エキスパートの新着記事


ラミー万年筆のおすすめ10選+α|インクやコンバーターまで徹底解説

ラミー万年筆のおすすめ10選+α|インクやコンバーターまで徹底解説

ドイツ生まれの文房具ブランド「LAMY(ラミー)」。とくにラミーの万年筆はシリーズの数も多く、どれもおしゃれで使いやすいため、どの商品を選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、文房具ライターの猪口フミヒロさんにお話をうかがい、ラミー万年筆を選ぶポイントや、おすすめの商品をご紹介します。ぜひこの記事を参考にお気に入りの1本をみつけてくださいね。


修正液おすすめ11選! こまかな修正にもしっかり対応【ハケ、ペン、油性、水性も】

修正液おすすめ11選! こまかな修正にもしっかり対応【ハケ、ペン、油性、水性も】

文房具ライターの猪口フミヒロさんへの取材をもとに、修正液のおすすめ商品を紹介します! コクヨやぺんてるなどの文房具メーカー各社からいろんなタイプの修正液が販売されています。この記事では、ハケタイプやペンタイプ、油性や水性・油性両用はもちろん、ノック式やハガキや茶封筒専用のものまで、幅広い商品を紹介。さらに修正液選びのポイントも掲載していますので、ぜひ参考にして用途に合うものをさがしてみてくださいね。


自由帳のおすすめ11選│かわいいキャラクターやまとめ買いでお得な商品も!

自由帳のおすすめ11選│かわいいキャラクターやまとめ買いでお得な商品も!

文房具ライターの猪口フミヒロさんと編集部で、おすすめの自由帳を厳選しました。ひと口に自由帳といっても、実はその種類はとっても豊富! 子どもの好きなキャラクターもののほか、シールやコラムなどのおまけ付きで楽しめるもの、学習意欲を高めてくれるものも。自由帳は幼児から小学生まで幅広い世代の子どもが使いますが、年代にあったものを選んであげるのも大切ですよ。この記事では自由帳選びのポイントも紹介しているので、ぜひチェックしたうえでお子さんに合うものを選んであげてくださいね。


ブギーボードおすすめ7選|【書いて消せる! 便利な電子メモ帳】

ブギーボードおすすめ7選|【書いて消せる! 便利な電子メモ帳】

文房具ライターの猪口フミヒロさんと編集部で選ぶ、ブギーボードのおすすめ7選をご紹介します。ボタン操作ひとつでスッと消える、ペーパーレスで環境にもやさしい電子メモパットのブギーボード。アメリカで2010年1月に発売され、日本では同年10月にキングジムが輸入販売を開始しました。この記事を読んで、自分に合ったブギーボードをぜひ見つけみてください。


手動シュレッダーおすすめ9選|家庭用は手軽で便利!【個人情報を安全に廃棄】

手動シュレッダーおすすめ9選|家庭用は手軽で便利!【個人情報を安全に廃棄】

DMなど個人情報が記載された書類を捨てるときに役立つシュレッダー。家庭用に少し使うだけなら、安価で手に入る手動シュレッダーでもじゅうぶん便利! 電源不要で静かなので、時間や場所を選ばず使えるというメリットもあります。この記事では、文房具ライターの猪口フミヒロさんと編集部が、手動シュレッダーのおすすめ商品と選び方のポイントについて紹介します。


セロハンテープのおすすめ人気商品9選【文房具ライターが詳しく解説】

セロハンテープのおすすめ人気商品9選【文房具ライターが詳しく解説】

文房具ライターの猪口フミヒロさんにセロハンテープのおすすめと選び方を教えてもらいました。セロハンテープは、封筒などを封かんしたり、物を貼り付けて固定したりと非常に便利なツールですが、その種類も豊富です。片手で使用できるように工夫された商品や、テープの切り口がキレイに切れる商品など、用途によって使い分けたいですが、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では数あるセロハンテープの中から、厳選した商品をご紹介します。参考にしていただき、自分にぴったりのセロハンテープをぜひ見つけてくださいね。


文房具ライターおすすめ【ラミネーター6選!】|長期保存用に強度を高める!

文房具ライターおすすめ【ラミネーター6選!】|長期保存用に強度を高める!

ラミネーターは印刷物や写真、カードなどの保存性や強度を高めるのに使われます。特殊なフィルムで包装加工するので、紙の状態で保存するよりも水分や経年劣化に強くなるため、店舗のポップにはもちろん、メニュー表や掲示物などにも使われていて、街なかで見ない日はないくらい活躍しています。対応するサイズやラミネート加工できるフィルムの厚み、起動時間などの違いなどの性能の違いや、デザインの違いなどメーカーによってもたくさんの種類が販売されています。この記事では、文房具ライター&ブロガーの猪口フミヒロさんに、ラミネーターの選び方のポイントとおすすめ商品を伺ってみました。


マスキングテープおすすめ7選|便利でかわいいアイテムをご紹介!

マスキングテープおすすめ7選|便利でかわいいアイテムをご紹介!

文房具ライターが選ぶマスキングテープ7選をご紹介します。メモを貼りつけたり、封筒に使ったり、インデックスにしたりと、マスキングテープは文房具好きにとって必須アイテムのひとつになりました。元々は塗装工の方々が塗装の際に塗ってはいけない部分を覆い隠すための仕事道具だったのです。また、かんたんな識別の印としても使われていたようです。本記事では、文房具ライターの猪口フミヒロさんにお話をうかがい、マスキングテープにはどんなものがあるのか、マスキングテープを選ぶときにはどんなところに気をつければいいのか、そして、おすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【修正テープおすすめ8選!】文房具ライターが上手な選び方も解説

【修正テープおすすめ8選!】文房具ライターが上手な選び方も解説

文房具ライターの猪口フミヒロさんに聞いた、おすすめの修正テープと選び方のポイントを掲載。ボールペンなどで文字を書き、間違えたときにかんたんに消せる便利な「修正テープ」。トンボ鉛筆やZEBRA(ゼブラ)、ぺんてるなど文房具メーカーから、さまざまな機能をもった修正テープが販売されています。使い切りのものやカートリッジタイプもあるので、本記事を参考に使いやすい修正テープをみつけてくださいね。記事の最後には各通販サイトのランキングもありますので、ぜひ参考にしてください。


ホワイトボードおすすめ6選|子供や家族の行事が一目でわかるカレンダータイプも

ホワイトボードおすすめ6選|子供や家族の行事が一目でわかるカレンダータイプも

ホワイトボードには、従来の大きなものや壁掛けタイプ以外にも、小さいサイズで持ち運びしやすいノートタイプ、シートタイプなど、さまざまな種類があります。ミーティングの活性化に役立つホワイトボードですが、大きさ、機能など、どのように選べばいいのでしょうか。この記事では、文房具ライター猪口フミヒロさんへの取材をもとにホワイトボードの選び方とおすすめ商品をご紹介します。電子化できるホワイトボードなど、従来品以外にもたくさんの商品がありますので、ぜひ、自分がどのように使いたいかを想像しながら読んでみてくださいね!


ホワイトボードクリーナーのおすすめ5選|文房具ライターが厳選

ホワイトボードクリーナーのおすすめ5選|文房具ライターが厳選

職場での会議によく使われるホワイトボードですが、使用頻度のわりに、掃除面はおろそかにされがちです。汚れをしっかりと落とせる「ホワイトボードクリーナー」があれば、ホワイトボードが白くよみがって気持ちよく使用できますよ。この記事では、文房具ライター&ブロガーの猪口フミヒロさんから教えていただいた、ホワイトボードクリーナーの選び方とおすすめ商品を紹介します。また、記事後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


人気の記事


>>総合ランキングを見る