PR(アフィリエイト)

【2024年】ランニング用イヤホンおすすめ16選|骨伝導や外れにくいスポーツモデルも

SONY(ソニー)『Float Run(WI-OE610)』
出典:Amazon
SONY(ソニー)『Float Run(WI-OE610)』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年04月16日に公開された記事です。

ランニングやジョギング時も音楽を聴きたいという人にとって、スポーツタイプのランニング用イヤホンは欠かせません。

カナル型、骨伝導イヤホン、完全ワイヤレス、ネックバンド型など、多くの種類があり、どれを選んだらよいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

この記事では、ランニングに適したランニング用イヤホンの選び方とおすすめの商品をご紹介。

外れにくいカナル型や、快適な着け心地のインナーイヤー型、耳をふさがない骨伝導型など、高音質で高コスパな商品をピックアップしています。

記事後半には、比較一覧表、通販サイトの売れ筋人気ランキングもあるので、口コミや評判もチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

ランニング用イヤホンは用意すべき?

 
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』

ランニングに適したイヤホンというものがあるのでご紹介していきます。走る際に重要となってくるのは、下記の3点になります。

●外れにくいフィット感のよさ
●突然の雨にも耐えられる防水性
●周囲の音を取り込める機能

上下に揺れるので装着性のよさは非常に重要です。また防水性は厳密に言うと塩分の入った汗には対応していません。商品によっては汗に対応しているかどうか記されているのでチェックしてみてください。

車や自転車などの乗り物に気を配って走るために、周囲の音を取り込めるかどうかも大切。これら3つのポイントを抑えたアイテムをチェックしていきましょう。

ランニング用イヤホンの選び方

それでは、ランニング用イヤホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記のとおり。

【1】イヤホンの種類
【2】装着タイプ
【3】 防水性能
【4】連続再生時間
【5】音質
【6】便利機能

上記のポイントを押さえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ワイヤレス接続がおすすめ

イヤホンのタイプ
イヤホンのタイプ

Photo by マイナビおすすめナビ

ケーブルをスマホなどにつなぐ有線タイプと、Bluetoothでワイヤレス接続するタイプがありますが、ランニング用ならワイヤレス接続がおすすめです。ワイヤレスイヤホンでも、完全ワイヤレス、左右一体型、骨伝導という3つの種類があるので、特徴をチェックしておきましょう。

なお、有線タイプは、価格が安いことに加え、接続が安定しており、通信が途切れないというメリットはありますが、ケーブルが絡まったり、ぶつかる音が気になったりするのが弱点。

完全ワイヤレスイヤホン:ケーブルレスで快適に走れる

完全ワイヤレスタイプは、スマートフォンなどにケーブルでつなぐ必要がなく、無線で通信をするタイプのイヤホンです。メリット、デメリットは次の通り。

【メリット】
・ケーブルが絡まらず快適に走りやすい
・コンパクトで持ち運びがラク
・外音取り込み機能を搭載していれば、外の音も聞ける!

【デメリット】
・落として失くしてしまう可能性がある

左右一体型イヤホン:落として失くす心配がない

左右一体型イヤホンは、Bluetoothに繋ぐタイプですが左右のイヤホンがケーブルでつながっています。メリット・デメリットは次のとおり。

【メリット】
・イヤホンを落とす心配が少ない
・使わないときは首にかけておける

【デメリット】
・ケーブルが擦れる音が気になってしまう
・外音取り込み機能を搭載したモデルが非常に少ない

骨伝導イヤホン:耳の穴をふさがず、外部の音を聞き取りやすい

骨伝導イヤホンは、耳周辺の骨を振動させることで音が聞こえる仕組み。メリットとデメリットをチェックしていきましょう。

【メリット】
・耳の穴をふさがないので、周囲の音が聞こえやすい
・夏でも耳の穴が汗で蒸れない
・防塵・防水性に優れたモデルが豊富

【デメリット】
・一般的なイヤホンに比べて音質が悪い
・音漏れしやすいので、電車などには不向き
・低音の再生が苦手

【2】装着タイプで選ぶ

イヤホンの装着タイプ
イヤホンの装着タイプ

Photo by マイナビおすすめナビ

音楽を聴きながらランニングをしていたら、接近する車に気づかずヒヤリ、なんて経験はありませんか? ランナーならイヤホンを選ぶときに音楽に没入できることだけを基準に考えてはいけません。周囲の音にもしっかり反応できるものを選びましょう。

カナル型:密閉性があり、フィット感が高い

シリコン製などのイヤーピースで耳の穴をしっかりふさぐタイプで、装着感に優れています。密閉性があるので、音漏れしにくいのも特徴。

ただ、環境音を聞き取りにくいので、屋外でランニングを楽しむ際は外部音取り込み機能を搭載したアイテムを選ぶといいでしょう。

インナーイヤー型:周囲の音が程よく聞こえる

インナーイヤー型は耳の入り口の軟骨にはめて固定するタイプ。装着したままでも外の音を聞き取りやすく、安全性を確保できるのでおすすめです。

一方、耳から外れやすいので、ランニング用として選ぶなら落としにくい左右一体型を選ぶようにしましょう。

耳掛け型:一度着ければ外れにくい

イヤーフックが備わっており、しっかり耳に固定できるので一度着用すれば外れにくいのがメリット。イヤーフックが硬いと耳が痛くなってくるので、やわらかいシリコンで軽量なものを使用しているタイプがおすすめです。

【3】 防水性能をチェック

防水・防塵性能の見方
防水・防塵性能の見方

Photo by マイナビおすすめナビ

防塵・防水性能
防塵・防水性能

Photo by マイナビおすすめナビ

前述したようにランナーがランニング中に身につけるイヤホンを選ぶ際、重要になってくるポイントのひとつが、雨にも対応できる防水性能です。

防水性能は、業界内の基準に「IPX~」という等級があり、「IPX4」といったように表記されます。「IPX4」「IPX5」であれば雨にも耐えられる生活防水レベル、「IPX7」「IPX8」は完全防水レベルです。IPX7であれば、水面下15cmから1mで30分間沈んでいていても故障することはありませんよ。

ランニング用としてイヤホンを選ぶなら、「IPX4」以上のタイプを選ぶのがおすすめです。

【4】連続再生時間をチェック

 
Apple AirPods Pro ワイヤレス充電対応
Apple AirPods Pro ワイヤレス充電対応

ワイヤレスタイプのイヤホンは充電が不可欠です。万一充電を忘れたときもバッテリー切れにならないように、再生時間に余裕のあるモデルを選んでおくと、バッテリー切れのリスクを減らせます。

また、バッテリーが切れそうなときにも高速充電できるタイプなら、充電時間も短くて済むでしょう。5分の充電で1時間使えるモデルなどがありますよ。

【5】音質重視なら「コーデック」もチェック

コーデック
コーデック

Photo by マイナビおすすめナビ

音楽を聴くのであれば、より音質がいいものを選びたいですよね。完全ワイヤレスイヤホンは基本的にオーディオ機器とBluetooth通信で接続します。その際に、音楽のデータを圧縮変換しており、この仕組みを「コーデック」や「音声圧縮変換方式」と呼びます。

性能で音質が大きく異なってくるので、使用されることが多い6つのコーデックを紹介していきます。

「SBC」:標準的なタイプで、多くの機種で使われています。
「AAC」:iPhoneなどに対応しておりSBCより音質が良く遅延が少ないタイプ。
「aptX」:主にAndroidに使用されており、音質と遅延のバランスに優れています。
「aptX LL」:LLはLow Latencyの頭文字を取ったもので、遅延が最も少ないタイプ。ゲームや動画視聴などをするならおすすめです。
「aptX HD」:HDはHighDefinitionの頭文字で、高解像度を意味します。
「LDAC」:ソニーが独自開発した形式で、ハイレゾ音源に対応。一部の高機能なAndroidに対応しています。

イヤホンだけでなく、スマホなどの音楽プレーヤーも同じコーデックに対応しているかをチェックしておきましょう。

【6】「リモコン」や「音声通話機能」など便利機能をチェック

 
Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン Bluetooth 接続 マイク付 ブラック 防滴 最大6時間 再生
Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン Bluetooth 接続 マイク付 ブラック 防滴 最大6時間 再生

ランニング用イヤホンは、ランニング中も快適に使える機能が揃っています。たとえばランニング中に音楽をスキップしたい、音量調節がしたいというときには、リモコンや音声通話機能に対応しているものが便利。ケーブルにリモコンが備わっているタイプなら、走りながら操作できます。マイク付きであれば音声による操作も可能です。

ほかにも、走行中に新着メールを読み上げる機能も。+αの機能面にも注目して選んでみましょう。

イヤホンメーカーの特徴

ランニング用イヤホンはいろいろなメーカーから発売されています。メーカーごとの特徴を知ると、より納得のランニング用イヤホン探しにつながります。

SONY(ソニー)

 
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』

オーディオ機器から家庭用電化製品まで幅広く展開するメーカー、ソニーでは、ランニング用イヤホンも機能性が高いものが揃っています。

重低音が楽しめるEXTRA BASS soundを搭載した高音質のモデルから、スイミングも可能な防水仕様のもの、コーチング機能Smart B-Trainerを搭載したモデルなど、用途や重視したいポイントに合わせて選べます。

SoundPEATS(サウンドピーツ)

 
SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『スポーツイヤホン(Q35 HD)』
SOUNDPEATS(サウンドピーツ)『スポーツイヤホン(Q35 HD)』

サウンドピーツは2013年に創立された歴史の新しいサウンドブランドです。通販サイトを中心に商品を展開し、手にしやすい価格のオーディオ機器をリリースしています。

初めてランニング用イヤホンをお試しで購入したい人にも向いています。

JBL(ジェイビーエル)

 
JBL(ジェービーエル)『ENDURANCE RUN2(JBLENDURRUN2)』
JBL(ジェービーエル)『ENDURANCE RUN2(JBLENDURRUN2)』

アメリカの音響機器メーカーで、家庭用からスタジオ用まで幅広いオーディオ機器をリリースしています。

6.8mmのダイナミックドライバーを搭載したシグネチャーサウンドなど、音響機器メーカーだからこその音質の高さが、JBLのランニング用イヤホンの特徴です。外部取り込み機能も備えたアクティブノイズキャンセリングなどの機能も充実しています。

ランニング用イヤホン|完全ワイヤレス

まずは、完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ参考にしてくださいね。

YOBYBO(ヨービーボ)『AIR20』

YOBYBO(ヨービーボ)『AIR20』 YOBYBO(ヨービーボ)『AIR20』 YOBYBO(ヨービーボ)『AIR20』 YOBYBO(ヨービーボ)『AIR20』 YOBYBO(ヨービーボ)『AIR20』 YOBYBO(ヨービーボ)『AIR20』 YOBYBO(ヨービーボ)『AIR20』
出典:Amazon この商品を見るview item

リーズナブルな価格で高性能なイヤホン!

最大20時間の連続再生時間が可能な完全ワイヤレスイヤホン。耳によりフィットするような独自の設計になっているうえに、3.6gという軽さなので長時間のランニングでも耳が痛くなりません。IPX5に対応した防水性能は雨の日でも気にせず使用することができますよ。

また、クリアな高音質と10mmダイナミックドライバーによる重低音を実現しているので、ランニング以外のシーンでも音楽を楽しめます。これだけの機能がついているのに価格はとてもリーズナブルなのでコスパのよいイヤホンを探している方にはおすすめですよ。

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 -
連続再生時間 最大20時間
充電時間 約1時間
重量 3.6g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 -
連続再生時間 最大20時間
充電時間 約1時間
重量 3.6g
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ソニーの大定番!

業界最高クラスノイズキャンセリング性能を搭載した完全ワイヤレスモデルです。外部音取り込み機能やIPX4の生活防水機能も備えているのでランニングシーンにも好相性

さらに新型のBluetoothチップを搭載し、音楽プレーヤーから左右のイヤホンそれぞれに同時伝送する方式を採用することで、安定した接続を実現。片側のみで使用できたり、ランニング以外でもストレスなく快適な音楽ライフを楽しめます。

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 外音取り込み機能
連続再生時間 最大8時間(NCオン)、最大12時間(NCオフ)
充電時間 約1.5時間
重量 7.3 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 外音取り込み機能
連続再生時間 最大8時間(NCオン)、最大12時間(NCオフ)
充電時間 約1.5時間
重量 7.3 g
全てを見る全てを見る

Anker(アンカー)『Soundcore AeroFit Pro』

Anker(アンカー)『SoundcoreAeroFitPro』 Anker(アンカー)『SoundcoreAeroFitPro』 Anker(アンカー)『SoundcoreAeroFitPro』 Anker(アンカー)『SoundcoreAeroFitPro』 Anker(アンカー)『SoundcoreAeroFitPro』 Anker(アンカー)『SoundcoreAeroFitPro』 Anker(アンカー)『SoundcoreAeroFitPro』 Anker(アンカー)『SoundcoreAeroFitPro』 Anker(アンカー)『SoundcoreAeroFitPro』
出典:Amazon この商品を見るview item

周囲の音が聞こえるオープンイヤー型のイヤホン

耳を塞がないオープンイヤー型のワイヤレスイヤホンです。音楽を聞いている間でも周囲の音がしっかり聞こえるので、安心してイヤホンをしながら外を歩けます。音質面では、3Dオーディオ機能を搭載。音に囲まれているかのような、立体的な音響を実現しました。耳を塞いでいないと音漏れしないか心配ですが、そこはご安心ください。音に指向性を持たせることで音漏れを防止する機能を搭載しており、公共の場でも安心して使用できます。

有線・無線のタイプ ワイヤレス
外音の聴こえ方 常時
連続再生時間 最大46時間
充電時間 10分で約5.5時間再生可能
重量 -
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ ワイヤレス
外音の聴こえ方 常時
連続再生時間 最大46時間
充電時間 10分で約5.5時間再生可能
重量 -
全てを見る全てを見る

Bose(ボーズ)『QuietComfort Earbuds II』

Bose(ボーズ)『QuietComfortEarbudsII』 Bose(ボーズ)『QuietComfortEarbudsII』 Bose(ボーズ)『QuietComfortEarbudsII』 Bose(ボーズ)『QuietComfortEarbudsII』 Bose(ボーズ)『QuietComfortEarbudsII』 Bose(ボーズ)『QuietComfortEarbudsII』 Bose(ボーズ)『QuietComfortEarbudsII』 Bose(ボーズ)『QuietComfortEarbudsII』
出典:Amazon この商品を見るview item

あらゆるシーンにフィットするボーズの力作!

Bose史上最高のノイズキャンセリング技術「CustomTune」を採用。耳の形に合わせてノイズを抑えつつ、外部音取り込み機能も搭載しています。

IPX4の生活防水機能や、フィット感の高いイヤーピースで、ランニングを心地よく楽しめるでしょう。充電ケース併用で最大24時間使えるバッテリー機能や、イヤホンをタッチするだけで操作できるコントロール機能も!

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 外音取り込み機能
連続再生時間 最大6時間
充電時間 イヤホン:約1時間、充電ケース:約3時間
重量 6 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 外音取り込み機能
連続再生時間 最大6時間
充電時間 イヤホン:約1時間、充電ケース:約3時間
重量 6 g
全てを見る全てを見る

Apple(アップル)『AirPods Pro 第2世代(MQD83J/A)』

Apple(アップル)『AirPodsPro第2世代(MQD83J/A)』 Apple(アップル)『AirPodsPro第2世代(MQD83J/A)』 Apple(アップル)『AirPodsPro第2世代(MQD83J/A)』 Apple(アップル)『AirPodsPro第2世代(MQD83J/A)』 Apple(アップル)『AirPodsPro第2世代(MQD83J/A)』 Apple(アップル)『AirPodsPro第2世代(MQD83J/A)』
出典:Amazon この商品を見るview item

iPhoneと簡単接続。カスタマイズできる装着感

シンプルでコンパクトな見た目からは想像できない、初めて体験するような上質なサウンドを生み出します。音楽を聴きながらも外の音がしっかり聞こえて、周囲の様子を把握できる「外部音取り込みモード」も搭載。耐汗耐水性能なので、汗や水に濡れても大丈夫です。

「Hey Siri」と声をかけると、瞬時にSiriへアクセスも可能。充電ケース併用で、バッテリー駆動時間は24時間以上にもなりますよ。

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 外音取り込み機能
連続再生時間 最大6時間(NCオン)、最大5.5時間(空間オーディオ、ヘッドトラッキング有効)
充電時間
重量 5.3 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 外音取り込み機能
連続再生時間 最大6時間(NCオン)、最大5.5時間(空間オーディオ、ヘッドトラッキング有効)
充電時間
重量 5.3 g
全てを見る全てを見る

JBL(ジェービーエル)『TUNE FLEX』

JBL(ジェービーエル)『TUNEFLEX』 JBL(ジェービーエル)『TUNEFLEX』 JBL(ジェービーエル)『TUNEFLEX』 JBL(ジェービーエル)『TUNEFLEX』 JBL(ジェービーエル)『TUNEFLEX』 JBL(ジェービーエル)『TUNEFLEX』 JBL(ジェービーエル)『TUNEFLEX』 JBL(ジェービーエル)『TUNEFLEX』 JBL(ジェービーエル)『TUNEFLEX』 JBL(ジェービーエル)『TUNEFLEX』
出典:Amazon この商品を見るview item

水のような高い透明感が目を引くスケルトン仕様

軽い装着感のオープン型と、遮音性が高い密閉型の2WAYスタイルで音楽を堪能できる珍しいタイプ。

必要なときに外音を取り込む「アンビエントアウェア」機能や、装着したまま声を聞き取りやすくする「トークスルー」機能なども搭載。最大32時間の長時間再生と急速充電に対応しているのも注目です。

有線・無線のタイプ 無線
外音の聴こえ方 外音取り込み機能あり
連続再生時間 約8時間(NCオフ)、約6時間(NCオン)
充電時間 約2時間
重量 4.8 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線
外音の聴こえ方 外音取り込み機能あり
連続再生時間 約8時間(NCオフ)、約6時間(NCオン)
充電時間 約2時間
重量 4.8 g
全てを見る全てを見る

JVC(ジェイブイシー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(HA-EC25T)』

JVC(ジェイブイシー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(HA-EC25T)』 JVC(ジェイブイシー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(HA-EC25T)』 JVC(ジェイブイシー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(HA-EC25T)』 JVC(ジェイブイシー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(HA-EC25T)』 JVC(ジェイブイシー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(HA-EC25T)』 JVC(ジェイブイシー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(HA-EC25T)』 JVC(ジェイブイシー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(HA-EC25T)』
出典:Amazon この商品を見るview item

スポーツなどの動きにもフィットするイヤーフック

安定の装着感があるイヤーフックで落とす心配も無用です。周囲の音も聞き取れる、低遮音イヤーピースが付属しているので、シーンに応じて使い分けることも可能。 また汗と雨に強い生活防水仕様でランニングのお供にも利用できます。テレワークにも便利な片耳使用&ハンズフリー通話にも対応!

有線・無線のタイプ 無線
外音の聴こえ方 -
連続再生時間 最大7.5時間
充電時間 イヤホン:約2時間、充電ケース:約3.5時間
重量
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線
外音の聴こえ方 -
連続再生時間 最大7.5時間
充電時間 イヤホン:約2時間、充電ケース:約3.5時間
重量
全てを見る全てを見る

KENWOOD(ケンウッド)『KH-CRZ20T』

KENWOOD(ケンウッド)『KH-CRZ20T』 KENWOOD(ケンウッド)『KH-CRZ20T』 KENWOOD(ケンウッド)『KH-CRZ20T』 KENWOOD(ケンウッド)『KH-CRZ20T』 KENWOOD(ケンウッド)『KH-CRZ20T』 KENWOOD(ケンウッド)『KH-CRZ20T』 KENWOOD(ケンウッド)『KH-CRZ20T』
出典:Amazon この商品を見るview item

開放型でランニングにぴったり

圧迫感が少なく環境音を適度に聞き取ることができる開放型のデザインで、長時間着用していても耳が痛くなる心配も少ないです。IPX4の防水性もあるので、ランニングにはぴったりですよ!

大口径11mmのドライバーを搭載しているので、広がりのあるサウンドを体感することもできます。イヤホン単体で最大7.5時間、充電ケースを併用すれば最大22時間再生可能。

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 開放型
連続再生時間 最大7.5時間
充電時間 イヤホン:約2時間、充電ケース:約3時間
重量 4.1 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 開放型
連続再生時間 最大7.5時間
充電時間 イヤホン:約2時間、充電ケース:約3時間
重量 4.1 g
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』
出典:Amazon この商品を見るview item

スマホ不要で音楽も聴ける完全ワイヤレス

ソニーが究極のスポーツ向けイヤホンとして販売している完全ワイヤレスイヤホンが、WF-SP900です。一番の理由は、本体に音楽プレイヤーを一体化しているので、スマホを持ち歩かずに、イヤホンだけを身につけてランニングができるからです。

しかも、左右独立の完全ワイヤレスなので、イヤホン自体を持ち歩く手間もほとんどなし。イヤホンの構造も耳にフィットするサポーター付きだし、なんと装着したまま水泳までできる「IPX58」相当という業界最高レベルの防水性能も持っています。

ランナーの安全を確保する外の音が聴こえる「アンビエントサウンド」にも対応で、安全面も安心。スマホを持たずにランニングしたいという人は、WF-SP900を選べば間違いなしです!

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 外音取り込み機能
連続再生時間 ワイヤレス接続:最大3時間、メモリー再生:最大6時間
充電時間 本体:約2.5時間、充電ケース:約3.5時間
重量 7.3 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 外音取り込み機能
連続再生時間 ワイヤレス接続:最大3時間、メモリー再生:最大6時間
充電時間 本体:約2.5時間、充電ケース:約3.5時間
重量 7.3 g
全てを見る全てを見る

JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』

JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』 JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』 JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』 JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』 JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』 JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』 JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ビクターが誇る音響技術をふんだんに活用!

国内最高峰の設備と技術を誇るビクタースタジオのエンジニアが監修したイヤホン。小型ながら繊細な音を表現する新ドライバーを搭載し、クリアなサウンドを表現しています。

外部音を取り込めたり、IPX4相当の生活防水機能を備えていたりと、ランニング用としても十分な機能性を備えています。またイコライザーが6つあるので、楽曲のジャンルや好みで曲調を変えることも!

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 外音取り込み機能
連続再生時間 最大7.5時間(NCオン)、最大9時間(NCオフ)
充電時間 イヤホン:約2時間、充電ケース:約2.5時間
重量 4.4 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 外音取り込み機能
連続再生時間 最大7.5時間(NCオン)、最大9時間(NCオフ)
充電時間 イヤホン:約2時間、充電ケース:約2.5時間
重量 4.4 g
全てを見る全てを見る

Anker(アンカー)『Soundcore Life Note 3S』

Anker(アンカー)『SoundcoreLifeNote3S』 Anker(アンカー)『SoundcoreLifeNote3S』 Anker(アンカー)『SoundcoreLifeNote3S』 Anker(アンカー)『SoundcoreLifeNote3S』 Anker(アンカー)『SoundcoreLifeNote3S』 Anker(アンカー)『SoundcoreLifeNote3S』 Anker(アンカー)『SoundcoreLifeNote3S』 Anker(アンカー)『SoundcoreLifeNote3S』
出典:Amazon この商品を見るview item

軽くて圧迫感のないインナーイヤー型イヤホン

長時間つけても耳が痛くなりにくいインナーイヤー型のイヤホン。片耳約4.3gと軽量なのに加えてイヤーピースの圧迫感がないので疲れません。

13mmの大型ドライバーを搭載し、迫力のある重低音を実現。さらにSoundcoreアプリでイコライザーをカスタマイズできるので、高音と低音の出力を好み通りに調整できます。

充電ケースを使用すれば別売りのワイヤレス充電器で置くだけ充電も可能。充電ケース併用で最大35時間も連続再生できます。ランニング用にも普段用にも同じイヤホンを使いたい人におすすめです。

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 開放型
連続再生時間 最大5時間
充電時間 イヤホン:約1.5時間、充電ケース:約3時間
重量 4.3 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 開放型
連続再生時間 最大5時間
充電時間 イヤホン:約1.5時間、充電ケース:約3時間
重量 4.3 g
全てを見る全てを見る

ランニング用イヤホン|左右一体型

続いては、左右一体型イヤホンのおすすめ商品をご紹介いたします。

SONY(ソニー)『Float Run(WI-OE610)』

SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『FloatRun(WI-OE610)』
出典:Amazon この商品を見るview item

優しいフィット感でランニングも快適!

16mmのドライバーを搭載し広がりのあるサウンドを楽しめます。耳をふさがないオープンイヤータイプのイヤホンです。

着用していることを感じさせない優しいフィット感で、圧迫感は少ないので快適に街や自然のなかを走れるはずです。IPX4の防水性能を備えてるのも嬉しいポイント。

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 開放型
連続再生時間 最大10時間
充電時間 約3時間
重量 33 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 開放型
連続再生時間 最大10時間
充電時間 約3時間
重量 33 g
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』

ロングバッテリーを持つ安価なモデル!

最長25時間も連続再生できるロングバッテリーや、10分の充電で60分再生できるクイック充電にも対応し、普段使いしやすいモデル。IPX4の生活防水でランニング中に雨が降ってきても問題ありません。

ただ、外部音取り込み機能がないので、片耳を外したり、イヤーピースを調整したりして、周りに注意してランニングするようにしましょう。

専用アプリ「Headphones Connect」を使えば、好みの音質にカスタマイズできたり、「360 Reality Audio」で立体的な音を楽しめたりします。

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 -
連続再生時間 最大25時間
充電時間 約3時間
重量 20 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 -
連続再生時間 最大25時間
充電時間 約3時間
重量 20 g
全てを見る全てを見る

ランニング用イヤホン|骨伝導

最後に骨伝導タイプをご紹介します。耳をふさがないので、安全にランニングできます。

Shokz(ショックス)『OpenRun 骨伝導イヤホン(SKZ-EP-000006)』

Shokz(ショックス)『OpenRun骨伝導イヤホン(SKZ-EP-000006)』 Shokz(ショックス)『OpenRun骨伝導イヤホン(SKZ-EP-000006)』 Shokz(ショックス)『OpenRun骨伝導イヤホン(SKZ-EP-000006)』 Shokz(ショックス)『OpenRun骨伝導イヤホン(SKZ-EP-000006)』 Shokz(ショックス)『OpenRun骨伝導イヤホン(SKZ-EP-000006)』 Shokz(ショックス)『OpenRun骨伝導イヤホン(SKZ-EP-000006)』
出典:Amazon この商品を見るview item

アクティブシーンに重宝する1台

耳の穴をふさがず、骨伝導で音楽を楽しめるイヤホンです。周囲の音も同時に聞こえるので、ランニングやサイクリングシーンに重宝しますよ。重量はわずか26gで重さを感じることなく、快適に着用できます。IP67で防塵・防水性が高いのも魅力のひとつ。

音質はPremiumPitch 2.0+テクノロジーを採用しており、深みのある重低音からクリアな中音まで楽しめます!

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 骨伝導
連続再生時間 最大8時間
充電時間 1.5時間
重量 26 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 骨伝導
連続再生時間 最大8時間
充電時間 1.5時間
重量 26 g
全てを見る全てを見る

Shokz(ショックス)『OpenRun Pro』

Shokz(ショックス)『OpenRunPro』 Shokz(ショックス)『OpenRunPro』 Shokz(ショックス)『OpenRunPro』 Shokz(ショックス)『OpenRunPro』 Shokz(ショックス)『OpenRunPro』 Shokz(ショックス)『OpenRunPro』 Shokz(ショックス)『OpenRunPro』 Shokz(ショックス)『OpenRunPro』 Shokz(ショックス)『OpenRunPro』
出典:Amazon この商品を見るview item

安定した装着感の骨伝導イヤホン

耳の穴をふさがない第9世代の骨伝導テクノロジーを採用しており、クリアな中高音はもちろん、深みのある重低音も再生可能です。

外部の音を聞きながらワークアウトするシーンにぴったりな1台。IP55の防塵・防水性を兼ね備えているのも嬉しいですね。最長10時間のバッテリーで、5分の充電で90分再生できる急速充電にも対応しています。

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 骨伝導
連続再生時間 最大10時間
充電時間 1時間
重量 29 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線(Bluetooth)
外音の聴こえ方 骨伝導
連続再生時間 最大10時間
充電時間 1時間
重量 29 g
全てを見る全てを見る

audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』

audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』
出典:Amazon この商品を見るview item

軟骨伝導で心地よいサウンドを体感!

耳の軟骨から音を伝える軟骨伝導タイプです。一般的な骨伝導に比べて、頭部への圧迫感が少なく、初めての方でも「ながら聴き」がしやすいのが特徴。35gという軽さやIPX4の防水性もランニングシーンに好相性ですね。

音質に不安を覚える方がいるかもしれませんが、音声劣化を抑える独自技術により、違和感のない心地よいサウンドに仕上がっています。

有線・無線のタイプ 無線
外音の聴こえ方 軟骨伝導
連続再生時間 最大約20時間
充電時間 約2時間
重量 35 g
全てを見る全てを見る

有線・無線のタイプ 無線
外音の聴こえ方 軟骨伝導
連続再生時間 最大約20時間
充電時間 約2時間
重量 35 g
全てを見る全てを見る

「ランニング用イヤホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
YOBYBO(ヨービーボ)『AIR20』
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』
Anker(アンカー)『Soundcore AeroFit Pro』
Bose(ボーズ)『QuietComfort Earbuds II』
Apple(アップル)『AirPods Pro 第2世代(MQD83J/A)』
JBL(ジェービーエル)『TUNE FLEX』
JVC(ジェイブイシー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(HA-EC25T)』
KENWOOD(ケンウッド)『KH-CRZ20T』
SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』
JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』
Anker(アンカー)『Soundcore Life Note 3S』
SONY(ソニー)『Float Run(WI-OE610)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』
Shokz(ショックス)『OpenRun 骨伝導イヤホン(SKZ-EP-000006)』
Shokz(ショックス)『OpenRun Pro』
audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』
商品名 YOBYBO(ヨービーボ)『AIR20』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WF-1000XM4)』 Anker(アンカー)『Soundcore AeroFit Pro』 Bose(ボーズ)『QuietComfort Earbuds II』 Apple(アップル)『AirPods Pro 第2世代(MQD83J/A)』 JBL(ジェービーエル)『TUNE FLEX』 JVC(ジェイブイシー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(HA-EC25T)』 KENWOOD(ケンウッド)『KH-CRZ20T』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット(WF-SP900)』 JVCケンウッド『Victor(HA-FX150T)』 Anker(アンカー)『Soundcore Life Note 3S』 SONY(ソニー)『Float Run(WI-OE610)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 Shokz(ショックス)『OpenRun 骨伝導イヤホン(SKZ-EP-000006)』 Shokz(ショックス)『OpenRun Pro』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ATH-CC500BT』
商品情報
特徴 リーズナブルな価格で高性能なイヤホン! ソニーの大定番! 周囲の音が聞こえるオープンイヤー型のイヤホン あらゆるシーンにフィットするボーズの力作! iPhoneと簡単接続。カスタマイズできる装着感 水のような高い透明感が目を引くスケルトン仕様 スポーツなどの動きにもフィットするイヤーフック 開放型でランニングにぴったり スマホ不要で音楽も聴ける完全ワイヤレス ビクターが誇る音響技術をふんだんに活用! 軽くて圧迫感のないインナーイヤー型イヤホン 優しいフィット感でランニングも快適! ロングバッテリーを持つ安価なモデル! アクティブシーンに重宝する1台 安定した装着感の骨伝導イヤホン 軟骨伝導で心地よいサウンドを体感!
外音の聴こえ方 - 外音取り込み機能 常時 外音取り込み機能 外音取り込み機能 外音取り込み機能あり - 開放型 外音取り込み機能 外音取り込み機能 開放型 開放型 - 骨伝導 骨伝導 軟骨伝導
連続再生時間 最大20時間 最大8時間(NCオン)、最大12時間(NCオフ) 最大46時間 最大6時間 最大6時間(NCオン)、最大5.5時間(空間オーディオ、ヘッドトラッキング有効) 約8時間(NCオフ)、約6時間(NCオン) 最大7.5時間 最大7.5時間 ワイヤレス接続:最大3時間、メモリー再生:最大6時間 最大7.5時間(NCオン)、最大9時間(NCオフ) 最大5時間 最大10時間 最大25時間 最大8時間 最大10時間 最大約20時間
充電時間 約1時間 約1.5時間 10分で約5.5時間再生可能 イヤホン:約1時間、充電ケース:約3時間 約2時間 イヤホン:約2時間、充電ケース:約3.5時間 イヤホン:約2時間、充電ケース:約3時間 本体:約2.5時間、充電ケース:約3.5時間 イヤホン:約2時間、充電ケース:約2.5時間 イヤホン:約1.5時間、充電ケース:約3時間 約3時間 約3時間 1.5時間 1時間 約2時間
重量 3.6g 7.3 g - 6 g 5.3 g 4.8 g 4.1 g 7.3 g 4.4 g 4.3 g 33 g 20 g 26 g 29 g 35 g
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ランニング用イヤホンの売れ筋をチェック

Amazonでのランニング用イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ランニング用イヤホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】ほかのイヤホンも参考に!

【まとめ】安全に走れるイヤホンを選ぼう

本記事では、ランニング用イヤホンの選び方とおすすめ商品を紹介しました。

ランニング用イヤホンの進化は速く、毎年さまざまなモデルが発売されますが、この記事の選び方を参考にすれば、きっと自分にぴったりのイヤホンも見つけやすいはずです。特に安全性は重要。この点に注意しつつ、お気に入りのイヤホンを探してみてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button