エキスパートの新着記事


キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

DODは日本のアウトドア用品メーカーですが、従来はドッペルギャンガーアウトドアというブランド名で知られていました。2018年2月からはDOD(ディーオーディー)にブランド名が変更され、今ではウサギとDODが組み合わされたロゴマークのテントやタープでおなじみです。ちなみに現在ではドッペルギャンガーというブランドは、同社の自転車ブランド名になっています。DODは幅広いアウトドア用品を提供していますが、テーブル・チェアや焚火用品をはじめ、ユニークな名前や機能を持つ製品が多いのも特徴です。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんがDODテントの選び方のコツとおすすめ商品を紹介します。


キャンプライターおすすめ【スノーピークタープ7選】|高品質タープでゆったりくつろぐ!

キャンプライターおすすめ【スノーピークタープ7選】|高品質タープでゆったりくつろぐ!

数あるアウトドアメーカーの中でも、新潟県の三条市を本拠地とするSnow Peak(スノーピーク)は日本の気候やキャンプ環境を熟知し、初心者から上級者までどんな方でも使いやすい製品を幅広く作り出しています。照りつける強烈な陽ざしや突然の雨や夜露も防いで、屋根や家となってキャンパーを守ってくれるタープも、使いやすい魅力的なモデルを販売しています。そこで、キャンプライターの中山一弘さんにスノーピークタープの選び方のコツとおすすめ商品を伺ってみました。


釣りライターがおすすめ【釣り用餌箱6選】|釣り餌をいつでも取り出しやすく

釣りライターがおすすめ【釣り用餌箱6選】|釣り餌をいつでも取り出しやすく

釣りライターの中山一弘さんがおすすめする餌箱6選をご紹介します。エサ釣りをする際、エサを保管し、いつでも使えるように釣り場で使う「餌箱」は必須アイテムになります。エサ釣りといっても多種多様のエサを使うため、それぞれに合わせた餌箱が必要です。でも、調べてみるとかなりの種類があるようです。そこで釣りライターの中山一弘さんにお話をうかがい、餌箱の選び方とおすすめ製品について教えてもらいました。通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせて参考にしてくださいね。


釣りライターがおすすめ【ベイトフィネスロッド5選】|軽量ルアーの釣りを極める

釣りライターがおすすめ【ベイトフィネスロッド5選】|軽量ルアーの釣りを極める

10g以下の軽量リグや軽量ルアーをある程度太いラインでも扱えるベイトフィネスは、ブラックバスフィッシングに欠かせないメソッドになりました。また、ベイトタックルの高いコントロール性を活かせるトラウトフィッシングでもベイトフィネスが人気です。専用ロッドがたくさん出ていますが、どのように選べばよいのでしょうか。釣りライターの中山一弘さんに選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


釣りライターがおすすめ【ベイトフィネスリール5選】| 技術の進歩で実現!

釣りライターがおすすめ【ベイトフィネスリール5選】| 技術の進歩で実現!

ベイトフィネスはスピニングタックルと細いラインを使って軽量なリグを使うフィネスフィッシングを、太いラインを巻いたベイトタックルで扱うことを可能にした釣りです。これが実現できた背景にはベイトリールの革新的な進化があります。ベイトフィネスにはどんな専用リールがあるのか、釣りライターの中山一弘さんに選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


釣りライターがおすすめ【トレブルフック5選】|釣果アップのコツはフックにあり!

釣りライターがおすすめ【トレブルフック5選】|釣果アップのコツはフックにあり!

ルアーについている3本錨(いかり)の形をした釣り針を知っていますか? これは「トレブルフック(トリプルフック)」といって、プラグ類によく使われるフックです。360度、どこから食いつかれてもフッキングしやすい形状は重量バランスもよいため、さまざまな製品に使われています。しかし、フックはそもそも消耗品。古くなったトレブルフックは定期的に交換しなければなりません。この記事では釣りライターの中山一弘さんに、トレブルフックの選び方とおすすめ商品を聞いてみました。


釣りライターがおすすめ【ルアーケース5選】|ルアーを安全に持ち歩く!

釣りライターがおすすめ【ルアーケース5選】|ルアーを安全に持ち歩く!

ルアーの量が増えてくるとどうしても必要になるのが専用のケースです。いきなり大型のタックルボックスを買うのもよいですが、小分け用にいくつか入れられる小型のものがあると、あとあと持ち出し用に使えて便利です。この記事では実釣にぴったりの小型ルアーケースについて、釣りライターの中山一弘さんに選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


渓流竿おすすめ5選|釣りライターに聞く! シマノ・がまかつ・ダイワほか

渓流竿おすすめ5選|釣りライターに聞く! シマノ・がまかつ・ダイワほか

渓流で釣れるヤマメやイワナ、ニジマスなどはどれも美しく、魚体を見るだけで惚れ惚れします。そんな山の妖精たちに出会える渓流釣りはシーズン中ともなると、大勢のファンでにぎわう人気の釣りです。これからはじめる人や初心者が渓流竿を買うにはどんなことに気をつければよいのか、釣りライターの中山一弘さんに選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。長さや硬さ、ズーム機構の有無がポイントとなるほか、シマノ・がまかつ・ダイワなど、定番メーカーの製品を解説。通販サイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


 釣りライターおすすめ【フライロッド】5選|ロッド選びのコツを解説!

釣りライターおすすめ【フライロッド】5選|ロッド選びのコツを解説!

釣りライターが選ぶフライロッド5選をご紹介します。フライ(毛バリ)をラインの重さだけでキャストするフライフィッシングは、魚の活性やそこに住む水生昆虫のステージに合わせて、綿密に作戦を組み立てるとても奥深い釣りです。渓流や湖、管理釣場など、さまざまなフィールドで楽しめる釣りですが、これからはじめるにはどのようなロッドを選べばよいのでしょう? 釣りライターの中山一弘さんに、選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


釣りライターおすすめ【ロッドケース】5選|選び方のポイントを解説!

釣りライターおすすめ【ロッドケース】5選|選び方のポイントを解説!

釣りライターが選ぶロッドケース5選をご紹介します。釣り場に向かうとき、釣竿を剥き出しのまま運んでしまうと破損の恐れがあります。さらに複数の竿や玉網(タモ)の柄なども持ち歩こうと思うなら、専用のロッドケースを用意したほうが安心です。しかし、ロッドケースといってもさまざまなタイプの製品があるので迷ってしまいます。そこで釣りライターの中山一弘さんに、選び方のコツとおすすめ製品についてお話をうかがいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【レバーブレーキリールのおすすめ6選!】シマノ・ダイワほか注目モデルを釣り専門ライターが解説

【レバーブレーキリールのおすすめ6選!】シマノ・ダイワほか注目モデルを釣り専門ライターが解説

上物(うわもの)といわれるメジナやイサキ、それにクロダイなどは、釣り人にも大人気のターゲットです。それらのターゲットはメインフィールドが磯や堤防になるため、大きな魚の引きをコントロールするために、レバーブレーキが搭載されたスピニングリールを使う機会が多くなります。レバーブレーキリールを選ぶときはどんなところに気を付ければよいのでしょう。シマノ、ダイワの2大メーカーを中心に、おすすめのモデルを釣りライターの中山一弘さんにうかがいました。


エサの運搬から道具入れまで!釣りライターがおすすめするバッカン5選

エサの運搬から道具入れまで!釣りライターがおすすめするバッカン5選

釣りをしていると釣場に持っていきたい道具やたくさんのエサを何で運搬してよいか悩むことがありますよね。そんなときに便利なのが「バッカン」と呼ばれるアイテムです。樹脂製で汚れや水被りに強く、汎用なのでさまざまなものが入れられます。釣りライターの中山一弘さんに、選び方とおすすめ製品を伺ってみましょう。なお、バケツタイプと混同されることがありますが、この記事では、本来バッカンと言われる大きめのタイプに絞ってご紹介します。


【リールケースおすすめ5選】釣りライター厳選|しっかり保管・ハードタイプや複数収納タイプも

【リールケースおすすめ5選】釣りライター厳選|しっかり保管・ハードタイプや複数収納タイプも

リールをそのままの状態で保管していたり、釣り場へ持っていったりすると、どうしても傷が入ります。車への搬入中や釣り場についてからタックルの準備をする間に落としたりすると、破損の恐れさえあります。それを回避するためのアイテムが「リールケース」です。さまざまな種類がありますが、どのような製品を選べばよいのでしょう? 釣りライターの中山一弘さんに解説してもらいます。


【スノーピークテントのおすすめ6選】キャンプライターが選ぶ! シンプルで統一感あるデザインが魅力

【スノーピークテントのおすすめ6選】キャンプライターが選ぶ! シンプルで統一感あるデザインが魅力

新潟県の三条市を本拠地とするアウトドア総合メーカーのSnow Peak(スノーピーク)は、日本の気候やキャンプ環境を熟知し、「かゆい所に手が届く」高機能な製品を送り出し続けています。テントやタープはもちろん、アウトドア用のキッチン用品から最近ではアパレル製品まで、トータルで提供できるメーカーとして定評があります。細かいデザインにも気を配ることでも有名で、「エントリーライン」「スタンダードライン」「プロライン」「プロエアライン」「アイボリーライン」の5つの系統があるスノーピークテントは、ピンと張った形がとてもきれいです。この記事では、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺ってみました。


釣りライターおすすめ【ルアーロッド】5選|ロッド選びのポイントを解説!

釣りライターおすすめ【ルアーロッド】5選|ロッド選びのポイントを解説!

釣りライターが選ぶルアーロッド5選をご紹介します。ルアー(疑似餌)で釣れる魚は淡水域、海を合わせると数えきれないほどたくさんいます。釣りたい魚に合わせてさまざまな道具がありますが、ルアーロッドはどのようなものを選べばよいのでしょう? 釣りライターの中山一弘さんに、入門に最適な魚種とルアーロッドのおすすめ製品と選び方のコツを解説してもらいます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレスト(THERMAREST)はキャンプや登山で使用するマットレスの専門ブランド。多くのユーザーに支持されている定番のサーマレストマットの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺いました。オートキャンプや登山などでテント泊をするとき、地面の凸凹や冷気を遮断して快適な睡眠をえるためにマットは必要です。自動膨張式のタイプや軽量なクローズドセルなど、さまざまなラインナップがあります。売れ筋ランキングも参考にしながら、軽さ、パッキングのしやすさなどを考慮し、自分に合う製品を選んでください。


釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

ショアジギングは、岸からメタルジグなどを投げて青物をメインに狙うゲームです。サーフや堤防、磯などさまざまなシチュエーションで手軽に大物が狙えるため、とても人気が高まっている釣りです。ただ、見るからにリールには過酷な釣りに見えますが、実際はどうなのでしょう。釣りライターの中山一弘さんに、ショアジギング用のリールの選び方とおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


釣りライターがおすすめする【ショアジギングロッド5選】|メタルジグを大遠投!

釣りライターがおすすめする【ショアジギングロッド5選】|メタルジグを大遠投!

岸から回遊魚を狙う豪快なゲームが楽しめるショアジギングは人気の釣りです。大海原へ向かってロッドを振っているだけでも気持ちがいいですね。釣れるのはイナダ、ワラサなどのブリの若魚や、ソーダカツオや本カツオ、潮がよければマグロも狙えます。そんなおいしいターゲットを手に入れるにはどんなロッドが必要なのでしょうか? 釣りライターの中山一弘さんにうかがってみましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【ジギングロッドのおすすめ5選】大海原で青物と格闘! 釣りライターに聞いた選び方

【ジギングロッドのおすすめ5選】大海原で青物と格闘! 釣りライターに聞いた選び方

船の上からメタルジグを沈めて青物と格闘するジギングは、スポーツフィッシングのだいご味を十分教えてくれる楽しい釣りです。シーズンになると通い詰めるファンがいるほど人気になっていますが、この豪快な釣りをはじめるにはどんなロッドを買えばよいのでしょう。釣りライターの中山一弘さんに、選び方のコツとおすすめ製品をうかがってみました。ダイワ、シマノほか人気メーカーの製品をはじめ、最初の1本、または目的にふさわしいものをあげていただいています。売れ筋ランキングも参考にしてください。


【釣りライターがおすすめするエギ5選!】エギングで使えて、よく追い、よく乗る!

【釣りライターがおすすめするエギ5選!】エギングで使えて、よく追い、よく乗る!

エギはアオリイカなどのイカ類を釣るエギングで使う、専用ルアーのような道具です。古くから漁具として使われてきたものが、近年釣り用に流用されるようになって脚光を浴び、瞬く間に広がりました。号数、沈下速度、カラーなどで使い方や特徴に違いがあります。現在、たくさんの種類のエギが市場を賑わしていますが、どのエギを選んだらよいか悩みますよね。この記事では、釣りライターの中山一弘さんに選び方のコツとおすすめ製品をうかがってみました。売れ筋ランキングも参考にしてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る