リストストラップおすすめ7選 | ジムトレーニングの筋肉アップに役立つ!

リストストラップおすすめ7選 | ジムトレーニングの筋肉アップに役立つ!
フィットネストレーナー講師
曽谷 英之

神戸大学大学院で運動障害論を学び、ロサンゼルスでの筋肉留学を経てパーソナルトレーナー活動を始めました。 ロジカルで分かりやすい指導がトレーニング初心者の方にご好評をいただき、パーソナルトレーニングマッチングサイト 「MY TRAINERS(マイトレーナーズ)」の2018年度人気No.1トレーナーになりました。 現在は、フィットネストレーナーを「一家に一台」提供するために、トレーナースクール「MY TRAINERSアカデミー」の講師を担当しています。

フリーウェイトトレーニングで握力補助のための有効なツールがリストストラップ。背中の筋肉を鍛えるときまどの握力を補いときに使いたいツールです。いざ選ぶとなると、素材や形状の違いなどがあり、どれを選んだらいいものか迷ってしまいます。ここではリストストラップの選び方を解説し、フィットネストレーナー講師の曽谷英之さんと編集部が選んだおすすめのリストストラップを紹介します。


リストストラップとは

ダンベルの重りを付け替えている様子

Photo by Victor Freitas on Unsplash

ウエイトトレーニングに大切なグリップをサポートしてくれるのがリストストラップです。

フィットネスクラブやジムでウエイトトレーニングなどを行なうときに、リストストラップは握力を補助してくれるのでトレーニングに注力しやすくなる便利なツール。手に入れやすい価格でありながら、どの素材の商品でも破断しにくく、長く使えるタイプが多いです。

使用時のコツがわかれば間違いなくトレーニング効率も上がるので、自分に合ったリストストラップを手に入れて、より内容の濃いトレーニングに取り組みましょう。

リストストラップの選び方 フィットネストレーナー講師に取材

リストストラップを選ぶ際は、使われている素材や長さや使い勝手などにフォーカスして、自分にぴったりのものを見つけたいものです。ここで解説するポイントに着目して、購入する際の参考にしてくださいね。

ストラップの長さで選ぶ

リストストラップを使用するにあたって、適度な長さとしては一般的に45~60cmの範囲が目安。もちろん、実際はバーの太さやユーザーの手のサイズによっても微妙に変わってくるでしょう。バーに2回から3回巻きつけることができれば支障はないので、それぐらいの長さがあれば神経質になる必要はありません。

手首へのなじみ具合で選ぶ

手首になじまないリストストラップを使用していると、すれて痛みを感じることがあります。そうなると、もうトレーニングに集中できなくなりますよね。無理やり続けると手の皮膚をキズつけてしまうことさえあります。ゴムがブレンドされたり、革素材のものが手首になじみやすいのでいいでしょう。

素材で選ぶ

リストストラップに使用される素材は、おもに「本革素材」とナイロンやコットンなどの「繊維素材」の2種類です。それぞれに特徴がありますので、確認しておきましょう。

使いやすく安全性もある「本革素材」

天然皮革素材はその性質上、バーに巻きつけると固定され滑り止め効果を期待できます。トレーニング中にかかる強い力にもびくともせず、しっかり固定されるのでサポート性が高まり、安全なトレーニングが可能。しかも皮革素材は耐久性も充分なので、長期間にわたって愛用する人も多いです。

コットン&ナイロンなど洗える「繊維素材」

コットンやナイロンなどの繊維素材を使ったリストストラップは、本革素材と違って洗うことができます。コンスタントに洗濯して衛生的に使えるのがポイントですね。ストラップの構造上、耐久性もそこそこありますので、ハードなトレーニングでもしっかり補助してくれます。

手首へのフィット感と素材に注目して選びましょう フィットネストレーナー講師のアドバイス

フィットネストレーナー講師

リストストラップを使用する種目では、高重量を扱いますのでうまく手首にフィットするかがポイントです。また使用頻度を考慮して、耐久性のある素材なのか洗いやすい素材なのかもチェックしたいですね。

リストストラップのおすすめ7選 フィットネストレーナー講師と編集部が選ぶ

ここからはおすすめのリストストラップを紹介します。素材や効果や使いやすさ、装着感などに注目して選んでみました。

フィットネストレーナー講師

Schiekの『パワーリフティングストラップ』は一般的なリストストラップよりも手首の安定性が出るような設計になっており、高重量を扱うのに慣れていない方におすすめ。

Grizzly Fitness『Leather Lifting Straps』のような革製のリストストラップはより高いグリップ力が得られますので、高重量を扱うトレーニング中級〜上級者の方向けです。

BODYMAKER『リストストラップ TG146』はなんと言っても安価なので、とりあえずリストストラップの効果を試したい方におすすめです。安いからすぐに切れるということもありません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Schiek(シーク)『パワーリフティングストラップ(1000PLS)』 エキスパートおすすめ商品!

Schiek(シーク)『パワーリフティングストラップ(1000PLS)』

出典:Amazon

素材 ネオプレン、ナイロン、アクリル
ストラップの長さ 27.94cm
リストラップ あり

リストラップとの一体型で一石二鳥

25年以上の歴史があるアメリカのトレーニングギアメーカー、Schiekのアイテム。27.94cmのストラップがバーにしっかりとフィットし、トレーニングをサポートします。

手首部分がリストラップになっているのも特徴のひとつ。手首の保護としても使えるため、ベンチプレスのようなプッシュ系の種目でも役立つでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Grizzly Fitness(グリズリーフィットネス)『Leather Lifting Straps (8640-00)』 エキスパートおすすめ商品!

GrizzlyFitness(グリズリーフィットネス)『LeatherLiftingStraps8640-00』 GrizzlyFitness(グリズリーフィットネス)『LeatherLiftingStraps8640-00』 GrizzlyFitness(グリズリーフィットネス)『LeatherLiftingStraps8640-00』 GrizzlyFitness(グリズリーフィットネス)『LeatherLiftingStraps8640-00』 GrizzlyFitness(グリズリーフィットネス)『LeatherLiftingStraps8640-00』 GrizzlyFitness(グリズリーフィットネス)『LeatherLiftingStraps8640-00』

出典:Amazon

素材 レザー
ストラップの長さ -
リストラップ なし

トレーニング時の負荷を軽くする小さい応援団

ウエイトトレーニングやクロスフィットなどのトレーニングをするときの負荷を軽減させてくれます。思わぬアクシデントを含むケガの予防やサポートにつながり、トレーニング自体のパフォーマンスの向上を目指せるでしょう。

クロスフィットやスクワットのほかにも、デッドリフトやベンチプレスなど高重量を扱うウエイトトレーニングにふさわしい革素材のアイテムです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BODYMAKER(ボディメーカー)『リストストラップ (TG146)』 エキスパートおすすめ商品!

BODYMAKER(ボディメーカー)『リストストラップTG146』 BODYMAKER(ボディメーカー)『リストストラップTG146』 BODYMAKER(ボディメーカー)『リストストラップTG146』 BODYMAKER(ボディメーカー)『リストストラップTG146』 BODYMAKER(ボディメーカー)『リストストラップTG146』 BODYMAKER(ボディメーカー)『リストストラップTG146』 BODYMAKER(ボディメーカー)『リストストラップTG146』

出典:Amazon

素材 綿
ストラップの長さ 55cm
リストラップ なし

バーベルトレーニングの効果を上げる必需品!

コットン素材で手首になじみやすく、ビギナーから熟練したトレーナーまであらゆる層が使用可能。ターゲット部位に集中したトレーニングが実現するでしょう。

背筋や脚力の筋力トレーニングするときの悩みである、握力にかかる負担をできるだけ少なくすることにより、オールアウトに達するまでしっかりした握力をキープ。効率的なトレーニングをおこなえます。

Harbinger(ハービンジャー)『パッデッド コットン リフティング ストラップ』

Harbinger(ハービンジャー)『パッデッドコットンリフティングストラップ』 Harbinger(ハービンジャー)『パッデッドコットンリフティングストラップ』 Harbinger(ハービンジャー)『パッデッドコットンリフティングストラップ』 Harbinger(ハービンジャー)『パッデッドコットンリフティングストラップ』 Harbinger(ハービンジャー)『パッデッドコットンリフティングストラップ』 Harbinger(ハービンジャー)『パッデッドコットンリフティングストラップ』

出典:Amazon

素材 コットン、ポリエステル、ネオプレーン
ストラップの長さ 約54.6cm
リストラップ なし

狙った筋肉を鍛えるコットン素材のグリップ性

アスリートの声をフィードバックしながら緻密に開発設計された逸品。グリップ性のよいコットンベルトが握り込みやすさをサポートしてくれ、狙った部位の筋肉をピンポイントで鍛えるのに効果を発揮します。

手首にあたる部分は快適性確保のためNeoTek製パッドを用いており、トレーニングを気持ちよく続けることが可能。ストラップの両端はダブルステッチ仕様なので耐久性があり、使っているうちにほつれることを防いでくれます。大きな面積で握りやすいストラップを探している人に向いているでしょう。

Schiek(シーク)『リフティングストラップ (1000BPS)』

Schiek(シーク)『リフティングストラップ(1000BPS)』

出典:Amazon

素材 アクリル繊維
ストラップの長さ 約52cm
リストラップ なし

シャフトへの取り外しがラクで使いやすい

シャフトへかんたんに巻きつけるだけで、握りこめば握力を補助するので、より強度の高い攻めのトレーニングを実現できます。

トレーニングの種類としては軽い重量のサポートから高重量のサポートまで、気軽に使えるでしょう。ハードなトレーニングにおける高重量を引っ張るときの引き動作やカール動作などの握力サポートにすぐれています。

『鬼エイトストラップ』

『鬼エイトストラップ』 『鬼エイトストラップ』 『鬼エイトストラップ』 『鬼エイトストラップ』

出典:Amazon

素材 コットン
ストラップの長さ -
リストラップ なし

独自の8の字構造で高負荷のトレーニングをサポート

ネーミングのとおり、独自の8の字構造を採用しているのが特徴。300kg以上の負荷でも外れないので、デッドリフトやベントオーバーローイングで高重量を扱う方におすすめです。

日本人の手になじむよう設計されており、手首の細い方向けのXSサイズと一般男性向けのSサイズを展開。使いやすくスムーズにトレーニングできるのも8の字構造のメリットです。

ROGUE(ローグ)『リフティング リスト ストラップ』

ROGUE(ローグ)『リフティングリストストラップ』 ROGUE(ローグ)『リフティングリストストラップ』 ROGUE(ローグ)『リフティングリストストラップ』

出典:Amazon

素材 コットンorナイロン
ストラップの長さ 50cm
リストラップ なし

慣れると脱着もラクラク! 懸垂もサポート

ジムでデッドリフトや懸垂などをおこなうときに、握力を補助。使いはじめは手間どる可能性がありますが、何度か使用すれば慣れてきて、つけたり外したりをかんたんにできるようになります。

手首には最初の使用からなじんで心地よい装着感が得られます。長さ50cmのフリーサイズで使い勝手がよく、折りたたむとコンパクトになるので、気軽に持ち歩けるでしょう。

「リストストラップ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Schiek(シーク)『パワーリフティングストラップ(1000PLS)』
Grizzly Fitness(グリズリーフィットネス)『Leather Lifting Straps (8640-00)』
BODYMAKER(ボディメーカー)『リストストラップ (TG146)』
Harbinger(ハービンジャー)『パッデッド コットン リフティング ストラップ』
 Schiek(シーク)『リフティングストラップ (1000BPS)』
『鬼エイトストラップ』
ROGUE(ローグ)『リフティング リスト ストラップ』
商品名 Schiek(シーク)『パワーリフティングストラップ(1000PLS)』 Grizzly Fitness(グリズリーフィットネス)『Leather Lifting Straps (8640-00)』 BODYMAKER(ボディメーカー)『リストストラップ (TG146)』 Harbinger(ハービンジャー)『パッデッド コットン リフティング ストラップ』 Schiek(シーク)『リフティングストラップ (1000BPS)』 『鬼エイトストラップ』 ROGUE(ローグ)『リフティング リスト ストラップ』
商品情報
特徴 リストラップとの一体型で一石二鳥 トレーニング時の負荷を軽くする小さい応援団 バーベルトレーニングの効果を上げる必需品! 狙った筋肉を鍛えるコットン素材のグリップ性 シャフトへの取り外しがラクで使いやすい 独自の8の字構造で高負荷のトレーニングをサポート 慣れると脱着もラクラク! 懸垂もサポート
素材 ネオプレン、ナイロン、アクリル レザー 綿 コットン、ポリエステル、ネオプレーン アクリル繊維 コットン コットンorナイロン
ストラップの長さ 27.94cm - 55cm 約54.6cm 約52cm - 50cm
リストラップ あり なし なし なし なし なし なし
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする リストストラップの売れ筋をチェック

Amazonでのリストストラップの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:リストストラップ・リストラップランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】トレーニンググッズはこちら

スポーツトレーナーの内田英利さんへの取材をもとに、人気のトレーニンググッズの選び方とおすすめ商品をご紹介します。自宅にトレーニンググッズがあれば、筋トレやシェイプアップをしたいときにいつでも取り組むことができますね。グッズを購入したいと考えたとき、より使いやすいのはどんなグッズか気になる方は多...

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、トレーニングベンチの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。自宅で気軽にトレーニングができるトレーニングベンチですが、選ぶ際に気をつけるべきポイントがいくつかあります。この記事では選び方のコツやおすすめの商品を紹介しているので、迷ったときにはぜひ参考に...

パーソナルトレーナーの田子 政昌さんに、シットアップベンチの選び方とおすすめ商品について聞いてみました。いわゆる普通の腹筋運動(シットアップまたはトランクカール)は、そのまま行うだけでは一定以上の負荷をかけるのは難しくなります。シットアップベンチを使うと、傾斜を付けたり、足部を固定してより大き...

パーソナルトレーナーが選ぶチンニングスタンドのおすすめ5選を紹介します。チンニング(懸垂・チンアップまたはプルアップ)はぶらさがった状態から上半身を引き上げることで、主に腕や背中を鍛える種目です。重りを使わない、いわゆる「自重トレーニング」で、上級者もよくおこなうトレーニングのひとつですが、チ...

マラソン完走請負人の牧野 仁さんに、フィットネスジムで履くのにおすすめのランニングシューズを教えてもらいました。ジムではおもにトレッドミルなどの安定した地面を走るので、ロード用のランニングシューズとは違った視点で選ぶことがポイント。また、走るだけでなく、スタジオでエクササイズもするのであれば、...

トレーニングスタイルに合わせて選びましょう

今回はリストストラップの7商品をご紹介しました。素材の違いはもちろん、形状によっても使い勝手は大きく変わってきます。自身のトレーニングスタイルに合わせて、パフォーマンスを上げられそうなリストストラップを選んでくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

2020/05/22 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


プッシュアップバーおすすめ12選|【腹筋・背筋・胸筋】など筋トレに!

プッシュアップバーおすすめ12選|【腹筋・背筋・胸筋】など筋トレに!

「プッシュアップバー」は腕立て伏せを補助する器具。これを使うことで体重分以上の負荷をかけることができ、体幹トレーニングと組み合わせてウエスト周りの刺激を高めることが可能です。本記事では、パーソナルトレーナーの田子政昌さんと編集部が厳選したおすすめ商品と選び方についてご紹介します。


トレーニングベンチおすすめ11選|筋トレの必需品&折り畳みが人気

トレーニングベンチおすすめ11選|筋トレの必需品&折り畳みが人気

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、トレーニングベンチの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。自宅で気軽にトレーニングができるトレーニングベンチですが、選ぶ際に気をつけるべきポイントがいくつかあります。この記事では、ランニングインストラクター・パーソナルトレーナーの田子政昌さんと編集部が選んだ、おすすめの商品をご紹介します。


カゼインプロテインおすすめ10選|賢くタンパク質摂取! ソイやホエイとの違いは?

カゼインプロテインおすすめ10選|賢くタンパク質摂取! ソイやホエイとの違いは?

ホエイプロテインよりも吸収が遅く、持続的にたんぱく質の補給ができるカゼインプロテイン。この記事では、専門家に取材のもとカゼインプロテインのおすすめ10選と選び方、ほかのプロテインとの飲み分け方を解説! 後半では、Amazonや楽天市場など通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載しているので、ぜひチェックしてみてください。


【2020最新】自宅用エアロバイクおすすめ15選&ランキング|初心者から本格派まで!

【2020最新】自宅用エアロバイクおすすめ15選&ランキング|初心者から本格派まで!

全米エクササイズ&スポーツトレーナーの内田英利さんに取材のもと、エアロバイクのおすすめ15選と選び方を徹底解説! ジムのような本格機能を搭載しながらもコンパクトで折りたたみ可能など、自宅で気軽にトレーニングできるエアロバイクを紹介します。アルインコやハイガーなどの人気製品もピックアップ。さらに記事後半では、各通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載しています。


【効率的に体幹トレーニングができる】フォームローラーおすすめ5選

【効率的に体幹トレーニングができる】フォームローラーおすすめ5選

パーソナルトレーナーの田子政昌さんへの取材のもと、形状や凹凸の数など、効率的にトレーニングができるフォームローラーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはSoarmax『ワンタッチテント』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはシャープの空気清浄機『プラズマクラスター 7000』。


【プロ厳選ランキング】小型スマホおすすめ11選|高性能なものやおサイフケータイ対応のものも

【プロ厳選ランキング】小型スマホおすすめ11選|高性能なものやおサイフケータイ対応のものも

ITライターである酒井麻里子さんへの取材をもとに、小型スマホのおすすめ商品と選び方をご紹介します。ほどよい大きさで手におさまりやすい小型スマホ。大型化が進むスマホですが、扱いづらさを感じることもあり、小さいサイズを求めている方も多いのではないでしょうか? どれを選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。


車ハンドルカバーおすすめ15選|シンプルからかわいい・デザイン性が高いものまで!

車ハンドルカバーおすすめ15選|シンプルからかわいい・デザイン性が高いものまで!

車の内装グッズのなかでも、手軽に車内の雰囲気を変えられる「ハンドルカバー」。しかし、デザインや素材、サイズなどが幅広く、どれを選べばいいのか悩みますよね。この記事では、車ハンドルカバーの選び方のポイントを解説していきます。また、自動車ライターの塚田勝弘さんと編集部が、タイプ別に選んだ魅力的な商品15点もご紹介します。すてきなハンドルカバーを選んで、愛車でのドライブを楽しみましょう。


【2020年最新版】iPhone対応スピーカーおすすめランキング16選| Bluetooth対応&安定の有線タイプの商品を紹介!

【2020年最新版】iPhone対応スピーカーおすすめランキング16選| Bluetooth対応&安定の有線タイプの商品を紹介!

iPhoneに収録してある音楽を、本格的なイヤホンで楽しみたい人もいるのではないでしょうか。持ち運びのしやすいポータブルスピーカーなら、車内や旅行先でも音楽を楽しめますし、大きめで音質にこだわったスピーカーならば家でのリラックスタイムに重宝します。ここでは、ITライターの傍島康雄さんへの取材をもとに、iPhoneに対応しているスピーカーの選び方とおすすめの商品を全部で16商品ご紹介します。


スポーツ・自転車の人気記事


>>もっと見る