高級イヤホンおすすめ12選|音質の違いや価格の目安まで詳しく解説

高級イヤホンおすすめ12選|音質の違いや価格の目安まで詳しく解説


高音域や重低音に強く、原音を忠実に再現してくれることから人気が高まっている高級イヤホン。購入を検討している方も多いのではないでしょうか。ただ、高額なだけに商品は慎重に選びたいところです。

本記事では、高級イヤホンについて、一般的なイヤホンとの違いや選び方、そしておすすめ商品をご紹介。スマホに使えるものやワイヤレスイヤホンもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


目次

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

高級イヤホンと一般的なイヤホンの違い


数多くのメーカーからさまざまな製品が販売されているイヤホン。数千円ほどの価格のモデルと数万円を超えるイヤホンにはどんな違いがあるのでしょうか。

その違いは大きく「音質」と「価格」の2つに言及できるでしょう。

圧倒的な音質と、耐久性に優れている

一般的に「高級」とされるイヤホンは、高品質の素材を使ってドライバーの精度を高め、音の広がりや臨場感、クリアなサウンドを忠実に再現するさまざまな工夫が施されています。ハイレゾに対応したモデルが多いのも特徴です。普通のイヤホンに比べて圧倒的に音がよく、耐久性にもすぐれているといえるでしょう。

そのため、高級イヤホンは一般的なイヤホンより解像度が高く、音質がいいのが特長です。音質傾向もさまざまで、クリアで伸びのあるサウンドを響かせるものから、パワフルな重低音を得意とするものまで、多種多様なモデルがそろっています。

音質傾向は自分の好みで選んで構いませんが、よく視聴する音楽ジャンルに合わせて選ぶのもおすすめです。

価格の目安や相場は2~3万円以上

お金
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

イヤホンのなかでも高音質の高級イヤホンを探している方は、予算も考えてみましょう。国内・海外ブランドの高級イヤホンが選択肢に入るのは、2~3万円くらいから。

より高価な機種となると、各社最高峰の技術を搭載したハイエンドイヤホンが5~10万円、そしてさらに10万円以上の超高級クラスのイヤホンまで販売されています。

ただし、高級イヤホンには価格やスペックなどの明確な定義がありません。本記事では実勢価格で2万円前後より高額のものを「高級イヤホン」ととらえ、10万円を超えるハイエンドモデルまで幅広く取り上げます。いろいろ比較して、用途に合ったモデルを選ぶ参考にしてみてください。

高級イヤホン選びのポイント


それでは、高級イヤホンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】ドライバーの種類
【2】ドライバーの数
【3】接続方法
【4】スペック


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ドライバーの種類をチェック


高級イヤホンに採用されているドライバーの種類には、ダイナミック型、バランスド・アーマチュア(BA)型、ハイブリッド型などがあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

▼ダイナミック型

ダイナミック型は、音楽信号を受けたコイルがダイアフラム(振動板)を振動させて音を鳴らす方式。幅広いイヤホンに採用されている一般的なドライバーです。

ダイナミック型は周波数帯域が広いのが特徴で、低音域から高音域まで広くカバーします。また、音圧がしっかりあるため、重低音の再生が得意です。購入しやすい価格帯のモデルも多く、コストパフォーマンスを重視したい方にも向いています。

▼バランスド・アーマチュア(BA)型

バランスド・アーマチュア型は、音楽信号を受けたコイルがアーマチュアと呼ばれる金属板を振動させ、さらにその振動がダイアフラム(振動版)に伝わることで音が鳴る仕組みになっています。医療用の補聴器や、音楽制作現場のモニターヘッドフォンなどにも多く採用される高性能なドライバーです。

カバーする周波数帯域は狭いものの、音の再現性が高いのが特徴で、とくに中音域から高音域の表現力にすぐれています。複数のドライバーを搭載したハイエンドモデルなど、クオリティを追求しているものほど高額になりますが、原音に忠実なサウンドを求める方や、音のこまかなニュアンスにこだわりたい方にぴったりです。

▼ハイブリッド型

ハイブリッド型は、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型を掛け合わせたドライバーで、双方の長所を兼ね備えています。パワフルながら音の再現性も高く、音域に関しては低音域から高音域まで広くカバーします。

ただし、クオリティを重視しているぶん、高額なのがややネック。また、複数のドライバーを搭載することで重量が増えるため、長時間使用すると負担に感じることもあるようです。

(★)ドライバー構成で音質が劇的に変わります

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

高級イヤホン選びでよく注目されるのがドライバー構成。SHUREの『SE846』に代表される、プロミュージシャン向けのイヤーモニターに由来する技術がBA(バランスド・アーマチュア)型ドライバーです。

BAドライバーは1つのユニットのカバーする帯域は狭い一方で、こまかな音の表現が得意。低域用や中域用、高域用のように、複数のBAドライバーを組み合わせたモデルが数多くあります。2BA、4BA、6BA、12BA……と、高級モデルになるほどBAドライバーの数を増やして、音の緻密さを増している機種も多数あります。

とくに音の情報量を最大限に重視する方向性でイヤホンを探している方は、BAドライバーのタイプを探してみましょう。

【2】ドライバーの数をチェック

高級イヤホンのなかには、周波数帯域を広くカバーするためや、音の再現性を高めるために、ドライバーの数を増やしたモデルもあります。

ダイナミック型では、基本的にドライバーは1基。低音を強化する目的で2基搭載する場合もあります。

バランスド・アーマチュア型は2基以上が主流。低域用、中域用、高域用など、複数のドライバーを組み合わせる設計により、音質を高めています。

なお、ドライバーの数が多いほど、本体サイズが大きくなり、重量が増える傾向があります。価格も高くなるので、予算や装着感との兼ね合いを考慮することも大事です。

【3】接続方法をチェック

高級イヤホンを選ぶ際に注意してほしいポイントが、音楽を聴くためのプレイヤーです。

最近はスマホで音楽を聴く方が増えていますが、iPhone7で3.5mmのステレオミニ端子が廃止されてしまいました。現在ではAndroidを含むほとんどのスマホで専用端子を使うか、もしくはBluetoothでワイヤレス接続するしかありません。しかし高級イヤホンはまだまだ3.5mmの有線タイプ接続が主流で、携帯音楽プレイヤーと組み合わせる前提のものがほとんどです。

ただしJVC、SHURE、AKGなどBluetoothのワイヤレス接続用アダプタを同梱している製品もありますので、スマホからワイヤレスで音楽を聴きたい方はチェックしてみてください。

【4】スペックをチェック


高級イヤホンを選ぶうえでチェックしておきたいスペックをご紹介します。

(a)ハイレゾ対応

高級イヤホンを選ぶための基準は、やはり音質です。

近年は「ハイレゾ対応」として40,000Hz以上の高周波数帯域をカバーしている機種や、「重低音」のしっかり聴こえる機種などさまざまなモデルが人気です。「再生周波数帯域」というスペック表記から、これらの性能を確認するとよいでしょう。

ただし、数万円にもなる高級イヤホンにもなると、ハイレゾも重低音もそろうのが当たり前。さらに上の趣味の世界として情報量の豊富さ、歌声のクリアさ、音の広がりや臨場感など、好みや聴く音楽に合うかどうかで選びましょう。気になる方は量販店などで実際に音を聴いて確認してみるか、おすすめ機種のコメントを参考にしてみてください。

(b)防水機能

ランニング中の女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

高級イヤホンにとって水濡れは大敵です。水分や湿気が原因で不具合を起こすことがあるため、防水機能にも注目しましょう。

とくに、ランニングなど運動をしながらイヤホンを使う場合は、汗が流れ落ちたり湿気がこもったりしやすいので要注意。また、梅雨や夏も、汗と湿気に気をつけるべきシーズンです。

突然の雨に備える目的でも防水機能は役立ちます。運動や通勤通学で高級イヤホンを使う予定の方は、防水機能があると心強いでしょう。

(c)リケーブル対応

高級イヤホンはリケーブル対応のものが多いです。リケーブルとは、もとからついているケーブルを取り外して、ほかのケーブルとつけ替えられる機能のこと。イヤホン本体とケーブルの着脱ができるという意味です。

リケーブル対応であれば、ケーブルが断線してしまった場合でも、ケーブルを交換するだけでイヤホンを使い続けることができます。修理に出したり、買い替えたりしなくていいのがメリットです。また、別のケーブルに変えることで音質の違いを楽しめるのも魅力といえます。

(d)ノイズキャンセリング機能

車や電車の走行音、人の話し声など、周囲の雑音が気になるときに役立つのがノイズキャンセリング機能です。外から入ってくるさまざまな騒音を低減してくれる機能で、騒がしい場所でもクリアなサウンドで音楽を楽しめます。

音量を大きく上げなくても音楽を聴きとれるため、音漏れの心配が少ないのも特長のひとつ。通勤通学時はもちろん、音楽を聴きながら勉強や仕事に集中したいときにも便利です。

有名メーカー・ブランドの特徴


高級イヤホンを取り扱うおもなメーカーをご紹介します。それぞれのメーカーに特徴がありますので、ぜひ確認してください。

SONY(ソニー)

ソニーは世界的にも有名な日本の電気機器メーカーです。なかでも音響技術にはとくに力を入れており、イヤホン、ヘッドホン、ポータブルオーディオプレーヤーなど、音楽に関わるさまざまなアイテムを広く展開しています。

イヤホンのラインナップも豊富で、ハイレゾ級高音質、ノイズキャンセリング機能、Bluetooth機能、防水機能など、さまざまな機能を備えたモデルが充実。高級イヤホンと呼ぶにふさわしいハイスペックなモデルも多く取りそろえています。

JVC

JVCの前身は、音響機器で有名な日本ビクター。日本ビクター時代の高い音響技術をそのまま受け継いでおり、高級イヤホンにもその技術が存分に生かされています。音質を真摯に追及するだけでなく、木の振動板を搭載したものや、ステンレスボディを採用したものなど、革新的なモデルを販売しているのも特徴です。

JVCのイヤホンは価格以上の音質という声も多く聞かれ、コストパフォーマンスの高さも魅力となっています。

audio-technica(オーディオテクニカ)

オーディオテクニカは日本の音響機器・映像機器メーカーで、世界的にも名を知られています。イヤホン、ヘッドホン、マイク、スピーカーなど、オーディオ関連のアイテムを多く取り扱っており、おしゃれなカラーリングやデザイン性の高さも人気です。

オーディオテクニカのイヤホンは、音域のバランスのいいフラットな印象のサウンドが特徴。ドライバーの構成や配置など音響設計にとことんこだわった高級イヤホンも販売されています。

SHURE(シュア)

シュアは、イヤホンやヘッドフォン、マイク、ワイヤレスシステムなどの設計と製造をおこなうアメリカのメーカー。音楽制作向けの製品を開発していた経歴があり、高い音響技術とすぐれた音質が特徴です。

シュアの高級イヤホンは、周囲の雑音をカットする高遮音性設計を採用しており、臨場感あふれるクリアなサウンドを実現しています。さまざまな音質傾向のイヤホンがそろっているのも魅力です。

SENNHEISER(ゼンハイザー)

ゼンハイザーは世界的に名を知られるドイツの音響機器メーカーです。ダイナミック型ドライバーを搭載したイヤホンに力を入れており、低音圧から高音圧までしっかり聴かせるパワフルかつなめらかなサウンドが特徴です。

新しい技術を搭載したオーディオマニア向けの高級イヤホンから、防水機能つきのスポーツモデルまで幅広い製品が展開されています。

高級イヤホンおすすめ12選

上記で紹介した高級イヤホンの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。

SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE 60』

ゼンハイザーカナル型イヤホン耳かけ式IE60【国内正規品】 ゼンハイザーカナル型イヤホン耳かけ式IE60【国内正規品】 ゼンハイザーカナル型イヤホン耳かけ式IE60【国内正規品】 ゼンハイザーカナル型イヤホン耳かけ式IE60【国内正規品】 ゼンハイザーカナル型イヤホン耳かけ式IE60【国内正規品】

出典:Amazon

ドライバー ダイナミック型
再生周波数帯域 10~18,000Hz
インピーダンス 16Ω
ケーブル長 1.2m
重量 約14g
付属品 イヤーアダプターセット(標準 S/M/L・ラメラ S/M/L)、キャリングケース、イヤーフック 、ケーブルクリップ、ほか

高級イヤホンのロングセラー

ドイツの音響機器メーカーのイヤホンとして2011年に発売されて以来、高級イヤホンの定番ともいえるモデルが『IE 60』です。

発売が古いこともあり「ハイレゾ」の基準には準拠していませんが、クリアで情報量志向のサウンドが特徴。低音はあまり強く出るタイプではないですが、クラシックやジャズ、ロックなど幅広いジャンルの音をしっかり聴かせてくれます。モニター用途にも使えるような、音を正確に聞き取れるイヤホンを求める方におすすめです。

JVC『SOLIDEGE 01 Inner(HA-FD01)』

JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用

出典:Amazon

ドライバー ダイナミック型
再生周波数帯域 8~52,000Hz
インピーダンス 16Ω
ケーブル長 1.2m
重量 約20g
付属品 ノズル(チタニウム、ブラス、ステンレス)、スパイラルドット(プラス)イヤーピース(S/MS/M/ML/L各2個)、ほか

音質カスタマイズに対応

高い強度を持つフルステンレスの金属ボディで、クリアで伸びのあるサウンドを目指した「SOLIDEGE」シリーズの高級イヤホンです。音質はクリアなだけでなく、鋭く立ち上がるハードな響きと、微細音まで伝える解像感があります。引き締まった情報量志向の低音はロックやJ-POP、EDMなど現代的な音楽とよく合います。キレのある音にこだわりたい方におすすめです。

付属品である素材の異なる交換用ノズルを使用して、音色のカスタマイズができる「Jマウントノズル交換システム」を採用していて、音のニュアンスもカスタマイズ可能。ワイヤレス接続に対応する『SU-ARX01BT』とのセット販売も行なわれています。

final(ファイナル)『E5000』

finalE5000カナル型イヤホンMMCX端子リケーブル対応ファイナル finalE5000カナル型イヤホンMMCX端子リケーブル対応ファイナル finalE5000カナル型イヤホンMMCX端子リケーブル対応ファイナル finalE5000カナル型イヤホンMMCX端子リケーブル対応ファイナル finalE5000カナル型イヤホンMMCX端子リケーブル対応ファイナル finalE5000カナル型イヤホンMMCX端子リケーブル対応ファイナル finalE5000カナル型イヤホンMMCX端子リケーブル対応ファイナル

出典:Amazon

ドライバー ダイナミック型
再生周波数帯域 -
インピーダンス 14Ω
ケーブル長 1.2m
重量 24g
付属品 キャリーケース、イヤーピース、イヤーフック、カラビナ

独特のピュア志向サウンド

シルバーの小型のイヤホンに最新の音響工学と心理学の研究成果を踏まえた、finalのサウンドチューニング志向を貫ぬかれた最新イヤホンです。音質としては音のクリアネスを出すのではなく、音の質感や音場の広がり、滑らかさを追求している独特のタイプ。クラシックやジャズなどのアコースティックな音源にもよく合います。

同じfinalで低価格イヤホンの鉄板モデルとして語られている『E2000』や『E3000』ほど万人受けするサウンドではないのですが、ナチュラルで緻密な音の高級イヤホンを探している方におすすめのモデルです。

SHURE(シュア)『SEシリーズ (SE535LTD-A)』

SHUREイヤホンSEシリーズSE535SpecialEditionカナル型高遮音性レッドSE535LTD-A【国内正規品】 SHUREイヤホンSEシリーズSE535SpecialEditionカナル型高遮音性レッドSE535LTD-A【国内正規品】 SHUREイヤホンSEシリーズSE535SpecialEditionカナル型高遮音性レッドSE535LTD-A【国内正規品】 SHUREイヤホンSEシリーズSE535SpecialEditionカナル型高遮音性レッドSE535LTD-A【国内正規品】

出典:Amazon

ドライバー 3バランスド・アーマチュア型
再生周波数帯域 18~19,500Hz
インピーダンス 36Ω
ケーブル長 1.16m
重量 -
付属品 3.5mmストレートケーブル (116cm)、ソフト・フレックス・イヤパッド、イエロー・フォーム・イヤパッド、ほか

日本向けチューニングの鉄板!

マイクをはじめとしたプロ用機器ブランドであるとともに、日本では高級イヤホンのスタンダードと呼べるブランドがSHUREです。

『SE535LTD』は3基のBAドライバーを搭載した、SHUREとしてはミドルモデルで、音の密度感と情報量を圧倒的な生々しさで再現するだけでなく、J-POPなどボーカル曲が重視される日本市場向けのチューニングとしてボーカルの歌声を鮮明に聴かせてくれます。高級イヤホンのなかでも絶大な人気を誇る定番の一角で、ボーカルを重視したいという方におすすめ。

出荷時からBluetoothのワイヤレスアダプタが同梱されている『SE535LTD+BT1-A』というパッケージもあり、こちらはスマホで音楽が聴けるのもメリットです。

AKG(アーカーゲー) 『N5005 (AKGN5005BLKJP)』

AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』 AKG(アーカーゲー)『N5005(AKGN5005BLKJP)』

出典:Amazon

ドライバー 4バランスドアーマチュア + ダイナミック型
再生周波数帯域 10~40,000Hz
インピーダンス 18Ω
ケーブル長 -
重量 11.4g
付属品 4つのサウンドフィルター、4極プラグ対応ケーブル、ツイストバランスケーブル、BTケーブル、USB充電用ケーブル、イヤチップ、ほか

高音質サウンドと多機能を両立

高級イヤホンを語るうえでは、オーストリアのプロ用機器ブランドAKGも外せません。

ハイブリッドドライバーの先駆けとなった2011年発売『K3003』の後継として登場した『N5005』は、BAドライバー4基とダイナミック型ドライバーという、ハイブリッドドライバー構成で登場した高級イヤホンです。サウンドの特徴は、高域まできわめて伸びやかなサウンドとサウンドフィールドの広大さを両立させた澄み渡るサウンド。低音も深みとともに情報量を備えています。

付属品もユニークで、音質調整に対応する4つのサウンドフィルターに、Bluetoohのワイヤレス接続対応のアダプタも同梱。さまざまな好みをもつ幅広い方々におすすめできるイヤホンです。

SONY(ソニー)『IER-M9』

SONY(ソニー)『IER-M9』 SONY(ソニー)『IER-M9』 SONY(ソニー)『IER-M9』 SONY(ソニー)『IER-M9』 SONY(ソニー)『IER-M9』

出典:Amazon

ドライバー 5バランスド・アーマチュア型
再生周波数帯域 5~40,000Hz
インピーダンス 20Ω
ケーブル長 約1.2m
重量 約11g
付属品 ヘッドホンケーブル、バランス接続ヘッドホンケーブル、クリップ、キャリングケース、トリプルコンフォートイヤーピース、ほか

ライブステージ用モニターイヤホン

ソニーが2018年に、アーティストがステージ上で装着するステージモニターを前提として作り上げたイヤホンの新シリーズです。自社開発の5基の独立したBAドライバーが帯域を分割して補完し合う設計を特徴としています。

実際のサウンドは原音に忠実であるとともに、楽器の音も、ボーカルも、そしてドラムの刻みといった音のレスポンスの揃い具合まで、きわめて精緻に原音をモニタリングする方向性で徹底しています。楽しく音楽を聴くタイプではなく、音楽をとにかく情報量志向で分析的に聴きたい方におすすめのイヤホンです。

SHURE(シュア)『SE846-K+BT1-A』

SHURE(シュア)(SE846-K+BT1-A) SHURE(シュア)(SE846-K+BT1-A) SHURE(シュア)(SE846-K+BT1-A) SHURE(シュア)(SE846-K+BT1-A)

出典:Amazon

ドライバー 4バランスド・アーマチュア型
再生周波数帯域 15~20,000Hz
インピーダンス
ケーブル長 -
重量 -
付属品 Bluetoothケーブル、USB充電ケーブル、リモート+マイク搭載イヤホンケーブル、ストレートケーブル、イヤパッド、ほか

4基のBAドライバーを搭載したロングセラーモデル

10万円クラスのイヤホンを選ぶとなると、候補に入るBAドライバー搭載機種。そのなかでも最高峰クラスの定番モデルです。 4基のBAドライバーを使って作り上げられたサウンドは、圧倒的な音の正確さ、情報量、空間の広がり、低音のパワーまですべてが揃います。ハイスペックなBAドライバー搭載機種を求める方におすすめ。

高級イヤホンのなかでも発売は2013年とロングセラーのモデルですが、2018年発売の最新パッケージではBluetoothのワイヤレスアダプタも同梱され、スマホでの音楽リスニングもカバーしています。

beyerdynamick(べイヤーダイナミック)『XELENTO REMOTE』

beyerdynamicテスラテクノロジー搭載インイヤーヘッドホンXELENTOREMOTE【国内正規品】 beyerdynamicテスラテクノロジー搭載インイヤーヘッドホンXELENTOREMOTE【国内正規品】 beyerdynamicテスラテクノロジー搭載インイヤーヘッドホンXELENTOREMOTE【国内正規品】 beyerdynamicテスラテクノロジー搭載インイヤーヘッドホンXELENTOREMOTE【国内正規品】 beyerdynamicテスラテクノロジー搭載インイヤーヘッドホンXELENTOREMOTE【国内正規品】 beyerdynamicテスラテクノロジー搭載インイヤーヘッドホンXELENTOREMOTE【国内正規品】 beyerdynamicテスラテクノロジー搭載インイヤーヘッドホンXELENTOREMOTE【国内正規品】

出典:Amazon

ドライバー ダイナミック型
再生周波数帯域 8~48,000Hz
インピーダンス 16Ω
ケーブル長 1.3m
重量 7g
付属品 1.3mストレートケーブル、シリコン製イヤーピース、Comply製イヤーピース、ケーブルクリップ、取り換え用保護グリルなど

独自のテスラテクノロジー搭載

1万ガウス(1テスラ)超という強大な磁束密度を発生させる独自の「テスラテクノロジー」により、とくにハイエンドのヘッドホンで人気のあるドイツのベイヤーダイナミックによる高級イヤホンです。

大柄のイヤホンから再生されるサウンドは、やや肉厚であるとともに高域までスムーズに伸び切るレンジのワイドさと、中高域に艶(つや)と情報量を持たせたようなサウンド。低音も引き締まったサウンドで、音楽本来の情報をしっかりと引き出します。どんな音源でも、音をリッチなサウンドで聴きたい方におすすめです。

JVC『WOODシリーズ (HA-FW10000)』

VictorJVCHA-FW10000WOODシリーズカナル型イヤホンリケーブル/ハイレゾ音源対応ブラック VictorJVCHA-FW10000WOODシリーズカナル型イヤホンリケーブル/ハイレゾ音源対応ブラック VictorJVCHA-FW10000WOODシリーズカナル型イヤホンリケーブル/ハイレゾ音源対応ブラック VictorJVCHA-FW10000WOODシリーズカナル型イヤホンリケーブル/ハイレゾ音源対応ブラック VictorJVCHA-FW10000WOODシリーズカナル型イヤホンリケーブル/ハイレゾ音源対応ブラック VictorJVCHA-FW10000WOODシリーズカナル型イヤホンリケーブル/ハイレゾ音源対応ブラック VictorJVCHA-FW10000WOODシリーズカナル型イヤホンリケーブル/ハイレゾ音源対応ブラック

出典:Amazon

ドライバー ダイナミック型
再生周波数帯域 6~52,000Hz
インピーダンス 16Ω
ケーブル長 1.2m
重量 約21.5g
付属品 スパイラルドット+(プラス) イヤーピース(S/MS/M/ML/L各2個)、キャリングケース

木の振動板採用の10周年記念モデル

2018年10月にビクターブランドを復活させるとともに、同社の自社技術である木の振動板を使ったイヤホン10周年記念のフラッグシップとして開発されたモデル。新開発のウッドドームドライバーユニットを搭載したほか、日本産の楓や漆(うるし)、阿波和紙、絹などの伝統素材を多数採用しています。

サウンドは木の温もりのある艶やかさ、音空間の広がり、精緻でピュア志向な音のクリアさと解像感を両立したきわめて上質なサウンド。日本人になじみの深い素材による独自設計とたしかな音質が揃っています。音にこだわるだけでなく、所有欲も満たせる究極の高級イヤホンを求める方におすすめです。

SONY(ソニー)『IER-Z1R』

SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン SONYIER-Z1Rステレオヘッドホン

出典:Amazon

ドライバー ダイナミック型
再生周波数帯域 3Hz-100000Hz(JEITA)
インピーダンス 40Ω(1kHz)
ケーブル長 1.2m
重量 約26g(ケーブル含まず)
付属品 クリップ、キャリングケース 、ケーブルホルダーイヤーピース13種

3つドライバーを組み合わせたハイブリッドシステム

3つの異なるドライバーを組み合わせた新しいHDハイブリッドドライバーシステムを搭載しており、微小な音や超低音域から超高音域まで、広大な音場と臨場感が特徴の有線イヤホンです。

高音質を実現するためのこだわりが細かく施されており、パーツ一つ一つこだわった設計となっています。

13種類のイヤーピースが付属しているので自分の耳にフィットするものを選べるところもうれしいポイントです。

SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE 500』

SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE500』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE500』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE500』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE500』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE500』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE500』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE500』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE500』

出典:Amazon

ドライバー ダイナミック型
再生周波数帯域 6Hz~20kHz
インピーダンス 16Ω
ケーブル長 1.3m
重量 18g
付属品 イヤーアダプターセット(標準シリコン S/M/L、フォーム S/M/L)

プロフェッショナル向けハイエンドモデル

ボーカリストやギタリストのために設計された、ダイナミック型ドライバーを搭載した高級イヤホンです。

細かいディテールを再現するプロフェッショナル向けのハイエンドモデルで、高い音圧レベルでパワフルな中音域や解像度の高さが特徴です。

人間工学に基づいて設計された 7mmサイズのドライバーは、どんな耳にも快適にフィットし、ノイズ耐性が高い取り外し自由のツイストペアケーブルも搭載されています。

audio-technica(オーディオテクニカ)『ハイブリッド型カナルイヤホン(ATH-IEX1)』

audio-technica(オーディオテクニカ)『ハイブリッド型カナルイヤホン(ATH-IEX1)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ハイブリッド型カナルイヤホン(ATH-IEX1)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ハイブリッド型カナルイヤホン(ATH-IEX1)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ハイブリッド型カナルイヤホン(ATH-IEX1)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ハイブリッド型カナルイヤホン(ATH-IEX1)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ハイブリッド型カナルイヤホン(ATH-IEX1)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ハイブリッド型カナルイヤホン(ATH-IEX1)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ハイブリッド型カナルイヤホン(ATH-IEX1)』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ハイブリッド型カナルイヤホン(ATH-IEX1)』

出典:Amazon

ドライバー ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
再生周波数帯域 5Hz~50kHz
インピーダンス
ケーブル長 1.2m
重量 19g
付属品 ケース、クリーニングクロス、イヤピース、バランスケーブル、コード

世界初機構を採用したハイブリッド型イヤホン

これまで聴いたことのない、新たな音の体験ができる世界初機構を採用したハイブリッド型イヤホン。

ドライバー軸がまっすぐ形成された理想的な配列なため、滑らかな音を体感できます。中高域表現により、ボーカルの息づかいや楽器のフィンガリングまで再現します。

耳に掛けるタイプなので長時間でも快適なリスニングを楽しむことができます。
本体に1台1台のシリアルナンバーが刻印されていて、耐久性が高い専用ケースには付属品をすべて収納でき、持ち運びにも便利です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE 60』
JVC『SOLIDEGE 01 Inner(HA-FD01)』
final(ファイナル)『E5000』
SHURE(シュア)『SEシリーズ (SE535LTD-A)』
AKG(アーカーゲー) 『N5005 (AKGN5005BLKJP)』
SONY(ソニー)『IER-M9』
SHURE(シュア)『SE846-K+BT1-A』
beyerdynamick(べイヤーダイナミック)『XELENTO REMOTE』
JVC『WOODシリーズ (HA-FW10000)』
SONY(ソニー)『IER-Z1R』
SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE 500』
audio-technica(オーディオテクニカ)『ハイブリッド型カナルイヤホン(ATH-IEX1)』
商品名 SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE 60』 JVC『SOLIDEGE 01 Inner(HA-FD01)』 final(ファイナル)『E5000』 SHURE(シュア)『SEシリーズ (SE535LTD-A)』 AKG(アーカーゲー) 『N5005 (AKGN5005BLKJP)』 SONY(ソニー)『IER-M9』 SHURE(シュア)『SE846-K+BT1-A』 beyerdynamick(べイヤーダイナミック)『XELENTO REMOTE』 JVC『WOODシリーズ (HA-FW10000)』 SONY(ソニー)『IER-Z1R』 SENNHEISER(ゼンハイザー)『IE 500』 audio-technica(オーディオテクニカ)『ハイブリッド型カナルイヤホン(ATH-IEX1)』
商品情報
特徴 高級イヤホンのロングセラー 音質カスタマイズに対応 独特のピュア志向サウンド 日本向けチューニングの鉄板! 高音質サウンドと多機能を両立 ライブステージ用モニターイヤホン 4基のBAドライバーを搭載したロングセラーモデル 独自のテスラテクノロジー搭載 木の振動板採用の10周年記念モデル 3つドライバーを組み合わせたハイブリッドシステム プロフェッショナル向けハイエンドモデル 世界初機構を採用したハイブリッド型イヤホン
ドライバー ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 3バランスド・アーマチュア型 4バランスドアーマチュア + ダイナミック型 5バランスド・アーマチュア型 4バランスド・アーマチュア型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型)
再生周波数帯域 10~18,000Hz 8~52,000Hz - 18~19,500Hz 10~40,000Hz 5~40,000Hz 15~20,000Hz 8~48,000Hz 6~52,000Hz 3Hz-100000Hz(JEITA) 6Hz~20kHz 5Hz~50kHz
インピーダンス 16Ω 16Ω 14Ω 36Ω 18Ω 20Ω 16Ω 16Ω 40Ω(1kHz) 16Ω
ケーブル長 1.2m 1.2m 1.2m 1.16m - 約1.2m - 1.3m 1.2m 1.2m 1.3m 1.2m
重量 約14g 約20g 24g - 11.4g 約11g - 7g 約21.5g 約26g(ケーブル含まず) 18g 19g
付属品 イヤーアダプターセット(標準 S/M/L・ラメラ S/M/L)、キャリングケース、イヤーフック 、ケーブルクリップ、ほか ノズル(チタニウム、ブラス、ステンレス)、スパイラルドット(プラス)イヤーピース(S/MS/M/ML/L各2個)、ほか キャリーケース、イヤーピース、イヤーフック、カラビナ 3.5mmストレートケーブル (116cm)、ソフト・フレックス・イヤパッド、イエロー・フォーム・イヤパッド、ほか 4つのサウンドフィルター、4極プラグ対応ケーブル、ツイストバランスケーブル、BTケーブル、USB充電用ケーブル、イヤチップ、ほか ヘッドホンケーブル、バランス接続ヘッドホンケーブル、クリップ、キャリングケース、トリプルコンフォートイヤーピース、ほか Bluetoothケーブル、USB充電ケーブル、リモート+マイク搭載イヤホンケーブル、ストレートケーブル、イヤパッド、ほか 1.3mストレートケーブル、シリコン製イヤーピース、Comply製イヤーピース、ケーブルクリップ、取り換え用保護グリルなど スパイラルドット+(プラス) イヤーピース(S/MS/M/ML/L各2個)、キャリングケース クリップ、キャリングケース 、ケーブルホルダーイヤーピース13種 イヤーアダプターセット(標準シリコン S/M/L、フォーム S/M/L) ケース、クリーニングクロス、イヤピース、バランスケーブル、コード
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年5月19日時点 での税込価格

【関連記事】その他高音質なイヤホンもチェック

まとめ


音楽をより高音質に聴くために選ぶ高級イヤホンですが、おすすめした機種は安価なモデルでも2万円、高価なモデルでは10万円以上にもなる買い物です。数万円を超えるような高級イヤホンともなると、一定以上の実力があるのは当たり前。そこから先の趣味の世界として音情報を求めるか、歌声を求めるか、ライブ感を求めるかは、人それぞれ好みの領域ともいえるでしょう。

実際に購入する方は、可能であれば専門店や家電量販店の試聴コーナーで本当に自分の求めるサウンドかどうかを確かめてみることを強くおすすめします。口コミも参考にする際にはどんな携帯音楽プレイヤーで、どんな曲を聴いたかを確認すると参考になるでしょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2021年】Bluetoothイヤホンおすすめ21選|高コスパから人気モデルまで

【2021年】Bluetoothイヤホンおすすめ21選|高コスパから人気モデルまで

年々進化を遂げているワイヤレスイヤホン。最近はイヤホンジャックのないスマートフォンも多く登場しているので、今後ますます普及していくことでしょう。この記事では、家電製品総合アドバイザーの福田満雄さんと編集部が厳選したBluetoothイヤホンのおすすめと選び方をご紹介していきます。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , スピーカー

【5,000円以下でもあなどれない!】コスパ最強イヤホンおすすめ11選

【5,000円以下でもあなどれない!】コスパ最強イヤホンおすすめ11選

「安くていい音質のイヤホンはないかな」「やっぱり、高音質なイヤホンや1万円以上するかな」そう考えている方へ。実は、選ぶポイントさえしっかり確認していれば、5000円以下でも大満足の最強コスパなイヤホンに出会えるかもしれないんです。本記事では、音響機材の専門家の原田さんへの取材のもと、コスパのいい「5,000円以下のイヤホン」をご紹介します。また、音質などにこだわりたい方のために、選び方のポイントも解説しています。本記事を読めば、コスパのいいイヤホン選びのポイントがわかるはずですので、ぜひ参考にしてください!

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 オーディオ , イヤホン・ヘッドホン

中華イヤホンおすすめ10選|ワイヤレスやkzの多ドラタイプも紹介!

中華イヤホンおすすめ10選|ワイヤレスやkzの多ドラタイプも紹介!

中国産の中華イヤホンは、高性能で音質が良く、高コスパ、デザイン性にすぐれていることから人気が出てきています。本記事では、ワイヤレス・リケーブル、KZ(Knowledge Zenith)・JPRiDE・TFZなど厳選した各中華イヤホンメーカーの特徴や選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には各イヤホンの比較一覧表もありますのでチェックしてみてくださいね!

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 オーディオ , イヤホン・ヘッドホン

【2021年】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ37選|高音質・ノイキャン・高コスパ

【2021年】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ37選|高音質・ノイキャン・高コスパ

近年増え続けている完全独立型のワイヤレスイヤホン。防水タイプやノイズキャンセリング機能付きの商品、高音質の商品から1万円以下の高コスパの商品まで用途や予算に合わせて選ぶことができます。この記事では、オーディオ・ビジュアル評論家/野村ケンジさんと編集部が厳選した完全ワイヤレスイヤホンのおすすめと選び方をご紹介します。スポーツにも役立つ防水・防塵タイプや高性能・高音質な商品もピックアップ。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

左右一体型イヤホンおすすめ20選|高音質なものから良コスパなものを厳選

左右一体型イヤホンおすすめ20選|高音質なものから良コスパなものを厳選

左右のイヤホンがケーブルでつながれている、ワイヤレスで使用する左右一体型イヤホン。新型のスマートフォンにはイヤホンジャックがないこともあり、よりいっそう需要が高まってきています。ですがその機能も多種多様ゆえ、どれを選ぶか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、左右一体型イヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 オーディオ , イヤホン・ヘッドホン , Bluetoothワイヤレスイヤホン

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。