ガジェット系ライターが選ぶBeatsヘッドホン・イヤホンのおすすめ5選!

ガジェット系ライターが選ぶBeatsヘッドホン・イヤホンのおすすめ5選!
フリーライター&エディター
堀井塚 高

新聞記者、ゲームライター、パソコン系ライター、雑誌・書籍の編集者、Web編集者など出版系全般に関わり、企画・執筆・編集・校正までをこなす「校了請負人」を自称。 IT関連はもちろん、金融関連、経済関連、医療関連、ラノベ、乙女ゲー攻略本まで幅広く対応する。 家族は息子1人とスマートスピーカー6台。 好きなエヴァンゲリオンは初号機。 行ってみたい場所は仮面舞踏会。 座右の銘は「愚直」「悪党の最期なんて、そんなもんだろ」。

ガジェット系ライターの堀井塚 高さんにBeatsヘッドホン・イヤホンの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。Beats(ビーツ)の創業は2006年。比較的新しい音響機器メーカーですが、海外セレブが使っていることで人気が拡大。2014年にアップルに買収されたこともあり、以降に発売されたモデルは、iPhoneやiPadなどとの親和性が高くなっています。またヘッドホン・イヤホンとしての性能はもちろん、デザイン性が高いのもBeatsブランドの魅力です。特徴的な「b」のロゴマークは、ひと目でBeats製品とわかります。そんなBeats製品の選び方を紹介します。


Beatsヘッドホン・イヤホンの選び方のコツとは? ガジェット系ライターが伝授!

ガジェット系ライターの堀井塚 高さんに、Beatsヘッドホン・イヤホンを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

Beatsのヘッドホン・イヤホンには、ノイズキャンセリングモデルをはじめ、さまざまな製品があります。

Beatsのヘッドホン・イヤフォンはBluetoothモデルがおすすめ

フリーライター&エディター

ヘッドホンやイヤホンの接続方式は有線と無線に分かれますが、iPhone 7以降のモデルでは、イヤホンジャックが撤廃され、Bluetooth接続が「基本スタイル」になりました。もちろん変換アダプターを使って接続する方法もありますが、ケーブルがわずらわしいと感じる人は少なくないでしょう。

ちなみに、Beats製品のヘッドホンは、無線モデルでもケーブルが付属します。バッテリーを節約したいときや音質にこだわりたいときには有線接続でも利用できます。

Beats(ビーツ)『Beats Solo3 Wireless』

Bluetooth接続に対応したモデルです。

>> Amazonで詳細を見る

ワイヤレスのヘッドホンは2種類、機能で選ぶ

フリーライター&エディター

Beatsブランドにおけるワイヤレスヘッドホンの現行モデルは「Beats Studio3 Wireless」と「Beats Solo3 Wireless」のみ(※2019年10月30日に「Beats Solo Pro」が発売になりました)。店頭には旧モデルも出回っていますが、あえて選ぶ理由はないでしょう。

Studio3とSolo3の最大の違いは、外部の雑音を遮断する「Pure ANC(ピュアアダプティブノイズキャンセリング)機能」の有無。またStudio3は、再生する音楽に合わせてサウンド出力を自動調整してくれる「リアルタイムオーディオキャリブレーション機能」も搭載しています。音にこだわる人であればStudio3がおすすめとなりますが、通勤・通学など普段使いであればSolo3でも充分に音楽を楽しめます。

Beats(ビーツ)『Beats Studio3 Wireless』

サウンド出力を自動調整してくれる「リアルタイムオーディオキャリブレーション」搭載モデルです。

>> Amazonで詳細を見る

ワイヤレスイヤホンは3種類、タイプで選ぶ

フリーライター&エディター

Beatsブランドのワイヤレスイヤホンはまず、完全ワイヤレスの「Powerbeats Pro」とネックバンド型2モデル。ケーブルをわずらわしく感じる人であれば、完全ワイヤレスがおすすめ。ネックバンド型は、バッテリー駆動時間が長いため、長時間音楽を楽しみたい人におすすめのモデルです。

なお、ネックバンド型は「Beatsx」と「Powerbeats3 Wireless」で、防水機能やバッテリー駆動時間などに違いがあります。通常の使用なら前者で問題ありませんが、エクササイズ中に利用するなら防水機能を搭載する後者に軍配が上がります。

Beatsヘッドホン・イヤホンのおすすめ商品5選! ガジェット系ライターが選ぶ

先ほど紹介したBeatsヘッドホン・イヤホンの選び方のポイントをふまえて、堀井塚 高さんに選んでもらったおすすめ商品を5つ紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Beats(ビーツ)『Beats Studio3 Wireless』

Beats(ビーツ)『BeatsStudio3Wireless』

出典:Amazon

通信方式 Bluetooth®
カラー ホワイト、レッド、ブルー、マットブラック、シャドーグレー、レジスタンス・ブラックレッド、ミッドナイトブラックほか
バッテリー駆動時間 最長22時間
充電時間 数分間の充電で最長3時間再生
重量 260g
付属イヤピース -
Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

独自技術Pure ANC搭載のBTヘッドホン

2017年10月に発売されて以来、いまだに人気の高いワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン。独自開発のPure ANCが外部の環境音を遮断します。また、サウンド出力を自動で最適化してくれるリアルタイムオーディオキャリブレーション機能も搭載。バッテリー駆動時間も最長約22時間と長く、10分の充電で約3時間の再生が可能になる急速充電にも対応しています。

さらに、ハンズフリー通話や、アップルのAIアシスタント「Siri」の起動にも対応するなど、iPhoneユーザーには特におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Beats(ビーツ)『Beats Solo3 Wireless』

Beats(ビーツ)『BeatsSolo3Wireless』

出典:Amazon

通信方式 Bluetooth®
カラー クラブレッド、クラブイエロー、クラブホワイト、クラブネイビー、ブラック、ローズゴールド、サテンシルバー、サテンゴールド、レッド
バッテリー駆動時間 最長40時間
充電時間 5分の充電で約3時間の再生
重量 215g
付属イヤピース -
Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

色鮮やかなクラブカラーが楽しいBTヘッドホン

上位モデルのStudio3に比べれば機能は劣るものの、ワイヤレスヘッドホンとしては十分な性能を備えています。バッテリー駆動時間は最長約40時間となっており、5分の充電で約3時間の再生が可能になる急速充電にも対応しています。

ハンズフリー通話や、アップルのAIアシスタント「Siri」の起動に対応している点はStudio3と同様。こちらのモデルもiPhoneユーザーにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』

Beats(ビーツ)『PowerbeatsPro』

出典:Amazon

通信方式 Bluetooth®、Apple H1チップ
カラー アイボリー、ブラック、ネイビー、モス
バッテリー駆動時間 最長9時間
充電時間 5分の充電で約90分再生
重量 20.3g
付属イヤピース -
Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

Air Podsをしのぐ完全ワイヤレスイヤホン

「ワークアウトのために進化を遂げた」のうたい文句通り、スポーツジムなどでの利用に最適な完全ワイヤレスイヤホンです。動きを制限するケーブルはなく、激しく動いても外れにくいイヤフック付き。耐汗/防沫仕様になっているため、汗をかいても心配はありません。

音質も最高レベルで、バッテリー駆動時間は最長約9時間。充電ケースを利用すれば、24時間以上の再生も可能になっています。イヤパッドのボタンで音量とトラックを操作でき、ハンズフリー通話も可能。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Beats(ビーツ)『Powerbeats3 Wireless』

Beats(ビーツ)『Powerbeats3Wireless』

出典:Amazon

通信方式 Bluetooth®
カラー ブラック、ホワイト、レジスタンス・ブラックレッド
バッテリー駆動時間 最長12時間
充電時間 5分
重量 -
付属イヤピース 4サイズ
Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

アウトドアにも強い耐汗/防沫のワイヤレスイヤホン

耐汗/防沫仕様で、イヤフックも付いたネックバンド型ワイヤレスイヤホンです。ケーブル部分は付属の巻取り用クリップを使えば体にぴったりフィット。こちらもワークアウト向けと言えます。

バッテリー駆動時間は最長約12時間で、5分の充電で約1時間の再生が可能になる急速充電にも対応。ケーブルはリモート操作に対応しており、音量の調節やトラックの操作、電話の応答、Siriの起動などが可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Beats(ビーツ)『BeatsX』

Beats(ビーツ)『BeatsX』

出典:Amazon

通信方式 Bluetooth®
カラー ブラック、ホワイト、レジスタンス・ブラックレッド
バッテリー駆動時間 最長8時間
充電時間 5分の充電で約2時間再生
重量 -
付属イヤピース 4サイズ
Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

シンプルなネックバンド型ワイヤレスイヤホン

基本機能を押さえたシンプルなネックバンド型ワイヤレスイヤホン。耐汗/防沫ではなく、イヤフックも付いていないので、通勤・通学などの普段使いに適したモデルと言えます。バッテリー駆動時間は最長約8時間で、5分の充電で約2時間の再生が可能。

イヤーパッドはマグネット式なので、耳から外したときは左右のパッドを留めておけるのが便利です。ケーブルはリモート操作に対応しており、音量の調節やトラックの操作、電話の応答、Siriの起動などができます。

「Beatsヘッドホン・イヤホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Beats(ビーツ)『Beats Studio3 Wireless』
Beats(ビーツ)『Beats Solo3 Wireless』
Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』
Beats(ビーツ)『Powerbeats3 Wireless』
Beats(ビーツ)『BeatsX』
商品名 Beats(ビーツ)『Beats Studio3 Wireless』 Beats(ビーツ)『Beats Solo3 Wireless』 Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』 Beats(ビーツ)『Powerbeats3 Wireless』 Beats(ビーツ)『BeatsX』
商品情報
特徴 独自技術Pure ANC搭載のBTヘッドホン 色鮮やかなクラブカラーが楽しいBTヘッドホン Air Podsをしのぐ完全ワイヤレスイヤホン アウトドアにも強い耐汗/防沫のワイヤレスイヤホン シンプルなネックバンド型ワイヤレスイヤホン
通信方式 Bluetooth® Bluetooth® Bluetooth®、Apple H1チップ Bluetooth® Bluetooth®
カラー ホワイト、レッド、ブルー、マットブラック、シャドーグレー、レジスタンス・ブラックレッド、ミッドナイトブラックほか クラブレッド、クラブイエロー、クラブホワイト、クラブネイビー、ブラック、ローズゴールド、サテンシルバー、サテンゴールド、レッド アイボリー、ブラック、ネイビー、モス ブラック、ホワイト、レジスタンス・ブラックレッド ブラック、ホワイト、レジスタンス・ブラックレッド
バッテリー駆動時間 最長22時間 最長40時間 最長9時間 最長12時間 最長8時間
充電時間 数分間の充電で最長3時間再生 5分の充電で約3時間の再生 5分の充電で約90分再生 5分 5分の充電で約2時間再生
重量 260g 215g 20.3g - -
付属イヤピース - - - 4サイズ 4サイズ
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月4日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする Beatsヘッドホン・イヤホンの売れ筋をチェック

AmazonでのBeatsヘッドホン・イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:Beats by Dr.Dreランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

Beats製品にはワイヤレス非対応のモデルもある|ガジェット系ライターのアドバイス

フリーライター&エディター

ここで取り上げたのはワイヤレスのモデルですが、Beatsブランドにはワイヤレス非対応のモデルもあります

ヘッドホンなら「Beats EP」と「Beats Pro」、イヤホンなら「urBeats3」がワイヤレス非対応モデルです。なお、urBeats3にはコネクタの形状がLightningのものと、3.5mm ステレオミニプラグのものがあります。

【関連記事】そのほかのヘッドホン関連記事はこちら ノイズキャンセリング・ワイヤレス接続・人気メーカー製品まで

外部の雑音を打ち消し、静音効果をもたらすノイズキャンセリングヘッドホン。最近ではスーツを着用したビジネスマンが、デスクワーク時や飛行機での移動時に装着している姿が見られます。音楽鑑賞はもとより、静寂による集中力アップやストレス軽減といった効果も期待できます。

ノイズキャンセリングイヤホンは、マイクで周囲の騒音を分析し、逆位相の音を出すことで雑音を聴こえにくくする効果があるイヤホンです。SONYやBOSEといったメーカーがノイズキャンセリング製品で知られます。

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、BOSE製のヘッドホンやイヤホンの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。BOSEはノイズキャンセリング機能の先駆者として知られているブランドで、その機能性の高さが特徴です。

ここ最近、電車に乗るとよく目にする完全ワイヤレスイヤホン。BOSEやSONYをはじめ、多くのメーカーが高音質で防水防塵といった機能を兼ね備えた商品を発売しています。なかには、高コスパでおしゃれな商品もあり、どれを選んでいいのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

ITライターが選ぶワイヤレスヘッドホン5選をご紹介します。ワイヤレスヘッドホン(Bluetooth対応)は、邪魔な配線もなく手軽に音楽を楽しめるのが人気の商品です。ただ、その種類の多さからどれを選べばいいのか迷うところです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年最新版】ソニーおすすめイヤホン26選|ノイキャン、ハイレゾ対応も!

【2020年最新版】ソニーおすすめイヤホン26選|ノイキャン、ハイレゾ対応も!

ソニーショップ店長である野田博之さんと編集部が選ぶSONY(ソニー)のイヤホンの選び方&厳選商品をランキング形式でご紹介します。ノイズキャンセリングやワイヤレス(Bluetooth)、ハイレゾ対応など最新技術をつめ込んだ高性能モデルも続々登場。自分に合ったイヤホンを見つけてみてください。


2020年【DTM向け】モニターヘッドホンおすすめ19選|密閉型・開放型など

2020年【DTM向け】モニターヘッドホンおすすめ19選|密閉型・開放型など

モニターヘッドホンとは、レコーディングやミックス作業、DTMなど音源制作現場で使われているヘッドホンです。本記事では、コール徳島店店長の野田博之さんと編集部が選ぶモニターヘッドホンをランキング形式でご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】ヘッドホンおすすめ商品32選|密閉・ワイヤレス型などタイプで選ぶ

【2020年】ヘッドホンおすすめ商品32選|密閉・ワイヤレス型などタイプで選ぶ

オーディオを楽しむ際に欠かせないヘッドホン。ヘッドホンにはさまざまな種類があり、選ぼうとしても迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。そこで、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部が選ぶおすすめの2020年最新ヘッドホン32選をご紹介します。新しいヘッドホンの購入を考えている方は、参考にしてみてください。


骨伝導ヘッドホンおすすめ4選+番外編2選|有線接続タイプもご紹介!

骨伝導ヘッドホンおすすめ4選+番外編2選|有線接続タイプもご紹介!

骨伝導ヘッドホンは、鼓膜を介さずに外の音と音楽を同時に聴くことができるヘッドホンです。骨伝導ヘッドホンは頭骨経由で内耳(ないじ)の蝸牛(かぎゅう)を振動させ、脳に信号を届けます。本記事では、ガジェットライターの武者良太さんに選び方とおすすめ商品、また骨伝導ヘッドホンと同じく外音と音楽を同時に聴くことができるヘッドホンを番外編として紹介していただきます。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


オーディオテクニカ製イヤホンおすすめ5選|有線タイプから完全ワイヤレスまでご紹介

オーディオテクニカ製イヤホンおすすめ5選|有線タイプから完全ワイヤレスまでご紹介

本記事では、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、オーディオテクニカ製イヤホンの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。オーディオテクニカは、エントリークラスからハイエンドモデル、有線タイプから完全ワイヤレスタイプまで、数多くのイヤホンを取りそろえています。その分、商品を購入しようとなると、次から次へと目移りしてしまいますね。本記事を参考にして、好みの音質やライフスタイルにあった商品を見つけてみてください。


関連するブランド・メーカー


Beats(ビーツ)

新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る