イヤホンの寿命は何年? 買い替えサインや長持ちさせる方法

イヤホンの寿命は何年? 買い替えサインや長持ちさせる方法

まわりを気にせず好きな音楽や動画を見るときに便利なイヤホン。スマホやそのほかのデバイスの普及により、日常生活にイヤホンが欠かせないという人も多いはず。この記事ではイヤホンの寿命について解説します。買い替えのサインを知っておくと、突然使えなくなってしまうトラブルを防ぐことが可能です。また、長持ちさせる方法でお気にいりのイヤホンの寿命を伸ばせる可能性も。ぜひ参考にしてください。


イヤホンの寿命は何年?

今使っているイヤホンの寿命が何年くらいなのか、気になっている人も多いはず。まずは、イヤホンの寿命をご紹介します。

有線イヤホンの寿命

 

有線イヤホンの寿命は1~2年程度といわれています。プラグが劣化して接触不良を起こすことやコードの断線で音が聞こえなくなることが原因です。有線イヤホンのコードは細い銅線でできているため、折れ曲がったり絡まったりすると劣化を早めてしまいます。

また、金属でできたプラグが酸化してサビてしまうと品質が落ちて寿命が短くなるでしょう。

Bluetooth(無線・ワイヤレス)イヤホンの寿命

 

Bluetooth(無線・ワイヤレス)イヤホンの寿命は、2~3年程度とされています。Bluetooth(無線・ワイヤレス)の場合、内蔵バッテリーの劣化が寿命を迎える原因です。そのため、使う頻度によって寿命は大きく前後します。

日常的にBluetooth(無線・ワイヤレス)イヤホンを使う機会が多く頻繁に充電を繰り返す人は、2〜3年経たずに寿命を迎えることも。

イヤホン買い替えのサインとは? こんな症状が出たら怪しいかも

ここでは、イヤホンの故障や寿命の前触れに起こるサインをご紹介します。

【1】音のとぎれ・雑音が混じる
【2】音がしない・聞こえない
【3】バッテリーの持ちが悪い


それぞれ詳しくみていきましょう。

【1】音がとぎれたり雑音がしたりする

 

イヤホンを使用中に、頻繁に音の途切れや雑音が発生することは、買い替えサインのひとつといえます。そのようなときは、

・プラグを3回ほど抜き差ししてみる(有線イヤホン)
・Wi-Fiや電子レンジが干渉していないか(無線イヤホン)
・バッテリー残量を確かめる(無線イヤホン)
・スマホの使っていないアプリを終了する
・ほかの曲や動画で試してみる
・別のデバイスで試してみる

と、上記の方法を試してみましょう。有線イヤホンの音の途切れや雑音が直らない場合は、プラグの故障や断線が考えられます。Bluetooth(無線・ワイヤレス)イヤホンはBluetoothのバージョンが古い可能性が高いため、新しいバージョンへの買い替えがおすすめです。

【2】音が聞こえない

イヤホンからまったく音が出ないときも買い替えを検討しましょう。有線イヤホンからまったく音が出ない状態は断線している可能性が高いです。有線イヤホンのコードはデリケートなため、引っ張ったり曲げたりするとよく断線してしまいます。

Bluetooth(無線・ワイヤレス)イヤホンの接続設定を見直しても音が出ない場合は故障しているケースが考えられます。

【3】バッテリーの持ちが悪い

 

Bluetooth(無線・ワイヤレス)イヤホンは内蔵バッテリーに充電して使用するタイプです。すぐにバッテリー切れを起こすようなら買い替えの時期がきているといえます。

原因は内蔵バッテリーの劣化です。劣化によって充電できる量も低下しています。内蔵バッテリーは消耗品なので、バッテリー切れが早いと感じたら買い替えを検討しましょう。

イヤホンの寿命を長持ちさせるためには

お気に入りのイヤホンや高額のイヤホンをできるだけ長く使いたい人は、寿命を長持ちさせる以下の4つのポイントを実践しましょう。

【1】未使用時はケースやコードリールへ
【2】満充電や残量0で放置しない
【3】汚れやほこりをとる
【4】湿気を避ける


それぞれ詳しくみていきましょう。

【1】使用していないときはイヤホンケースやコードリールにしまう

 

有線も無線もどちらのイヤホンにもいえることですが、使用していないときはイヤホンケースやコードリールにしまってください。とくに有線イヤホンのコードは、ねじれた状態で放置すると、ねじれグセやキズがついて断線の原因となってしまいます。コードリールや結束バンドを使用してケーブルをキレイな状態にたもってください。

Bluetooth(無線・ワイヤレス)イヤホンをそのまま放置すると片方だけ見失うなどトラブルの原因に。使わないときはイヤホンケースに収めましょう。

【2】満充電や残量0で放置しない

 

内蔵バッテリーに充電しながら使うBluetooth(無線・ワイヤレス)イヤホンは、満充電や残量0のまま放置してしまうとバッテリーの劣化を早めてしまいます。満充電は過充電状態、残量0は過放電状態となり、内蔵バッテリーの不具合の原因になることも。

最近の内蔵バッテリーによく採用されているリチウムイオン電池は、充電量が20〜80%のときに性能を発揮しやすくなっています。この状態をキープするように使うと寿命を長持ちさせられるでしょう。

【3】イヤホンジャックの汚れやほこりを放置しない

 

イヤホンのプラグやプラグを差し込むイヤホンジャック(スマホや音楽プレーヤーの穴)を掃除しましょう。プラグやイヤホンジャックに付着した汚れやほこりを放置すると接触不良の原因になります。掃除は軽く拭き取るだけでもできます。

また、イヤホン本体だけではなく、イヤーピースやイヤーパッドも取り外して、拭き取りのお手入れをしてあげましょう。

【4】雨の日の利用や湿気の多い場所に保管しない

雨と傘
Pixabayのロゴ

雨の日は湿度も高くなりがち。雨の日の外出時には利用を控えると寿命を伸ばせます。

イヤホンには精密なパーツが内蔵されているため、湿気に長く触れてしまうと故障する可能性が高くなります。とくに、Bluetooth(無線・ワイヤレス)イヤホンで使われているリチウムイオン電池は、高温多湿の環境に弱く劣化を早めてしまいます。

寿命を長持ちさせるなら、雨の日や風呂場での利用を控えましょう。また、冷たい飲みものと一緒にカバンに収めると、内部結露を起こす可能性があるので注意してください。

買い替えならイヤホンのおすすめをチェック 【関連記事】

使用に支障が出ているイヤホンは買い替えを 編集部まとめ

本記事では、イヤホンの寿命や買い替えのサイン、長持ちさせる方法をご紹介しました。買い替えのサインは3つあります。本記事では、イヤホンの寿命や買い替えのサイン、長持ちさせる方法をご紹介しました。買い替えのサインは3つあります。寿命が近づいているイヤホンに買い替えのサインが表われたら、新しいイヤホンの購入がおすすめです。

まだ寿命を迎えていないイヤホンや今から購入するイヤホンを長持ちさせるなら、4つの対策を実行してください。対策を日常的におこなえば、お気に入りのイヤホン・高額なイヤホンも、より長く愛用することが可能です。寿命が近づいているイヤホンに買い替えのサインが表われたら、新しいイヤホンの購入がおすすめです。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

50代の自称ベテラン編集者。特定のカテゴリを決めずあらゆるカテゴリを担当。得意ジャンルは『住まい・家具・インテリア』。ネット通販でお得に購入した材料や部品を使って、壁のペンキ塗りからキッチン水栓の交換までを自ら行っている。

関連する記事


iPad用イヤホンおすすめ5選|音質と使い勝手を向上させる選び方も紹介

iPad用イヤホンおすすめ5選|音質と使い勝手を向上させる選び方も紹介

本記事では、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材のもと、iPadの各種類の接続方式の解説や、イヤホン選びのポイント、そして、おすすめ商品をご紹介。音質も使い勝手もよくするための解説をしているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon iPad , タブレット , イヤホン・ヘッドホン

AKGのヘッドホン・イヤホンおすすめ9選|開放型から密封型まで紹介

AKGのヘッドホン・イヤホンおすすめ9選|開放型から密封型まで紹介

AKG(アーカーゲー、アコースティック・アンド・シネマ・エクイップメント・リミテット)は、1947年にオーストリアで誕生した音響機器メーカーです。同社のヘッドホン・イヤホンの特長は、原音を忠実に再現していること。初心者向けからプロユース仕様までシリーズが展開され、そのなかにはハイレゾ対応やワイヤレスタイプなどもあります。本記事では、AKGヘッドホン・イヤホンについて、選び方やおすすめ商品をご紹介。さらに通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

オーディオテクニカ製イヤホンおすすめ22選|低価格で高音質なモデルも

オーディオテクニカ製イヤホンおすすめ22選|低価格で高音質なモデルも

「コスパのいいイヤホンがほしい」「低価格でも、高音質で音楽を楽しみたい」そう考えている方にピッタリなのがオーディオテクニカ製のイヤホン。高音質の商品だけでなく、低価格なラインナップも広く取り揃え、ユーザーも多いメーカーです。様々な商品がありますが、実は、BOSEやSONYなどで有名な低音域の商品もオーディオテクニカでは網羅されています。本記事では、オーディオテクニカ製イヤホンのシリーズごとの特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介します。本記事を読めば、どの商品にどんな特徴があるのかなど、選び方を幅広く抑えることができるはずですので、ぜひ参考にしてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

BOSE製ヘッドホン・イヤホンおすすめ13選|Bluetoothやノイズキャンセリング機能タイプをご紹介

BOSE製ヘッドホン・イヤホンおすすめ13選|Bluetoothやノイズキャンセリング機能タイプをご紹介

BOSEはノイズキャンセリング機能の先駆者として知られているブランド。最近はすべての商品をBluetoothワイヤレス接続のタイプにするなど、その機能性のよさが特徴的です。しかし、機能面だけでなくサウンドも魅力の1つ。機能と音質のよさを兼ねそなえた商品が、多数ラインナップされています。本記事ではオーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、BOSE製のヘッドホンやイヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

Bluetoothヘッドホンおすすめ6選|高音質な商品を選ぶための基礎知識も解説

Bluetoothヘッドホンおすすめ6選|高音質な商品を選ぶための基礎知識も解説

オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶBluetoothヘッドホンをご紹介します。また、より音質にこだわりたい方のために、コーデックについての基礎知識もご紹介しています。ぜひ参考にしてください!

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。