炊飯器の平均寿命は何年?買い替え時期や故障の症状【臭いが変など】も解説

炊飯器の平均寿命は何年?買い替え時期や故障の症状【臭いが変など】も解説

炊飯器が古くなってきて、そろそろ寿命かなと思っている方へ。買い換えを検討するにしても、寿命が来ているのか、ただ故障しているだけなのか、判断に迷いますよね。そもそも炊飯器の寿命はどれくらいなのか、ご存じですか?平均寿命であれば買い換え、まだ寿命でなければ調子が悪い原因を探り、メンテナンスをする方法もあります。本記事では、炊飯器の寿命について解説します。


炊飯器の寿命は何年?

炊飯器の寿命は3~5年といわれています。理由のひとつとして、内釜の保証期間3~5年というケースが多いことがあげられます。

また、製品が故障したときに修理するための「補修用性能部品」を基準にした寿命の考え方もあります。修理するための部品は家電メーカーで保有する期間が定められており、炊飯器にあたる電子ジャーは6年です。したがって寿命も6年ほどと判断する考え方もあります。

長持ちさせるように使っていたとしても、寿命は10年ほどまでだと考えておきましょう。

炊飯器の故障5つのサインとは

炊飯器の寿命は、不具合や故障などからわかります。こうなったら危ないかもという、5つのサインをチェックしてみましょう。

1.内釜のコーティングが劣化

内釜のコーティングがはがれるとこびりつきやすくはなりますが、多少ならば機能的にも衛生的にもそのまま使い続けられます。ただし、内釜が傷んで炊飯器の温度センサーが正常に作動せず、焦げついたり焼きムラができてしまったりするケースも。

内側のコーティングがはがれないように使い方には気をつけましょう。しゃもじについたお米をカンカンと内釜にたたいて取る、金属たわしやナイロンたわし、磨き粉を使ったお手入れ、カトラリーや食器と一緒に浸け置きは控えて。また酸が入っている調味料を使うとコーティングが腐食しやすいので気をつけてください。

内釜を炊飯器にセットするとき、外側の水滴を拭き上げるのも寿命を延ばす手助けになります。

2.炊飯中に異音・異臭がする

耳をすませる女性
Pixabay license logo

炊飯中に変な音やにおいがしていたら要注意です。

炊飯中に気づいた不具合もチェック!ご飯を炊いている間の音は、異音の可能性もありますが、機械が作動しているだけかもしれません。取扱説明書やメーカーのサイトを見ると、よくある音の一覧があります。それ以外の異音がする場合は、蒸気や空気漏れ、機械の故障の可能性があるため、メーカーに問い合わせて確認してみましょう。

また炊飯中の異臭も無視できません。きちんと洗えていないなどの可能性もありますが、あまりにもおかしなにおいを感じるときには使用を控えて、こちらもメーカーに問い合わせましょう。

3.炊けたご飯の匂いがいつもと違う

炊けたご飯のにおいがいつもと違うと心配になるでしょう。炊飯器をきれいに洗えていないなど手入れ不足の可能性があるため、まずはきちんと洗ってください。内釜だけでなく、フタ裏とそのパッキン、本体上部の取り外せるフタもしっかりと洗って。製品によって搭載されているお手入れモードを使うのもありです。

またお米が割れるほど力強く研いだり、逆に研がなすぎたりしても、におう原因になります。お米は割れないほどの力で、やさしく研ぎましょう。

それでもにおいが出るのであれば、故障している可能性があります。

4.炊けたご飯が水っぽかったり焦げついたりする

炊き上がりのお米の状態が悪いとき、故障を疑う前にいくつか対策を試してみましょう。ご飯が水っぽいときは、水の量が合っているか、お米の状態が悪くないかを確認。お米はやさしく研ぎ、浸水しすぎないようにしましょう。

ご飯が焦げついているときは、炊飯器の使い方をチェック!きちんと洗い、温度センサーに汚れがついていれば取りましょう。吸気口や排気口をふさがないようにも気をつけて。内釜のコーティングがはがれて焦げつく場合には交換しましょう。

それでもご飯が水っぽくなったり焦げついたりするのは、故障の可能性が高いです。

5.電源が入らない、ボタンがうまく動作しない

炊飯器の電源が入らない、あるいはボタン操作できないと、まったく使えず困るでしょう。

まずほかの家電には電気が通っているか、停電やブレーカーが落ちていないかを確認してください。通電しているようであれば、電気プラグを抜き、もう一度差して。それでも作動しないなら、別のコンセントを試してみましょう。

それでも動かない炊飯器は故障している可能性が高いです。

炊飯器を長持ちさせるには?

炊飯器が故障しているかたしかめる項目でも、すでにいくつか手入れのなどをご紹介しましたが、さらに使い方も気をつけておきたいところです。せっかくなら故障させずに使い続けたいので、寿命を長持ちさせる使い方を解説します。

保温機能を長時間利用しない

炊飯器で長い時間保温しすぎると、お米がパサパサと乾燥したり、黄色くなったり、においが出てきたりするだけでなく、腐食する原因にもなります。

製品によってこまかい時間は異なりますが、保温時間の目安は5~6時間ほど。製品に規定されている保温時間をすぎるようなら、取り出して冷蔵保存、さらに長期に保存したいなら冷凍しましょう。

内釜でお米を研がない

お米を研ぐときに内釜を使っていませんか?内釜でお米を研いでもいいのですが、摩擦を繰り返し、コーティングがはがれてしまう場合があります。また、研ぐ際に腕にしている時計や研ぐための金属のツールによって、キズをつけてしまうケースも。

炊飯器を長持ちさせるためには、お米はなるべく別容器で研ぎ、炊くときに内釜にセットしましょう。

吸気口と排気口のお手入れも忘れず

炊飯器のお手入れとして忘れがちなのが、底面にある吸気口と排気口。編み目のようになっている部分です。隙間があるためほこりがたまりやすく、炊飯中に止まってしまう原因にもなるので、月に1回はお手入れをしてください。

隙間のほこりは麺棒で取り除いて。それでも取れないほこりやごみは掃除機を使いましょう。最後に水を塗らしてかたくしぼった布巾で拭き上げれば、お手入れ完了です。

買い替えの目安は5~10年

炊飯器の平均寿命は3~5年と解説しました。また修理できるのは6年まで。さらに、今までご紹介してきたように、大切にていねいに手入れをして使い続ければ、より長く使えます。10年も同じ炊飯器を使っている方も。

それ以上になるといつこわれてもおかしくはなく、いきなりご飯を炊けなくなってしまっても困るでしょうから、5~10年ほどで買い換えるようにしましょう。

炊飯器の処分方法は?

炊飯器は製品や自治体によって、処分方法が異なります。たとえば粗大ゴミとして出す場合には、お金を払うケースもあります。

製品が「小型家電リサイクル法」の対象であれば、リサイクルする必要があります。家電メーカーや家電量販店、販売店、自治体などに回収してもらいましょう。くわしくは製品の取扱説明書や、メーカーのサイトで確認してみてください。

まだ使えるけれど買い換えたい場合には、リサイクルショップに買い取ってもらうこともできます。フリマアプリやネットオークションに出品する方法も。

製品の状態や種類によって、正しい方法で処分をしましょう。

炊飯器のお手入れ方法は?

食器を使ったら毎度洗うように、炊飯器も口に入れるものを調理する家電なので、使うたびに洗いましょう。使って冷めてから、お手入れ開始です。まずは本体や外側を、水で濡らしてかたくしぼった布巾で拭きます。

内釜やフタ裏、蒸気フタ、しゃもじ、軽量カップなどは水やぬるま湯で濡らし、洗剤とやわらかいスポンジで洗います。すすいだら、乾いた布巾で拭きましょう。

先述したように、底の吸気口や排気口も月に1度は掃除してください。においが気になる際は、お手入れモードを使うのがベターです。

【関連記事】買い替えを検討なら炊飯器のおすすめをチェック

編集部まとめ 炊飯器はていねいに大切に長く使おう

炊飯器はていねいに扱い、こまめにお手入れすることで、長持ちします。平均寿命は3~5年ほどですが、大切に使い続けていれば、寿命を延ばすことにもつながるでしょう。炊飯器は毎日の食事に必要なので、できるだけ長く使っていきたいものです。

ただしにおいや味の変化があまりにも気になるときは、無理に使い続けず、新しい製品に買い換えましょう。処分するときの正しい方法を確認するのもお忘れなく。炊飯器の寿命が気になるときはこの記事を読み、故障かどうか確認をし、買い換えを検討する材料にしてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

50代の自称ベテラン編集者。特定のカテゴリを決めずあらゆるカテゴリを担当。得意ジャンルは『住まい・家具・インテリア』。ネット通販でお得に購入した材料や部品を使って、壁のペンキ塗りからキッチン水栓の交換までを自ら行っている。

関連する記事


2021年の注目家電おすすめ28選|人気・売れ筋家電を家電販売員が厳選

2021年の注目家電おすすめ28選|人気・売れ筋家電を家電販売員が厳選

家電製品の進化が驚くほど進んでいる昨今。各メーカーからさまざまな高機能製品が発売されています。この記事では、家電販売員のたろっささんにお話をうかがい、家電メーカー各社のトピックスや注目された生活家電、スマート家電をピックアップ。2021年に注目すべき、主婦向けや新生活向けなどのシチュエーションに合わせた厳選商品を紹介します。

Icon mini tag パソコン , 生活家電 , キッチン・調理家電

IH炊飯器おすすめ23選【毎日のご飯をおいしく】圧力IH式も紹介!

IH炊飯器おすすめ23選【毎日のご飯をおいしく】圧力IH式も紹介!

美味しいご飯を炊くことができるIH炊飯器は、象印やタイガー、アイリスオーヤマなどさまざまなメーカーから販売されています。容量も一人暮らしにおすすめの3合炊きから大容量の10合炊きまで幅広いです。本記事では、家電のプロ・コヤマ タカヒロさんへの取材をもとに、IH炊飯器の基礎知識から選び方、おすすめ商品をご紹介。Amazonなど通販サイトの人気炊飯器ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , 炊飯器

パナソニック炊飯器おすすめ10選|特徴を抑えて最上級のお米を食べよう

パナソニック炊飯器おすすめ10選|特徴を抑えて最上級のお米を食べよう

炊飯器の人気メーカーであるパナソニック。美味しいご飯が炊けるため、一人暮らしの方から大家族の方まで、購入を検討する人はとても多いです。しかし、いざ購入しようと思っても、何を基準に選んでいいかわかりませんよね。パナソニックの一番の特徴はシリーズごとに分かれるご飯の炊き方「おどり炊き機能」にあります。ここをしっかり把握することで、美味しいご飯を毎日楽しめるかが変わってきます。本記事では、パナソニックの炊飯器について、特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介します。さらに、各ショッピングサイトのランキングも掲載しています。ぜひ参考にしてください。

Icon mini tag 食品 , キッチン・調理家電 , 米・麦・雑穀

タイガーの炊飯器おすすめ10選|炊き方の特徴や覚えておきたい便利機能も解説

タイガーの炊飯器おすすめ10選|炊き方の特徴や覚えておきたい便利機能も解説

種類も豊富で、時短調理器にもなるタイガー炊飯器の特徴は内釜にあります。とことんおいしいご飯にこだわるご飯好きにうれしい本格仕様で、その期待に見事にこたえてくれます。本記事では、タイガーの炊飯器を選ぶポイント、おすすめ10選をご紹介。さらに、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。ハイクラスの炊飯器からお手頃価格なのに高機能など、製品ごとの違いをみながらライフスタイルに合う炊飯器選を選んでみましょう。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , 米・麦・雑穀 ,

マイコン炊飯器おすすめ12選|一人暮らし用からファミリー向けまで

マイコン炊飯器おすすめ12選|一人暮らし用からファミリー向けまで

炊飯器には、マイコン式炊飯器とIH式炊飯器の2種類がありますが、どちらを選べばいいのか迷うかたもいることでしょう。家電を誰よりも近くでみて特徴を知り尽くしたプロからのおすすめ商品を、ぜひチェックしてみてください!本記事では、マイコン炊飯器の選び方とおすすめの商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , 炊飯器

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。