PR(アフィリエイト)

【2024年】ソニーのBluetoothイヤホンおすすめ10選|ノイキャン性能最高峰!

【2024年】ソニーのBluetoothイヤホンおすすめ10選|ノイキャン性能最高峰!
【2024年】ソニーのBluetoothイヤホンおすすめ10選|ノイキャン性能最高峰!

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2022年05月20日に公開された記事です。

年々進化を遂げているワイヤレスイヤホン。Bluetooth接続で、わずらわしいコードがなく快適に使用できます。最近はイヤホンジャックのないスマートフォンも多く登場しているので、今後ますます普及していくことでしょう。

この記事ではイヤホンメーカーの中で人気のソニー製Bluetoothイヤホンをピックアップ。おすすめと選び方をご紹介しています。

記事の後半には、通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ITガジェット・家電ライター
荒俣 浩二
IT・家電ライターとして活動。PC、関連デバイスの記事に定評があり、様々な媒体へ寄稿している。電脳街の練り歩きを日課とし、常に情報収集(趣味)を怠らない。散財するのも大好きなので、新しいものが出るとすぐに飛びついてしまう傾向が強い。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

Bluetoothイヤホンの魅力

ブルートゥースイヤホンをしている女性
ペイレスイメージズのロゴ
ブルートゥースイヤホンをしている女性
ペイレスイメージズのロゴ

スマホやタブレット、PCにはBluetoothが標準装備されているので、簡単かつ手軽にワイヤレス接続して音楽を楽しむことができます。

近年ではBluetoothの音質も大きく改善され、より高音質になり、ますます魅力的な製品になってきていますよ。

そんなBluetoothイヤホンですが大きくわけて2つの種類に分類されます。左右分離型とも呼ばれる「完全ワイヤレスイヤホン」、「左右一体型イヤホン」。その他、片耳イヤホンや骨伝導といった特性のイヤホンも販売していますので、チェックしていきましょう。

ソニーのBluetoothイヤホンの特徴

 

映像や音楽のジャンルで、ハイクオリティなアイテムをたくさん開発しているソニー。Bluetoothイヤホンのジャンルでも高い技術力を発揮しています。

ノイズキャンセリング技術も業界最高クラスを誇り、周囲の雑音を抑えてクリアに音楽を楽しみたいという人にぴったりのメーカーです。

Bluetoothイヤホン選びのポイント

Bluetoothイヤホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記。

【1】イヤホンの形状
【2】再生可能時間
【3】音質のよさ
【4】Bluetoothのバージョン
【5】そのほかの便利機能


これらを押さえて、自分に合った製品を選びましょう。一つずつ解説していきます。

ソニーのBluetoothイヤホンおすすめ10選

ここからはソニー製のおすすめイヤホンをご紹介していきます。

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』
出典:Amazon この商品を見るview item

さらに進化したノイキャン最強イヤホン

こちらのイヤホンは、OSを選ばずに2台の機器に同時接続できます。Bluetoothの切り替え作業をせずに、PCやスマホなどのデバイスを選択して接続できる便利な機能を備えています。

長時間の使用にも対応しており、ノイズキャンセリングをつけた状態でも約8時間の連続再生が可能です。専用アプリを使用することで、今つけているイヤーピースのサイズが適切かどうかを測定できます。自分に合ったサイズで使うことで、さらに聞きやすい状態で使用できます。

通信方式 Bluetooth Ver.5.3
連続音楽再生時間 約12時間(NCオフ)、約8時間(NCオン)
充電時間 イヤホン:約1時間、充電ケース:約90分
重さ 本体のみ(左右各)約5.5 g、充電ケース約36.5 g
対応コーデック SBC, AAC, LDAC, LC3
ハンズフリー通話
ノイズキャンセル
全てを見る全てを見る

通信方式 Bluetooth Ver.5.3
連続音楽再生時間 約12時間(NCオフ)、約8時間(NCオン)
充電時間 イヤホン:約1時間、充電ケース:約90分
重さ 本体のみ(左右各)約5.5 g、充電ケース約36.5 g
対応コーデック SBC, AAC, LDAC, LC3
ハンズフリー通話
ノイズキャンセル
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』
出典:Amazon この商品を見るview item

業界最高クラスのノイズキャンセル性能を体感

大幅にノイズキャンセル性能が向上し、風のノイズも大幅に軽減できます。また通話性能も大幅に強化。4つのマイクとセンサーで高度な音声信号処理を実施します。

エルゴノミック・サーフェース・デザインで従来より接触面を増やし、耳への装着安定性を実現しました。

通信方式 Bluetooth 5.0
連続音楽再生時間 最大8時間
充電時間 -
重さ 約7.3g
対応コーデック -
ハンズフリー通話 -
ノイズキャンセル -
全てを見る全てを見る

通信方式 Bluetooth 5.0
連続音楽再生時間 最大8時間
充電時間 -
重さ 約7.3g
対応コーデック -
ハンズフリー通話 -
ノイズキャンセル -
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『LinkBuds S(WF-LS900N)』

普段使いしやすい「ながら聴き」に対応!

4.8gの軽量さとコンパクトさを兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホンです。音楽を聴きながら周囲の音も聞ける「ながら聴き」にも対応。しっかり音楽を聴きたいなら、ノイズキャンセリング機能で外音を遮断することもできます。

5分の充電で60分も再生ができるクイック充電にも対応しています。いろんな環境で使いやすいイヤホンなのでおすすめですよ!

通信方式 Bluetooth
連続音楽再生時間 30H(ノイズキャンセリングOFF時)
充電時間 5分充電/60分再生
重さ 約4.8 g × 2
対応コーデック -
ハンズフリー通話 対応
ノイズキャンセル 対応
全てを見る全てを見る

通信方式 Bluetooth
連続音楽再生時間 30H(ノイズキャンセリングOFF時)
充電時間 5分充電/60分再生
重さ 約4.8 g × 2
対応コーデック -
ハンズフリー通話 対応
ノイズキャンセル 対応
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『LinkBuds S(WF-LS900N)』

普段使いしやすい「ながら聴き」に対応!

4.8gの軽量さとコンパクトさを兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホンです。音楽を聴きながら周囲の音も聞ける「ながら聴き」にも対応。しっかり音楽を聴きたいなら、ノイズキャンセリング機能で外音を遮断することもできます。

5分の充電で60分も再生ができるクイック充電にも対応しています。いろんな環境で使いやすいイヤホンなのでおすすめですよ!

通信方式 Bluetooth
連続音楽再生時間 最長30時間
充電時間 充電5分で約60分使用可
重さ 約4.8g
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
ハンズフリー通話
ノイズキャンセル
全てを見る全てを見る

通信方式 Bluetooth
連続音楽再生時間 最長30時間
充電時間 充電5分で約60分使用可
重さ 約4.8g
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
ハンズフリー通話
ノイズキャンセル
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット LinkBuds(WF-L900)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセットLinkBuds(WF-L900)』
出典:Amazon この商品を見るview item

耳をふさがず圧迫感のないリング形状

イヤホンがリング型になっており周囲の音も明瞭に聴くことができるデザインが特徴のイヤホン。装着時の圧迫感が少なく、長時間の使用でも疲れにくいのも大きな特徴です。

装着した耳の周りをタップすることで音の操作や音量の操作ができるのでとても快適。独自技術の高精度ボイスピックアップテクノロジーで、相手に自分の声をよりクリアに伝えるので、通話時やリモートワークなどでもとても便利ですよ。

通信方式 無線
連続音楽再生時間 5.5時間
充電時間 クイック充電
重さ ‎34g
対応コーデック SBC、AAVC
ハンズフリー通話 対応
ノイズキャンセル
全てを見る全てを見る

通信方式 無線
連続音楽再生時間 5.5時間
充電時間 クイック充電
重さ ‎34g
対応コーデック SBC、AAVC
ハンズフリー通話 対応
ノイズキャンセル
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』
出典:Amazon この商品を見るview item

コスパに優れた完全ワイヤレス!

1万円程度で購入できるコスパのいい完全ワイヤレスイヤホン。カラーバリエーションも4色展開されているので、デザインやカラーにこだわりたいという人にもおすすめのモデルとなっています。

サウンドは高音域から低音域までバランスがとれたクセのないものとなっていて、いろんな音楽にマッチするイヤホンに仕上がっています。

通信方式 Bluetooth
連続音楽再生時間 最大7.5時間(ノイズキャンセリングON時)
充電時間 10分充電で60分再生可能
重さ 4.6g
対応コーデック DSEE、AAC
ハンズフリー通話
ノイズキャンセル
全てを見る全てを見る

通信方式 Bluetooth
連続音楽再生時間 最大7.5時間(ノイズキャンセリングON時)
充電時間 10分充電で60分再生可能
重さ 4.6g
対応コーデック DSEE、AAC
ハンズフリー通話
ノイズキャンセル
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『Float Run』

SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』 SONY(ソニー)『FloatRun』
出典:Amazon この商品を見るview item

ランニングに最適なオフイヤーデザインのイヤホン

オフイヤーデザインという、スピーカー部分が耳から浮いた状態のデザインをしたワイヤレスイヤホンです。耳の中にスピーカーを入れるインイヤーデザインのイヤホンと違って圧迫感がなく、骨伝導イヤホンと違って骨を揺らして音を伝えるわけではないので振動がありません。激しい動きをしてもイヤホンが耳から外れないよう重量バランスにも気を使っていました。また、軽さやIPX4相当の防滴性能など、ランニングに必要な性能が揃っています。

通信方式 Bluetooth
連続音楽再生時間 最長10時間
充電時間 10分の充電で60分再生
重さ -
対応コーデック -
ハンズフリー通話 対応
ノイズキャンセル -
全てを見る全てを見る

通信方式 Bluetooth
連続音楽再生時間 最長10時間
充電時間 10分の充電で60分再生
重さ -
対応コーデック -
ハンズフリー通話 対応
ノイズキャンセル -
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』

売れ筋上位のネックバンド式!

最長25時間も連続再生できるロングバッテリーを備え、こまめに充電しなくてもOK。また10分の充電で60分再生できるクイック充電にも対応しているので、忙しい朝にもパパッと充電できます。

専用アプリ「Headphones Connect」に対応し、好みの音質にカスタマイズできたり、「360 Reality Audio」で立体的な音を楽しめたりします。コスパに優れたイヤホンに仕上がっています。

通信方式 Bluetooth
連続音楽再生時間 最大25時間
充電時間 約3時間
重さ 20 g
対応コーデック SBC、AAC
ハンズフリー通話
ノイズキャンセル -
全てを見る全てを見る

通信方式 Bluetooth
連続音楽再生時間 最大25時間
充電時間 約3時間
重さ 20 g
対応コーデック SBC、AAC
ハンズフリー通話
ノイズキャンセル -
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』

SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ハイレゾ対応で業界最高クラスのノイキャン性能

最大10時間のロングバッテリーのネックバンド型イヤホン。電車やバスはもちろん、飛行機内でも集中して音楽を聴ける、精度の高いノイズキャンセリング機能を搭載しています。

ハイレゾにも対応していて、iPhoneに接続しても「DSEE HX」技術により、通常音源でも高音質を楽しむことができます。

通信方式 Bluetooth 5.0
連続音楽再生時間 最大10時間(NC ON時)、最大15 時間(NC OFF時)
充電時間 約3.5時間
重さ 約58g (本体: 約44g)
対応コーデック SBC, AAC, LDAC
ハンズフリー通話 対応
ノイズキャンセル 高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1、デュアルノイズセンサーテクノロジー
全てを見る全てを見る

通信方式 Bluetooth 5.0
連続音楽再生時間 最大10時間(NC ON時)、最大15 時間(NC OFF時)
充電時間 約3.5時間
重さ 約58g (本体: 約44g)
対応コーデック SBC, AAC, LDAC
ハンズフリー通話 対応
ノイズキャンセル 高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1、デュアルノイズセンサーテクノロジー
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(MDR-EX31BN)』

ペアリングが簡単! 初めてでも使いやすい

ワンタッチ接続により、ペアリングやBluetooth接続やパワーのオンオフが簡単にできるイヤホン。周囲からの騒音をほとんどカットするデジタルノイズキャンセリング機能を備えるほか、対応しているコーデックも幅広く、高音質で遅延の少ない「apt X」も使えます。

接続の設定をする必要がないので、ビデオ会議や音楽や通話などをそれぞれ別のデバイスで使う場合にも便利。

通信方式 -
連続音楽再生時間 9時間~最大10.5時間
充電時間 約2.5時間
重さ 約34g
対応コーデック SBC、AAC、aptX
ハンズフリー通話 対応
ノイズキャンセル 対応
全てを見る全てを見る

通信方式 -
連続音楽再生時間 9時間~最大10.5時間
充電時間 約2.5時間
重さ 約34g
対応コーデック SBC、AAC、aptX
ハンズフリー通話 対応
ノイズキャンセル 対応
全てを見る全てを見る

「ソニーのBluetoothイヤホン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』
SONY(ソニー)『LinkBuds S(WF-LS900N)』
SONY(ソニー)『LinkBuds S(WF-LS900N)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット LinkBuds(WF-L900)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』
SONY(ソニー)『Float Run』
SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』
SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』
SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(MDR-EX31BN)』
商品名 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM5)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WF-1000XM4)』 SONY(ソニー)『LinkBuds S(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『LinkBuds S(WF-LS900N)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスステレオヘッドセット LinkBuds(WF-L900)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WF-C700N)』 SONY(ソニー)『Float Run』 SONY(ソニー)『ワイヤレスイヤホン(WI-C100)』 SONY(ソニー)『イヤレスノイズキャンセリングイヤホン(WI-1000XM2)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(MDR-EX31BN)』
商品情報
特徴 さらに進化したノイキャン最強イヤホン 業界最高クラスのノイズキャンセル性能を体感 普段使いしやすい「ながら聴き」に対応! 普段使いしやすい「ながら聴き」に対応! 耳をふさがず圧迫感のないリング形状 コスパに優れた完全ワイヤレス! ランニングに最適なオフイヤーデザインのイヤホン 売れ筋上位のネックバンド式! ハイレゾ対応で業界最高クラスのノイキャン性能 ペアリングが簡単! 初めてでも使いやすい
通信方式 Bluetooth Ver.5.3 Bluetooth 5.0 Bluetooth Bluetooth 無線 Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth 5.0 -
連続音楽再生時間 約12時間(NCオフ)、約8時間(NCオン) 最大8時間 30H(ノイズキャンセリングOFF時) 最長30時間 5.5時間 最大7.5時間(ノイズキャンセリングON時) 最長10時間 最大25時間 最大10時間(NC ON時)、最大15 時間(NC OFF時) 9時間~最大10.5時間
充電時間 イヤホン:約1時間、充電ケース:約90分 - 5分充電/60分再生 充電5分で約60分使用可 クイック充電 10分充電で60分再生可能 10分の充電で60分再生 約3時間 約3.5時間 約2.5時間
重さ 本体のみ(左右各)約5.5 g、充電ケース約36.5 g 約7.3g 約4.8 g × 2 約4.8g ‎34g 4.6g - 20 g 約58g (本体: 約44g) 約34g
対応コーデック SBC, AAC, LDAC, LC3 - - SBC、AAC、LDAC SBC、AAVC DSEE、AAC - SBC、AAC SBC, AAC, LDAC SBC、AAC、aptX
ハンズフリー通話 - 対応 対応 対応 対応 対応
ノイズキャンセル - 対応 - - 高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1、デュアルノイズセンサーテクノロジー 対応
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月20日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ノイズキャンセリングイヤホンの売れ筋をチェック

楽天市場でのノイズキャンセリングイヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:楽天市場:ヘッドホン・イヤホン(ノイズキャンセリング)ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連アイテムをチェック

ノイズキャンセリング機能があるとより快適!

ITガジェット・家電ライター:荒俣 浩二

ITガジェット・家電ライター

音楽を楽しむにはできるだけ他の音にじゃまされない環境がほしいもの。ノイズキャンセリングイヤホンは、エンジン音や走行音が気になる飛行機や電車内でも、理想に近いリスニング環境を作り出してくれる、音楽ファンならぜひとも利用したい機能です。

一方で外音から切り離されてしまうことのリスクもあります。ノイズキャンセリング機能はひとりで集中できるときのみオンにする、外音取り込み機能を活用するなどの工夫をし、上質なリスニング環境を上手に楽しむようにしましょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button