Beatsのヘッドホン・イヤホンおすすめ9選|ノイズキャンセリング・完全ワイヤレスも

Beatsのヘッドホン・イヤホンおすすめ9選|ノイズキャンセリング・完全ワイヤレスも

Beats(ビーツ)の創業は2006年。比較的新しい音響機器メーカーですが、海外セレブが使っていることで人気が拡大。

2014年にアップルに買収されたこともあり、以降に発売されたモデルは、iPhoneやiPadなどとの親和性が高くなっています。デザイン性が高いのもBeatsブランドの魅力。特徴的な「b」のロゴマークは、ひと目でBeats製品とわかります。

この記事では、Beatsヘッドホン・イヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


目次

この記事を担当するエキスパート

フリーライター&エディター
堀井塚 高

新聞記者、ゲームライター、パソコン系ライター、雑誌・書籍の編集者、Web編集者など出版系全般に関わり、企画・執筆・編集・校正までをこなす「校了請負人」を自称。 IT関連はもちろん、金融関連、経済関連、医療関連、ラノベ、乙女ゲー攻略本まで幅広く対応する。 家族は息子1人とスマートスピーカー6台。 好きなエヴァンゲリオンは初号機。 行ってみたい場所は仮面舞踏会。 座右の銘は「愚直」「悪党の最期なんて、そんなもんだろ」。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

Beats(ビーツ)とは

 

Beats(ビーツ)の創業は2006年。比較的新しい音響機器メーカーですが、海外セレブや有名人が使っていることで人気が拡大

2014年にアップルに買収されたこともあり、以降に発売されたモデルは、iPhoneやiPadなどとの連携が強いのが特徴です。高いデザイン性もBeatsブランドが人気の理由のひとつです。

Beatsヘッドホン・イヤホンの選び方

愛用者も多く、見た目もスタイリッシュな「Beatsのヘッドホン・イヤホン」。同じようにみえるけど性能が少しずつ違うなど、豊富なスペックの中でどれが自分には合っているのか迷ってしまいますよね・・そこでここからは、Beatsヘッドホン・イヤホンの基本的な選び方を紹介していきます。ポイントは下記の3つ。

【1】Bluetoothモデルがおすすめ
【2】ワイヤレスヘッドホンの機能で選ぶ
【3】ワイヤレスイヤホンは3種類、タイプで選ぶ


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】Bluetoothモデルがおすすめ

 

Beats(ビーツ)『Beats Studio3 Wireless』

ヘッドホンやイヤホンの接続方式は有線と無線に分かれますが、iPhone 7以降のモデルでは、イヤホンジャックが撤廃され、Bluetooth接続が「基本スタイル」になりました。もちろん変換アダプターを使って接続する方法もありますが、ケーブルがわずらわしいと感じる人は少なくないでしょう。

ちなみに、Beats製品のヘッドホンは、無線モデルでもケーブルが付属します。バッテリーを節約したいときや音質にこだわりたいときには有線接続でも利用できます。

【2】ワイヤレスヘッドホンの機能で選ぶ

 

Beats(ビーツ)『Beats Solo3 Wireless』

Beatsブランドにおけるワイヤレスヘッドホンの現行モデルは、耳を覆うオーバーイヤータイプの「Beats Studio3 Wireless」、耳に乗せるオンイヤータイプの「Beats Solo3 Wireless」、「Beats Solo Pro」。店頭には旧モデルも出回っていますが、あえて選ぶ理由はないでしょう。

違いは、外部の雑音を遮断する「Pure ANC(ピュアアダプティブノイズキャンセリング)機能」の有無。またStudio3は、再生する音楽に合わせてサウンド出力を自動調整してくれる「リアルタイムオーディオキャリブレーション機能」も搭載しています。音にこだわる人であればStudio3がおすすめとなりますが、通勤・通学など普段使いであればSolo3でも充分に音楽を楽しめます。

【3】ワイヤレスイヤホンは3種類、タイプで選ぶ

 

Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』

Beatsブランドのワイヤレスイヤホンはまず、完全ワイヤレスの「Powerbeats Pro」とネックバンド型2モデル。ケーブルをわずらわしく感じる人であれば、完全ワイヤレスがおすすめ。ネックバンド型は、バッテリー駆動時間が長いため、長時間音楽を楽しみたい人におすすめのモデルです。

なお、ネックバンド型は「Beatsx」と「Powerbeats3 Wireless」で、防水機能やバッテリー駆動時間などに違いがあります。通常の使用なら前者で問題ありませんが、エクササイズ中に利用するなら防水機能を搭載する後者に軍配が上がります。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Beats(ビーツ)『Beats Studio3 Wireless』
Beats(ビーツ)『Beats Solo3 Wireless』
Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』
Beats(ビーツ)『Powerbeats3 Wireless』
Beats(ビーツ)『BeatsX(MTH62PA/A)』
Beats(ビーツ)『Solo Pro』
Beats(ビーツ)『Beats EP』
Beats(ビーツ)『urBeats3』
Beats(ビーツ)『Flex ワイヤレスイヤフォン』
商品名 Beats(ビーツ)『Beats Studio3 Wireless』 Beats(ビーツ)『Beats Solo3 Wireless』 Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』 Beats(ビーツ)『Powerbeats3 Wireless』 Beats(ビーツ)『BeatsX(MTH62PA/A)』 Beats(ビーツ)『Solo Pro』 Beats(ビーツ)『Beats EP』 Beats(ビーツ)『urBeats3』 Beats(ビーツ)『Flex ワイヤレスイヤフォン』
商品情報
特徴 独自技術Pure ANC搭載のBTヘッドホン 色鮮やかなクラブカラーが楽しいBTヘッドホン Air Podsをしのぐ完全ワイヤレスイヤホン アウトドアにも強い耐汗/防沫のワイヤレスイヤホン シンプルなネックバンド型ワイヤレスイヤホン H1チップを搭載したオンイヤータイプ どんな頭の形にも柔軟にフィット 軸合わせドライバ採用により格別なサウンドを提供 いつでもどこでも自分だけの世界へ
通信方式 Bluetooth® Bluetooth® Bluetooth®、Apple H1チップ Bluetooth® Bluetooth® Bluetooth®、Apple H1チップ -(ワイヤーヘッドホン) -(ワイヤーイヤホン) Class 1 Bluetooth®、Apple W1チップ
カラー フォレストグリーン、サンドデューン、マットブラック、レジスタンス・ブラック・レッドほか クラブレッド、クラブイエロー、クラブホワイト、クラブネイビー、ブラック、ローズゴールド、サテンシルバー、サテンゴールド、レッド アイボリー、ブラック、ネイビー、モス ブラック、ホワイト、レジスタンス・ブラックレッド ブラック、ホワイト、レジスタンス・ブラックレッド ダークブルー、レッド、ライトブルー、アイボリー、ブラック、グレイ ブルー、ホワイト、ブラック、レッド 3.5mm:レジスタンス・ブラックレッド、ブラック Lightning:サテンシルバー、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル Beatsブラック、ユズイエロー、フレイムブルー、スモークグレー
バッテリー駆動時間 最長22時間 最長40時間 最長9時間 最長12時間 最長8時間 最長22時間 - - 最大12時間
充電時間 数分間の充電で最長3時間再生 5分の充電で約3時間の再生 5分の充電で約90分再生 5分 5分の充電で約2時間再生 10分の充電で3時間再生 - - 10分の充電で1.5時間再生可能
重量 260g 215g 20.3g - - 267g 227g - 18.6g
付属イヤピース - - 4サイズ 4サイズ 4サイズ - - 3サイズ 4つのサイズから選べるイヤーチップ
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月13日時点 での税込価格

Beatsヘッドホン・イヤホンおすすめ9選

先ほど紹介したBeatsヘッドホン・イヤホンの選び方のポイントをふまえて、堀井塚 高さんに選んでもらったおすすめ商品、編集部の選んだおすすめ商品を紹介します。

エキスパートのおすすめ

Beats(ビーツ)『Beats Studio3 Wireless』

BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック BeatsStudio3Wirelessワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-AppleW1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、最長22時間の再生時間TheBeatsSkylineCollection-ミッドナイトブラック

出典:Amazon

フリーライター&エディター:堀井塚 高

フリーライター&エディター

独自技術Pure ANC搭載のBTヘッドホン

2017年10月に発売されて以来、いまだに人気の高いワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン。独自開発のPure ANCが外部の環境音を遮断します。また、サウンド出力を自動で最適化してくれるリアルタイムオーディオキャリブレーション機能も搭載。バッテリー駆動時間も最長約22時間と長く、10分の充電で約3時間の再生が可能になる急速充電にも対応しています。

さらに、ハンズフリー通話や、アップルのAIアシスタント「Siri」の起動にも対応するなど、iPhoneユーザーには特におすすめです。

エキスパートのおすすめ

Beats(ビーツ)『Beats Solo3 Wireless』

BeatsSolo3Wirelessワイヤレスヘッドホン-TheBeatsIconCollection-マットブラック BeatsSolo3Wirelessワイヤレスヘッドホン-TheBeatsIconCollection-マットブラック BeatsSolo3Wirelessワイヤレスヘッドホン-TheBeatsIconCollection-マットブラック BeatsSolo3Wirelessワイヤレスヘッドホン-TheBeatsIconCollection-マットブラック BeatsSolo3Wirelessワイヤレスヘッドホン-TheBeatsIconCollection-マットブラック BeatsSolo3Wirelessワイヤレスヘッドホン-TheBeatsIconCollection-マットブラック

出典:Amazon

フリーライター&エディター:堀井塚 高

フリーライター&エディター

色鮮やかなクラブカラーが楽しいBTヘッドホン

上位モデルのStudio3に比べれば機能は劣るものの、ワイヤレスヘッドホンとしては十分な性能を備えています。バッテリー駆動時間は最長約40時間となっており、5分の充電で約3時間の再生が可能になる急速充電にも対応しています。

ハンズフリー通話や、アップルのAIアシスタント「Siri」の起動に対応している点はStudio3と同様。こちらのモデルもiPhoneユーザーにおすすめです。

エキスパートのおすすめ

Beats(ビーツ)『Powerbeats Pro』

【新品】1週間以内発送PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド-ネイビー 【新品】1週間以内発送PowerbeatsPro完全ワイヤレスイヤホン-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド-ネイビー

出典:楽天市場

フリーライター&エディター:堀井塚 高

フリーライター&エディター

Air Podsをしのぐ完全ワイヤレスイヤホン

「ワークアウトのために進化を遂げた」のうたい文句通り、スポーツジムなどでの利用に最適な完全ワイヤレスイヤホンです。動きを制限するケーブルはなく、激しく動いても外れにくいイヤフック付き。耐汗/防沫仕様になっているため、汗をかいても心配はありません。

音質も最高レベルで、バッテリー駆動時間は最長約9時間。充電ケースを利用すれば、24時間以上の再生も可能になっています。イヤパッドのボタンで音量とトラックを操作でき、ハンズフリー通話も可能。

エキスパートのおすすめ

Beats(ビーツ)『Powerbeats3 Wireless』

フリーライター&エディター:堀井塚 高

フリーライター&エディター

アウトドアにも強い耐汗/防沫のワイヤレスイヤホン

耐汗/防沫仕様で、イヤフックも付いたネックバンド型ワイヤレスイヤホンです。ケーブル部分は付属の巻取り用クリップを使えば体にぴったりフィット。こちらもワークアウト向けと言えます。

バッテリー駆動時間は最長約12時間で、5分の充電で約1時間の再生が可能になる急速充電にも対応。ケーブルはリモート操作に対応しており、音量の調節やトラックの操作、電話の応答、Siriの起動などが可能です。

エキスパートのおすすめ

Beats(ビーツ)『BeatsX(MTH62PA/A)』

フリーライター&エディター:堀井塚 高

フリーライター&エディター

シンプルなネックバンド型ワイヤレスイヤホン

基本機能を押さえたシンプルなネックバンド型ワイヤレスイヤホン。耐汗/防沫ではなく、イヤフックも付いていないので、通勤・通学などの普段使いに適したモデルと言えます。バッテリー駆動時間は最長約8時間で、5分の充電で約2時間の再生が可能。

イヤーパッドはマグネット式なので、耳から外したときは左右のパッドを留めておけるのが便利です。ケーブルはリモート操作に対応しており、音量の調節やトラックの操作、電話の応答、Siriの起動などができます。

Beats(ビーツ)『Solo Pro』

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-BeatsSoloProWireless-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間-グレイ ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-BeatsSoloProWireless-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間-グレイ ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-BeatsSoloProWireless-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間-グレイ ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-BeatsSoloProWireless-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間-グレイ ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-BeatsSoloProWireless-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間-グレイ ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン-BeatsSoloProWireless-AppleH1ヘッドフォンチップ、Class1Bluetooth、アクティブノイズキャンセリング機能、外部音取り込みモード、最長22時間の再生時間-グレイ

出典:Amazon

H1チップを搭載したオンイヤータイプ

第2世代の Air Podsや Air Pods Proにも搭載されたH1チップを搭載しているのが「Solo Pro」。スムーズやペアリングや接続時の安定性、音の遅延低減などの性能が向上しています。

再生時間は最長22時間、ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにすれば最長40時間の再生が可能です。

Beats(ビーツ)『Beats EP』

どんな頭の形にも柔軟にフィット

縦方向にスライドし、調整できるのでどんな頭の形にもぴったりフィットします。

軽量ステンレススチール採用で軽量でありながら耐久性に優れています。

マイク内蔵型RemoteTalkケーブルは、通話や音楽の再生以外にもボイスアシストの起動ができます。音域も広くクリアな音を体感することができます。

Beats(ビーツ)『urBeats3』

urBeats3カナル型イヤホン3.5mmプラグ - 絡まりにくいフラットケーブル、マグネット式イヤーバッド、マイク/コントロール付き -レジスタンス・ブラックレッド urBeats3カナル型イヤホン3.5mmプラグ - 絡まりにくいフラットケーブル、マグネット式イヤーバッド、マイク/コントロール付き -レジスタンス・ブラックレッド urBeats3カナル型イヤホン3.5mmプラグ - 絡まりにくいフラットケーブル、マグネット式イヤーバッド、マイク/コントロール付き -レジスタンス・ブラックレッド urBeats3カナル型イヤホン3.5mmプラグ - 絡まりにくいフラットケーブル、マグネット式イヤーバッド、マイク/コントロール付き -レジスタンス・ブラックレッド

出典:Amazon

軸合わせドライバ採用により格別なサウンドを提供

細やかな音楽設計がされているイヤホンには、軸合わせドライバを採用しているため、音楽のジャンルごと最適出力で格別なサウンド提供してくれます。

高精度に設計されたスピーカーから出力される微気圧調整の低音域と二腔式の音響構造により本来のサウンドを実現します。

人間工学に基づいた設計で、フィット感が良く、光沢のあるデザインでBeatsを象徴する音質を快適に楽しめます。

Beats(ビーツ)『Flex ワイヤレスイヤフォン』

BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック

出典:Amazon

いつでもどこでも自分だけの世界へ

マグネット式のイヤーバッドは、自動再生・一時停止機能を兼ね備えており、耳からイヤホンを外すと自動で再生が停止し、装着すると再生するシステムです。自分だけの世界にいざないます。

バッテリー充電ではFast Fuel機能を搭載しています。残量が少なくなっても、10分の急速充電で1.5時間の再生が可能になります。また、オーディオ共有機能がついており、Beats Flexで聴いているお気に入りの曲などを、他のBeatイヤホンなどで共有することができます。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする Beatsヘッドホン・イヤホンの売れ筋をチェック

AmazonでのBeatsヘッドホン・イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:Beats by Dr.Dreランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのヘッドホン関連記事はこちら 【関連記事】

有線タイプをあえて選ぶ選択も エキスパートからのアドバイス

フリーライター&エディター

主流はワイヤレスモデルですが、Beatsブランドには有線タイプのモデルもあります

ヘッドホンなら「Beats EP」と「Beats Pro」、イヤホンなら「urBeats3」が有線モデルです。なお、urBeats3にはコネクタの形状がLightningのものと、3.5mm ステレオミニプラグのものがあります。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


有線ヘッドホンのおすすめ22選|1万円以下のコスパのよい商品もご紹介【ゲーム用・音楽用】

有線ヘッドホンのおすすめ22選|1万円以下のコスパのよい商品もご紹介【ゲーム用・音楽用】

有線タイプのヘッドホンはさまざまな性能や形状などのバリエーションも豊富です。また、価格帯も幅広く、何を重視して選んだらいいのか迷われている方もいるのではないっでしょうか?。この記事ではハイレゾ対応やマイク付き、ワイヤレス両用モデルなど目的別に有線ヘッドホンのおすすめ商品をご紹介しています。ワイヤレスにはない有線ヘッドホンの魅力もご紹介していますので是非参考にしてみてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , パソコン周辺機器 , イヤホン・ヘッドホン

ライトニングイヤホンおすすめ8選|高音質なタイプやマイク付きモデルも紹介

ライトニングイヤホンおすすめ8選|高音質なタイプやマイク付きモデルも紹介

近年のiPhoneやiPadは、3.5mmのイヤホンジャックが付いていないものが標準になってきていますが、それと同時に、新しく搭載されたLightning端子に直結できるライトニングイヤホンが人気になっています。高音質で安いアイテムも豊富に取り揃えています。この記事では、ライトニング(Lightning)イヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介。音質の良いモデルや、通話などにも使用できるマイク付きタイプも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon iPad , イヤホン・ヘッドホン , iPhone

重低音イヤホンおすすめ24選|迫力のある高音質が魅力の商品を紹介

重低音イヤホンおすすめ24選|迫力のある高音質が魅力の商品を紹介

重低音イヤホンについて、高音質を実現させるための選び方や、有線・無線別のおすすめ商品を紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみてくださいね。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

密閉型イヤホンおすすめ5選|高音質で痛くなりにくいモデルも紹介

密閉型イヤホンおすすめ5選|高音質で痛くなりにくいモデルも紹介

密閉型イヤホンは、さまざまなメーカーが発売しており、その機能や特性に細かな違いがあるため、どれを選んでいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。本記事では、密閉型イヤホンの選び方やおすすめ商品をご紹介。さらに、ショッピングサイトのランキングもありますので、ぜひ購入の参考にしてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

片耳イヤホンおすすめ15選|有線・ワイヤレス・マイク付きなど目的別に紹介

片耳イヤホンおすすめ15選|有線・ワイヤレス・マイク付きなど目的別に紹介

片耳イヤホンは、作業をしながら使いたい人におすすめのアイテム。一般的なイヤホンと違って、周囲の音を確認しやすいのがメリットです。マイク機能があれば車の運転中や仕事中に、防水仕様ならランニングやフィットネスなどの運動時にも使うことが可能です。この記事では、片耳イヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

関連するブランド・メーカー


Beats(ビーツ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。