オーディオテクニカのヘッドホンおすすめ10選|人気のワイヤレスも!

audio-technica SOLID BASS ワイヤレスヘッドホン 重低音 最大40時間再生 ブラックゴールド ATH-WS660BT BGD
出典:Amazon

オーディオテクニカは、1974年のAT-700シリーズ以来、45年以上にわたってヘッドホンをつくり続けている老舗(しにせ)の国産オーディオメーカーです。現在のラインナップもエントリークラスからハイエンドモデル、有線からBluetoothワイヤレスまでと、数多くの商品を取りそろえています。

本記事では、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材のもと、オーディオテクニカ製ヘッドホンの選び方とおすすめ商品を紹介します。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

オーディオ・ビジュアル評論家
野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。 特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。 また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

オーディオテクニカってどんなメーカー?

 

オーディオテクニカ(audio-technica)は、1962年4月17日に設立した日本の音響機器メーカーです。ファンの間では「オーテク」という愛称で親しまれており、一般的な製品も多いですが、プロミュージシャンなどの音楽業界に向けた製品も多く発売しています。ヘッドホンやイヤホン、マイクロホン機器への評価が高く、とくにマイクロホンはアテネオリンピックやグラミー賞授賞式に採用された実績もあります。

重低音に特化したものやリーズナブルなのに質のよいタイプなど、エントリークラスからハイエンドモデルまで、とにかく豊富な種類があり、好みに合わせて自分にピッタリのヘッドホンが選べる魅力があります。

オーディオテクニカ製ヘッドホンの選び方

ここからは、オーディオテクニカ製のヘッドホンの選び方をご紹介します。

ヘッドホンの種類をチェック

ヘッドホンはハウジングの形状によって「密閉型」「開放型」にわかれます。

密閉型|音もれしないから通勤通学にも

 

密閉型は、音もれが少なくどこでも使えるのがメリット。音漏れの心配がないので、電車やバスなど公共の場所でまわりに人がいても使えるほか、騒がしい場所などで外部の音も遮断してくれます。また、重低音もしっかり聞こえるというメリットもあります。一方で、ハウジング部分が大きいため、持ち運びには少々不便な面があります。

開放型|室内での使用におすすめ

 

開放型は、穴の空いたハウジングによって音のゆがみを可能なかぎり排除した音質最優先タイプ。「オープンエアー型ヘッドホン」とも呼ばれます。耳への圧迫感がないので耳が疲れにくく、高音もしっかり聴こえます。「ヘッドホンをすると耳が痛い」という人にはこちらがおすすめです。また、音漏れが大きいため、活用場所が限定される傾向があるので、自宅のみで使う方におすすめします。

音質の違う4タイプをチェック

オーディオテクニカ製ヘッドホンには音楽観賞用以外にもプロモニターやゲーミングなど、さまざまなタイプの商品があります。各シリーズごとに特徴があるのでチェックしてみてください。

ポータブルタイプの「Sound Reality(サウンドリアリティ)」シリーズ

 

「Sound Reality(サウンドリアリティ)」は中高音域から低音域まで、それぞれがもつ「音本来の豊かさ」の表現を追い求めるシリーズです。ハイレゾ音源の情報量にも素早く対応し、原音の持つニュアンスをのがさず再現することを目指しています。

オーバーヘッド型のポータブルヘッドホンのほかにも、ネックバンドつきのワイヤレスイヤホン、カナル(耳栓)タイプのワイヤレスイヤホンまでそろっており、幅広いユーザーのニーズに応えます。

重低音が特徴の「SOLID BASS」シリーズ

 

「SOLID BASS(ソリッドベース)」シリーズは、低音域の音質にこだわりました。振動板を大きく動かしつつコントロールできるよう工夫されたドライバー構造が迫力のある重低音を生み出します。密閉性の高いハウジングとフィット感のある装着機構で、音もれを防ぎながら空気を利用して共鳴させます。

持ち運びにも適しており、屋外でも屋内でも使用できます。

密閉型の「A(アートモニター)」シリーズ

 

「A(アートモニター)」シリーズは、音の正確さ・明瞭さに特徴があります。原音を正確に再現できるように工夫されており、振動板はφ53mmの大口径、音声信号を音に変換するボイスコイルには通常より純度の高い銅線を使用。高音から低音までの広い音域に対応します。

また密閉式の利点をフルにいかした二重構造ハウジングが音に伸びを与えます。

開放型の「AD(エアーダイナミック)」シリーズ

 

オーディオテクニカらしい音に触れられるのが「AD(エアーダイナミック)」シリーズです。豊かな中高音域と迫力の低音域、クリアな音質が楽しめます。

開放型のハウジングはなかの空気を拡散させることで音の広がりを演出する反面、先にも述べたように音がヘッドホンの外部にもれやすいため、自宅での使用がおすすめです。気兼ねなく聴ける環境で良質なサウンドに包まれまれる体験をしてください。

有線? ワイヤレス? 接続方法をチェック

ヘッドホンの接続方法は、有線かワイヤレスかの2択。使いやすいほうを選びましょう。

コード付きの「有線タイプ」

 

「有線タイプ」の長所はやはり音質のよさです。コードのなかを音声信号が伝わってくるので劣化が少なく、ノイズが入りづらい利点があります。音楽や映像の製作現場で使われることも多い有線タイプですが、デバイスとのタイムラグが少なく耳に届くので、ゲームでの使用にも向いていています。

短所はコードが作業のじゃまになったり、コード内の断線などで交換が必要だったりする場合があること。これには片出しコードやコードのみの交換対応がなされています。

Bluetooth接続などの「ワイヤレスタイプ」

 

「ワイヤレスタイプ」はコードの存在を気にせずにすむストレスフリーな使い心地が魅力です。満員電車やトレーニングなどさまざまなシーンで使用できるほか、ファッション性もあり装着方法で個性を出すことも可能です。

有線タイプよりは音質がさがると言われていますが、Bluetooth機能の進化やオーディオテクニカの技術で音質をあげています。

持ち運びたいなら折りたたみできるものを

 

折りたたんでコンパクトに収納できたり、音もれに配慮されているなど、屋外でも活用したい方には気軽に持ち運びができるようにデザインされたものがおすすめです。オーディオテクニカのヘッドホンは、折りたたみできるものも多く、有線とワイヤレス両方に対応しているモデルもあります。ヘッドホン選びの際、音の好みは最優先ですが、使い勝手もぜひ考慮に入れてください。

騒音を消すノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリングヘッドホン

ノイズキャンセリング機能は、外界の騒音・雑音に対し、それらを打ち消す信号を発してノイズを低減するよう働きかけます。これによって内容が聞き取りやすくなり、不必要にボリュームをあげなくても音声・音楽を楽しめます。

電車や街の喧騒(けんそう)のなかなど、屋外で使用したい方はこの機能があるヘッドホンを試してみてください。

ハイレゾ対応モデルなら高音質が楽しめる

高音質のヘッドホン

ハイレゾ(High Resolution)は高度解像度、つまり情報量が非常に多い音楽データです。含まれる情報量が増えると、音域は広がって音質はよりクリアになります。

同時に、膨大な情報量に対応するには相応の処理能力が必要です。その能力をもつものをハイレゾ対応モデルとよび、金色のマークをつけて目印にしています。ハイレゾ音源を楽しみたいかたはこのマークを探してください。

好みのデザインを見つけて

好みのデザインのヘッドホン

オーディオテクニカのヘッドホンは機能だけではなく、デザイン性も評価されています。その実力は国内のオーディオビジュアルアワードであるVGPで受賞したこともあるほどです。

ヘッドホンはファッションアイテムのひとつとして定着しました。多彩なカラーやデザインからお気に入りを見つけてビジュアル面からも楽しんでください。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
audio-technica(オーディオテクニカ)『オープン型 オンイヤー ヘッドホン 楽器用モニター(TH-03LM)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『Sound Reality(ATH-AR3BT)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『STREET MONITORING ポータブルオンイヤーヘッドホン(ATH-S100)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『QuietPoint 密閉型ヘッドホン ノイズキャンセリング(ATH-ANC9)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『SoundReality ポータブルヘッドホン(ATH-MSR7b)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『SoundReality ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン(ATH-SR50BT)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『ART MONITOR ヘッドホン(ATH-A900Z)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『エアーダイナミック オープン型ヘッドホン(ATH-AD2000X)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『エアーダイナミックヘッドホン(ATH-ADX5000)』
audio-technica(オーディオテクニカ)『SOLID BASS ワイヤレスヘッドホン(ATH-WS660BT)』
商品名 audio-technica(オーディオテクニカ)『オープン型 オンイヤー ヘッドホン 楽器用モニター(TH-03LM)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『Sound Reality(ATH-AR3BT)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『STREET MONITORING ポータブルオンイヤーヘッドホン(ATH-S100)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『QuietPoint 密閉型ヘッドホン ノイズキャンセリング(ATH-ANC9)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『SoundReality ポータブルヘッドホン(ATH-MSR7b)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『SoundReality ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン(ATH-SR50BT)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ART MONITOR ヘッドホン(ATH-A900Z)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『エアーダイナミック オープン型ヘッドホン(ATH-AD2000X)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『エアーダイナミックヘッドホン(ATH-ADX5000)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『SOLID BASS ワイヤレスヘッドホン(ATH-WS660BT)』
商品情報
特徴 必要なものはそろっている軽量で質のよいヘッドホン スマホとの相性良好な長時間使用可のワイヤレス 長時間使用でも疲れづらいからオンライン授業にも シーンに合わせて95%騒音低減 使い勝手と音質が巧みに両立した第2世代 ワイヤレスやノイズリダクションが便利な多機能型 定番として高い人気をほこる密閉型ヘッドホン 根強い人気を保ち続ける開放型のハイクラスモデル オーディオテクニカが理想とする究極サウンドを堪能 屋外でも扱いやすい重低音モデル
タイプ オープンバックダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 オープンエアーダイナミック型 オープンエアーダイナミック型 密閉ダイナミック型
シリーズ - Sound Reality - - Sound Reality Sound Reality Art Monitor AIR DYNAMIC AIR DYNAMIC SOLID BASS
質量 50g 約190g 約110g 約220g 約237g 約262g 335g 265g 約270g 約220g
ドライバー φ31mm φ40mm φ36mm φ40mm φ45mm φ45mm φ53mm φ53mm φ58mm φ53mm
再生可能時間 - 最大約30時間(連続通信、音楽再生時) - 約30時間(単4形アルカリ乾電池使用時)、約15時間(単4形ニッケル水素充電池使用時)約30時間(単4形アルカリ乾電池使用時)、 - 最大約28時間(Bluetooth、ノイズリダクション使用時)、最大33時間(Bluetoothのみ使用時) - - - 最大約40時間
通信方式 - Bluetooth標準規格Ver.4.1準拠 - - - Bluetooth標準規格Ver5.0準拠 - - - Bluetooth標準規格Ver.4.1準拠
再生周波数帯域 25~1万9000Hz 5~3万5000Hz 15~2万2000Hz 10~2万5000Hz 5~5万Hz 5~4万Hz 5~4万Hz 5~4万5000Hz 5~5万Hz 8~2万9000Hz
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月21日時点 での税込価格

エキスパートのアドバイス

オーディオ・ビジュアル評論家

オーディオテクニカは、とても真摯(しんし)に、いつもまじめにヘッドホンの音を追求し続けているメーカーです。どのシリーズ、どのグレードの商品もそれぞれによいところを持ち合わせていますので、どれが気に入っても、どれを選んでも損することはありません。

とはいえ、価格帯によって利便性や音のよさは変わってきてしまいますので、ミドルクラスからではなく、気になるシリーズの上位機種から聴きはじめるのもひとつの方法です。グレードを下げているのにもかかわらず、「いやいや、これでじゅうぶん満足でしょう! 」と思える商品に出会えることができたら、格別の幸せだと思います。

ただ、この方法は「結局、最上級モデルがいちばんよかった」という沼にハマる可能性もあります。くれぐれもお気をつけください。

オーディオテクニカ製ヘッドホンおすすめ10選

ここからは、オーディオテクニカ製ヘッドホンのなかからおすすめ商品をご紹介します。

audio-technica(オーディオテクニカ)『オープン型 オンイヤー ヘッドホン 楽器用モニター(TH-03LM)』

必要なものはそろっている軽量で質のよいヘッドホン

シンプルなビジュアルに油断させられそうですが、ドライバーはφ31mmm、再生周波数帯域は一般的な人間の可聴域といわれる20~2万Hzに近い値をキープ。有線および開放型の長所もいかした、楽器のモニターに使用できるスペックを持っています。

対して重量は50gと軽量で、長時間使用でもつかれづらく、快適な使い心地が期待できます。

audio-technica(オーディオテクニカ)『Sound Reality(ATH-AR3BT)』

audio-technica(オーディオテクニカ)『SoundReality(ATH-AR3BT)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『SoundReality(ATH-AR3BT)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『SoundReality(ATH-AR3BT)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『SoundReality(ATH-AR3BT)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『SoundReality(ATH-AR3BT)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『SoundReality(ATH-AR3BT)』

出典:Amazon

スマホとの相性良好な長時間使用可のワイヤレス

ワイヤレスで自由に音楽を楽しめることを目指した製品です。Bluetooth通信のデータ圧縮にaptXとAAC方式を採用し、ワイヤレスで心配される通信の遅延や音の劣化を防ぎます。iPhone・androidどちらのスマホにも適した環境で良質なサウンドを味わえます

耳元での操作と最大30時間の連続使用が可能で、折りたたむこともできるので、外出先など使用場所を選びません。

audio-technica(オーディオテクニカ)『STREET MONITORING ポータブルオンイヤーヘッドホン(ATH-S100)』

audio-technica(オーディオテクニカ)『STREETMONITORINGポータブルオンイヤーヘッドホン(ATH-S100)』

出典:Amazon

長時間使用でも疲れづらいからオンライン授業にも

φ36mmのドライバーでクリアな音質を実現したポータブルモデルです。コンパクトで軽量なこのヘッドホンは女性や子どもにもフィットしやすく、長時間使用しても疲れにくいのが特徴。片出しのコードは手元の作業や動きをじゃましないので、オンライン授業にも使えます

ポップな色使いでファッション性も高く、カラーバリエーション展開があるので選ぶのも装着するのも楽しめます。

audio-technica(オーディオテクニカ)『QuietPoint 密閉型ヘッドホン ノイズキャンセリング(ATH-ANC9)』

audio-technica(オーディオテクニカ)『QuietPoint密閉型ヘッドホンノイズキャンセリング(ATH-ANC9)』

出典:Amazon

シーンに合わせて95%騒音低減

ノイズキャンセル機能を重要視したい方にはこちらをおすすめ。ハウジングの外となか、2つのマイクロフォンをノイズキャンセリング回路で稼働させることで周りの騒音を95%まで低減します。加えてオフィスや電車内など騒音の種類や大きさに合わせ、シーンに適した3つのモードを選択可能。

付属の専用コードでスマホにも接続対応しています。オンラインのサウンド聴取ができます。

audio-technica(オーディオテクニカ)『SoundReality ポータブルヘッドホン(ATH-MSR7b)』

オーディオテクニカ『ATH-MSR7b』 オーディオテクニカ『ATH-MSR7b』 オーディオテクニカ『ATH-MSR7b』

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家

使い勝手と音質が巧みに両立した第2世代

屋外のリスニングがメインの方におすすめなのがこちらのヘッドホンです。Sound Realityシリーズの先駆けとなったポータブル型ヘッドホン『ATH-MSR7』の第2世代モデル。第1世代と同じ45mm口径ダイナミック型ドライバーを搭載しつつ、DLC(Diamond Like Carbon)コーティング振動板や、さらなる音質を追求した新設計ハウジング部などにより、音質がアップされています。

また、スイーベル機構やA2DCコネクターによる着脱式ケーブルの採用など、持ち運びのしやすさや耐久性についても、きめこまやかな配慮がほどこされているのはうれしいかぎりです。第1世代に比べて価格がアップしてしまい、両出しケーブルも好みがわかれるところではありますが、音質と持ち運びのしやすさについては圧倒的なグレードアップですし、価格を考えるとじゅうぶんに魅力的な商品といえるでしょう。

audio-technica(オーディオテクニカ)『SoundReality ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン(ATH-SR50BT)』

audio-technicaSoundRealityノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンBluetoothマイク付ブラックATH-SR50BTBK audio-technicaSoundRealityノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンBluetoothマイク付ブラックATH-SR50BTBK audio-technicaSoundRealityノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンBluetoothマイク付ブラックATH-SR50BTBK audio-technicaSoundRealityノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンBluetoothマイク付ブラックATH-SR50BTBK audio-technicaSoundRealityノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンBluetoothマイク付ブラックATH-SR50BTBK audio-technicaSoundRealityノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンBluetoothマイク付ブラックATH-SR50BTBK audio-technicaSoundRealityノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンBluetoothマイク付ブラックATH-SR50BTBK audio-technicaSoundRealityノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンBluetoothマイク付ブラックATH-SR50BTBK

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家

ワイヤレスやノイズリダクションが便利な多機能型

ポータブル型ヘッドホン、Sound Realityシリーズのワイヤレスモデルで、周囲の騒音を抑制するノイズリダクション機能や、逆に音楽を再生しつつも環境音を確認しやすいカタチでミックスさせるヒアスルー機能、駅や空港のアナウンスなどをすぐに確認できるクイックヒアスルー機能などをもちあわせています。屋外で使い勝手のいい、かつピュアな音が楽しめるヘッドホンです。肝心のサウンドも、Sound Realityらしく明朗快活な表現が楽しめます。

このほか、密閉性にすぐれ、交換やメンテナンスもかんたんなロック式イヤーパッド、コンパクトに収納できるスイーベル&折りたたみ機構、マイク付きなど、使い勝手に関してはとことんまで配慮されています。価格もそれほど高価ではないので、手軽に高機能ヘッドホンを試してみたいという方にピッタリです。

audio-technica(オーディオテクニカ)『ART MONITOR ヘッドホン(ATH-A900Z)』

AudioTechnicaARTMONITORヘッドホンハイレゾ音源対応ATH-A900Zブラック AudioTechnicaARTMONITORヘッドホンハイレゾ音源対応ATH-A900Zブラック AudioTechnicaARTMONITORヘッドホンハイレゾ音源対応ATH-A900Zブラック AudioTechnicaARTMONITORヘッドホンハイレゾ音源対応ATH-A900Zブラック

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家

定番として高い人気をほこる密閉型ヘッドホン

密閉型ヘッドホンの定番モデルとして、長い期間人気をたもち続けているアートモニターシリーズのミドルクラス商品です。

高純度アルミ二ウムハウジング内に、日本の職人がていねいに作り上げた53mm口径のダイナミック型ドライバーを搭載。OFCボビン巻きボイスコイルや超硬質カーボン材による特殊コーティングをほどこしたダイアフラムなど、上位モデルの技術をいくつも投入することで、音質と価格が巧みにバランスしたハイコストパフォーマンスモデルに仕上がっています。

とくに、音質面で基準となるヘッドホンがほしい、という方におすすめしたい商品です。

audio-technica(オーディオテクニカ)『エアーダイナミック オープン型ヘッドホン(ATH-AD2000X)』

audio-technicaエアーダイナミックオープン型ヘッドホンハイレゾ音源対応ATH-AD2000X audio-technicaエアーダイナミックオープン型ヘッドホンハイレゾ音源対応ATH-AD2000X audio-technicaエアーダイナミックオープン型ヘッドホンハイレゾ音源対応ATH-AD2000X audio-technicaエアーダイナミックオープン型ヘッドホンハイレゾ音源対応ATH-AD2000X audio-technicaエアーダイナミックオープン型ヘッドホンハイレゾ音源対応ATH-AD2000X

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家

根強い人気を保ち続ける開放型のハイクラスモデル

発売して6年以上が経過しているものの、いまでも変わらず根強い人気をたもち続けている開放型ADシリーズのハイクラスモデルです。『ATH-ADX5000』が登場したためフラッグシップモデルとはいえなくなりましたが、それでも変わらぬ実力の高さを持ちあわせています。

特徴は、スムーズで自然な表現と、ゆがみのない心地よさ満点のサウンドキャラクター。元フラッグシップのため価格は決して安価ではありませんが、自宅の室内で聴くのがほとんどで、かつ長く使い続けられる1台がほしい、という方におすすめしたい商品です。

audio-technica(オーディオテクニカ)『エアーダイナミックヘッドホン(ATH-ADX5000)』

audio-technicaATH-ADX5000エアーダイナミックヘッドホン

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家

オーディオテクニカが理想とする究極サウンドを堪能

ADシリーズのなかでも頂点に位置する商品です。チーフエンジニアがパーツのひとつひとつ、組み上げ精度まで徹底追求し、いっさいの妥協なく作り上げたモデルです。その結果として、とてもクリアできめこまやかな、それでいてキレがよく力強いサウンドを聴くことができます。

おいそれと手が出る価格帯ではありませんし、かなりパワフルなヘッドホンアンプが必要となります(スマホ直ばかりかDAP直でもまず不可能です)が、オーディオテクニカがヘッドホンにどんな音を求めているのかを知るためにも、一度は試聴してみることをおすすめします。

audio-technica(オーディオテクニカ)『SOLID BASS ワイヤレスヘッドホン(ATH-WS660BT)』

オーディオテクニカ『ATH-WS660BT』 オーディオテクニカ『ATH-WS660BT』 オーディオテクニカ『ATH-WS660BT』

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家

屋外でも扱いやすい重低音モデル

SOLID BASSシリーズの特徴であるパワフルな重低音を持つBluetoothワイヤレスヘッドホン。53mm口径のドライバーユニットによって、たっぷりとした量感の低音を実現しています。

それでいて、本体は軽量コンパクトにまとめられており、Bluetoothワイヤレスとあわせ屋外でもたいへん扱いやすいです。音質も、aptXコーデックに対応している恩恵もあり、なかなか良質です。屋外で使いやすいヘッドホンを探している「重低音」好きの人におすすめです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする オーディオテクニカのヘッドホンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのオーディオテクニカのヘッドホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:オーディオテクニカのヘッドホンランキング
楽天市場:オーディオテクニカのヘッドホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】ほかのイヤホンやヘッドセットもチェック

まとめ

音楽鑑賞のシーンはスマホでのストリーミングが増え、リモートなどオンラインで音声通信する機会も多くなりました。一方で自宅や製作現場で腰をすえて質の高い音源聴取を望まれるかたもおられるはずです。

ご紹介したオーディオテクニカは、多彩なシーンとニーズにこたえる懐の深いメーカーです。あなたのスタイルに合ったヘッドホンがきっとみつかりますよ。オーディオテクニカのヘッドホンと一緒に豊かなサウンドライフを楽しんでください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


【Bluetooth対応】ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめ14選|マイク付きも

【Bluetooth対応】ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめ14選|マイク付きも

電車のなかや屋外の騒音のなかでも雑音を気にすることなく音楽に集中したい、そんな方にピッタリなのがノイズキャンセリングヘッドホンです。外部の雑音を低減し、流れる音楽のみをしっかり感じられます。本記事では、1万円以下~5万円まで幅広い価格帯でBluetooth対応ノイズキャンセリングヘッドホンの選び方とおすすめ商品をご紹介していきます。

イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

Web会議にちょうどいい!マイク付きイヤホンおすすめ18選|ワイヤレス・有線も紹介

Web会議にちょうどいい!マイク付きイヤホンおすすめ18選|ワイヤレス・有線も紹介

テレワークやリモートワークの機会が増え、マイク付きイヤホンがひとつあれば、ハンズフリーにもなり便利だと感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、いざ購入するとなると種類が多く、価格帯も幅広いので悩んでしまうもの。本記事では、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が厳選したマイク付きイヤホンのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

イヤホン・ヘッドホン , iPhone , Android

【高音質・高コスパ・外れにくい】ランニング用イヤホンおすすめ18選

【高音質・高コスパ・外れにくい】ランニング用イヤホンおすすめ18選

本記事では、オーディオ&ビジュアルライターでAV機器の評論家である折原一也さんの取材をもとに、ランニングに適したイヤホンの選び方とおすすめの商品をご紹介。外れにくい商品や、高音質で高コスパな商品まで紹介しています。これまで納得できるイヤホンに出会えていなかった方、必見の情報ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

イヤホン・ヘッドホン , オーディオ , ランニング・ジョギング・マラソン

ヘッドホンおすすめ26選|密閉型やハイレゾ対応、おしゃれモデルなど紹介

ヘッドホンおすすめ26選|密閉型やハイレゾ対応、おしゃれモデルなど紹介

オーディオ機器で音楽を聴くのに欠かせないヘッドホン。しかし、ヘッドホンにも形状や接続方式などさまざまな種類があります。また、高音質か高コスパかでも特徴が異なります。本記事では、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんへの取材のもと、ヘッドホンの選び方やおすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

iPhone用イヤホンおすすめ27選|高音質・ノイキャン・マイク付きも

iPhone用イヤホンおすすめ27選|高音質・ノイキャン・マイク付きも

高音質の製品からリーズナブルなものまで、選べるモデルが多いiPhone用イヤホン。フィット感にすぐれたものや、ワイヤレスで耳から外れにくくスポーツシーンでも音楽を楽しめるものもあります。この記事では、iPhone用イヤホンを選ぶときのポイントを解説し、ITライターの傍島康雄さんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

関連するブランド・メーカー


audio-technica(オーディオテクニカ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。