おすすめの「文具」に関する記事

手帳、万年筆、ボールペン、シャープペンシル(シャーペン)など、文具・文房具について、選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。

文具に関連するタグ

のり・テープ カッター・はさみ 筆記用具 ノート・手帳・カレンダー 電卓 印鑑・スタンプ台・朱肉 デジタル文具 ファイルケース・ボックス ペンケース・筆箱 ホッチキス
>>文具に関連するタグ一覧

名刺ファイル・名刺ケースのおすすめ9選|収納コンサルタントが選ぶ

名刺ファイル・名刺ケースのおすすめ9選|収納コンサルタントが選ぶ

収納コンサルタントの有賀照枝さんに、名刺ファイル・名刺ケースの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。営業職や自営業の方などは、名刺を交換する機会が多く、なかなか整理できないまま保管している方もいるのではないでしょうか。この記事では、コクヨ、キングジム、カール事務器などから発売されている使い勝手のいい名刺ファイル・名刺ケースを厳選してご紹介します! 記事の最後にはショッピングサイトのランキングもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


エンディングノートおすすめ10選|終活と向き合うために!書き方がわかるものも

エンディングノートおすすめ10選|終活と向き合うために!書き方がわかるものも

「終活」が注目を集めるにつれて、家族や大切な人へのメッセージ、葬儀の要望、重要書類の整理などをエンディングノートでまとめようとお考えの方も多いのではないでしょうか。コクヨなどの文具メーカーのものをはじめとして、さまざまなエンディングノートが販売されていますが、意外と種類が多く、どのように選べばいいか困ってしまうこともあるでしょう。本記事では、ライフアレンジニストの有賀照枝さんへの取材をもとに、エンディングノートの選び方と、おすすめの商品10選をご紹介します。


ホワイトボードおすすめ6選|子供や家族の行事が一目でわかるカレンダータイプも

ホワイトボードおすすめ6選|子供や家族の行事が一目でわかるカレンダータイプも

ホワイトボードには、従来の大きなものや壁掛けタイプ以外にも、小さいサイズで持ち運びしやすいノートタイプ、シートタイプなど、さまざまな種類があります。ミーティングの活性化に役立つホワイトボードですが、大きさ、機能など、どのように選べばいいのでしょうか。この記事では、文房具ライター猪口フミヒロさんへの取材をもとにホワイトボードの選び方とおすすめ商品をご紹介します。電子化できるホワイトボードなど、従来品以外にもたくさんの商品がありますので、ぜひ、自分がどのように使いたいかを想像しながら読んでみてくださいね!


小物王が選ぶ! おすすめのプラチナ万年筆5選

小物王が選ぶ! おすすめのプラチナ万年筆5選

本記事では、文具をはじめ、さまざまなモノ・コトに精通した小物王である納富廉邦さんへの取材をもとに、プラチナ万年筆のおすすめ商品5選をご紹介します。国産万年筆メーカーとして知られているプラチナ万年筆。プラチナ万年筆の商品はラインナップが豊富で、価格や書き味などが商品によってさまざまです。万年筆を初めて買う方でも扱いやすい商品もあれば、マニアの方でも満足できる商品もあるため、使い方や好みにあわせて商品を選ぶことができます。万年筆を購入する際のポイントもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


レターセットおすすめ4選! 文具ソムリエールに取材【手書きで気持ちを伝える】

レターセットおすすめ4選! 文具ソムリエールに取材【手書きで気持ちを伝える】

メールやSNSなど、コミュニケーションの方法も豊かになったことで手紙を書く人は少なくなりました。しかし、お礼やお祝い事など「気持ち」を伝えたいシーンでは手紙を使用されている方も多いでしょう。ビジネスはもちろん、ふだんの生活でも手紙を書くシーンは意外とあるもの。レターセットの色や柄だけでなく、縦書き・横書きや素材など、シーンに合わせて選ぶことが必要です。こちらの記事では、文具ソムリエールの菅 未里さんにお聞きしたレターセットの選び方とポイントをふまえたおすすめ商品を5つご紹介します。送るシーンに合ったレターセットを選びたい人は、本記事を参考に探してみてくださいね。


色鉛筆セットのおすすめ5選! イラストレーター/絵本作家が選び方も解説

色鉛筆セットのおすすめ5選! イラストレーター/絵本作家が選び方も解説

イラストレーター/絵本作家のおさだ かずなさんに聞いた、色鉛筆セットの選び方とおすすめの商品5選を紹介します。色鉛筆にもかための芯とやわらかめの芯、水彩や油性色鉛筆もあり、それにより絵の仕上がりも変わってきます。また、12色、72色、100色と色の数も商品によってさまざま。子どもや初心者向けから、大人が使いたいプロ愛用のものまで選定していますので、「初めて買うときにはどれを選んだらいいかわからない!」「たくさん商品があって悩む」という方は、本記事を参考に自分にぴったりの色鉛筆セットを探してみてくださいね。


パイロットの万年筆おすすめ5選! 初心者からこだわり派まで【ペン先の種類が豊富】

パイロットの万年筆おすすめ5選! 初心者からこだわり派まで【ペン先の種類が豊富】

なめらかな書き心地にクラシカルなフォルム、使い続けるほどに湧いてくる愛着……。万年筆には、ほかの筆記用具にはない魅力がたくさん詰まっています。なかでも安定した人気を誇る「PILOT(パイロット)」の万年筆は、初心者も万年筆マニアも使える豊富なラインナップが魅力です。お値段も、比較的手に取りやすいものから高級品までさまざま。本記事では、フリーライター/小物王の納富廉邦さんへの取材をもとに、パイロットの万年筆のおすすめ商品5つと選ぶ際のポイントをご紹介します。自分にしっくりくるパイロットの万年筆を見つけてくださいね。


名前アイロンシールのおすすめ6選|簡単でかわいい!【入園・入学準備に便利】

名前アイロンシールのおすすめ6選|簡単でかわいい!【入園・入学準備に便利】

整理収納コンサルタント・瀧本真奈美さんにおすすめの名前アイロンシールを6つ教えてもらいました。子どもが幼稚園や小学校に入園・入学する際に大変なのが、園や学校へ持っていくものへの名前書きですよね。たくさんのものに名前を書くという大変な作業も、名前アイロンシールを使うことで手間を省くことができます。また、お気に入りのデザインのシールを使うことで、子どもも自分のものだとわかりやすくなりますよ。使いやすくて気に入ったデザインのものを見つける参考にしてみてください。


万年筆ケースのおすすめ5選! 目利きライターが選び方も解説

万年筆ケースのおすすめ5選! 目利きライターが選び方も解説

高価な筆記具のひとつである万年筆。仕事などで大切に使っている方も多いことでしょう。そんな万年筆を保護したり、持ち運んだりするのに便利な「万年筆ケース」。いざ購入しようと思っても、ケースの種類は形や色、素材や収納力などさまざまで、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。そこで、目利きライターの納富廉邦さんに、万年筆ケースの選び方やおすすめの商品をうかがいました。参考にして、用途に合う万年筆ケースを見つけてくださいね。


【名刺ホルダーおすすめ6選】 整理収納アドバイザーが厳選|名刺をキレイに収納!

【名刺ホルダーおすすめ6選】 整理収納アドバイザーが厳選|名刺をキレイに収納!

気がつくと増えていく名刺。その名刺を管理し、保管をするのが名刺ホルダーです。名刺ホルダーといっても、持ち歩いて使えるタイプ、卓上に置いて使うタイプなど、意外と種類も豊富。さらには、収納枚数やデザインも考えると、どのように選んでいいか悩んでしまうものです。この記事では、整理収納アドバイザーの岩佐弥生さんへの取材をもとに、名刺ホルダーの選び方とおすすめ商品を紹介します。


指サックのおすすめ5選!【文房具ライターの厳選商品】

指サックのおすすめ5選!【文房具ライターの厳選商品】

紙をめくるなど、書類を扱う際にほしい「指サック」。勉強や事務作業など仕事で使えるほか、指先で細かい作業をする際にもあると便利なアイテムです。なかには指サックの装着感が苦手という人もいるかもしれませんが、最近はつけ心地に配慮された商品も数多く登場しています! そこで、文房具ライターのきだて たくさんに指サックの選び方のポイントとおすすめ商品をお聞きしました。今使っている指サックとほかの商品を比べて選びたい人もぜひ参考にしてください。


【2020年】ローラーボールペンのおすすめ8選! 文具のエキスパートが選び方ポイントも解説

【2020年】ローラーボールペンのおすすめ8選! 文具のエキスパートが選び方ポイントも解説

ローラーボールペンはローラーペンとも呼ばれ、世界的には認知されている筆記具ですが、日本国内ではまだあまり知られていません。水性インクを使用したなめらかな書き心地で、かすれやインクむらも少なく、軽い筆圧でもくっきりした文字を書けるのが特徴です。万年筆ではちょっと仰々しいかなというときのための筆記具として、ペンケースに忍ばせておきましょう! 本記事では、文具のエキスパートである出雲義和さんに聞いた、ローラーボールペンの選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


文房具ユーザーが選ぶ! ホッチキスの針の選び方とおすすめ8選!

文房具ユーザーが選ぶ! ホッチキスの針の選び方とおすすめ8選!

仕事で資料やメモ書きをまとめるのに、ホッチキスを使用する機会は意外と多いのではないでしょうか。ホッチキスの針の大きさによってとじられる枚数が違うため、使いたい場面にあわせて選ぶことが大切です。本記事では、文房具ユーザーの他故壁氏(たこかべうじ)さんへの取材をもとに、ホッチキスの針の選び方とおすすめ8選をご紹介します。よ


写真アルバムのおすすめ13選|おしゃれでプレゼントにもぴったり!【安い&大容量も】

写真アルバムのおすすめ13選|おしゃれでプレゼントにもぴったり!【安い&大容量も】

整理収納アドバイザーの岩佐弥生さんに、写真アルバム(フォトアルバム)の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。データで写真を管理できる時代になりましたが、手元に写真アルバムを残しておきたい方や、プレゼント用に手作りしたい人もいますよね。できるだけコストを抑えてアルバムを作りたい人に向けたポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね!


システム手帳カバーおすすめ5選|バイブルサイズ、A5サイズの選び方もご紹介

システム手帳カバーおすすめ5選|バイブルサイズ、A5サイズの選び方もご紹介

小物王の納富廉邦さんへの取材をもとに、システム手帳カバーの選び方とおすすめの商品をご紹介します。スマホなどの便利なデバイスが普及した現代でも、ビジネスパーソンから絶大な支持を受けているシステム手帳。長く使うものだから、こだわって選びたいものですが、種類が多く悩んでしまいますよね。たくさんリフィルを収納できるもの、リング径の小さい薄手のもの、使うほどに味がでる革製品のものなど、どのように選べばいいのでしょうか。この記事をぜひ、参考にしてみてくださいね!


ノートカバーおすすめ5選|サイズや用途で選ぶ! おしゃれなデザインも

ノートカバーおすすめ5選|サイズや用途で選ぶ! おしゃれなデザインも

ノートを汚れから守ってくれたり、おしゃれに見せてくれるノートカバー。A4サイズやB5サイズなど、ノートの判型に合わせたサイズも豊富です。素材としては高級感のある革製や布製、手軽なポリエステルやナイロン製、防水や撥水加工がされたものなど、たくさんの種類があります。また、ブックエンド(しおり)やペン入れがついているタイプのほか、収納ポケットつきのタイプなら、ノート以外のものもいっしょにしておけるので便利に使えます。多数あるノートカバーから、自分に合うものはどのように選んだらよいのでしょうか。この記事では、教育指導専門家であり、文房具のエキスパートでもある西村 創さんに取材し、ノートカバーの選び方のポイントとおすすめ商品をお聞きしました。


革の手帳おすすめ4選|定番ものから老舗ブランドのものまでご紹介!

革の手帳おすすめ4選|定番ものから老舗ブランドのものまでご紹介!

小物王の納富廉邦さんへの取材をもとに革の手帳を選ぶポイントとおすすめ4選をご紹介します。革の手帳は、使い込むほどに味わいが出てくる手帳です。革製品ならではの重厚感や落ち着きは、本物のよさを知るアイテムと言えるでしょう。しかし、いざ革の手帳を選ぼうとすると、手帳や革の種類もさまざまでどのように選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事を読んで、長く愛用できる革の手帳を購入するさいの参考にしてください。


使いやすい! クリップファイルのおすすめ3選|文房具ライター厳選

使いやすい! クリップファイルのおすすめ3選|文房具ライター厳選

文房具ライターのきだて たくさんへの取材をもとに、クリップファイルの選び方と、書きやすさや機能性に着目したおすすめ商品を厳選して紹介します。クリップファイルは書類をとじるだけではなく、ペンやメモなどもはさんで持ち運べるすぐれもの。クリップボードと違い表紙がついているので、なかの用紙が外部にみえてしまうのを防ぎます。ビジネスシーンはもちろん、学業などでも活躍するでしょう。使いやすい商品を探している人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。


単語カード(単語帳)のおすすめ8選【アプリと連動も】英語などの学習に!

単語カード(単語帳)のおすすめ8選【アプリと連動も】英語などの学習に!

暗記科目やスキマ時間を活用した勉強で活躍する単語カード(単語帳)。近年ではアプリに対応したデジタルノートタイプのものも出てきました。この記事では、教育・受験指導専門家の西村 創さんにお話をうかがい、単語カード(単語帳)の選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、Amazonの売れ筋ランキングも掲載しています。


0.3mmシャーペンおすすめ9選【折れにくい! 書きやすい! 人気モデル】

0.3mmシャーペンおすすめ9選【折れにくい! 書きやすい! 人気モデル】

普段の筆記によく使われる0.5mmのシャーペン(シャープペンシル)と比較すると、芯が細い0.3mmのシャーペンは種類が少ないのが特徴です。製図用にも使われ価格も高めですが、スタイリッシュなデザインが普通のシャーペンと一線を画しています。大人っぽい0.3mmシャーペンは、理系の研究や建築、デザイン分野の勉強をしている人だけでなく、0.5mmシャーペンを卒業したいという人にもぴったりといえるでしょう。この記事では、受験指導専門家の西村 創さんへの取材をもとに、0.3mmシャーペンの選び方とおすすめの商品をご紹介します。


文具の人気記事