自撮りにおすすめのデジカメ5選! 人気モデルは? 価格・機能・サイズ選び方を紹介

ソニー デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2
出典:Amazon
ITライター
酒井 麻里子

IT関連の書籍、雑誌、Webコンテンツ等の編集・執筆に携わる。 著書に『これからはじめるスマホユーザーのためのLINE Facebook&Twitter 安心・かんたんスタートブック』(秀和システム)、 『今すぐ使えるかんたんFC2ブログ 超入門』(技術評論社)など。

自撮りに適したデジタルカメラの選び方とおすすめ製品を5つ紹介します。近年、自撮りに便利な機能を備えたデジタルカメラが増えています。自撮りはスマートフォンでもできますが、デジカメは高画質で、夜景もキレイに撮影できるものが多いのが特徴です。ITライターの酒井麻里子さんへの取材をもとに、おすすめ商品や選び方を紹介します。


自撮りにおすすめのデジカメとは? ITライターに聞きました

ITライターの酒井麻里子さんに、自撮り向きのデジカメを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。肌をきれいに見せたり、背景をぼかしたりと、自撮りをより美しく撮影するための機能が搭載されている製品も多くあります。スマホと接続すれば、家族や友達、カップルと撮った思い出の写真を手軽に共有できます。おすすめ商品や選び方を参考に、自分にぴったりの自撮り向きデジカメを見つけてみてください。

自撮りをする女性2人組
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

旅行やバカンスでも大活躍のデジタルカメラ。自撮りのしやすさや、自撮り写真のクオリティを上げる機能をチェックしましょう!

モニターは回転させられるか?

ITライター

自撮りに使うデジタルカメラを選ぶときに必ず押さえたいポイントが、液晶モニターを動かせる機構が搭載されていること。通常はカメラの背面についているモニターを、正面から映像が見えるように回転させることで、スマホでの撮影と同じように撮影中の映像を見ながら写真を撮ることが可能になります。

なお、この機構には、モニター部分が真上か真下に180度開く「チルト式」と、上方向に加えて、左右にも自由に動かせる「バリアングル式」の2種類があります。チルト式は、シンプルな操作で使える点が魅力。バリアングル式は、こまかい角度調整が可能な点がメリットです。

Canon『PowerShot SX70 HS』

液晶モニターはサイドに開くバリアングルタイプ。自由に角度調整が可能で自撮りやローアングルなどさまざまな撮影シーンで便利に使えます。広角レンズのようなダイナミックな風景を広々と写すことも可能。

>> Amazonで詳細を見る

カメラのサイズ・重さもチェック

ITライター

さまざまな場所に持ち歩いて自撮り写真を撮影したいなら、カメラの携帯性も重要なポイント

カメラの重さには、「本体重量」と「総重量」の2種類が記載されていることが多いですが、バッテリーなどの重さも含めた「総重量」が実際に使うときの重さになります。携帯性を重視するなら、300g台までのものを目安に選ぶのがおすすめです。

とはいえ、軽いカメラは撮影時にブレやすい面もあるため、必ずしも「軽いほうがいい」とは限りません。ブレを防ぎたい人は、ある程度重さのあるものを選ぶのもいいでしょう。

また、サイズについては、片手で楽に持てる大きさが理想。ご自身の手の大きさをもとに考えて選ぶのがおすすめです。

自撮り関連機能の充実度

ITライター

被写体の肌をきれいに見せたり背景をぼかしたりといった効果をかける機能や、ピントを正確にすばやく合わせる機能など、自撮りをより美しく撮影するための機能を搭載したデジタルカメラも多数あります。

これらの機能を活用することで、手間をかけずに自撮り写真のクオリティを大きくアップさせることができるので、カメラ自体の性能に加えて、これらの機能もチェックしておくことをおすすめします。

スマホ連携機能があると便利

ITライター

デジカメのなかには、Wi-FiやBluetoothでスマホと連携できる機能を持った機種もあります。

スマホ連携機能があると、撮影した写真をその場ですぐにスマホに転送することができます。写真を撮ったらすぐにSNSにアップしたり、友だちや家族に送ったりしたい場合にはとても便利な機能です。なお、多くの場合、スマホ連携機能を使うには、カメラメーカーの専用アプリをスマホにインストールする必要があります。

SONY『サイバーショット DSC-WX800』

NFC対応のスマホを持っていれば、接続もワンタッチでかんたん。カメラからスマホに送れるので、写真をスマホで管理するのに便利です。テクニックがない初心者の方でも、プレミアムおまかせオート機能を使えば難しいシーンの撮影が可能です。

>> Amazonで詳細を見る

自撮りにおすすめのデジカメ5選! ITライターが厳選

上で紹介した自撮り向きのデジカメの選び方のポイントをふまえて、ITライターの酒井麻里子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Canon(キヤノン)『PowerShot SX70 HS』

Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』 Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』 Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』 Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』 Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』 Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』 Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』

出典:Amazon

サイズ 幅127.1×高さ90.9×奥行116.6mm
総重量 約610g
液晶モニター バリアングル式
画素数 カメラ部有効画素数:約2,030万画素、総画素数:約2,110万画素
ISO感度 オート、ISO100-3200
シャッタースピード 1~1/2000秒(オートモード)、15~1/2000秒、動画撮影時は状況によって1/4000秒
スマホ連携

Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa

ITライター

複数での自撮りや風景撮影を楽しみたい人向け

焦点距離21mmと画角が広めなので、複数での自撮り撮影にも向いています。液晶画面の角度を上下左右にこまかく調整できるので、見やすい角度で撮影が可能な点が便利。また、「自分撮りモード」では、背景のぼかし具合や明るさの調整をしたり、美肌効果をかけての撮影が可能です。

65倍の光学ズームに対応しているので、遠方のものを撮影するときにも活躍するでしょう。自撮りに加えて風景撮影なども楽しみたい人におすすめの機種です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-TZ95』

Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』

出典:Amazon

サイズ 幅約112.0×高さ68.8×奥行41.6mm
総重量 約328g
液晶モニター チルト式
画素数 カメラ有効画素数:2,030万画素、総画素数:2,110万画素
ISO感度 静止画オート:ISO80-6,400、動画オート:80-3,200
シャッタースピード 静止画:4~1/2000秒(メカシャッター)、1~1/16000秒(電子シャッター)、動画:1/30~1/16000秒
スマホ連携

Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa

ITライター

「4Kセルフィー」など自撮り機能が充実

モニターはカメラの上方向に180度開くタイプ。毎秒30コマの連写で高画質な自撮り写真を撮影できる「4Kセルフィー」モードが搭載されていて、たくさんのカットのなかからベストな表情の写真を選ぶことができます。

そのほかにも、複数で自撮りをするときに便利な「広角4Kセルフィー」や、パノラマ写真で自撮りができる「自分撮りパノラマ」など自撮りに関する機能が充実。さまざまなシーンで自撮りをしたい人にうれしい機種です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Nikon(ニコン)『COOLPIX A1000』

Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』

出典:Amazon

サイズ 幅約114.2×高さ71.7×奥行40.5mm
総重量 約330g
液晶モニター チルト式
画素数 有効画素数:1,604万画素、総画素数:1,679万画素
ISO感度 ISO100-1600 、ISO3200、6400(P、S、A、Mモード時に設定可能)
シャッタースピード 1/2000~1秒 、1/2000秒~8秒(S、A、Mモード)、1/4000秒(高速連写時の最高速)
スマホ連携

Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa

ITライター

顔写真を小顔や美肌に、スポーツ・植物撮影も得意

撮影後の写真に、「小顔」や「美肌」、肌の色を12色から選択できる「ファンデーション」などの効果を追加して、仕上がりを調整できる機能を搭載。写真をスマホなどに転送してからアプリで仕上げをするとひと手間かかってしまいますが、これならカメラ内の機能だけで完結するので便利です。編集の手間を省きたい方や、そこからさらにスマホで手間を加えて編集に広がりを持たせたい方におすすめ。

120コマ/秒の高速連写や、1cmの距離まで近づいてのマクロ撮影にも対応しているので、スポーツシーンの撮影や植物などの撮影でも活躍します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『サイバーショット DSC-WX800』

SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』

出典:Amazon

サイズ 幅101.6×高さ58.1×奥行35.5mm
総重量 約233g
液晶モニター チルト式
画素数 有効画素数:約1,820万画素、総画素数:約2,110画素
ISO感度 オート、ISO80-3200
シャッタースピード おまかせオート(1/4~1/2,000秒)、プログラムオート(1~1/2,000秒)、 マニュアル(30~1/2,000秒)
スマホ連携

Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa

ITライター

「瞳AF」機能を搭載、スマホでリモコン撮影も可能

小型軽量で自撮りに対応したデジカメをお探しの方におすすめなのがこのモデル。モニターは、真上方向に180度回転する構造。被写体の瞳を検出して、自動でピントを合わせる「瞳AF」機能を搭載しているので、すばやく顔を検出して撮影を行なえます。

また、NFC対応のスマホを持っていれば、カメラとスマホをタッチするだけで接続でき、スマホをリモコンとして使うことが可能。カメラからスマホに写真を自動転送することもできるので、写真をスマホで管理したい場合に便利。約233gの軽量コンパクトなボディで持ち歩きやすい点もメリットです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『サイバーショット DSC-RX0M2』

SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』

出典:Amazon

サイズ 幅59.0×高さ40.5×奥行35.0mm
総重量 約132g
液晶モニター チルト式
画素数 有効画素数:約1,530万画素、総画素数:約2,100万画素
ISO感度 ISO125-12800
シャッタースピード 1/4~1/32000秒
スマホ連携

Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa

ITライター

アウトドアなどハードな環境での自撮りにも対応

このカメラの特徴は、水深10mの防水性能や高さ2mからの落下衝撃耐性を備えていること。屋外で地面に落とした場合でも故障のリスクが少ないので、アウトドアでの趣味をお持ちの方におすすめ。ハードな環境でも安心して使えます。

人物撮影のピントをすばやく正確に合わせることができる「瞳AF」や、自動で肌を滑らかにする「美肌効果」など、自撮りで役立つ機能も充実。また、画質に大きく影響するイメージセンサーには、コンパクトデジタルカメラとしては大きな1型を採用。小型のボディながら高画質な写真を撮影できることが魅力の機種です。

「自撮り向けデジカメ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Canon(キヤノン)『PowerShot SX70 HS』
Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-TZ95』
Nikon(ニコン)『COOLPIX A1000』
SONY(ソニー)『サイバーショット DSC-WX800』
SONY(ソニー)『サイバーショット DSC-RX0M2』
商品名 Canon(キヤノン)『PowerShot SX70 HS』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-TZ95』 Nikon(ニコン)『COOLPIX A1000』 SONY(ソニー)『サイバーショット DSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショット DSC-RX0M2』
商品情報
特徴 複数での自撮りや風景撮影を楽しみたい人向け 「4Kセルフィー」など自撮り機能が充実 顔写真を小顔や美肌に、スポーツ・植物撮影も得意 「瞳AF」機能を搭載、スマホでリモコン撮影も可能 アウトドアなどハードな環境での自撮りにも対応
サイズ 幅127.1×高さ90.9×奥行116.6mm 幅約112.0×高さ68.8×奥行41.6mm 幅約114.2×高さ71.7×奥行40.5mm 幅101.6×高さ58.1×奥行35.5mm 幅59.0×高さ40.5×奥行35.0mm
総重量 約610g 約328g 約330g 約233g 約132g
液晶モニター バリアングル式 チルト式 チルト式 チルト式 チルト式
画素数 カメラ部有効画素数:約2,030万画素、総画素数:約2,110万画素 カメラ有効画素数:2,030万画素、総画素数:2,110万画素 有効画素数:1,604万画素、総画素数:1,679万画素 有効画素数:約1,820万画素、総画素数:約2,110画素 有効画素数:約1,530万画素、総画素数:約2,100万画素
ISO感度 オート、ISO100-3200 静止画オート:ISO80-6,400、動画オート:80-3,200 ISO100-1600 、ISO3200、6400(P、S、A、Mモード時に設定可能) オート、ISO80-3200 ISO125-12800
シャッタースピード 1~1/2000秒(オートモード)、15~1/2000秒、動画撮影時は状況によって1/4000秒 静止画:4~1/2000秒(メカシャッター)、1~1/16000秒(電子シャッター)、動画:1/30~1/16000秒 1/2000~1秒 、1/2000秒~8秒(S、A、Mモード)、1/4000秒(高速連写時の最高速) おまかせオート(1/4~1/2,000秒)、プログラムオート(1~1/2,000秒)、 マニュアル(30~1/2,000秒) 1/4~1/32000秒
スマホ連携
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月8日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 自撮り向けデジカメの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの自撮り向けデジカメの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:デジタルカメラランキング
楽天市場:デジタルカメラランキング
Yahoo!ショッピング:コンパクトデジタルカメラランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スマホでの自撮りから一歩前進したい人に! ITライターより

ITライター

スマホで自撮りをしていて、「アプリの機能だけでは物足りなくなってきた」「もっとアングルやシーンに凝った写真を撮りたい……」と感じたときにおすすめなのが、自撮り対応のデジタルカメラです。

スマホのカメラだとバッテリー切れやストレージ容量が気になってしまうという人でも、デジタルカメラなら心おきなく撮影を楽しむことができますよ。

自撮りにおすすめのデジカメのそのほかの記事 【関連記事】

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/10/08 コンテンツを一部修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 大熊武士)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


登山カメラおすすめ5選【写真を高倍率で撮れる小型カメラや雨に強い商品も】

登山カメラおすすめ5選【写真を高倍率で撮れる小型カメラや雨に強い商品も】

カメラマンの山下大祐さんに登山カメラの選び方とおすすめ商品を教えて頂きました。なくても山は登れますが、できれば持っていきたいアイテムがカメラです。低山ハイキングから2,000m級の登山まで、経験やレベルに関わらず、その思いは共通でしょう。近年のスマホカメラは画質がよくなったとはいわれるますが、拡大やプリント時にアラに気づいたユーザーも多いことでしょう。イメージセンサー(撮像素子)がスマホカメラのそれより大きいデジタルカメラなら、高解像で階調豊かな描写が可能です。とはいえ、むやみに大きく重いカメラは持ち運びに不便です。選び方のポイントとおすすめ商品を参考にご自身にぴったりな登山カメラを探しましょう。


ハンドストラップおすすめ5選|カメラ固定・落下防止に! レザー素材も

ハンドストラップおすすめ5選|カメラ固定・落下防止に! レザー素材も

カメラの落下防止・固定の役割をもつストラップ。なかでも手に巻きつけ使用するハンドストラップは、歩きながらカメラを使用するときにも重宝するアイテムです。ハクバやエツミなどのメーカーからたくさんの商品が発売されています。そこで、フォトグラファー・瀬川陣市さんと編集部が選んだハンドストラップのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


低価格なコンパクトデジタルカメラおすすめ11選|防水・高画質モデルも

低価格なコンパクトデジタルカメラおすすめ11選|防水・高画質モデルも

コンパクトデジタルカメラは、画質や使い勝手などの面でスマートフォンにはない利点が多く存在します。この記事では、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が厳選したシンプルで使いやすいカメラやかわいいデザインのカメラなど、おすすめ機種と選び方のポイントについてご紹介します。


防水カメラおすすめ11選|絶景も素早い魚も美しく撮影できる

防水カメラおすすめ11選|絶景も素早い魚も美しく撮影できる

カメラ専門家である田中希美男さんへの取材のもと、シュノーケリングやダイビング、家族での海水浴、アウトドアシーンなどで活躍する防水カメラの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。


【2020年】GoProおすすめ13選|【HERO7・8・9・MAX】など選び方を解説

【2020年】GoProおすすめ13選|【HERO7・8・9・MAX】など選び方を解説

ダイビングや動きのあるスポーツなど迫力ある動画の撮影ができ、アクセサリーも豊富なアクションカメラ「GoPro」。ここでは、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんと編集部が選ぶ、2020年版GoProおすすめ12選と選び方のポイントをご紹介します。GoPro HERO7で撮影したダイビング動画もありますので、ぜひ参考にしてみてください。後半に通販サイトの最新人気ランキングのリンクもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


新着記事


使い道は無限大!? 『ニベアクリーム』肌馴染みの良い使用感と濃厚な保湿力を検証レビュー

使い道は無限大!? 『ニベアクリーム』肌馴染みの良い使用感と濃厚な保湿力を検証レビュー

顔や手足などの気になる肌の乾燥。様々な部分をしっとり保湿でき、かつリーズナブルに乾燥ケアができると嬉しいですよね。そんな方におすすめなのが、幅広い世代に愛され続けている花王の『ニベアクリーム』。しっとりとした保湿力と、やさしい使い心地が魅力ですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って商品の特徴や使用感を詳しく検証します。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


オールインワンでコスパも最強!『素肌しずく ゲルSa』時短ケアで心地よく潤う使用感を検証レビュー

オールインワンでコスパも最強!『素肌しずく ゲルSa』時短ケアで心地よく潤う使用感を検証レビュー

毎日のスキンケア。しっかりと肌の保湿はしたいけれど、化粧水・乳液・クリームに美容液と、あれこれ重ねるスキンケアは時間もお金もかかってしまいますよね。とくに忙しい朝は、時短でしっとりと保湿ケアができると嬉しいもの。そんな方におすすめなのが、1つで5役の働きをしてくれる『素肌しずく ゲルSa』。オールインワンゲルなのでスキンケアを時短でき、コストカットにもなるのが魅力です。リーズナブルながらしっとりと潤いを閉じ込められる高コスパアイテムですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


『KANKONSOUSAI』ノートはとっても便利! 今更聞けない冠婚葬祭のマナーやルールもわかる!

『KANKONSOUSAI』ノートはとっても便利! 今更聞けない冠婚葬祭のマナーやルールもわかる!

結婚してから冠婚葬祭で家族以外の人と関わる機会が増えたという人は多いのではないでしょうか。冠婚葬祭のイベントがあるたび、お金の包み方や包む金額、お返しのプレゼントはどうしようかと、頭を抱えてしまうこともありますよね。そんなときあると便利なのが、今回ご紹介する『KANKONSOUSAI』ノート。冠婚葬祭におけるいただき物や贈った物の品名や金額を記録できるのはもちろん、冠婚葬祭における正しいマナーやルールなども再確認できるので、いざというときに悩んだり困ったりすることが少なくなりますよ。今回は一家に1冊あると便利な『KANKONSOUSAI』ノートを実際に購入し、ノートの見た目や気になる中身を写真を交えながらご紹介します。


『FLEXNOTE』は使いやすい? 気になる使い方&リフィルについても徹底レビュー!

『FLEXNOTE』は使いやすい? 気になる使い方&リフィルについても徹底レビュー!

ノートの金具にリングではなくディスクを使った、個性的でスタイリッシュな『FLEXNOTE』。自分にとって使いやすいか、リフィルがどんな感じなのか気になっている人もいるのではないでしょうか? また、『FLEXNOTE』の使い方や活用方法がイマイチわからないと悩んでいる人もいるはず。そこで、ここでは『FLEXNOTE』を実際に購入し、使ってみた様子を写真を交えながらお伝えします。レビューだけでなく、少しわかりづらい組み立て方や、使い方の実例も紹介しています。『FLEXNOTE』について気になっている人は、本記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥ケアに特化した美容液! 『アイムピンチ』とろみのある濃厚な保湿力を検証レビュー

乾燥ケアに特化した美容液! 『アイムピンチ』とろみのある濃厚な保湿力を検証レビュー

肌が乾燥してカサついてしまったり、乾燥が原因で化粧のノリが悪いなどという、肌のお悩み。とくに冬場の季節は、いつも以上にしっかりと乾燥対策をしたいものですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥による肌のピンチにアプローチしてくれる『アイムピンチ』。とろみのある濃厚な美容液で、しっとりとした保湿力が魅力ですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に商品を使って特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る