おすすめの「レンズ」に関する記事

カメラのレンズの選び方、おすすめ情報と関連情報をお届けします。

レンズに関連するタグ

広角レンズ 望遠レンズ
>>レンズに関連するタグ一覧

シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

プロカメラマンの武石 修さんと編集部が選んだ、シグマレンズのおすすめ商品を紹介します。ニコン、キヤノン、ソニーなどの純正レンズではなく、サードパーティの対応レンズとして評価が高いシグマのレンズ。Contemporary、Art、Sportsの3シリーズを中心に、さまざまな機能を搭載したものや、コストパフォーマンスが高い製品が販売されています。レンズ選びの参考にしてください。


おしゃれな【カメラバッグ】おすすめ6選|ショルダータイプからバックパックまで!

おしゃれな【カメラバッグ】おすすめ6選|ショルダータイプからバックパックまで!

フォトグラファーが選ぶおしゃれなカメラバッグおすすめ6選をご紹介します。カメラバッグと聞くと、機能面は充実してるけど見た目はちょっと……という人も多いのではないでしょうか。しかし、よく探してみると一目見ただけではカメラバッグとはわからない、おしゃれなものも意外とみつかります。なかにはハイブランドがだしている高級感あるデザインのものも。この記事ではフォトグラファーの瀬川陣市さんが、機能的にもしっかりしながら見た目もおしゃれなカメラバッグのおすすめ商品を紹介してくれているので、自分のスタイルにあったカメラバッグ選びの参考にしてみてください。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


Eマウントレンズおすすめ6選|広角・望遠・単焦点レンズもご紹介!

Eマウントレンズおすすめ6選|広角・望遠・単焦点レンズもご紹介!

フリーランスライターでプロカメラマンの武石 修さんが選ぶEマウントレンズ6選をご紹介します。Eマウントレンズとはソニーのミラーレス一眼用の交換レンズの規格。標準ズームで満足できない人は写真撮影の構成の幅をぐっと広げることができます。Aマウントレンズとの違いは、接合部分(マウント)の規格です。ソニーのミラーレス一眼を愛用されているなら、この規格の交換レンズから選べば、「使えない……」という最悪のケースは避けられます。あとは、自分の思うような写真を撮るためのレンズを選ぶだけ。本記事で紹介される選び方や商品を参考にして、イメージする写真撮影にチャレンジしてみましょう。


【パナソニック製広角レンズ】おすすめ5選 | カメラ評論家が商品の選び方も解説

【パナソニック製広角レンズ】おすすめ5選 | カメラ評論家が商品の選び方も解説

カメラ評論家の田中希美男さんが選ぶパナソニック製広角レンズ5選をご紹介します。パナソニックからはさまざまな広角レンズが販売されています。それぞれどういう違いがあり、自分はどれを選べばよいか迷ってる方もいるでしょう。レンズの特性を理解するのはなかなか大変ですが、カメラ評論家の田中希美男さんに一つひとつ丁寧に解説してもらっていますので、自分にぴったりなレンズ選びのヒントになるはずです。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載しています。そちらも広角レンズ選びの参考にしてみてください。


タムロン製広角レンズのおすすめ5選【単焦点とズームレンズの商品を厳選】

タムロン製広角レンズのおすすめ5選【単焦点とズームレンズの商品を厳選】

カメラ評論家が選ぶタムロン製広角レンズ5選をご紹介します。いわゆるレンズメーカー、サードパーティーが展開する交換レンズのラインナップには、純正レンズにはない焦点距離をカバーしたものや、すぐれた描写性能のわりに価格が安く設定されているものなど、魅力的な製品がたくさんあります。サードパーティー製のレンズをうまく使いこなせれば、写真撮影は今よりもっと楽しく、充実したものになるでしょう。写真家・カメラ評論家の田中希美男さんから、タムロン製の広角レンズの選び方とおすすめ商品を解説してもらっています。ぜひ参考にしてみてください。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせてご覧ください。


レンズフードおすすめ5選と選び方【ニコンやキヤノンなどの商品を紹介】

レンズフードおすすめ5選と選び方【ニコンやキヤノンなどの商品を紹介】

フォトグラファーの瀬川陣市さんにレンズフード選びのポイントとおすすめ製品について、伺いました。写真撮影のコツのひとつに、不要な光が写らないようにする、というものがあります。レンズフードは日よけのような存在です。帽子のつばで目が影に入るとものが見やすくなるように、レンズ周りをおおうことによって被写体をとらえやすくしてくれます。また、衝突や落下からのレンズ保護にも役立つアイテムです。各通販サイトの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。


レンズフィルターおすすめ5選【保護・ソフト・夜景撮影用のフィルターなどを紹介】

レンズフィルターおすすめ5選【保護・ソフト・夜景撮影用のフィルターなどを紹介】

写真家でありカメラ評論家でもある田中希美男さんへの取材をもとに、レンズフィルターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。保護フィルター、PLフィルター、NDフィルターなど、さまざまな種類がレンズフィルターにはありますが、どのように選べば間違いがないのでしょうか? 本記事では、基本的なレンズフィルターの選び方から、写真撮影をより楽しくするレンズフィルターの紹介までさまざまなお話をいただきました。なかなか奥が深そうなレンズフィルターの世界、いっしょにのぞいてみませんか?


【リコー望遠レンズ】選び方&おすすめ6選|写真家が商品を解説

【リコー望遠レンズ】選び方&おすすめ6選|写真家が商品を解説

被写体と距離がある場合でも、美しい写真を撮りたいときに必須になるのが望遠レンズです。多くの一眼レフユーザーも愛用しているリコーイメージングのPENTAX(ペンタックス)でも、多くの望遠レンズがリリースされていますので、被写体や写真を撮る状況によって適切な商品を選ぶのが重要になります。そこで、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんにリコー望遠レンズを選ぶポイントとおすすめ商品についてお話をうかがいました。ペンタックスユーザーで望遠レンズを探している人や、いろいろな望遠レンズを比較したい人は、ぜひ参考にしてください。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


【接写リング】の選び方&おすすめ商品4選|フォトグラファーが解説

【接写リング】の選び方&おすすめ商品4選|フォトグラファーが解説

花や昆虫などを近接撮影したいとき、通常はそれに適したマクロレンズを購入します。しかし、キヤノンやニコンなど各メーカーから販売されているマクロレンズには高額なものも多く、なんとか手持ちのレンズでマクロ撮影ができないものかと考える方も多いでしょう。そんなときに接写リングがあれば、手持ちのレンズをマクロレンズのように使えるようになります。そこで、フォトグラファー/フォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんにお話をうかがい、接写リングを買う際の注意点とあわせておすすめ商品を紹介します。マクロ撮影を手軽に楽しみたい方はぜひ参考にしてください。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてください。


スマホレンズのおすすめ5選! ITライターが選び方も解説

スマホレンズのおすすめ5選! ITライターが選び方も解説

スマートフォンのカメラに取り付けて使用する「スマホレンズ」。望遠、マクロ、広角、魚眼などさまざまな種類があり、スマートフォン撮影の幅を広げてくれるアイテムです。どんな用途に使うか、どんな写真を撮りたいかによって選ぶべきレンズが変わってきます。そこで、ITライターの酒井麻里子さんにスマホレンズの選び方とおすすめ製品をお伺いしました。レンズの倍率や画角、携帯性など確認すべきポイントはたくさんあります! スマホレンズの購入を検討している人はぜひチェックしてみてくださいね。


ミラーレスカメラ用レンズおすすめ6選|選び方もご紹介!

ミラーレスカメラ用レンズおすすめ6選|選び方もご紹介!

この記事では、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、ミラーレスカメラ用レンズを選ぶ際に知っておきたいポイントを解説し、おすすめのレンズを紹介していきます。一眼レフカメラよりもボディが小さく軽い点はミラーレスカメラの利点のひとつです。ミラーレスカメラ用のレンズに多いのは、ボディに合わせた小型のレンズ。しかし、ミラーレスカメラで使用可能な大口径のレンズや長大な望遠レンズも存在します。メーカー各社が、ユーザーの作画意図に対応するレンズラインナップを取りそろえています。カメラのボディをレンズなしで購入した方も、レンズキットを一緒に購入した方も、両方これから購入する方も、レンズやボディを選ぶ際の参考にしてください。


一眼レフのダブルズームキットおすすめ6選【レンズ選びに迷ったときに!】

一眼レフのダブルズームキットおすすめ6選【レンズ選びに迷ったときに!】

写真家でカメラ評論家の田中希美男さんにお話をうかがい、一眼レフダブルズームキットの選び方とおすすめ商品の紹介をしていただきました。はじめてデジタル一眼レフカメラを購入するときにおすすめなのがダブルズームキット。焦点距離や倍率など、レンズについて詳しくなくても、キットのレンズを使い分けると、幅広い状況で撮影ができます。現在、一眼レフカメラを製造・販売しているメーカーのなかでダブルズームキットとレンズキットがあるのは、キヤノンとニコンのみです。安心して長く使える現行モデルのみを厳選していますので、一眼レフダブルズームキットを購入しようとしている方はぜひ参考にしてください。


【望遠レンズ】の選び方&おすすめ商品6選|写真家が詳しく解説

【望遠レンズ】の選び方&おすすめ商品6選|写真家が詳しく解説

遠くの被写体をクッキリ撮影したり、近くの被写体を大きく撮影したりできる望遠レンズはカメラが趣味の方にとっては憧れともいえるアイテム。望遠レンズは決して安い買い物ではありませんので、間違いのない商品を選びたいですよね。そこで、写真家やカメラ評論家として活躍されている田中希美男さんに望遠レンズの選び方についてうかがいました。おすすめの望遠レンズも教えてもらいましたので、使ってみたい商品があれば購入も検討してみてくださいね。


レンズクリーナーおすすめ5選と選び方【カメラレンズの汚れ落とし】スプレータイプも

レンズクリーナーおすすめ5選と選び方【カメラレンズの汚れ落とし】スプレータイプも

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、カメラ用レンズクリーナーの選び方や種類、おすすめの商品を教えてもらいました。レンズクリーナーがあれば、外出先などでレンズの汚れが気になっても、かんたんに汚れを落とすことができます。効率的なクリーニングのためには、用途に適した商品を選ぶことが大切です。一眼レフなどのカメラの性能を活かすためにもケアは欠かせませんので、さまざまなレンズクリーナーを見て検討してみてください。


広角レンズのおすすめ6選【ニコンやソニーなど】広がりのある風景の撮影が可能に!

広角レンズのおすすめ6選【ニコンやソニーなど】広がりのある風景の撮影が可能に!

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんにお話をうかがい広角レンズの選び方と厳選した6つの広角レンズをご紹介します。旅行先や山などで美しい風景や夜景を目にした時、その景色を1枚の写真におさめてくれる広角レンズ。そして、人の目に映る視界よりも、さらに広がりのある風景の撮影を可能にしてくれます。しかし、多くのメーカーがさまざまな広角レンズを販売しているため、「どのレンズを選べばいいかわからない」と迷う人も。そんな方に向け、選び方やおすすめ商品をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【富士フイルム】カメラ評論家が選ぶ広角レンズおすすめ6選|Xマウント・フジノンレンズ

【富士フイルム】カメラ評論家が選ぶ広角レンズおすすめ6選|Xマウント・フジノンレンズ

外出先や旅先で美しい風景を目にした時、1枚の写真におさめたいと思ったことはありませんか? それを可能にしてくれるのが広角レンズです。富士フイルムの交換レンズのマウントは「Xマウント」で統一されており、XFとXCのふたつのラインがあります。富士フイルム「フジノンレンズ」のほか、カールツァイス社の対応レンズもあります。豊富なラインナップから「どのレンズをえらべばいいかわからない」と迷う人もいるでしょう。この記事では、写真家、カメラ評論家の田中希美男さんから、富士フイルムの交換レンズ、広角レンズの選び方についてアドバイスをいただきました。田中さんが厳選した6つの広角レンズをご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。


コンバージョンレンズのおすすめ5選【カメラ評論家が解説】

コンバージョンレンズのおすすめ5選【カメラ評論家が解説】

手持ちのカメラやレンズに装着して、レンズの倍率を上げる「テレコン」、広角にする「ワイコン」、魚眼レンズに変換できるのが『コンバージョンレンズ』です。ニコン、キヤノン、ソニー、オリンパスといった各カメラメーカーのレンズマウントに適合する商品が用意されています。しかし、コンバージョンレンズを使ってみたいけれど、どのように選べばいいか分からないという方も多いでしょう。そこで、写真家でカメラ評論家の田中希美男さんにコンバージョンレンズの選び方とおすすめ商品を取材しました。普通のレンズにくらべて安価な商品も多いため、使ってみたいレンズがあれば購入を検討してみるといいでしょう。


魚眼レンズおすすめ6選【フルサイズ判一眼レフ用の商品などを紹介!】

魚眼レンズおすすめ6選【フルサイズ判一眼レフ用の商品などを紹介!】

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんにお話をうかがい、魚眼レンズの選び方とおすすめ商品を解説していきます。英語でフィッシュアイレンズと呼ばれている魚眼レンズ。魚眼レンズを使うと、人物や景色、猫や犬の写真など、撮影シーンや対象になるモデルの遠近感が強調され、歪みのある作品が仕上ります。魚眼レンズの特徴をメリットとしていかせば、インパクトがあっておもしろい、魅力ある写真撮影が可能です。しかし、特徴をきちんととらえておかないと使いこなすのはむずかしいということでもあります。魚眼レンズの選び方にくわえて使い方まで触れていますので、購入を考えている方はぜひ参考にしてください。


タムロンの望遠レンズおすすめ5選【キヤノン・ソニー・ニコンに対応した商品など】

タムロンの望遠レンズおすすめ5選【キヤノン・ソニー・ニコンに対応した商品など】

写真家・カメラ評論家である田中希美男さんへの取材をもとに、タムロン製の望遠レンズの選び方やおすすめ商品を解説しています。カメラメーカーが展開するレンズとは別に、レンズメーカー、サードパーティと呼ばれるメーカーも、Nikon(ニコン)、Canon(キヤノン)、SONY(ソニー)などのボディに適合するレンズを製造しています。多くの場合、純正レンズよりも安い価格で販売されていますが、その性能や実力は純正レンズに劣らず、修理や保証のサポートも徹底しています。サードパーティ製のレンズをうまく使いこなせれば、写真撮影はもっと楽しく、充実したものになるはずです。費用を抑えつつ性能のいい望遠レンズを探している方は参考にしてください。


超広角レンズのおすすめ5選|フルサイズ用商品もご紹介!

超広角レンズのおすすめ5選|フルサイズ用商品もご紹介!

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんにお話をうかがい、超広角レンズの選び方とおすすめの商品をご紹介します。曇や星空撮影、風景写真を撮るときなど、広いエリアを写真に収めたい場合に活躍するのが超広角レンズです。魚眼レンズとは違い、画面の端まで、直線が歪まないで撮影できます。最近ではスマホなどで済ませてしまう人も多いですが、一眼レンズの魅力はスマホでは表現できない絵を切り取れるところでしょう。ぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね。


レンズの人気記事