Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンおすすめ22選|【ワイヤレスで快適】コスパもよい商品もご紹介!

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンおすすめ22選|【ワイヤレスで快適】コスパもよい商品もご紹介!

お出かけをより快適にしてくれるのが、Bluetooth対応のワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンです。周囲の雑音を抑えてよりクリアに音楽を楽しめるうえ、こちらの雑音が相手に伝わらないようにしてくれます。

この記事では、Bluetooth対応のワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンの選び方を解説。家電製品総合アドバイザーの福田満男さんと編集部が選んだイヤホンもご紹介していますので是非イヤホン選びの参考にしてみてください。


目次

家電製品総合アドバイザー
福田 満雄

iPhone3GSの時代からスマートフォンを愛用している、ガジェット愛あふれるライター。 複数のメディアで家電製品の記事を担当、シンプルでわかりやすい文章がモットー。 冷蔵庫からオーディオ、パソコンまで、幅広く知識を問われる家電製品総合アドバイザー試験に一発合格。 最新機種が好きなのはもちろん、過去の名機を安価に楽しむのも好き。

「Bluetoothノイズキャンセリングイヤホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』
Bose(ボーズ)『QuietComfort Earbuds』
BEATS『STUDIO BUDS』
Anker(アンカー)『Life P3』
Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ70W)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット LinkBuds(WF-L900)』
Anker(アンカー)『Liberty 3 Pro』
audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』
Apple(アップル)『AirPods Pro』
Jabra(ジャブラ)『Elite 85t』
Bose(ボーズ)『Sport Earbuds』
Anker(アンカー)『Soundcore Liberty Neo 2』
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』
Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオインサイドホン(RZ-S50W)』
Beats(ビーツ)『FIT PRO』
Jabra(ジャブラ)『Elite 7 Pro』
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(MDR-EX31BN)』
JBL(ジェービーエル)『Live Pro+ TWS(JBLLIVEPROPTWS)』
JBL(ジェービーエル)『Tour Pro+ TWS(JBLTOURPROPTWS)』
Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』
JBL(ジェービーエル)『Tune 230NC TWS(JBLT230NCTWSSAN)』
JBL(ジェービーエル)『Live Pro 2 TWS(JBLLIVEPRO2TWSROS)』
商品名 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 Bose(ボーズ)『QuietComfort Earbuds』 BEATS『STUDIO BUDS』 Anker(アンカー)『Life P3』 Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ70W)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット LinkBuds(WF-L900)』 Anker(アンカー)『Liberty 3 Pro』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』 Apple(アップル)『AirPods Pro』 Jabra(ジャブラ)『Elite 85t』 Bose(ボーズ)『Sport Earbuds』 Anker(アンカー)『Soundcore Liberty Neo 2』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオインサイドホン(RZ-S50W)』 Beats(ビーツ)『FIT PRO』 Jabra(ジャブラ)『Elite 7 Pro』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(MDR-EX31BN)』 JBL(ジェービーエル)『Live Pro+ TWS(JBLLIVEPROPTWS)』 JBL(ジェービーエル)『Tour Pro+ TWS(JBLTOURPROPTWS)』 Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 JBL(ジェービーエル)『Tune 230NC TWS(JBLT230NCTWSSAN)』 JBL(ジェービーエル)『Live Pro 2 TWS(JBLLIVEPRO2TWSROS)』
商品情報
特徴 広い音域でノイズを減らし静寂を感じられる ぴったりの装着感で臨場感あふれるサウンド 空間オーディオでサラウンドサウンドを堪能 アプリでちょうどよくノイズキャンセリング設定 広がりと奥行きを感じられる豊かなオーディオ体験 リング型のイヤホンで耳をふさがず圧迫感がない 自動でぴったりのノイズキャンセリングに変更 aptXコーデックス対応で広い音域を再現 アクティブノイズキャンセリングでよい音体験を 11段階のノイズキャンセリングレベルから選べる スタイリッシュなデザインと快適な装着感 ウォータープルーフのワイヤレスイヤホン シリコン製でコンパクトにしまえるネックバンド型 聴きたい音だけに包まれるワイヤレスイヤホン 耳のかたちに合わせてフィットするイヤホン 音声認識センサーで通話品質がクリア ワンタッチ接続機能搭載でかんたんペアリング 没入感のあるオーディオ体験ができるイヤホン ノイズキャンセリング機能でかなりの静寂性 リアルなサウンドとクリアな通話ができるイヤホン 人間工学に基づいたデザインで快適な着け心地 高い遮音性と軽やかな装着感で音楽を楽しむ
形状 - インイヤー インイヤー - カナル型 開放、ダイナミック - インイヤー インイヤー インイヤー インイヤー - カナル型 カナル型 インイヤー インイヤー インナーイヤー型 - インイヤー カナル型 ショートスティック型 ショートスティック型
連続再生時間 8時間 6時間 8時間 7時間(イヤホンケース使用で35時間) 6.5時間(充電ケース使用時:19.5時間) 5.5時間 8時間(イヤホンケース使用で32時間) 4.5時間(充電ケース使用時:18時間) 4.5時間(充電ケース使用時:24時間) 5.5時間(充電ケース使用時:25時間) 5時間 10時間(充電ケース使用時40時間) 10時間 6.5時間(充電ケース使用時:19.5時間) 6時間(充電ケース使用時:24時間) 8時間(充電ケース使用時:30時間) 9時間 7時間(充電ケース使用時:28時間) 8時間(充電ケース使用時:32時間) 7時間(充電ケース使用時:24時間) 10時間(充電ケース使用時:40時間) 10時間(充電ケース使用時:40時間)
対応コーデック SBC、AAC、LDAC SBC、AAC - SBC 、 AAC SBC、AAC SBC、AAVC SBC、AAC、LDAC Qualcomm aptX audio、AAC、SBC - SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC、LDAC SBC、AAC - AAC、SBC SBC、AAC、aptX SBC、AAC SBC、AAC LDAC、SBC、AAC - -
ハイレゾ対応 - - - - - - - - - - - - - - - - -
アプリ対応 - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月26日時点 での税込価格

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンがあれば快適

 

家電製品総合アドバイザーの福田満男さんに取材をして、Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンのメリットを教えていただきました。

耳への負担を軽減できる

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンは、マイクで拾った周囲の雑音などを打ち消す音を発して、本来の音をよりクリアに聞こえるようにする機能です。

雑音が大きすぎて電話の相手の声が聞こえないときや、集中して音楽を楽しめないときなどには、音量をより大きくすることで解決することがあります。その方法では、つねに大音量にさらされてしまうため、耳への負担が大きくなってしまいます。

ノイズキャンセリング機能は、通常の音量のままで雑音を抑制できるので、通勤通学やビデオ会議をより快適にしてくれるメリットがあります。

周囲の雑音を抑制できる

 

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンなら、音を聞くためだけでなく、雑音をカットするための耳栓のように使用することも可能です。

長時間のフライトや電車やバスでの移動では、大きな騒音にさらされてしまいがち。そのようなときには、音楽を聴くわけではなく、だた周囲の雑音を聞こえないようにするために、ノイズキャンセリングイヤホンを活用できます。

これによって、騒音のなかでも、静かに仮眠をとりたいというシーンでもより静寂な環境を手軽に得られるので、便利です。

いろいろなラインナップで予算に合わせられる

 

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンは、いろいろなメーカーのさまざまなグレードのラインナップがあります。販売されている価格帯もそれぞれ異なるため、ご自身の予算に合わせて選べるようになっているのもポイント。

1万円以下のロープライスモデルから、2万円以上するハイスペックモデルまであり、必要な機能を見きわめて、ご自身のライフスタイルにぴったりのものをチョイスしましょう。

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンの選び方

ワイヤレスイヤホン

Photo by Zarak Khan on Unsplash

まずはBluetoothノイズキャンセリングイヤホンの選び方をチェックしていきましょう。主なポイントとしては下記の4点になります。

【1】音質とコーデックをチェックする
【2】イヤホンの装着感をチェックする
【3】連続再生時間をチェックする
【4】カスタマイズ性をチェックする

家電製品総合アドバイザーの福田満男さんのアドバイスもご紹介しています。自分の使い方にぴったりのBluetoothノイズキャンセリングイヤホンを選ぶために参考にしてみてくださいね。

【1】音質とコーデックをチェックする

 

より臨場感のある音楽を楽しむために、音質にこだわりましょう。ハイレゾ音質対応のBluetoothノイズキャンセリングイヤホンなら、こまかい音の表現力のニュアンスをより感じ取ることが可能になります。

Bluetoothのコーデックもチェックしておきましょう。コーデックとは、ワイヤレスで音声データをするための圧縮の規格のことで、音質に直接影響します。「aptX」や「aptX LL」や「aptX HD」などのコーデックは、より高音質で遅延が少なく、快適に音楽を楽しめるでしょう。

【2】イヤホンの装着感をチェックする

 

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンには、大きく分類して2タイプの形状があります。

「カナル型」は、耳栓のような形をしていて、密閉性が高いのが特徴。イヤーピースのサイズを選んで、より耳にフィットさせられます。

「インナーイヤー型」は、耳に引っ掛けるようにして装着するタイプ。密閉しないので圧迫感がなく、耳内部の接触も少ないため長時間使用しても違和感はあまりありません。

【3】連続再生時間をチェックする

 

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンは、バッテリーをチェックすることも大切です。充電器を外してからどれくらいの時間連続して音声を再生できるかを調べておきましょう。

ノイズキャンセリング機能をオフにすると、より使用時間を長くできることも。長距離の移動で使用したいなら、できるだけ長い連続再生時間を持つモデルをチョイスすることをおすすめします。

【4】カスタマイズ性をチェックする

 

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンには、専用のスマートフォンのアプリで、より詳細なセッティングができるタイプもあります。ワイヤレスでとても小さな本体で、スイッチなど搭載できないため、アプリでこまかなフィッティングが可能です。

ノイズキャンセリングの程度をコントロールしたり、音質をイコライザーを調整してより好みに合わせたりでき、音にこだわりを持つ方でも満足できるでしょう。複数台のイヤホンで同じ音楽を聴くというような設定も可能で、カップル旅行にもぴったりです。

選択肢が広がっても老舗は強し 家電製品総合アドバイザーがアドバイス

家電製品総合アドバイザー

ノイズキャンセル機能を目的で商品を購入する場合、価格よりも重視してほしいポイントがあります。それは「老舗メーカーの商品かどうか」。ワイヤレスになる前からノイズキャンセル機能を研究してきたメーカーには、機能や使い勝手で一日の長があります。

また、構造上バッテリーが劣化すると使えなくなるため、投資額と満足感のバランスも考えてみましょう。

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンの人気メーカー

Bluetoothに対応しているワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンの人気メーカーを紹介します。

SONY(ソニー)

 

映像や音楽のジャンルで、ハイクオリティなアイテムをたくさん開発しているメーカーです。Bluetoothイヤホンのジャンルでも、独自開発のよい音質のコーデックを持っており、とても高い技術力を発揮しています。

ノイズキャンセリング技術もとても高く、より周囲の雑音を抑えてクリアに音楽を楽しみたいという方にぴったりのメーカーです。

Bose(ボーズ)

 

音響機器のジャンルで世界的に高い評価を得ているメーカーです。

専用のスマートフォンアプリでより好みの音質に設定できるようになっているところなど、音にこだわりを持つユーザーにとってとても使い勝手のいい機能が満載。メーカー独自開発のノイズキャンセリング機能もすぐれていて、かなりの静寂性を再現でき、おすすめできます。

audio-technica(オーディオテクニカ)

 

ヘッドホンやスピーカー、AVアクセサリーなど幅広く商品を展開している日本のメーカー。品質はもちろんですがグッドデザイン賞を受賞している商品も多く、デザイン性でも定評があるメーカーでもあります。

大手の有名なメーカーに劣らない品質に加え、リーズナブルな商品から高級な商品まで幅広く展開しているので初めてイヤホンを購入する人におすすめのメーカーです。

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ 家電製品総合アドバイザーの福田満男さんと編集部が選んだ

選び方で紹介したポイントを踏まえて、おすすめのBluetoothノイズキャンセリングイヤホンを、くわしいスペックとともに紹介します。

家電製品総合アドバイザー

『ソニーWF-1000XM4』は、ノイズキャンセリングイヤホンを検討しているほとんどの方におすすめできます。起動すると一気に静けさが訪れます。音質・ノイズキャンセル機能ともに弱点が見当たりません。

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』

ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』

出典:Amazon

広い音域でノイズを減らし静寂を感じられる

低音域から高音域に至るまで、かなり広い範囲のノイズを軽減してくれるので、より静寂性が高くなったノイズキャンセリングイヤホンです。飛行機や電車やバスの移動中の騒音や、街なかで聞こえるほかの人の声などが多いところでも、かなりノイズをなくすことが可能に。

ハイレゾ音源を高音質に再現できるだけでなく、ネット動画などの音源でもハイレゾクラスの音にスケールアップできる機能搭載で、音楽をよりクオリティー高く楽しむことができます。

本体形状もつけ心地がよく感じられるように耳の凹凸に干渉しにくいデザインを採用しているのもおすすめポイントです。

家電製品総合アドバイザー

『QuietComfort Earbuds』は音響の老舗、BOSEの商品です。長くノイズキャンセリングを研究されてきているため、強力なノイズキャンセル機能を堪能できます。音質との両立もバッチリ。

Bose(ボーズ)『QuietComfort Earbuds』

ボーズ『QuietComfortEarbuds』 ボーズ『QuietComfortEarbuds』 ボーズ『QuietComfortEarbuds』 ボーズ『QuietComfortEarbuds』 ボーズ『QuietComfortEarbuds』 ボーズ『QuietComfortEarbuds』 ボーズ『QuietComfortEarbuds』 ボーズ『QuietComfortEarbuds』

出典:Amazon

ぴったりの装着感で臨場感あふれるサウンド

「ボーズ」が開発した独自のノイズキャンセリング技術と「ハイ・フィデリティオーディオ」を搭載したモデルです。

装着感がとてもよいシリコン製のイヤーチップ採用で、ノイズを物理的にカット。また、内臓マイクで周囲の音をモニタリングし、ノイズを打ち消すための音信号を発して、静寂を感じられるようになっており、臨場感あふれるサウンドを楽しめるようになっています。

周囲の音を聞きたいときは、本体をダブルタップするだけでモードを変えることも可能。聴きたい音をすべて聴けるアイテムです。

家電製品総合アドバイザー

『STUDIO BUDS』は、「AirPodsProは予算オーバー」という方に。Apple製品とのペアリングや空間オーディオ、ノイズキャンセリングの使い勝手はほぼ同等。ワイヤレス充電は省かれています。

BEATS『STUDIO BUDS』

BEATS『STUDIOBUDS』 BEATS『STUDIOBUDS』 BEATS『STUDIOBUDS』 BEATS『STUDIOBUDS』 BEATS『STUDIOBUDS』 BEATS『STUDIOBUDS』 BEATS『STUDIOBUDS』 BEATS『STUDIOBUDS』 BEATS『STUDIOBUDS』

出典:Amazon

空間オーディオでサラウンドサウンドを堪能

「アクティブノイズキャンセリング」機能により、継続的に周囲の不要なノイズをカットするアイテムです。周囲の音が聴こえるモードへの切り替えもすばやく切り替えられるため公共施設のアナウンスを聞いたり、自然のなかで音楽を楽しんだりできます。

本体をタップしたり長押ししたりするときの操作をカスタマイズでき、思ったようにデバイスをコントロールできるのも大きな特徴。8時間のロングライフバッテリーなので、長いフライトでもたっぷり使えます。

Anker(アンカー)『Life P3』

アンカーSoundcore『LifeP3』 アンカーSoundcore『LifeP3』 アンカーSoundcore『LifeP3』 アンカーSoundcore『LifeP3』 アンカーSoundcore『LifeP3』 アンカーSoundcore『LifeP3』 アンカーSoundcore『LifeP3』 アンカーSoundcore『LifeP3』 アンカーSoundcore『LifeP3』

出典:Amazon

アプリでちょうどよくノイズキャンセリング設定

アンカーの専用スマートフォンアプリ「Soundcore」で、かんたんに設定するだけで、今いる環境にぴったりの強度のノイズキャンセリングにセッティングしてくれるのが大きな特徴。音楽を聴いていても、外部の会話やアナウンス放送などを聞き逃さないようにする設定など、こまかく調整が可能なのがポイントです。

専用のイヤホンケースにスマートに収納できるだけでなく、バッテリーにもなっているので、35時間も充電器なしで使用できるので、長距離の移動が多い方におすすめです。

Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ70W)』

パナソニックテクニクス『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ70W)』 パナソニックテクニクス『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ70W)』 パナソニックテクニクス『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ70W)』 パナソニックテクニクス『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ70W)』 パナソニックテクニクス『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ70W)』 パナソニックテクニクス『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ70W)』 パナソニックテクニクス『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ70W)』 パナソニックテクニクス『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ70W)』

出典:Amazon

広がりと奥行きを感じられる豊かなオーディオ体験

10mmのダイナミックドライバーを搭載し、イヤホン全体の空気の流れを緻密にコントロールできる音響構造設計により、豊かなサウンドの体験が可能になったモデル。

「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」技術により、デジタル制御とアナログ制御を組み合わせた、確度の高いノイズキャンセリングが実現。より静寂感を高めて、サウンドに没頭したり、勉強に集中したりできます。

SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット LinkBuds(WF-L900)』

ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』

出典:Amazon

リング型のイヤホンで耳をふさがず圧迫感がない

イヤホンがリング型になっており周囲の音も明瞭に聴くことができるデザインが特徴のアイテムです。装着時の圧迫感が少なく快適で、長時間の使用でも疲れにくいのも大きな特徴。

独自技術の高精度ボイスピックアップテクノロジーで、相手に自分の声をよりクリアに伝えるので、リモートワークでの強力な武器になります。

装着した耳の周りをタップすることで操作ができ、とても快適でおすすめです。

Anker(アンカー)『Liberty 3 Pro』

アンカーSoundcore『Liberty3Pro』 アンカーSoundcore『Liberty3Pro』 アンカーSoundcore『Liberty3Pro』 アンカーSoundcore『Liberty3Pro』 アンカーSoundcore『Liberty3Pro』 アンカーSoundcore『Liberty3Pro』 アンカーSoundcore『Liberty3Pro』

出典:Amazon

自動でぴったりのノイズキャンセリングに変更

普通に使用しているだけで、自動で周囲の雑音の程度や種類を検知して、ぴったりの強度のノイズキャンセリングにセットしてくれるのが特徴。お気に入りの音楽への没入感をより高めてくれます。

「ソニー」の高音質コーデック「LDAC」に対応しているので、音声データの転送がとても早く、忠実に音を反映してくれるすぐれもの。ハイレゾにも対応しており、音質面でかなり上位の機能を搭載しています。

audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』

オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』

出典:Amazon

aptXコーデックス対応で広い音域を再現

高音域から低音域までを再現できるドライバーを搭載した音質重視のイヤホンです。aptXコーデックスに対応していることにより、高解像度の音源データを忠実に再現できるので、サウンドにより没頭しやすくなっています。

「QUIETPOINTハイブリッドデジタルノイズキャンセリング」技術により、違和感なく自然にノイズを低減してくれるので、カフェやオフィスのなかでも静寂空間を作りあげたり、オーディオに集中したりできます。

Apple(アップル)『AirPods Pro』

アップル『AirPodsPro』 アップル『AirPodsPro』 アップル『AirPodsPro』 アップル『AirPodsPro』 アップル『AirPodsPro』 アップル『AirPodsPro』

出典:Amazon

アクティブノイズキャンセリングでよい音体験を

周囲の雑音を遮断してオーディオサウンドに集中できるように設計されたワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンです。「アンチノイズ機能」により、外部の雑音を打ち消して、聴こえないようにしてくれます。周囲の音を聴けるモードや、会話している相手の声を聴きやすくしてくれるモードも搭載。サウンドをコントロールしてくれます。

装着感にもこだわりがあり、フィット感を高める形状設計で、よりすぐれた聴き心地を体験できるのもポイントのひとつ。IPX4相当の防水対応で、いつでもどこでもハイクオリティーオーディオを楽しめます。

Jabra(ジャブラ)『Elite 85t』

Jabra完全ワイヤレスイヤホンアクティブノイズキャンセリングElite85tチタニウムブラックBluetooth®5.1マルチポイント対応2台同時接続外音取込機能専用アプリマイク付セミオープンデザインワイヤレス充電対応最大2年保証[国内正規品] Jabra完全ワイヤレスイヤホンアクティブノイズキャンセリングElite85tチタニウムブラックBluetooth®5.1マルチポイント対応2台同時接続外音取込機能専用アプリマイク付セミオープンデザインワイヤレス充電対応最大2年保証[国内正規品] Jabra完全ワイヤレスイヤホンアクティブノイズキャンセリングElite85tチタニウムブラックBluetooth®5.1マルチポイント対応2台同時接続外音取込機能専用アプリマイク付セミオープンデザインワイヤレス充電対応最大2年保証[国内正規品] Jabra完全ワイヤレスイヤホンアクティブノイズキャンセリングElite85tチタニウムブラックBluetooth®5.1マルチポイント対応2台同時接続外音取込機能専用アプリマイク付セミオープンデザインワイヤレス充電対応最大2年保証[国内正規品] Jabra完全ワイヤレスイヤホンアクティブノイズキャンセリングElite85tチタニウムブラックBluetooth®5.1マルチポイント対応2台同時接続外音取込機能専用アプリマイク付セミオープンデザインワイヤレス充電対応最大2年保証[国内正規品] Jabra完全ワイヤレスイヤホンアクティブノイズキャンセリングElite85tチタニウムブラックBluetooth®5.1マルチポイント対応2台同時接続外音取込機能専用アプリマイク付セミオープンデザインワイヤレス充電対応最大2年保証[国内正規品] Jabra完全ワイヤレスイヤホンアクティブノイズキャンセリングElite85tチタニウムブラックBluetooth®5.1マルチポイント対応2台同時接続外音取込機能専用アプリマイク付セミオープンデザインワイヤレス充電対応最大2年保証[国内正規品] Jabra完全ワイヤレスイヤホンアクティブノイズキャンセリングElite85tチタニウムブラックBluetooth®5.1マルチポイント対応2台同時接続外音取込機能専用アプリマイク付セミオープンデザインワイヤレス充電対応最大2年保証[国内正規品] Jabra完全ワイヤレスイヤホンアクティブノイズキャンセリングElite85tチタニウムブラックBluetooth®5.1マルチポイント対応2台同時接続外音取込機能専用アプリマイク付セミオープンデザインワイヤレス充電対応最大2年保証[国内正規品]

出典:Amazon

11段階のノイズキャンセリングレベルから選べる

オーディオに没頭したいときと、周囲の音にも気を使いたいときとを使い分けられるイヤホンです。11段階で外部の音のノイズキャンセリングを調整できるようになっています。専用アプリを使って瞬時に切り替えが可能なのも使いやすいポイント。

耳のなかの気圧を調整してくれるセミオープンデザインで、耳の圧迫感もなく、より装着感が軽く感じられるのもおすすめできる理由のひとつです。

Bose(ボーズ)『Sport Earbuds』

ボーズ『SportEarbuds』 ボーズ『SportEarbuds』 ボーズ『SportEarbuds』 ボーズ『SportEarbuds』 ボーズ『SportEarbuds』 ボーズ『SportEarbuds』

出典:Amazon

スタイリッシュなデザインと快適な装着感

「ボーズ」の臨場感あふれるオーディオ性能をスポーツシーンでも楽しめるように設計されたアイテムです。デザインがとてもスタイリッシュで、エクササイズの気分もとても高揚します。ある程度激しい動きのスポーツでも、3種類のイヤーチップのなかからぴったりフィットしてくれるものを選んで、外れ落ちる心配なく楽しめます。

耐久性や防滴性も高く、汗をかいても雨が降っても大丈夫。スマートフォンでかんたんにプレイリストや音質の設定ができるのもうれしいポイントです。

Anker(アンカー)『Soundcore Liberty Neo 2』

アンカー『SoundcoreLibertyNeo2』 アンカー『SoundcoreLibertyNeo2』 アンカー『SoundcoreLibertyNeo2』 アンカー『SoundcoreLibertyNeo2』 アンカー『SoundcoreLibertyNeo2』 アンカー『SoundcoreLibertyNeo2』 アンカー『SoundcoreLibertyNeo2』 アンカー『SoundcoreLibertyNeo2』 アンカー『SoundcoreLibertyNeo2』

出典:Amazon

ウォータープルーフのワイヤレスイヤホン

IPX7規格対応の防水性能を持つBluetoothノイズキャンセリングイヤホンです。天候がよくない日でも、ワークアウトのおともでも、いつでも音楽を楽しんだり、通話をしたりできます。

ワイヤレス充電に対応し、充電もとてもシンプルでかんたん。急速に充電してくれるので、時間がないときも心配いりません。片耳だけを使用する、「モノラルモード」で、ビデオ会議をしながら、周りの人たちとのコンタクトもとることも可能。

複数サイズのイヤーチップで、ぴったりのフィット感を味わえるのもうれしいポイントです。

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』

ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-1000XM2)』

出典:Amazon

シリコン製でコンパクトにしまえるネックバンド型

幅広い帯域のノイズを低減できる高性能のノイズキャンセリング機能を搭載したアイテムです。ハイレゾ音源も高い品質で再現でき、ハイレゾではない音もスケールアップしてより音質のよいサウンドにしてくれる機能で、音楽をより楽しめるようになっています。

ネックバンドはシリコン製で軽量なので装着性が高く、収納もとてもコンパクトにできるのもポイント。ケーブル部分のリモコンも操作しやすく、使い勝手が高いおすすめのイヤホンです。

Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオインサイドホン(RZ-S50W)』

パナソニック『ワイヤレスステレオインサイドホン(RZ-S50W)』 パナソニック『ワイヤレスステレオインサイドホン(RZ-S50W)』 パナソニック『ワイヤレスステレオインサイドホン(RZ-S50W)』 パナソニック『ワイヤレスステレオインサイドホン(RZ-S50W)』 パナソニック『ワイヤレスステレオインサイドホン(RZ-S50W)』 パナソニック『ワイヤレスステレオインサイドホン(RZ-S50W)』 パナソニック『ワイヤレスステレオインサイドホン(RZ-S50W)』 パナソニック『ワイヤレスステレオインサイドホン(RZ-S50W)』

出典:Amazon

聴きたい音だけに包まれるワイヤレスイヤホン

イヤホンの外側と内側に配置されたマイクで、デジタル制御とアナログ制御の両方のよいところを組み合わせた、ハイブリッドノイズキャンセリングイヤホンです。ノイズを大きく削減するデジタルと、遅延の少ないアナログで、より高い精度で雑音をカットできます。

「パナソニック」の無線技術で、Bluetoothの接続性をより安定したものになっているのもポイント。通話時に、自分の声と周囲の雑音を区別する「ビームフォーミング技術」によって、クリアな音声での会話ができます。

Beats(ビーツ)『FIT PRO』

BEATS『FITPRO』 BEATS『FITPRO』 BEATS『FITPRO』 BEATS『FITPRO』 BEATS『FITPRO』 BEATS『FITPRO』 BEATS『FITPRO』 BEATS『FITPRO』 BEATS『FITPRO』 BEATS『FITPRO』 BEATS『FITPRO』

出典:Amazon

耳のかたちに合わせてフィットするイヤホン

柔軟なウイングチップが耳のかたちに合わせてぴったりとフィットしてくれるので、安定感のある着け心地で快適にサウンドを楽しめます。インイヤー側も、3種類のシリコン製イヤーチップからチョイスできるので、高いフィット感が得られます。

空間オーディオをサポートしているので、ゲームや映画などをよりダイナミックに堪能できるのも大きな特徴のひとつ。デバイスのコントロールも本体をタップすることでできるので使い勝手もすばらしいです。

Jabra(ジャブラ)『Elite 7 Pro』

Jabra『Elite7Pro』 Jabra『Elite7Pro』 Jabra『Elite7Pro』 Jabra『Elite7Pro』 Jabra『Elite7Pro』 Jabra『Elite7Pro』 Jabra『Elite7Pro』 Jabra『Elite7Pro』 Jabra『Elite7Pro』

出典:Amazon

音声認識センサーで通話品質がクリア

「Jabraマルチセンサーボイス」という4つのマイクと音声認識センサーによる音声データを調整する機能で、よりよい通話品質を実現しているイヤホンです。これにより強風時にも風切り音やほかのノイズを抑えて、クリアな通話が可能になります。

「ヒアスルー」機能により、外部の音を聴くモードに変更も可能で、道を歩いているときに周囲の音を聴いて危険を回避できるので便利です。また、アプリを活用して、好みの音質にこまかく調整できるので、オーディオに深いこだわりのある方にもおすすめできます。

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(MDR-EX31BN)』

ワンタッチ接続機能搭載でかんたんペアリング

ワンタッチ接続により、ペアリングやBluetooth接続やパワーのオンオフがかんたんにできるアイテムです。接続の設定をする必要がないので、ビデオ会議や音楽や通話などをそれぞれ別のデバイスで使う場合にとても便利になっています。

対応しているコーデックも幅広く、「aptX」も使えるのもポイント。周囲からの騒音をほとんどカットするデジタルノイズキャンセリング機能も、通話の品質や音楽をたのしむ際に役に立ってくれます。

JBL(ジェービーエル)『Live Pro+ TWS(JBLLIVEPROPTWS)』

JBL『LivePro+TWS(JBLLIVEPROPTWSBLK)』 JBL『LivePro+TWS(JBLLIVEPROPTWSBLK)』 JBL『LivePro+TWS(JBLLIVEPROPTWSBLK)』

出典:楽天市場

没入感のあるオーディオ体験ができるイヤホン

11mmのパワフルなドライバーを搭載した、オーディオから没入感を得られるBluetoothノイズキャンセリングイヤホンです。かなりの程度の静寂をもたらしてくれるノイズキャンセリングで、勉強や仕事に集中できます。

周囲の音を取り込みたいときにはかんたんにモードを切り替えて、会話したりアナウンスを聞き逃さないようにしたりすることも可能。連続再生時間もたっぷりあり、急速充電やワイヤレス充電にも対応しているので、使い勝手もとてもよいアイテムです。

JBL(ジェービーエル)『Tour Pro+ TWS(JBLTOURPROPTWS)』

JBL『TourPro+TWS(JBLTOURPROPTWSBLK)』 JBL『TourPro+TWS(JBLTOURPROPTWSBLK)』 JBL『TourPro+TWS(JBLTOURPROPTWSBLK)』 JBL『TourPro+TWS(JBLTOURPROPTWSBLK)』 JBL『TourPro+TWS(JBLTOURPROPTWSBLK)』 JBL『TourPro+TWS(JBLTOURPROPTWSBLK)』 JBL『TourPro+TWS(JBLTOURPROPTWSBLK)』 JBL『TourPro+TWS(JBLTOURPROPTWSBLK)』 JBL『TourPro+TWS(JBLTOURPROPTWSBLK)』 JBL『TourPro+TWS(JBLTOURPROPTWSBLK)』 JBL『TourPro+TWS(JBLTOURPROPTWSBLK)』

出典:Amazon

ノイズキャンセリング機能でかなりの静寂性

内部と外部にマイクを搭載して、ノイズキャンセリングの調整を絶妙にコントロールしてくれるイヤホンです。使用状況に合わせて、必要な時間だけ外部の音を聴こえるようにしたり、会話するためにイヤホンを外さなくても聴こえるようにボリュームをコントロールしてくれたりと、多機能に調整してくれます。

ドライバーに植物由来の素材を採用することで、よりボディの軽量化を実現。とても装着感のよいアイテムになっています。

Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』

パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』 パナソニックテクニカ『ワイヤレスステレオインサイドホン(EAH-AZ60)』

出典:Amazon

リアルなサウンドとクリアな通話ができるイヤホン

ハイレゾ音質に対応した、Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンです。自然な感じでよい音質のサウンドを聴けるように、ドライバーに工夫が凝らされていて、オーディオの帯域のバランスを調整してリアルな音を伝えてくれます。

声を検知し音声処理がなされて、周囲の雑音をカットして自分の声がクリアに伝わるので、通話の性能もとても快適に使えるのも大きなポイントです。

JBL(ジェービーエル)『Tune 230NC TWS(JBLT230NCTWSSAN)』

JBL『Tune230NCTWS(JBLT230NCTWSSAN)』 JBL『Tune230NCTWS(JBLT230NCTWSSAN)』 JBL『Tune230NCTWS(JBLT230NCTWSSAN)』

出典:楽天市場

人間工学に基づいたデザインで快適な着け心地

アクティブノイズキャンセリング機能で、聴きたいサウンド以外はできるかぎりシャットアウトできるイヤホンです。「アンビエントアウェア」機能では、周囲の音を取り込むことも可能になっていて、自然のなかでオーディオを楽しむような使い方も可能。

「トークスルー」機能を使用すると、話しているときにはスピーカーの音量を自動で抑えてくれるので、イヤホンをしたまま周囲の人との会話も可能なのが便利です。

JBL(ジェービーエル)『Live Pro 2 TWS(JBLLIVEPRO2TWSROS)』

JBL『LivePro2TWS(JBLLIVEPRO2TWSROS)』 JBL『LivePro2TWS(JBLLIVEPRO2TWSROS)』 JBL『LivePro2TWS(JBLLIVEPRO2TWSROS)』

出典:楽天市場

高い遮音性と軽やかな装着感で音楽を楽しむ

11mmのダイナミックドライバーを搭載した、豊かな低音とクリアでのびやかな高音でハイクオリティオーディオを楽しめるイヤホンです。オーバル型のボディで、遮音性が高く装着感がいいのも大きなポイント。

リアルタイムでノイズキャンセリングを調整して、かなりの静寂性を実現し、ムービーやゲームの世界に集中できます。40時間のロングライフバッテリーで1日中どこでもサウンドを楽しめるアイテムです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのBluetoothノイズキャンセリングイヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:イヤホン・ヘッドホン本体ランキング
楽天市場:ヘッドホン・イヤホンランキング
Yahoo!ショッピング:ノイズキャンセリング イヤホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

その他のイヤホン記事はこちら 【関連記事】

目的別のイヤホン記事はこちら 【関連記事】

Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンで集中し没頭できる

Bluetoothワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンを使うなら、いつでもどこでもお気に入りのサウンドをよりよい音質で楽しめます。ノイズキャンセリング機能により、静寂をつくりだして集中しやすくなるのもうれしいですね。

ノイズキャンセリングのレベルを調整しやすいような工夫が施されたモデルが各メーカーから販売されているので、好みのアイテムをチョイスできます。外出時に着けていくものですから、ファッション性も大切にしましょう。

ぴったりのアイテムを選んで、仕事やプライベートに役立ててください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系。実は国際大会にも出場している隠れた実績の持ち主。全くの未経験からウェブ業界に興味をもち、働きながら社会人スクールに通いウェブディレクターとして転職。数年間活動して現在に至る。ゲーム・アニメ好きのインドア派。趣味はカフェ、雑貨・工芸屋巡り。最近は化石・鉱石にもはまっている2児のパパ。 

関連する記事


Bluetoothヘッドセットおすすめ10選|テレワークやゲームを快適に

Bluetoothヘッドセットおすすめ10選|テレワークやゲームを快適に

ハンズフリーでの通話から音楽、ゲームまで楽しめるBluetoothヘッドセット。また、テレワークや在宅勤務で重宝したり、スマホとも連動できて便利なアイテムですが、こまかいスペックや機能が多く、何を基準に選べばいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では、Bluetoothヘッドセットの選び方、テレワークやゲームなどに便利なおすすめ商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

マイク付きのBluetoothイヤホンおすすめ8選|テレビ会議やリモートワークでも活躍するワイヤレスイヤホン!

マイク付きのBluetoothイヤホンおすすめ8選|テレビ会議やリモートワークでも活躍するワイヤレスイヤホン!

テレワークやリモートワークの機会が増え、マイク付きイヤホンがあれば便利だと感じている方も多いのではないでしょうか。特にBluetooth対応のイヤホンだとパソコンを自由に置けたりケーブルの長さなどで困るようなこともないため、とても需要が高まってきています。しかし、いざ購入するとなると種類が多く、価格帯も幅広いので悩んでしまうもの。そこで、この記事では、マイク付きのBluetoothイヤホンの選び方やおすすめ商品をご紹介しています。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

ラディウスのHP-T200BTを検証レビュー|おしゃれさと高性能をあわせもつANC機能つきイヤホン!

ラディウスのHP-T200BTを検証レビュー|おしゃれさと高性能をあわせもつANC機能つきイヤホン!

この記事では、ラディウス株式会社から2021年8月に発売されたオーディオ『HP-T200BT』を実際に使って、機能性や口コミなどを検証しています。有線のイヤホンは、ふとした時に手や鞄のストラップに引っかかって不便ですよね。そんなときに便利なのがBluetoothを使って機器と接続するワイヤレスイヤホン。とても便利なのですが、たくさんのメーカーから発売されており価格もさまざまなのでどのイヤホンがよいのかわからないのではないでしょうか?今回検証をしているラディウス株式会社の完全ワイヤレスイヤホン『HP-T200BT』はデザイン性、機能性にくわえ価格も1万円台ととてもリーズナブル。実際に使ってみて筆者が気付いたことを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

ワイヤレスイヤホン『TRUEFREE+』は使いやすい?使い心地を検証レビュー

ワイヤレスイヤホン『TRUEFREE+』は使いやすい?使い心地を検証レビュー

平成22年の設立以来、ワイヤレスオーディオの分野でめきめき頭角を現してきたメーカーSOUNDPEATS(サウンドピーツ)。彼らが確立した新ジャンル「アーバンスポーツ向けワイヤレスイヤホン」の到達点の1つが、今回ご紹介する『TRUEFREE+』です。コスパと機能のバランスが見事な、巷で大人気のワイヤレスイヤホン。しかしいくら評価は高くともやはり実際に使ってみないと、真価を正確にはつかめません。音質の良し悪しはもちろん、ワイヤレス特有の音切れの有無やフィット感、操作性や充電しやすさなどなど。そこで今回は実際に『TRUEFREE+』購入し、気になる部分を1つ1つ検証してみました。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

【女性の耳でもすっぽりはまる】ワイヤレスイヤホンradius『HP-T60BT』レビュー

【女性の耳でもすっぽりはまる】ワイヤレスイヤホンradius『HP-T60BT』レビュー

「イヤホンが欲しいけど、耳に入らないものが多いし、ワイヤーがあって使いにくい……」そんなふうに悩んでいませんか?今回検証レビューしていくのは、女性らしい色や形が可愛いradius(ラディウス)の『HP-T60BT』。耳に付けたときの見え方や、付け心地、音質などを検証していくので、イヤホンをお探しの方は、ぜひ覗いてみてください!

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。