おすすめの「Pentel(ぺんてる)」に関する記事

エナージェル オレンズ グラフシャープ ビクーニャ

【2021最新】受験指導講師が選ぶシャー芯おすすめ13選|書くのが楽しくなる

【2021最新】受験指導講師が選ぶシャー芯おすすめ13選|書くのが楽しくなる

シャーペン・シャープペンシルは、筆記用具のなかでも活用度が高く、さまざまなシーンで重宝するものです。好みのシャー芯と合わせて選ぶことで、より自分に合った使い心地になるのもシャーペンの魅力といえるでしょう。一方で、シャー芯の選び方がよくわからない、あまり選んだことがないという人も多いはず。ここでは、受験指導講師として活躍する西村 創さんへの取材をもとに、シャー芯の選び方とおすすめの商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【2021年】大学生ペンケースおすすめ22選|おしゃれで持ち運びやすい・大容量タイプ】

【2021年】大学生ペンケースおすすめ22選|おしゃれで持ち運びやすい・大容量タイプ】

大学生の必須アイテムペンケース。ペンだけではなく、ハサミや修正テープなどを持ち運ぶ機会もあるので、収納力や携帯のしやすさもチェックしながら、お気に入りのペンケースを見つけたいところです。そこで本記事では、住まいづくりナビゲーターの神村さゆりさんと編集部が選んだ大学生向けおすすめ商品と、大学生向けペンケースの選び方を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


布用ペンおすすめ10選|名前書きでにじまない、洗濯に強いペン

布用ペンおすすめ10選|名前書きでにじまない、洗濯に強いペン

保育園や幼稚園、小学校などで使う指定の靴や体操服に名前を書くのに必要な「布用ペン」。お絵描きやデコ用のボールペンやマーカー、白色タイプなども人気です。しかし、気になるのは布素材によるにじみや洗濯で落ちない耐水性などです。そこで、布に読みやすい文字が書ける布用ペンの選び方とおすすめ商品を、雑貨アーティスト/暮らしのリネン研究家の上島佳代子さんに取材しました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


【最強はどれ?】消しゴムおすすめ24選|小学生や受験生向けの商品も!

【最強はどれ?】消しゴムおすすめ24選|小学生や受験生向けの商品も!

勉強や事務仕事などに欠かせない「消しゴム」。100均などでも売られており、「どれも変わらない」「どれがいいの?」と思っている方も多いのでは?

しかし、トンボ鉛筆やコクヨ、パイロットなどさまざまな文具メーカーから種類豊富な消しゴムが販売されていて、どれがよいのか迷ってしまいますよね。この記事では、そんな消しゴムの選び方とおすすめの商品を厳選! 定番のmono消し以外にも、砂消しや練消しなど幅広い商品を紹介します。

記事後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミも合わせてチェックしてみてくださいね。


静電気防止キーホルダーのおすすめ12選|静電気をスピード除去できる商品も

静電気防止キーホルダーのおすすめ12選|静電気をスピード除去できる商品も


さまざまな静電気防止グッズが発売されていますが、なかでもキーホルダーは使い方がかんたんで、日常的に違和感なく持ち歩くこともできます。

本記事では、静電気防止キーホルダーの種類ごとの特徴や選び方、そして、おすすめの商品を紹介します!さらに記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみてください。


単語カード(単語帳)のおすすめ14選【アプリ連動できる】便利な使い方も!

単語カード(単語帳)のおすすめ14選【アプリ連動できる】便利な使い方も!

暗記科目やスキマ時間を活用した勉強で活躍する単語カード(単語帳)。近年ではアプリに対応したデジタルノートタイプのものも出てきました。コクヨをはじめとするさまざまな文具メーカーから販売されています。

そこでこの記事では単語カードの選び方とおすすめの商品を紹介していきます。記事後半には、Amazonの売れ筋ランキングも掲載しているのであわせてチェックしてみてください。


【最強はどれ?】静電気除去グッズおすすめ17選|スプレーやブレスレットなど紹介

【最強はどれ?】静電気除去グッズおすすめ17選|スプレーやブレスレットなど紹介

ドアノブに触れたときに『バチッ』とするのを防いでくれる静電気除去グッズ。ダイソー100均などでもスプレータイプからシールタイプまでたくさん販売されています。

今回は静電気に悩まされている人のためにもわかりやすい選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半にはヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。


砂消しゴムのおすすめ10選|ボールペンの文字消し・イラストに【消し方のコツも伝授!】

砂消しゴムのおすすめ10選|ボールペンの文字消し・イラストに【消し方のコツも伝授!】

砂消しゴムは、ボールペンやサインペンでミスをしたときに活躍する文房具。修正テープのように紙の色を変えずに、文字だけを消せる優れもの! 文字消しとしてだけではなく、イラストや漫画、図面を描くアイテムとしても活躍します。本記事では、一級建築士の神村さゆりさん監修のもと、砂消しゴムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングも掲載しているので、口コミもあわせてチェックしてみてください!


修正液おすすめ11選|こまかな修正にもしっかり対応【ハケ、ペン、油性、水性も】

修正液おすすめ11選|こまかな修正にもしっかり対応【ハケ、ペン、油性、水性も】

コクヨやぺんてるなどの文房具メーカー各社からいろんなタイプの修正液が販売されています。この記事では、ハケタイプやペンタイプ、油性や水性・油性両用はもちろん、ノック式やハガキや茶封筒専用のものまで、幅広い商品を紹介。さらに修正液選びのポイントも掲載していますので、ぜひ参考にして用途に合うものをさがしてみてくださいね。


水彩絵の具の人気おすすめ12選【子供用から大人用まで】絵の具の種類や違いも解説

水彩絵の具の人気おすすめ12選【子供用から大人用まで】絵の具の種類や違いも解説

子供用はもちろん、大人の趣味としても人気の水彩絵の具。おもにパステル調の美しい絵やイラストを描くのに使用します。描きたい絵のテイストで選ぶべき絵具は変わりますが、さまざまなメーカーから発売されており、固形やチューブ、さらに種類も透明、不透明など豊富にあるので、どれを選べばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、水彩絵の具の選び方とおすすめ人気商品をご紹介。通販サイトの人気ランキングや口コミもあるので、最後まで読めばあなたの使い方に合った水彩絵の具を見つけられます!


重厚感のあるレトロなフォルム!『万年CIL(ケリー)』携帯もしやすいキャップ式シャープペンの使い心地を検証レビュー

重厚感のあるレトロなフォルム!『万年CIL(ケリー)』携帯もしやすいキャップ式シャープペンの使い心地を検証レビュー

『万年CIL(ケリー)』は、シャープペンとしては珍しいキャップがついているタイプで、ポケットに入れて持ち歩いてもペン先で傷つかないのが特徴です。また、万年筆のような見た目で、レトロさや重厚感があるところも人気の理由。しかし、筆記具として使うからには、見た目のよさだけでなく、書き心地も気になるところです。本記事では、『万年CIL(ケリー)』を実際に使い、握りやすさ、書きやすさ、芯の折れにくさなどの使い心地を徹底検証してみました。『万年CIL(ケリー)』に興味をもっている人はぜひ読んでみてください。


修正したい部分をピンポイントで消せる! 『クリックイレーザー』の機能性を検証レビュー

修正したい部分をピンポイントで消せる! 『クリックイレーザー』の機能性を検証レビュー

『クリックイレーザー』は、紙との接地面が小さく細かい部分の修正がしやすい消しゴムです。細長く薄い形状で、カッターの刃を出すように少しずつ繰り出して使います。通常であれば、修正液や修正テープを使って訂正しなければならない印刷文字やボールペン文字を消せると話題ですが、本当に消えるのと疑問に思う人も多いはず。この記事では、『クリックイレーザー』を実際に購入し、使い心地や機能性について検証してみました。購入を検討している人はもちろん、興味をもった人はぜひ一度読んでみてください。


文房具ライターが教える! ホワイトボードマーカーの選び方とおすすめ9選

文房具ライターが教える! ホワイトボードマーカーの選び方とおすすめ9選

文房具ライターのきだて たくさんにホワイトボードマーカーの選び方とおすすめを教えてもらいました。細字・中字・太字など芯の太さの違いだけでなく、インク貯蔵や交換方式の違いによりさまざまなタイプが発売されています。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


スティック消しゴムおすすめ16選&ランキング|ノック・スライド・電動式

スティック消しゴムおすすめ16選&ランキング|ノック・スライド・電動式

消しゴムはどれも一緒と思っている方に、ぜひ試してもらいたいのが「スティック消しゴム」。ここでは、文房具ライター&ブロガーの猪口フミヒロさんと編集部が厳選したスティック消しゴムのおすすめと選び方をランキングとともにご紹介します。トンボ鉛筆やぺんてる、コクヨ、なかには鉛筆やシャープペンだけでなく、ボールペンやコピー用紙のインクを消すことができる画期的なアイテムも。


ぺんてるのボールペンおすすめ11選!【おなじみのモデルから高級ラインまで】

ぺんてるのボールペンおすすめ11選!【おなじみのモデルから高級ラインまで】

数多くのボールペンが販売されていますが、なかでも老舗メーカーのうちのひとつが「ぺんてる」。ぺんてるは創業70年以上の歴史があり、ゲルインキのボールペンをはじめ、リーズナブルなものから高級モデルまでそろっています。この記事では、ギフトソムリエで文具にも詳しいPapp Hidekoさん監修のもと、ぺんてるのボールペンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


まるで本物の毛筆! 『ぺんてる筆ペン』しなやかな書き心地を検証レビュー

まるで本物の毛筆! 『ぺんてる筆ペン』しなやかな書き心地を検証レビュー

一口に筆ペンと言っても、メーカーによって書き心地はさまざま。サインペンのように書きやすい筆ペンは手軽で扱いやすいメリットはありますが、なかには写経や俳句、絵画に使えるような本格的な筆ペンを探している人もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが『ぺんてる筆ペン』。まるで本物の毛筆と墨汁を使っているかのような書き心地が魅力です。また、墨汁を使うとネックになりやすい片づけも、『ぺんてる筆ペン』なら気にせず気軽に使いやすいのもうれしいポイントとなっています。この記事では『ぺんてる筆ペン』を実際に購入して書き心地を検証しました。あなたの趣味や目的に活用できる商品か、この記事を参考にしながら検討してみてくださいね。


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


グラフ1000はかきやすいかを試して検証! 0.3mmなど芯径によるちがいも

グラフ1000はかきやすいかを試して検証! 0.3mmなど芯径によるちがいも

『グラフ1000』は1986年の発売以来ロングセラーの製図用シャーペン。すぐれた使い心地で、製図だけでなく文字やイラストをかくのにもぴったりの1本です。今回はこの『グラフ1000』を購入し、かきやすさや持ちやすさなど、実際に試してわかった使用感をくわしく紹介していきます。0.3~0.9mmまで5種類の芯径ラインナップがありますが今回は、0.3mm、0.5mm、0.7mmを用意しました。芯径ごとのかき味のちがいもレビューしていくので、ぜひ記事を読んで『グラフ1000』を購入する際の参考にしてくださいね!


スマッシュは書きやすい! 女子でも使いたい実力を実際に試して検証

スマッシュは書きやすい! 女子でも使いたい実力を実際に試して検証

「スマッシュ」は30年以上前に発売されて以来、いまなお売れ続けているロングセラーのシャーペンです。近年SNSを中心に話題にもなった商品で、気になっているという方も多いのではないでしょうか。この記事では、スマッシュを実際に購入して、その実力を検証してみました。スマッシュは男子だけでなく、書き心地を求める女子にもおすすめ! スマッシュを買おうか悩んでいる方は、ぜひ記事を参考にしてみてくださいね。


【修正テープおすすめ8選!】文房具ライターが上手な選び方も解説

【修正テープおすすめ8選!】文房具ライターが上手な選び方も解説

文房具ライターの猪口フミヒロさんに聞いた、おすすめの修正テープと選び方のポイントを掲載。ボールペンなどで文字を書き、間違えたときにかんたんに消せる便利な「修正テープ」。トンボ鉛筆やZEBRA(ゼブラ)、ぺんてるなど文房具メーカーから、さまざまな機能をもった修正テープが販売されています。使い切りのものやカートリッジタイプもあるので、本記事を参考に使いやすい修正テープをみつけてくださいね。記事の最後には各通販サイトのランキングもありますので、ぜひ参考にしてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。