オーディオテクニカ製イヤホンおすすめ19選|低価格で高音質なモデルも

audio-technica イヤホン カナル型 ブラック ATH-CKR50 BK
出典:Amazon


「コスパのいいイヤホンがほしい」
「低価格でも、高音質で音楽を楽しみたい」


そう考えている方にピッタリなのがオーディオテクニカ製のイヤホン。高音質の商品だけでなく、低価格なラインナップも広く取り揃え、ユーザーも多いメーカーです。

様々な商品がありますが、実は、BOSEやSONYなどで有名な低音域の商品もオーディオテクニカでは網羅されています。

本記事では、オーディオテクニカ製イヤホンのシリーズごとの特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介します。本記事を読めば、どの商品にどんな特徴があるのかなど、選び方を幅広く抑えることができるはずですので、ぜひ参考にしてください。


目次

オーディオ・ビジュアル評論家
野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。 特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。 また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

オーディオテクニカってどんなメーカー?

オーディオテクニカ(Audio-Technica)は、1962年4月17日に設立した日本の音響機器メーカーです。一般的な製品も多いですが、プロミュージシャンなどの音楽業界に向けた製品も多く発売しています。ヘッドホンやマイクロホン機器への評価が高く、とくにマイクロホンはアテネオリンピックやグラミー賞授賞式に採用された実績もあります。

重低音に特化したものやリーズナブルなのに高品質なタイプ、Bluetooth対応のワイヤレスタイプとエントリークラスからハイエンドモデル、有線タイプから完全ワイヤレスタイプまで、とにかく豊富な種類があり、好みに合わせて自分ピッタリのイヤホンを選べる魅力があります。

音質の違う3つのシリーズ


オーディオテクニカ製イヤホンには、大きく分けて3タイプのサウンド傾向があります。 いずれもオーディオテクニカらしい、ていねいで真面目な音作りがなされていますので、どれを選んでも高い満足感が得られるはずです。

通常タイプの「CKR」「CK」シリーズ

まずは商品名に「CKR」「CK」などがつけられている「通常」タイプ。こちらは、鮮明な中高域とキレのある低域をもつ、オーディオテクニカらしいサウンドに仕上げられています。

重低音が魅力の「CKS」シリーズ

続いて「CKS」という商品名をもつタイプは「SOLID BASS」というシリーズ。圧倒的なボリュームの重低音が魅力となっています。

モニター系のサウンドが魅力の「LS」シリーズ

「LS」という商品名もあり、こちらはモニター系の客観的なサウンドを持ちあわせています。

(★)ポイント:コスパで選ぶなら型番に7、または9がついた商品がお得

オーディオ・ビジュアル評論家

オーディオテクニカ製イヤホンは、エントリークラスからハイエンドクラスまで、幅広いラインナップを有しているのが特徴です。当然、音質的には各カテゴリーで一番高価なもの、最上級モデルがベストではありますが、近年の高級イヤホンはかなり高価でなかなか手が出しにくい状況だったりします。

そこで、賢い商品選びとしておすすめしたいのが、ミドルクラスに位置する商品です。型番に7、または9の数字が与えられているモデルは、最上級機種の技術を活用することで、聴き応えのある良音質を確保しつつコストパフォーマンスの高い価格にまとめられています。いい音をコストパフォーマンスよく楽しむためには、7、9の数字がポイントです。

オーディオテクニカ製イヤホンの選び方


それでは、オーディオテクニカ製イヤホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

・装着方法
・接続方式
・その他の機能


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】装着方法をチェック


耳へ装着する方法は、耳の中に入れる「カナル型」と耳にはめ込むタイプの「インナーイヤー型」の2パターンがあります。一つひとつ解説していきます。

▼カナル型のイヤホン

カナル型は、耳の穴に入れてはめ込む形で装着するので、フィット感があります。重低音もよく聞こえるので、しっかりと音圧のある音を楽しみたい方に向いている形でしょう。耳の穴にはめ込むため、自分の耳に合ったイヤーピースをしっかりと選んで装着することが大切です。

▼インナーイヤー型のイヤホン

インナーイヤー型は、耳の穴にはめ込む形で装着するタイプで、耳への圧迫感は軽めです。長時間イヤホンをつけたりする人にも向いている形です。空間表現を高める構造になっているので、空気感のあるサウンドが好きな方に向いています。

(★)ポイント:音漏れを考えると、やはりカナル型一択

オーディオ・ビジュアル評論家

イヤホンを選ぶ際は、利用するシチュエーションによってイヤホン本体の形やケーブルのタイプを選択する必要があります。

イヤホン本体に関しては、音漏れのなさも含めて現在はカナル型一択となっていますので、どうしてもカナル型が苦手という方以外は迷う必要はありません。

【2】接続方式をチェック


接続方式には、有線・無線の2パターンがあります。それぞれで特徴が変わりますので、こちらもしっかりチェックしておきましょう。

▼有線タイプ

イヤホン
Pixabay license logo

イヤホンジャックがあることで、直接、音楽データを移行することで、オーディオの音質そのままを楽しめるのが有線タイプの魅力。また、有線であることで、動画配信サイトの映像と音楽のラグなども発生しません。

しかし、コードがあることで移動中など、煩わしさを感じたりします。また、そもそも、iPhoneやAndroid端末にイヤホンジャックがない、規格が合わないといったケースもあるので、注意が必要です。

▼ワイヤレスタイプ

今や当たり前となっているワイヤレス接続。圧倒的な魅力は、コードがない分、移動中の音楽鑑賞が快適である点です。例えば、電車の中でも他の乗客や自分のバッグにコードが引っかかるということはありません。

しかし、Bluetooth接続などを行う場合は、規格が合っていないと使用できない、YouTube鑑賞などでは映像と音声にラグが生じるといった、ワイヤレスならではのデメリットもあります。もちろん、現在はコーデックと呼ばれる音声データの通信方式なども発達しているので、音質のよさやラグの修正などはどんどん改善されています。好みで選んで問題ないでしょう。

(★)ポイント:3000円未満なら有線一択。ワイヤレスなら1.5万円を目安に

オーディオ・ビジュアル評論家

最大のポイントとなるのは接続の方式です。スマートフォンと接続する場合はBluetoothワイヤレスが最有力候補ですが、有線ケーブル接続のコストパフォーマンスの高さも捨てがたいところです。

目安としては、3,000円未満の予算であれば有線一択、それ以上の予算がかけられるのであればどちらも候補に挙げておき、完全ワイヤレスイヤホンがほしい場合は1.5万円以上を用意するなど、自分にとって使いやすい、かつ満足できる音質の商品を選びましょう。

【3】その他の機能をチェック

移動中の電車などで使用することが多い場合は、ノイズキャンセリング機能を搭載しているものが安心です。雑音を減らしてクリアな音が聞けて、そのうえヒアスルー機能つきであれば駅のアナウンスや周囲の音を聞きたいときに聞けるので便利です。

ウォーキングやアウトドアなど屋外での使用が多い場合は、防水性を備えているものがよいでしょう。急な雨などでも心配することなく使用でき、運動時に汗をかいてしまっても大丈夫です。

ほかにも、マイク機能を搭載しているイヤホンであれば、急に電話がかかってきてもハンズフリー通話ができますよ。機能性に注目すればしっかりとイヤホンを活用することができます。

新モデルから旧モデルまで揃っているのが魅力 エキスパートのアドバイス

オーディオ・ビジュアル評論家

装着感が好みにあわずカナル型イヤホンがどうしても苦手、という方にとって現代のイヤホン事情はいい商品を見つけづらい世の中といえます。とはいえ、オーディオテクニカはイヤホンの総合メーカーですので、昔ながらのインナーイヤー型も新商品が途切れず登場していて、つねに数モデルがラインナップしています。

カナル型が苦手という方も、納得できる商品にきっと出会えるでしょう。

おすすめ9選|有線イヤホン


それでは早速、オーディオテクニカのおすすめイヤホンをご紹介します。まずは、有線タイプの商品です。ぜひ参考にしてください。

オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-CK350M)』

audio-technicaカナル型イヤホンレッドATH-CK350MRD audio-technicaカナル型イヤホンレッドATH-CK350MRD audio-technicaカナル型イヤホンレッドATH-CK350MRD audio-technicaカナル型イヤホンレッドATH-CK350MRD audio-technicaカナル型イヤホンレッドATH-CK350MRD

出典:Amazon

型式 ダイナミック型
質量 約5g
再生可能時間 -
通信方式 -
装着タイプ カナル型
シリーズ CKシリーズ
そのほかの機能 -

コストパフォーマンス最高のエントリーモデル

数多いオーディオテクニカ製イヤホンのなかで、ある意味、もっともおすすめしたいのがこの『ATH-CK350M』です。というのも、音質面でのコストパフォーマンスの高さが尋常ではないくらいいいからです。

一見するとなんの変哲もない普通のカナル型イヤホンですが、10mm口径ダイナミック型ドライバーやメリハリのある低音を再生する専用ダクトのおかげもあって、活き活きとしたリアルなヴォーカルを聴かせてくれたり、ノリのいいハードロックやポップスを聴かせてくれたりと、音楽の楽しさをしっかり伝えてくれます。とても2,000円以下で手に入るサウンドではありません。

絡みにくい溝入りウェーブコードや、音漏れしにくい密閉型、コード巻き取りホルダーでコードの長さを自由に調整できるなど、使い勝手の面でもこまかい配慮がなされていますので、幅広い方におすすめできます。

オーディオテクニカ『バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン(ATH-LS200)』

audio-technicaカナル型イヤホンバランスドアーマチュア型ATH-LS200 audio-technicaカナル型イヤホンバランスドアーマチュア型ATH-LS200 audio-technicaカナル型イヤホンバランスドアーマチュア型ATH-LS200

出典:Amazon

型式 バランスド・アーマチュア型
質量 約6g
再生可能時間 -
通信方式 -
装着タイプ インイヤー型
シリーズ LSシリーズ
そのほかの機能 -

定番として人気の高いイヤーモニターの最新版

古くはCKシリーズのひとつとしてラインナップされていましたが、イヤーモニタースタイルのカナル型イヤホンとして独立。その最新モデルがこのLSシリーズです。

現在、5モデルがラインナップされていますが、そのなかでもおすすめなのが『LS200』です。

専用設計の新開発デュアルBA(バランスド・アーマチュア)型ドライバーを搭載し、専用ネットワークと耳やドライバーの同軸上配置、ステンレスハイブリット導管などの採用によって、高域から低域まで、バランスのいい良質なサウンドを作り上げています。

また、活き活きとした力強い歌声のヴォーカルを楽しむことができるのも、サウンドの特徴といえるでしょう。

A2DCコネクター採用の着脱式ケーブルによって、断線してもケーブルを交換するだけでいいため、長い期間にわたり使い続けられるのも魅力のひとつといえます。多くの方におすすめできる、完成度の高い商品です。

オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-LS70)』

オーディオテクニカATH-LS70 オーディオテクニカATH-LS70 オーディオテクニカATH-LS70

出典:Amazon

型式 ダイナミック型
質量 約6.5g
再生可能時間 -
通信方式 -
装着タイプ インイヤー型
シリーズ LSシリーズ
そのほかの機能 -

リファレンスとしても活用できる整ったサウンド

『LS200』と同じLSシリーズの商品ながら、こちらはダイナミック型ドライバーが搭載されています。

ヴォーカルの艶やかさなどではBA(バランスド・アーマチュア)型ドライバーに敵いませんが、その代わりに、こちらは帯域バランスの整った客観的な音を持ち合わせています。

低域のフォーカス感もしっかり確保されているので、勢いのよさ、ノリのよさもしっかり確保されています。

手の伸ばしやすい価格でありながら、正しい音表現の基準となってくれるイヤホンが1台ほしい、という方におすすめです。

オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-CM707)』

audio-technicaイヤホンインナーイヤー型ATH-CM707 audio-technicaイヤホンインナーイヤー型ATH-CM707 audio-technicaイヤホンインナーイヤー型ATH-CM707 audio-technicaイヤホンインナーイヤー型ATH-CM707

出典:Amazon

型式 ダイナミック型
質量 約6g(コードを除く)
再生可能時間 -
通信方式 -
装着タイプ カナル型
シリーズ CMシリーズ
そのほかの機能 -

迫力のある低音域から中高域までの音を楽しめる

新設計のレゾナンスダクト構造を採用しているので、迫力のある低音域から中高域までの音を楽しめるイヤホンです。

元々のイヤホンコードにプラスできる0.6m延長コードが付属しているので、使用するシーンによってコードの長さの使い分けできます。また、コードが絡まることなく収納できる専用ポーチが付属されているので、持ち運びにも向いています。

オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-C505)』

audio-technicaイヤホンインナーイヤー型ブラックATH-C505BK audio-technicaイヤホンインナーイヤー型ブラックATH-C505BK audio-technicaイヤホンインナーイヤー型ブラックATH-C505BK audio-technicaイヤホンインナーイヤー型ブラックATH-C505BK

出典:Amazon

型式 ダイナミック型
質量 約5g(コードを除く)
再生可能時間 -
通信方式 -
装着タイプ カナル型
シリーズ Cシリーズ
そのほかの機能 -

奥行きと表現力が豊かな音域を楽しめる

φ15mmの大型ドライバーの採用や新設計ベースディメンションエキサイターで、奥行きと表現力が豊かな音域を楽しめます。

バックや洋服のポケットなど、プレーヤーを入れる場所に合わせてコードの長さを自由に調整できる巻き取りホルダーが付属されています。

ブラックやホワイト、ブルー、レッドの4色のなかからお好きなカラーを選べますよ。

オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-J100)』

audio-technicaJUICYイヤホンインナーイヤー型ブラックATH-J100BK

出典:Amazon

型式 ダイナミック型
質量 約5g(コードを除く)
再生可能時間 -
通信方式 -
装着タイプ カナル型
シリーズ Jシリーズ
そのほかの機能 -

耳が小さな方にもフィットするサイズ感が魅力

軽量タイプで耳が小さな方にもフィットするように作られた小さめサイズのイヤホン。通常であれば17~18mmくらいのサイズ感ですが、本商品は15.8mmという小ささで作られています。

低音域と中広域のバランスを保った音質で、クリアな高音質で音楽を楽しめます。本体カラーはカラフルな12色のなかからお選びいただけます。

オーディオテクニカ『イヤフィットヘッドホン(ATH-EQ300M)』

audio-technicaイヤフィットヘッドホン耳掛けパープルATH-EQ300MPL

出典:Amazon

型式 ダイナミック型
質量 約20g(コードを除く)
再生可能時間 -
通信方式 -
装着タイプ インイヤー型
シリーズ EQシリーズ
そのほかの機能 -

長時間の使用でも疲れにくい設計のイヤホン

8.5mmという超薄型のハウジングや約20gという軽さで、長時間の使用でも疲れにくいイヤホン。また、耳への負担が軽減できるナチュラルイヤフィット設計なのもポイントです。

音楽を聞いてない間は首からぶら下げられるように、U字型のコードになっています。

耳にかけるタイプのイヤホンなので、選ぶカラーによって使用時の雰囲気も変わるのでおしゃれに音楽を楽しめます。

オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-SPORT10)』

audio-technicaSONICSPORTカナル型イヤホン防水/スポーツ向けブラックATH-SPORT10BK

出典:Amazon

型式 ダイナミック型
質量 約7g(コードを除く)
再生可能時間 -
通信方式 -
装着タイプ インイヤー型
シリーズ SPORTシリーズ
そのほかの機能 防水(IPX5)

防水機能を備えたスポーツシーンに活躍するイヤホン

防水機能を備えたスポーツに最適なシリーズ。

軽量でしなやかにフィットする新設計イヤハンガーを使用しているので、長時間の使用でも疲れにくい装着感になっています。

遮音性にすぐれたイヤーピースと外の音が聞こえやすいアクティブフィットイヤーピースの2種類が付属されているので、使う場所によって使い分けができます。

オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-CKR50)』

audio-technicaSoundRealityカナル型イヤホンブラックATH-CKR50BK audio-technicaSoundRealityカナル型イヤホンブラックATH-CKR50BK audio-technicaSoundRealityカナル型イヤホンブラックATH-CKR50BK audio-technicaSoundRealityカナル型イヤホンブラックATH-CKR50BK audio-technicaSoundRealityカナル型イヤホンブラックATH-CKR50BK audio-technicaSoundRealityカナル型イヤホンブラックATH-CKR50BK

出典:Amazon

型式 ダイナミック型
質量 約8g(コードを除く)
再生可能時間 -
通信方式 -
装着タイプ カナル型
シリーズ CKRリーズ
そのほかの機能 -

装着感と遮音性を取り入れたデザイン

中音域としっかりとした低音を再生するφ12.5mmのドライバーを採用しているため、抜けのいい音質を楽しめます。

XS~Lサイズまでのイヤーピースが付属されているので、イヤホンを使用する人の耳に最適なものを選びやすいです。

装着感と遮音性を取り入れたデザインになっているのもポイントです。

おすすめ10選|ワイヤレスイヤホン


続いては、ワイヤレスタイプのおすすめ商品です。こちらもぜひ参考にしてください。

オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKS5TW)』

audio-technicaSOLIDBASS完全ワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約45時間再生ブルーATH-CKS5TWBL audio-technicaSOLIDBASS完全ワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約45時間再生ブルーATH-CKS5TWBL audio-technicaSOLIDBASS完全ワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約45時間再生ブルーATH-CKS5TWBL audio-technicaSOLIDBASS完全ワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約45時間再生ブルーATH-CKS5TWBL audio-technicaSOLIDBASS完全ワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約45時間再生ブルーATH-CKS5TWBL audio-technicaSOLIDBASS完全ワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約45時間再生ブルーATH-CKS5TWBL audio-technicaSOLIDBASS完全ワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約45時間再生ブルーATH-CKS5TWBL audio-technicaSOLIDBASS完全ワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約45時間再生ブルーATH-CKS5TWBL audio-technicaSOLIDBASS完全ワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約45時間再生ブルーATH-CKS5TWBL audio-technicaSOLIDBASS完全ワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約45時間再生ブルーATH-CKS5TWBL

出典:Amazon

型式 ダイナミック型
質量 約8g(左右それぞれ)、約60g(充電ケース)
再生可能時間 最大約15時間(ヘッドホン)、最大約45時間(充電ケース併用時)
通信方式 Bluetooth標準規格Ver.5.0準拠
装着タイプ カナル型
シリーズ CKSシリーズ
そのほかの機能 マイク、ハンズフリー通話、防水、Clear Voice Capture

重低音サウンドをもつ希少な完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンが使ってみたい重低音派の方におすすめです。

大型の10mm口径ダイナミック型ドライバーを採用し、振動板に硬度の異なる素材(PEEK+TPU)を組みあわせることで低音の厚みと中高域の鮮明さを両立するなど、完全ワイヤレスイヤホンとしては希有な重低音モデルに仕立てられています。

15時間という、他社商品からひとつ頭抜けた超ロングライフ連続再生時間(専用ケースからの充電込みで最大45時間)を実現しているのも魅力といえます。

大型ドライバーを搭載していることもあって、本体はやや大柄ですが、新設計のイヤーピースやループ形状のイヤーサポートなどにより、装着性も良好です。

オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKR500BT)』

audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ブルーATH-CKR500BTBL audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ブルーATH-CKR500BTBL audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ブルーATH-CKR500BTBL audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ブルーATH-CKR500BTBL audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ブルーATH-CKR500BTBL audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ブルーATH-CKR500BTBL audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ブルーATH-CKR500BTBL audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ブルーATH-CKR500BTBL audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ブルーATH-CKR500BTBL

出典:Amazon

型式 ダイナミック型
質量 約26.5g
再生可能時間 最大約12時間
通信方式 Bluetooth標準規格Ver.5.0準拠
装着タイプ カナル型
シリーズ CKRシリーズ
そのほかの機能 タッチコントロール機能、マイク、ハンズフリー通話、防滴( IPX2)、オートパワーオフ

音質とコスパが見事にバランスしたモデル

使い勝手のいいBluetoothワイヤレスイヤホンがほしい、という方におすすめしたい商品です。ネックバンド型のBluetoothワイヤレスイヤホン。

専用設計された9.8mm口径のダイナミック型ドライバーを本体前面に搭載し、振動板にDLC(Diamond Like Carbon)コーティングを施すなど、上位機種の技術を投入することで、コストと音質とが巧みにバランスした商品に纏め上げられています。

連続再生時間も約12時間と、充分な数値を持ち合わせています。5分間機器と接続しない状態が続くと自動的に電源が切れるオートパワーオフ機能や、コードがキレイにまとめられるマグネットクリップなど、使い勝手の面でもこまかい配慮がなされています。

オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-C200BT)』

audio-technicaワイヤレスイヤホンセミオープン型Bluetoothリモコン/マイク付ブラックATH-C200BTBK audio-technicaワイヤレスイヤホンセミオープン型Bluetoothリモコン/マイク付ブラックATH-C200BTBK audio-technicaワイヤレスイヤホンセミオープン型Bluetoothリモコン/マイク付ブラックATH-C200BTBK audio-technicaワイヤレスイヤホンセミオープン型Bluetoothリモコン/マイク付ブラックATH-C200BTBK

出典:Amazon

型式 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:エレクトレットコンデンサー型
質量 約15g
再生可能時間 最大約9時間(イヤホン)
通信方式 bluetooth標準規格Ver.4.1準拠
装着タイプ カナル型
シリーズ Cシリーズ
そのほかの機能 マイク、ハンズフリー通話、マルチペアリング、タッチコントロール機能

クリアで心地よい音楽や通話が可能

クリアなサウンドを楽しめる高性能なドライバーを搭載しているため、心地よい音楽や通話が可能。

密閉性がありながらも周囲の音も聞き取りやすいセミオープン構造になっているので、通勤時などにも活用できます。

マルチペアリング対応により最大8台までの機器を登録でき、手元で操作が行えるAVRCPにも対応しています。

オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』

audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン防滴仕様最大18時間再生ATH-ANC300TW audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン防滴仕様最大18時間再生ATH-ANC300TW audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン防滴仕様最大18時間再生ATH-ANC300TW audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン防滴仕様最大18時間再生ATH-ANC300TW audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン防滴仕様最大18時間再生ATH-ANC300TW audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン防滴仕様最大18時間再生ATH-ANC300TW audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン防滴仕様最大18時間再生ATH-ANC300TW audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン防滴仕様最大18時間再生ATH-ANC300TW

出典:Amazon

型式 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:MEMS型
質量 イヤホン:約7g(片耳)、充電ケース:約50g
再生可能時間 最大約4.5時間(イヤホン)、最大約18時間(充電ケース併用時)
通信方式 bluetooth標準規格Ver.5.0準拠
装着タイプ カナル型
シリーズ ANCシリーズ
そのほかの機能 ノイズキャンセリング、マイク、防滴(IPX2)

音切れしにくく、安定した接続を保つ

高音から低音までの全帯域の音を繊細に表現し、高精度なノイズキャンセリング機能を備えているイヤホン。

左右独自が伝送しているため、音切れしにくく、安定した接続を保ってくれます。

専用のアプリ「Connect」を使えば、使用するシーンに適したノイズキャンセリング効果を選択できますよ。

オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKR700BT)』

audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ATH-CKR700BT audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ATH-CKR700BT audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ATH-CKR700BT audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ATH-CKR700BT audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ATH-CKR700BT audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ATH-CKR700BT audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ATH-CKR700BT audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ATH-CKR700BT audio-technicaSoundRealityワイヤレスイヤホンBluetoothリモコン/マイク付ATH-CKR700BT

出典:Amazon

型式 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:MEMS型
質量 約27.5g
再生可能時間 最大約7時間(イヤホン)
通信方式 bluetooth標準規格Ver.5.0準拠
装着タイプ カナル型
シリーズ CKRシリーズ
そのほかの機能 マイク、防滴(IPX2)、タッチコントロール機能、音声認識機能

ハイレゾ相当の高音質が体感できる

aptX HDやapt、AACなどさまざまなコーデックに対応したハイレゾ相当の高音質が体感できるイヤホン。

首元に再生や電話対応、音量調整の操作が可能なコントローラーがついているので、かんたんに操作が行えますよ。

SiriやGoogleアシスタントなどの音声認識機能も搭載しているため、手が離せないときなどに音声で読み上げしてくれます。

オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-SPORT7TW)』

audio-technicaSONICSPORT完全ワイヤレスイヤホンスポーツ向け防水仕様最大約17.5時間再生グレーATH-SPORT7TWGY audio-technicaSONICSPORT完全ワイヤレスイヤホンスポーツ向け防水仕様最大約17.5時間再生グレーATH-SPORT7TWGY audio-technicaSONICSPORT完全ワイヤレスイヤホンスポーツ向け防水仕様最大約17.5時間再生グレーATH-SPORT7TWGY audio-technicaSONICSPORT完全ワイヤレスイヤホンスポーツ向け防水仕様最大約17.5時間再生グレーATH-SPORT7TWGY audio-technicaSONICSPORT完全ワイヤレスイヤホンスポーツ向け防水仕様最大約17.5時間再生グレーATH-SPORT7TWGY

出典:Amazon

型式 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:MEMS型
質量 イヤホン:約6.4g(片耳)、充電ケース:約64g
再生可能時間 最大約3.5時間(イヤホン)、最大約17.5時間(充電ケース併用)
通信方式 bluetooth標準規格Ver.5.0準拠
装着タイプ カナル型
シリーズ SPORTシリーズ
そのほかの機能 防水(IPX5)、マイク、ヒアスルー機能、タッチコントロール機能

汗がガードできるComplyイヤーピースが付属

φ5.8mmドライバーを使用しているため、激しく動くスポーツやアウトドアでもパワーのある音質を楽しめます。

標準のイヤーピース以外に、運動時の汗がガードできる機能がついたComplyイヤーピースも付属していますよ。

ランニングやエクササイズなどの際もまわりの音を聞きながらしっかりと音楽も楽しめるヒアスルー機能も便利な機能のひとつです。

オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKR7TW)』

audio-technicaSoundReality完全ワイヤレスイヤホン最大約15時間再生グレーATH-CKR7TWGY audio-technicaSoundReality完全ワイヤレスイヤホン最大約15時間再生グレーATH-CKR7TWGY audio-technicaSoundReality完全ワイヤレスイヤホン最大約15時間再生グレーATH-CKR7TWGY audio-technicaSoundReality完全ワイヤレスイヤホン最大約15時間再生グレーATH-CKR7TWGY audio-technicaSoundReality完全ワイヤレスイヤホン最大約15時間再生グレーATH-CKR7TWGY audio-technicaSoundReality完全ワイヤレスイヤホン最大約15時間再生グレーATH-CKR7TWGY audio-technicaSoundReality完全ワイヤレスイヤホン最大約15時間再生グレーATH-CKR7TWGY

出典:Amazon

型式 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:MEMS型
質量 イヤホン:約9g(片耳)、充電ケース:約68g
再生可能時間 最大約6時間(イヤホン)、最大約15時間(充電ケース併用時)
通信方式 bluetooth標準規格Ver.5.0準拠
装着タイプ カナル型
シリーズ CKRシリーズ
そのほかの機能 マイク

3Dループや4つのイヤーピースで密着感アップ

より自然な音を再現するステンレス製のアコースティックレジスターを採用。また、独立したAKM社製のヘッドホンアンプとDAC搭載で、低歪でS/Nにすぐれています。

3段階のLEDランプで充電ケース・イヤホンの電池の残量をお知らせしてくれる便利な機能もついています。

装着感を安定させる3DループやXS~Lサイズまでのイヤーピースが付属しているので、より密着度を高めて使用できます。

オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC400BT)』

audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンハイレゾ音源対応防滴仕様最大20時間再生ATH-ANC400BT audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンハイレゾ音源対応防滴仕様最大20時間再生ATH-ANC400BT audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンハイレゾ音源対応防滴仕様最大20時間再生ATH-ANC400BT audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンハイレゾ音源対応防滴仕様最大20時間再生ATH-ANC400BT audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンハイレゾ音源対応防滴仕様最大20時間再生ATH-ANC400BT audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンハイレゾ音源対応防滴仕様最大20時間再生ATH-ANC400BT audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンハイレゾ音源対応防滴仕様最大20時間再生ATH-ANC400BT audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンハイレゾ音源対応防滴仕様最大20時間再生ATH-ANC400BT audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンハイレゾ音源対応防滴仕様最大20時間再生ATH-ANC400BT audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンハイレゾ音源対応防滴仕様最大20時間再生ATH-ANC400BT audio-technicaQUIETPOINTノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンハイレゾ音源対応防滴仕様最大20時間再生ATH-ANC400BT

出典:Amazon

型式 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:エレクトレットコンデンサー型
質量 約87g
再生可能時間 最大約20時間(イヤホン)
通信方式 bluetooth標準規格Ver.5.0準拠
装着タイプ カナル型
シリーズ ANCシリーズ
そのほかの機能 ノイズキャンセリング、マイク、防滴(IPX2)、タッチコントロール機能

ワイヤレスタイプですが有線としても繋げられる

まわりが騒がしくても気にすることなく音楽を楽しめる高性能ノイズキャンセリング機能を搭載。音楽だけでなく通話も快適に行えます。

2層の振動版とφ12mmドライバーで、繊細な部分の音域まで表現してくれます。

ワイヤレスタイプですが付属するφ3.5mmケーブルで、スマートフォンやφ3.5mmステレオミニジャックをもつ音楽機器と接続することが可能です。

オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン (ATH-SPORT50BT)』

audio-technicaSONICSPORTワイヤレスイヤホン防水/スポーツ向けBluetoothリモコン/マイク付グラファイトブラックATH-SPORT50BTBK audio-technicaSONICSPORTワイヤレスイヤホン防水/スポーツ向けBluetoothリモコン/マイク付グラファイトブラックATH-SPORT50BTBK audio-technicaSONICSPORTワイヤレスイヤホン防水/スポーツ向けBluetoothリモコン/マイク付グラファイトブラックATH-SPORT50BTBK audio-technicaSONICSPORTワイヤレスイヤホン防水/スポーツ向けBluetoothリモコン/マイク付グラファイトブラックATH-SPORT50BTBK

出典:Amazon

型式 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:エレクトレットコンデンサー型
質量 約25.8g
再生可能時間 最大約6時間(イヤホン)
通信方式 bluetooth標準規格Ver.4.1準拠
装着タイプ インイヤー型
シリーズ SPORTシリーズ
そのほかの機能 防水(IPX5)、マイク

ワークアウトに集中できる防水仕様のモデル

しっかりと装着感をキープするセキュアフィットイヤハンガーや外部の音が聞こえやすいアクティブフィットイヤーピースが付属したイヤホン。

ランニングやウォーキングなどのワークアウトに集中できる防水仕様のモデルです。

シンプルなブラック以外に、ターコイズブルーやバタフライイエローなどファッション性のあるカラーがあるのもポイント。

オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKS330XBT)』

audio-technicaSOLIDBASSワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約20時間連続再生ブラックATH-CKS330XBTBK audio-technicaSOLIDBASSワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約20時間連続再生ブラックATH-CKS330XBTBK audio-technicaSOLIDBASSワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約20時間連続再生ブラックATH-CKS330XBTBK audio-technicaSOLIDBASSワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約20時間連続再生ブラックATH-CKS330XBTBK audio-technicaSOLIDBASSワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約20時間連続再生ブラックATH-CKS330XBTBK audio-technicaSOLIDBASSワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約20時間連続再生ブラックATH-CKS330XBTBK audio-technicaSOLIDBASSワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約20時間連続再生ブラックATH-CKS330XBTBK audio-technicaSOLIDBASSワイヤレスイヤホン重低音防滴仕様最大約20時間連続再生ブラックATH-CKS330XBTBK

出典:Amazon

型式 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:エレクトレットコンデンサー型
質量 約24g
再生可能時間 最大約20時間(イヤホン)
通信方式 bluetooth標準規格Ver.5.0準拠
装着タイプ カナル型
シリーズ CKSシリーズ
そのほかの機能 防水(IPX2)、マイク、ハンズフリー機能、音声認識機能

音楽や動画のズレを抑える低遅延モードを搭載

φ5.8mmのSOLID BASS HDドライバーを搭載し、キレのある重低音を体感できます。

音楽や動画のズレを抑える低遅延モードを搭載しているので、スマートフォンなどでのゲームや動画視聴に最適です。

マグネットクリップがついているイヤホンなので、首からぶら下げているときでも落下するリスクが減らせます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-CK350M)』
オーディオテクニカ『バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン(ATH-LS200)』
オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-LS70)』
オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-CM707)』
オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-C505)』
オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-J100)』
オーディオテクニカ『イヤフィットヘッドホン(ATH-EQ300M)』
オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-SPORT10)』
オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-CKR50)』
オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKS5TW)』
オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKR500BT)』
オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-C200BT)』
オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』
オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKR700BT)』
オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-SPORT7TW)』
オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKR7TW)』
オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC400BT)』
オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン (ATH-SPORT50BT)』
オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKS330XBT)』
商品名 オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-CK350M)』 オーディオテクニカ『バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン(ATH-LS200)』 オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-LS70)』 オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-CM707)』 オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-C505)』 オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-J100)』 オーディオテクニカ『イヤフィットヘッドホン(ATH-EQ300M)』 オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-SPORT10)』 オーディオテクニカ『インナーイヤーヘッドホン(ATH-CKR50)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKS5TW)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKR500BT)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-C200BT)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC300TW)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKR700BT)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-SPORT7TW)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKR7TW)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(ATH-ANC400BT)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン (ATH-SPORT50BT)』 オーディオテクニカ『ワイヤレスヘッドホン(ATH-CKS330XBT)』
商品情報
特徴 コストパフォーマンス最高のエントリーモデル 定番として人気の高いイヤーモニターの最新版 リファレンスとしても活用できる整ったサウンド 迫力のある低音域から中高域までの音を楽しめる 奥行きと表現力が豊かな音域を楽しめる 耳が小さな方にもフィットするサイズ感が魅力 長時間の使用でも疲れにくい設計のイヤホン 防水機能を備えたスポーツシーンに活躍するイヤホン 装着感と遮音性を取り入れたデザイン 重低音サウンドをもつ希少な完全ワイヤレスイヤホン 音質とコスパが見事にバランスしたモデル クリアで心地よい音楽や通話が可能 音切れしにくく、安定した接続を保つ ハイレゾ相当の高音質が体感できる 汗がガードできるComplyイヤーピースが付属 3Dループや4つのイヤーピースで密着感アップ ワイヤレスタイプですが有線としても繋げられる ワークアウトに集中できる防水仕様のモデル 音楽や動画のズレを抑える低遅延モードを搭載
型式 ダイナミック型 バランスド・アーマチュア型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:エレクトレットコンデンサー型 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:MEMS型 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:MEMS型 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:MEMS型 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:MEMS型 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:エレクトレットコンデンサー型 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:エレクトレットコンデンサー型 イヤホン部分:ダイナミック型、マイクロホン部分:エレクトレットコンデンサー型
質量 約5g 約6g 約6.5g 約6g(コードを除く) 約5g(コードを除く) 約5g(コードを除く) 約20g(コードを除く) 約7g(コードを除く) 約8g(コードを除く) 約8g(左右それぞれ)、約60g(充電ケース) 約26.5g 約15g イヤホン:約7g(片耳)、充電ケース:約50g 約27.5g イヤホン:約6.4g(片耳)、充電ケース:約64g イヤホン:約9g(片耳)、充電ケース:約68g 約87g 約25.8g 約24g
再生可能時間 - - - - - - - - - 最大約15時間(ヘッドホン)、最大約45時間(充電ケース併用時) 最大約12時間 最大約9時間(イヤホン) 最大約4.5時間(イヤホン)、最大約18時間(充電ケース併用時) 最大約7時間(イヤホン) 最大約3.5時間(イヤホン)、最大約17.5時間(充電ケース併用) 最大約6時間(イヤホン)、最大約15時間(充電ケース併用時) 最大約20時間(イヤホン) 最大約6時間(イヤホン) 最大約20時間(イヤホン)
通信方式 - - - - - - - - - Bluetooth標準規格Ver.5.0準拠 Bluetooth標準規格Ver.5.0準拠 bluetooth標準規格Ver.4.1準拠 bluetooth標準規格Ver.5.0準拠 bluetooth標準規格Ver.5.0準拠 bluetooth標準規格Ver.5.0準拠 bluetooth標準規格Ver.5.0準拠 bluetooth標準規格Ver.5.0準拠 bluetooth標準規格Ver.4.1準拠 bluetooth標準規格Ver.5.0準拠
装着タイプ カナル型 インイヤー型 インイヤー型 カナル型 カナル型 カナル型 インイヤー型 インイヤー型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 インイヤー型 カナル型
シリーズ CKシリーズ LSシリーズ LSシリーズ CMシリーズ Cシリーズ Jシリーズ EQシリーズ SPORTシリーズ CKRリーズ CKSシリーズ CKRシリーズ Cシリーズ ANCシリーズ CKRシリーズ SPORTシリーズ CKRシリーズ ANCシリーズ SPORTシリーズ CKSシリーズ
そのほかの機能 - - - - - - - 防水(IPX5) - マイク、ハンズフリー通話、防水、Clear Voice Capture タッチコントロール機能、マイク、ハンズフリー通話、防滴( IPX2)、オートパワーオフ マイク、ハンズフリー通話、マルチペアリング、タッチコントロール機能 ノイズキャンセリング、マイク、防滴(IPX2) マイク、防滴(IPX2)、タッチコントロール機能、音声認識機能 防水(IPX5)、マイク、ヒアスルー機能、タッチコントロール機能 マイク ノイズキャンセリング、マイク、防滴(IPX2)、タッチコントロール機能 防水(IPX5)、マイク 防水(IPX2)、マイク、ハンズフリー機能、音声認識機能
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月1日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする オーディオテクニカ・イヤホンの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのオーディオテクニカ・イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:オーディオテクニカ ヘッドホン・イヤホンランキング
Yahoo!ショッピング:オーディオテクニカ イヤホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

オーディオテクニカ・イヤホンに関連する記事のご紹介

まとめ


本記事では、オーディオテクニカ製イヤホンのシリーズごとの特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、シリーズごとの特徴を抑えた上で、下記の3つのポイントを抑えておきましょう。

・装着方法
・接続方式
・その他の機能


上記のポイントを抑えることで、より使いやすいオーディオテクニカ製イヤホンを選べるはずです。

オーディオテクニカ製のイヤホンは値段も安く、さらに高音質な商品も多いため、コスパのいいイヤホンです。そして、選び方を踏まえて商品を購入すると、さらに音質などに満足できるはずです。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


Bluetoothヘッドホンおすすめ6選|高音質のために必要な基礎知識も

Bluetoothヘッドホンおすすめ6選|高音質のために必要な基礎知識も

オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶBluetoothヘッドホン6選をご紹介します。また、より音質にこだわりたい方のために、コーデックについての基礎知識もご紹介しています。ぜひ参考にしてください!

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

【2021年】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ35選|人気メーカーから厳選!

【2021年】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ35選|人気メーカーから厳選!

近年増え続けている完全独立型のワイヤレスイヤホン。防水タイプやノイズキャンセリング機能付きの商品、高音質の商品から1万円以下の高コスパの商品まで用途や予算に合わせて選ぶことができます。この記事では、オーディオ・ビジュアル評論家/野村ケンジさんにお話をうかがい、完全ワイヤレスイヤホンのおすすめと選び方をご紹介します。スポーツにも役立つ防水・防塵タイプや高性能・高音質な商品もピックアップ。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

【2021年】Bluetoothイヤホンおすすめ26選|コスパのいいモデルや人気メーカーも!

【2021年】Bluetoothイヤホンおすすめ26選|コスパのいいモデルや人気メーカーも!

年々進化を遂げているワイヤレスイヤホン。Bluetooth接続で、わずらわしいコードがなく快適に使用できます。最近はイヤホンジャックのないスマートフォンも多く登場しているので、今後ますます普及していくことでしょう。この記事では、家電製品総合アドバイザーの福田満雄さんにお話をうかがい、Bluetoothイヤホンのおすすめと選び方をご紹介していきます。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , スピーカー

EarFun Free Proを実際に使ってみてレビュー|5000円台の完全ワイヤレスイヤホンの実力を検証します!

EarFun Free Proを実際に使ってみてレビュー|5000円台の完全ワイヤレスイヤホンの実力を検証します!

近年は、コードがないワイヤレスイヤホンが流行っていますが「値段の幅が大きくて、何を買えばよいかわからない」や「予算を抑えたいけれど機能面が不安でいまいち購入に踏み込めない」という方がいらっしゃるかと思います。この完全ワイヤレスイヤホン『EarFun Air Pro』は価格が5,000円台でとてもリーズナブル。初めてワイヤレスイヤホンを試すにはぴったりの商材です。本記事では、リーズナブルな価格のイヤホン「EarFun Free Pro」の実力を試してみました。これからワイヤレスイヤホンの購入を検証される方はぜひ参考にしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

ラディウスのHP-T200BTを検証レビュー|おしゃれさと高性能をあわせもつANC機能つきイヤホン!

ラディウスのHP-T200BTを検証レビュー|おしゃれさと高性能をあわせもつANC機能つきイヤホン!

この記事では、ラディウス株式会社から2021年8月に発売されたオーディオ『HP-T200BT』を実際に使って、機能性や口コミなどを検証しています。有線のイヤホンは、ふとした時に手や鞄のストラップに引っかかって不便ですよね。そんなときに便利なのがBluetoothを使って機器と接続するワイヤレスイヤホン。とても便利なのですが、たくさんのメーカーから発売されており価格もさまざまなのでどのイヤホンがよいのかわからないのではないでしょうか?今回検証をしているラディウス株式会社の完全ワイヤレスイヤホン『HP-T200BT』はデザイン性、機能性にくわえ価格も1万円台ととてもリーズナブル。実際に使ってみて筆者が気付いたことを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

関連するブランド・メーカー


audio-technica(オーディオテクニカ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。