Beatsヘッドホン・イヤホンのおすす6選|ノイズキャンセリング・完全ワイヤレスも

Beatsヘッドホン・イヤホンのおすす6選|ノイズキャンセリング・完全ワイヤレスも
フリーライター&エディター
堀井塚 高

新聞記者、ゲームライター、パソコン系ライター、雑誌・書籍の編集者、Web編集者など出版系全般に関わり、企画・執筆・編集・校正までをこなす「校了請負人」を自称。 IT関連はもちろん、金融関連、経済関連、医療関連、ラノベ、乙女ゲー攻略本まで幅広く対応する。 家族は息子1人とスマートスピーカー6台。 好きなエヴァンゲリオンは初号機。 行ってみたい場所は仮面舞踏会。 座右の銘は「愚直」「悪党の最期なんて、そんなもんだろ」。

ガジェット系ライターの堀井塚 高さんにBeatsヘッドホン・イヤホンの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。Beats(ビーツ)の創業は2006年。比較的新しい音響機器メーカーですが、海外セレブが使っていることで人気が拡大。2014年にアップルに買収されたこともあり、以降に発売されたモデルは、iPhoneやiPadなどとの親和性が高くなっています。またヘッドホン・イヤホンとしての性能はもちろん、デザイン性が高いのもBeatsブランドの魅力。特徴的な「b」のロゴマークは、ひと目でBeats製品とわかります。そんなBeats製品の選び方を紹介。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


Beatsヘッドホン・イヤホンの選び方 Bluetoothモデル、付加機能、モデルタイプ

ガジェット系ライターの堀井塚 高さんに、Beatsヘッドホン・イヤホンを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

Beatsのヘッドホン・イヤホンには、ノイズキャンセリングモデルをはじめ、さまざまな製品があります。

Bluetoothモデルがおすすめ 有線よりも無線(ワイヤレス)が主流

フリーライター&エディター

ヘッドホンやイヤホンの接続方式は有線と無線に分かれますが、iPhone 7以降のモデルでは、イヤホンジャックが撤廃され、Bluetooth接続が「基本スタイル」になりました。もちろん変換アダプターを使って接続する方法もありますが、ケーブルがわずらわしいと感じる人は少なくないでしょう。

ちなみに、Beats製品のヘッドホンは、無線モデルでもケーブルが付属します。バッテリーを節約したいときや音質にこだわりたいときには有線接続でも利用できます。

Beats(ビーツ)『Beats Solo3 Wireless』

Bluetooth接続に対応したモデルです。

>> Amazonで詳細を見る

ワイヤレスヘッドホンの機能で選ぶ ノイズキャンセリングやサウンド出力自動調整など

フリーライター&エディター

Beatsブランドにおけるワイヤレスヘッドホンの現行モデルは、耳を覆うオーバーイヤータイプの「Beats Studio3 Wireless」、耳に乗せるオンイヤータイプの「Beats Solo3 Wireless」、「Beats Solo Pro」。店頭には旧モデルも出回っていますが、あえて選ぶ理由はないでしょう。

違いは、外部の雑音を遮断する「Pure ANC(ピュアアダプティブノイズキャンセリング)機能」の有無。またStudio3は、再生する音楽に合わせてサウンド出力を自動調整してくれる「リアルタイムオーディオキャリブレーション機能」も搭載しています。音にこだわる人であればStudio3がおすすめとなりますが、通勤・通学など普段使いであればSolo3でも充分に音楽を楽しめます。

Beats(ビーツ)『Beats Studio3 Wireless』

サウンド出力を自動調整してくれる「リアルタイムオーディオキャリブレーション」搭載モデルです。

>> Amazonで詳細を見る

ワイヤレスイヤホンは3種類、タイプで選ぶ 完全ワイヤレスとネックバンド型が2モデル

フリーライター&エディター

Beatsブランドのワイヤレスイヤホンはまず、完全ワイヤレスの「Powerbeats Pro」とネックバンド型2モデル。ケーブルをわずらわしく感じる人であれば、完全ワイヤレスがおすすめ。ネックバンド型は、バッテリー駆動時間が長いため、長時間音楽を楽しみたい人におすすめのモデルです。

なお、ネックバンド型は「Beatsx」と「Powerbeats3 Wireless」で、防水機能やバッテリー駆動時間などに違いがあります。通常の使用なら前者で問題ありませんが、エクササイズ中に利用するなら防水機能を搭載する後者に軍配が上がります。

Beatsヘッドホン・イヤホンのおすすめ6選! ノイズキャンセリング、H1チップ搭載モデルも

先ほど紹介したBeatsヘッドホン・イヤホンの選び方のポイントをふまえて、堀井塚 高さんに選んでもらったおすすめ商品を5つ紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Beats(ビーツ)『Beats Studio3 Wireless』

BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック

出典:Amazon

通信方式 Bluetooth®
カラー フォレストグリーン、サンドデューン、マットブラック、レジスタンス・ブラック・レッドほか
バッテリー駆動時間 最長22時間
充電時間 数分間の充電で最長3時間再生
重量 260g
付属イヤピース -

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

独自技術Pure ANC搭載のBTヘッドホン

2017年10月に発売されて以来、いまだに人気の高いワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン。独自開発のPure ANCが外部の環境音を遮断します。また、サウンド出力を自動で最適化してくれるリアルタイムオーディオキャリブレーション機能も搭載。バッテリー駆動時間も最長約22時間と長く、10分の充電で約3時間の再生が可能になる急速充電にも対応しています。

さらに、ハンズフリー通話や、アップルのAIアシスタント「Siri」の起動にも対応するなど、iPhoneユーザーには特におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Beats(ビーツ)『Beats Solo3 Wireless』

BeatsSolo3Wirelessワイヤレスヘッドホン  -AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長40時間の再生時間 -クラブネイビー BeatsSolo3Wirelessワイヤレスヘッドホン  -AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長40時間の再生時間 -クラブネイビー BeatsSolo3Wirelessワイヤレスヘッドホン  -AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長40時間の再生時間 -クラブネイビー BeatsSolo3Wirelessワイヤレスヘッドホン  -AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長40時間の再生時間 -クラブネイビー BeatsSolo3Wirelessワイヤレスヘッドホン  -AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長40時間の再生時間 -クラブネイビー BeatsSolo3Wirelessワイヤレスヘッドホン  -AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長40時間の再生時間 -クラブネイビー

出典:Amazon

通信方式 Bluetooth®
カラー クラブレッド、クラブイエロー、クラブホワイト、クラブネイビー、ブラック、ローズゴールド、サテンシルバー、サテンゴールド、レッド
バッテリー駆動時間 最長40時間
充電時間 5分の充電で約3時間の再生
重量 215g
付属イヤピース -

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

色鮮やかなクラブカラーが楽しいBTヘッドホン

上位モデルのStudio3に比べれば機能は劣るものの、ワイヤレスヘッドホンとしては十分な性能を備えています。バッテリー駆動時間は最長約40時間となっており、5分の充電で約3時間の再生が可能になる急速充電にも対応しています。

ハンズフリー通話や、アップルのAIアシスタント「Siri」の起動に対応している点はStudio3と同様。こちらのモデルもiPhoneユーザーにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』

PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン -Apple H1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ブラック PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン -Apple H1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ブラック PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン -Apple H1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ブラック PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン -Apple H1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ブラック PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン -Apple H1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ブラック PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン -Apple H1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ブラック PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン -Apple H1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ブラック PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン -Apple H1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ブラック PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン -Apple H1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ブラック PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン -Apple H1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ブラック PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン -Apple H1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ブラック

出典:Amazon

通信方式 Bluetooth®、Apple H1チップ
カラー アイボリー、ブラック、ネイビー、モス
バッテリー駆動時間 最長9時間
充電時間 5分の充電で約90分再生
重量 20.3g
付属イヤピース 4サイズ

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

Air Podsをしのぐ完全ワイヤレスイヤホン

「ワークアウトのために進化を遂げた」のうたい文句通り、スポーツジムなどでの利用に最適な完全ワイヤレスイヤホンです。動きを制限するケーブルはなく、激しく動いても外れにくいイヤフック付き。耐汗/防沫仕様になっているため、汗をかいても心配はありません。

音質も最高レベルで、バッテリー駆動時間は最長約9時間。充電ケースを利用すれば、24時間以上の再生も可能になっています。イヤパッドのボタンで音量とトラックを操作でき、ハンズフリー通話も可能。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Beats(ビーツ)『Powerbeats3 Wireless』

Powerbeats3Wirelessワイヤレスイヤホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長12時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ホワイト Powerbeats3Wirelessワイヤレスイヤホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長12時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ホワイト Powerbeats3Wirelessワイヤレスイヤホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長12時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ホワイト Powerbeats3Wirelessワイヤレスイヤホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長12時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ホワイト Powerbeats3Wirelessワイヤレスイヤホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長12時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ホワイト Powerbeats3Wirelessワイヤレスイヤホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長12時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ホワイト Powerbeats3Wirelessワイヤレスイヤホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長12時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ホワイト Powerbeats3Wirelessワイヤレスイヤホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長12時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ホワイト Powerbeats3Wirelessワイヤレスイヤホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長12時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ホワイト Powerbeats3Wirelessワイヤレスイヤホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長12時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド -ホワイト

出典:Amazon

通信方式 Bluetooth®
カラー ブラック、ホワイト、レジスタンス・ブラックレッド
バッテリー駆動時間 最長12時間
充電時間 5分
重量 -
付属イヤピース 4サイズ

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

アウトドアにも強い耐汗/防沫のワイヤレスイヤホン

耐汗/防沫仕様で、イヤフックも付いたネックバンド型ワイヤレスイヤホンです。ケーブル部分は付属の巻取り用クリップを使えば体にぴったりフィット。こちらもワークアウト向けと言えます。

バッテリー駆動時間は最長約12時間で、5分の充電で約1時間の再生が可能になる急速充電にも対応。ケーブルはリモート操作に対応しており、音量の調節やトラックの操作、電話の応答、Siriの起動などが可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Beats(ビーツ)『BeatsX』

BeatsXワイヤレスイヤホン -AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、 マグネット式イヤーバッド、最長8時間の再生時間 -ブラック BeatsXワイヤレスイヤホン -AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、 マグネット式イヤーバッド、最長8時間の再生時間 -ブラック BeatsXワイヤレスイヤホン -AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、 マグネット式イヤーバッド、最長8時間の再生時間 -ブラック BeatsXワイヤレスイヤホン -AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、 マグネット式イヤーバッド、最長8時間の再生時間 -ブラック BeatsXワイヤレスイヤホン -AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、 マグネット式イヤーバッド、最長8時間の再生時間 -ブラック BeatsXワイヤレスイヤホン -AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、 マグネット式イヤーバッド、最長8時間の再生時間 -ブラック

出典:Amazon

通信方式 Bluetooth®
カラー ブラック、ホワイト、レジスタンス・ブラックレッド
バッテリー駆動時間 最長8時間
充電時間 5分の充電で約2時間再生
重量 -
付属イヤピース 4サイズ

Thumb lg db5f0bca bf94 4c0f 9d55 09ed1a5cb289

フリーライター&エディター

シンプルなネックバンド型ワイヤレスイヤホン

基本機能を押さえたシンプルなネックバンド型ワイヤレスイヤホン。耐汗/防沫ではなく、イヤフックも付いていないので、通勤・通学などの普段使いに適したモデルと言えます。バッテリー駆動時間は最長約8時間で、5分の充電で約2時間の再生が可能。

イヤーパッドはマグネット式なので、耳から外したときは左右のパッドを留めておけるのが便利です。ケーブルはリモート操作に対応しており、音量の調節やトラックの操作、電話の応答、Siriの起動などができます。

Beats(ビーツ)『Solo Pro』

BeatsSoloProWirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間 -レッド BeatsSoloProWirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間 -レッド BeatsSoloProWirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間 -レッド BeatsSoloProWirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間 -レッド BeatsSoloProWirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間 -レッド BeatsSoloProWirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間 -レッド BeatsSoloProWirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間 -レッド

出典:Amazon

通信方式 Bluetooth®、Apple H1チップ
カラー ダークブルー、レッド、ライトブルー、アイボリー、ブラック、グレイ
バッテリー駆動時間 最長22時間
充電時間 10分の充電で3時間再生
重量 267g
付属イヤピース -

H1チップを搭載したオンイヤータイプ

第2世代の Air Podsや Air Pods Proにも搭載されたH1チップを搭載しているのが「Solo Pro」。スムーズやペアリングや接続時の安定性、音の遅延低減などの性能が向上しています。

再生時間は最長22時間、ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにすれば最長40時間の再生が可能です。

「Beatsヘッドホン・イヤホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Beats(ビーツ)『Beats Studio3 Wireless』
Beats(ビーツ)『Beats Solo3 Wireless』
Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』
Beats(ビーツ)『Powerbeats3 Wireless』
Beats(ビーツ)『BeatsX』
Beats(ビーツ)『Solo Pro』
商品名 Beats(ビーツ)『Beats Studio3 Wireless』 Beats(ビーツ)『Beats Solo3 Wireless』 Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』 Beats(ビーツ)『Powerbeats3 Wireless』 Beats(ビーツ)『BeatsX』 Beats(ビーツ)『Solo Pro』
商品情報
特徴 独自技術Pure ANC搭載のBTヘッドホン 色鮮やかなクラブカラーが楽しいBTヘッドホン Air Podsをしのぐ完全ワイヤレスイヤホン アウトドアにも強い耐汗/防沫のワイヤレスイヤホン シンプルなネックバンド型ワイヤレスイヤホン H1チップを搭載したオンイヤータイプ
通信方式 Bluetooth® Bluetooth® Bluetooth®、Apple H1チップ Bluetooth® Bluetooth® Bluetooth®、Apple H1チップ
カラー フォレストグリーン、サンドデューン、マットブラック、レジスタンス・ブラック・レッドほか クラブレッド、クラブイエロー、クラブホワイト、クラブネイビー、ブラック、ローズゴールド、サテンシルバー、サテンゴールド、レッド アイボリー、ブラック、ネイビー、モス ブラック、ホワイト、レジスタンス・ブラックレッド ブラック、ホワイト、レジスタンス・ブラックレッド ダークブルー、レッド、ライトブルー、アイボリー、ブラック、グレイ
バッテリー駆動時間 最長22時間 最長40時間 最長9時間 最長12時間 最長8時間 最長22時間
充電時間 数分間の充電で最長3時間再生 5分の充電で約3時間の再生 5分の充電で約90分再生 5分 5分の充電で約2時間再生 10分の充電で3時間再生
重量 260g 215g 20.3g - - 267g
付属イヤピース - - 4サイズ 4サイズ 4サイズ -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする Beatsヘッドホン・イヤホンの売れ筋をチェック

AmazonでのBeatsヘッドホン・イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:Beats by Dr.Dreランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

Beats製品にはワイヤレス非対応のモデルも ガジェット系ライターからのアドバイス

フリーライター&エディター

ここで取り上げたのはワイヤレスのモデルですが、Beatsブランドにはワイヤレス非対応のモデルもあります

ヘッドホンなら「Beats EP」と「Beats Pro」、イヤホンなら「urBeats3」がワイヤレス非対応モデルです。なお、urBeats3にはコネクタの形状がLightningのものと、3.5mm ステレオミニプラグのものがあります。

そのほかのヘッドホン関連記事はこちら 【関連記事】ノイズキャンセリング・ワイヤレス接続・人気メーカー製品まで

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/09/17 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


イヤホンケースおすすめ15選|収納性・取り出しやすさにも定評あり!

イヤホンケースおすすめ15選|収納性・取り出しやすさにも定評あり!

断線や絡まりなどのトラブルを防いでくれるイヤホンケース。自分のスタイルにピッタリなものを選びたいところですが、ラインナップも値段も幅広く、どれがよいか悩んでしまうことも多いでしょう。そこで、AV評論家の折原一也さんに、商品の選び方やおすすめについて詳しくお聞きしました。


【2020年】ソニーのイヤホンおすすめ26選|高音質・高機能・良コスパで選ぶ

【2020年】ソニーのイヤホンおすすめ26選|高音質・高機能・良コスパで選ぶ

ソニーショップ店長である野田博之さんと編集部が選ぶSONY(ソニー)のイヤホンの選び方&厳選商品をご紹介。ノイズキャンセリングやワイヤレス(Bluetooth)、ハイレゾ対応など最新技術をつめ込んだ高性能モデルも続々登場。自分に合ったイヤホンを見つけてみてください。


【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!フルフェイス対応も

【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!フルフェイス対応も

バイクでのツーリング中に、仲間と会話をするための道具であるバイクインカム。高音質で防水機能のものや、音楽が聴けるもの、グループ通話ができるものなども販売されています。この記事では、モーターサイクルジャーナリストの野岸"ねぎ"泰之さんと編集部が、バイク用インカムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


Bluetoothヘッドホンおすすめ6選|高音質のために必要な基礎知識も

Bluetoothヘッドホンおすすめ6選|高音質のために必要な基礎知識も

オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶBluetoothヘッドホン6選をご紹介します。また、より音質にこだわりたい方のために、コーデックについての基礎知識もご紹介しています。ぜひ参考にしてください!


【価格別】カナル型イヤホンおすすめ27選|コスパ・音質・デザインに注目

【価格別】カナル型イヤホンおすすめ27選|コスパ・音質・デザインに注目

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんへの取材をもとに、2020年版カナル型イヤホンおすすめ27選をご紹介します。有線タイプだけでなく、移動に便利なワイヤレスイヤホンタイプも多く紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


関連するブランド・メーカー


Beats(ビーツ)

新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る