おすすめの「釣り糸・ライン」に関する記事

釣り糸・ラインの選び方、おすすめ情報と関連情報をお届けします。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


メバリングラインのおすすめ9選【プロが選ぶ】フロロ・PE・ナイロンなど!

メバリングラインのおすすめ9選【プロが選ぶ】フロロ・PE・ナイロンなど!

この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さん監修のもと、メバリングラインのおすすめ商品をご紹介します。種類別の特徴と選び方も徹底解説!プロが選ぶおすすめランキングも発表しています。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね!


トラウトラインのおすすめ11選【プロが選ぶ!】フロロ・PE・ナイロンなど

トラウトラインのおすすめ11選【プロが選ぶ!】フロロ・PE・ナイロンなど

この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さん監修のもと、トラウトラインの選び方とおすすめ商品をご紹介します!ほかの釣りと違い、トラウトフィッシングは魚を食べることが主目的ではなく、キャッチ&リリースが前提という楽しみ方をします。できるだけ魚に優しいラインを選ぶことも大切です。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね!


ベイトフィネスロッドおすすめ15選【ダイワ・シマノほか】ソルトやトラウトにも

ベイトフィネスロッドおすすめ15選【ダイワ・シマノほか】ソルトやトラウトにも

10g以下の軽量リグや軽量ルアーをある程度太いラインでも扱えるベイトフィネスは、ブラックバスフィッシングに欠かせないメソッドでトラウトフィッシングでも人気です。なかでも専用のロッド「ベイトフィネスロッド」は、ダイワやシマノ、アブガルシアなど多数のメーカーから販売されています。しかし、硬さや長さ、扱えるラインなどはさまざまで、コスパに優れたモデルやソルト対応などもあり、とくに初心者はなにを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんに選び方のポイントとおすすめ商品を聞いてみました。ぜひ参考にしてみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


【2020年最新】ベイトフィネスリールのおすすめ15選! ソルトやトラウトにも人気

【2020年最新】ベイトフィネスリールのおすすめ15選! ソルトやトラウトにも人気

軽量なルアーを使い繊細な釣りを楽しむフィネスフィッシング。なかでも太いラインを巻いたベイトタックルで扱うことを可能にしたのが「ベイトフィネスリール」です。ベイトリールの技術革新が生んだベイトフィネスにはどんな専用リールがあるのか。最近はバス釣りだけでなくソルトやトラウトでも利用されており手返しのよさが魅力です。そこで、釣りライターの中山一弘さんにベイトフィネスリールの特徴や選び方、おすすめのモデルを聞いてみました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


トレブルフックおすすめ10選|バレにくいタイプや強度のあるタイプも

トレブルフックおすすめ10選|バレにくいタイプや強度のあるタイプも

ルアーについている3本錨(いかり)の形をした釣り針を知っていますか? これは「トレブルフック(トリプルフック)」といって、プラグ類によく使われるフックです。360度、どこから食いつかれてもフッキングしやすい形状は重量バランスもよいため、さまざまな製品に使われています。しかし、フックはそもそも消耗品。古くなったトレブルフックは定期的に交換しなければなりません。この記事では釣りライターの中山一弘さんに、トレブルフックの選び方とおすすめ商品を聞いてみました。


ルアーケースおすすめ8選|ルアーを安全に持ち歩く!【整理しやすいものを】

ルアーケースおすすめ8選|ルアーを安全に持ち歩く!【整理しやすいものを】

ルアーの量が増えてくるとどうしても必要になるのが専用のケースです。いきなり大型のタックルボックスを買うのもよいですが、小分け用にいくつか入れられる小型のものがあると、あとあと持ち出し用に使えて便利です。この記事では実釣にぴったりの小型ルアーケースについて、釣りライターの中山一弘さんに選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


ショックリーダーのおすすめ7選!ナイロンとフロロカーボンの特徴、必要性を徹底解説

ショックリーダーのおすすめ7選!ナイロンとフロロカーボンの特徴、必要性を徹底解説

メインラインの先とルアーの間に結束することで、魚の歯や岩などで切れることを防ぐ「ショックリーダー」。PEラインのシーバス釣りなどにはとくに有効なアイテムです。人気のシマノをはじめ、太さや長さ、素材などさまざまな商品が販売されています。そこで、釣りライターの中山一弘さんに、ショックリーダーの選び方とおすすめの商品をうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


エギングラインのおすすめ10選!コスパ最強ラインの選び方【釣りライター厳選】

エギングラインのおすすめ10選!コスパ最強ラインの選び方【釣りライター厳選】

アオリイカをはじめ、イカやタコを狙う人気の釣り「エギング」。一度ハマれば奥深い面も見えてきますし、食べたら食通もうなるおいしい獲物が釣れるのですからたまりません。ハマり度120%の釣りですから、今でも入門者は増え続けています。しかし、PEとナイロン、太さや長さ、色など、種類が豊富で迷ってしまいますよね。そこで、エギングラインの選び方のコツとおすすめ商品を、釣りライターの中山一弘さんにうかがいました。リーダーとの結び方や通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


アジングラインおすすめ11選|エステル、フロロカーボン、PEなど素材にも注目

アジングラインおすすめ11選|エステル、フロロカーボン、PEなど素材にも注目

アジは誰もが大好きな魚の代表です。いろいろな釣り方がありますが、最近ではルアーで釣る「アジング」が人気を呼んでいます。防波堤などからライトロッドで楽しめるので、これからはじめたいという人も多いでしょう。専用ラインもたくさん出ていますが、それだけに何を選んだらよいか迷いますよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんに、選び方のコツとおすすめ製品をうかがいました。ぜひ参考になさってください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


バス釣りラインのおすすめ7選|人気のナイロンラインからPEラインも紹介

バス釣りラインのおすすめ7選|人気のナイロンラインからPEラインも紹介

本記事では、釣りライターの中山一弘さんによるバス釣りライン選びのコツとおすすめ商品を7つ合わせて紹介しています。釣りに使うラインには、素材や太さなどの異なる様々な種類があります。バス釣り用のライン選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。


フライラインのおすすめ10選!美しいループづくりはライン選びとメンテナンス

フライラインのおすすめ10選!美しいループづくりはライン選びとメンテナンス

さから人気を集めている釣りです。小さな毛ばりを遠くに届けるためのフライキャスティングは、フライラインがループを描きながら伸びていく独特の美しさがあります。そんなキャスティングを決めるにはライン選びがとても重要。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


ナイロンラインおすすめ10選|摩擦に強く、高感度な商品も紹介

ナイロンラインおすすめ10選|摩擦に強く、高感度な商品も紹介

釣りの基本となるのは歴史も古いナイロンラインといえます。しかし、いざナイロンラインを購入しようと思っても、金額や長さなどいろいろあり迷ってしまいますよね。そこで、釣りライター中山一弘さんへの取材のもと、ナイロンラインの選び方とおすすめの商品を紹介します。ぜひ参考にして、自分の釣りライフにぴったりのナイロンラインを見つけてくださいね。


釣りたい魚に合わせた号数で選ぶ!PEラインおすすめ人気ランキング40選

釣りたい魚に合わせた号数で選ぶ!PEラインおすすめ人気ランキング40選

釣り・アウトドアライターの中山一弘さんへの取材と501名へのアンケート調査をもとに、PEラインの特徴と、シーバス釣りやエギングなど、ターゲット別のおすすめランキングを紹介いたします。ぜひ参考にしてください!


釣り糸・ラインの人気記事