【5,000円以下でもあなどれない!】コスパ最強イヤホンおすすめ11選

【5,000円以下でもあなどれない!】コスパ最強イヤホンおすすめ11選

「安くていい音質のイヤホンはないかな」
「やっぱり、高音質なイヤホンや1万円以上するかな」


そう考えている方へ。実は、選ぶポイントさえしっかり確認していれば、5000円以下でも大満足の最強コスパなイヤホンに出会えるかもしれないんです。

本記事では、音響機材の専門家の原田さんへの取材のもと、コスパのいい「5,000円以下のイヤホン」をご紹介します。また、音質などにこだわりたい方のために、選び方のポイントも解説しています。

本記事を読めば、コスパのいいイヤホン選びのポイントがわかるはずですので、ぜひ参考にしてください!


目次

株式会社東京音研放送サービス 代表取締役
原田 裕弘

長年AM、FM局にてスタジオ、中継、収録ミキサーを経験し,モニタースピーカー、ヘッドフォン、イヤフォンに精通している。 自身の仕事用ヘッドフォンは使いやすくするためにモディファイを加えている。

5000円以下のイヤホン選びはココを見る!

それでは、5000円以下のイヤホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の6つ。

【1】装着感
【2】中小企業に掘り出し物
【3】公共の場での遮音性
【4】バッテリーの持ち時間
【5】防水性能を表す「IP」
【6】ドライバーユニット


上記の6つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】装着感をチェック

聴き疲れしない音質、装着感を優先することも大切です。

中高音域(3kHz~)より上の音域が出ているイヤホンはインパクトがありますが、耳への負荷が心配です。装着感は遮音性を重視するあまり、30分以上は痛くて無理というようにならないようにするとよいです。

そのような点について、自分と同じ感覚をもった購入者レビュー、雑誌の評価などは色々参考になるでしょう。

※ポイント:イヤーピースの組合せで装着感を変える!

株式会社東京音研放送サービス 代表取締役

カナル型イヤホンは耳の穴に押し込むタイプですから、通常のイヤホンと比べて遮音性が高く臨場感がある音を楽しめるメリットがあります。

ただし、音質、装着感にかかわるのでサイズの合うイヤーピースを選ぶ必要があり、付属しているイヤーピースはすべて試してみるのが得策です。思いがけないサイズのイヤーピースが別世界の音を体験させてくれるケースもあるので、ぜひお試しください。

【2】中小企業に掘り出し物をチェック

大手のメーカーはラインナップの関係で音質はそれなりですが、装着感などに関しては良い商品が多い傾向があります。中小のメーカーは逆に、この価格帯でブレイクを狙っています。大手メーカーはノウハウがしっかりあるので、作りに関しては一日の長があります。

フィット感や壊れにくい構造に優れていますが、一方で上位機種より高音質商品は少ないです。そうした背景から、中小メーカーはこの価格帯で高音質なイヤホンを出してきます。

スマホなどの付属イヤホンも近年高音質のものが増えましたが、音漏れなど気になる点が見受けられます。よって、この価格帯のイヤホンでもじゅうぶんアップグレード可能です。

【3】公共の場での遮音性をチェック

電車内で音楽の音漏れは気になるところです。

見落とされがちですが、音楽以外の語学学習やラジオのトークも周りの人に聞こえやすく、電車内では意外に迷惑な存在だったりします。

公共の場では、やはり遮音性の高いイヤホンがおすすめです。声だけだからといって、インイヤーなど音の漏れがしやすいタイプは避けるべきで、集中できる利点もあるカナル型はおすすめできます。

【4】バッテリーの持ち時間をチェック

連続再生時間があまりにも短いモデルだと、仕事が終わって帰宅する際に音楽が聴きたいときにイヤホンが使えないなんてことにもなりかねません。

連続再生時間の目安としては5時間程度です。しかし、毎日一度は充電をする必要が出てきますので、これが手間だと考える人は、8時間以上の連続再生が可能なモデルも探してみてください。

【5】防水性能を表す「IP」をチェック

屋外でのジョギングやジムでの運動の最中など、汗をかくような状況でもイヤホンを使うシーンは多いでしょう。その場合、防水性能があるイヤホンならば安心して使うことができます。防水性があるので、汗がついても、すすいできれいにすることが可能です。

この防水・防塵に対応していることを示す規格が「IP」です。日常使いのイヤホンとして、問題のない防水性能をもつ機種を選択するならば「IPX4」の規格に対応していれば安心ですよ。

【6】ドライバーユニットをチェック

ドライバーユニットとは音楽プレーヤーから送信された電気信号を変換して音を鳴らすための装置です。このドライバーユニットは、いくつかの種類があり、それによって再生する音域が異なってきます。

代表的なものとして、まずダイナミック型が挙げられます。ダイナミック型とは、その名の通り、ダイナミックでパワフルな低音の再生を得意とする形式です。

そのほかには、バランスドアーマチュア型という形式があり、特徴として、クリアではっきりとした聴きやすい音の再生に適しています。ボーカルの声やクラシック音楽などをしっかりと聴きたい人は、クリアで美しい音楽を堪能することができます。

自分のよく聴く音楽の種類に合わせてドライバーユニットを選択してみてくださいね!

音響機材専門家のアドバイス

株式会社東京音研放送サービス 代表取締役

イヤーピースの付け心地で快適さが変わる!

イヤホンは買ったままでもいい音がするかもしれませんが、装着する耳は同じではありません。イヤーピースについて、すべての種類を先入観なく試してほしいです。音質と付け心地を確かめてください。

ダイナミックドライバーのイヤホンヘッドホンはエージング(この場合慣らし運転)も試してほしいです。出荷時のモノは動きが渋くパフォーマンスを発揮しきれないことがあります。YouTubeなどに「イヤホンエージング」と検索してピンクノイズという色々な周波数の混じった音(ザー! という感じ)を入れることにより、本来の音が再生できるようになります。

人によってはおまじない程度という人もいますが、輸入物についてはとくに効果を得られる場合が多いです。所要時間は数十時間から百時間といわれています。

5,000円以下イヤホンおすすめ6選|有線タイプ

それでは、5000円以下でコスパがいいイヤホンをご紹介いたします。まずは、有線タイプの商品です。ぜひ参考にしてください!

Ex oa

ZERO AUDIO『CARBO TENORE ZH-DX200-CT』

ZEROAUDIOカナル型イヤホンカルボテノーレZH-DX200-CT ZEROAUDIOカナル型イヤホンカルボテノーレZH-DX200-CT ZEROAUDIOカナル型イヤホンカルボテノーレZH-DX200-CT ZEROAUDIOカナル型イヤホンカルボテノーレZH-DX200-CT ZEROAUDIOカナル型イヤホンカルボテノーレZH-DX200-CT ZEROAUDIOカナル型イヤホンカルボテノーレZH-DX200-CT

出典:Amazon

Thumb lg 0cb4018c 4753 4de6 9e26 9a6d141a53a9

株式会社東京音研放送サービス 代表取締役

ひたすらクリアサウンドを求める方に

透明感のあるサウンド。トーク(ラジオ、語学学習)にもおすすめできます。重さもカーボンとアルミ削り出し筐体で軽さと強度を両立し、カナル型に慣れていない方でも違和感なく使えます。どんな音楽を聴いても違和感なく再生してくれますが、とくにボーカルを聴きたい方にはおすすめ。

さすがにEDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)などの重低音は不向きですが、もっていて損のないモデルです。

Ex oa

ZERO AUDIO『CARBO BASSO ZH-DX210-CB』

協和ハーモネット『CARBOBASSOZH-DX210-CB』 協和ハーモネット『CARBOBASSOZH-DX210-CB』 協和ハーモネット『CARBOBASSOZH-DX210-CB』 協和ハーモネット『CARBOBASSOZH-DX210-CB』 協和ハーモネット『CARBOBASSOZH-DX210-CB』 協和ハーモネット『CARBOBASSOZH-DX210-CB』

出典:Amazon

Thumb lg 0cb4018c 4753 4de6 9e26 9a6d141a53a9

株式会社東京音研放送サービス 代表取締役

バランスの良いイヤホン

ZH-DX200-CT の姉妹機で、低音から高音まで不満の無いイヤホン。大手メーカーの開発担当者も絶句の出来の良さ。手に持ったときはこんなに軽くて大丈夫? と思いましたが、再生してビックリ。どんな音楽もどんな音量でもしっかり聴かせてくれます。

クラッシックロック、モダンジャズ、ダンスミュージックでも不満はありません。高級感はありませんが、リアルカーボン・ファイバーと削り出しアルミニウムの複合強化ボディが不要な共鳴振動を抑制しているとのことで、価格以上の音を実感できるでしょう。

Ex oa

リアルアシスト『KINERA Bd005E』

リアルアシスト『KINERABd005E』 リアルアシスト『KINERABd005E』 リアルアシスト『KINERABd005E』 リアルアシスト『KINERABd005E』 リアルアシスト『KINERABd005E』 リアルアシスト『KINERABd005E』 リアルアシスト『KINERABd005E』

出典:Amazon

Thumb lg 0cb4018c 4753 4de6 9e26 9a6d141a53a9

株式会社東京音研放送サービス 代表取締役

ハイブリットドライバー、リケーブル可能イヤホン

ドライバーはダイナミックとバランスドアーマチュアの豪華ハイブリット構成、更にリケーブル(ケーブル交換が出来る構造)可能、やはり中国製でなければこのような贅沢な構造は無理でしょう。プロデュースは、あのeイヤホンとのことで購入者の立場で開発していることがうかがえます。

何にでも手を入れないと気が済まないマニアの方は、是非リケーブルをお試しください。肝心の音ですが、やや平板(イヤホン、ヘッドフォンはどうしても平板になりがち)ではありますが、音楽をたのしむという観点からおすすめのイヤホンです。

Ex oa

ファイナル『E2000 カナル型イヤホン マットブラック FI-E2DAL』

ファイナル『E2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL』 ファイナル『E2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL』 ファイナル『E2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL』 ファイナル『E2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL』 ファイナル『E2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL』 ファイナル『E2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL』 ファイナル『E2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL』 ファイナル『E2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL』 ファイナル『E2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL』 ファイナル『E2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL』 ファイナル『E2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL』

出典:Amazon

Thumb lg 0cb4018c 4753 4de6 9e26 9a6d141a53a9

株式会社東京音研放送サービス 代表取締役

クリアサウンドで音楽をダイレクトに聴きたい方向け

ファイナルオーディオというブランドは、はずれが少ないことで有名です。構造でシリーズ化しており、同じシリーズでも音の傾向が違うのでその辺は注意が必要です。

このE2000はクリアなサウンドで中高音域に特徴があるのでわずらわしく感じる人もいると思いますが、空間的なサウンドではなくダイレクトなサウンドと考えてください。

イヤホンピースがスイングするので耳への収まりが良いのも特徴です。5種類のイヤーピースはすべて試してください。ダイナミック型ドライバーを使っていますので、慣らし運転(エージング)も有効です。

ソニー『密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB55 』

ソニー『密閉型インナーイヤーレシーバーMDR-XB55』

出典:Amazon

低音重視のグルーヴ感あふれるサウンドを求める方に

5,000円以下のイヤホンに、あれもこれもと多くの機能を求めすぎるのはやはり無理があります。音質でもクラシックでもジャズでもマルチに対応というより、重低音サウンドにこだわった本製品のようなタイプの方が、中途半端にならず求める音質にたどり着けるのではないでしょうか。

ベースブースター機能を搭載しており、切れのある低音を楽しむことができます。有線にありがちなコードのからみも起こりにくいセレーションケーブルを使用し、快適な使用感にも気配りのあるモデルです。

オーディオテクニカ『ATH-CKS550X』

オーディオテクニカ『ATH-CKS550X』 オーディオテクニカ『ATH-CKS550X』 オーディオテクニカ『ATH-CKS550X』

出典:Amazon

キレのある重低音でハイレゾ音源にも対応

キレのある重低音の再生を可能にする、φ9.8mm SOLID BASS HDドライバーを搭載。さらに大口径音導管は、広い周波数の音を効率よく伝え、ハイレゾ音源まで対応しました。多くの高域成分が伝達可能になることで、低音にもキレと立体感が生まれます。

クールな小型ボディーに4種のカラーバリエーションも音楽を聞く楽しみを後押ししてくれそうです。

5,000円以下イヤホンおすすめ5選|ワイヤレスタイプ

続いては、ワイヤレスタイプのおすすめ商品です。こちらもぜひ、参考にしてください!

ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセット WI-C300』

ソニー『WI-C300』 ソニー『WI-C300』 ソニー『WI-C300』 ソニー『WI-C300』 ソニー『WI-C300』 ソニー『WI-C300』 ソニー『WI-C300』 ソニー『WI-C300』 ソニー『WI-C300』 ソニー『WI-C300』

出典:Amazon

軽量コンパクトが魅力のワイヤレスヘッドホン

わずか15gの軽量ワイヤレスヘッドセットです。見た目のコンパクトさ、カラーバリエーションのキャッチーさに似合わず、飛び出す音はパワーじゅうぶん。高磁力ネオジウムマグネットが、クリアな中高音と迫力ある低音を再生してくれます。

ワイヤレスで気になる再生時間も、連続再生で8時間まで可能です。外出時休ませながら使用するのなら、1日じゅうぶん活躍してくれることでしょう。

スマホのハンズフリー通話や音声アシスタントの指示にも対応しています。

SoundPEATS(サウンドピーツ) 『TrueFree+ワイヤレスイヤホン』

SoundPEATS(サウンドピーツ)TrueFree+ワイヤレスイヤホンBluetooth5.0完全ワイヤレスイヤホン35時間再生Bluetoothイヤホン自動ペアリング左右独立型マイク内蔵両耳通話防水小型軽量TWSブルートゥースヘッドホントゥルーワイヤレスヘッドセット[メーカー1年保証]ブラック SoundPEATS(サウンドピーツ)TrueFree+ワイヤレスイヤホンBluetooth5.0完全ワイヤレスイヤホン35時間再生Bluetoothイヤホン自動ペアリング左右独立型マイク内蔵両耳通話防水小型軽量TWSブルートゥースヘッドホントゥルーワイヤレスヘッドセット[メーカー1年保証]ブラック SoundPEATS(サウンドピーツ)TrueFree+ワイヤレスイヤホンBluetooth5.0完全ワイヤレスイヤホン35時間再生Bluetoothイヤホン自動ペアリング左右独立型マイク内蔵両耳通話防水小型軽量TWSブルートゥースヘッドホントゥルーワイヤレスヘッドセット[メーカー1年保証]ブラック SoundPEATS(サウンドピーツ)TrueFree+ワイヤレスイヤホンBluetooth5.0完全ワイヤレスイヤホン35時間再生Bluetoothイヤホン自動ペアリング左右独立型マイク内蔵両耳通話防水小型軽量TWSブルートゥースヘッドホントゥルーワイヤレスヘッドセット[メーカー1年保証]ブラック SoundPEATS(サウンドピーツ)TrueFree+ワイヤレスイヤホンBluetooth5.0完全ワイヤレスイヤホン35時間再生Bluetoothイヤホン自動ペアリング左右独立型マイク内蔵両耳通話防水小型軽量TWSブルートゥースヘッドホントゥルーワイヤレスヘッドセット[メーカー1年保証]ブラック SoundPEATS(サウンドピーツ)TrueFree+ワイヤレスイヤホンBluetooth5.0完全ワイヤレスイヤホン35時間再生Bluetoothイヤホン自動ペアリング左右独立型マイク内蔵両耳通話防水小型軽量TWSブルートゥースヘッドホントゥルーワイヤレスヘッドセット[メーカー1年保証]ブラック SoundPEATS(サウンドピーツ)TrueFree+ワイヤレスイヤホンBluetooth5.0完全ワイヤレスイヤホン35時間再生Bluetoothイヤホン自動ペアリング左右独立型マイク内蔵両耳通話防水小型軽量TWSブルートゥースヘッドホントゥルーワイヤレスヘッドセット[メーカー1年保証]ブラック

出典:Amazon

新型の無線規格を採用し音飛びを抑えた高音質モデル

無線通信のさまざまな課題に挑戦したBluetooth5.0規格を採用。従来モデルよりも通信の安定性を向上させ、音飛びや音切れを減らした高音質モデルが、本製品です。音楽の無線でのやりとりにはさまざまな規格がありますが、そのなかでも高音質と定評のあるAAC規格に対応しました。

本体のみでの連続再生時間は4時間とやや短めですが、充電ケースのバッテリーと組み合わせることで最大34時間の連続再生に対応します。充電ケースを合わせて持ち歩く必要がありますが、ケースもかなりコンパクトなので荷物になるほどではないでしょう。

JVC『HA-EB75 for SPORTS』

JVC『HA-EB75forSPORTS』 JVC『HA-EB75forSPORTS』 JVC『HA-EB75forSPORTS』 JVC『HA-EB75forSPORTS』 JVC『HA-EB75forSPORTS』 JVC『HA-EB75forSPORTS』 JVC『HA-EB75forSPORTS』

出典:Amazon

汗にも対応したスポーツ時のパートナー

音楽を楽しみながらスポーツをしたい方向けの製品です。ジムでのトレーニング時やジョギング時に使用することを想定して、周囲の音も聴こえやすいオープン型になっています。音漏れもしやすいので、ボリュームには注意して使用しましょう。

スポーツ中の汗や水しぶきにも対応するIPX2等級の保護性能を持っています。

オーディオテクニカ『ATH-CK200BT』

audio-technicaBluetooth対応ワイヤレスイヤホン(ホワイト)ATH-CK200BTWH

出典:Amazon

値段も音も軽やかで普段使いに最適

中価格帯のオーディオ器具のメーカーとして定番のオーディオテクニカですが、この商品も音にクセがなく、バランスのいい音を楽しむことができます。そして、さまざまなカラーバリエーションも出ているので自分にぴったりの商品を探し当てることができます。

ソニー『MDR-XB510AS』

ソニーイヤホン重低音モデルMDR-XB510AS:防水/スポーツ向けリモコン・マイク付きグリーンMDR-XB510ASG ソニーイヤホン重低音モデルMDR-XB510AS:防水/スポーツ向けリモコン・マイク付きグリーンMDR-XB510ASG ソニーイヤホン重低音モデルMDR-XB510AS:防水/スポーツ向けリモコン・マイク付きグリーンMDR-XB510ASG ソニーイヤホン重低音モデルMDR-XB510AS:防水/スポーツ向けリモコン・マイク付きグリーンMDR-XB510ASG ソニーイヤホン重低音モデルMDR-XB510AS:防水/スポーツ向けリモコン・マイク付きグリーンMDR-XB510ASG ソニーイヤホン重低音モデルMDR-XB510AS:防水/スポーツ向けリモコン・マイク付きグリーンMDR-XB510ASG

出典:Amazon

ザ・ソニーサウンドをこの価格で

5,000円以下の価格帯でありながら、ソニー独自の技術であるEXTRA BASSが採用されてあり、メリハリのある音質を楽しむことができます。IPX5相当で防水性能も申し分なく、イヤーピースも通常のものよりも長めなので、アクティブなシーンでもガンガン使用することができるでしょう。リモコンも付いており、使い勝手が非常に良いです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ZERO AUDIO『CARBO TENORE ZH-DX200-CT』
ZERO AUDIO『CARBO BASSO ZH-DX210-CB』
リアルアシスト『KINERA Bd005E』
ファイナル『E2000 カナル型イヤホン マットブラック FI-E2DAL』
ソニー『密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB55 』
オーディオテクニカ『ATH-CKS550X』
ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセット WI-C300』
SoundPEATS(サウンドピーツ) 『TrueFree+ワイヤレスイヤホン』
JVC『HA-EB75 for SPORTS』
オーディオテクニカ『ATH-CK200BT』
ソニー『MDR-XB510AS』
商品名 ZERO AUDIO『CARBO TENORE ZH-DX200-CT』 ZERO AUDIO『CARBO BASSO ZH-DX210-CB』 リアルアシスト『KINERA Bd005E』 ファイナル『E2000 カナル型イヤホン マットブラック FI-E2DAL』 ソニー『密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB55 』 オーディオテクニカ『ATH-CKS550X』 ソニー『ワイヤレスステレオヘッドセット WI-C300』 SoundPEATS(サウンドピーツ) 『TrueFree+ワイヤレスイヤホン』 JVC『HA-EB75 for SPORTS』 オーディオテクニカ『ATH-CK200BT』 ソニー『MDR-XB510AS』
商品情報
特徴 ひたすらクリアサウンドを求める方に バランスの良いイヤホン ハイブリットドライバー、リケーブル可能イヤホン クリアサウンドで音楽をダイレクトに聴きたい方向け 低音重視のグルーヴ感あふれるサウンドを求める方に キレのある重低音でハイレゾ音源にも対応 軽量コンパクトが魅力のワイヤレスヘッドホン 新型の無線規格を採用し音飛びを抑えた高音質モデル 汗にも対応したスポーツ時のパートナー 値段も音も軽やかで普段使いに最適 ザ・ソニーサウンドをこの価格で
タイプ カナル カナル カナル カナル カナル カナル 密閉ハイブリッド型 - 耳掛けオープンタイプ カナル カナル
駆動方式 ダイナミック型 ダイナミック型 ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスドアーマチュア型) ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 - - ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型
プラグ形状 ミニプラグ ミニプラグ ミニプラグ ミニプラグ 金メッキL型 ステレオミニプラグ φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型) - - φ3.5mm 24金メッキステレオミニプラグ付 - ミニプラグ
再生周波数帯域 8Hz~24kHz 6Hz~24kHz 20Hz~20kHz - 4Hz-24KHz 5Hz~40KHz - - 16Hz~20KHz 20Hz~24kHz 4Hz~24kHz
ドライバー 5.78mm超小型マイクロドライバーユニット φ8.5mmドライバーユニット バランスドア-マチュアドライバー(SH10020)+9mmダイナミックドライバー 6.4mmφダイナミック型ドライバーユニット 12mm ドーム型 φ9.8mm 9mm(CCAWボイスコイル採用) - - φ9mmドライバー 12mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 5,000円以下のイヤホンの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの5,000円以下のイヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:5,000円以下のイヤホンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

5000円以下でも音質にはこだわって選ぼう

ストリーミングサービスも定着し、音楽やそれを聴くためのイヤホンはますます身近になってきています。また、5,000円以下でもさまざまなタイプのイヤホンを入手することもできるようになっています。

今回紹介した、5,000円以下のイヤホンをぜひ参考に、自分に合ったイヤホンを選んでくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


【充電不要】ライトニングイヤホンおすすめ10選|純正品以外でも高音質なタイプを紹介!

【充電不要】ライトニングイヤホンおすすめ10選|純正品以外でも高音質なタイプを紹介!

近年のiPhoneやiPadは、3.5mmのイヤホンジャックが付いていないものが標準になってきていますが、それと同時に、新しく搭載されたLightning端子に直結できるライトニングイヤホンが人気になっています。高音質で安いアイテムも豊富に取り揃えています。この記事では、ライトニング(Lightning)イヤホンの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , iPhone

開放型イヤホンおすすめ12選|インナーイヤー・スポーツタイプ・耳かけ型など

開放型イヤホンおすすめ12選|インナーイヤー・スポーツタイプ・耳かけ型など

インナーイヤー型をはじめスポーツタイプや耳かけ型イヤホンまで様々なタイプがある開放型イヤホン。ここでは、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんと編集部が厳選した開放型イヤホンのおすすめと選び方をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン

JBLのヘッドホン・イヤホンのおすすめ9選|ワイヤレス・高音質

JBLのヘッドホン・イヤホンのおすすめ9選|ワイヤレス・高音質

日本では高級オーディオ、高級スピーカーのイメージが強いJBLですが、本国アメリカではカジュアルな価格帯やサウンドキャラクターの商品も幅広くラインナップしていて、親しみのあるオーディオブランドとなっています。ここでは、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんと編集部が選んだJBLのヘッドホン・イヤホン5選と選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン

BOSE製ヘッドホン・イヤホンおすすめ10選|Bluetoothやノイズキャンセリング機能タイプをご紹介

BOSE製ヘッドホン・イヤホンおすすめ10選|Bluetoothやノイズキャンセリング機能タイプをご紹介

BOSEはノイズキャンセリング機能の先駆者として知られているブランド。最近はすべての商品をBluetoothワイヤレス接続のタイプにするなど、その機能性のよさが特徴的です。しかし、機能面だけでなくサウンドも魅力の1つ。機能と音質のよさを兼ねそなえた商品が、多数ラインナップされています。本記事ではオーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、BOSE製のヘッドホンやイヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

【2021最新】イヤホンイヤーピースおすすめ15選|究極の高音質フィット感と高音質!

【2021最新】イヤホンイヤーピースおすすめ15選|究極の高音質フィット感と高音質!

イヤホンイヤーピースは耳の穴に装着するタイプのカナル型イヤホンに使用する製品で、イヤホンの先端部分に取りつけて使う山型のパーツになります。シリコンやウレタン系素材などでつくられており、メーカーによってもこだわりが違っています。製品を付け替えるだけで音質や装着感が変化するので、使い勝手も変わります。この記事では、イヤーピースの選び方とおすすめの商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , イヤホン・ヘッドホンアクセサリ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。