記事種別: article type icon レビュー

コスパ抜群と話題!『Beats Flex』の使いやすさを徹底レビュー

コスパ抜群と話題!『Beats Flex』の使いやすさを徹底レビュー

機能性の高さの割りにリーズナブルな価格が好評の『Beats Flex』。マグネット式のイヤーバッドが使いやすいということでも話題を集めています。

この記事では、「Beats Flex」を実際に購入して機能性や音質、使い心地などを検証してみました。


『Beat Flex』を実際に購入して使ってみました 高機能?

Beat Flexを開封

Beat Flexを開封してみました。

デザイン性の高さや音質の良さで有名なアメリカのオーディオブランド「Beats」。アーティストやアスリートでも愛用している人が多くいます。『Beats Flex』はBeatsブランドの中でもリーズナブルでコストパフォーマンスが良いと話題になっています。

信頼のおける「Beats」のん製品だとはいえ、安い製品だと、機能性や音質に不安が残りますよね。

そこで今回は、コスパの良さが話題の『Beats Flex』を実際に使ってレビューしました。

『Beats Flex』はどんなイヤホン?

 

Beatsはデザイン性の高さ、音質の高さが特徴的なアメリカのオーディオブランドです。Appleの傘下にあるブランドなのでiPhoneとの相関性の高さも嬉しいポイントです。

Beatsで人気が高かった前モデルの「beats X」よりも性能が上がったにも関わらず、リーズナブルになったと話題の『Beats Flex』。マグネット式のイヤーバッドが特徴的で、耳から外して両耳のイヤーバッドをくっつけると音楽を一時停止できます。

Beatsの他のヘッドホンやAirpodsなどで音楽を共有できるという嬉しい機能もあります。

他にも、充電のもちの良さも嬉しいポイントで、最大12時間の連続再生ができます。さらに、10分の急速充電で1.5時間も再生ができるので、急に充電がなくなってしまっても安心です。

また、appleW1チップが搭載されているので、iPhoneとのスムーズな接続ができます。

『Beats Flex』の評判や口コミをまとめてみた SNSなどでの評判は?

クチコミ評判

公式の情報を見る限り、機能性や音質に問題はないように感じますが、実際に使った人の中にはネガティブな意見を持つ人もいました。実際の口コミや評判をみていきましょう。

『Beats Flex』のいい口コミ

音質がよく、デザイン性があるにも関わらず、価格が5000円代なので、コストパフォーマンスが良いという意見が多くみられました。一つ前のモデル「Beats X」と比べても機能面や音質面が改良されています。「Beats X」は1万円ほどだったと考えるとコストパフォーマンスが良いという意見に納得ができます。

他にも、マグネット式で一時停止できる点や、iPhoneとのスムーズな接続といった機能面に対する評判も良い様子でした。

『Beats Flex』の悪い口コミ

音質が良いと感じる人がいる一方で、音質に納得がいかないという人もいるようです。音がこもったように聞こえるという意見がありました。

また、ネックバンドが長すぎて使いにくいという意見もありました。

『Beats Flex』を徹底レビュー 実際の使用感や音質は?

今回は、『Beats Flex』を実際に購入し、使用してみました。

「使い心地」や「使って感じた使用上の注意点」、「機能性」、「デザイン性」などの観点から検証をしていきましょう。

『Beats Flex』の機能性をチェック

説明書

同封されている説明書

届いて箱を開封するとまずこのシンプルで分かりやすい説明書が同封されていました。届いてからすぐ使ってみたいという思いがあると思うので、すぐ使える工夫は嬉しいところ。

ペアリング画面

iPhoneとのペアリング画面

私はiPhoneを使用しているのですが、接続は評判通り簡単でスムーズでした。bluetooth画面に『Beats Flex』が表示されるので接続するだけです。Bluetoothを一度接続すると、次回からは、iPhoneに接続すると、写真のような画像が出るので、接続をおせば簡単に使えます。

ペアリング解除操作画面

iPhone上での操作画面

AirPods Proを普段から使用しているので、オーディオ共有機能も実際に試してみました。
再生中の音楽表示画面にこのようにiphoneに接続しているイヤフォンが表示されます。
タッチすると、右側にあるチェックマークがつき、オーディオ共有されます。
外で動画や音楽を共有するときにも役立ちます。

本体部分

イヤホンの本体部分

マグネット式のイヤーバッドが特徴的です。実際に使ってみた感想はとても便利。

イヤフォンをちょっと外す必要があるとき、胸の前でバラけずにまとまっていると、無くす心配はいりません。

『Beats Flex』のつけ心地は?

ネック部分が長いというレビューもありました。リモコン部分から耳までのケーブルが余る感じがありましたが、使い心地には特に問題がありませんでした。

19gと軽いので、つけている時の首の負担を感じることもなく、長時間かけていてもストレスなく使用できます。

『Beats Flex』のデザイン性は?

Beatsのロゴ

beatsのロゴが特徴的

beatsブラックはシンプルでクールな黒に、赤い「beats」の「b」の文字がオシャレです。

カラーバリエーションは今回紹介する「beats ブラック」以外にも、ユズイエロー・フレイムブルー・スモークグレイなどがあります。beats ブラック以外は落ち着いた淡い色味が特徴的です。

肝心の音質はどう?

私は普段、Airpods Proを使用しています。Airpods Proとは、価格もかなり異なるため、単純に比較できませんが、音質には少々違和感を感じました。口コミにもあったように、私もこもった音にきこえることがありました。

一時停止した後に数秒聞こえるちょっとしたホワイトノイズが若干気になりましたが、5000円代という価格を考えると音質は十分でしょう。

使用上の注意点

充電

充電時の接続部分

充電はCタイプです。充電ケーブルは付属ですが、コンセント部分は付属していないので注意が必要です。普段iPhoneを使用している人は、iPhoneの充電器では充電ができません。
MacのPCがCタイプなので、私は、PCに繋いだり、PCの充電器を使って充電しています。

写真のように、充電中は電源ボタンが赤く光ります。ちなみに、白色に変わったら充電完了というサインです。

防水機能はありません!

日常生活で、雨に濡れたり、汗をかいたりしたくらいでは、壊れないと思いますが、防水機能はないということを念頭に使用した方が良いでしょう。

Beats『Beats Flex』

BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック BeatsFlexワイヤレスイヤホン–AppleW1ヘッドフォンチップ、マグネット式イヤーバッド、Class1Bluetooth、最大12時間の再生時間-Beatsブラック

出典:Amazon

重量 18.6g
サイズ ⻑さ:38.8 cm(⾸にかけたときの⻑さ)、幅:10.6cm、⾼さ:1.6cm
バッテリー駆動時間 最⼤12時間の再⽣が可能(充電1回あたり)
ヘッドホン型式 インイヤー

『Beats Flex』を使ってみてわかったこと

パッケージ

Beats Flexのパッケージ

コストパフォーマンスの良さが話題の『Beats Flex』はシンプルで使いやすく、つけ心地も良いため、コストパフォーマンスが良いと言われている理由を実感できました。

イヤホンにお金をかけたくないけれど、ある程度の機能性やデザイン性が担保されたコスパの良いワイヤレスイヤホンを探している人には特におすすめです。また、Beatsの製品が以前から気になっていたという人は、お試しとして利用してみても良いかもしれません。


『Beats Flex』と同じくネックバンド型で、よりワークアウト向けのイヤホン『Power beats』もあります。多くのアスリートにも愛用されている本格的なイヤホンなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他のイヤホンのレビューはこちら 関連記事

ソニー史上最強ワイヤレスイヤホンと呼び声高い『WF-1000XM4』。この記事では、編集部員・ばらやんが実機を自腹で購入。その他の人気機種と比較し、『WF-1000XM4』の性能を比較検証。

今回検証レビューしていくのは女性らしい色や形が可愛いradius(ラディウス)の『HP-T60BT』。耳に付けたときの見え方や、付け心地、音質などを検証していくので、イヤホンをお探しの方はぜひ覗いてみてください!

イヤホンのおすすめ記事はこちら

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫しながら、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドアスポーツ・レジャー全般を楽しむパパ編集者。一方平日は、おうち時間でゲーム・アニメ・マンガに没頭するインドア派の一面も。元WEBデザイナーでIT編集者という異色の経歴も持つ。

関連する記事


有線ヘッドホンのおすすめ22選|1万円以下のコスパのよい商品もご紹介【ゲーム用・音楽用】

有線ヘッドホンのおすすめ22選|1万円以下のコスパのよい商品もご紹介【ゲーム用・音楽用】

有線タイプのヘッドホンはさまざまな性能や形状などのバリエーションも豊富です。また、価格帯も幅広く、何を重視して選んだらいいのか迷われている方もいるのではないっでしょうか?。この記事ではハイレゾ対応やマイク付き、ワイヤレス両用モデルなど目的別に有線ヘッドホンのおすすめ商品をご紹介しています。ワイヤレスにはない有線ヘッドホンの魅力もご紹介していますので是非参考にしてみてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , パソコン周辺機器 , イヤホン・ヘッドホン

ライトニングイヤホンおすすめ8選|高音質なタイプやマイク付きモデルも紹介

ライトニングイヤホンおすすめ8選|高音質なタイプやマイク付きモデルも紹介

近年のiPhoneやiPadは、3.5mmのイヤホンジャックが付いていないものが標準になってきていますが、それと同時に、新しく搭載されたLightning端子に直結できるライトニングイヤホンが人気になっています。高音質で安いアイテムも豊富に取り揃えています。この記事では、ライトニング(Lightning)イヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介。音質の良いモデルや、通話などにも使用できるマイク付きタイプも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon iPad , イヤホン・ヘッドホン , iPhone

重低音イヤホンおすすめ24選|迫力のある高音質が魅力の商品を紹介

重低音イヤホンおすすめ24選|迫力のある高音質が魅力の商品を紹介

重低音イヤホンについて、高音質を実現させるための選び方や、有線・無線別のおすすめ商品を紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみてくださいね。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

密閉型イヤホンおすすめ5選|高音質で痛くなりにくいモデルも紹介

密閉型イヤホンおすすめ5選|高音質で痛くなりにくいモデルも紹介

密閉型イヤホンは、さまざまなメーカーが発売しており、その機能や特性に細かな違いがあるため、どれを選んでいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。本記事では、密閉型イヤホンの選び方やおすすめ商品をご紹介。さらに、ショッピングサイトのランキングもありますので、ぜひ購入の参考にしてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

片耳イヤホンおすすめ15選|有線・ワイヤレス・マイク付きなど目的別に紹介

片耳イヤホンおすすめ15選|有線・ワイヤレス・マイク付きなど目的別に紹介

片耳イヤホンは、作業をしながら使いたい人におすすめのアイテム。一般的なイヤホンと違って、周囲の音を確認しやすいのがメリットです。マイク機能があれば車の運転中や仕事中に、防水仕様ならランニングやフィットネスなどの運動時にも使うことが可能です。この記事では、片耳イヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。