PR(アフィリエイト)

トレーニングベルト人気おすすめ6選|筋トレ効果のアップや腰への負担軽減

king2ring(キングツーリング)『パワーベルト(pk3800)』
出典:楽天市場
king2ring(キングツーリング)『パワーベルト(pk3800)』
出典:楽天市場

◆本記事はプロモーションが含まれています。

トレーニングベルトの正式名称は、「ウエイトトレーニングベルト」。パワーベルトや筋トレベルトなどとも呼ばれます。

スクワットやデッドリフト、ベンチプレスなどを行う際ウエストに巻き、腹圧を高めることで腰(体幹)が安定しより力を発揮できたり腰痛を軽減してくれる効果があります。

そこでこの記事では、トレーニングベルトの選び方とおすすめ商品を紹介します。人気のゴールドジムをはじめ本格的な革製や高コスパな商品もピックアップ。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク、スポーツ・自転車
沼田 裕貴

主に「食品」「ドリンク・お酒」「スポーツ・自転車」を担当する40代編集者。好奇心旺盛で「何事にもまずは試してみる」をモットーにしてる。最近は格闘技好きが高じて、ボクシングや柔術を習っている。休日はスーパーでお買い得品を探すのも趣味。新商品には目がないので、ついつい買いすぎてしまうのが悩み。

トレーニングベルトの効果とは? 筋トレを効率よく安全に!

トレーニングベルトの正式名称は、「ウエイトトレーニングベルト」といいます。フリーウエイトで、筋トレを本格的にしている上級者がつけるイメージがあるかもしれませんが、最近ではフィットネス文化が浸透したことにより、初心者や女性も使用しています。

トレーニングベルトの効果は、腰への負担軽減と筋トレの効果を高めてくれるところ。腰をがっちり固定するので、不安定な体勢になっても安定させることが可能で、怪我の予防にもなります。

腰が安定するため、スクワットやデッドリフトに使います。中上級者は、重量挙げの種目でもある、ハイクリーンやスナッチのパフォーマンス向上にもつながるでしょう。

トレーニングベルトの選び方

ひとことでトレーニングベルトといっても、その種類はさまざまです。素材・つくり・ベルトの幅など、どんなものが自分に合っているの? と迷いますよね。

ここでは、初心者から上級者、そして女性に使いやすいものまで、さまざまな観点からトレーニングベルトの選び方を解説します。ポイントは下記の5つ。

【1】素材でトレーニングベルトを選ぶ
【2】バックルの種類でトレーニングベルトを選ぶ
【3】ベルトの幅で選ぶ
【4】女性向けのトレーニングベルトも
【5】ウエストに合わせたサイズ選びを


どんなふうに使いたいのか・どんなものが合っているのか、想像しながら読み進めてくださいね。

【1】素材でトレーニングベルトを選ぶ

トレーニングベルトの素材は、大きくわけて革製とナイロン製の2種類。素材によって、扱いやすさや筋トレの効果が変わります。それぞれの素材にはメリットとデメリットがありますが、ご自身に合ったものが選べるとよいですね。

それでは、トレーニングベルトの素材について解説していきます。

▼本格的に筋トレするなら「革製ベルト」

 

スクワットやデッドリフトなど、高重量を扱いやすく腰への負担が大きい筋トレに向いているのが、革製のトレーニングベルトです。革製は伸縮性はありませんが、とても丈夫で体幹部分をしっかりとサポートしてくれます。

ただし、革製は丸洗いすることができないため、清潔な状態をたもちたい方はアルコールで拭くなど、こまめにお手入れをしてください。革製は、腹圧をかけて筋トレしたい方にもお使いいただけます。

▼「ナイロン製」は軽くて扱いやすい! 初心者や女性にも

 

軽くて扱いやすい素材なら、ナイロン製のトレーニングベルトを選んでみてはいかがでしょうか。ナイロン製は軽量なうえに肌触りがやわらかく、伸縮性にすぐれたものが多く販売されています。

マジックテープで止めるタイプも多いため、つけはずしもカンタンで女性や初心者にも扱いやすいですよ。革製と比べると丈夫さは劣りますが、使い勝手がよく軽い運動に向いています。

【2】バックルの種類でトレーニングベルトを選ぶ

トレーニングベルトのバックルの種類は、ピンタイプ・レバーアクション・フックバックル・マジックテープの4種類があります。筋トレの種目ごと、セットごとに着脱するものになるため、使いやすいものを選んでください。なお、バックルの種類によって、安定感も変化しますよ。

それでは、ひとつずつ解説していきます。

▼レザーベルトの定番「ピンタイプ」

 

ピンタイプはトレーニングベルトの主流です。通常のベルトにも使われているため、イメージしやすいのではないでしょうか。装着したときに安定感があることがメリットですね。

ピンの数は、1本のものと2本のものがあります。2本タイプは、装着する際に少々面倒に感じるかもしれません。しかし、1本と比べると安定感が増しますよ。腰をしっかりと固定して筋トレしたい方に向いています

▼カンタンに固定できる「レバーアクション」

 

レバーを押し込んで装着するタイプのトレーニングベルトです。ワンタッチで装着できるため、カンタンに固定でき初心者にも使っていただけます。しかし、金具の位置を変えるには一度金具を外さなければなりません。調整が面倒に感じるかもしれませんが、一度決めてしまえば装着に手間をとりませんよ。

装着時のわずらわしさを軽減したい方は、レバーアクションはいかがでしょうか。

▼「フックバックル」はワンタッチで外せる

 

ベルトの穴にフックを差し込んで装着するフックバックル。ピンタイプのトレーニングベルトより、ラクに着脱できるのがメリットです。長さの調節もカンタンにできるため、筋トレの種目ごと、セットごとに調節したい場合、うれしいポイントになるでしょう。

ベルトの長さを微調節しながら筋トレしたい方や、ラクに着脱したい方向けです。

▼ナイロン製ベルトなら「マジックテープ」がほとんど

 

ナイロン製のトレーニングベルトは、マジックテープで固定するものがほとんどです。そのため、サイズの微調整ができどんな体型の方にも合わせやすいですよ。また、着脱がカンタンなところもポイントです。やわらかい素材なので、体にフィットさせることもできますよ。

商品によっては手洗いできるものもあり、衛生的に使うことができます。

【3】ベルトの幅で選ぶ

トレーニングベルトの幅は、細いものと広いものがあります。また、前側だけ細くなっているものもありますよ。幅が細いタイプは標準的なタイプで、トレーニングの邪魔になりません。それに対し、幅が太いタイプは、高重量を扱うときに向いています。

筋トレの種類によって、使いやすいベルトの幅を選んでくださいね。それでは、詳しく見ていきましょう。

▼前の幅が細いトレーニングベルトはだれでも使いやすい

 

幅が細いタイプのトレーニングベルトは、体のさまざまな部分を鍛えるのに向いています。また、前側の幅が細いタイプは使いやすい作りになっているため、初心者でも扱いやすいですよ。腹部が細くなっていると、負担も軽減され筋トレの邪魔をしません。ポピュラーで標準的なタイプといえます。

ベルトの幅に悩んだら、前の幅が細いものを選ぶとよいでしょう

▼幅広タイプのパワーベルトはしっかり固定! しっかりした安定感

 

幅広タイプのベルトは「パワーベルト」と呼ばれています。幅が広いため、しっかりと腹部や腰を固定し、ベンチプレスなど高重量を扱う際に効果を発揮しますよ。

また、安定性にもすぐれており、スクワットやデッドリフトなどの筋トレをする方にも満足いただけます。前傾姿勢になるとお腹に当たるため、慣れが必要ですね。なお、買ったばかりだと硬くて使いにくいですが、次第に柔らかくなり馴染んでいくので、ご安心を。

挙上重量をあげていきたい方は、幅広タイプはいかがでしょうか。

【4】女性向けのトレーニングベルトも

トレーニングベルトは、男性が使うことを意識して作られたものが多いです。そのため、サイズが大きくて合わなかったりカラーバリエーションが少ないということも。

しかし、最近では女性向けに開発されたトレーニングベルトも販売されています。赤やピンクといった、筋トレが楽しくなるようなカラーもありますよ。

ご自身に合うトレーニングベルトが見つからないという方は、女性用にも注目してみてくださいね。

【5】ウエストに合わせたサイズ選びを

ピンクのメジャーでウエストを測っている女性
Pixabayのロゴ
ピンクのメジャーでウエストを測っている女性
Pixabayのロゴ

体型は人によりさまざまですよね。トレーニングベルトを選ぶ際は、サイズ選びも重要なポイントです。商品によってはS・M・Lなど、サイズを選ぶことができます。購入する際はメジャーなどでご自身のウエストサイズを測ったうえで選んでくださいね。

また、メーカーによりサイズに多少の誤差があります。商品説明やレビューなどを読んで、ウエストに合せたサイズを購入してくださいね。

トレーニングベルトの人気メーカー

さまざまなメーカーからトレーニングベルトが販売されていますが、人気の高いゴールドジム、シーク、ハービンジャー、SBDをご紹介します。

アマチュアからプロまで人気が高いGOLD'S GYM(ゴールドジム)

 

アメリカを中心に全世界に展開されているゴールドジムは、日本国内にも多くの店舗があります。ベルトやグローブなどさまざまなトレーニングギア、Tシャツやタンクトップなどのアパレル、プロテインなどのサプリメントも販売。

トレーニングベルトは、アマチュアからプロからから改善点を集め、使いやすさにこだわっています。

人間工学に基づいたフィットしやすいSchiek(シーク)

 

ゴールドジム同様、さまざまなトレーニングギアを販売しているシークですが、その特徴は世界ではじめて人間工学に基づき、身体の形にフィットする商品を開発した点です。

革製品とナイロン両方のベルトを販売、また、巻くだけで背骨を適切な位置に維持してくれるので、サポート性や付け心地を重視する人におすすめです。

腰回りのサポートを重視するならHarbinger(ハービンジャー)

 

世界の一流アスリートと共同で高品質なトレーニングギアを開発しているのが、ハービンジャーです。なかでも、トレーニングベルトは幅が広く、腰回りのサポート強化のため、腰部に発砲フォームを入れています

高品質で割と安価な点、サイズも豊富で女性人気も高いブランドになります。

レバーで締め付け具合を調整できるSBD(エスビーディー)

SBD
SBD

トレーニング関連の商品を展開しているイギリスのブランド「SBD」は、革新的な構造のバックルを持つレバーアクションベルトを展開しています。優れた締め付け力をキープしたまま、レバーで簡単に締め付け具合を変えることが可能。
ウェイトリフティングの世界大会などでも多くのリフターが着用しており、ブランドへの高い信頼性があります。

トレーニングベルトおすすめ6選

トレーニングベルトは、素材も幅もさまざまで選ぶのに迷ってしまいますよね。そのほか、バックルの種類によっても扱いやすさは異なります。

ここでは、トレーニングベルトのおすすめ商品をご紹介。初心者から上級者まで、また女性向けのトレーニングベルトもご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

ゴールドジム(GOLD'S GYM)『トレーニングレザーベルト(BK G3368GOLD)』

ゴールドジム(GOLD'SGYM)『トレーニングレザーベルト(BKG3368GOLD)』 ゴールドジム(GOLD'SGYM)『トレーニングレザーベルト(BKG3368GOLD)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

トレーニングジム監修、初心者から上級者まで使える

大手トレーニングジムが監修した、初心者から上級者まで使えるトレーニングベルトです。

腰にはトレーニングジムのロゴが入っています。また、使い込むほどに変化する、革のエイジングを楽しむこともできます。

トレーニングベルトの定番商品です。何にしたらよいか迷ったらこちらの商品がおすすめです。



素材 レザー
バックル 2ピン
ベルト幅 -
サイズ展開 XS、S、M、L
カラー -
全てを見る全てを見る

素材 レザー
バックル 2ピン
ベルト幅 -
サイズ展開 XS、S、M、L
カラー -
全てを見る全てを見る

Schiek(シーク)『リフティングベルト』

Schiek(シーク)『リフティングベルト』 Schiek(シーク)『リフティングベルト』 Schiek(シーク)『リフティングベルト』 Schiek(シーク)『リフティングベルト』
出典:Amazon この商品を見るview item

湾曲した形が腰にフィット! 上級者も満足

メーカー特許デザインの体にフィットする形状で、ピタッと腰を固定してくれるトレーニングベルトです。ピッタリとフィットするベルトは、トレーニングの邪魔にならず集中して体を鍛えることができますよ。また、幅広ベルトなので、しっかりした安定感が得られます。

とにかくフィットするトレーニングベルトがほしい! という方は、ぜひお試しください。

素材 ナイロン
バックル マジックテープ
ベルト幅 (約)12cm
サイズ展開 XS、S、M、L、LL、3L、4L、5L
カラー ブラック、レッド、パープル、グリーン、ブルー、ネイビー
全てを見る全てを見る

素材 ナイロン
バックル マジックテープ
ベルト幅 (約)12cm
サイズ展開 XS、S、M、L、LL、3L、4L、5L
カラー ブラック、レッド、パープル、グリーン、ブルー、ネイビー
全てを見る全てを見る

ハービンジャー(harbinger) 『5インチ フォームコア ベルト』

ハービンジャー(harbinger)『5インチフォームコアベルト』 ハービンジャー(harbinger)『5インチフォームコアベルト』 ハービンジャー(harbinger)『5インチフォームコアベルト』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

サイズや色が豊富! 初心者や女性の方も使える

自分にピッタリサイズのトレーニングベルトが選べるトレーニングベルトです。サイズはSからXLまでと幅広くあり、さらにメンズ用・レディース用とわかれています。

また、伸縮性・通気性・形状安定にすぐれたトリコット布地を採用。肌触りがよく、汗の蒸れも軽減してくれるのはうれしいポイントですね。ご自身のウエストにピッタリのサイズが、きっと見つかりますよ。

素材 ポリエステル、PE、ナイロン
バックル マジックテープ
ベルト幅 (約)12.7cm
サイズ展開 S、M、L、XL
カラー ブラック
全てを見る全てを見る

素材 ポリエステル、PE、ナイロン
バックル マジックテープ
ベルト幅 (約)12.7cm
サイズ展開 S、M、L、XL
カラー ブラック
全てを見る全てを見る

king2ring(キングツーリング)『トレーニングベルト pk3500 』

king2ring(キングツーリング)『トレーニングベルトpk3500』 king2ring(キングツーリング)『トレーニングベルトpk3500』 king2ring(キングツーリング)『トレーニングベルトpk3500』 king2ring(キングツーリング)『トレーニングベルトpk3500』 king2ring(キングツーリング)『トレーニングベルトpk3500』 king2ring(キングツーリング)『トレーニングベルトpk3500』 king2ring(キングツーリング)『トレーニングベルトpk3500』 king2ring(キングツーリング)『トレーニングベルトpk3500』
出典:Amazon この商品を見るview item

しっかりと固定されて安定! 2本ピン留めタイプ

2重縫いされた、耐久性のあるトレーニングベルトです。耐久性にすぐれているため、何度も買い替えたくない方や長期間使いたい方にも満足いただけます。また、バックルはしっかりと固定される2本ピンタイプ。

2本ピンは安定感があり、よりトレーニングの効果を発揮できますよ。耐久性と安定感を兼ね備えたトレーニングベルトです。

素材 レザー
バックル 2ピン
ベルト幅 (約)10cm
サイズ展開 XS、S、M、L
カラー ブラック
全てを見る全てを見る

素材 レザー
バックル 2ピン
ベルト幅 (約)10cm
サイズ展開 XS、S、M、L
カラー ブラック
全てを見る全てを見る

king2ring (キングツーリング)『パワーベルト トレーニングベルト pk3800』

king2ring(キングツーリング)『パワーベルトトレーニングベルトpk3800』 king2ring(キングツーリング)『パワーベルトトレーニングベルトpk3800』 king2ring(キングツーリング)『パワーベルトトレーニングベルトpk3800』 king2ring(キングツーリング)『パワーベルトトレーニングベルトpk3800』 king2ring(キングツーリング)『パワーベルトトレーニングベルトpk3800』 king2ring(キングツーリング)『パワーベルトトレーニングベルトpk3800』 king2ring(キングツーリング)『パワーベルトトレーニングベルトpk3800』 king2ring(キングツーリング)『パワーベルトトレーニングベルトpk3800』 king2ring(キングツーリング)『パワーベルトトレーニングベルトpk3800』
出典:Amazon この商品を見るview item

フックを引っかけるだけで装着できてラクチン!

女性や小柄な方は、ウエストにちょうどよいサイズのものがなかなか見つかりませんよね。こちらのトレーニングベルトならXSサイズからあるため、小柄な方でも使うことができますよ

着脱や調節がラクなフックバックルを採用し、トレーニングの最中でもカンタンに締め具合を変えることができます。ウエストの細い小柄な方にも、満足して使っていただける商品です。

素材 レザー
バックル フックバックル
ベルト幅 (約)10cm
サイズ展開 XS、S、M、L
カラー -
全てを見る全てを見る

素材 レザー
バックル フックバックル
ベルト幅 (約)10cm
サイズ展開 XS、S、M、L
カラー -
全てを見る全てを見る

アディダス(adidas) 『レザー リフティングベルト』

アディダス(adidas)『レザーリフティングベルト』 アディダス(adidas)『レザーリフティングベルト』 アディダス(adidas)『レザーリフティングベルト』 アディダス(adidas)『レザーリフティングベルト』 アディダス(adidas)『レザーリフティングベルト』 アディダス(adidas)『レザーリフティングベルト』 アディダス(adidas)『レザーリフティングベルト』 アディダス(adidas)『レザーリフティングベルト』
出典:Amazon この商品を見るview item

着脱カンタンでトレーニングに集中したい方向け!

着脱に時間をかけたくない・ストレスを感じたくない! とお悩みの方におすすめのトレーニングベルトです。こちらの商品なら着脱カンタンなレバーアクションなので、トレーニングに集中することができますよ。

また、金属部分にはステンレスを採用していてカビ防止効果があるため、汗などで濡らしてしまってもお手入れがカンタンです。

着脱がカンタンにできるトレーニングベルトをお探しの方にピッタリです。

素材 レザー、ステンレス
バックル レバーアクション
ベルト幅 10cm
サイズ展開 S、M、L、XL
カラー グリーン、グレー、ブラウン、ブラック、ブルー、レッド
全てを見る全てを見る

素材 レザー、ステンレス
バックル レバーアクション
ベルト幅 10cm
サイズ展開 S、M、L、XL
カラー グリーン、グレー、ブラウン、ブラック、ブルー、レッド
全てを見る全てを見る

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ゴールドジム(GOLD'S GYM)『トレーニングレザーベルト(BK G3368GOLD)』
Schiek(シーク)『リフティングベルト』
ハービンジャー(harbinger) 『5インチ フォームコア ベルト』
king2ring(キングツーリング)『トレーニングベルト pk3500 』
king2ring (キングツーリング)『パワーベルト トレーニングベルト pk3800』
アディダス(adidas) 『レザー リフティングベルト』
商品名 ゴールドジム(GOLD'S GYM)『トレーニングレザーベルト(BK G3368GOLD)』 Schiek(シーク)『リフティングベルト』 ハービンジャー(harbinger) 『5インチ フォームコア ベルト』 king2ring(キングツーリング)『トレーニングベルト pk3500 』 king2ring (キングツーリング)『パワーベルト トレーニングベルト pk3800』 アディダス(adidas) 『レザー リフティングベルト』
商品情報
特徴 トレーニングジム監修、初心者から上級者まで使える 湾曲した形が腰にフィット! 上級者も満足 サイズや色が豊富! 初心者や女性の方も使える しっかりと固定されて安定! 2本ピン留めタイプ フックを引っかけるだけで装着できてラクチン! 着脱カンタンでトレーニングに集中したい方向け!
素材 レザー ナイロン ポリエステル、PE、ナイロン レザー レザー レザー、ステンレス
バックル 2ピン マジックテープ マジックテープ 2ピン フックバックル レバーアクション
ベルト幅 - (約)12cm (約)12.7cm (約)10cm (約)10cm 10cm
サイズ展開 XS、S、M、L XS、S、M、L、LL、3L、4L、5L S、M、L、XL XS、S、M、L XS、S、M、L S、M、L、XL
カラー - ブラック、レッド、パープル、グリーン、ブルー、ネイビー ブラック ブラック - グリーン、グレー、ブラウン、ブラック、ブルー、レッド
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年11月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月22日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする トレーニングベルトの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのトレーニングベルトの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:トレーニングベルトランキング
楽天市場:トレーニングベルトランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】パワーグリップやリストラップも手に入れよう!

腰をしっかり固定することで効果を発揮!

トレーニングベルトの選び方とおすすめの商品をご紹介しました。理想のトレーニングベルトは、見つかりましたか?

素材・ベルトの幅・バックルのタイプによって使いやすさは異なります。サイズが合わなくて、フィット感がないと、十分に腰を固定できず怪我につながります。

腰をしっかり固定できるトレーニングベルトを着用すれば、筋トレの効果が格段に上がるはずです。ご自身のサイズにぴったり合ったトレーニングベルトを探してみてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button