オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶ! おすすめのパナソニック製ヘッドホン・イヤホン5選

オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶ! おすすめのパナソニック製ヘッドホン・イヤホン5選

本記事では、パナソニック製のヘッドホン・イヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介。

家電やAVジャンルにおいては総合メーカーといえる存在のパナソニックですが、ヘッドホンやイヤホンに関しても充実したラインナップをそろえています。

商品によって特徴が少しずつ違ってきますので、本記事を参考にお気に入りの商品を見つけてみてくださいね。


目次

オーディオ・ビジュアル評論家
野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。 特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。 また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

パナソニック製ヘッドホン・イヤホンの選び方! オーディオ・ビジュアル評論家に聞きました

それでは、パナソニック製ヘッドホン・イヤホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】イヤホンかヘッドホンか、ワイヤレスか有線か
【2】デザインは重要なものの音を最優先に
【3】最新が最善、といいきれるワイヤレスモデル


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】イヤホンかヘッドホンか、ワイヤレスか有線か

 

パナソニックの商品に限らず、ヘッドホンやイヤホンを選ぶ際は利用するシチュエーションによってイヤホンがいいのかヘッドホンがいいのか、有線がいいのかワイヤレスがいいのか、自然にしぼられてきます。

おもに屋外で利用する方は持ち運びの便利さも含めてカナル型イヤホンが使いやすいですが、カナル型イヤホンが苦手な方にはポータブルヘッドホンという選択肢もあります。

また、スマートフォンと接続する場合はBluetoothワイヤレスが最有力候補ですが、有線ケーブル接続のコストパフォーマンスの高さも捨てがたいところです。目安としては、1万円以下の予算であれば有線またはワイヤレスイヤホン、1.5万円以上を用意できるのであればすべての商品が候補に入る、という風に考えると、商品が選びやすくなるでしょう。

【2】デザインは重要なものの音を最優先に

パナソニック製ヘッドホンには、『RP-HTX80B』など、そのデザインが人気を集めている機種があります。しかしながら、ヘッドホンやイヤホンにとってもっとも重要なポイントは音質です。

とくに、パナソニック製ヘッドホンは、テクニクスブランドを含めてこれまで培ってきたサウンドポリシーがあり、ハイファイ系の音が得意です。どの商品もブレなく、方向性の定まったサウンドキャラクターを持ちあわせていますので、予算が許す限り上級モデルを購入するのがベストといえます。

また、他社の最新ヘッドホンのように数十万円もする商品はありませんので、安心して商品選びが行なえるのもメリットといえるでしょう。

【3】最新が最善、といいきれるワイヤレスモデル

 

Bluetoothワイヤレスヘッドホン・イヤホンは、いままさに急激な進化をとげている最中で、最新の商品が最良である傾向が強くなっています。パナソニックの商品もしかりで、新モデル・新商品がもっともベストな音質と使い勝手を持ちあわせています。

音質が好みか否かを確認する必要はありますが、ワイヤレスモデルが希望の場合は、購入候補の優先順位を「発売日が新しい順」にしましょう。

「パナソニック製ヘッドホン・イヤホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオヘッドホン(RP-HD610N)』
Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオインサイドホン(RP-HTX20B)』
Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD5)』
Panasonic(パナソニック)『ステレオインサイドホン(RP-HDE3)』
Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD300B)』
商品名 Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオヘッドホン(RP-HD610N)』 Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオインサイドホン(RP-HTX20B)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD5)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオインサイドホン(RP-HDE3)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD300B)』
商品情報
特徴 パナソニック最新にして最高峰のワイヤレスモデル 音もデザインもスマート 良音質&良コスパモデル ていねいな表現が特徴のエントリーモデル テレビや動画視聴などにも活用したい方に
形式 密閉型ダイナミックステレオヘッドホン 密閉型ダイナミック・ステレオインサイドホン 密閉型ダイナミックステレオヘッドホン 密閉型ダイナミック・ステレオインサイドホン 密閉型ダイナミックステレオヘッドホン
重量 約275g(コード除く) 約18g 約240g(コード含む) 約16.5g(コード含む) 約218g(コード除く)
再生時間 約24時間(ノイズキャンセリングON、SBC時)、約25時間(ノイズキャンセリングOFF、SBC時) 約8時間30分 - - 約24時間(SBC)
インピーダンス 38Ω(電源オフ、着脱コード接続時) - 44Ω 20Ω 34Ω(電源オフ、着脱コード接続時)
再生周波数帯域 4~40,000Hz(着脱コード接続時) 20~20,000Hz 4~40,000Hz 5~40,000Hz 4~40,000Hz(着脱コード接続時)
カラー ブラック キャメルベージュ、マットブラック、クールグレー、バーガンディレッド ブラック、レッド、ホワイト、ブルー ブルー、ブラック、シルバー、ピンク、ブラウン マリンブルー、マルーンブラウン、ブラック
Bluetooth通信 ○(Ver4.2) ○(Ver4.2) - - ○(Ver5.0)
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

パナソニック製ヘッドホン・イヤホンおすすめ5選

上でご紹介したパナソニック製のヘッドホン・イヤホンの選び方のポイントをふまえて、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに選んでもらったおすすめ商品5選をご紹介します。各商品の特徴を比較して、ご自身にピッタリの商品を探してみましょう。

Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオヘッドホン(RP-HD610N)』

Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオヘッドホン(RP-HD610N)』 Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオヘッドホン(RP-HD610N)』 Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオヘッドホン(RP-HD610N)』 Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオヘッドホン(RP-HD610N)』 Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオヘッドホン(RP-HD610N)』 Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオヘッドホン(RP-HD610N)』

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家

パナソニック最新にして最高峰のワイヤレスモデル

手軽に高機能ヘッドホンが使いたい方におすすめの商品です。3タイプのノイズキャンセリング機能を使い分けられ、Googleアシスタント機能を搭載し、専用アプリによってさまざまな設定が行なえる、インテリジェントなBluetoothワイヤレスヘッドホン。

24時間の連続再生に加え、15分の充電で約2時間再生できるクイックチャージにも対応しています。また、有線接続用のケーブルが付属し、バッテリーが切れている状態でも使用することができます。

音質面では、SBCやAACに加え、LDAC、aptX HDという高音質コーデックに対応。MLF(超多層フィルム)振動板&制振フレーム採用のドライバーと相まって、こまやかな表現までしっかりと伝わる、それでいてじゅうぶんな迫力も持ちあわせた、良質なサウンドを楽しませてくれます。いっぽうで、低域は柔らかく広がるタイプで、迫力はあるのに聴き心地がいい、絶妙なチューニングとなっています。

Panasonic(パナソニック)『ワイヤレスステレオインサイドホン(RP-HTX20B)』

パナソニックワイヤレスステレオインサイドホン(キャメルベージュ)RP-HTX20B-C パナソニックワイヤレスステレオインサイドホン(キャメルベージュ)RP-HTX20B-C パナソニックワイヤレスステレオインサイドホン(キャメルベージュ)RP-HTX20B-C パナソニックワイヤレスステレオインサイドホン(キャメルベージュ)RP-HTX20B-C パナソニックワイヤレスステレオインサイドホン(キャメルベージュ)RP-HTX20B-C

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家

音もデザインもスマート

音もデザインもそれなりにこだわりたい方におすすめなのがこの商品です。マットな質感のイヤホン本体やファブリック素材のケーブル、ワントーンのユニセックスデザインを採用するなど、デザインにこだわりをもつBluetoothワイヤレス接続のカナル型イヤホン。楕円形のダブルホールド形状により、ストレスの少ない、安定した装着感も実現しています。

とはいえ、この商品をおすすめする理由はそのサウンドです。ヌケのいいクリアな中高音によって、ヴォーカルやギターなどメイン楽器はのびのびとした音を楽しませてくれますし、低域も必要充分なボリューム感を持ちあわせています。音もデザインもバランスのいい商品です。

Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD5)』

Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD5)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD5)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD5)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD5)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD5)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD5)』

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家

良音質&良コスパモデル

オーソドックスなデザインと構成の有線/密閉型ヘッドホンですが、こと音質に関してはなかなかの良質さをほこっています。なによりも、力強く活き活きとしたヴォーカルが楽しめることが大きなアドバンテージといえます。Jポップやロックなどをよく聴く方と相性のいいヘッドホンです。

ヘッドパッドからイヤーパッド、コードまでワントーンで仕上げたカラーコーディネイトなど、スマートにまとめあげられたデザインも好印象です。随所にこだわりがうかがえる商品ですが、それでいて価格は手頃なので、気軽に導入できるのもうれしいポイントといえます。

Panasonic(パナソニック)『ステレオインサイドホン(RP-HDE3)』

Panasonic(パナソニック)『ステレオインサイドホン(RP-HDE3)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオインサイドホン(RP-HDE3)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオインサイドホン(RP-HDE3)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオインサイドホン(RP-HDE3)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオインサイドホン(RP-HDE3)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオインサイドホン(RP-HDE3)』

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家

ていねいな表現が特徴のエントリーモデル

低価格モデルというと、どうしても派手な音が好まれる傾向がありますが、こちらは低域のメリハリはしっかりしつつも、自然な音色、かつていねいな抑揚表現のサウンドを持ちあわせています。このあたりのチューニングの妙は、パナソニックならではといえるかもしれません。

高域がもう少しおとなしめで刺激の少ない、それでいて迫力のあるサウンドがほしい、という人方に試してほしい商品です。

Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD300B)』

Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD300B)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD300B)』 Panasonic(パナソニック)『ステレオヘッドホン(RP-HD300B)』

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家

テレビや動画視聴などにも活用したい方に

外観デザインがほぼ同じ、『RP-HD610N』の弟分といえる商品ですが、こちらはaptX Low Latencyという低遅延コーデックに対応しているため、テレビや動画視聴などにも最適な商品となっています。音楽鑑賞だけでなく、いろいろな活用をしたいという方におすすめです。

サウンド面では、バランスにすぐれた「OFFモード」、迫力の低音でダイナミックに楽しめる「Bass Enhancerモード」、ヴォーカルやセリフが聴きやすい「Clear Voiceモード」という3つのセッティングを搭載しているので、好みや楽曲に応じて使い分けるのも楽しいです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする パナソニック製ヘッドホン・イヤホンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのパナソニック製ヘッドホン・イヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:イヤホンランキング
楽天市場:パナソニック製ヘッドホン・イヤホンランキング
Yahoo!ショッピング:イヤホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

1つ好きな音質の商品があれば他の商品もハズレなし!

先にも紹介しましたが、パナソニックは確固たるサウンドポリシーがあるため、ヘッドホンについても一定の方向性のサウンドキャラクターを持ちあわせています。結果として、どの商品も音色傾向が近い印象となるため、音の好きキライはハッキリするかもしれません。

この音が好き! と思える方なら、イヤホンもヘッドホンもパナソニックでそろえてしまうと満足度が高いかもしれません。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


EarFun Free Proを実際に使ってみてレビュー|5000円台の完全ワイヤレスイヤホンの実力を検証します!

EarFun Free Proを実際に使ってみてレビュー|5000円台の完全ワイヤレスイヤホンの実力を検証します!

近年は、コードがないワイヤレスイヤホンが流行っていますが「値段の幅が大きくて、何を買えばよいかわからない」や「予算を抑えたいけれど機能面が不安でいまいち購入に踏み込めない」という方がいらっしゃるかと思います。この完全ワイヤレスイヤホン『EarFun Air Pro』は価格が5,000円台でとてもリーズナブル。初めてワイヤレスイヤホンを試すにはぴったりの商材です。本記事では、リーズナブルな価格のイヤホン「EarFun Free Pro」の実力を試してみました。これからワイヤレスイヤホンの購入を検証される方はぜひ参考にしてみてください。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

コスパ抜群と話題!『Beats Flex』の使いやすさを徹底レビュー

コスパ抜群と話題!『Beats Flex』の使いやすさを徹底レビュー

機能性の高さの割りにリーズナブルな価格が好評の『Beats Flex』。マグネット式のイヤーバッドが使いやすいということでも話題を集めています。この記事では、「Beats Flex」を実際に購入して機能性や音質、使い心地などを検証してみました。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , AVアクセサリ

イヤホンの寿命は何年? 買い替えサインや長持ちさせる方法

イヤホンの寿命は何年? 買い替えサインや長持ちさせる方法

まわりを気にせず好きな音楽や動画を見るときに便利なイヤホン。スマホやそのほかのデバイスの普及により、日常生活にイヤホンが欠かせないという人も多いはず。この記事ではイヤホンの寿命について解説します。買い替えのサインを知っておくと、突然使えなくなってしまうトラブルを防ぐことが可能です。また、長持ちさせる方法でお気にいりのイヤホンの寿命を伸ばせる可能性も。ぜひ参考にしてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ , 取付・設置・設定・メンテナンス

使わなくなったイヤホンの処分方法・捨て方は?

使わなくなったイヤホンの処分方法・捨て方は?

iPhoneをはじめとした、スマートフォンにも対応するワイヤレスBluetoothイヤホンが続々登場しています。しかし、新しいイヤホンへの買い替えで使わなくなったもの、断線や故障でいらなくなったイヤホンの処分はどうしたらよいのでしょうか。この記事では、使わなくなったイヤホンの処分方法や捨て方、分別や回収方法などを詳しく紹介します。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

Beatsのヘッドホン・イヤホンおすすめ9選|ノイズキャンセリング・完全ワイヤレスも

Beatsのヘッドホン・イヤホンおすすめ9選|ノイズキャンセリング・完全ワイヤレスも

Beats(ビーツ)の創業は2006年。比較的新しい音響機器メーカーですが、海外セレブが使っていることで人気が拡大。2014年にアップルに買収されたこともあり、以降に発売されたモデルは、iPhoneやiPadなどとの親和性が高くなっています。デザイン性が高いのもBeatsブランドの魅力。特徴的な「b」のロゴマークは、ひと目でBeats製品とわかります。本記事では、Beatsヘッドホン・イヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

関連するブランド・メーカー


Panasonic(パナソニック)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。