おすすめの「ロッド・釣竿」に関する記事

ロッド・釣竿の選び方、おすすめ情報と関連情報をお届けします。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


バス釣り用ベイトロッドおすすめ10選|高強度で軽量なアイテムを紹介

バス釣り用ベイトロッドおすすめ10選|高強度で軽量なアイテムを紹介

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家でもある荒井裕介さんへの取材をもとに、バス釣りベイトロッドのおすすめ商品と選び方をご紹介します。ルアーやワームでのバス釣りに欠かせないベイトロッド。軽さや強度、硬さ、長さなど、さまざまな特徴を持つアイテムが数多く発売されています。初心者なのか経験者なのかによっても、視点を変えることが必要なベイトロッド選び。どのような点に注意すればいいのかをわかりやすく解説していきます。ぜひ参考にしてくださいね。


サクラマスロッドおすすめ10選|選び方や初心者向け・プロ仕様のロッドをご紹介

サクラマスロッドおすすめ10選|選び方や初心者向け・プロ仕様のロッドをご紹介

なかなか釣れないサクラマス。だからこそ、いつか訪れる感動の瞬間のために、ロッドはできるだけ完璧なものを選んでおきたいものです。大切なのは、ホームグランドの環境と、自分の釣りのスタイル、そして使用率が高いルアーの操作性にマッチしていること。汎用性の高いロッドで妥協するという方法もありますが、中途半端にならないように注意して選択しましょう。ロッドの性能が分かるのは、実際に魚を掛けてからです。


バス釣り用スピニングロッドおすすめ10選|硬さやコスパの良さから初心者も簡単に使える物をご紹介!

バス釣り用スピニングロッドおすすめ10選|硬さやコスパの良さから初心者も簡単に使える物をご紹介!

軽量なルアーを使うのがメジャーなバス釣り用のロッドには、軽さやキャストのしやすさが特徴のスピニングモデルが向いています。しかし、安くはない商品だけにどれを選んでいいか迷うところ。そこで今回は、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだバス釣り用のスピニングロッドを10商品紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ロッドベルトのおすすめ11選|【ダイワ・シマノ】ショルダーベルト付きも

ロッドベルトのおすすめ11選|【ダイワ・シマノ】ショルダーベルト付きも

ロッド(竿)を束ねて移動したいときに便利なロッドベルト。長さや本数に左右されないため、マルチに活躍してくれるアイテムです。その実用性からシマノやDAIWAといった大手メーカー、ブランドも多数ラインアップ。ここでは、ワイルドライフクリエーター・荒井裕介さんと編集部が選んだロッドベルトの厳選11選と選び方をご紹介します。


サビキ釣り竿おすすめ11選|号数・長さなど解説! ダイワ・シマノ・セット商品も

サビキ釣り竿おすすめ11選|号数・長さなど解説! ダイワ・シマノ・セット商品も

初心者や家族連れでも、すぐに楽しむことができるところがサビキ釣りの魅力。ここでは、サビキ釣り竿の選び方を解説し、アウトドアにくわしい山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。商品選びの参考にしてみてください。


ランディングネットのおすすめ11選と選び方を徹底解説【釣りを楽しくラクに】

ランディングネットのおすすめ11選と選び方を徹底解説【釣りを楽しくラクに】

シーバスや大物トラウトといった大型魚狙いの釣りに必須の「ランディングネット」。高い堤防や岩場、渓流などで活躍します。しかし、折りたたみタイプやシャフトが別売りのものなど種類はさまざま。そこで、アウトドアのエキスパートである夏野さんにお話をうかがい、ランディングネットの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


釣り餌箱のおすすめ9選|川や海、オキアミやイソメなど最適なのはどれ?

釣り餌箱のおすすめ9選|川や海、オキアミやイソメなど最適なのはどれ?

エサ釣りをする際、エサを保管し、いつでも使えるように釣り場で使う「餌箱」は必須アイテムになります。エサ釣りといっても多種多様のエサを使うため、それぞれに合わせた餌箱が必要です。でも、調べてみるとかなりの種類があるようです。そこで釣りライターの中山一弘さんにお話をうかがい、餌箱の選び方とおすすめ製品について教えてもらいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


ベイトフィネスロッドおすすめ15選【ダイワ・シマノほか】ソルトやトラウトにも

ベイトフィネスロッドおすすめ15選【ダイワ・シマノほか】ソルトやトラウトにも

10g以下の軽量リグや軽量ルアーをある程度太いラインでも扱えるベイトフィネスは、ブラックバスフィッシングに欠かせないメソッドでトラウトフィッシングでも人気です。なかでも専用のロッド「ベイトフィネスロッド」は、ダイワやシマノ、アブガルシアなど多数のメーカーから販売されています。しかし、硬さや長さ、扱えるラインなどはさまざまで、コスパに優れたモデルやソルト対応などもあり、とくに初心者はなにを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんに選び方のポイントとおすすめ商品を聞いてみました。ぜひ参考にしてみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


【2020年最新】ベイトフィネスリールのおすすめ15選! ソルトやトラウトにも人気

【2020年最新】ベイトフィネスリールのおすすめ15選! ソルトやトラウトにも人気

軽量なルアーを使い繊細な釣りを楽しむフィネスフィッシング。なかでも太いラインを巻いたベイトタックルで扱うことを可能にしたのが「ベイトフィネスリール」です。ベイトリールの技術革新が生んだベイトフィネスにはどんな専用リールがあるのか。最近はバス釣りだけでなくソルトやトラウトでも利用されており手返しのよさが魅力です。そこで、釣りライターの中山一弘さんにベイトフィネスリールの特徴や選び方、おすすめのモデルを聞いてみました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


トレブルフックおすすめ10選|バレにくいタイプや強度のあるタイプも

トレブルフックおすすめ10選|バレにくいタイプや強度のあるタイプも

ルアーについている3本錨(いかり)の形をした釣り針を知っていますか? これは「トレブルフック(トリプルフック)」といって、プラグ類によく使われるフックです。360度、どこから食いつかれてもフッキングしやすい形状は重量バランスもよいため、さまざまな製品に使われています。しかし、フックはそもそも消耗品。古くなったトレブルフックは定期的に交換しなければなりません。この記事では釣りライターの中山一弘さんに、トレブルフックの選び方とおすすめ商品を聞いてみました。


ルアーケースおすすめ8選|ルアーを安全に持ち歩く!【整理しやすいものを】

ルアーケースおすすめ8選|ルアーを安全に持ち歩く!【整理しやすいものを】

ルアーの量が増えてくるとどうしても必要になるのが専用のケースです。いきなり大型のタックルボックスを買うのもよいですが、小分け用にいくつか入れられる小型のものがあると、あとあと持ち出し用に使えて便利です。この記事では実釣にぴったりの小型ルアーケースについて、釣りライターの中山一弘さんに選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


渓流竿おすすめ10選|【源流・渓流・本流】シマノ・がまかつ・ダイワほか

渓流竿おすすめ10選|【源流・渓流・本流】シマノ・がまかつ・ダイワほか

渓流で釣れるヤマメやイワナ、ニジマスなどはどれも美しく、魚体を見るだけで惚れ惚れします。そんな山の妖精たちに出会える渓流釣りはシーズン中ともなると、大勢のファンでにぎわう人気の釣りです。ここでは、釣りライターの中山一弘さんと編集部が選んだ渓流竿のおすすめと選び方のポイントをご紹介します。長さや硬さ、ズーム機構の有無がポイントとなるほか、シマノ・がまかつ・ダイワなど、定番メーカーの製品も昇華していますので、通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


おすすめフライロッド5選| ロッド選びのコツは? 釣りライターに聞く

おすすめフライロッド5選| ロッド選びのコツは? 釣りライターに聞く

フライ(毛バリ)をラインの重さだけでキャストするフライフィッシングは、渓流や湖、管理釣場など魚の活性やそこに住む水生昆虫のステージに合わせて、綿密に作戦を組み立てるとても奥深い釣りです。ここでは、釣りライターの中山一弘さんが選んだフライロッドのおすすめと選び方のコツをご紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ロッドケースおすすめ5選|【ソフト・セミハード・ハード】人気モデル厳選

ロッドケースおすすめ5選|【ソフト・セミハード・ハード】人気モデル厳選

釣り場に向かうとき、釣竿を剥き出しのまま運んでしまうと破損の恐れがあります。さらに複数の竿や玉網(タモ)の柄なども持ち歩こうと思うなら、専用のロッドケースを用意したほうが安心です。ここでは、釣りライターの中山一弘さんと編集部が選んだロッドケースのおすすめと選び方のコツについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【2020年】ルアーロッドおすすめ10選|テーパーの特徴も解説

【2020年】ルアーロッドおすすめ10選|テーパーの特徴も解説

ルアー(疑似餌)で釣れる魚は淡水域、海を合わせると数えきれないほどたくさんいます。釣りたい魚に合わせてさまざまな道具がありますが、ルアーロッドはどのようなものを選べばよいのでしょう? 釣りライターの中山一弘さんと編集部が選んだルアーロッドのおすすめと選び方のコツをご紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ショアジギングロッドおすすめ10選!初心者・上級者向けやコスパ最強・ハイエンドも紹介

ショアジギングロッドおすすめ10選!初心者・上級者向けやコスパ最強・ハイエンドも紹介

岸や堤防から回遊魚を狙う豪快なゲームが楽しめる人気の釣りショアジギング。使用する「ショアジギングロッド」で釣れるのはイナダ、ワラサなどのブリの若魚や、ソーダカツオや本カツオ、潮がよければマグロも狙えます。ダイワやシマノをはじめさまざまメーカーから販売されており、何を選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんと編集部が選ぶショアジギングロッドおすすめ商品と選び方について紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


ジギングロッドおすすめ11選|人気シマノやダイワも紹介!【2020年最新】

ジギングロッドおすすめ11選|人気シマノやダイワも紹介!【2020年最新】

船の上からメタルジグを沈めて青物と格闘するジギング。最近ではスピニングタックルではなくベイトタックルを利用したスロージギングが人気です。その「ジギングロッド」は使用するメタルジグの重さによって選ぶ必要がありますが、王道ブランドのほかメジャークラフトやアブガルシアなどからさまざまな種類が販売されています。初めての方は何を選べばいいかわからないですよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんに、選び方のポイントとおすすめ商品をうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


【シーバスロッド6選】釣り歴50年のフィッシングライターが徹底解説

【シーバスロッド6選】釣り歴50年のフィッシングライターが徹底解説

シーバス(スズキ)は、九州から北海道まで国内沿岸の広い地域に生息する身近なターゲットです。ヒラスズキやタイリクスズキなども生息していますが、これらの魚は、生息域や釣り場の環境に制限があり個体数も少なめなことから、上級者向けのターゲットです。ここでは一般的なシーバスに限定して、釣り歴50年のフィッシングライター・田澤 晃さんに、シーバスロッドの選び方やおすすめのロッドを解説してもらいました。サーフ、ベイエリア、河川など、さまざまな環境で狙えるからこそ、はじめはシーバスに慣れることが大切。そして、身近な釣り場の環境に合わせた1本を使い込むほど、ステップアップに必要な機能などが分かり、「自分好み」の1本にたどり着きますよ。


へら竿のおすすめ12選! シマノ・ダイワほか人気モデルや選び方を解説

へら竿のおすすめ12選! シマノ・ダイワほか人気モデルや選び方を解説

池や湖、大型河川などに多く生息するへらぶなは、釣り人に人気のターゲットです。へらぶながたくさん放流された管理型の池などもあり、大会なども盛んにおこなわれています。釣りの入門にも最適ですが、食性(プランクトン食)からエサの作り方を少し変えるだけで釣果が変わるなど、奥深さがあるのも魅力です。へら竿は「カーボン竿」と「竹竿」の2種類。シマノやダイワをはじめさまざまなメーカーから販売されています。では初心者がへらぶな釣りをはじめるには、どんな竿を用意すればよいのでしょうか。釣りライターの中山一弘さんに選び方とおすすめの商品をうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


ロッド・釣竿の人気記事