イヤホンイヤーピースおすすめ14選|究極の高音質フィット感と高音質!

イヤホンイヤーピースおすすめ14選|究極の高音質フィット感と高音質!

イヤホンイヤーピースは耳の穴に装着するタイプのカナル型イヤホンに使用する製品で、イヤホンの先端部分に取りつけて使う山型のパーツになります。シリコンやウレタン系素材などでつくられており、メーカーによってもこだわりが違っています。製品を付け替えるだけで音質や装着感が変化するので、使い勝手も変わります。

この記事では、イヤーピースの選び方とおすすめの商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

イヤホンのイヤーピースの選び方 素材・形状・サイズ

イヤホンイヤーピースを選ぶときのポイントをご紹介します。

音質に合わせて素材・タイプを選ぶ

シリコン系:スタンダードでつけ心地がいい

 

シリコンイヤーピースの素材として一般的に使われています。イヤホンを購入した際についてくるイヤーピースの多くはシリコンです。やわらかい素材なので耳へのフィット感がよく、なじみやすい製品です。

野外などで使っても、温度や湿度などの影響を受けにくいのもメリットです。耐久性のよさはほかの素材よりもいいでしょう。

ウレタンフォーム系:遮音性にすぐれ重低音が魅力

 

スポンジのような形状でやわらかい材料がウレタンフォームです。耳の穴の形状によらず、スポンジ形状がフィットするので使い勝手がいいでしょう。遮音性がいいので音として損なわれやすい重低音も聴き取りやすくなります。

スポンジ状の素材なので汚れが奥まで入り込むことがあります。こまめにお手入れをすると長く使用できます。

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

シリコン系とウレタンフォーム系

イヤーピース選びで最初に考えたいことは、シリコン素材系か、ウレタンフォーム系素材かを選ぶことです。シリコン素材系はイヤホンの標準付属品に多く、スタンダードな素材。音質面は中高域がクリアに出る傾向があります。また、水洗いもできる清潔さもメリットです。
一方、ウレタンフォーム系は低反発ポリウレタンを素材としていて、潰して耳に入れると耳穴で広がり、密着感を得られます。遮音性(しゃおんせい)にすぐれ、重低音をしっかり耳に伝えてくれます。どちらを選ぶかは好みにもよりますが、遮音性や音質の変化を求めるならウレタンフォーム系を選ぶほうが違いがわかりやすいでしょう。

シリコン系はダブルフランジなど形状を確認

 

シリコン材系は、厳密には装着感を高めるためにさまざまな工夫がなされています。シリコン素材自体の硬度はもちろんのこと、タイプもさまざまです。音の出口である開口部の大きいタイプや、イヤーピースのカーブを工夫したタイプ。

イヤーピースがドリルのように2段、3段の形状になっていて耳奥まで挿入できる、ダブルフランジやトリプルフランジというタイプ、フランジによって素材を変えたタイプなどです。どれが耳に合うのかは個人差もあるので、フィット感については商品説明をしっかりチェックしましょう。

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ウレタンフォーム系も素材と形状を確認

ウレタンフォーム系のイヤーチップといえば、「Comply」(コンプライ)の製品。交換用イヤーピースのなかでもっとも知名度が高い定番アイテムです。低反発ウレタンを使ったコンプライのイヤーチップは重低音がしっかりと響き、遮音性も高いです。現在はコンプライのイヤーピースのなかでも5種類もの形状があり、装着感や音質にも差があります。また、他のメーカーも発布ウレタン素材の遮音性や弾力性の工夫を進めているので、ウレタンフォーム系のイヤーピースでも製品によって音質や装着感に違いがあります。耳あかが入りにくいダストフィルターの有無も製品ごとに用意されており、それによってもわずかに音質に差が出ます。

自分の耳に合わせたサイズ選び

 

イヤーピース選びの基本として、自分の耳に合うサイズ選びも重要です。人の耳の穴のサイズは人それぞれ異なり、イヤホンに付属するイヤーピースも一般的にはS、M、Lのように複数のサイズがあります。

付属品のイヤーピースは全てのサイズを試して自分に合うものを選べますが、交換用のイヤーピースは1サイズのみのパッケージ商品が多いので要注意。

購入の際には、まずはもともと装着していたイヤホン付属品のイヤーピースと同じサイズのものを選びましょう。S、M、Lと複数サイズのパッケージを用意しているメーカーもあります。

イヤホンとの互換性も要注意

 

イヤーピース選びで気をつけたいのが、イヤホンにイヤーピースを固定するためのノズルのサイズです。イヤホンのノズルサイズはイヤホンごとに異なっていることもあり、サイズが合わないとうまく固定できなかったり、イヤーピースが外れやすくなったりする場合もあります。

また完全ワイヤレスイヤホンでは、イヤーピースを交換するとケースに収まらないという問題も。

ComplyやSpinFitといったイヤーピース専門メーカーでは複数のサイズが用意されており、サイズごとに対応するイヤホン互換性リストを公開しているので、購入まえにメーカー公式サイトで確認してみましょう。

イヤホンピースの主要メーカーをチェック

 

イヤホンイヤーピースには、さまざまなメーカーがあります。それぞれの特色があり、自分たちで生み出したいろいろなこだわりをつめこんでいます。イヤホンで音を聴く人のために、よりよい環境を作り上げるため日々努力された跡が見て取れます。

ここではイヤーピースのなかでも人気のある3つのメーカーをご紹介していきましょう。

Comply(コンプライ)

 

イヤホンイヤーピースには、さまざまなメーカーがあります。それぞれの特色があり、自分たちで生み出したいろいろなこだわりをつめこんでいます。イヤホンで音を聴く人のために、よりよい環境を作り上げるため日々努力された跡が見て取れます。

ここではイヤーピースのなかでも人気のある3つのメーカーをご紹介していきましょう。

SpinFit(スピンフィット)

 

シリコン素材のイヤーピースで定番ブランドのSpinFit(スピンフィット)です。最もスタンダードな形の『CP100』が人気です。

医療グレードのシリコンを採用し、独自の特許技術で耳の形状にフィットし、耳奥まで挿入。高音、重低音を強化し、リアル感のある音質を実現してくれます。

SONY(ソニー)

 

やはり音楽といえばSONY(ソニー)は外せません。さまざまな音楽分野に力を入れる一方、ソニーのイヤホンはつねにハイクオリティと定評があります。イヤーピースも複数展開し、シンプルなシングルフランジのモデルが多く、いろんな種類のイヤホンに装着可能。

リーズナブルな価格設定も魅力ですね。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
radius『HP-DME00K』
AZLA『SednaEarfit XELASTEC』
COMPLY『HC44-50203-23』
AZLA『SednaEarfit Light Short』
A-Focus『Es-apple-whiteblack』
COMPLY『Ts-type』
COMPLY『Tw-type』
CRYSTALLINE AUDIO 『Crystal Tips』
SpinFit『CP100』
SpinFit『CP240』
SpinFit『CP100Z』
JVC『EP-FX9』
SONY『EP-EX11』
S'NEXT『final TYPE E』
商品名 radius『HP-DME00K』 AZLA『SednaEarfit XELASTEC』 COMPLY『HC44-50203-23』 AZLA『SednaEarfit Light Short』 A-Focus『Es-apple-whiteblack』 COMPLY『Ts-type』 COMPLY『Tw-type』 CRYSTALLINE AUDIO 『Crystal Tips』 SpinFit『CP100』 SpinFit『CP240』 SpinFit『CP100Z』 JVC『EP-FX9』 SONY『EP-EX11』 S'NEXT『final TYPE E』
商品情報
特徴 遮音性の高さにより低音がよく聴こえる メーカーこだわり素材とフィット感のよさ AirPodsPro専用でやさしくフィットする フルワイヤレスイヤホン専用で長時間でも疲れない アップルのEarpods専用のイヤーピース Complyのアジアンフィットシリーズ 完全ワイヤレスイヤホンに対応 より反発性にすぐれたウレタンフォーム シリコン系イヤーピースの定番 ダブルフランジ型が特徴 完全ワイヤレス対応のシリコン系イヤーピース 「スパイラルドット」で高音質 超優良のソニー純正イヤーピース シリコン系で低音重視のイヤーピース
素材 シリコン TPE(サーマルプラスティックエラストマー) 体熱活性化メモリーフォーム シリコン シリコン ポリウレタン、サーモプラスティック エラストマー(all RoHS compliant) ポリウレタン、サーモプラスティック エラストマー(all RoHS compliant) - シリコン シリコン シリコン シリコン - シリコン
形状 ディープマウント - オーバル - - - - - シングルフランジ ダブルフランジ シングルフランジ - - -
サイズ展開 XS、S、M、L SS、S、MS、M、ML、L S、M、L SS、S、MS、M、ML、L - S、M、L M S、M、L SS、S、M、L S、M、L SS、S、M、L S、MS、M、ML、L SS、S、M、L、LL SS、S、M、L、LL
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月19日時点 での税込価格

イヤホンイヤーピースおすすめ14選

うえで紹介したイヤホンイヤーピースの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。

radius『HP-DME00K』

ラディウスradiusディープマウントイヤーピース:高いフィット感重低音の迫力増強高遮音性イヤーピースイヤーチップHP-DME00K:ブラック/全サイズ(各1セット入り) ラディウスradiusディープマウントイヤーピース:高いフィット感重低音の迫力増強高遮音性イヤーピースイヤーチップHP-DME00K:ブラック/全サイズ(各1セット入り) ラディウスradiusディープマウントイヤーピース:高いフィット感重低音の迫力増強高遮音性イヤーピースイヤーチップHP-DME00K:ブラック/全サイズ(各1セット入り) ラディウスradiusディープマウントイヤーピース:高いフィット感重低音の迫力増強高遮音性イヤーピースイヤーチップHP-DME00K:ブラック/全サイズ(各1セット入り) ラディウスradiusディープマウントイヤーピース:高いフィット感重低音の迫力増強高遮音性イヤーピースイヤーチップHP-DME00K:ブラック/全サイズ(各1セット入り) ラディウスradiusディープマウントイヤーピース:高いフィット感重低音の迫力増強高遮音性イヤーピースイヤーチップHP-DME00K:ブラック/全サイズ(各1セット入り) ラディウスradiusディープマウントイヤーピース:高いフィット感重低音の迫力増強高遮音性イヤーピースイヤーチップHP-DME00K:ブラック/全サイズ(各1セット入り)

出典:Amazon

遮音性の高さにより低音がよく聴こえる

ISO22196:2011基準の抗菌仕様になっており、清浄性もよい製品になります。ディープマウントと呼ばれるメーカーが生み出した形状によって、耳にぴったりとフィットしてくれます。

フィットすることで遮音性もよくなるため、低音域の音もきれいに聴こえます。サイズはS、M、Lに加えてXSが用意されており、自分の使いやすい大きさを選びやすいのもメリットでしょう。

AZLA『SednaEarfit XELASTEC』

メーカーこだわり素材とフィット感のよさ

700人以上の耳の形状を確認し、できあがったこだわりの製品になります。TPE(サーマルプラスティックエラストマー)を素材に採用して、体温によって形状が変形するので耳の形によくフィットします。素材の耐久性がいいのも特徴です。

メーカーとしてフィット感を意識していて、通常であればSS、S、M、Lというサイズ設定にMS、MLというサイズを追加しています。よりこまかく自分にあったサイズを選べます。

COMPLY『HC44-50203-23』

Comply(コンプライ)AirPodsPro対応交換用イヤーピースS/M/Lサイズアソート3ペア(各1ペア)【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC44-50203-23 Comply(コンプライ)AirPodsPro対応交換用イヤーピースS/M/Lサイズアソート3ペア(各1ペア)【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC44-50203-23 Comply(コンプライ)AirPodsPro対応交換用イヤーピースS/M/Lサイズアソート3ペア(各1ペア)【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC44-50203-23 Comply(コンプライ)AirPodsPro対応交換用イヤーピースS/M/Lサイズアソート3ペア(各1ペア)【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC44-50203-23 Comply(コンプライ)AirPodsPro対応交換用イヤーピースS/M/Lサイズアソート3ペア(各1ペア)【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC44-50203-23 Comply(コンプライ)AirPodsPro対応交換用イヤーピースS/M/Lサイズアソート3ペア(各1ペア)【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC44-50203-23 Comply(コンプライ)AirPodsPro対応交換用イヤーピースS/M/Lサイズアソート3ペア(各1ペア)【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC44-50203-23 Comply(コンプライ)AirPodsPro対応交換用イヤーピースS/M/Lサイズアソート3ペア(各1ペア)【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC44-50203-23

出典:Amazon

AirPodsPro専用でやさしくフィットする

低反発素材を使用したやわらかな感触が特徴の製品です。AirPodsProに対応している製品で、充電ケースにいれても干渉しないように作られています。そのためケースからもスムーズに取り出せます。

素材のやわらかさにより、耳にしっくりとフィットします。サイズS、M、Lが各1ペアずつ用意されているので、音の聴こえ具合や耳とのフィッティングでかんたんに変えることが可能です。

AZLA『SednaEarfit Light Short』

AZLASednaEarfitLightShort[MSサイズ2ペア]傘部柔軟性強化完全ワイヤレスイヤホン専用設計医療用LSRシリコン採用イヤーピースAZL-SEDNAEARFIT-LT-SH-MS AZLASednaEarfitLightShort[MSサイズ2ペア]傘部柔軟性強化完全ワイヤレスイヤホン専用設計医療用LSRシリコン採用イヤーピースAZL-SEDNAEARFIT-LT-SH-MS AZLASednaEarfitLightShort[MSサイズ2ペア]傘部柔軟性強化完全ワイヤレスイヤホン専用設計医療用LSRシリコン採用イヤーピースAZL-SEDNAEARFIT-LT-SH-MS AZLASednaEarfitLightShort[MSサイズ2ペア]傘部柔軟性強化完全ワイヤレスイヤホン専用設計医療用LSRシリコン採用イヤーピースAZL-SEDNAEARFIT-LT-SH-MS

出典:Amazon

フルワイヤレスイヤホン専用で長時間でも疲れない

構造と音の聴こえ方ともにこだわりがある製品です。フルワイヤレスイヤホン専用に設計されており、イヤホンに合わせた軸の長さなどが採用されている点もこだわりのひとつ。音への影響や紛失することへの対策も考えられた設計で使いやすいです。

材料は医療用で使われるLSRシリコンで汗などの影響を受けづらく耐久性があります。やわらかくフィットするので長時間つけていても疲れにくいでしょう。

A-Focus『Es-apple-whiteblack』

A-FocusEarpodsカバーAppleイヤホンEarpods専用イヤホンイヤーパッドシリコン製イヤホンカバー軽量薄いスポーツ型6ペア入りホワイトとブラックそれぞれ3ペア A-FocusEarpodsカバーAppleイヤホンEarpods専用イヤホンイヤーパッドシリコン製イヤホンカバー軽量薄いスポーツ型6ペア入りホワイトとブラックそれぞれ3ペア A-FocusEarpodsカバーAppleイヤホンEarpods専用イヤホンイヤーパッドシリコン製イヤホンカバー軽量薄いスポーツ型6ペア入りホワイトとブラックそれぞれ3ペア A-FocusEarpodsカバーAppleイヤホンEarpods専用イヤホンイヤーパッドシリコン製イヤホンカバー軽量薄いスポーツ型6ペア入りホワイトとブラックそれぞれ3ペア A-FocusEarpodsカバーAppleイヤホンEarpods専用イヤホンイヤーパッドシリコン製イヤホンカバー軽量薄いスポーツ型6ペア入りホワイトとブラックそれぞれ3ペア

出典:Amazon

アップルのEarpods専用のイヤーピース

シリコン素材でやわらかく、耳にやさしくフィットする製品です。アップルのiPhoneなどに標準でついてくるイヤホン「Earpods」専用のイヤーピースになります。

耳の構造をよく考えてつくられた製品なので、ジョギングなどの動きのあるスポーツをする際につけてもイヤホンが落下しない工夫がされています。クロスもついているので持ち運ぶ際にくるんだり、メンテナンスで使用したりできます。

COMPLY『Ts-type』

Comply(コンプライ)Ts-400アジアンフィットイヤーピースMサイズ3ペア【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC23-40101-01 Comply(コンプライ)Ts-400アジアンフィットイヤーピースMサイズ3ペア【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC23-40101-01 Comply(コンプライ)Ts-400アジアンフィットイヤーピースMサイズ3ペア【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC23-40101-01 Comply(コンプライ)Ts-400アジアンフィットイヤーピースMサイズ3ペア【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC23-40101-01 Comply(コンプライ)Ts-400アジアンフィットイヤーピースMサイズ3ペア【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC23-40101-01 Comply(コンプライ)Ts-400アジアンフィットイヤーピースMサイズ3ペア【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC23-40101-01 Comply(コンプライ)Ts-400アジアンフィットイヤーピースMサイズ3ペア【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC23-40101-01 Comply(コンプライ)Ts-400アジアンフィットイヤーピースMサイズ3ペア【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】HC23-40101-01

出典:Amazon

Complyのアジアンフィットシリーズ

定番COMPLYのアジアンフィット型は、アジア人特有のカーブした外耳道(がいじどう)でもフィットしやすいように、丸みを帯びた形状にデザインされたイヤーピースです。装着方法は通常タイプの『T-type』と同じく、つぶして装着します。しかし、耳の穴に対するフィット感は少し大きめになります。

サウンドは『T-type』よりも重低音が少しだけ控えめになりますが、高域にキレを出してくれます。遮音性の高さは、ほぼ同じです。なお、商品にはノズル8サイズ、イヤーピースサイズはS、M、Lの3サイズ、耳あかガードあり・なしのバリエーションがあり選択肢が多くなっています。

完全ワイヤレスイヤホンに対応

完全ワイヤレス対応として設計された、イヤーピースとしては珍しいタイプのウレタンフォームのイヤーピースです。通常タイプの商品より高さが低いデザインとなっていることで、ノズルの長い完全ワイヤレスでも装着でき、装着したままケースに収納可能。またノズル部分は、幅広いイヤホンに固定できるように開発されています。装着感や遮音性は通常よりも弱めです。

サウンドは付属イヤーピースよりも重低音がパワフルになり、中高域も抑え気味と傾向は同じです。ただ、サイズが小さいので効果は控えめ。完全ワイヤレスのイヤホンに対応しているイヤーピースをお探しの方におすすめです。

CRYSTALLINE AUDIO 『Crystal Tips』

より反発性にすぐれたウレタンフォーム

スポンジのようなCOMPLYのイヤホンとは少し違った、モチモチした反発感のある素材のイヤーピースです。遮音性にすぐれ、重低音のパワー重視のタイプ。中高域もクリアに立ち上がり、鮮明なサウンドを楽しめます。

商品にはノズル部分が2サイズ、イヤーピースサイズがS、M、Lと3サイズのバリエーションがあります。遮音性を引き上げつつ、中高域のクリアさも確保したい方におすすめです。

SpinFit『CP100』

SpinFitスピンフィットCP100イヤーチップイヤホンシリコンイヤーピース2ペア(M) SpinFitスピンフィットCP100イヤーチップイヤホンシリコンイヤーピース2ペア(M) SpinFitスピンフィットCP100イヤーチップイヤホンシリコンイヤーピース2ペア(M) SpinFitスピンフィットCP100イヤーチップイヤホンシリコンイヤーピース2ペア(M)

出典:Amazon

シリコン系イヤーピースの定番

シリコン素材のイヤーピースで定番ブランドのSpinFit。最もスタンダードな形が『CP100』です。医療グレードのシリコンで柔軟性にすぐれ、耳の形状にフィットして耳奥まで挿入することができます。

ただし、シリコン素材なので遮音性はさほど高くありません。音に手を加えないダイレクトなサウンドで、とくに高域をクリアに届けてくれるタイプです。低音はフィット具合にもよりますが、あまり強く出ません。サイズはSS、S、M、Lの4サイズを展開。なお、CP800、100、145、155、500はイヤホンノズルのサイズバリエーションの展開です。よりクリアな音を求めている方におすすめです。

SpinFit『CP240』

SpinFitスピンフィットCP240イヤーチップイヤホンシリコンツインブレードイヤーピースノズル付1ペア(L) SpinFitスピンフィットCP240イヤーチップイヤホンシリコンツインブレードイヤーピースノズル付1ペア(L) SpinFitスピンフィットCP240イヤーチップイヤホンシリコンツインブレードイヤーピースノズル付1ペア(L) SpinFitスピンフィットCP240イヤーチップイヤホンシリコンツインブレードイヤーピースノズル付1ペア(L)

出典:Amazon

ダブルフランジ型が特徴

シリコン素材のイヤーピースで、ダブルフランジ型と呼ばれる2段構成。1段目のフランジは柔らかい仕様で耳奥まで不快感なく挿入でき、2段目のフランジは硬い仕様で装着感と密着感を高めています。

サウンドは耳奥からダイレクトに届くのですが、中域の音の厚みが大幅に増す一方で、高域も低域も一段抑えているようなバランスになります。ドンシャリ系のイヤホンと組み合わせ補完されるバランスです。サイズはS、M、L展開で、内部も幅広いノズル幅に対応します。

SpinFit『CP100Z』

完全ワイヤレス対応のシリコン系イヤーピース

SpinFitによる完全ワイヤレスイヤホン向けの『CP100Z』です。ベースモデルの『CP100』からダクトの長さを短くすることで、完全ワイヤレスイヤホンの「交換するとケースに収まらなくなる」問題を回避。医療グレードのシリコンを使ったイヤーピースの特性は共通です。

耳にダイレクトに届くサウンドで、中高域をクリアに届けます。低音はやや控えめなタイプ。サイズはSS、S、M、Lの4サイズを展開しています。シリコン製で完全ワイヤレス対応のイヤーピースをお探しの方におすすめです。

JVC『EP-FX9』

JVCEP-FX9ML-B交換用イヤーピーススパイラルドット6個入りMLサイズブラック JVCEP-FX9ML-B交換用イヤーピーススパイラルドット6個入りMLサイズブラック JVCEP-FX9ML-B交換用イヤーピーススパイラルドット6個入りMLサイズブラック JVCEP-FX9ML-B交換用イヤーピーススパイラルドット6個入りMLサイズブラック JVCEP-FX9ML-B交換用イヤーピーススパイラルドット6個入りMLサイズブラック

出典:Amazon

「スパイラルドット」で高音質

シリコン素材のイヤーピースの内部に、スパイラル状に配置したディンプル(ドットのような溝)をつけることで音のにごりを抑えるというJVC独自構造のイヤーピース。もともとはJVC純正イヤホンの付属品だったのですが、あまりに音質がいいので市販モデルになりました。イヤホンユーザーからも評判がよく愛用されています。

とにかく濁りのないクリアで見通しのいいサウンドが特徴で、素直に音の情報量を増すような効果が得られています。遮音性はあまり高いタイプではありませんが、低音はシリコン素材としてはじゅうぶんに出ます。S、MS、M、ML、Lと5サイズを展開しています。

SONY『EP-EX11』

超優良のソニー純正イヤーピース

ソニー製イヤホンに標準で付属しているイヤーピースです。見た目や触れた感触はシリコン系に近い感じですが、厳密にはシリコンではありません。ソニーオリジナルの素材で、イヤホンのノズル部分と外の部分で素材を変えたハイブリッドです。

とにかくフィット感のよさが評判で、密閉性もある程度確保しています。サウンドは素直でクリア、とくに中高域の情報をストレートに引き出してくれます。価格も400円前後と他機種よりもリーズナブル。高価格帯のイヤーピースを試す前に、まずはソニーの純正品を試してみるといいでしょう。SS、S、M、L、LLと5サイズを展開しています。

S'NEXT『final TYPE E』

finalファイナルイヤホン用イヤピースEタイプBLACKALLサイズ各1ペア【FI-EPEBLBL2A4】 finalファイナルイヤホン用イヤピースEタイプBLACKALLサイズ各1ペア【FI-EPEBLBL2A4】 finalファイナルイヤホン用イヤピースEタイプBLACKALLサイズ各1ペア【FI-EPEBLBL2A4】

出典:楽天市場

シリコン系で低音重視のイヤーピース

もとはfinalの純正イヤホン付属のイヤーピースですが、幅広いイヤホン用として支持を受けているモデルです。シリコン素材ながら丸みを帯びており、耳への密着感を重視した形状。またイヤホンのノズルに固定する内側のシリコンに溝加工がなされていることも特徴です。

サウンドとしてはシリコン系としては珍しい重低音志向のサウンドで、エネルギッシュな低音を聴きたい人にはイチオシです。中広域のクリアさも確保しているので全体のバランスも問題ナシ。サイズはSS、S、M、L、LLで、ほかに全サイズセットも販売しています。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする イヤーピースの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのイヤーピースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:イヤーピースランキング
楽天市場:イヤーピースランキング
Yahoo!ショッピング:イヤーピースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

イヤホンピースの取り扱い時の注意点 こんなときどうする??

購入したイヤホンのイヤホンピースを取り扱う時の注意点についてお話していきます

作業として難しいことはありませんが、はじめて交換する人などはわからないこともあるでしょう。外れにくいときの対処などもお教えします。

交換時に外れないときの対処法

 

イヤーピースはイヤホンから外れてしまうことを防ぐために、固めに装着するように設定されています。イヤホンからイヤーピースが取りにくいときは少しひねりながら引っ張りましょう

シリコン素材のときはすべることがあるので、乾いた布でくるんで引っ張ると作業しやすいです。ウレタンフォームの場合は、ちぎれてしまう可能性もあるのでていねいに作業しましょう。

スムーズに取り付けるには??

 

イヤホンピースを装着する際には、最初にイヤーピースの根本を持って、軽くはさむような感じで穴の部分を楕円状にします。その後、イヤホンの突起部(ステム)に対して、斜めうえから引っ掛けるようにして挿し込むと装着しやすいでしょう。

管を楕円状にすると、縦方向の歪みに対して強くなり、つけるときに変化しにくくなるので試してみてください。

イヤホンピースに関連する記事のご紹介!

まとめ

イヤホンにひと手間加えて、装着感や音質を改善するイヤーピース。ぜひ試していただきたいアイテムです。1,000円程度までの予算で音質を向上できる体験は、ほかのアイテムではなかなか得られません。

注意する点は、人の耳の形はさまざまで理想とする音も人ごとに違う、ということです。イヤーピースはどれもお手ごろ価格なので、自分に合うイヤーピースを求めて、色々なタイプ、商品を試してみることをおすすめします。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

メディアが大好きな編集部最年少の九州男児。おすすめナビでは、主に『家電・AV機器』を担当。趣味はSEO、サッカー観戦とファッション。休日はJリーグと海外サッカーに捧げる。月に数万円は洋服に浪費していながら、オフィスには着用してこない噂も・・・。ちなみに、毎朝アレクサで起きているものの、『あと、5分寝かせて!』が決まり文句。自称・九州男児の対岸にいる人。

関連する記事


イヤホン延長ケーブルおすすめ9選|種類別に選び方も紹介

イヤホン延長ケーブルおすすめ9選|種類別に選び方も紹介

「タブレットやPCをテーブルに置いて椅子に座って映画を観たい、でもイヤホンのケーブルが短い……」なんてことはありませんか。イヤホン延長ケーブルを使えば、そんな状況でもより快適に楽しむことができます。そこで、SONYストア正規代理店「コール」徳島店店長の野田博之さんと編集部が選ぶおすすめのイヤホン延長ケーブル10選と選び方をご紹介します。イヤホン延長ケーブルを購入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , イヤホン・ヘッドホン , AVアクセサリ

目を引く可愛いデザインも!AirPodsケースおすすめ21選|人気モデルを多数紹介

目を引く可愛いデザインも!AirPodsケースおすすめ21選|人気モデルを多数紹介

Apple社から発売されているワイヤレスイヤホンの「AirPods(エアーポッズ)」。AirPodsには真っ白でシンプルな充電ケースが付いていますが、「もっと個性を出したい」「傷がつくのを防ぎたい」という方も多いのでは? そこでこの記事では、AirPodsやAirPods Proのケースの選び方とおすすめの製品をご紹介! おしゃれでかわいいケースや、耐久性のある素材のものなど幅広い製品をピックアップしています。記事後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの人気売れ筋ランキングや、AirPodsのスキンシールも紹介しています。ぜひ最後までチェックして、お気に入りのAirPodsケースを見つけてくださいね。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

イヤホンホルダーおすすめ10選|コードが絡まるイライラから卒業!

イヤホンホルダーおすすめ10選|コードが絡まるイライラから卒業!

バッグのなかから取り出したらイヤホンのコードが絡まってイライラ……。そんな経験がある方も多いのではないでしょうか? そこで役に立つのがイヤホンホルダーです。オシャレなデザインのものや落としても壊れにくいもの、コードの長さを調整できるものなどさまざまなタイプがあります。この記事では、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が、イヤホンホルダーを選ぶときのポイント、おすすめの商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

Bluetoothレシーバーおすすめ8選|小型軽量・ハイレゾ・コーデックにも対応

Bluetoothレシーバーおすすめ8選|小型軽量・ハイレゾ・コーデックにも対応

ワイヤードタイプのイヤホン、ヘッドホンでも、Bluetoothレシーバーに接続するだけで、スマホなどとワイヤレス接続できます。車に接続して、カーオーディオとして使えるなどさまざまなシーンで活躍してくれます。この記事では、Bluetoothレシーバーの選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , イヤホン・ヘッドホン

ヘッドホンスタンドおすすめ11選|劣化を防ぎ、おしゃれに収納【充電可能なモデルも】

ヘッドホンスタンドおすすめ11選|劣化を防ぎ、おしゃれに収納【充電可能なモデルも】

使った後はついついテーブルなどに置きっぱなしにしがちなヘッドホンですが、それでは見栄えも悪く、ヘッドホン本体・クッション部分の劣化にもつながります。そこで、スッキリ収納できる「ヘッドホンスタンド」を使ってみてはいかがでしょうか。この記事は、ヘッドホンスタンドの選び方、金属製・樹脂製・木製などのおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , イヤホン・ヘッドホン , AVアクセサリ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。