イヤモニのおすすめ8選|Shure・Sennheiser・Fenderほか厳選

Shure(シュア)『SE215』
出典:Amazon

イヤモニは、プロのミュージシャンがステージ上で自分たちの演奏している音を聴き取るために作られたイヤホンで、動いても外れにくい形状となっているのが特徴です。主にプロ向けですが、一般の方でハイレゾ音源など音質にこだわるなら、ぜひ手に入れたい逸品。

ここでは、ガジェットライターの武者良太さんと編集部が厳選したイヤモニのおすすめと選び方をご紹介します。


目次

この記事を担当するエキスパート

ガジェットライター
武者 良太

1989年にパソコン誌、ゲーム誌のライターとしてデビュー。 90年代初頭に株式会社三才ブックスに入社。編集職に就き、パソコン雑誌などを手がける。 退職の後にフリーライター/カメラマンとして活動。 現在のカバーエリアはIT、IoT、デジカメ、オーディオ機器、モビリティ、クラウドファンディングなど。 1971年生まれ。元Kotaku Japan編集長。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器
平野 慎也

「家電・AV機器」カテゴリーを担当。ストレス解消に料理をすることが多く、時短できる家電やアイテムはついチェックしてしまう30代編集者。通勤時に音楽を楽しむため、さまざまなイヤホンやヘッドホンを試している。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

イヤモニとは?

ライブ会場
ペイレスイメージズのロゴ

爆音のライブ会場で、演奏を行うにはイヤモニが必須。

小さなライブハウスでは、ボーカルの足元にあるモニターと呼ばれるスピーカーで事足りますが、会場が大きく、ステージを歩き回ったり爆音のライブ会場ではドラムやギター、ベース、などの音を聞き取るには不十分。

そこで、イヤホンに似た形状の、IEM(インイヤーモニター)、略してイヤモニを装着することで、自分たちが奏でる音を確認できるようになります。

イヤモニは、ライブ以外にも曲の制作時など、基本的にプロのミュージシャンが使うアイテムとして認知されているので、その音質の高さは折り紙付きになっています。

イヤモニとイヤホンの違いとは?

疑問点
ペイレスイメージズのロゴ

イヤモニとイヤホンの違いを知り、自分に必要なものを見極めよう。

イヤモニとイヤホンの違いをかんたんに説明すると、外部の音をシャットアウトす遮音性になります。

先ほどもお伝えした通り、イヤモニはミュージシャンがライブ時などに使うことを想定しているため、自分たちの音を聞き、それ以外の音に邪魔されないことを目的にしています。

イヤホンにもノイズキャンセリングを搭載したモデルがありますが、より外部の影響を受けずに音に没頭したいなら、イヤモニがおすすめと言えるでしょう。

イヤモニのメリットとは? ステージで自由に動き回れる、遮音性が高い、ハイレゾ音源の再生に適している

メリットのまる
ペイレスイメージズのロゴ

メリットは大きく3つあるので、解説します。

イヤモニのメリットは大きく3つあります。

その1「ステージで自由に動き回れる」
ワイヤレスなので、ステージで演奏するだけでなく、ライブ会場を自由に動き回ることができ、自由なパフォーマンスを行うことが可能です。

その2「遮音性が高い」
遮音性が高いため、ファンの声援といったほかの音に影響されにくく、自分たちの演奏に集中できます。また、一般の人にとってはこの遮音性の高さが、外部の音に邪魔されず、好きな音楽に没頭することができる、便利なアイテムになるでしょう。

なお、イヤモニはスマホに使うイヤホンのように、音が出る部分にゴムなどのイヤーピースがついたカナル型が多く販売されています。

その3「ハイレゾ音源の再生に適している」
最近では、生の音に近いハイレゾ音源が普及しています。イヤモニなら通常のイヤホンでは再生できない周波数でも、再生が可能になります。

イヤモニのデメリットは? 耳が痛くなりやすい、外出で使うには不向き

デメリットのばつ

デメリットは大きく2つあるので、解説します。

イヤモニのデメリットは大きく2つあります。

その1「耳が痛くなりやすい」
イヤモニはその遮音性の高さからイヤホンよりも密着する、鼓膜に音が直接届くため、耳が痛くなりやすいと言われています。

また、汗や皮脂で汚れが付着しやすいので、イヤモニ・耳の定期的な掃除を忘れない、長時間の連続した使用は様子を見ながら行うようにしましょう。

その2「外出で使うには不向き」
イヤモニは遮音性が高い、カナル型が多く販売されているとお伝えしましたが、これが外出時にはデメリットになってしまいます。

具体的には、その遮音性の高さ故、近づいてきた車などの音を遮断してしまう歩くたびにコードが揺れそれが耳に伝わる、といった点です。

イヤモニを選ぶポイント 音質の高さは折り紙付き

イヤモニをつけて歌う黒人男性

Photo by Austin Neill on Unsplash

プロのアーティストも使っているイヤモニ。音質にこだわる人にはぜひ使ってもらいたい製品です。

ガジェットライターの武者良太さんに、イヤモニを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

ドライバーユニットで選ぶ 種類・数によって価格帯が変わる

ドライバーユニットは、振動で音を鳴らす仕組みのことで、主に3種類あるドライバーユニットごとに音の特徴が変わります。

なお、数が増えれば増えるほど再生帯域が広くなり、同時に価格帯も高くなります。

ダイナミック型:幅広い音域を楽しめる

 

ダイナミックドライバーを搭載したイヤモニ。サイズもコンパクトで使いやすく、女性や小柄な人にもおすすめ。ベーシックなタイプ。迷った方は、まずはこの商品から試してみてはいかがでしょうか。

一般的なドライバーユニットで、低音から高音まで、幅広い音域を楽しみたい方は「ダイナミック型」搭載機を選びましょう。ロックやポップスとの相性が抜群です。

バランスドアーマチュア型:高音域と音の繊細さを併せ持つ

 

ポップス向けのサウンドチューニングで、楽器の音まで楽しみたい方におすすめ!

弦楽器や管楽器の響きのよさまで聞きこみたいなら、高音域と音の繊細さを併せ持つ「バランスドアーマチュア型」がおすすめですが、構造が複雑でその分コストがかかるため、高級イヤホンに搭載されています。

なお、バランスドアーマチュアドライバー搭載機の中には「2WAY~」といった、複数のドライバーユニットを使っているモデルもあります。

ハイブリッド型:2つのいいとこどり

低音から高音まで幅広い音域が楽しめるダイナミック型高音域と音の繊細さを併せ持つバランスドアーマチュア型のいい部分を組み合わせたのが、「ハイブリッド型」になります。

高機能なため、値段はかなり高めの設定ですが、音にこだわるなら購入を検討してみましょう。

インピーダンスもチェック スマホで再生するなら25Ω以下を基準に

 

プロ御用達メーカーの「Ultimate Ears」による、本格派のイヤモニ。

外出先で音楽を聴く際、iPhoneやAndroidなどのスマホを使う方も多いと思いますが、その際、イヤモニを使うこともできますが、その時に重要になるのがインピーダンスになります。

電気信号に対する抵抗のことをインピーダンスと呼びます。この抵抗が高いとノイズが乗りにくいメリットがあります。スマホなどのアンプでは出力不足で、極端に音が小さくなる場合も。ちなみに、スマホで再生するなら、25Ω以下が基準になります。

なお、高級イヤモニではこのインピーダンスも高い傾向にあるため、注意しましょう。

使い方に合わせて選ぶ

音楽作成時のヘッドホンの代わり、移動時のイヤホン代わりにも使われているイヤモニ。使い方に合わせて向いているタイプがあるので、確認しておきましょう。

カナル型:遮音性が高い

外部から音が聞こえてしまうと、集中して作業することが難しくなります。音楽作成時のモニター用に使うなら、外部からの音が聞こえにくいカナル型のイヤモニを選んでみましょう。

ケーブル型:移動時の使用に便利

 

談戦時でも安心な交換できるケーブルが魅力で、さまざまなジャンルでスタンダードなサウンドを求めるなら最適なイヤモニ。

移動時にイヤホン代わりにイヤモニを使うなら、音の良さだけでなく、頑丈さや取り回しやすさも重要なポイントになります。

ケーブルが強化素材になっているもの、聞きやすい位置でイヤモニを保持できるケーブルクリップがあるもの、リケーブル対応などがあるので、忘れずにチェックしましょう。

イヤーピースの素材で選ぶ シリコンゴムは耐久性が高い、ウレタン製は低反発

耳に直接あたるイヤーピースも重要です。大きく分けて、シリコンゴム製とウレタン製があります。それぞれ特徴が異なります。快適に使うためにも、しっかりと確認しておきましょう。

シリコンゴム製:長く手軽に使える

 

ゲーミングイヤホンとしても使える、シリコン製のイヤーピース

材質的に水洗いが可能なのがシリコンゴム製で、メンテナンスがかんたんで清潔に保ちやすくなっています。また、耐久性も高く、長期間使う場合にも適しています。

デメリットは、遮音性には期待できないので、プロユースには向いていません

ウレタン製:遮音性と密着性が抜群

遮音性や密着性が抜群なのでウレタン製で、音をクリアに聞いたり、耳の負担の軽減したいなら迷わずウレタン性を選びましょう。

デメリットは、シリコン製と異なり水洗ができないので、約1か月程度の定期的な交換が必要になる点です。ただ、価格が安いので、習慣化すれば定期的な交換もあまり手間に感じなくなるかもしれません。

生産方法で選ぶ 自分の耳に合わせるか、コスパを取るか

イヤモニの生産方法には、オーダーメイドと市販があります。それぞれ特徴が異なるので、自分に合う生産方法のイヤモニを選びましょう。

ユニバーサルタイプとカスタムタイプの2種類がある

イヤモニは大きく分けて「ユニバーサルタイプ」「カスタムタイプ」の2種類があります。

前者はオーディオショップや家電量販店、通販ショップで手に入れられるもの。誰でも装着できるような形状となっています。

後者は自分の耳型を採寸して作るオーダーメイド式。イヤーピースを使わずとも完全にフィットするため、前者よりも遮音性が高く、激しい動きをしても外れにくくなっています

しかし、耳型採寸時に完璧な耳掃除が必要、完成するまでに時間がかかる、高価、個人の耳に合わせて作られたため中古で売るのがきわめて難しいという点があるので、注意が必要です。

免許がいらないワイヤレスイヤモニも

 

24ビットの音声処理がなされることで、クリアで深みのあるサウンドを確認できる、ワイヤレスタイプ

製品の数は多くありませんが、SHURE(シュア)『PSM300 ステレオパーソナルモニターシステム(P3TJR112GR)』のように、免許がいらないB帯域の個人で使えるワイヤレスのイヤモニシステムもあります。

プロではないアマチュアの方でも、音にこだわるならチェックしてみるのもいいかもしれません。

良質な音源であればあるほどステキな音に ガジェットライターからのアドバイス

ガジェットライター

リスニング用にチューニングされた普通のイヤホンとは違い、イヤモニはクッキリした音を鳴らすのが得意です。

そのため、録音状態が悪い、または低ビットレートで圧縮された曲を聴くと、耳障りな音と感じてしまうことがあります。

半面、録音クオリティの高い曲のハイレゾ版を聴くと、鮮やかで重層的なサウンドステージの広さにびっくりするはず。

いままで聴こえてこなかった音があちこちに散りばめられているのがわかり、好きな曲にもっと惚れ込んでしまうこと確実ですよ。

ただし、再生機器のクオリティも上げたほうがベストになります。

「イヤモニ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Shure(シュア)『SE215』
Sennheiser(ゼンハイザー)『IE 40 PRO』
Astell&Kern × Jerry Harvey Audio(アステルアンドケルン × ジェリー・ハービー オーディオ)『Billie Jean』
Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ATH-E70』
SONY(ソニー)『IER-M9』
Ultimate Ears(アルティメットイヤーズ)『UE7PRO To-Go』
Westone(ウエストン)『Universal W40 2019 Design』
canal works(カナルワークス)『ユニバーサルイヤーモニター(CW-U02BT2)』
SHURE(シュア)『PSM300 ステレオパーソナルモニターシステム(P3TJR112GR)』
商品名 Shure(シュア)『SE215』 Sennheiser(ゼンハイザー)『IE 40 PRO』 Astell&Kern × Jerry Harvey Audio(アステルアンドケルン × ジェリー・ハービー オーディオ)『Billie Jean』 Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ATH-E70』 SONY(ソニー)『IER-M9』 Ultimate Ears(アルティメットイヤーズ)『UE7PRO To-Go』 Westone(ウエストン)『Universal W40 2019 Design』 canal works(カナルワークス)『ユニバーサルイヤーモニター(CW-U02BT2)』 SHURE(シュア)『PSM300 ステレオパーソナルモニターシステム(P3TJR112GR)』
商品情報
特徴 迷ったときはコレを買うべき偉大なるベーシック機 イヤモニの基本を押さえた鉄板モデル イヤモニの神さまが手掛けた価値ある一品 プロゲーマーも認めた高明瞭感&高解像度 実像感がきわめて高いサウンドステージを描く ミュージシャンにも愛される本格派 高精度なドライバー採用で美しい音を再現 体温によりやわらかくなるイヤーチップ 免許不要帯域で高音質と信頼感あるモニタリング機能
ドライバーユニット ダイナミックドライバー ダイナミックドライバー バランスドアーマチュアドライバー バランスドアーマチュアドライバー バランスドアーマチュアドライバー バランスドアーマチュアドライバー バランスドアーマチュアドライバー バランスドアーマチュアドライバー -
付属イヤーピース ソフトフレックスイヤーピース:3サイズ、フォームイヤーピース:3サイズ(計6セット) シリコンイヤーピース:3サイズ、フォームイヤーピース:1サイズ(計4セット) シリコンイヤーピース:3サイズ(計3セット) シリコンイヤピース:4サイズ、コンプライフォームイヤピース:1サイズ(計5セット) トリプルコンフォートイヤーピース:6サイズ、ハイブリッドイヤーピース:7サイズ(計13セット) - シリコンイヤーピース:5サイズ、フォームイヤーピース:5サイズ(計10セット) - -
ケーブル(長さ) 162cm 130cm - 160cm 120cm - 有線:132cm、Bluetooth:70cm ワイヤレス -
インピーダンス 17Ω 20Ω 18Ω 39Ω 20Ω 17.5Ω 31Ω 37Ω -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

イヤモニのおすすめ8選 鉄板モデル、プロ御用達メーカーなど

ここまでご紹介した、イヤモニの選び方のポイントをふまえて、ガジェットライターの武者良太さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介します。

エキスパートのおすすめ

Shure(シュア)『SE215』

SHUREシュア高遮音性イヤホン(有線タイプ)/SE215SPE-Aトランススルーセントブルー:カナル型【国内正規品/メーカー保証2年】 SHUREシュア高遮音性イヤホン(有線タイプ)/SE215SPE-Aトランススルーセントブルー:カナル型【国内正規品/メーカー保証2年】 SHUREシュア高遮音性イヤホン(有線タイプ)/SE215SPE-Aトランススルーセントブルー:カナル型【国内正規品/メーカー保証2年】 SHUREシュア高遮音性イヤホン(有線タイプ)/SE215SPE-Aトランススルーセントブルー:カナル型【国内正規品/メーカー保証2年】 SHUREシュア高遮音性イヤホン(有線タイプ)/SE215SPE-Aトランススルーセントブルー:カナル型【国内正規品/メーカー保証2年】 SHUREシュア高遮音性イヤホン(有線タイプ)/SE215SPE-Aトランススルーセントブルー:カナル型【国内正規品/メーカー保証2年】 SHUREシュア高遮音性イヤホン(有線タイプ)/SE215SPE-Aトランススルーセントブルー:カナル型【国内正規品/メーカー保証2年】 SHUREシュア高遮音性イヤホン(有線タイプ)/SE215SPE-Aトランススルーセントブルー:カナル型【国内正規品/メーカー保証2年】
出典:Amazon この商品を見るview item
ガジェットライター:武者 良太

ガジェットライター

迷ったときはコレを買うべき偉大なるベーシック機

1925年に音響機器メーカーとして誕生し、1997年からイヤモニを作り続けてきたShure製のベーシックモデル

イヤモニのなかでは比較的リーズナブル。ということは……売れたんです。オリジナルモデルは2011年に発売されましたが、現在のバージョンもまだ売れ続けています。

ダイナミックドライバーを用いたデファクトスタンダードな存在であり、現代のイヤモニサウンドの基準といってもいいでしょう。

サイズもコンパクトで使いやすく、女性や小柄な人にもおすすめ。イヤーピースはS、M、Lの3サイズ×2素材、計6セットが付属します。

エキスパートのおすすめ

Sennheiser(ゼンハイザー)『IE 40 PRO』

ゼンハイザープロフェッショナルモニタリングイヤホンIE40PROCLEAR【国内正規品】 ゼンハイザープロフェッショナルモニタリングイヤホンIE40PROCLEAR【国内正規品】 ゼンハイザープロフェッショナルモニタリングイヤホンIE40PROCLEAR【国内正規品】 ゼンハイザープロフェッショナルモニタリングイヤホンIE40PROCLEAR【国内正規品】
出典:Amazon この商品を見るview item
ガジェットライター:武者 良太

ガジェットライター

イヤモニの基本を押さえた鉄板モデル

タフな作り、低音から高音までフラットに鳴らせるダイナミックドライバー、断線時は交換しやすいケーブルなど、イヤモニの基本を押さえたベーシックモデルです。

ゼンハイザーも長い歴史を持つ音響機器メーカーで、プロミュージシャンやレコーディングエンジニアからも高く評価されています。

どんなジャンルも聴けるスタンダードなサウンドを求めるならおすすめ。イヤーピースはシリコン素材のS、M、Lと、低反発素材のMサイズが付属します。

エキスパートのおすすめ

Astell&Kern × Jerry Harvey Audio(アステルアンドケルン × ジェリー・ハービー オーディオ)『Billie Jean』

Astell&KernBillieJeanインイヤーモニターJerryHarveyAudio、ブルー Astell&KernBillieJeanインイヤーモニターJerryHarveyAudio、ブルー Astell&KernBillieJeanインイヤーモニターJerryHarveyAudio、ブルー Astell&KernBillieJeanインイヤーモニターJerryHarveyAudio、ブルー
出典:Amazon この商品を見るview item
ガジェットライター:武者 良太

ガジェットライター

イヤモニの神さまが手掛けた価値ある一品

バックストリート・ボーイズ、セリーヌ・ディオン、デュラン・デュラン、イーグルス、エミネムなど、数多くのミュージシャンやアーティストのためにカスタムIEMを作り続けてきた、イヤモニ界の神さまことジェリー・ハービー。

彼が率いるJerry Harvey Audioと、オーディオプレーヤーメーカーのAstell&Kernがコラボして生まれたのが『Billie Jean』です。

名前の由来は、そう、マイケル・ジャクソンのあの曲! 2WAYバランスドアーマチュアドライバーを搭載したポップス向けのサウンドチューニングとなっていますが、それだけに音楽の熱気を味わうのにピッタリ。

付属イヤーピースはS、M、Lの3サイズです。ポップスを楽器の音まで楽しみたい方におすすめ。

エキスパートのおすすめ

Audio-Technica(オーディオテクニカ)『ATH-E70』

audio-technicaモニターイヤホンATH-E70 audio-technicaモニターイヤホンATH-E70 audio-technicaモニターイヤホンATH-E70 audio-technicaモニターイヤホンATH-E70 audio-technicaモニターイヤホンATH-E70 audio-technicaモニターイヤホンATH-E70 audio-technicaモニターイヤホンATH-E70
出典:Amazon この商品を見るview item
ガジェットライター:武者 良太

ガジェットライター

プロゲーマーも認めた高明瞭感&高解像度

正確かつスピーディに音を鳴らすことが求められるイヤモニ。その性能を突き詰めると、eスポーツのゲームの試合において、音で的確に敵の位置を察知できるプロユースのゲーミングイヤホンとしても活用できるようになります。

この『ATH-E70』は、実際に日本のプロゲーミングチームが採用したモデル。

もちろん低中高3基の3WAYバランスドアーマチュアドライバーによるHi-Fiな音楽再生力も魅力です。

ハイスピード・ハイレスポンスなサウンドで、テンポの速い曲もタメなく聴かせてくれます。ゲームに使用する方や、よりよいパフォーマンスを求める方におすすめです。

イヤーピースは4サイズ+低反発素材1サイズが付属します。

エキスパートのおすすめ

SONY(ソニー)『IER-M9』

ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q
出典:Amazon この商品を見るview item
ガジェットライター:武者 良太

ガジェットライター

実像感がきわめて高いサウンドステージを描く

ソニー・ミュージックの協力のもと、第一線のPAエンジニアが開発に協力して作り上げた、珠玉のイヤモニが『IER-M9』です。

自分の奏でている音だけではなく、ほかのメンバーの音も正確な音量・スピード・響きで鳴らすために、ウーファー、低域寄りのフルレンジ、高域寄りのフルレンジ、トゥイーター、スーパートゥイーターの5WAY構造を、片側5機のバランスドアーマチュアドライバーで構成しています。

実力を発揮するには数十万円級のオーディオプレーヤーが必要になりますが、そのサウンドクオリティは圧倒的。

楽器音だけではなく、楽器本体の響きや、アーティストの息づかいまでもがリアルで、自分がステージのど真ん中に立っているような錯覚を覚えるほど。

アーティストやエンジニアの世界観を体感したい方にはおすすめです。

Ultimate Ears(アルティメットイヤーズ)『UE7PRO To-Go』

【お取り寄せ】高音質イヤホンUltimateEarsアルティメットイヤーズUE7PROTo-Go(UniversalFit)【送料無料(代引き不可)】プロ仕様イヤーモニタ−のユニバーサルカナル型イヤフォン【1年保証】 【お取り寄せ】高音質イヤホンUltimateEarsアルティメットイヤーズUE7PROTo-Go(UniversalFit)【送料無料(代引き不可)】プロ仕様イヤーモニタ−のユニバーサルカナル型イヤフォン【1年保証】
出典:楽天市場 この商品を見るview item

ミュージシャンにも愛される本格派

アメリカ発の音響機器ブランドであるUltimate Earsによる、プロ御用達メーカーで、ミュージシャンにも愛される本格派のイヤモニ

粉塵や水分の侵入を防ぐ非常に軽いコネクターを使用、耐汗性、耐候性が改善され信頼性が向上されました。

パンチの効いた中音域がこの商品の特徴。ヴォーカルやギター、キーボードを担当する方が音響を確認するのにも重宝する商品です。

Westone(ウエストン)『Universal W40 2019 Design』

高精度なドライバー採用で美しい音を再現

クワッドドライバを採用することで、なめらかで美しいリアルな音の再現を可能にしたイヤモニ。コンパクトなサイズなのもポイントで、長時間でも音楽を快適に堪能することができます。

低域・中域・高域のバランスがいい音を提供してくれます。プロのミュージシャンも愛用するほどの本格化。そのはずれにくい形状から、アスリートにも支持されています。

canal works(カナルワークス)『ユニバーサルイヤーモニター(CW-U02BT2)』

CANALWORKSbluetoothイヤホンカナル型CW-U02BT2[ワイヤレス(左右コード)/Bluetooth]CWU02BT2 CANALWORKSbluetoothイヤホンカナル型CW-U02BT2[ワイヤレス(左右コード)/Bluetooth]CWU02BT2 CANALWORKSbluetoothイヤホンカナル型CW-U02BT2[ワイヤレス(左右コード)/Bluetooth]CWU02BT2
出典:楽天市場 この商品を見るview item

体温によりやわらかくなるイヤーチップ

その人の体温によりイヤーチップがやわらかくなるサーモフィットイヤチップを採用することで、すぐに自分の耳に馴染んでくれるイヤモニ。さらに、国内生産の高精度ノズルを使用し、安定した音質を提供してくれます。

すべてをていねいに手作りしているのが強み。そのため、美しい形状が実現されたうえ、まるでカスタムタイプのように各自の耳にフィットしてくれます。

【番外編】免許不要のイヤモニシステム

ライブ前に自分の声やギター音をしっかりチェックしておきたい。そんなときには、イヤモニシステムが不可欠です。モニタリング機能を備えるイヤモニシステムを紹介します。

SHURE(シュア)『PSM300 ステレオパーソナルモニターシステム(P3TJR112GR)』

SHUREPSM300ステレオパーソナルモニターシステムSE112GR-A付P3TJR112GR-JB【国内正規品】 SHUREPSM300ステレオパーソナルモニターシステムSE112GR-A付P3TJR112GR-JB【国内正規品】 SHUREPSM300ステレオパーソナルモニターシステムSE112GR-A付P3TJR112GR-JB【国内正規品】 SHUREPSM300ステレオパーソナルモニターシステムSE112GR-A付P3TJR112GR-JB【国内正規品】 SHUREPSM300ステレオパーソナルモニターシステムSE112GR-A付P3TJR112GR-JB【国内正規品】 SHUREPSM300ステレオパーソナルモニターシステムSE112GR-A付P3TJR112GR-JB【国内正規品】 SHUREPSM300ステレオパーソナルモニターシステムSE112GR-A付P3TJR112GR-JB【国内正規品】 SHUREPSM300ステレオパーソナルモニターシステムSE112GR-A付P3TJR112GR-JB【国内正規品】 SHUREPSM300ステレオパーソナルモニターシステムSE112GR-A付P3TJR112GR-JB【国内正規品】 SHUREPSM300ステレオパーソナルモニターシステムSE112GR-A付P3TJR112GR-JB【国内正規品】
出典:Amazon この商品を見るview item

免許不要帯域で高音質と信頼感あるモニタリング機能

24ビットの音声処理がなされることで、クリアで深みのあるサウンドを確認でき、バンド活動に不可欠なイヤモニシステム。環境ノイズ低減効果も備えているので、良質なサウンドです。

ワイヤレスシステムは、周波数によっては免許申請が必要ですが、このイヤモニシステムでは免許不要帯域で特別なデジタル信号処理がされる仕様。高音質と信頼感のあるモニタリング機能が利用できます。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする イヤモニの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのイヤモニの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:イヤモニランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

音にこだわる人のための関連商品はこちら 【関連記事】

音質にこだわりのある人におすすめのアイテム イヤモニについて3つのおさらい

1)オーディオショップなどでカンタンに入手できるユニバーサルタイプにするか、自分の耳にあったカスタムタイプにするかを決める
2)ドライバーの種類・数によって価格帯が変わる
3)イヤーピースが多いモデルはセッティングの幅が広い

音質にこだわりのある人には使ってもらいたいイヤモニですが、結構種類も多いようです。自分の好みの音質を提供してくれる商品を見つけましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


USBヘッドセットおすすめ22選|ワイヤレス・片耳などタイプ別に紹介!

USBヘッドセットおすすめ22選|ワイヤレス・片耳などタイプ別に紹介!

テレワークやゲームなどをする際に、ハンズフリーで会話をすることができるUSBヘッドセット。この記事では、音質やマイク性能など選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してください。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , ゲーミングヘッドセット , パソコン周辺機器

中華イヤホンおすすめ10選【ハイエンドモデルも!】ワイヤレスやkzの多ドラタイプも紹介!

中華イヤホンおすすめ10選【ハイエンドモデルも!】ワイヤレスやkzの多ドラタイプも紹介!

中国産の中華イヤホンは、高性能で音質が良く、高コスパ、デザイン性にすぐれていることから人気が出てきています。本記事では、ワイヤレス・リケーブル、KZ(Knowledge Zenith)・JPRiDE・TFZなど厳選した各中華イヤホンメーカーの特徴や選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には各イヤホンの比較一覧表もありますのでチェックしてみてくださいね!

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

ハイレゾ対応イヤホンおすすめ24選|高音質から日常でも音楽を楽しもう!

ハイレゾ対応イヤホンおすすめ24選|高音質から日常でも音楽を楽しもう!

高音質なハイレゾ音源を聞くために必要なハイレゾ対応イヤホン。一見ハイレゾ対応でないイヤホンと違いがなく、価格帯もバラバラのため、どういった基準で選べばいいのか迷っている人も多いでしょう。本記事では、おすすめのハイレゾ対応イヤホンとその選び方をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

【価格別】カナル型イヤホンおすすめ31選|重低音モデルからハイレゾ対応まで

【価格別】カナル型イヤホンおすすめ31選|重低音モデルからハイレゾ対応まで

カナル型イヤホンの選び方や、価格別おすすめ商品を紹介します。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

サラウンドヘッドホンおすすめ12選|映画やゲームを最高に楽しめるモデルを紹介

サラウンドヘッドホンおすすめ12選|映画やゲームを最高に楽しめるモデルを紹介

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、「サラウンドヘッドホン」を選ぶときのポイントとおすすめ製品をシアター向け・ゲーム向け別に紹介!サラウンドヘッドホンでお手軽に5.1chや7.1chの音響効果でコンテンツを楽しみましょう!

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。