リケーブルイヤホンおすすめ9選|高音質のための3つのポイントも解説

リケーブルイヤホンおすすめ9選|高音質のための3つのポイントも解説

本記事では、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材のもと、高音質を実現するためのリケーブルイヤホンの選び方や、ドライバーごとのおすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてください。


目次

オーディオ・ビジュアル評論家
野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。 特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。 また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

リケーブルイヤホンとは

ケーブルと取り外し可能な赤いイヤホン(リケーブルイヤホン)
Payless images logo

一般的に、イヤホンは音を鳴らすドライバーユニット(実際に耳に入れる部分)と、音楽再生端末とドライバーを繋ぐためのケーブルが繋がっています。

リケーブルイヤホンとは、イヤホンのドライバー部分とケーブル部分を付け替えることで自分好みの装着感やカラーリングにカスタマイズできるイヤホンのこと。断線した場合でも、ケーブルを付け替えればいいだけなので、お気に入りのイヤホンを長く使用することもできます。音質面では「ノイズの減った」「音質が良くなった」という口コミもあり、現在ではリケーブルを採用する製品も数多くなってきています。

本記事では、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材のもと、リケーブルイヤホンを選ぶときのポイントを3つご紹介します。初心者の方から上級者の方まで、ポイントを踏まえつつ、チェックしていきましょう。

リケーブルイヤホンの選び方


それでは、リケーブルイヤホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

・4種類の接続コネクタの規格
・自分が使いやすいケーブル
・搭載ドライバー


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】4種類の接続コネクタの規格に注意

リケーブルイヤホンの接続端子(イヤホン本体とケーブルを繋ぐ端子)には、採用数の多いMMCX、オーディオテクニカが開発したA2DC、イヤーモニターでよく使われる2pin、ケーブルメーカーのestronが開発したT2など、製品によってさまざまな端子が採用されています。

MMCXは多数派ながら耐久性が疑問視されていたり、2pinはていねいに着脱しないと折れやすかったり、A2DCやT2は市販製品が少なかったりします。それぞれメリットやデメリットがあり、どのタイプがベストとはいえませんが、先々、市販ケーブルに交換して音の変化を楽しみたいのでしたら、まずはMMCX端子を採用している製品がおすすめです。

【2】ケーブルは自分が使いやすいものを

リケーブルを採用しているミドル~上級グレードのイヤホンになると、「耳掛け型」ケーブルを採用するモデルが多くなってきます。

耳掛け型ケーブルには、装着時に外れにくいこと、タッチノイズ(ケーブルを触ったときに発生する騒音)が発生しにくいなどのメリットがありますが、メガネをかけている人や髪の長い女性などは装着しづらかったりします。購入前にしっかりとチェックしましょう。

【3】音質の好みは、搭載ドライバーでチェック

リケーブルイヤホンは、比較的上級に位置するモデルが多いため、搭載されているドライバーの種類や数にはさまざまなバリエーションが用意されています。

一体感のあるメリハリのよい音の表現が得意の「ダイナミック型」、ヴォーカルの生き生きとした表現が魅力の「BA(バランスドアーマチュア)型」、両者の長所を巧みに融合させた「ハイブリッド型」など、さまざまな音色傾向を持つ製品がありますので、まずは自分にとってどのタイプが好みかをチェックしましょう。

エキスパートからのアドバイス

オーディオ・ビジュアル評論家

端子接合部の互換性は入念にチェックしよう

リケーブルイヤホンは、メーカーがそれぞれ独自の端子部分強化を行なっている場合があります。

たとえば、端子のまわりにプラスチックなどの覆(おお)いをかぶせ、汗などの侵入を防いで耐久性を上げる、といったような製品があったりします。そういった製品の場合、同じMMCX端子を使っていても市販リケーブルが活用できない場合があります。

いろいろなケーブルを交換して楽しみたいという人は、そういった互換性の情報を集めるなど、事前にチェックしましょう。

リケーブルイヤホンおすすめ5選|ダイナミック型


上記で紹介したリケーブルイヤホンの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。

まずは、ダイナミック型のリケーブルイヤホンです。ぜひ参考にしてください。

SHURE(シュア)『SE215』

SHUREイヤホンSE215SpecialEdition/カナル型トランススルーセントブルー【国内正規品】SE215SPE-A SHUREイヤホンSE215SpecialEdition/カナル型トランススルーセントブルー【国内正規品】SE215SPE-A SHUREイヤホンSE215SpecialEdition/カナル型トランススルーセントブルー【国内正規品】SE215SPE-A SHUREイヤホンSE215SpecialEdition/カナル型トランススルーセントブルー【国内正規品】SE215SPE-A SHUREイヤホンSE215SpecialEdition/カナル型トランススルーセントブルー【国内正規品】SE215SPE-A SHUREイヤホンSE215SpecialEdition/カナル型トランススルーセントブルー【国内正規品】SE215SPE-A SHUREイヤホンSE215SpecialEdition/カナル型トランススルーセントブルー【国内正規品】SE215SPE-A SHUREイヤホンSE215SpecialEdition/カナル型トランススルーセントブルー【国内正規品】SE215SPE-A

出典:Amazon

スピーカータイプ 密閉型ダイナミック
コネクタのタイプ MMCX
ドライバーユニット シングルダイナミック
再生周波数帯域 22Hz〜17kHz

定番中の定番といえるベストセラー

リケーブルイヤホンの定番中の定番といえば、やはりSHUREの『SE215』でしょう。

2011年に発売されたロングセラー機ですが、その人気はいまだに衰え知らず。スペシャルチューニングが施された『SE215 Special Edition』やBluetoothケーブル付属タイプなど、バリエーションモデルもラインナップされています。

もともとステージモニターとしてつくり出された製品ですので、耳掛け型のケーブルを採用しています。リケーブルイヤホンをはじめたい人には、まずこの製品がおすすめです。

SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE 40 PRO』

ゼンハイザープロフェッショナルモニタリングイヤホンIE40PROBlack【国内正規品】 ゼンハイザープロフェッショナルモニタリングイヤホンIE40PROBlack【国内正規品】 ゼンハイザープロフェッショナルモニタリングイヤホンIE40PROBlack【国内正規品】

出典:Amazon

スピーカータイプ 密閉型ダイナミック
コネクタのタイプ 独自設計
ドライバーユニット ダイナミック
再生周波数帯域 20Hz〜18kHz

ゼンハイザーの新世代イヤーモニター

プロフェッショナル用の技術をベースにつくられた、耳掛け型リケーブル採用のカナル型イヤホン。

ダイナミック型ドライバーにこだわるゼンハイザーだけあって、こちらの製品には10mm口径のダイナミック型ドライバーが採用されています。耐久性を求めたためか、特殊なコネクタが採用されているので市販リケーブル製品を活用できないのが残念ですが、その分プロユースにも耐えられる高い耐久性がアピールされています。

市販リケーブルは使えなくてもいいので、ゼンハイザー製イヤホンを長く使い続けたい、という人に。

JVC(ジェーブイシー)『CLASS-S SOLIDEGE 01 inner(HA-FD01)』

JVC(ジェーブイシー)『CLASS-SSOLIDEGE01inner(HA-FD01)』 JVC(ジェーブイシー)『CLASS-SSOLIDEGE01inner(HA-FD01)』 JVC(ジェーブイシー)『CLASS-SSOLIDEGE01inner(HA-FD01)』 JVC(ジェーブイシー)『CLASS-SSOLIDEGE01inner(HA-FD01)』 JVC(ジェーブイシー)『CLASS-SSOLIDEGE01inner(HA-FD01)』 JVC(ジェーブイシー)『CLASS-SSOLIDEGE01inner(HA-FD01)』 JVC(ジェーブイシー)『CLASS-SSOLIDEGE01inner(HA-FD01)』

出典:Amazon

スピーカータイプ 密閉型ダイナミック
コネクタのタイプ MMCX
ドライバーユニット 口径11mm D3ドライバーユニット
再生周波数帯域 8Hz~52kHz

カスタムが楽しい人気モデル

ステンレスボディにダイナミック型ドライバーを搭載したカナル型イヤホンです。付属する交換用ノズルによって音色傾向をカスタムでき、ノズル部分が回転することでストレートタイプと耳掛け型、どちらのケーブルレイアウトにも対応。自分にとってのベストな音やスタイルに調整できる、とてもユニークな製品となっています。クリアでメリハリのいいサウンドも好印象。

自分好みのサウンドを積極的につくり上げてみたい、という人におすすめです。

S’NEXT(エスネクスト)『final E5000(FI-E5DSSD)』

S’NEXT(エスネクスト)『finalE5000(FI-E5DSSD)』 S’NEXT(エスネクスト)『finalE5000(FI-E5DSSD)』 S’NEXT(エスネクスト)『finalE5000(FI-E5DSSD)』 S’NEXT(エスネクスト)『finalE5000(FI-E5DSSD)』 S’NEXT(エスネクスト)『finalE5000(FI-E5DSSD)』 S’NEXT(エスネクスト)『finalE5000(FI-E5DSSD)』 S’NEXT(エスネクスト)『finalE5000(FI-E5DSSD)』 S’NEXT(エスネクスト)『finalE5000(FI-E5DSSD)』

出典:Amazon

スピーカータイプ 密閉型ダイナミック
コネクタのタイプ MMCX
ドライバーユニット 6.4mmΦダイナミック型
再生周波数帯域 20Hz~45kHz

Jポップからクラシックまで幅広く楽しみたい人に

最新の音響工学、心理学の研究成果を踏まえた音質設計が特徴のfinal製イヤホンのなかでも、コンパクトな筐体(きょうたい)生き生きとしたサウンドの両立が人気となっている「Eシリーズ」の上級モデル。

MMCXコネクタを採用したリケーブルには、この価格帯の製品としては贅沢な高純度OFCシルバーコートケーブルが採用されています。

生き生きとしたJポップと自然な音色のクラシック、どちらも存分に楽しみたいという人や、イヤホン本体が小柄でケーブル配置はストレートタイプが好み、という人におすすめです。

Pioneer(パイオニア)『SE-CH9T』

パイオニアSE-CH9Tイヤホンカナル型/ハイレゾ対応ブラックSE-CH9T-K パイオニアSE-CH9Tイヤホンカナル型/ハイレゾ対応ブラックSE-CH9T-K パイオニアSE-CH9Tイヤホンカナル型/ハイレゾ対応ブラックSE-CH9T-K パイオニアSE-CH9Tイヤホンカナル型/ハイレゾ対応ブラックSE-CH9T-K パイオニアSE-CH9Tイヤホンカナル型/ハイレゾ対応ブラックSE-CH9T-K

出典:Amazon

スピーカータイプ 密閉型ダイナミック
コネクタのタイプ MMCX
ドライバーユニット 9.7mm ドライバー
再生周波数帯域 5Hz~50kHz

コスパの高い良質なサウンドが魅力

9.7mm口径ドライバーを搭載し、独自技術「Airflow Control Port」やノズル部を異種金属の2層構造にすることなどによって、このクラスとしては望外といえるフォーカス感の高いクリアで良質なサウンドを楽しませてくれます。

純正アクセサリーとして2.5mmバランス接続ケーブルなども用意されていますので、DAP(デジタルオーディオプレーヤー)と組み合わせて更なる良音質を楽しむこともできます。

コスパの高い、それでいて音も良好なリケーブルイヤホンが欲しいという人に。

リケーブルイヤホンおすすめ2選|BA(バランスドアーマチュア)型


続いては、バランスドアーマチュア型のリケーブルイヤホンです。こちらもぜひ参考にしてください。

ORB(オーブ)『インイヤーモニター(CF-IEM)』

【お取り寄せ】ORBオーブCF-IEMwithClearforceNova2ndgeneration2.5φイヤホン有線インイヤーモニターカナル型イヤホン【送料無料】

出典:楽天市場

スピーカータイプ BA(バランスドアーマチュア)型
コネクタのタイプ 埋込式2PIN
ドライバーユニット 1BA+1VSC
再生周波数帯域 20Hz - 18.5KHz

新開発の音響空間による新しい音楽体験

関西にある工場にて自社生産している安心の国産リケーブルイヤホン。精細な技術力を持つイヤフォン工房との共同開発で誕生した商品で、新開発の音響空間により音像にほどよい響きと厚みをもたらせてくれます。

ケーブル接続は2PINタイプを採用。接続部を埋め込み式にすることでガタツキを無くし、ピンにかかる負担を軽減することで2PINタイプの弱点をカバーしています。

FiiO(フィーオ)『FA7J』

FIIOフィーオカナル型イヤホンFIO-IEM-FA7J[φ3.5mmミニプラグ/ハイレゾ対応][FIOIEMFA7J] FIIOフィーオカナル型イヤホンFIO-IEM-FA7J[φ3.5mmミニプラグ/ハイレゾ対応][FIOIEMFA7J]

出典:楽天市場

スピーカータイプ BA(バランスドアーマチュア)型
コネクタのタイプ MMCX
ドライバーユニット 4BA
再生周波数帯域 20Hz ~ 40kHz

BAドライバーを4基搭載したハイレゾ対応イヤホン

40kHzまでの高域再生能力をもち、ハイレゾの高域もじゅうぶんに再現することが可能なリケーブルイヤホン。また、13種類ものイヤーチップも同封されており、交換することで音質のチューニングも可能。自分の好みの音楽ジャンルにあわせた設定ができます。

ドライバーを4基搭載しているので、こだわりの音質が可能に。これにより、低歪みな低音にゆとりを持たせ、自然な中域を再現し、澄み切った高音が表現されています。

リケーブルイヤホンおすすめ2選|ハイブリッド型


最後は、ハイブリッド型のリケーブルイヤホンです。こちらもぜひ参考にしてください。

SONY(ソニー)『IER-Z1R』

SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン

出典:Amazon

スピーカータイプ 密閉ハイブリッド
コネクタのタイプ MMCX(互換性要確認)
ドライバーユニット ハイブリッド
再生周波数帯域 3Hz〜100kHz

贅(ぜい)をこらしたソニーの最高級モデル

口径の異なる2基のダイナミック型ドライバーと1基のBAドライバーを採用。ハウジング素材にジルコニウム合金を、その内部にマグネシウム合金製のインナーハウジングを採用するなど、音質について徹底したこだわりを投入した、ソニーのフラッグシップモデルです。

ケーブルは、3.5mmステレオミニ端子に加え4.4mmバランス端子も同梱されていて、ウォークマンなどで更なる高音質を楽しむことができます。

ソニーらしい上質なサウンドを長く楽しみ続けたいという人にぜひ試して欲しい製品です。

Meze Audio(メゼ オーディオ)『RAI PENTA』

MEZERAIPENTAハイブリッド型5ドライバー(ハイブリッドペンタドライバーテクノロジー) MEZERAIPENTAハイブリッド型5ドライバー(ハイブリッドペンタドライバーテクノロジー) MEZERAIPENTAハイブリッド型5ドライバー(ハイブリッドペンタドライバーテクノロジー) MEZERAIPENTAハイブリッド型5ドライバー(ハイブリッドペンタドライバーテクノロジー)

出典:Amazon

スピーカータイプ 密閉型ハイブリッド
コネクタのタイプ MMCX
ドライバーユニット ハイブリッド型5 ドライバー(4×カスタムBAドライバー、1×ダイナミックドライバー)
再生周波数帯域 4Hz~45kHz

デザインと音、どちらの美しさも魅力あるモデル

美しいデザインにまとめ上げられ、かつ聴き心地のいい良質なサウンドも持ち合わせているMeze Audioの高級イヤホン。

4つのBAと、1つのダイナミックというハイブリッド構成のドライバーを採用し、独自技術PES(気圧平準化システム)を組み合わせることで、解像感が高く帯域バランスのいいサウンドを実現しています。また、人間工学に基づいて最適化されたハウジングは、良好な装着感を持ち合わせています。

音質だけでなくデザインもこだわりたい人に。

番外編|Bluetoothケーブルをご紹介


ドライバーユニットに設置することでリケーブルイヤホンが無線で使えるようになる、Bluetoothケーブルの商品をご紹介します。「便利な無線ケーブルで聴きたい。でも音質やカラーバリエーションにもこだわりたい。」という方はぜひチェックしてみてくださいね。

Westone(ウェストン)『Bluetoothケーブル Version2(WST-BLUETOOTHV2)』

WestoneウェストンワイヤレスBluethoothMMCXaptXHD対応Bluetooth5.0最大12時間の使用可 WestoneウェストンワイヤレスBluethoothMMCXaptXHD対応Bluetooth5.0最大12時間の使用可 WestoneウェストンワイヤレスBluethoothMMCXaptXHD対応Bluetooth5.0最大12時間の使用可 WestoneウェストンワイヤレスBluethoothMMCXaptXHD対応Bluetooth5.0最大12時間の使用可 WestoneウェストンワイヤレスBluethoothMMCXaptXHD対応Bluetooth5.0最大12時間の使用可 WestoneウェストンワイヤレスBluethoothMMCXaptXHD対応Bluetooth5.0最大12時間の使用可

出典:Amazon

スピーカータイプ -
コネクタのタイプ MMCX
ドライバーユニット -
再生周波数帯域 -

充電しながら使える! aptX HD対応ケーブル

チャージングドックが付属しているので、充電しながら音楽を楽しめるBluetoothケーブル。稼働時間は最大12時間と必要充分。外出先でもバッテリーを気にせず音楽を楽しめます。

さらに、高音質伝送を特徴とした音声コーデック、aptX HDに対応しているので、ワイヤレスにもかかわらず、精細な音質を存分に堪能することができます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
SHURE(シュア)『SE215』
SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE 40 PRO』
JVC(ジェーブイシー)『CLASS-S SOLIDEGE 01 inner(HA-FD01)』
S’NEXT(エスネクスト)『final E5000(FI-E5DSSD)』
Pioneer(パイオニア)『SE-CH9T』
ORB(オーブ)『インイヤーモニター(CF-IEM)』
FiiO(フィーオ)『FA7J』
SONY(ソニー)『IER-Z1R』
Meze Audio(メゼ オーディオ)『RAI PENTA』
Westone(ウェストン)『Bluetoothケーブル Version2(WST-BLUETOOTHV2)』
商品名 SHURE(シュア)『SE215』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE 40 PRO』 JVC(ジェーブイシー)『CLASS-S SOLIDEGE 01 inner(HA-FD01)』 S’NEXT(エスネクスト)『final E5000(FI-E5DSSD)』 Pioneer(パイオニア)『SE-CH9T』 ORB(オーブ)『インイヤーモニター(CF-IEM)』 FiiO(フィーオ)『FA7J』 SONY(ソニー)『IER-Z1R』 Meze Audio(メゼ オーディオ)『RAI PENTA』 Westone(ウェストン)『Bluetoothケーブル Version2(WST-BLUETOOTHV2)』
商品情報
特徴 定番中の定番といえるベストセラー ゼンハイザーの新世代イヤーモニター カスタムが楽しい人気モデル Jポップからクラシックまで幅広く楽しみたい人に コスパの高い良質なサウンドが魅力 新開発の音響空間による新しい音楽体験 BAドライバーを4基搭載したハイレゾ対応イヤホン 贅(ぜい)をこらしたソニーの最高級モデル デザインと音、どちらの美しさも魅力あるモデル 充電しながら使える! aptX HD対応ケーブル
スピーカータイプ 密閉型ダイナミック 密閉型ダイナミック 密閉型ダイナミック 密閉型ダイナミック 密閉型ダイナミック BA(バランスドアーマチュア)型 BA(バランスドアーマチュア)型 密閉ハイブリッド 密閉型ハイブリッド -
コネクタのタイプ MMCX 独自設計 MMCX MMCX MMCX 埋込式2PIN MMCX MMCX(互換性要確認) MMCX MMCX
ドライバーユニット シングルダイナミック ダイナミック 口径11mm D3ドライバーユニット 6.4mmΦダイナミック型 9.7mm ドライバー 1BA+1VSC 4BA ハイブリッド ハイブリッド型5 ドライバー(4×カスタムBAドライバー、1×ダイナミックドライバー) -
再生周波数帯域 22Hz〜17kHz 20Hz〜18kHz 8Hz~52kHz 20Hz~45kHz 5Hz~50kHz 20Hz - 18.5KHz 20Hz ~ 40kHz 3Hz〜100kHz 4Hz~45kHz -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする リケーブルイヤホンの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのリケーブルイヤホンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:リケーブルイヤホン ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ


本記事では、リケーブルイヤホンの選び方やおすすめ商品を紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、4種類の接続コネクタの規格を確認し、確実に設置できるものを選びつつ、使いやすいケーブルや、音質に関わる搭載ドライバーを確認することで、より自分にピッタリの商品を見つけることができるはずです。

お気に入りの音楽を最大限に楽しむためには、好みのジャンルや生活スタイルにあわせてリケーブルイヤホンを選ぶのが大事。本記事を参考に、すてきな音楽体験をしましょう!

【関連記事】イヤホンのアイテムもチェック!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


ワイヤレスイヤホン『TRUEFREE+』は使いやすい?使い心地を検証レビュー

ワイヤレスイヤホン『TRUEFREE+』は使いやすい?使い心地を検証レビュー

平成22年の設立以来、ワイヤレスオーディオの分野でめきめき頭角を現してきたメーカーSOUNDPEATS(サウンドピーツ)。彼らが確立した新ジャンル「アーバンスポーツ向けワイヤレスイヤホン」の到達点の1つが、今回ご紹介する『TRUEFREE+』です。コスパと機能のバランスが見事な、巷で大人気のワイヤレスイヤホン。しかしいくら評価は高くともやはり実際に使ってみないと、真価を正確にはつかめません。音質の良し悪しはもちろん、ワイヤレス特有の音切れの有無やフィット感、操作性や充電しやすさなどなど。そこで今回は実際に『TRUEFREE+』購入し、気になる部分を1つ1つ検証してみました。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

ONKYOヘッドホン・イヤホンおすすめ9選|簡単ペアリング! aptX・ハイレゾ対応も

ONKYOヘッドホン・イヤホンおすすめ9選|簡単ペアリング! aptX・ハイレゾ対応も

ONKYOは日本の老舗オーディオメーカー。そのONKYOからは、徹底的に音質にこだわった高級イヤホンや安価な入門用ヘッドホン、使い勝手のいいBluetoothイヤホンなど多彩なラインナップが展開されています。そこで、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんと編集部が厳選したONKYOのヘッドホン・イヤホンのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン

【レビュー】SONYワイヤレスイヤホン『WF-1000XM4』の実力を他機種と比較検証!

【レビュー】SONYワイヤレスイヤホン『WF-1000XM4』の実力を他機種と比較検証!

ソニー史上最強ワイヤレスイヤホンと呼び声高い『WF-1000XM4』。発売から品切れ状態が続くなか、編集部のばらやんが実機を自腹で購入。その他の人気機種と比較し、『WF-1000XM4』の性能を比較検証しました。家電評論家やガジェット系YouTuberらも絶賛。はたして、その実力やいかに!?

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

【2021年】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ37選|高音質・ノイキャン・高コスパ

【2021年】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ37選|高音質・ノイキャン・高コスパ

近年増え続けている完全独立型のワイヤレスイヤホン。防水タイプやノイズキャンセリング機能付きの商品、高音質の商品から1万円以下の高コスパの商品まで用途や予算に合わせて選ぶことができます。この記事では、オーディオ・ビジュアル評論家/野村ケンジさんと編集部が厳選した完全ワイヤレスイヤホンのおすすめと選び方をご紹介します。スポーツにも役立つ防水・防塵タイプや高性能・高音質な商品もピックアップ。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

USBヘッドセットおすすめ24選|ワイヤレス・片耳などタイプ別に紹介!

USBヘッドセットおすすめ24選|ワイヤレス・片耳などタイプ別に紹介!

テレワークやゲームなどをする際に、ハンズフリーで会話をすることができるUSBヘッドセット。この記事では、音質やマイク性能など選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

Icon mini tag パソコン , パソコン周辺機器 , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。