PR(アフィリエイト) article type icon アンケート・調査

【2024年】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ32選|高音質・防水・低遅延モデルも

【2024年】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ32選|高音質・防水・低遅延モデルも
【2024年】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ32選|高音質・防水・低遅延モデルも

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年06月18日に公開された記事です。

「話題になっているイヤホンは多いけど、どんな違いがあるの?」
「1万円以下で買える安いイヤホンが欲しい!」
「高音質でコスパ最強のものはどれ?」


現在、当たり前の存在になっている完全ワイヤレスイヤホン。ケーブルのわずらわしさがなく、ノンストレスで音楽を聴くことができます。

本記事では、高音質・防水・低遅延モデルなど完全ワイヤレスイヤホン(TWS)の特徴や選び方、おすすめ商品を紹介します。3000円・5000円・1万円以下で買える安いモデルや、高性能・高音質なモデル、iPhone・androidにぴったりなモデルなどをピックアップ。便利なノイズキャンセリング機能や通話重視の機能を搭載した製品も!

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

完全ワイヤレスイヤホンとは? 有線イヤホンには無い快適さ!

完全ワイヤレスイヤホンとは、左右のイヤホンがコードなどでつながっておらず、それぞれが独立しているイヤホンのこと。

主要メーカーでは完全ワイヤレスが主流となっており、コードがないので通勤・通学、スポーツなど、さまざまな場面で使用しやすいです。

一方で、紛失しやすいというデメリットもあります。耳にはめ込んでいる状態のため、少しの衝撃で耳から外れたり、落として壊れてしまったりする場合もあるので注意しましょう。

ユーザーの製品は、1万~3万円未満が最多!

完全ワイヤレスイヤホンの購入価格(アンケート結果)
完全ワイヤレスイヤホンの購入価格(アンケート結果)

では実際のユーザーはいくらくらいの完全ワイヤレスイヤホンを使っているのでしょうか?

イヤホンについてのアンケート調査をマイナビニュース・ウーマン会員312名に実施。完全ワイヤレスイヤホンを持っていると回答した102名のうち、約30.4%(31名)が1万~3万円未満で最多でした。ソニーやアップル、ボーズなど人気メーカーの商品が多い価格帯です。

以降は、3,000~5,000円未満、5,000~1万円未満、1,000~3,000円未満と続きます。

※アンケート情報の詳細は記事末尾に記載しております。

使い方は?

イヤホンとスマホなどのプレイヤーをBluetoothでペアリングすればOK。しかもペアリング作業は初回だけです。次回以降は、イヤホンをケースから出したら自動的に接続する製品が多いので、ラクに利用できます。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

それでは、完全ワイヤレスイヤホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記のとおり。

【1】イヤホンの形状
【2】音質
【3】接続の安定性
【4】バッテリー性能
【5】そのほかの便利機能

上記のポイントを押さえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】装着感に関わるイヤホンの形状で選ぶ

ワイヤレスイヤホンの装着タイプ

出典:マイナビおすすめナビ

ワイヤレスイヤホンの装着タイプ

出典:マイナビおすすめナビ

完全ワイヤレスイヤホンは、なによりもイヤホン本体自身の装着感が重要です。3タイプをチェックしてみましょう。

装着感のよさを求めるなら、カナル型がおすすめ。音漏れしにくく、重低音を堪能できるのも魅力です。長時間着用するなら、軽い着け心地のインナーイヤーがぴったりですが、音漏れしやすいデメリットも。

また耳掛け型はイヤーフックが付いており外れにくさはダントツ。耳穴をふさがない骨伝導タイプもあるので、街中でも安全にランニングできます。

【2】音質をチェック

イヤホンの音質を左右するのは、「コーデック」と「ドライバー」です。それぞれの役割と特徴をチェックしていきましょう。

「コーデック」を確認

コーデックの説明

出典:マイナビおすすめナビ

コーデックの説明

出典:マイナビおすすめナビ

ワイヤレスイヤホンはオーディオ機器とBluetooth通信で接続します。その際に、音楽のデータを圧縮変換しており、この仕組みを「コーデック」や「音声圧縮変換方式」と呼びます。

「SBC」:標準的なタイプ
「AAC」:アップル製品に対応
「aptX」:主にAndroidに対応
「aptX LL」:遅延が最も少ないタイプ。ゲームや動画視聴にぴったり
「aptX HD」:高音質なタイプ
「LDAC」:ハイレゾ音源に対応

「ドライバーユニット」を確認

ドライバーユニットの仕組み

出典:マイナビおすすめナビ

ドライバーユニットの仕組み

出典:マイナビおすすめナビ

イヤホンを鳴らす機構をドライバーユニットと呼び、種類によって音質が異なってきます。主に「ダイナミック型(D型)」と「バランスド・アーマチュア型(BA型)」という2種類があります。

【ダイナミック型】
・幅広いモデルに搭載された一般的なドライバー
・迫力のある重低音を感じたい人向け

【バランスド・アーマチュア型】
・繊細な音を鳴らせる高価なドライバー
・中高音をクリアに聴きたい人向け

また、両者を掛け合わせた「ハイブリッド型」もあります。迫力のある重低音からクリアな高音まで堪能できますが、商品価格が高価になりがち。

【3】接続の安定性で選ぶ

イヤホンのバージョンの解説

出典:マイナビおすすめナビ

イヤホンのバージョンの解説

出典:マイナビおすすめナビ

「混みあった電車内でイヤホンを使うと、プツプツと音が途切れてしまう」という経験はありませんか? この現象の理由は、周囲で使用されている電波に干渉してしまうため。

こういった音飛びを軽減するためには、Bluetooth規格が最新のものを選ぶといいでしょう。数値が高いほど高性能で、最新式は5.3です。

音が途中で途切れてしまうことを失くしたいなら、Bluetooth5.0以上のものを探してみてください。通信が安定するだけでなく、省エネ性も高くなりますよ。

【4】バッテリー性能をチェック

 

ポイントは、完全ワイヤレスイヤホン単体での連続再生時間と、充電ケースを併用した際の最大再生時間です。イヤホン単体で5時間、充電ケース併用で20時間を目安にしましょう。ロングバッテリーを謳うアイテムであれば、最長30時間以上使えることも!

また、数分充電するだけで数時間の再生ができる急速充電、置くだけで充電できるワイヤレス充電に対応しているタイプもあります。

【5】そのほかの便利機能をチェック

上記で紹介した選ぶポイント以外にも、大切な機能はいくつかあります。ここでは、あるとより嬉しい機能についてご紹介いたします。ぜひ参考にしてくださいね。

ノイズキャンセリング:周囲の音を低減

ノイズキャンセリングの仕組み

出典:マイナビおすすめナビ

ノイズキャンセリングの仕組み

出典:マイナビおすすめナビ

ノイズキャンセリング機能とは、周囲の騒音を認識し、ノイズを低減してくれる機能のこと。イヤホンから聴こえてくる音のみに集中でき、ストレスなく音楽を楽しめます。

外音取り込み機能:音楽を聴きながら環境音も聞ける

外音取り込み機能の説明

出典:マイナビおすすめナビ

外音取り込み機能の説明

出典:マイナビおすすめナビ

周囲の音を取り込んで聞けるようにする外音取り込み機能があれば、買い物でのレジ時や電車でのアナウンスなど、必要なタイミングで音を聞くことができます。また、ランニング中は、周囲の音がある程度聞こえる方が安全です。

防塵・防水機能:突然の雨やスポーツシーンに重宝

防水・防塵等級の見方

出典:マイナビおすすめナビ

防水・防塵等級の見方

出典:マイナビおすすめナビ

防塵・防水機能はIP規格に則っているものが多く、IP56といったような形式で表記されます。この場合は、防塵性能が5、防水性能が6で、数字が大きいほど性能が高くなります。防水性を求めるなら、突然の雨にも対応できる生活防水レベルのIPX4以上のアイテムを選びましょう。お風呂で使用するなら、完全防水レベルのIPX7以上がおすすめ。IPX7であれば水深15~100cmで、30分間沈んでいても壊れない機能になります。

ハンズフリー通話:スマホを持たずに通話できる

 

ハンズフリー通話対応なら、ウェブ会議でもスマホを触らずにスムーズに通話ができます。周囲の騒音が気になる場所で通話する場合は、相手にこちらの騒音が聞こえにくくする「cVcノイズキャンセル機能」搭載のモデルもおすすめです。通話重視の人は要チェック!

マルチポイント機能:複数機器につなげて使える

マルチポイントの図表

出典:マイナビおすすめナビ

マルチポイントの図表

出典:マイナビおすすめナビ

マルチポイントとは、スマホやタブレット、PCなど、Bluetoothに対応している機器を2台同時に接続できる機能のこと。PCで音楽を楽しみながら、スマホに電話がかかってきたら、そのまま対応することができます。

また、複数の端末情報を登録できる「マルチペアリング機能」という別の機能もあります。こちらは同時接続ができないので注意しましょう。

着脱検知、イヤホンを探す機能:日常の使い勝手を格上げ

 

イヤホンを耳から外すと音が停止し、着けると再生する機能があるとペアリングの必要がないのでラクに使えます。

また、ワイヤレスイヤホンはついついどこかに置き忘れてしまいがち。スマホからイヤホンを探せる機能を搭載したものなら、失くしてしまっても安心です。

完全ワイヤレスイヤホンの人気メーカー・ブランド

ここでは、完全ワイヤレスイヤホンの代表的なメーカーやブランドの特徴をご紹介します。ユーザーに購入したメーカー・ブランドの調査もしており、結果は下記のグラフのとおり。

完全ワイヤレスイヤホンの購入ブランド(アンケート結果)
完全ワイヤレスイヤホンの購入ブランド(アンケート結果)

その他には、Final(ファイナル)、JBL(ジェイビーエル)、JVC(ジェイブイシー)、SHURE(シュア)、YAMAHA(ヤマハ)、SOUNDPEATS(サウンドピーツ)、SOUL(ソウル)などを使っている人がいました。

下記では、人気上位のメーカー・ブランドの特徴などを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

※アンケート情報の詳細は記事末尾に記載しております。

SONY(ソニー)|ライフスタイルに合わせて選べるラインナップ

 

大手電機メーカーとして日本を代表するソニー。エントリーモデルからハイエンド製品まで、幅広いラインナップが魅力です。

音質がいいだけでなく、通勤・通学に向いているノイズキャンセリング機能を搭載したモデル、ワークアウトに向いている防水性の高いモデルなど、ライフスタイルに合ったイヤホンを選ぶことができます。

Apple(アップル)|iPhone・Macbook・iPadユーザーに

 

アップルはアメリカ合衆国のカルフォルニアに本社を置く、PCやスマホ、ソフトウェアなどの開発・販売を行っている企業。

大きな特徴として、シンプルな見た目と高い機能性を持っていること。さらに、アップル純正の強みを活かし、iPhoneやMacbook、iPadと簡単に接続できるため、アップルユーザーにとってはかなり利便性のある製品です。

Bose(ボーズ)|迫力ある低音を楽しめる

 

1964年の設立からスピーカーやヘッドフォン、イヤホンなどの開発・販売に力を入れ続けているボーズ。

ボーズのイヤホンは、音漏れが少なく、耳にフィットするように設計されているため低音も量感と迫力を失うことなく鼓膜まで届けられる構造になっています。また、操作性がシンプルで簡単に使えるのも強みです。

Panasonic(パナソニック):テクニクスの卓越した音響技術に注目

 

パナソニックは、エアコンや洗濯機、冷蔵庫などの白物家電から、キッチン家電、AV機器、美容家電まで、幅広い製品を取り揃えている日本を代表するメーカーです。

完全ワイヤレスイヤホンでは、パナソニックの高級音響機器ブランドであるテクニクスの製品が人気。高音質なハイレゾや、周囲の音を抑えるノイズキャンセリング機能を搭載したモデルをラインナップしています。

Anker(アンカー):高機能ながらリーズナブル

 

世界100カ国以上に小型家電機器を展開するアンカー。モバイルバッテリーやスマートホーム機器に強みをもち、オーディオブランドとしては「Soundcore(サウンドコア)」を立ち上げています。

サウンドコアのワイヤレスイヤホンは、ノイズキャンセリングや外部音取り込みモード、防水・防塵など、さまざまな機能性を備えていながら安価に入手できるのが魅力。専用のアプリと連携して、音質を変更することも可能です。

Beats by Dr. Dre (ビーツ バイ・ドクター・ドレ)|デザイン性が高い

 

Beats(ビーツ)の創業は2006年。比較的新しい音響機器メーカーですが、海外セレブが使っていることで人気が拡大。

2014年にアップルに買収されたこともあり、以降に発売されたモデルは、iPhoneやiPadなどとの親和性が高くなっています。デザイン性が高いのもBeatsブランドの魅力。特徴的な「b」のロゴマークは、ひと目でBeats製品とわかります。

audio-technica(オーディオテクニカ)|安価・高価なモデルを多数展開

 

オーディオテクニカは、1962年4月17日に設立された日本の音響機器メーカーです。

重低音に特化したものや、リーズナブルなのに高品質なタイプ、Bluetooth対応のワイヤレスタイプとエントリークラスからハイエンドモデル、有線タイプから完全ワイヤレスタイプまで、とにかく豊富な種類があります。

完全ワイヤレスイヤホンおすすめ32選

それでは完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ商品を紹介していきます。

SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 【2023年モデル】

SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ノイキャン搭載のおしゃれイヤホン

高性能なノイズキャンセリングを搭載したイヤホン。DSEEに対応しているので、圧縮率の高いMP3などの音源でもCDの音質相当に高められます。連続再生時間はケース充電を併用して最大15時間。

また、おしゃれなラベンダーやセージグリーンなどのカラーがあり、アクセサリー効果が高くファッション感覚で着用できます。

連続再生時間 最大7.5時間(NCオン)、最大10時間(NCオフ)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大7.5時間(NCオン)、最大10時間(NCオフ)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』

SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』
出典:Amazon この商品を見るview item

自然な外の音を取り込める

最近では外音取り込み機能が搭載されたイヤホンも増えていますが、こちらのモデルは中心部に穴が空いているので直接自然な外音を取り込むことができます。

イヤホンを使用しながらしっかりと外の音を聴きたいという人におすすめのモデル。人気のソニー製だけあってサウンドのクオリティは非常に高く、音楽や映画などを大迫力で楽しめます。

連続再生時間 5.5時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Bluetooth5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話 -
全てを見る全てを見る

連続再生時間 5.5時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Bluetooth5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話 -
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『WF-1000XM4』

SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』
出典:Amazon この商品を見るview item

業界最高クラスのノイズキャンセル性能を実現

大幅にノイズキャンセル性能を向上することで、業界最高クラスの静寂を生み出せます。さらに、完全ワイヤレスイヤホンで世界初のLDAC対応を実現。

エルゴノミック・サーフェース・デザインの採用で、従来より接触面を増やして装着安定性も高めています。

連続再生時間 最大8時間(NCオン)、最大12時間(NCオフ)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
Bluetooth Bluetooth Ver.5.2
形状 -
ハンズフリー通話 -
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大8時間(NCオン)、最大12時間(NCオフ)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
Bluetooth Bluetooth Ver.5.2
形状 -
ハンズフリー通話 -
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM5』 【2023年モデル】

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM5』
出典:Amazon この商品を見るview item

業界最高クラスのノイズキャンセル性能を実現

『WF-1000XM4』の後継機として音質と快適性を両立した注目の製品。『WF-1000XM5』は、高度なノイズキャンセリング機能を備えており、外部の騒音を効果的に遮断します。前のモデル『WF-1000XM4』よりもノイズを20%も減らすことに成功。クリアな音楽体験が可能です。

また、前モデル(7.3g×2)よりも軽量化(5.9g×2)と小型化が進められているため、長時間の使用でも疲れにくい設計に。快適性がさらに増しています。

連続再生時間 最大8時間(NCオン)、最大12時間(NCオフ)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
Bluetooth Bluetooth Ver.5.2
形状 -
ハンズフリー通話 -
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大8時間(NCオン)、最大12時間(NCオフ)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
Bluetooth Bluetooth Ver.5.2
形状 -
ハンズフリー通話 -
全てを見る全てを見る

Audio Technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 【2023年モデル】

AudioTechnica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 AudioTechnica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 AudioTechnica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 AudioTechnica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 AudioTechnica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 AudioTechnica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 AudioTechnica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 AudioTechnica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 AudioTechnica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 AudioTechnica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 AudioTechnica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 AudioTechnica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』
出典:Amazon この商品を見るview item

最適な音を選べる点がポイント

こちらのイヤホンは、音質を細かく調整できる「ボリュームステップ」機能が特長です。アプリを使用して操作することで、最大64段階で音量をコントロールできます。さらに、音の変化を楽しめるイコライザー機能も充実しています。4つのプリセット設定のほか、自分好みの音をカスタマイズすることもできます。

また、ノイズキャンセリング機能は本体をタッチすることで”ノイズキャンセリング→OFF→ヒアスルー”から選択できます。さまざまな調整が自分で設定できるイヤホンなので、現在の音に物足りなさを感じている方は、ぜひ購入を検討してみてください。

連続再生時間 約8時間(NCオン)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック LDAC、AAC、SBC
Bluetooth Bluetooth Ver.5.1
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 約8時間(NCオン)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック LDAC、AAC、SBC
Bluetooth Bluetooth Ver.5.1
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 【2023年モデル】

audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』
出典:Amazon この商品を見るview item

VGP2023 SUMMERで金賞受賞

国内最大級のオーディオビジュアルアワード、VGP2023 SUMMERで金賞を受賞した完全ワイヤレスイヤホン。充電ケースと併用することで約20時間も連続再生できます。

かわいいカラーバリエーション展開かつ、デザインもおしゃれですよ。人間工学に基づいた筐体設計で着け心地もよし!

連続再生時間 最大約6.5時間
防水・防滴 IPX5
対応コーデック SBC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大約6.5時間
防水・防滴 IPX5
対応コーデック SBC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』

audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトな筐体に機能を凝縮!

VGP2023で金賞を受賞したイヤホンです。一番の特徴といえば、キレのある重低音とバランスのとれた中高域音が混ざり合うことで生まれる迫力のあるサウンド。

外音取り込み機能や、マルチポイント、IP55の防塵・防水性も兼ね備えています。専用アプリ「Connect」を使えば、イヤホンをワンタップするだけで好みのイコライザーに変えることも! イヤホン本体もケースもコンパクトなので、装着しやすくポケットも膨らまないですね。

連続再生時間 最大約7.5時間
防水・防滴 IP55
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.1
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大約7.5時間
防水・防滴 IP55
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.1
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

Anker(アンカー)『Soundcore Liberty 4』

Anker(アンカー)『SoundcoreLiberty4』 Anker(アンカー)『SoundcoreLiberty4』 Anker(アンカー)『SoundcoreLiberty4』 Anker(アンカー)『SoundcoreLiberty4』 Anker(アンカー)『SoundcoreLiberty4』 Anker(アンカー)『SoundcoreLiberty4』
出典:Amazon この商品を見るview item

アンカーのフラッグシップモデル!

ノイズキャンセリング、外部音取り込み機能、IPX4の防水性などを搭載した多機能イヤホン。音質のいいコーデックLDACでハイレゾ音源に対応しており、細かなサウンドを鮮明に表現しています。

ジャイロセンサーが頭の動きを検知することで、常にライブ会場や映画館にいるような立体的なサウンドを楽しめます。

連続再生時間 最大9時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
Bluetooth Ver.5.3
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大9時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
Bluetooth Ver.5.3
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

ANKER(アンカー)『Soundcore Life A3i』

ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』 ANKER(アンカー)『SoundcoreLifeA3i』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトなサイズ感で耳にしっかりフィット

コンパクトかつ軽量なので、耳にしっかりフィットするワイヤレスイヤホン。サイズの異なる3種類のイヤーチップを付け替えて、さらにフィット感をアップさせることができます。

イヤホン本体だけで最大9時間の長時間再生が可能。また、10分の充電で2時間分の音楽再生ができるので、充電を忘れがちな人にも使いやすいモデルでしょう。

連続再生時間 最大9時間(NC・外部音取り込みモードオフ)、最大6時間(NCオン、外部音取り込みモードオン)
防水・防滴 IPX5
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大9時間(NC・外部音取り込みモードオフ)、最大6時間(NCオン、外部音取り込みモードオン)
防水・防滴 IPX5
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

Apple(アップル)『AirPods Pro 第2世代(MQD83J/A)』

Apple(アップル)『AirPodsPro第2世代(MQD83J/A)』 Apple(アップル)『AirPodsPro第2世代(MQD83J/A)』 Apple(アップル)『AirPodsPro第2世代(MQD83J/A)』 Apple(アップル)『AirPodsPro第2世代(MQD83J/A)』 Apple(アップル)『AirPodsPro第2世代(MQD83J/A)』 Apple(アップル)『AirPodsPro第2世代(MQD83J/A)』
出典:Amazon この商品を見るview item

iPhoneと相性バツグン

アップルが誇る完全ワイヤレスイヤホンで、ノイズキャンセリングにこだわっています。外部の音だけでなく、耳内部のノイズも取り除くので音楽に集中できるはずです!

充電もワイヤレスで行えて、わずか5分の充電で1時間分の再生時間を確保します。

連続再生時間 24時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック -
Bluetooth 5.0
形状 インナーイヤー型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 24時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック -
Bluetooth 5.0
形状 インナーイヤー型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

Beats by Dr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『Beats Fit Pro』

BeatsbyDr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『BeatsFitPro』 BeatsbyDr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『BeatsFitPro』 BeatsbyDr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『BeatsFitPro』 BeatsbyDr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『BeatsFitPro』 BeatsbyDr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『BeatsFitPro』 BeatsbyDr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『BeatsFitPro』 BeatsbyDr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『BeatsFitPro』 BeatsbyDr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『BeatsFitPro』 BeatsbyDr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『BeatsFitPro』 BeatsbyDr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『BeatsFitPro』 BeatsbyDr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『BeatsFitPro』
出典:Amazon この商品を見るview item

Appleユーザー必見!

Apple製品と相性のいいH1チップを搭載。iPhoneやiPadなどとワンタッチでペアリングができ、「Hey Siri」といえば音声アシスタントを呼び出すことも!

耳の形に合わせてはめ込める独特な形状をしており、アクティブシーンにも外れにくいですよ。アクティブノイズキャンセリングや空間オーディオ、外音取り込み機能、操作しやすいデバイスコントロールなどで快適に音楽を楽しめます!

連続再生時間 最大7時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック -
Bluetooth -
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大7時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック -
Bluetooth -
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

final(ファイナル)『ZE8000(FI-ZE8DPLTW)』

final(ファイナル)『ZE8000(FI-ZE8DPLTW)』 final(ファイナル)『ZE8000(FI-ZE8DPLTW)』 final(ファイナル)『ZE8000(FI-ZE8DPLTW)』 final(ファイナル)『ZE8000(FI-ZE8DPLTW)』 final(ファイナル)『ZE8000(FI-ZE8DPLTW)』
出典:Amazon この商品を見るview item

音質第一ならコレ!

一番の自慢は、音の情報量を高めた8Kサウンドで新しい音響体験が可能になっていることです。とにかく音質重視なら一度試してほしい商品。

ノイズキャンセリング機能も自慢で、圧迫感のない独自仕様で街でも屋内でも快適に使えます。VGP2023特別賞イヤホン大賞・金賞ダブル受賞。

連続再生時間 最大5時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大5時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

final(ファイナル)『ZE3000(FI-ZE3DPLTW)』

final(ファイナル)『ZE3000(FI-ZE3DPLTW)』 final(ファイナル)『ZE3000(FI-ZE3DPLTW)』 final(ファイナル)『ZE3000(FI-ZE3DPLTW)』 final(ファイナル)『ZE3000(FI-ZE3DPLTW)』 final(ファイナル)『ZE3000(FI-ZE3DPLTW)』 final(ファイナル)『ZE3000(FI-ZE3DPLTW)』 final(ファイナル)『ZE3000(FI-ZE3DPLTW)』
出典:Amazon この商品を見るview item

VGP2022で金賞受賞の実力のあるイヤホン

1974年に創業した日本のオーディオブランドで、自社工場で製品開発・製造を行っています。こちらは日本最大級のオーディオビジュアルアワード、VGP2022で金賞を受賞した実績のある製品

歪みの少ない新設計のドライバーユニットを採用し、高音質&低遅延のコーデックaptX Adaptiveに対応するのでハイレゾ級の音質を楽しめます。IPX4の防水性や、充電ケースを併用で最大35時間も使えるバッテリー性能、デザイン性あるルックスなどにも注目です!

連続再生時間 最大7時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大7時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

Panasonic(パナソニック)『Technics(EAH-AZ60M2)』 【2023年モデル】

Panasonic(パナソニック)『Technics(EAH-AZ60M2)』 Panasonic(パナソニック)『Technics(EAH-AZ60M2)』 Panasonic(パナソニック)『Technics(EAH-AZ60M2)』 Panasonic(パナソニック)『Technics(EAH-AZ60M2)』 Panasonic(パナソニック)『Technics(EAH-AZ60M2)』 Panasonic(パナソニック)『Technics(EAH-AZ60M2)』 Panasonic(パナソニック)『Technics(EAH-AZ60M2)』 Panasonic(パナソニック)『Technics(EAH-AZ60M2)』 Panasonic(パナソニック)『Technics(EAH-AZ60M2)』
出典:Amazon この商品を見るview item

正真正銘、クリアなサウンド!

パナソニックが誇る音響ブランド、テクニクスの技術を注入したハイエンドモデル。音質の劣化を抑えつつ、卓越したノイズキャンセリング機能により高次元のハイレゾサウンドを堪能できます。

外音取り込み機能や、業界初となる3台のマルチポイント接続にも対応。

連続再生時間 約7時間(NCオン)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
Bluetooth Ver.5.3
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 約7時間(NCオン)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
Bluetooth Ver.5.3
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

JBL(ジェービーエル)『TOUR PRO 2(JBLTOURPRO2YURJN)』 【2023年モデル】

JBL(ジェービーエル)『TOURPRO2(JBLTOURPRO2YURJN)』 JBL(ジェービーエル)『TOURPRO2(JBLTOURPRO2YURJN)』 JBL(ジェービーエル)『TOURPRO2(JBLTOURPRO2YURJN)』 JBL(ジェービーエル)『TOURPRO2(JBLTOURPRO2YURJN)』 JBL(ジェービーエル)『TOURPRO2(JBLTOURPRO2YURJN)』 JBL(ジェービーエル)『TOURPRO2(JBLTOURPRO2YURJN)』 JBL(ジェービーエル)『TOURPRO2(JBLTOURPRO2YURJN)』 JBL(ジェービーエル)『TOURPRO2(JBLTOURPRO2YURJN)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ノイズキャンセリングが優秀なモデル

上質なカラーリングがポイントのこちらのイヤホン。外耳道にフィットしやすいオーバル型のイヤーピースが特長で、人によって異なる耳の形にフィットしやすい工夫がされています。

さらに、ノイズキャンセリング機能は優れており、自動選択だけでなく、7段階から手動で補正量を選ぶことができます。騒音が気になる方にはうれしい仕様です。また、外音取り込み機能も優秀で、電車やバスなどで移動中にも、問題なく使用できます。

連続再生時間 約8時間(NCオン)
防水・防滴 IPX5
対応コーデック -
Bluetooth Bluetooth Ver.5.3
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 約8時間(NCオン)
防水・防滴 IPX5
対応コーデック -
Bluetooth Bluetooth Ver.5.3
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

JBL(ジェービーエル)『完全ワイヤレスイヤホン(LIVE FREE 2)』

JBL(ジェービーエル)『完全ワイヤレスイヤホン(LIVEFREE2)』 JBL(ジェービーエル)『完全ワイヤレスイヤホン(LIVEFREE2)』 JBL(ジェービーエル)『完全ワイヤレスイヤホン(LIVEFREE2)』 JBL(ジェービーエル)『完全ワイヤレスイヤホン(LIVEFREE2)』 JBL(ジェービーエル)『完全ワイヤレスイヤホン(LIVEFREE2)』 JBL(ジェービーエル)『完全ワイヤレスイヤホン(LIVEFREE2)』 JBL(ジェービーエル)『完全ワイヤレスイヤホン(LIVEFREE2)』 JBL(ジェービーエル)『完全ワイヤレスイヤホン(LIVEFREE2)』 JBL(ジェービーエル)『完全ワイヤレスイヤホン(LIVEFREE2)』
出典:Amazon この商品を見るview item

必要十分な機能を持つアメリカンイヤホン

「いま必要とされるすべての機能を凝縮」をコンセプトに開発されたJBLのイヤホンです。コンセプト通り、11mmのダイナミックドライバーで豊かな低音を表現するほか、ノイズキャンセリング機能を搭載。

最大再生可能時間も充電ケース併用で35時間と十分です。マルチポイントやIPX5の防水性にも対応しています。

連続再生時間 約7時間(NCオフ)、約6時間(NCオン)
防水・防滴 IPX5
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 約7時間(NCオフ)、約6時間(NCオン)
防水・防滴 IPX5
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUM True Wireless 4』 【2024年モデル】

SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless4』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless4』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless4』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless4』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless4』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless4』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless4』
出典:Amazon この商品を見るview item

音質に定評のあるシリーズ製品の2024年モデル

こちらはゼンハイザーのワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless」シリーズの2024年モデルです。従来のダイナミックドライバーをさらにアップデートし、歪みの少ないインパクトのあるサウンドを実現。こちらのイヤホンはコーデック「aptX adaptive」「aptX Lossless」に対応しているほか、次世代音声規格LEオーディオ「LC3」にも発売後のアップデートで対応する予定だ。ノイズキャンセリング機能と、外部音の取り込み機能は前世代機よりもさらに性能が向上しており、より自然な装用感を実現している。

連続再生時間 30時間
防水・防滴 IP54
対応コーデック aptX adaptive、aptX Lossless、LC3(※発売後のファームウェアアップデートにて後日対応予定)
Bluetooth
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 30時間
防水・防滴 IP54
対応コーデック aptX adaptive、aptX Lossless、LC3(※発売後のファームウェアアップデートにて後日対応予定)
Bluetooth
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUM True Wireless 3(M3IETW)』

SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless3(M3IETW)』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless3(M3IETW)』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless3(M3IETW)』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless3(M3IETW)』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless3(M3IETW)』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUMTrueWireless3(M3IETW)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ノイキャンで臨場感あふれるサウンドを!

ハイレゾ相当のコーデックで、繊細な音の響きを堪能できる本格派。上位機種にも使われるTrue Responseトランスデューサーを搭載しています。

また周囲の騒音の大きさに合わせて自動的に調整するアダプティブノイズキャンセリングとハイブリッド型ノイズキャンセリングで遮音性が高いのも特徴。2022 Red Dotデザイン賞を受賞したシンプルでミニマルなデザインに仕上がっています。

連続再生時間 約4時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX LL
Bluetooth Ver.5.0
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 約4時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX LL
Bluetooth Ver.5.0
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

Bose(ボーズ)『Ultra Open Earbuds』 【2024年モデル】

Bose(ボーズ)『UltraOpenEarbuds』 Bose(ボーズ)『UltraOpenEarbuds』 Bose(ボーズ)『UltraOpenEarbuds』 Bose(ボーズ)『UltraOpenEarbuds』 Bose(ボーズ)『UltraOpenEarbuds』 Bose(ボーズ)『UltraOpenEarbuds』 Bose(ボーズ)『UltraOpenEarbuds』
出典:Amazon この商品を見るview item

立体音響モードを搭載したオープンイヤー型イヤホン

BOSEのオープンイヤー型ワイヤレスイヤホンの2024年モデル。空間の広がりを感じられる音響モードを搭載しているので、いつ、どこにいても音に包まれているような感覚を味わえます。装着するとイヤーカフのようにも見える、ユニークでおしゃれなデザインも魅力ポイントのひとつ。マイクを内蔵しており、イヤホンのボタンで操作が可能なので、音楽だけでなく通話にも活用できます。生活防水レベルのIPX4に対応しているため、多少の雨や汗には耐性があります。

連続再生時間 最大19.5時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック -
Bluetooth
形状 オープンイヤー
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大19.5時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック -
Bluetooth
形状 オープンイヤー
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

Xiaomi(シャオミ)『Redmi Buds 5 Pro』 【2024年モデル】

Xiaomi(シャオミ)『RedmiBuds5Pro』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiBuds5Pro』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiBuds5Pro』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiBuds5Pro』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiBuds5Pro』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiBuds5Pro』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiBuds5Pro』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiBuds5Pro』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiBuds5Pro』
出典:Amazon この商品を見るview item

ハイレゾ、ノイキャン対応で最強コスパ!

LDACのコーデックに対応し、96kHz/24bit以上の解像度を誇るハイレゾ対応のイヤホンです。ノイズキャンセリング性能は、約52dBまでのノイズを抑え遮断できます。

イヤホンを耳から外すと再生が自動停止する検出機能や、IP54の防塵防水性、人間工学に基づいたデザインを採用することで、いつでもどこでも快適に使える製品に仕上がっています。

連続再生時間 最大10時間
防水・防滴 IP54
対応コーデック SBC、AAC、LDAC、LC3
Bluetooth Ver.5.3
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大10時間
防水・防滴 IP54
対応コーデック SBC、AAC、LDAC、LC3
Bluetooth Ver.5.3
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

MTI(エムティアイ)『NUARL NEXT1』

MTI(エムティアイ)『NUARLNEXT1』 MTI(エムティアイ)『NUARLNEXT1』 MTI(エムティアイ)『NUARLNEXT1』 MTI(エムティアイ)『NUARLNEXT1』 MTI(エムティアイ)『NUARLNEXT1』 MTI(エムティアイ)『NUARLNEXT1』 MTI(エムティアイ)『NUARLNEXT1』
出典:Amazon この商品を見るview item

ハイレゾ音源を好みのテイストに!

専用アプリを用いることで100億通り以上の音色から好みのサウンドに。ドライバーの口径は10mmと大きめかつ、LDAC対応で質のいいハイレゾ音源を楽しめます。

マイクにもノイズキャンセリングを搭載しているので、クリアな音声を相手に届けられるのも魅力のひとつ。

連続再生時間 最大約7.5時間(NCオフ)、最大約6時間(NCオン)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
Bluetooth Ver.5.3
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大約7.5時間(NCオフ)、最大約6時間(NCオン)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
Bluetooth Ver.5.3
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』

音の専門家が監修した自信作

国内最高峰の設備と技術を誇るビクタースタジオのエンジニアが監修したモデル。小型ながら繊細な音を表現する新ドライバーを搭載しています。楽曲のジャンルによって選べるイコライザーを6つ用意しており満足のいく音質を実現。

ノイズキャンセリングや、音の劣化を防ぐスパイラルドットイヤーピースを採用し、きれいな音に集中できます。

連続再生時間 最大7.5時間(NCオン)、最大9時間(NCオフ)
防水・防滴 IPX4相当
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大7.5時間(NCオン)、最大9時間(NCオフ)
防水・防滴 IPX4相当
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

BANG & OLUFSEN(バングアンドオルフセン)『Beoplay EX』

BANG&OLUFSEN(バングアンドオルフセン)『BeoplayEX』 BANG&OLUFSEN(バングアンドオルフセン)『BeoplayEX』 BANG&OLUFSEN(バングアンドオルフセン)『BeoplayEX』 BANG&OLUFSEN(バングアンドオルフセン)『BeoplayEX』 BANG&OLUFSEN(バングアンドオルフセン)『BeoplayEX』 BANG&OLUFSEN(バングアンドオルフセン)『BeoplayEX』
出典:Amazon この商品を見るview item

IP57の防塵・防水性を持つハイエンドモデル

ハイエンドモデルには珍しいIP57の防塵防水性を持つ完全ワイヤレスイヤホン。砂ぼこりが舞っても、少しの間浸水させても壊れる心配がないので、スポーツやキャンプなどを楽しむ人にはぴったりです。

音は低音から高音までバランスよく響き、ジャズやロック、ポップスなど幅広いジャンルの音楽に対応。デンマークブランドらしくデザイン性にもこだわっており、高級感ある見た目に。

連続再生時間 最大6時間(NCオン)、最大8時間(NCオフ)
防水・防滴 IP57
対応コーデック SBC、AAC、aptX Adaptive
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最大6時間(NCオン)、最大8時間(NCオフ)
防水・防滴 IP57
対応コーデック SBC、AAC、aptX Adaptive
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

SoundPEATS(サウンドピーツ)『CAPSULE3 PRO』

SoundPEATS(サウンドピーツ)『CAPSULE3PRO』 SoundPEATS(サウンドピーツ)『CAPSULE3PRO』 SoundPEATS(サウンドピーツ)『CAPSULE3PRO』 SoundPEATS(サウンドピーツ)『CAPSULE3PRO』 SoundPEATS(サウンドピーツ)『CAPSULE3PRO』 SoundPEATS(サウンドピーツ)『CAPSULE3PRO』 SoundPEATS(サウンドピーツ)『CAPSULE3PRO』 SoundPEATS(サウンドピーツ)『CAPSULE3PRO』
出典:Amazon この商品を見るview item

高性能にこだわった中華イヤホン

約52時間のロングバッテリーが自慢のハイレゾ対応イヤホン。再生帯域がほかの製品より広めに設定されているので、繊細なサウンドもしっかり聴き取れます。

6つのマイクを採用し約43dBの騒音を抑えるノイズキャンセリング機能で、きれいな音声で通話できるのも嬉しいポイント。

連続再生時間 約8時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 約8時間
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

NOTHING(ナッシング)『Ear(2)』 【2023年モデル】

NOTHING(ナッシング)『Ear(2)』 NOTHING(ナッシング)『Ear(2)』 NOTHING(ナッシング)『Ear(2)』 NOTHING(ナッシング)『Ear(2)』 NOTHING(ナッシング)『Ear(2)』 NOTHING(ナッシング)『Ear(2)』 NOTHING(ナッシング)『Ear(2)』 NOTHING(ナッシング)『Ear(2)』
出典:Amazon この商品を見るview item

パーソナライズされた音を堪能できる!

シーンに合わせて最適なノイズキャンセリングを選択できますが、「アダプティブモード」を利用すれば自動的に強弱を調整してくれます。それに「Nothing X」のアプリと連動させれば、どんなサウンドも好みのイコライザーレベルに自動調整し、最適な音楽を楽しめますよ。

11.6mmのドライバーを搭載し、迫力のある音から、透明感のある高音まで堪能できる音質のよさも魅力です。

連続再生時間 -
防水・防滴 イヤホン:IP54、充電ケース:IP55
対応コーデック SBC、AAC、LHDC
Bluetooth Ver.5.3
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 -
防水・防滴 イヤホン:IP54、充電ケース:IP55
対応コーデック SBC、AAC、LHDC
Bluetooth Ver.5.3
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

Noble Audio(ノーブルオーディオ)『FoKus Mystique(NOB-FOKUSMST-B)』 【2023年モデル】

NobleAudio(ノーブルオーディオ)『FoKusMystique(NOB-FOKUSMST-B)』 NobleAudio(ノーブルオーディオ)『FoKusMystique(NOB-FOKUSMST-B)』 NobleAudio(ノーブルオーディオ)『FoKusMystique(NOB-FOKUSMST-B)』 NobleAudio(ノーブルオーディオ)『FoKusMystique(NOB-FOKUSMST-B)』 NobleAudio(ノーブルオーディオ)『FoKusMystique(NOB-FOKUSMST-B)』
出典:Amazon この商品を見るview item

聴覚専門医による至極のイヤホン

中音から高音の表現能力が高いBAドライバーを2基、8.2mmのダイナミックドライバー1基を使ったハイブリッド型のドライバーで、低音から高音まで非常にきれいなサウンドを堪能できます。

アプリを使って聴力測定を行えば、個々人の可聴域を測定して最適なチューニングで質の高いサウンドを再生可能。

連続再生時間 -
防水・防滴 -
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 -
防水・防滴 -
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

YAMAHA(ヤマハ)『完全ワイヤレスイヤホン(TW-E3C)』

YAMAHA(ヤマハ)『完全ワイヤレスイヤホン(TW-E3C)』 YAMAHA(ヤマハ)『完全ワイヤレスイヤホン(TW-E3C)』 YAMAHA(ヤマハ)『完全ワイヤレスイヤホン(TW-E3C)』 YAMAHA(ヤマハ)『完全ワイヤレスイヤホン(TW-E3C)』
出典:Amazon この商品を見るview item

くすみカラーで洒落た雰囲気に

音量によって音域バランスを最適化する機能があり、耳に優しい仕様。楽器製作の一流メーカーだけにイヤホンへのこだわりも高く、楽器と声の音を正確に表現し演奏会場で聴いているようなリアルなサウンドを楽しめます。

雨や水しぶきをしのぐ防水機能(IPX5相当)や、外音取り込み機能、最大24時間のロングバッテリーも兼備。カラー展開は黒、白の定番色以外に、くすんだ青、赤、緑、ベージュもありおしゃれな雰囲気ですよ。

連続再生時間 約9時間
防水・防滴 IPX5
対応コーデック SBC、AAC、aptX Adaptive
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 約9時間
防水・防滴 IPX5
対応コーデック SBC、AAC、aptX Adaptive
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

Jabra(ジャブラ)『Elite 5』

Jabra(ジャブラ)『Elite5』 Jabra(ジャブラ)『Elite5』 Jabra(ジャブラ)『Elite5』 Jabra(ジャブラ)『Elite5』 Jabra(ジャブラ)『Elite5』 Jabra(ジャブラ)『Elite5』 Jabra(ジャブラ)『Elite5』 Jabra(ジャブラ)『Elite5』 Jabra(ジャブラ)『Elite5』
出典:Amazon この商品を見るview item

ミドルクラスの大定番!

環境音を効果的に低減する高機能なハイブリッドアクティブノイズキャンセリングを搭載。Bluetoothマルチポイント対応で、2台のデバイスに同時接続することも可能に。

イヤホン単体で7時間、ケースと併用で最長28時間も使い続けることができます。仕事もプライベートも使いやすいですね。AlexaやGoogleなどの音声アシスタントをハンズフリーで呼び出すことにも対応。

連続再生時間 最長9時間(NCオフ)、最長7時間(NCオン)
防水・防滴 IP55
対応コーデック SBC、AAC、aptX
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最長9時間(NCオフ)、最長7時間(NCオン)
防水・防滴 IP55
対応コーデック SBC、AAC、aptX
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

Jabra(ジャブラ)『Elite 85t』

Jabra(ジャブラ)『Elite85t』 Jabra(ジャブラ)『Elite85t』 Jabra(ジャブラ)『Elite85t』 Jabra(ジャブラ)『Elite85t』 Jabra(ジャブラ)『Elite85t』 Jabra(ジャブラ)『Elite85t』 Jabra(ジャブラ)『Elite85t』 Jabra(ジャブラ)『Elite85t』
出典:Amazon この商品を見るview item

マイクも高性能!アプリで調節できる便利機能も

ジャブラは世界的にも人気なデンマークのメーカーで幅広いグレードのイヤホンを製造・販売しています。 こちらは好みの聴こえ方に合わせて、11段階でノイズキャンセリングを調節できるのが魅力。

また、周りの音を取り込むヒアスルー機能や、ワイヤレス充電、2台のデバイスに同時接続するマルチポイントなど多機能性が特徴です。

連続再生時間 7時間(NCオフ時)、5.5時間(NCオン時)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.1
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 7時間(NCオフ時)、5.5時間(NCオン時)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.1
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

Google(グーグル)『Pixel Buds Pro(GA03201)』

Google(グーグル)『PixelBudsPro(GA03201)』 Google(グーグル)『PixelBudsPro(GA03201)』 Google(グーグル)『PixelBudsPro(GA03201)』 Google(グーグル)『PixelBudsPro(GA03201)』 Google(グーグル)『PixelBudsPro(GA03201)』
出典:Amazon この商品を見るview item

androidユーザー必見!

GooglePixelやandroidスマホとの相性がよく、ワンタッチでペアリングできたり、「OK Google」で音声アシスタントを起動できたりします。耳の形に合わせて効果的にノイズを抑える「Silent Seal」機能で臨場感あるサウンドを実現しているのも魅力です。

Qi規格のワイヤレス接続や、置き忘れを防ぐ「デバイスを探す」機能、最長31時間の長時間バッテリー、IPX4の防滴機能も普段使いしやすいポイントですね。

連続再生時間 最長11時間(NCオフ)、最長7時間(NCオン)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック -
Bluetooth Ver.5.0
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 最長11時間(NCオフ)、最長7時間(NCオン)
防水・防滴 IPX4
対応コーデック -
Bluetooth Ver.5.0
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

PHILIPS(フィリップス)『完全ワイヤレスヘッドホン(TAT4556)』

PHILIPS(フィリップス)『完全ワイヤレスヘッドホン(TAT4556)』 PHILIPS(フィリップス)『完全ワイヤレスヘッドホン(TAT4556)』
出典:Amazon この商品を見るview item

破格のイヤホン!

1万円以下で購入できるリーズナブルな価格でありながら、アクティブノイズキャンセリングを搭載した破格の完全ワイヤレスイヤホン。モノラルモードや、外音取り込み機能、IPX4の防滴仕様、充電ケースを併用することで最長29時間も再生できるのも魅力。

カラー展開はブラック、ホワイトのほかに、くすんだグリーンとパープルもラインナップ。男女ともにおすすめできるアイテムですよ。

連続再生時間 9時間(NCオフ)、6時間(OCオン)
防水・防滴 -
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 9時間(NCオフ)、6時間(OCオン)
防水・防滴 -
対応コーデック SBC、AAC
Bluetooth Ver.5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

AVIOT(アビオット)『TE-BD21j-ltd』

AVIOT(アビオット)『TE-BD21j-ltd』 AVIOT(アビオット)『TE-BD21j-ltd』 AVIOT(アビオット)『TE-BD21j-ltd』 AVIOT(アビオット)『TE-BD21j-ltd』 AVIOT(アビオット)『TE-BD21j-ltd』 AVIOT(アビオット)『TE-BD21j-ltd』 AVIOT(アビオット)『TE-BD21j-ltd』 AVIOT(アビオット)『TE-BD21j-ltd』 AVIOT(アビオット)『TE-BD21j-ltd』
出典:Amazon この商品を見るview item

ハイレゾ対応の高音質モデル

完全ワイヤレスイヤホンでありながら、ハイレゾ相当の高音質を楽しむことができるモデルです。

アビオットの最上位モデルだけあって、音質がいいのはもちろんのこと、ケースの材質など、細部までこだわって作られたハイクオリティなイヤホンです。複数のイヤーピースが付属しているので自分の耳に合わせて選べるのも嬉しいポイント。

連続再生時間 9時間
防水・防滴 -
対応コーデック AAC、SBC、QualcommR、QualcommR aptX?、Adaptive
Bluetooth Bluetooth5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

連続再生時間 9時間
防水・防滴 -
対応コーデック AAC、SBC、QualcommR、QualcommR aptX?、Adaptive
Bluetooth Bluetooth5.2
形状 カナル型
ハンズフリー通話
全てを見る全てを見る

「完全ワイヤレスイヤホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』
SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』
SONY(ソニー)『WF-1000XM4』
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM5』
Audio Technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』
audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』
Anker(アンカー)『Soundcore Liberty 4』
ANKER(アンカー)『Soundcore Life A3i』
Apple(アップル)『AirPods Pro 第2世代(MQD83J/A)』
Beats by Dr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『Beats Fit Pro』
final(ファイナル)『ZE8000(FI-ZE8DPLTW)』
final(ファイナル)『ZE3000(FI-ZE3DPLTW)』
Panasonic(パナソニック)『Technics(EAH-AZ60M2)』
JBL(ジェービーエル)『TOUR PRO 2(JBLTOURPRO2YURJN)』
JBL(ジェービーエル)『完全ワイヤレスイヤホン(LIVE FREE 2)』
SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUM True Wireless 4』
SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUM True Wireless 3(M3IETW)』
Bose(ボーズ)『Ultra Open Earbuds』
Xiaomi(シャオミ)『Redmi Buds 5 Pro』
MTI(エムティアイ)『NUARL NEXT1』
JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』
BANG & OLUFSEN(バングアンドオルフセン)『Beoplay EX』
SoundPEATS(サウンドピーツ)『CAPSULE3 PRO』
NOTHING(ナッシング)『Ear(2)』
Noble Audio(ノーブルオーディオ)『FoKus Mystique(NOB-FOKUSMST-B)』
YAMAHA(ヤマハ)『完全ワイヤレスイヤホン(TW-E3C)』
Jabra(ジャブラ)『Elite 5』
Jabra(ジャブラ)『Elite 85t』
Google(グーグル)『Pixel Buds Pro(GA03201)』
PHILIPS(フィリップス)『完全ワイヤレスヘッドホン(TAT4556)』
AVIOT(アビオット)『TE-BD21j-ltd』
商品名 SONY(ソニー)『完全ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『WF-1000XM4』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM5』 Audio Technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-TWX7)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-SQ1TW2』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ワイヤレスイヤホン(ATH-CKS30TW)』 Anker(アンカー)『Soundcore Liberty 4』 ANKER(アンカー)『Soundcore Life A3i』 Apple(アップル)『AirPods Pro 第2世代(MQD83J/A)』 Beats by Dr.Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)『Beats Fit Pro』 final(ファイナル)『ZE8000(FI-ZE8DPLTW)』 final(ファイナル)『ZE3000(FI-ZE3DPLTW)』 Panasonic(パナソニック)『Technics(EAH-AZ60M2)』 JBL(ジェービーエル)『TOUR PRO 2(JBLTOURPRO2YURJN)』 JBL(ジェービーエル)『完全ワイヤレスイヤホン(LIVE FREE 2)』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUM True Wireless 4』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『MOMENTUM True Wireless 3(M3IETW)』 Bose(ボーズ)『Ultra Open Earbuds』 Xiaomi(シャオミ)『Redmi Buds 5 Pro』 MTI(エムティアイ)『NUARL NEXT1』 JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』 BANG & OLUFSEN(バングアンドオルフセン)『Beoplay EX』 SoundPEATS(サウンドピーツ)『CAPSULE3 PRO』 NOTHING(ナッシング)『Ear(2)』 Noble Audio(ノーブルオーディオ)『FoKus Mystique(NOB-FOKUSMST-B)』 YAMAHA(ヤマハ)『完全ワイヤレスイヤホン(TW-E3C)』 Jabra(ジャブラ)『Elite 5』 Jabra(ジャブラ)『Elite 85t』 Google(グーグル)『Pixel Buds Pro(GA03201)』 PHILIPS(フィリップス)『完全ワイヤレスヘッドホン(TAT4556)』 AVIOT(アビオット)『TE-BD21j-ltd』
商品情報
特徴 ノイキャン搭載のおしゃれイヤホン 自然な外の音を取り込める 業界最高クラスのノイズキャンセル性能を実現 業界最高クラスのノイズキャンセル性能を実現 最適な音を選べる点がポイント VGP2023 SUMMERで金賞受賞 コンパクトな筐体に機能を凝縮! アンカーのフラッグシップモデル! コンパクトなサイズ感で耳にしっかりフィット iPhoneと相性バツグン Appleユーザー必見! 音質第一ならコレ! VGP2022で金賞受賞の実力のあるイヤホン 正真正銘、クリアなサウンド! ノイズキャンセリングが優秀なモデル 必要十分な機能を持つアメリカンイヤホン 音質に定評のあるシリーズ製品の2024年モデル ノイキャンで臨場感あふれるサウンドを! 立体音響モードを搭載したオープンイヤー型イヤホン ハイレゾ、ノイキャン対応で最強コスパ! ハイレゾ音源を好みのテイストに! 音の専門家が監修した自信作 IP57の防塵・防水性を持つハイエンドモデル 高性能にこだわった中華イヤホン パーソナライズされた音を堪能できる! 聴覚専門医による至極のイヤホン くすみカラーで洒落た雰囲気に ミドルクラスの大定番! マイクも高性能!アプリで調節できる便利機能も androidユーザー必見! 破格のイヤホン! ハイレゾ対応の高音質モデル
連続再生時間 最大7.5時間(NCオン)、最大10時間(NCオフ) 5.5時間 最大8時間(NCオン)、最大12時間(NCオフ) 最大8時間(NCオン)、最大12時間(NCオフ) 約8時間(NCオン) 最大約6.5時間 最大約7.5時間 最大9時間 最大9時間(NC・外部音取り込みモードオフ)、最大6時間(NCオン、外部音取り込みモードオン) 24時間 最大7時間 最大5時間 最大7時間 約7時間(NCオン) 約8時間(NCオン) 約7時間(NCオフ)、約6時間(NCオン) 30時間 約4時間 最大19.5時間 最大10時間 最大約7.5時間(NCオフ)、最大約6時間(NCオン) 最大7.5時間(NCオン)、最大9時間(NCオフ) 最大6時間(NCオン)、最大8時間(NCオフ) 約8時間 - - 約9時間 最長9時間(NCオフ)、最長7時間(NCオン) 7時間(NCオフ時)、5.5時間(NCオン時) 最長11時間(NCオフ)、最長7時間(NCオン) 9時間(NCオフ)、6時間(OCオン) 9時間
防水・防滴 IPX4 IPX4 IPX4 IPX4 IPX4 IPX5 IP55 IPX4 IPX5 IPX4 IPX4 IPX4 IPX4 IPX4 IPX5 IPX5 IP54 IPX4 IPX4 IP54 IPX4 IPX4相当 IP57 IPX4 イヤホン:IP54、充電ケース:IP55 - IPX5 IP55 IPX4 IPX4 - -
対応コーデック SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC、LDAC SBC、AAC、LDAC LDAC、AAC、SBC SBC SBC、AAC SBC、AAC、LDAC SBC、AAC - - SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive SBC、AAC、LDAC - SBC、AAC aptX adaptive、aptX Lossless、LC3(※発売後のファームウェアアップデートにて後日対応予定) SBC、AAC、aptX、aptX LL - SBC、AAC、LDAC、LC3 SBC、AAC、LDAC SBC、AAC SBC、AAC、aptX Adaptive SBC、AAC、LDAC SBC、AAC、LHDC SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive SBC、AAC、aptX Adaptive SBC、AAC、aptX SBC、AAC - SBC、AAC AAC、SBC、QualcommR、QualcommR aptX?、Adaptive
Bluetooth Ver.5.2 Bluetooth5.2 Bluetooth Ver.5.2 Bluetooth Ver.5.2 Bluetooth Ver.5.1 Ver.5.2 Ver.5.1 Ver.5.3 Ver.5.2 5.0 - Ver.5.2 Ver.5.2 Ver.5.3 Bluetooth Ver.5.3 Ver.5.2 Ver.5.0 Ver.5.3 Ver.5.3 Ver.5.2 Ver.5.2 Ver.5.2 Ver.5.3 Ver.5.2 Ver.5.2 Ver.5.2 Ver.5.1 Ver.5.0 Ver.5.2 Bluetooth5.2
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

【ランキング】通販サイトの最新人気! 完全ワイヤレスイヤホンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での完全ワイヤレスイヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:完全ワイヤレスイヤホンランキング
楽天市場:完全ワイヤレスイヤホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【アンケート】購入・利用に関する調査結果

イヤホンのなかでも高価な部類に入る完全ワイヤレスイヤホン。実際買うとなるとどういう点に注意したほうがいいのか、本当に選んだ製品で間違いないのか、不安に思ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、マイナビニュース・ウーマン会員312名にアンケート調査を行い、完全ワイヤレスイヤホンを持っていると回答した102名のアンケート結果をご紹介します。価格、メーカー、購入してよかった点などを参考にしてみてくださいね。

※アンケート情報の詳細は記事末尾に記載しております。

▼形状|装着感に優れ、音が漏れにくいカナル型が人気!

イヤホンの装着方法(アンケート結果)
イヤホンの装着方法(アンケート結果)

どんな形状の完全ワイヤレスイヤホンを選んでいるかを調査したところ、ユーザーの6割以上がカナル型を利用していました。完全ワイヤレスイヤホンを利用している人の多くが、ケーブルがない分、落としにくいタイプのカナル型を選んでいるのかもしれません。

なお、耳の穴の形が特殊な人は、耳掛け型を選んでいるようです。

▼満足度トップ3|「音質」「着け心地」「イヤホンの種類」

完全ワイヤレスイヤホンの購入してよかった点(アンケート結果)
完全ワイヤレスイヤホンの購入してよかった点(アンケート結果)

完全ワイヤレスイヤホンを購入してよかったポイントは上記のグラフのとおり。トップ3は、「音質」の43人(42%)、「着け心地」の40人(39%)、「イヤホンの種類」の38人(37%)となりました。

▼「音質」について
満足度トップは音質で、高価格帯になれば音質の満足度が高い結果に。その一方、3,000円未満の完全ワイヤレスイヤホンを持っている人で、音質に満足しているのは21人中2人だけということもわかりました。人によって求める音質はさまざまですが、少なくとも3,000円以上のアイテムを選ぶといいかもしれませんね。

▼「着け心地」について
着け心地にも多くの人が満足しているようです。カナル型、インナーイヤー型、耳掛け型のどれにおいても、一定数の人が着け心地に満足していました。

▼「イヤホンの種類」について
「イヤホンの種類」つまり完全ワイヤレスイヤホンであることも上位にランクイン。完全ワイヤレスイヤホンを実際に使っている人の多くが、分離していることの利点を享受していました。ケーブルがないのでマスクの着脱時に邪魔にならない、ランニング時にケーブルが体に当たらないといったさまざまなメリットがあります。

▼不満トップ3|「着け心地」「ノイキャンの性能」「音質」「バッテリー性能」

完全ワイヤレスイヤホンの後悔している点(アンケート結果)
完全ワイヤレスイヤホンの後悔している点(アンケート結果)

購入したイヤホンの満足いかない点のトップ3は「着け心地」で27人(26%)、「ノイズキャンセリングの性能」で18人(18%)、「音質」で16人(16%)、「バッテリー性能」で16人(16%)でした。

▼「着け心地」について
「よく落としてしまう」という声が非常に多くありました。カナル型では耳の穴の形に合うイヤーピースに変えることで対応できますが、インナーイヤー型の場合は難しいです。シリコン製のカバーを装着するという手もありますが、充電ケースに入らなくなってしまいます。しっくりこない場合は、耳掛け型を選んでみてもいいでしょう。

▼「ノイズキャンセリングの性能」について
「ノイズキャンセリング機能を搭載している製品を選べばよかった」という声や、「もっと性能が高いものを選べばよかった」という声がありました。電車などで周囲の音を気にせず快適に過ごしたいなら、ソニーやボーズ、アップルなどノイキャンに定評があるメーカーの製品をチェックしてみてくださいね。

▼「音質」について
低価格になれば、やはり音質は落ちてしまいがち。音質にこだわるなら、ハイレゾやソニー独自の技術「DSEE」に対応した製品を選びましょう。およそ1万円以上の製品に搭載されている機能になります。

▼「バッテリー性能」について
「充電回数を減らしたい」「持続時間が短い」という声がありました。屋外で使用する機会が多いなら、やはり長寿命に越したことはありません。最近だと50時間以上もバッテリー持ちする製品も登場していますよ。

【関連記事】ほかのオーディオ機器をチェック

【まとめ】ぴったりなイヤホンを見つけよう

本記事では、完全ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット、価格帯、選び方、そして価格別のおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

完全ワイヤレスイヤホンは、価格帯ごとに音質や機能性が大きく異なってきます。近年では、ハイエンドモデルを持つユーザーが多くなってきていますが、初めて購入するなら、最初は5,000円ほどの商品をお試しで使用してみて、少しずつ高機能・高音質の商品を購入してみてもいいかもしれません。

ぜひ本記事を参考に、価格も機能も自分にぴったりの商品を見つけてくださいね。

【 アンケートの実施内容について 】
▼基本情報
・調査期間: 2023年6月7日
・調査対象: マイナビニュース・ウーマン会員
・調査数: 合計312名(そのうち、完全ワイヤレスイヤホンを持っていると回答した102名が対象)
・調査方法: インターネットログイン式アンケート
※マイナビニュース・ウーマン会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)

▼質問内容
・Q1:お持ちのイヤホンの種類・タイプを教えてください。
・Q2:お持ちのイヤホンの形状を教えてください。
・Q3:お持ちのイヤホンの価格帯を教えてください。
・Q4:イヤホンの主な使用目的・シーンを1つ以上教えてください。(複数選択可)
・Q5:購入したイヤホンのメーカー・ブランドを教えてください。
・Q6:購入してよかったポイントや重宝している機能はどこですか。(複数選択可)
・Q7:購入後に気づいた、「もっと重視しておけばよかった」というポイントはありますか。(複数選択可)
・Q8:Q7で回答した項目の理由を教えてください。(記述回答)
※2台以上購入している方はメインで使用しているものを回答していただいています。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button