自宅用パワーラックおすすめ10選【ハーフラックからセットまで】人気ランキングも

IROTEC(アイロテック) マスキュラーセットR140
出典:Amazon

自宅で気軽に筋トレや身体を鍛えることができるパワーラック。ジムに通うのもいいですが、ホームジムセットでいつでもトレーニングできる環境がほしいというのはトレーニー(鍛えている人)の夢でもあります。この記事では、アスレティックトレーナーの田子政昌さんへの取材をもとに、自宅で使えるおすすめのパワーラックをご紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


目次

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー
田子 政昌

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーをはじめ国内外の数多くの指導ライセンスを保有しており、神奈川県内でランニング・かけっこのスクール事業を展開しながら、パーソナルジムの経営を行っています。 現在も現役で陸上競技大会に出場しており、選手としての自身の目線や大手スポーツ量販店での社員経験・これまでの運動指導経験を活かして様々なスポーツ関連の記事執筆に関わってきました。 各種スポーツ教室・健康運動教室・講演会などのご依頼もお請けしております。

パワーラックとは 自宅でジムのような本格的なトレーニングができる

バーベル
Pixabay license logo

パワーラックがあると、自宅で行なえるトレーニング種目が増えます。

パワーラックとは、バーベルなどを設置できる台のことを指します。ジムのフリーウェイトエリアにあるパワーラックは順番待ちでも、自宅のパワーラックなら好きなときに好きなだけ使えるのも大きな魅力です。

パワーラックがあればジムに行かなくても、自宅でさまざまなトレーニングができるようになるので、筋トレをしている人はぜひチェックしてみましょう。

自宅用パワーラックの選び方 サイズ、タイプ、耐久性、セット内容をみる

鍛え上げられた肉体
Pixabay license logo

自宅にパワーラックがあれば、BIG3と呼ばれる、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトを行うことができ、全身を満遍なく鍛えることが可能になります。

自宅で使えるパワーラックを選ぶときのポイントを、アスレティックトレーナーの田子政昌さんに教えてもらいました。

パワーラックのサイズで選ぶ シャフトやプレートの幅も考えて

パワーラックを選ぶときは、あとで後悔しないように、サイズをよく確認しましょう。設置する部屋の広さに対して、大きすぎないものを選んでください。

大きすぎるパワーラックを選んでしまうと、トレーニングがしにくいだけでなく、行なえるトレーニングも限られてきてしまいます。

パワーラックを置くスペースは、シャフトやプレートを取りつけることも考えて、本体の大きさに2m程度の余裕をもたせましょう。懸垂などのトレーニングを行ないたい人は、パワーラックの高さと置く場所の天井の高さも忘れずにチェックしてください。

パワーラックのタイプで選ぶ ボックスタイプとハーフタイプ

パワーラックには、ふたつのタイプがあります。パワーラックを選ぶときは、タイプにも注目してみましょう。

ボックスタイプ:カゴのような形でオプションなどがつけられるのが特徴です。一方で、設置には広いスペースを必要とします。

ハーフタイプ:オプションを取りつけることはできず、シャフトを置くスペース程度しかありませんが、設置スペースが狭くても置けるのがポイントです。

それなりにトレーニングをしたいけれどパワーラックを置く場所が限られているという人は、場所を取らないハーフタイプのものを選ぶとよいでしょう。

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

設置スペースに合わせたタイプを選んで

自宅などにトレーニングスペースを作る際、箱型のパワーラックではスペースを取りすぎてしまい、使い勝手が悪くなったり、生活スペースを圧迫してしまったりすることがあります。

そこでおすすめしたいのは、片側だけのハーフラック。よほどの高重量でなければ、問題なくバーベル種目を行うことができます。さらに、フラットベンチを置くことで、ベンチプレスができるようになったり、ケーブル種目のオプションをつけたりすることができるタイプもあります。

自宅で行うトレーニングとしては、じゅうぶんすぎるほどの環境を整えることができます。高重量を扱うことがない場合は、ぜひハーフラックも検討してみましょう。

耐久性があるものを選ぶ 耐荷重は200kgを目安に

ジム
Pixabay license logo

重たいものを乗せたりするので、安定感がある頑丈なものを選ぶことが大切です。

パワーラックは頻繁に買い替えるものではないので、耐久性があるものを選びましょう。とくに、スクワットやデッドリフトなど高重量を扱う種目を行なうのなら、荷重量200kg程度のものを選んでください。

本格的にトレーニングをしている人で荷重量が200kg以上になる場合は、さらに荷重量が大きなものを購入したほうがよいです。しかし、荷重量が大きなものはその分値も張りますので、より慎重な商品選びが求められます。

IROTEC『マスキュラーセット140』

IROTEC製のパワーラック。バーベルやプレートもセットになったモデル。

>> Amazonで詳細を見る

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

ウェイトを重くするなら頑強な作りのものを

個人で購入できるパワーラックには比較的安価なものもありますが、トレーニング上級者が購入する場合は注意が必要です。重量が100kgを超えたら、少しの重さのズレがパワーラックのガタつきや衝撃につながります。

より本格的な種目や高重量の種目を行う際は、少し高価でも頑強な作りのものを選びましょう。底面が広く作られ、はりの部分が太いタイプのほうが安定しやすいです。やはり安全第一ですので、ロープライスすぎるものは少し不安が残ります。

コスパを重視するならセット品を選ぶ シャフトやプレート、フラットベンチなど

コストパフォーマンスを重視するのであれば、パワーラックにシャフトやプレート、フラットベンチなどが付属してるセット品を選ぶとよいでしょう。

すでにシャフトやプレートを持っている人であれば手持ちのものが使えますが、これから本格的なトレーニングをはじめたい人にとってそれぞれのアイテムを別個にそろえるのは容易ではありません。別個にそろえるとなると10万円近くの出費になることもあります。

できるだけコストをかけずに自宅でのトレーニングをはじめたいのであれば、必要なものがセットになっている商品を選んでください。

ケーブルマシンを追加できるとさらに充実 プーリーやウエイトスタックなど

POWERTEC『ハーフラック WB-HR18』

オプションでラットタワー(ケーブル種目の設備)を追加することができる。

>> 楽天市場で詳細を見る

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

メーカーによってはオプションで、パワーラックだけでなく、後面にケーブル種目(ラットプルダウンやシーデットロー)を行うための設備、プーリーやウエイトスタックを取りつけることができるタイプもあります。

ケーブル種目を行えるようになることで、省スペースでも、トレーニングできる部位や負荷の種類を格段に増やすことが可能です。

最近では、比較的ロープライスなケーブルマシンつきパワーラックも増えています。しかし、上級者には少しもの足りない重さまでしか装着できないものもあるため、付属の重量がどの程度あるのか確認しておきましょう。

自作でもできるパワーラック 安く手に入れたい

本当はパワーラックセットが買いたいけれども高い。まずはじめに中古商品をネットで探すかたが多いのではないでしょうか。それでも高いと思う方は、自作でなんとかできないだろうかと考える人もいるはず。

実は自作も可能です。よく紹介されている作り方は、まずサイズ感など書き出した図面を作成します。材料は工事現場などの足場に使われる単管パイプとクランプと呼ばれる単管パイプをつなぐ役割の固定器具です。どちらもホームセンターで購入することが可能で、材料費だけで計算すると、安いと数万円程度で作成することができます。サイズも調整できるので、設置スペースのない場合には部屋の大きさに合わせることもできます。

自作をする場合は、組み立てが非常に重要な作業になります。詳細についてはインターネットでも検索できますので、ぜひ参考にしてみてください。また自作については、安全性や耐久性を補償できるものではありませんので、できる限り完成品を購入することをおすすめします。

自宅用パワーラックのおすすめ10選 人気のアイロテックほか、ハーフラックからセット商品まで、自宅筋トレに

ここまで紹介した、自宅で使えるパワーラックの選び方のポイントをふまえて、アスレティックトレイナーの田子政昌さんに選んでもらったおすすめ商品、編集部で選んだ商品を紹介します。

Ex oa

IROTEC『マスキュラーセット140』

【5日はポイントアップDAY】IROTEC(アイロテック)マスキュラーセット140/パワーラック筋トレベンチプレスバーベルダンベルマルチジム懸垂インクラインダイエット器具ホームジム筋トレ器具筋力トレーニング 【5日はポイントアップDAY】IROTEC(アイロテック)マスキュラーセット140/パワーラック筋トレベンチプレスバーベルダンベルマルチジム懸垂インクラインダイエット器具ホームジム筋トレ器具筋力トレーニング 【5日はポイントアップDAY】IROTEC(アイロテック)マスキュラーセット140/パワーラック筋トレベンチプレスバーベルダンベルマルチジム懸垂インクラインダイエット器具ホームジム筋トレ器具筋力トレーニング

出典:楽天市場

寸法 【ラック】W116×D145×H219cm、【ベンチ】W70×D175×H55~121cm
耐荷重
付属パーツ 1.25kgプレート×4枚、2.5kgプレート×4枚、5kgプレート×4枚、10kgプレート×2枚など
オプションアイテム
重量 【ラック】82kg、【ベンチ】33kg、【シャフト・プレート】合計140kg

Thumb lg 3217dd22 94bd 4f1d b531 8040686f159b

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

ホームジム作りの大本命!これ一台ですべてが揃う

パワーラック単体だけでなく、角度調節が可能。また、レッグエクステンションやレッグカールが実施できるベンチやケーブル種目設備、ディップスバー、チンニングバーがセットになっています。ありとあらゆるトレーニングを、パワーラック内で行うことができます。

プーリー種目のハンドル2種類、28mmバーベル(シャフトの直径が28mmで、長さは1.8mまたは2m)とプレート140kg分もセットになっており、別途購入する必要のあるものは、ほぼないといっていいでしょう。

行うことができるトレーニングが多いので、結果的に省スペースにもなるという、もっともおすすめしたいアイテムです。

Ex oa

POWERTEC『ハーフラック WB-HR18』

【5月末入荷予定】POWERTECパワーテック社製(USA)WB-HR19ハーフラック【日本総代理店】

出典:楽天市場

寸法 W127cm×H208cm×D91cm
耐荷重 【ラック部】450kg、【チンニングバー】180kg
付属パーツ
オプションアイテム WB-LTOラット
重量 45kg

Thumb lg 3217dd22 94bd 4f1d b531 8040686f159b

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

ラットタワーも増設できる優秀ハーフラック

スタイリッシュさを強調するカラーリングが特徴の、POWERTECのパワーラック。なかでもハーフラックは、小ぶりでシンプルなスタンドタイプの形状ながら、450kgもの重量にも対応可能なので、上級者でも使用可能です。セーフティーバーも備わっており、通常のスクワットなどを行うには十分でしょう。また、オプションでラットタワー(ケーブル種目の設備)を追加することが可能です。

省スペースで、本格的なトレーニングスペースを作りたい人にぜひともおすすめしたいアイテムです。なお、ラットタワーの仕様上、対応できるプレートは50mmのものとなりますので注意しましょう。

Ex oa

マーシャルワールド『マルチステーションジム C10』

マーシャルワールド『マルチステーションジムC10』 マーシャルワールド『マルチステーションジムC10』 マーシャルワールド『マルチステーションジムC10』

出典:楽天市場

寸法 W124×D234×H210cm
耐荷重 【バーベル】150kg 、【シート】100kg 、【ケーブルトレーニング】90kg、【レッグカール】60kg
付属パーツ
オプションアイテム シャフト・プレートは別売(シャフトは200cm以上からの対応)
重量 107kg

Thumb lg 3217dd22 94bd 4f1d b531 8040686f159b

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

ラックを超えた使い心地! コンパクトなホームジム

パワーラックとしての機能だけでなく、マルチに各部位のトレーニングを行いたい人には、ステーションタイプの機能を持った商品がおすすめです。ケーブル種目だけでなく、通常のパワーラックとして、ベンチプレスやスクワットを行う際のスタンドラックとしても使用することができます。一般的なスポーツジムに設置してある種目のほとんどが行えます。

とくにおすすめなのは、ペクトラル(バタフライ)を行えるなど、バーベルシャフトがなくてもほぼ全身をトレーニングすることが可能な点です。幅広いレベルの方に対応しているといえます。

Ex oa

WILD FIT『200ケーブルスミスラック』

WILDFIT『200ケーブルスミスラック』 WILDFIT『200ケーブルスミスラック』 WILDFIT『200ケーブルスミスラック』 WILDFIT『200ケーブルスミスラック』 WILDFIT『200ケーブルスミスラック』 WILDFIT『200ケーブルスミスラック』 WILDFIT『200ケーブルスミスラック』 WILDFIT『200ケーブルスミスラック』 WILDFIT『200ケーブルスミスラック』

出典:Amazon

寸法 W229cm×D145cm×H210cm
耐荷重 【本体】約150kg、【ラットプル】約90kg、【ロープーリー】約90kg、【ケーブル(片方)】約60kg
付属パーツ スミスバー、25mmスプリングカラー4個、48mmスプリングカラー4個、オリンピック用チューブ(2種)各2本、ほか
オプションアイテム
重量 185kg

Thumb lg 3217dd22 94bd 4f1d b531 8040686f159b

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

左右にもケーブルタワーのついた家庭用スミスラック

予算とスペースに余裕がある人におすすめしたいのは、同じパワーラックでもバーベルトレーニングをスミスマシンとして行うタイプ。レール上でバーベルを可動させるスミスマシンなので、より安全にバーベル運動ができます。そして、なんといっても充実したケーブルトレーニングが行えるよう、左右にもプーリーのついた作りとなっており、全身に多方向から刺激を与えることが可能。

バーベルを使ったフリーウエイトが苦手な人や、ケガをしないか不安という人でもしっかりとトレーニングできるので、トレーニングジムで人気の高い種目をホームジムでも行うことができます。

Ex oa

FIELDOOR『ベンチプレスラック』

FIELDOOR『ベンチプレスラック』 FIELDOOR『ベンチプレスラック』 FIELDOOR『ベンチプレスラック』

出典:楽天市場

寸法 W113cm×D70cm×H92cm~132cm(9段階) 、【ラック部外側】約幅110cm、【ラック部内側 】約幅100cm
耐荷重 250kg
付属パーツ
オプションアイテム
重量 18.5kg

Thumb lg 3217dd22 94bd 4f1d b531 8040686f159b

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

リーズナブルな価格を実現したスタンドラック

パワーラックの購入に対してスペースや予算が不安な人は、スタンドラックがおすすめです。ベンチを別途用意し(角度調節ができるタイプがおすすめ)、スタンドの高さを変えることによりスクワットやベンチプレス、ショルダープレスといった各種バーベル種目を十分に行えます。

FIELDOORのパワーラックは小ぶりながら耐久重量が250kgまであるため、中級者以上の本格的なバーベル種目のトレーニングにも対応可能。ホームジムを作りたいけれど、スペースとの兼ね合いが難しいという人に、ぜひ候補に入れてほしいアイテムです。

BODY DESIGN『ホームビルダーパック』

BODYDESIGN(ボディデザイン)ホームビルダーパック/ラバーバーベルセット100kg│マシンセットトレーニングベンチバーベルダンベルラバー BODYDESIGN(ボディデザイン)ホームビルダーパック/ラバーバーベルセット100kg│マシンセットトレーニングベンチバーベルダンベルラバー BODYDESIGN(ボディデザイン)ホームビルダーパック/ラバーバーベルセット100kg│マシンセットトレーニングベンチバーベルダンベルラバー BODYDESIGN(ボディデザイン)ホームビルダーパック/ラバーバーベルセット100kg│マシンセットトレーニングベンチバーベルダンベルラバー BODYDESIGN(ボディデザイン)ホームビルダーパック/ラバーバーベルセット100kg│マシンセットトレーニングベンチバーベルダンベルラバー BODYDESIGN(ボディデザイン)ホームビルダーパック/ラバーバーベルセット100kg│マシンセットトレーニングベンチバーベルダンベルラバー BODYDESIGN(ボディデザイン)ホームビルダーパック/ラバーバーベルセット100kg│マシンセットトレーニングベンチバーベルダンベルラバー BODYDESIGN(ボディデザイン)ホームビルダーパック/ラバーバーベルセット100kg│マシンセットトレーニングベンチバーベルダンベルラバー BODYDESIGN(ボディデザイン)ホームビルダーパック/ラバーバーベルセット100kg│マシンセットトレーニングベンチバーベルダンベルラバー

出典:Amazon

寸法 【全体】W135cm×H101×D120cm、【バックシート】W29×D75cm、【ベンチ】W33×D38cm、ほか
耐荷重
付属パーツ 【ラバープレート】1.25kg×4枚 、 2.5kg×4枚 、 5kg×2枚 、7.5kg×2枚、 10kg×2枚、ほか
オプションアイテム
重量 100kg

家庭で本格的な体作りを

『ホームビルダーパック』 は、ベンチプレスやバタフライ、バーベルカール、レッグカールなど、一台で豊富なメニューをこなせル本格的なマシンです。胸・肩・腕・脚・腹など、それぞれ部位を効率的にトレーニング。全身の筋肉強化ができる、ワンランク上のパワーラックです。

ラバーバーベルセットは防音性に優れており、音を気にせずに使用できます。床面を傷つける心配もありません。初めての方も、トレーニング好きの方も満足できますよ。

BODY DESIGN『ハイパーマルチプレスベンチ 』

BODYDESIGN(ボディデザイン)ハイパーマルチプレスベンチ│トレーニングベンチベンチプレス腹筋台筋トレトレーニングウエイトトレーニング BODYDESIGN(ボディデザイン)ハイパーマルチプレスベンチ│トレーニングベンチベンチプレス腹筋台筋トレトレーニングウエイトトレーニング BODYDESIGN(ボディデザイン)ハイパーマルチプレスベンチ│トレーニングベンチベンチプレス腹筋台筋トレトレーニングウエイトトレーニング BODYDESIGN(ボディデザイン)ハイパーマルチプレスベンチ│トレーニングベンチベンチプレス腹筋台筋トレトレーニングウエイトトレーニング BODYDESIGN(ボディデザイン)ハイパーマルチプレスベンチ│トレーニングベンチベンチプレス腹筋台筋トレトレーニングウエイトトレーニング BODYDESIGN(ボディデザイン)ハイパーマルチプレスベンチ│トレーニングベンチベンチプレス腹筋台筋トレトレーニングウエイトトレーニング

出典:Amazon

寸法 【全体】W135×D120×H215cm、【ベンチシート】W33×D38cm、【床面~シート】H53cm、ほか
耐荷重 【ラック】150kg、【シート】200kg、【バタフライ】50kg、【レッグ】50kg、【ラット】40kg
付属パーツ
オプションアイテム
重量 30.6kg

好きな時間にしっかり鍛える

場所を取らないサイズ感でコスト面もよく、一つで多種多様に使用してトレーニングができます。ベンチプレス、ダンベルカール、レッグエクステンション、シットアップなどのトレーニングで、胸・肩・腕・脚・腹の気になる部分が家庭で効率的に鍛えられます。

プロのように高度なトレーニングで大胸筋、上腕三頭筋、三角筋などを鍛えてみたい方は必見です。理想のボディに近づくために、家庭で楽しくコツコツとトレーニングをしてみてはいかがですか。

ファイティングロード『チャレンジャーセット』

チャレンジャーセット(ハードベンチ+ダンベル、バーベルラバータイプ70kgセット) チャレンジャーセット(ハードベンチ+ダンベル、バーベルラバータイプ70kgセット) チャレンジャーセット(ハードベンチ+ダンベル、バーベルラバータイプ70kgセット)

出典:Amazon

寸法 【ハードベンチ】 W62×D126×H85~105cm
耐荷重 【プレート】1.25kg×4枚、2.5kg×4枚、5kg×2枚、7.5kg×2枚、10kg×2枚
付属パーツ
オプションアイテム
重量 70kg

トレーニング初心者の方におすすめ

シンプルな作りで、使い方も簡単なのでこれからトレーニングをはじめようと思っている方に最適です。肩・胸・腕・腹が鍛えられます。ラック部の高さ調節をして、持ちやすい位置にシャフトを動かすことが可能。自分の体重を負荷に、腹筋を広範囲に鍛えたいときにも有効です。

ワンタッチでシート部に角度をつけて、無理なく自分に合った腹筋運動もできます。折り畳みができるので、使用後はコンパクトに収納し、生活スペースをしっかりと確保できますよ。

Body Solid『 マルチプレスステーション(GPR370)』

[ボディソリッド]BodySolidマルチプレスステーションGPR370ハーフラックMultiPressRackパワーラックマルチプレスラック筋トレbodysolid正規販売店 [ボディソリッド]BodySolidマルチプレスステーションGPR370ハーフラックMultiPressRackパワーラックマルチプレスラック筋トレbodysolid正規販売店 [ボディソリッド]BodySolidマルチプレスステーションGPR370ハーフラックMultiPressRackパワーラックマルチプレスラック筋トレbodysolid正規販売店 [ボディソリッド]BodySolidマルチプレスステーションGPR370ハーフラックMultiPressRackパワーラックマルチプレスラック筋トレbodysolid正規販売店 [ボディソリッド]BodySolidマルチプレスステーションGPR370ハーフラックMultiPressRackパワーラックマルチプレスラック筋トレbodysolid正規販売店 [ボディソリッド]BodySolidマルチプレスステーションGPR370ハーフラックMultiPressRackパワーラックマルチプレスラック筋トレbodysolid正規販売店 [ボディソリッド]BodySolidマルチプレスステーションGPR370ハーフラックMultiPressRackパワーラックマルチプレスラック筋トレbodysolid正規販売店 [ボディソリッド]BodySolidマルチプレスステーションGPR370ハーフラックMultiPressRackパワーラックマルチプレスラック筋トレbodysolid正規販売店

出典:Amazon

寸法 W163×L114×H188cm
耐荷重 350kg
付属パーツ
オプションアイテム
重量 70kg

海外でも支持されている本格的なマシン

Body Solidがプロデュースした、本格的な家庭用トレーニングマシン。 誰もが自宅で簡単に、快適なトレーニングができる環境を実現するために開発されたブランドです。頑強な造りでありながら、省スペースに設置できます。使いやすさを追求しており、これ1台で全身トレーニングが可能です。

耐久性や安全性に優れているトレーニングマシンで、海外でも広く支持されています。家庭用としてはもちろん、業務用としてもおすすめです。

ワイルドフィット『マルチスミスラック』

[WILDFITワイルドフィット]マルチスミスラック(ラットプルオプション付き) [WILDFITワイルドフィット]マルチスミスラック(ラットプルオプション付き) [WILDFITワイルドフィット]マルチスミスラック(ラットプルオプション付き) [WILDFITワイルドフィット]マルチスミスラック(ラットプルオプション付き) [WILDFITワイルドフィット]マルチスミスラック(ラットプルオプション付き) [WILDFITワイルドフィット]マルチスミスラック(ラットプルオプション付き) [WILDFITワイルドフィット]マルチスミスラック(ラットプルオプション付き) [WILDFITワイルドフィット]マルチスミスラック(ラットプルオプション付き) [WILDFITワイルドフィット]マルチスミスラック(ラットプルオプション付き)

出典:Amazon

寸法 【床設置面】W119cm×D162cm、【全体】W119cm×D162cm×H218cm、【スミスバー】190cm
耐荷重 【本体】約150kg、【ラットプル・ロープーリー】約90kg
付属パーツ ラットプルバー、ロープーリーバー、スミスバー、ディップスバー、ロープーリーバー、カフリング
オプションアイテム アタッチメント各種
重量 約80kg

トレーニングがお好きな方へ、本格的マシン

パワーラックフルモデルとスミスマシンが合体された、安全性が高く上級者向けのマルチマシン。一つあるだけで約40種類のトレーニングができ、高重量のスクワットやベンチプレスも可能です

お好みのウエイトでスミススクワットが行えるので、ジムに行かなくても家庭でいつでも本格的なトレーニングが行えます。スミスバーは取り外しが簡単にできるので、バーの位置を調節しながら鍛えられますよ。フラットベンチを組み合わせて使用すると、多種性がさらにアップします。

「自宅用パワーラック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
IROTEC『マスキュラーセット140』
POWERTEC『ハーフラック WB-HR18』
マーシャルワールド『マルチステーションジム C10』
WILD FIT『200ケーブルスミスラック』
FIELDOOR『ベンチプレスラック』
BODY DESIGN『ホームビルダーパック』
BODY DESIGN『ハイパーマルチプレスベンチ 』
ファイティングロード『チャレンジャーセット』
Body Solid『 マルチプレスステーション(GPR370)』
ワイルドフィット『マルチスミスラック』
商品名 IROTEC『マスキュラーセット140』 POWERTEC『ハーフラック WB-HR18』 マーシャルワールド『マルチステーションジム C10』 WILD FIT『200ケーブルスミスラック』 FIELDOOR『ベンチプレスラック』 BODY DESIGN『ホームビルダーパック』 BODY DESIGN『ハイパーマルチプレスベンチ 』 ファイティングロード『チャレンジャーセット』 Body Solid『 マルチプレスステーション(GPR370)』 ワイルドフィット『マルチスミスラック』
商品情報
特徴 ホームジム作りの大本命!これ一台ですべてが揃う ラットタワーも増設できる優秀ハーフラック ラックを超えた使い心地! コンパクトなホームジム 左右にもケーブルタワーのついた家庭用スミスラック リーズナブルな価格を実現したスタンドラック 家庭で本格的な体作りを 好きな時間にしっかり鍛える トレーニング初心者の方におすすめ 海外でも支持されている本格的なマシン トレーニングがお好きな方へ、本格的マシン
寸法 【ラック】W116×D145×H219cm、【ベンチ】W70×D175×H55~121cm W127cm×H208cm×D91cm W124×D234×H210cm W229cm×D145cm×H210cm W113cm×D70cm×H92cm~132cm(9段階) 、【ラック部外側】約幅110cm、【ラック部内側 】約幅100cm 【全体】W135cm×H101×D120cm、【バックシート】W29×D75cm、【ベンチ】W33×D38cm、ほか 【全体】W135×D120×H215cm、【ベンチシート】W33×D38cm、【床面~シート】H53cm、ほか 【ハードベンチ】 W62×D126×H85~105cm W163×L114×H188cm 【床設置面】W119cm×D162cm、【全体】W119cm×D162cm×H218cm、【スミスバー】190cm
耐荷重 【ラック部】450kg、【チンニングバー】180kg 【バーベル】150kg 、【シート】100kg 、【ケーブルトレーニング】90kg、【レッグカール】60kg 【本体】約150kg、【ラットプル】約90kg、【ロープーリー】約90kg、【ケーブル(片方)】約60kg 250kg 【ラック】150kg、【シート】200kg、【バタフライ】50kg、【レッグ】50kg、【ラット】40kg 【プレート】1.25kg×4枚、2.5kg×4枚、5kg×2枚、7.5kg×2枚、10kg×2枚 350kg 【本体】約150kg、【ラットプル・ロープーリー】約90kg
付属パーツ 1.25kgプレート×4枚、2.5kgプレート×4枚、5kgプレート×4枚、10kgプレート×2枚など スミスバー、25mmスプリングカラー4個、48mmスプリングカラー4個、オリンピック用チューブ(2種)各2本、ほか 【ラバープレート】1.25kg×4枚 、 2.5kg×4枚 、 5kg×2枚 、7.5kg×2枚、 10kg×2枚、ほか ラットプルバー、ロープーリーバー、スミスバー、ディップスバー、ロープーリーバー、カフリング
オプションアイテム WB-LTOラット シャフト・プレートは別売(シャフトは200cm以上からの対応) アタッチメント各種
重量 【ラック】82kg、【ベンチ】33kg、【シャフト・プレート】合計140kg 45kg 107kg 185kg 18.5kg 100kg 30.6kg 70kg 70kg 約80kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年4月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月23日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする パワーラックの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのパワーラックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:パワーラックランキング
Yahoo!ショッピング:パワーラックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

騒音をできるだけおさえるための方法 自宅でパワーラックを利用

自宅でパワーラックを置くときに気になるのはやはり音。とくに集合住宅にお住まいの方でパワーラックを置く場合は注意が必要です。近隣の住民から騒音でトラブルになってしまうことは避けたいですよね。

パワーラックを利用すると、どうしてもバーベルを置くときや、器具が接触するときに金属音が鳴ります。対策としては、金属ラックやセーフティー部分にタオルやゴムなどをひくことが一般的です。衝撃を吸収する素材をつかうことで、金属音が鳴るのを防ぎます。

なお利用する場合には、基本的には夜や早朝のみんなが寝静まる時間に、パワーラックの利用は控えたほうがよいかもしれません。

トレーニングレベルやスペース、床をもとに検討 アスレティックトレーナーからのアドバイス

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

自宅でパワーラックの購入を検討している人のほとんどは、ジムに行く時間や待ち時間をなくして、自分のペースでトレーニングをしたいのではないでしょうか。行うトレーニング種目などをふまえて、必要なアイテムやオプションを追加していくのですが、やはりスペースの確保が難しいという人が多いかもしれません。

また、ウエイトトレーニングの場合は、上級者用のバーベルシャフトやプレートも必要でしょう。しかし、トレーニングをするなら、ある程度の枚数が必要なため、それを保管するスペースを確保しなければいけません。さらに、パワーラック本体以上に予算がかかったり、納品まで時間がかかるケースもあります。購入する際は、自分のレベルや部屋のスペースなどを考慮したうえで検討しましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

朝食はプロテイン、身体を動かすことが好きな40代。テニス、フットサル、ジョギング、近年は空手を少々。kindleでの読書を日課にしているほか、Apple製品、カメラやレンズ系、ガジェット商品にも飛びつきがち。

関連する記事


【鍛えたい部位でタイプを選ぶ】ステッパーの選び方&おすすめ11選

【鍛えたい部位でタイプを選ぶ】ステッパーの選び方&おすすめ11選

本記事では、ステッパーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。運動不足解消にも役立つステッパーをご紹介しています。記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag フィットネス・トレーニング , トレーニンググッズ , エクササイズグッズ

スポーツコールドスプレーおすすめ11選| 痛みのアイシングや熱中症対策に【使い方や注意点も】

スポーツコールドスプレーおすすめ11選| 痛みのアイシングや熱中症対策に【使い方や注意点も】

熱中症対策やスポーツ後のほてったからだを冷やしたり、またスポーツで捻挫や打撲をしたときの応急処置にも使えるスポーツコールドスプレー。メーカーによってさまざまな種類が販売されています。しかしどのような効果があるのか、使い勝手がいいものはどれなのか判断が難しい場合もありますよね。この記事では、フィットネストレーナー講師の曽谷英之さんと編集部で選んだおすすめの商品をご紹介していきます!通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

Icon mini tag フィットネス・トレーニング , スポーツウェア・アクセサリー , トレーニンググッズ

もはや最強? 自宅で有酸素運動が手軽にできる、FITBOXを1ヶ月使ってみた

もはや最強? 自宅で有酸素運動が手軽にできる、FITBOXを1ヶ月使ってみた

このご時世、ジムに行くのもはばかられ、かといってランニングやウォーキングの時間が取れないと思っている方は多いと思います。そんな方たちにぜひ使ってもらいたいのが、今回のFITBOX。30dbと極静音、90分の連続使用が可能、運動不足を解消する有酸素運動、8段階の負荷調節で下半身まで鍛えるガチなトレーニングがしたい方まであらゆる使い方ができます。この記事では、筆者が1ヶ月使ってみてわかった、メリットとデメリットをご紹介します。

Icon mini tag フィットネス・トレーニング , トレーニンググッズ

ウェイトトレーニング用グローブおすすめ11選|握力・筋トレ補助に

ウェイトトレーニング用グローブおすすめ11選|握力・筋トレ補助に

ダンベルやバーを使ったトレーニングで活躍するウェイトトレーニング用グローブ。手を保護してくれるだけでなく、パフォーマンスの向上も見込める重要なアイテムです。ここでは、フィットネストレーナー講師・曽谷英之さんと編集部が選ぶウェイトトレーニング用グローブのおすすめ商品と選び方をランキングとともにご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングのリンクもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag フィットネス・トレーニング , スポーツウェア・アクセサリー , トレーニンググッズ

活動量計おすすめ18選|Fitbit・オムロン・ガーミン・タニタほか厳選

活動量計おすすめ18選|Fitbit・オムロン・ガーミン・タニタほか厳選

活動量計を使えば、歩数・歩行距離・消費カロリーなど、日常生活における行動を記録することができます。本記事では、「Fitbit」「ガーミン」「オムロン」「タニタ」や他メーカーの活動量計おすすめモデルと選び方のポイントについてご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag フィットネス・トレーニング , スポーツウェア・アクセサリー , トレーニンググッズ

関連するブランド・メーカー


FIELDOOR(フィールドア)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。