プロも虜になるソニー最高峰の高音質を実現したイヤホン。異なる3タイプのドライバーの長所を組み合わせた新しいHDハイブリッドドライバーシステムを搭載し、高音から低音まで、ダイナミックな音を再現してくれます。

さらに、銀コートOFC線を採用し、信号伝送ロスを最小限におさえ音の劣化を少なくします。高音質を実現する細部へのこだわりが詰まった本格派モデルです。

タイプ 密閉ハイブリッド型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ Signature
重量 約26g(ケーブル含まず)
プラス機能 HDハイブリッドドライバーシステム搭載、合計13種類のイヤーピースを付属 ほか
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ハイブリッド型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ Signature
重量 約26g(ケーブル含まず)
プラス機能 HDハイブリッドドライバーシステム搭載、合計13種類のイヤーピースを付属 ほか
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX650AP)』

SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX650AP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX650AP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX650AP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX650AP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX650AP)』
出典:Amazon この商品を見るview item

クリアな中高音域サウンド

こちらの製品は、ハウジングと音導管に真鍮を採用することで、中高音域をクリアで鮮やかなサウンドに。5Hz-28,000Hzと人間の可聴音域もカバーしています。

また、ハンズフリーに対応しているため、通話や音楽を聴く際も便利です。

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ -
重量 9g
プラス機能 マイク、ハンズフリー、リモコン ほか
連続再生時間
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ -
重量 9g
プラス機能 マイク、ハンズフリー、リモコン ほか
連続再生時間
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』

SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』
出典:Amazon この商品を見るview item

新開発のドライバーユニット搭載で高音質を再現

新開発のHDハイブリッド3ウェイドライバーを搭載した高性能タイプ。ハイレゾ音源特有の、楽曲のニュアンスをあますところなく空気感まで再現します。

形状記憶樹脂に肌触りのいいシリコンをまとったアジャストフリーイヤーハンガーを採用。ハンガーの形状を耳に合わせて自由に変えることができるので、長時間の装着も快適です。

タイプ 密閉ハイブリッド型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ XBA
重量 約11g(ケーブル含まず)
プラス機能 HDハイブリッド3ウェイドライバー、ハイレゾ対応 ほか
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ハイブリッド型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ XBA
重量 約11g(ケーブル含まず)
プラス機能 HDハイブリッド3ウェイドライバー、ハイレゾ対応 ほか
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX150IP)』

SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX150IP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX150IP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX150IP)』
出典:Amazon この商品を見るview item

カラフルなカラバリがそろう高コスパアイテム

コンパクトな設計ながら豊かな高音質を実現する、コストパフォーマンスに優れたイヤホン。パッと目を引くカラフルなデザインで、8色の豊富なカラーバリエーションが揃っています。

音漏れに配慮した筐体構造を採用しているので、電車内などでのリスニングも安心です。

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ -
重量 約3g
プラス機能 音漏れ低減、リモコン操作・ハンズフリー通話(iPhone/iPod/iPad対応) ほか
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ -
重量 約3g
プラス機能 音漏れ低減、リモコン操作・ハンズフリー通話(iPhone/iPod/iPad対応) ほか
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-XB55AP)』

SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-XB55AP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-XB55AP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-XB55AP)』
出典:Amazon この商品を見るview item

重低音と遮音性を兼ね備えたイヤホン

リモコンによる操作とハンズフリーでのスマートフォンの通話が可能なイヤホンです。「ベースブースター」搭載で重低音をダイレクトに耳に届けます。

また、「アングルドイヤーピース方式」を採用することで、耳の奥で装着することができ、遮音性が増しています。

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 有線
コーデック
シリーズ -
重量 8g
プラス機能 リモコン、マイク、ハンズフリー
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 有線
コーデック
シリーズ -
重量 8g
プラス機能 リモコン、マイク、ハンズフリー
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX155AP)』

SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX155AP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX155AP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX155AP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX155AP)』
出典:Amazon この商品を見るview item

カラーバリエーションが豊富! ファッション感覚で

カラーバリエーションの豊富な『MDR-EX155AP』。こちらの製品は「セレーションケーブル」を採用しているためケーブルが絡みにくく、ケーブルスライダーで長さ調節が可能となっています。

また、光沢感のあるハウジングがおしゃれなので、ファッション感覚で身につけるのもいいでしょう。

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ -
重量 3g
プラス機能 リモコン、マイク、ハンズフリー
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ -
重量 3g
プラス機能 リモコン、マイク、ハンズフリー
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』

SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』 SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』 SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』 SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』 SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』 SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』 SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』 SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』 SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』 SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』 SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』 SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』
出典:Amazon この商品を見るview item

原音を忠実に再現

こちらの製品は、自然な高音をそのまま忠実に再生することができるオプティマイズドサウンドパス構造を採用。

また、バランスド・アーマチュア・ドライバーを5基搭載し、音の透明度を高めるマグネシウムインナーハウジングを採用しているため、低音から高音までより臨場感のあるサウンドを聴かせてくれます。

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ Signature
重量 11g
プラス機能 リケーブル、ハイレゾ対応
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ダイナミック型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ Signature
重量 11g
プラス機能 リケーブル、ハイレゾ対応
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-N1)』

SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-N1)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-N1)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-N1)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ハイレゾに対応! 重低音のリズムも正確に補正

『XBA-N1』は銀コートOFCケーブルを採用しており、より滑らかな高音域再生を得意としています。また、「ビートレスポンスコントロール」搭載により、重低音のリズムを正確に再現することができます。

ハイレゾ再生に対応しているため、低音から高音まで高い解像度での再生が可能です。

タイプ 密閉ハイブリッド型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ XBA
重量 6g
プラス機能 リケーブル、ハイレゾ対応
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

タイプ 密閉ハイブリッド型
ワイヤレス対応 有線
コーデック -
シリーズ XBA
重量 6g
プラス機能 リケーブル、ハイレゾ対応
連続再生時間 -
全てを見る全てを見る

「ソニーのイヤホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』
SONY(ソニー)『LinkBuds S(WF-LS900N)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』
SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』
SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』
SONY(ソニー)『h.ear in 3 Truly Wireless(WF-H800)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』
SONY(ソニー)『Float Run(WI-OE610)』
SONY(ソニー)『 ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』
SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』
SONY(ソニー)『ステレオヘッドホン(IER-Z1R)』
SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX650AP)』
SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』
SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX150IP)』
SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-XB55AP)』
SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX155AP)』
SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』
SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-N1)』
商品名 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『LinkBuds S(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C500)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-SP800N)』 SONY(ソニー)『h.ear in 3 Truly Wireless(WF-H800)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM3)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『Float Run(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『 ワイヤレスイヤホン(WI-XB400)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C310)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドセット(WI-SP600N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C200)』 SONY(ソニー)『ステレオヘッドホン(IER-Z1R)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX650AP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-Z5)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX150IP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-XB55AP)』 SONY(ソニー)『イヤホン(MDR-EX155AP)』 SONY(ソニー)『ステレオイヤホン(IER-M9)』 SONY(ソニー)『イヤホン(XBA-N1)』
商品情報
特徴 高次元のノイズキャンセリング ワイヤレスでノイズも限りなくカット 普段使いしやすい「ながら聴き」に対応! コスパに優れた完全ワイヤレスイヤホン ノイキャン搭載のおしゃれイヤホン 耳を塞がないイヤホン 便利な音楽プレーヤー機能搭載モデル ハイレゾ級高音質を完全ワイヤレスで 1世代前のフラッグシップモデル バッテリー持ちも、サウンドの質も良し! 軽やかな着け心地で快適リスニング! ワイヤレスで最大15時間再生のロングバッテリー AACコーデック対応の高音質ワイヤレスイヤホン 業界最高クラスのノイズキャンセリング機能 雨などからイヤホンを守る防滴性能つき コスパ抜群のスタミナモデル ソニー最高峰の高音質を体感できるインイヤー クリアな中高音域サウンド 新開発のドライバーユニット搭載で高音質を再現 カラフルなカラバリがそろう高コスパアイテム 重低音と遮音性を兼ね備えたイヤホン カラーバリエーションが豊富! ファッション感覚で 原音を忠実に再現 ハイレゾに対応! 重低音のリズムも正確に補正
タイプ 密閉ダイナミック 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック 密閉ダイナミック型 開放ダイナミック型 密閉バランスド・アーマチュア型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック 密閉ダイナミック型 開放ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ハイブリッド型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック 密閉ハイブリッド型 密閉ダイナミック型 密閉ハイブリッド型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ハイブリッド型
ワイヤレス対応 ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス 有線 有線 有線 有線 有線 有線 有線 有線
コーデック SBC、AAC、LDAC、LC3 SBC、AAC SBC、AAC、LDAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC、LDAC SBC、AAC SBC、AAC - - - - - - -
シリーズ 1000X 1000X LinkBuds - - - SPORTS h.ear - - EXTRA BASS EXTRA BASS 1000X EXTRA BASS - Signature - XBA - - - Signature XBA
重量 5.9 g 約8.5g×2 4.8 g 5.4g×2 4.6 g 4.1g×2 約7.3g×2(ヘッドセットのみ、アークサポーター含まず) 約7.6g×2 8.5g×2 20 g 33 g 約21g 19g 約58g(本体:約44g) 約21g(アークサポーター含まず) 19g 約26g(ケーブル含まず) 9g 約11g(ケーブル含まず) 約3g 8g 3g 11g 6g
プラス機能 マルチペアリング対応、ノイズキャンセリング、外音取り込み、防塵・防水機能(IPX4)、AIアシスタント機能 DSEE HX搭載(ハイレゾ級高音質)、ノイズキャンセリング、デュアルノイズセンサーテクノロジー ほか ノイズキャンセリング、ハイレゾ対応、外音取り込み機能、防滴性能など IPX4防滴性能、左右同時伝送方式採用 ノイズキャンセリング、マイク、外音取り込み、リモコン、防水性(IPX4) IPX4防滴性能、Sound AR対応 防塵・防水性能、外音取り込みモード、音楽プレーヤー機能 ほか DSEE HX搭載(ハイレゾ級高音質)、充電10分で約70分使用可能、音声アシスタント機能対応 ほか アクティブノイズキャンセリング マルチペアリング、音声通話、リモコン、AIアシスタント対応、IPX4防滴性能 マイク、リモコン、防水性(IPX4)、AIアシスタント呼び出し機能 充電10分で約60分使用可能、ハンズフリー通話、マルチペアリング対応 ほか 10分の充電で60分の再生が可能、マルチペアリング、マグネット連結対応、ハンズフリー通話、音声アシスタント ノイズキャンセリング機能、ハイレゾ対応、専用アプリ「Headphones Connect」対応 ほか デジタルノイズキャンセリング、外音取り込みモード、防滴性能 ほか クイック充電 HDハイブリッドドライバーシステム搭載、合計13種類のイヤーピースを付属 ほか マイク、ハンズフリー、リモコン ほか HDハイブリッド3ウェイドライバー、ハイレゾ対応 ほか 音漏れ低減、リモコン操作・ハンズフリー通話(iPhone/iPod/iPad対応) ほか リモコン、マイク、ハンズフリー リモコン、マイク、ハンズフリー リケーブル、ハイレゾ対応 リケーブル、ハイレゾ対応
連続再生時間 最大8時間(NCオン)、最大12時間(NCオフ) NC ON:最大6時間、NC OFF:最大8時間 最大10時間 最大7.5時間(NCオン)、最大10時間(NCオフ) 5.5時間 プレーヤーモード(Bluetooth OFF):最大6時間、ヘッドホンモード(Bluetooth ON):最大3時間 最大8時間 最大8時間 最大25時間 最大15時間 最大15時間 NC ON:最大10時間、アンビエントサウンドモード:最大12時間、NC OFF:最大15時間 最大6時間 15時間 - - - - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月9日時点 での税込価格

【ランキング】通販サイトの最新人気! SONY(ソニー)イヤホンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのSONY(ソニー)イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:イヤホン・ヘッドホン本体ランキング
楽天市場:ソニー ヘッドホン・イヤホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】イヤホンの記事をチェック!

快適な音楽ライフを!

音楽ライフをさらに快適に楽しむことのできるイヤホン。高い信頼を得ているソニーのイヤホンは、機能性・デザイン性ともに多彩なラインナップで登場しています。シリーズや特徴などを比較して、自分にぴったりのイヤホンを探してみてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button