おすすめの「Kenko・Tokina(ケンコー・トキナー)」に関する記事


ルーペおすすめ10選|置き型・携帯型・メガネ型などをご紹介

ルーペおすすめ10選|置き型・携帯型・メガネ型などをご紹介

手元を拡大して見られるため、小さな文字を読んだりこまかい作業をしたりするうえでとても便利なのがルーペです。けれど、ルーペもメガネ型やカード型などいろいろなタイプがあったり、値段も製品によってまちまちなので、どの製品を選べばいいかわからない人も多いですよね。そこで、フリーライターで小物王の納富廉邦さんに、上手なルーペの選び方とおすすめ製品をお伺いしてきました。用途に合ったルーペ選びの参考にしてください。


トイカメラおすすめ5選【フォトグラファーが推薦】ゆるい写りが魅力!

トイカメラおすすめ5選【フォトグラファーが推薦】ゆるい写りが魅力!

近年、トイカメラが注目を集めています。デジタル技術も積極的に取り入れた「トイデジ」などユニークな商品が登場しています。「HOLGA」「チェキ」といった王道カメラを筆頭に、トイカメラの持つゆるさやいい加減さに魅力を感じている人も多いようです。今回はトイカメラにも詳しいフォトグラファーの高月 優さんに、トイカメラ選びのポイントとおすすめの商品を教えていただきました。


低価格なコンパクトデジタルカメラおすすめ6選【性能充実コンデジも】さらに6選紹介

低価格なコンパクトデジタルカメラおすすめ6選【性能充実コンデジも】さらに6選紹介

写真家でカメラ評論家の田中希美男さんに写真家視点での低価格コンパクトデジタルカメラの選び方と、おすすめ商品6選を教えてもらいます。コンパクトデジタルカメラは、画質や使い勝手などの面でスマートフォンにはない利点が多く存在します。シンプルで使いやすいカメラや、かわいいデザインのカメラなどを紹介していきます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


単眼鏡おすすめ5選【美術館や観劇で活躍!】シーン別に適切な倍率の解説も

単眼鏡おすすめ5選【美術館や観劇で活躍!】シーン別に適切な倍率の解説も

小物王の納富廉邦さんにお話をうかがい、単眼鏡の選び方のポイントやおすすめ商品について教えてもらいました。大きな美術館や博物館で活躍する単眼鏡。双眼鏡に比べてマイナーなので、情報が少ないアイテムです。単眼鏡とは小型の望遠鏡のようなものになります。同じ性能の双眼鏡とくらべても半分の大きさのため、より軽くて持ち歩きやすく、散歩や登山、星座観測、旅行などにも気軽に持っていけるおすすめアイテムです。本記事では目利きライターが選ぶ単眼鏡5選をご紹介します。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


カメラ用ブロアーのおすすめ5選と選び方【レンズの汚れやほこりを取り除く!】

カメラ用ブロアーのおすすめ5選と選び方【レンズの汚れやほこりを取り除く!】

フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、おすすめのカメラ用ブロアーをご紹介します。カメラを使うにあたって欠かせないのがレンズのケア。ブロアーはカメラ以外ではなかなか使用することのないアイテムなので、いざ選ぼうとしてもどの商品がいいのかわからないのではないでしょうか。本体の大きさやノズルの形状の違いによって、持ち運びやすさや適した使い方が変わってきます。プロの目から見たブロアーの選び方をふまえて、自分に合ったものを見つけましょう!


【レンズフィルターケース】おすすめ4選!|フォトグラファーに聞く商品の選び方

【レンズフィルターケース】おすすめ4選!|フォトグラファーに聞く商品の選び方

レンズフィルターを使って写真撮影する人のなかには、レンズフィルターケースの購入を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、レンズフィルターケースといっても、収納枚数や携帯性や取り出し方法など、さまざまな違いがあるので商品選びに悩んでしまいますよね。そこで、フォトグラファーでフォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんにお話をうかがい、レンズフィルターケースの選び方のポイントと注意点を教えていただきました。おすすめの商品も合わせてご紹介いたします!


【2020年版】双眼鏡おすすめ23選|ドームコンサートで見やすい商品などたっぷり紹介

【2020年版】双眼鏡おすすめ23選|ドームコンサートで見やすい商品などたっぷり紹介

ガジェット関連に精通するIT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、2020年版双眼鏡おすすめ23選をご紹介します。ドームなどのコンサートで見やすいおすすめ双眼鏡をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


オリンパス望遠レンズおすすめ6選【マイクロフォーサーズの単焦点・ズームレンズ】

オリンパス望遠レンズおすすめ6選【マイクロフォーサーズの単焦点・ズームレンズ】

写真家・カメラ評論家の田中 希美男さんへの取材をもとに、レンズの選び方のコツやおすすめのレンズをご紹介します。オリンパスの望遠レンズは、マイクロフォーサーズマウントという規格で、パナソニックの同規格に対応したレンズとも互換性があります。オリンパス交換レンズのシリーズには「PROシリーズ」、「PREMIUMシリーズ」、「STANDARDシリーズ」のラインナップがあり、ほかにもシグマやケンコー・トキナーといったレンズメーカーからも、同規格に沿った製品が販売されています。オリンパスの望遠レンズを購入したいけれど、迷っている人もいるのではないでしょうか。プロの目線による選び方をふまえて、ご自分に合ったものを見つけましょう。


フィルムスキャナーのおすすめ5選【高画質な商品や画像修正ソフト付属商品など】

フィルムスキャナーのおすすめ5選【高画質な商品や画像修正ソフト付属商品など】

IT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、フィルムスキャナーの選び方とおすすめ商品5選を紹介します。デジタルカメラが広く普及した2000年代より前、写真はフィルムを使って撮影していました。フィルムが不要になったのは、まだここ10年程度でしかないのです。それ以前に撮影した思い出の写真がフィルムで残っているという方も多いでしょう。プリントされた写真は時間が経つと劣化していってしまいますが、フィルムスキャナーを使ってデジタルデータ化すると、文字どおりいつまでも色あせずに保管できるようになります。フィルムスキャナーの購入を検討している方はぜひ選び方やおすすめ商品を参考にしてください。


【ニコン広角レンズ】写真家のおすすめ6選|選び方・特徴を徹底解説!

【ニコン広角レンズ】写真家のおすすめ6選|選び方・特徴を徹底解説!

広い範囲を映しこむために使う広角レンズ。カメラを購入したときに付属してくるキットレンズは多くが広角域をカバーするズームレンズです。そこからステップアップして、よりキレイな写真を撮りたいと考える方も多いでしょう。そこで、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんにお話をうかがい、ニコンの広角レンズの選び方とおすすめ商品を紹介します。一段レベルアップした写りを楽しみたいという方はぜひ参考にしてください。


【クローズアップレンズ】おすすめ商品5選|カメラ評論家が特徴を詳しく解説

【クローズアップレンズ】おすすめ商品5選|カメラ評論家が特徴を詳しく解説

接写写真は、我々に新たな発見と感動を与えてくれます。写真撮影に興味がある方なら、自分もこんな写真を撮ってみたい、と感じたことも多いでしょう。ですが、接写撮影には高価なマクロレンズが必要なのが悩みどころでした。そこで、マクロレンズよりもリーズナブルなクローズアップレンズについて、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんに教えていただきました。また、接写リングという、接写撮影に使えるアタッチメントについても解説いただきました。それぞれの特徴やデメリット、おすすめ商品も紹介いたしますので、接写撮影に興味がある方はぜひ目を通してみてください。


レンズクリーナーおすすめ5選と選び方【カメラレンズの汚れ落とし】スプレータイプも

レンズクリーナーおすすめ5選と選び方【カメラレンズの汚れ落とし】スプレータイプも

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、カメラ用レンズクリーナーの選び方や種類、おすすめの商品を教えてもらいました。レンズクリーナーがあれば、外出先などでレンズの汚れが気になっても、かんたんに汚れを落とすことができます。効率的なクリーニングのためには、用途に適した商品を選ぶことが大切です。一眼レフなどのカメラの性能を活かすためにもケアは欠かせませんので、さまざまなレンズクリーナーを見て検討してみてください。


スマホレンズのおすすめ5選! ITライターが選び方も解説

スマホレンズのおすすめ5選! ITライターが選び方も解説

スマートフォンのカメラに取り付けて使用する「スマホレンズ」。望遠、マクロ、広角、魚眼などさまざまな種類があり、スマートフォン撮影の幅を広げてくれるアイテムです。どんな用途に使うか、どんな写真を撮りたいかによって選ぶべきレンズが変わってきます。そこで、ITライターの酒井麻里子さんにスマホレンズの選び方とおすすめ製品をお伺いしました。レンズの倍率や画角、携帯性など確認すべきポイントはたくさんあります! スマホレンズの購入を検討している人はぜひチェックしてみてくださいね。


セルカレンズおすすめ4選【広角レンズで自撮り!】高画質やLEDライト付き商品も

セルカレンズおすすめ4選【広角レンズで自撮り!】高画質やLEDライト付き商品も

スマホに詳しいIT系ライターの矢口和則さんに、セルカレンズを選ぶときのポイントとおすすめの商品をうかがいました。大人数の友だちやカップルでセルフィーするときに便利なスマホグッズである「セルカレンズ」。セルカ棒(自撮り棒)に比べてコンパクトで持ち運びもしやすく、旅行でも活躍するため人気が高まっています。しかし、金額やレンズの種類、倍率の違いなどが商品によってさまざまで、 何を基準に選べばいいのか困ってしまいますよね。ケラレなしで撮影したい、歪みが少ないものがいいなど、こだわるポイントもさまざまだと思います。なので、本記事で紹介する選び方や商品を参考にして、目的に合うセルカレンズを購入してくださいね!


デジカメ液晶保護フィルムおすすめ5選【ガラス硬度の商品も紹介】キズや破損防止に

デジカメ液晶保護フィルムおすすめ5選【ガラス硬度の商品も紹介】キズや破損防止に

フォトグラファーの瀬川陣市さんにデジカメ液晶保護フィルムの選び方とおすすめの商品について教えてもらいました。液晶保護フィルムは必要かどうか迷う方もいるかもしれませんが、バッグの中のものと接触したり、あるいはうっかり落としてしまったりして、デジカメの液晶モニター画面が傷ついたり破損したりした経験がある方もいるかもしれません。液晶モニター画面の損傷は撮影にも影響します。デジカメ液晶保護フィルム選びに迷ったら選び方などのアドバイスを参考にしてみてください。


【リコー望遠レンズ】選び方&おすすめ6選|写真家が商品を解説

【リコー望遠レンズ】選び方&おすすめ6選|写真家が商品を解説

被写体と距離がある場合でも、美しい写真を撮りたいときに必須になるのが望遠レンズです。多くの一眼レフユーザーも愛用しているリコーイメージングのPENTAX(ペンタックス)でも、多くの望遠レンズがリリースされていますので、被写体や写真を撮る状況によって適切な商品を選ぶのが重要になります。そこで、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんにリコー望遠レンズを選ぶポイントとおすすめ商品についてお話をうかがいました。ペンタックスユーザーで望遠レンズを探している人や、いろいろな望遠レンズを比較したい人は、ぜひ参考にしてください。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


フォトグラファーが選ぶ!おすすめの露出計5選|光に左右されない思いどおりの写真に

フォトグラファーが選ぶ!おすすめの露出計5選|光に左右されない思いどおりの写真に

露出計とは、被写体の明るさを測定する機材です。露出計を用いて明るさを把握することで、撮影する際に最適なシャッター速度や絞りの値を求めることができます。最近のカメラは露出計が標準搭載されているため、写真を撮るだけなら露出計がなくても撮影は可能です。しかし、自然光とフラッシュ光が混在しているような状況では、カメラに内蔵されている露出計だけでは正確な露出値を測りきれません。よりクオリティの高い写真を撮るために、露出計を上手に使いたいですね。本記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、露出計の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。光に左右されず思ったとおりの写真を撮るために、ぜひ本記事を参考に露出計を選んでみてください。


レンズフィルターおすすめ5選【保護・ソフト・夜景撮影用のフィルターなどを紹介】

レンズフィルターおすすめ5選【保護・ソフト・夜景撮影用のフィルターなどを紹介】

写真家でありカメラ評論家でもある田中希美男さんへの取材をもとに、レンズフィルターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。保護フィルター、PLフィルター、NDフィルターなど、さまざまな種類がレンズフィルターにはありますが、どのように選べば間違いがないのでしょうか? 本記事では、基本的なレンズフィルターの選び方から、写真撮影をより楽しくするレンズフィルターの紹介までさまざまなお話をいただきました。なかなか奥が深そうなレンズフィルターの世界、いっしょにのぞいてみませんか?


防水カメラおすすめ6選と選び方【水中撮影できるものを厳選】自撮り向き商品も!

防水カメラおすすめ6選と選び方【水中撮影できるものを厳選】自撮り向き商品も!

カメラの専門家である田中希美男さんに教えてもらった防水カメラの選び方とおすすめの商品を紹介します。「家族で海水浴に行きたい」「プールでも撮影したい」などと、水中でカメラを使いたいと思う人にピッタリなのが防水カメラです。防水カメラと一口にいっても水深何十メートルもの深さに対応したものから、プール程度の防水まで、いろいろあります。またズーム機能を内蔵したカメラや自撮りに適したカメラなどもあります。この記事を参考に自分の欲しいカメラのタイプをぜひイメージしてみてください。また記事後半では中古品を買うときの注意点の紹介やAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングへのリンクもご用意しました。


オペラグラスおすすめ4選+10選と双眼鏡も紹介【コンサートや観劇に】

オペラグラスおすすめ4選+10選と双眼鏡も紹介【コンサートや観劇に】

小物王の納富廉邦さんにオペラグラスを買うときの選ぶポイントと、おすすめの商品を取材しました。観劇やコンサート、バードウォッチングなどにあると便利なオペラグラス。東京ドームや京セラドームなどでおこなわれる野球の試合など、遠くの人物をとらえたいときにも活躍します。ただ、倍率や視野角など商品によって異なり、どれを選んでいいのか迷いますよね。ぜひ本記事を参考にして、目的に合ったオペラグラスを見つけてくださいね。


人気の記事


>>総合ランキングを見る