パワーグリップおすすめ7選|初心者や女性向きの商品も【カンタン装着】

パワーグリップおすすめ7選|初心者や女性向きの商品も【カンタン装着】
フィットネストレーナー講師
曽谷 英之

神戸大学大学院で運動障害論を学び、ロサンゼルスでの筋肉留学を経てパーソナルトレーナー活動を始めました。 ロジカルで分かりやすい指導がトレーニング初心者の方にご好評をいただき、パーソナルトレーニングマッチングサイト 「MY TRAINERS(マイトレーナーズ)」の2018年度人気No.1トレーナーになりました。 現在は、フィットネストレーナーを「一家に一台」提供するために、トレーナースクール「MY TRAINERSアカデミー」の講師を担当しています。

筋トレが趣味の方や筋トレにハマりはじめた方の必須アイテムといえば、パワーグリップです。多くのメーカーから商品が出ており、素材も異なるのでどれを選べばいいのか悩む方も多いでしょう。そこで、自分にぴったりのアイテムが見つかるように、フィットネストレーナー講師の曽谷英之さんと編集部が、選び方と厳選したパワーグリップ7選をご紹介していきます。


パワーグリップとは

両手にパワーグリップを装着している手
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ウェイトトレーニングで痛めやすい手のひらを守ってくれるのがパワーグリップ

デッドリフトやチンニングなどの「プル系」のトレーニングは握力が必要になる種目が多いので、握力の補助をしてくれるパワーグリップがあれば、より集中してトレーニングに励むことができそうです。ベンチプレスやダンベルプレスなどの「プッシュ系」の種目で、手首の怪我リスクを軽減してくれるリストラップとあわせ、揃えておきたい必須のアイテムと言っても過言ではありません。

また、手のひらにできるマメやキズから守ってくれます。

リストストラップやリストラップとの違い

パワーグリップとリストストラップ、どちらも握力をサポートしてくれる、筋トレに重要なアイテムです。しかし、握力補助のためだけに使うリストストラップに対し、パワーグリップは手のひらの保護もあわせて行なってくれます。

また、リストストラップはリストラップと名前が似ていますが、こちらは手首のケガ防止のために使うものです。自分が必要とするのはどれなのか、よく考えて選びましょう。

パワーグリップの選び方 素材選び、サイズ、強度

握力の保護をしてくれて、「プル系」のデッドリフトやチンニングなどのトレーニング時に活躍してくれる、パワーグリップ。選ぶポイントは、素材選び、サイズ、強度になります。それぞれ見ていきましょう。

パワーグリップは素材選びが鍵 ラバー・革・鉄・ネオプレン

手のひらを覆い、バーに巻きつける部分のことをベロと呼びます。ベロにはラバー・革・鉄・ネオプレンという4つの素材があります。それぞれ価格や見た目、効果が異なりますので、それぞれの特徴をしっかりおさえておきましょう。

迷ったときは主流のラバー素材

パワーグリップ素材として多く使われるのが、こちらのラバーです。握ったときに手が滑りにくく、しっかりと握ることができるのが大きなメリット。初心者で素材選びに迷ったら、まずはこれを選びましょう。

高級感を演出するなら革素材

洗練された雰囲気を求めるなら、革製がいいでしょう。ただし、アイテムによっては滑りやすく感じることがデメリット。最初のうちはかたくて使いにくく感じるかもしれませんが、使い込むうちにやわらかくなります。

装着がカンタンな鉄製

デッドリフトのスタートポジション

Photo by Victor Freitas on Unsplash

鉄製のパワーグリップは、使用するトレーニング器具とサイズが合わないと使えないので注意!

「リフティングフック」という呼び名もある鉄製素材は、カンタンに装着できて便利。ただし万能ではなく、一部使えない器具もあります。あらかじめ自分が利用する器具で使えるか、確認が必要です。

手のひらを守ってくれるネオプレン素材も

荷重耐性が必要なベロ部分には使用されにくいのですが、手のひらの保護を主目的としたネオプレン素材のパワーグリップもあります。強度が低いため高重量の筋トレには不向きですが、洗えるので清潔感をつねにキープできるというメリットがあります。

自分に合ったサイズを

自分の手首に合ったサイズのものを選ばないと、握力が出ないうえにケガの原因にもなりかねません。購入前に自身の手首の太さを把握し、フィットしたものを選ぶようにしましょう。

挑戦する重量に耐えうる強度を

パワーグリップは、メーカーや製品によって対応重量が異なります。高重量のトレーニングに挑戦するつもりなら、しっかりとした耐久性がある商品を選ぶことを心がけましょう。

手首とバーにどれだけフィットするかがポイント フィットネストレーナー講師がアドバイス

フィットネストレーナー講師

パワーグリップは、手首とバーにどれだけフィットするかがポイントです。トレーニングで扱う重量や頻度に応じて、グリップ力や耐久性にすぐれた素材を選びましょう。

【ラバー素材】パワーグリップおすすめ3選 初心者だけでなく女性にも

ラバー素材は定番なので、女性や初心者を意識した製品も多いです。ここでは、ラバー素材のなかでもとくにオシャレや機能性に注目して、3製品を紹介していきます。

フィットネストレーナー講師

パワーグリップは少なからず摩耗するので、価格は気になるところです。ALPHA-COMFORT(アルファコンフォート)『パワーサポートグリップPRO』は、構造が上位製品とは大きく変わらないので、とりあえずパワーグリップを試してみたい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ALPHA-COMFORT(アルファコンフォート)『パワーサポートグリップPRO』

ALPHA-COMFORT(アルファコンフォート)『パワーサポートグリップPRO』 ALPHA-COMFORT(アルファコンフォート)『パワーサポートグリップPRO』 ALPHA-COMFORT(アルファコンフォート)『パワーサポートグリップPRO』 ALPHA-COMFORT(アルファコンフォート)『パワーサポートグリップPRO』 ALPHA-COMFORT(アルファコンフォート)『パワーサポートグリップPRO』 ALPHA-COMFORT(アルファコンフォート)『パワーサポートグリップPRO』 ALPHA-COMFORT(アルファコンフォート)『パワーサポートグリップPRO』

出典:Amazon

ベロの素材 特殊ノンスリップラバー
対応サイズ(手首まわり) -
引き裂き強度 600kg
重量 -

使い心地抜群でトレーニングが楽しく

筋トレは最初のうちはとくにキツく、諦めたくなることもあるでしょう。ですが、このアイテムは握力をしっかりサポートしてくれ、手に力が入らなくなって断念する心配もなく、強化したい部分を効率的に鍛える相棒として、力強くサポートしてくれます。

シンプルかつ黒を基調としたスタイリッシュな見た目は、カッコよくトレーニングしたい方には魅力的なポイント。カンタン装着なので、初心者でも楽しくトレーニングすることができます。

フィットネストレーナー講師

トレーニングギアで気分を高めれば、トレーニングを長く続けられます。Cobra Grips(コブラグリップス)『コブラグリップス ラバータイプ』は、パワーグリップとしての機能がじゅうぶんで、さらにカラーバリエーションが豊富なのもいいですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Cobra Grips(コブラグリップス)『コブラグリップス ラバータイプ』

CobraGrips(コブラグリップス)『コブラグリップスラバータイプ』 CobraGrips(コブラグリップス)『コブラグリップスラバータイプ』 CobraGrips(コブラグリップス)『コブラグリップスラバータイプ』 CobraGrips(コブラグリップス)『コブラグリップスラバータイプ』 CobraGrips(コブラグリップス)『コブラグリップスラバータイプ』 CobraGrips(コブラグリップス)『コブラグリップスラバータイプ』 CobraGrips(コブラグリップス)『コブラグリップスラバータイプ』 CobraGrips(コブラグリップス)『コブラグリップスラバータイプ』 CobraGrips(コブラグリップス)『コブラグリップスラバータイプ』

出典:Amazon

ベロの素材 ラバー
対応サイズ(手首まわり) 約14~22cm
引き裂き強度 -
重量 -

豊富なカラー展開が魅力

カラー展開が豊富で、ビビッドなカラーから渋みのある色までそろっており、楽しみながら効果的に筋力をつけることができます。自分の好きな色で筋トレをすれば、飽きずに続けられるのではないでしょうか。

コンパクトで見た目もオシャレな収納袋に入れて持ち歩けるので、ジムに行くまでの道のりも楽しくなるでしょう。

Zenoplige『パワーグリップ PRO』

Zenoplige『パワーグリップPRO』 Zenoplige『パワーグリップPRO』 Zenoplige『パワーグリップPRO』 Zenoplige『パワーグリップPRO』 Zenoplige『パワーグリップPRO』 Zenoplige『パワーグリップPRO』 Zenoplige『パワーグリップPRO』

出典:Amazon

ベロの素材 ラバー
対応サイズ(手首まわり) 39cm
引き裂き強度 600kg
重量 -

サイズ調整がカンタンなので誰でも使用できる

マジックテープタイプでサイズ調整が自由にでき、自分に合ったサイズでトレーニングができます。本革タイプもあるので、見た目にこだわる方はこちらを選びましょう。

幅広いトレーニングに対応するタイプなので、初心者からも上級者まで、満足いくトレーニングができるでしょう。

人間工学にもとづいた設計でケガを防止してくれるので、握力面のみならず、安全面に関心のある方にもぴったり。さらに、装着されているやわらかいクッションが、手首への負担を軽減してくれるのもポイントです。

【インパクト大】パワーグリップおすすめ4選 自分の個性を出せる!

パワーグリップを使ってのトレーニングに慣れてきたら、インパクトのあるものを選んで周囲の目を引くのも楽しいです。そこで、なじみのあるジムで出しているものや、高級感のあるものなどを紹介します。

フィットネストレーナー講師

ゴールドジムのロゴを着けているだけで強くなった気がする、GOLD'S GYM(ゴールドジム)『パワーグリッププロタイプ(G3710)』。実際に作りがしっかりしていて、安定のグリップ力を得られるので、本格的なトレーニング列に取り組みたい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GOLD'S GYM(ゴールドジム)『パワーグリッププロタイプ(G3710)』

GOLD'SGYM(ゴールドジム)『パワーグリッププロタイプ(G3710)』 GOLD'SGYM(ゴールドジム)『パワーグリッププロタイプ(G3710)』 GOLD'SGYM(ゴールドジム)『パワーグリッププロタイプ(G3710)』 GOLD'SGYM(ゴールドジム)『パワーグリッププロタイプ(G3710)』 GOLD'SGYM(ゴールドジム)『パワーグリッププロタイプ(G3710)』

出典:Amazon

ベロの素材 -
対応サイズ(手首まわり) S:16cm、M:18cm、L:21cm
引き裂き強度 -
重量 -

おなじみのジムロゴが映える

金色に輝く、ゴールドジムのロゴが印象的なパワーグリップ。つけるだけでまわりの目をひき、トレーニング前から自分のモチベーションを上げるのにひと役買ってくれるでしょう。

装着方式はテープ式なので、ボクシンググローブのようにカンタンに身につけることができるのもうれしいところです。準備時間を短縮し、すぐにトレーニングをはじめることができるでしょう。

ENERGY FITNESS(エナジーフィットネス)『パワーグリップ』

ENERGYFITNESS(エナジーフィットネス)『パワーグリップ』 ENERGYFITNESS(エナジーフィットネス)『パワーグリップ』 ENERGYFITNESS(エナジーフィットネス)『パワーグリップ』 ENERGYFITNESS(エナジーフィットネス)『パワーグリップ』 ENERGYFITNESS(エナジーフィットネス)『パワーグリップ』

出典:Amazon

ベロの素材 牛革、ナイロン
対応サイズ(手首まわり) 約15〜21cm
引き裂き強度 -
重量 155g

本革生地が高級感を演出

丈夫なので、初心者でも安心して使うことができます。さらに、本革製で高級な雰囲気を演出し、モチベーションを上げてくれるでしょう。トレーニングをすぐに諦めず、このアイテムとともに頑張り続けようというきっかけにもなります。

ファスナー面が大きいので、手首のサイズ調整が臨機応変にできるのも強み。せっかく買ったのに、自分の手首に合わずテンションが下がる……という事態を避けることができます。

ULTRA POWER GRIPS(ウルトラパワーグリップス)『ウルトラパワーグリップ』

ULTRAPOWERGRIPS(ウルトラパワーグリップス)『ウルトラパワーグリップ』 ULTRAPOWERGRIPS(ウルトラパワーグリップス)『ウルトラパワーグリップ』 ULTRAPOWERGRIPS(ウルトラパワーグリップス)『ウルトラパワーグリップ』 ULTRAPOWERGRIPS(ウルトラパワーグリップス)『ウルトラパワーグリップ』 ULTRAPOWERGRIPS(ウルトラパワーグリップス)『ウルトラパワーグリップ』 ULTRAPOWERGRIPS(ウルトラパワーグリップス)『ウルトラパワーグリップ』 ULTRAPOWERGRIPS(ウルトラパワーグリップス)『ウルトラパワーグリップ』 ULTRAPOWERGRIPS(ウルトラパワーグリップス)『ウルトラパワーグリップ』 ULTRAPOWERGRIPS(ウルトラパワーグリップス)『ウルトラパワーグリップ』

出典:Amazon

ベロの素材 レザー
対応サイズ(手首まわり) フリーサイズ
引き裂き強度 -
重量 -

ネオプレン素材を部分的に使用し手首を守る

幅広い筋トレメニューに対応しているので、自分がどのメニューをこなすかまだ決まっていなくても安心なアイテム。男女兼用のフリーサイズになっているので、使う時間帯をずらせば、夫婦や親子で試し使いすることも可能です。

トレーニングをはじめたばかりの時期は、手首の痛みが気になり集中できないこともあるでしょう。この製品はパッド部分にネオプレン素材を使っているので、しっかりガードしてくれるのが心強いです。

G1H1sports『女性用G1H1パワーグリップ』

G1H1sports『女性用G1H1パワーグリップ』 G1H1sports『女性用G1H1パワーグリップ』 G1H1sports『女性用G1H1パワーグリップ』 G1H1sports『女性用G1H1パワーグリップ』 G1H1sports『女性用G1H1パワーグリップ』

出典:Amazon

ベロの素材 ラバー
対応サイズ(手首まわり) XS:14cm、S:15cm、M:16cm
引き裂き強度 80kg
重量 78g

においが気にならず快適に使える

女性向けのパワーグリップなので、重さは両手合わせても100gに満たず、これから筋トレをはじめるつもりの方も手軽に持ち運びできるうれしい商品です。

このアイテムならゴム特有のにおいが気にならないので、カバンに入れていてもゴム臭で不快になることがなく、また小さいから目立ちません。仕事帰りのトレーニングのため、カバンにしのばせておくのもいいでしょう。

「パワーグリップ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ALPHA-COMFORT(アルファコンフォート)『パワーサポートグリップPRO』
Cobra Grips(コブラグリップス)『コブラグリップス ラバータイプ』
Zenoplige『パワーグリップ PRO』
GOLD'S GYM(ゴールドジム)『パワーグリッププロタイプ(G3710)』
ENERGY FITNESS(エナジーフィットネス)『パワーグリップ』
ULTRA POWER GRIPS(ウルトラパワーグリップス)『ウルトラパワーグリップ』
G1H1sports『女性用G1H1パワーグリップ』
商品名 ALPHA-COMFORT(アルファコンフォート)『パワーサポートグリップPRO』 Cobra Grips(コブラグリップス)『コブラグリップス ラバータイプ』 Zenoplige『パワーグリップ PRO』 GOLD'S GYM(ゴールドジム)『パワーグリッププロタイプ(G3710)』 ENERGY FITNESS(エナジーフィットネス)『パワーグリップ』 ULTRA POWER GRIPS(ウルトラパワーグリップス)『ウルトラパワーグリップ』 G1H1sports『女性用G1H1パワーグリップ』
商品情報
特徴 使い心地抜群でトレーニングが楽しく 豊富なカラー展開が魅力 サイズ調整がカンタンなので誰でも使用できる おなじみのジムロゴが映える 本革生地が高級感を演出 ネオプレン素材を部分的に使用し手首を守る においが気にならず快適に使える
ベロの素材 特殊ノンスリップラバー ラバー ラバー - 牛革、ナイロン レザー ラバー
対応サイズ(手首まわり) - 約14~22cm 39cm S:16cm、M:18cm、L:21cm 約15〜21cm フリーサイズ XS:14cm、S:15cm、M:16cm
引き裂き強度 600kg - 600kg - - - 80kg
重量 - - - - 155g - 78g
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月24日時点 での税込価格

腰に負担があるならトレーニングベルト

ウェイトトレーニングでこわいのが腰の怪我。トレーニングベルトでしっかり予防しましょう!

筋トレをしていると、手首だけでなく腰への負担も気になるところ。そんなときは、体幹部を固定してくれるトレーニングベルトが役立ちます。装着すると、腹圧が高まり、力が分散されにくくなるため、より重い重量で追い込むことが可能です。腰痛リスクが気になる方はぜひ活用してみてください。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする パワーグリップの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのパワーグリップの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:リストストラップ・リストラップランキング
楽天市場:トレーニンググローブランキング
Yahoo!ショッピング:パワーグリップ、トレーニンググローブランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】その他のトレーニンググッズを紹介

スポーツトレーナーの内田英利さんへの取材をもとに、人気のトレーニンググッズの選び方とおすすめ商品をご紹介します。自宅にトレーニンググッズがあれば、筋トレやシェイプアップをしたいときにいつでも取り組むことができますね。グッズを購入したいと考えたとき、より使いやすいのはどんなグッズか気になる方は多...

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、トレーニングベンチの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。自宅で気軽にトレーニングができるトレーニングベンチですが、選ぶ際に気をつけるべきポイントがいくつかあります。この記事では選び方のコツやおすすめの商品を紹介しているので、迷ったときにはぜひ参考に...

パーソナルトレーナーの田子 政昌さんに、シットアップベンチの選び方とおすすめ商品について聞いてみました。いわゆる普通の腹筋運動(シットアップまたはトランクカール)は、そのまま行うだけでは一定以上の負荷をかけるのは難しくなります。シットアップベンチを使うと、傾斜を付けたり、足部を固定してより大き...

パーソナルトレーナーが選ぶチンニングスタンドのおすすめ5選を紹介します。チンニング(懸垂・チンアップまたはプルアップ)はぶらさがった状態から上半身を引き上げることで、主に腕や背中を鍛える種目です。重りを使わない、いわゆる「自重トレーニング」で、上級者もよくおこなうトレーニングのひとつですが、チ...

プッシュアップとは、いわゆる「腕立て伏せ」のこと。上半身のトレーニングの基本とされています。通常、腕立て伏せは体重分以上の負荷をかけることは難しいのですが、プッシュアップバーを使うことで、より大きな動きを行なったり、体幹トレーニングと組み合わせてウエスト周りの刺激を高めたりすることが可能です。...

本記事では、フィットネストレーナー講師の曽谷英之への取材をもとに、トレーニングチューブの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。トレーニングチューブとは、筋肉を鍛えるために作られた伸縮性のあるゴムチューブのこと。チューブを引っ張ることで筋肉に負荷がかかり、上手に使えば全身の筋肉を鍛えることがで...

ここ数年注目度が高まっている「筋トレ」。男性はもちろんのこと、最近は女性でも筋トレに励む方が増えてきています。ジムでなければ難しい本格的なトレーニングもありますが、自宅でできることもたくさんあります。そこで本記事では、ランニングインストラクターでパーソナルトレーナーの田子政昌さんに聞いた、自宅...

筋トレによく使われるダンベル。筋トレといえば、ジムへ行ってトレーニングする方法もありますが、ジムに行く時間が取れないなどで、自宅でトレーニングしたい方も多いでしょう。 ダンベルがあれば自宅でも本格的なトレーニングができるので、ジムに行く時間が取れない方、自宅で気軽にトレーニングしたい方にはおす...

自宅で気軽に身体を鍛えることができるパワーラック。ジムに通うのもいいですが、仕事が忙しいときは、ジムに行くのが面倒くさいと感じる人も多いのではないでしょうか。また、ジムの会員費も決して安いわけではありません。長期的に考えたときに、パワーラックを購入して、家でトレーニングしたほうがコストを抑える...

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに聞いた、腹筋ローラー選びのポイントとおすすめの商品をご紹介。また、使い方がわからない初心者の方にむけて効果的な使い方も解説しています。各メーカーから、初心者向けのものからトレーニングに慣れた方向けのものまで、さまざまな商品が販売されています。それぞれハンドル...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

2020/05/19 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 平野慎也)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ランニングジャージおすすめ8選|動きやすさが重要【撥水・吸水速乾・保温機能も】

ランニングジャージおすすめ8選|動きやすさが重要【撥水・吸水速乾・保温機能も】

マラソン完走請負人の牧野 仁さんに、ランニングジャージの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。ランニングを行う際、気軽に着れるウエアとしてジャージがありますが、いざ選ぶとなるとなにを基準に選べばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか? 快適なランニングにはシューズだけでなくウエアも大切になってきます。ランニング以外にもトレーニングやちょっとした運動にも使えるので、お気に入りの1着を探してみてはいかがでしょうか?


トレーニングベンチおすすめ5選|【筋トレの必需品&折り畳みが人気】

トレーニングベンチおすすめ5選|【筋トレの必需品&折り畳みが人気】

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、トレーニングベンチの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。自宅で気軽にトレーニングができるトレーニングベンチですが、選ぶ際に気をつけるべきポイントがいくつかあります。この記事では選び方のコツやおすすめの商品を紹介しているので、迷ったときにはぜひ参考にしてみてください。


トレーニンググッズのおすすめ21選|専門家と編集部が厳選【自宅で気軽に筋トレ!】

トレーニンググッズのおすすめ21選|専門家と編集部が厳選【自宅で気軽に筋トレ!】

スポーツトレーナーの内田英利さんへの取材をもとに、人気のトレーニンググッズの選び方とおすすめ商品をご紹介します。自宅にトレーニンググッズがあれば、筋トレやシェイプアップをしたいときにいつでも取り組むことができますね。グッズを購入したいと考えたとき、より使いやすいのはどんなグッズか気になる方は多いでしょう。数あるトレーニンググッズから厳選した商品を紹介しますのでぜひ参考にしてください。


フラフープおすすめ10選【手軽にダイエット】子どもや初心者でも使える

フラフープおすすめ10選【手軽にダイエット】子どもや初心者でも使える

子どもの頃に手にとって遊んだ経験がある方も多いフラフープは、お腹周り、くびれ育成をしたい女性などに注目されるエクササイズアイテムとなっています。おもちゃコンサルタントマスター、ヨガインストラクターの加藤理香さんにフラフープの選び方や商品についての監修をしてもらうとともに、素材やサイズに注目し、10商品を紹介します。


クロストレーナーおすすめ7選|自宅で有酸素運動!【脂肪燃焼を】

クロストレーナーおすすめ7選|自宅で有酸素運動!【脂肪燃焼を】

フィットネストレーナー講師の曽谷英之さんと編集部が、クロストレーナーをご紹介します。クロストレーナーは筋トレやダイエット、健康維持を考えたトレーニングマシン。同時に腕と足を動かすことで全身運動を可能にし、有酸素運動を手軽に行えます。家庭用のクロストレーナーは、心拍数やカロリーの測定機能、負荷レベルの調節、プログラム機能など機能がさまざまです。この記事を参考に、自分にあったクロストレーナーを選んでみましょう。


新着記事


デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

日本ではあまりなじみのないデーツですが、世界ではメジャーなフルーツとして多くの人に食べられています。栄養価が高く強い甘みとクセになる味わいが特徴。ここでは、フードスタイリストの江口恵子さんと編集部で、デーツの選び方とおすすめのデーツをご紹介します。


スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

毎日の健康をサポートするためにスムージーを飲む人が増えています。粉末タイプは溶けにくかったりしますが、そんなときに便利なのがスムージーシェイカー。ミキサーボール付きの便利な商品などもありますので、用途やシーンに合わせて選んでください。この記事では、管理栄養士の横川仁美さんと編集部が、スムージーシェイカーの選び方とおすすめ12選をご紹介します。


ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

休園中や自宅待機などで外遊びができないと体力が有り余ってしまい、生活リズムが崩れてしまう場合も。そんなとき、子ども向けの遊具施設などにあるボールプールが自宅にあれば、体を動かして遊ぶことができます。商品によってサイズや仕様が異なるため、自宅に置けるものやどのように遊ばせるかで選ぶのが重要です。この記事では、保育士・武田優希さんと編集部でボールプールの選び方とおすすめ12商品を紹介します。


花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉が飛ぶシーズンになると悩まされるのが花粉性結膜炎。ゴロゴロとした不快な異物感も症状のひとつです。本記事では、花粉対策に役立つメガネの選び方をご紹介します。医療ライターの宮座美帆さんからのアドバイスと編集部が選んだおすすめ商品12選もチェックしていきましょう。


目打ちおすすめ12選|手芸やレザークラフトに!【美しい出来上がりを】

目打ちおすすめ12選|手芸やレザークラフトに!【美しい出来上がりを】

レザークラフト作家のHARUさんと編集部が、目打ちの選び方とおすすめ12選をご紹介します。目打ちはレザークラフトや刺繍、裁縫などの手芸で使う道具で、目打ちを使うことで、作品の出来上がりに差が出ます。こまかい部分まで美しく仕上げたい人は、ぜひ一度使ってみましょう。


人気の記事


>>総合ランキングを見る