おすすめの「缶詰」に関する記事

缶詰の選び方、おすすめ情報と関連情報をお届けします。

缶詰に関連するタグ

缶詰(魚介)
>>缶詰に関連するタグ一覧

【長期保存できる!】非常食のパンおすすめ7選|防災ファシリテーターに取材

【長期保存できる!】非常食のパンおすすめ7選|防災ファシリテーターに取材

防災ファシリテーターの南部優子さんに聞いた、非常食のパン選びのポイントと、おすすめの商品を紹介しています。大規模な災害により、停電や断水、ガス停止などのインフラ被害が発生した場合、食材をもっていても調理ができなくなります。また、交通機関が停止したり道路が被災したりすると、物流も止まるため、食品を買いに行っても棚が空っぽになることも起こります。そんなときに備蓄しておくとよい「非常食のパン」。非常時に食べるパンの保管や食べるための準備、食べた後の処理などを中心に解説いただいているので、本記事を参考に備蓄する非常食のパンを選んでくださいね。


【料理家が選ぶ】おつまみにおすすめの缶詰10選|手ごろなものから高級品まで

【料理家が選ぶ】おつまみにおすすめの缶詰10選|手ごろなものから高級品まで

暮らしスタイリストであり、料理家として活躍されている河野真希さんへの取材をもとに、おつまみにぴったりの缶詰を楽しく選ぶポイントと、おすすめ商品をご紹介します。国分、明治屋、ホテイなど大手メーカーが手掛けるこだわりの製品に加え、キラリと光る地方メーカーの個性派缶詰もピックアップしました。どんな内容の缶詰なのかという点以外にも、注目するべきポイントを教えていただいたので、ぜひ商品を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。さらには、各ショッピングサイトのランキングも掲載していますので、あわせてご覧ください。


かに缶を選ぶポイントとおすすめの5選をご紹介! トータルフードアドバイザー厳選

かに缶を選ぶポイントとおすすめの5選をご紹介! トータルフードアドバイザー厳選

トータルフードアドバイザーの内藤まりこさんに、かに缶を選び方を取材して聞いてみました。かに缶には、タラバガニ、ズワイガニ、花咲ガニなど、さまざまな種類があります。かにの種類と価格のバランス、かに缶を使用するレシピ、国内産か海外産かなどが選ぶポイントとなります。各ショッピングサイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


かにの缶詰おすすめ商品5選! フードアナリストが選び方も解説|手軽に美味しく!

かにの缶詰おすすめ商品5選! フードアナリストが選び方も解説|手軽に美味しく!

かにというと、高級食材のイメージがあり、なかなか食べる機会がないという方も少なくないのでは。しかし、そんなかにも缶詰であれば、比較的安価で購入可能です。缶詰であっても、たらばがにや紅ずわいがになど種類も豊富で味も抜群。自宅で気軽にかにを楽しめます。ほぐし身や脚肉など、形状や部位にもこだわりながら、缶詰でもかにをたっぷり楽しむため、フードアナリスト・平林玲美さんに、商品選びのポイントを3つ教えていただきました。また、あわせて挙げていただいた、おすすめの缶詰5商品もご紹介します。


【フードアナリストが選んだ】いわし水煮おすすめ5選|缶詰からパックタイプまで

【フードアナリストが選んだ】いわし水煮おすすめ5選|缶詰からパックタイプまで

缶詰として比較的どこでも手に入るいわしの水煮ですが、トマト煮にしたり、炒めものにしたりとレシピも豊富。そして何よりも備蓄品として、とても重宝するもののひとつです。ただ、ひと口にいわし水煮と言っても種類もさまざまで、作る料理に合わせてタイプも選びたいもの。この記事ではフードアナリストの平林玲美さんへの取材をもとに、いわし水煮の選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


トータルフードアドバイザーが選ぶ! おすすめのオイルサーディン5選

トータルフードアドバイザーが選ぶ! おすすめのオイルサーディン5選

たっぷりのオイルにイワシが漬け込んであるオイルサーディン。サラダやパスタ料理に手軽に取りいれられ、最近ではアウトドアで使われることも増えてきた、使い勝手のよさが魅力的なアイテムです。しかし、ひとくちにオイルサーディンといっても、原材料であるイワシや油の種類、容器の形状などが異なる、さまざまな種類の商品が販売されているため、どんな商品を買えばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、トータルフードアドバイザーの内藤まりこさんへの取材をもとに、オイルサーディンの選び方とおすすめの商品5選をご紹介します。本記事を参考に、用途やシーンにあわせたオイルサーディンを選んでみましょう。


料理家が選ぶ! おすすめのコーン缶7選|料理に彩りや食感をプラス

料理家が選ぶ! おすすめのコーン缶7選|料理に彩りや食感をプラス

さまざまな料理で活躍するコーン缶。その使い勝手のよさから、日常的に使用している方も多いのではないでしょうか。しかし、ひとくちにコーン缶といってもホールやクリームなどタイプの違うもの、調味料で味付けがされているものなど、さまざまな種類の商品が販売されています。そのため、どんな商品を購入したらいいのか迷ってしまいますね。そこで本記事では、料理家で暮らしスタイリストの河野真希さんへの取材をもとに、コーン缶の選び方とおすすめ商品7選をご紹介します。ぜひお気にいりのコーン缶を見つけて、料理に役立ててみてください。


鮭水煮缶のおすすめ商品5選|フードアナリストが選び方も解説!

鮭水煮缶のおすすめ商品5選|フードアナリストが選び方も解説!

面倒な下ごしらえなしで手軽に食べられる鮭水煮缶は、日ごろからストックしておきたい便利なアイテム。おかずの一品としてそのまま食べるだけでなく、サラダやパスタにトッピングしたりといろいろな料理に活用できるのも魅力です。ここでは、鮭水煮缶の選び方とおすすめ商品について、フードアナリストの平林玲美さんにお話をうかがいました。鮭水煮缶の特徴や魅力を知って、お気に入りの商品をぜひ見つけてくださいね。


おにぎりにも合う! 料理家がおすすめする【ランチョンミート6選】

おにぎりにも合う! 料理家がおすすめする【ランチョンミート6選】

ゴーヤチャンプルーやおにぎりなど、さまざまな料理に使える「ランチョンミート」。沖縄県ではソウルフードとして親しまれていますよね。ランチョンミートの代表格といえるのが「SPAM(スパム)」や「TULIP(チューリップ)」ですが、日本でも国産の素材をつかったものなどが販売されています。また、減塩タイプや薄味のものなどもあり、どれを選んでよいか悩んでしまいますよね。そこで、料理家の河野真希さんに、ランチョンミートの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。この記事を参考に、自分好みのランチョンミートを探してみてくださいね。


コンビーフの選び方&おすすめ5選【フードアナリストに取材】

コンビーフの選び方&おすすめ5選【フードアナリストに取材】

牛肉の豊かな風味が味わえるコンビーフは、味わいはもとより保存性にも優れており、広く活用できる食材です。ただ、コンビーフとひとくくりにいっても商品ごとにさまざまな違いがあり、選ぶときには少し迷ってしまうかもしれません。そこで、こちらの記事ではフードアナリスト・平林玲美さんに取材し、コンビーフの選び方とおすすめの5商品を紹介しています。ぜひ、お気に入りの一品を見つけてくださいね。


【料理家が教える】缶詰のオイルサーディンおすすめ5選|手軽~高級なものまで

【料理家が教える】缶詰のオイルサーディンおすすめ5選|手軽~高級なものまで

さばの水煮缶を皮切りに、魚の缶詰が脚光を浴びています。なかでも、小イワシをオイルで煮込んだオイルサーディンは、栄養豊富で、アレンジも幅広くできる缶詰です。食卓や晩酌にオイルサーディンを取り入れ、食生活をより豊かにしてみませんか?この記事では、料理研究家の松本葉子さんへの取材をもとに、おすすめのオイルサーディンを紹介していきます。


【フードディレクターが選ぶ】いわしの缶詰おすすめ8選|デイリー品から高級ギフトまで

【フードディレクターが選ぶ】いわしの缶詰おすすめ8選|デイリー品から高級ギフトまで

EPAやDHAといった良質な油が含まれていることや、保存料などの添加物が少ないことから健康志向の方に注目されている、いわしの缶詰。そのまま食べられるほどやわらかく仕上がっているため、忙しい主婦の方でも料理に使いやすく、年配の方でも食べやすいというメリットもあります。スーパーやコンビニでよく見かけるイメージですが、実は素材や味つけにこだわった高級缶詰や、おつまみ風にアレンジされている缶詰、さらに海外からの輸入品など、多彩ないわしの缶詰があることをご存知でしょうか。そこでこの記事ではフードディレクターであるSHIMAさんへの取材をもとに、いわし缶詰の選び方とおすすめ商品をご紹介します。


【料理家に聞く】ツナ缶おすすめ6選|料理のあと一品を簡単に!

【料理家に聞く】ツナ缶おすすめ6選|料理のあと一品を簡単に!

サラダやパスタに入れたり、煮物や炒め物に使っても重宝するツナ缶。手軽に魚を摂取できるうえ、あと一品作りたいときにあると便利な食材です。しかし、マグロかカツオか、オイル漬けタイプか水煮タイプか、生産地はどこかなど気になるポイントが多く、どれを買えばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、フードスタイリストで料理家の江口恵子さんへの取材をもとに、おすすめのツナ缶をご紹介いたします。


【有機トマト使用のものも! 】料理家おすすめのトマト缶6選

【有機トマト使用のものも! 】料理家おすすめのトマト缶6選

パスタソースやトマトシチュー、ミネストローネなど、料理に幅広く活用できるトマト缶。「カット」「ホール」の2タイプがあり、これひとつあればバリエーション豊富な料理が作れるので、愛用している方も多いですよね。手軽にスーパーなどでも購入できますが、実は有機トマトや有機トマトジュースなどを使用し、オーガニックにこだわっている商品もあるのをご存じでしょうか。そんなトマト缶の選び方とおすすめの商品を、料理家の玉利紗綾香さんに教えてもらいました。ぜひ参考にして、お料理の幅を広げてみてくださいね。


サバ缶の次にくる? 料理家に聞くさんまの缶詰のおすすめ商品8選

サバ缶の次にくる? 料理家に聞くさんまの缶詰のおすすめ商品8選

サバ缶から火がついた青魚の缶詰ブーム。最近ではさんまの缶詰が注目されています。さんまは秋が旬ですが、缶詰を用意しておけば、1年中おいしいさんまを食べることができます。さんまの缶詰を選ぶときは、食べ方や値段、賞味期限など、いくつかのおさえておきたいポイントがあります。そこで、料理家の河野 真希さんに聞いた内容をもとに、さんまの缶詰の選び方とおすすめ商品を紹介します。


サバ缶おすすめ9選|暮らしスタイリストがほんとうにおいしいサバ缶を紹介! 売れ筋ランキングも

サバ缶おすすめ9選|暮らしスタイリストがほんとうにおいしいサバ缶を紹介! 売れ筋ランキングも

そのまま食べるのはもちろん、料理に使ってもおいしいサバ缶。ふだんの食事から非常食まで、とても重宝します。調理法、産地で違いがあるほか、水煮、味噌煮、煮付けなど、サバ缶の味もいろいろあります。この記事では、料理家で暮らしスタイリストでもある河野真希さんへの取材をもとに、おすすめのサバ缶と選び方をご紹介します。メーカーが違えば味も違うので、なにが違うのか、またどんなサバを使用しているのかなどに注目してみてください。売れ筋ランキングもあるので、参考に!