自撮り向きデジカメおすすめ5選|Wi-Fiでスマホと連携するものも

自撮り向きデジカメおすすめ5選|Wi-Fiでスマホと連携するものも
ITライター
酒井 麻里子

IT関連の書籍、雑誌、Webコンテンツ等の編集・執筆に携わる。 著書に『これからはじめるスマホユーザーのためのLINE Facebook&Twitter 安心・かんたんスタートブック』(秀和システム)、 『今すぐ使えるかんたんFC2ブログ 超入門』(技術評論社)など。

ITライターの酒井麻里子さんへの取材をもとに、自撮りに適したデジタルカメラの選び方とおすすめ製品を5つ紹介します。近年、自撮りに便利な機能を備えたデジタルカメラが増えています。自撮りはスマートフォンでもできますが、デジカメは高画質で、夜景もキレイに撮影できるものが多いのが特徴。なかには肌をきれいに見せたり、背景をぼかしたりと自撮りをより美しく撮影するための機能が搭載されている製品も。スマホと接続すれば、家族や友達、カップルと撮った思い出の写真を手軽に共有できますよ! おすすめ商品や選び方を参考に、自分にぴったりの自撮り向きデジカメを見つけてみてください。


【自撮り向き】デジカメはどう選ぶ? ITライターに聞きました

ITライターの酒井麻里子さんに、自撮り向きのデジカメを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

自撮りをする女性2人組
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

旅行やバカンスでも大活躍のデジタルカメラ。自撮りのしやすさや、自撮り写真のクオリティを上げる機能をチェックしましょう!

モニターは回転させられるか?

ITライター

自撮りに使うデジタルカメラを選ぶときに必ず押さえたいポイントが、液晶モニターを動かせる機構が搭載されていること。通常はカメラの背面についているモニターを、正面から映像が見えるように回転させることで、スマホでの撮影と同じように撮影中の映像を見ながら写真を撮ることが可能になります。

なお、この機構には、モニター部分が真上か真下に180度開く「チルト式」と、上方向に加えて、左右にも自由に動かせる「バリアングル式」の2種類があります。チルト式は、シンプルな操作で使える点が魅力。バリアングル式は、こまかい角度調整が可能な点がメリットです。

Canon『PowerShot SX70 HS』

液晶モニターはサイドに開くバリアングルタイプ。自由に角度調整が可能で自撮りやローアングルなどさまざまな撮影シーンで便利に使えます。広角レンズのようなダイナミックな風景を広々と写すことも可能。

>> Amazonで詳細を見る

カメラのサイズ・重さもチェック

ITライター

さまざまな場所に持ち歩いて自撮り写真を撮影したいなら、カメラの携帯性も重要なポイント。カメラの重さには、「本体重量」と「総重量」の2種類が記載されていることが多いですが、バッテリーなどの重さも含めた「総重量」が実際に使うときの重さになります。携帯性を重視するなら、300g台までのものを目安に選ぶのがおすすめです。

とはいえ、軽いカメラは撮影時にブレやすい面もあるため、必ずしも「軽いほうがいい」とは限りません。ブレを防ぎたい人は、ある程度重さのあるものを選ぶのもいいでしょう。

また、サイズについては、片手で楽に持てる大きさが理想。ご自身の手の大きさをもとに考えて選ぶのがおすすめです。

自撮り関連機能の充実度

ITライター

被写体の肌をきれいに見せたり背景をぼかしたりといった効果をかける機能や、ピントを正確にすばやく合わせる機能など、自撮りをより美しく撮影するための機能を搭載したデジタルカメラも多数あります。

これらの機能を活用することで、手間をかけずに自撮り写真のクオリティを大きくアップさせることができるので、カメラ自体の性能に加えて、これらの機能もチェックしておくことをおすすめします。

スマホ連携機能があると便利

ITライター

デジカメのなかには、Wi-FiやBluetoothでスマホと連携できる機能を持った機種もあります。

スマホ連携機能があると、撮影した写真をその場ですぐにスマホに転送することができます。写真を撮ったらすぐにSNSにアップしたり、友だちや家族に送ったりしたい場合にはとても便利な機能です。なお、多くの場合、スマホ連携機能を使うには、カメラメーカーの専用アプリをスマホにインストールする必要があります。

SONY『サイバーショット DSC-WX800』

NFC対応のスマホを持っていれば、接続もワンタッチでかんたん。カメラからスマホに送れるので、写真をスマホで管理するのに便利です。テクニックがない初心者の方でも、プレミアムおまかせオート機能を使えば難しいシーンの撮影が可能です。

>> Amazonで詳細を見る

【自撮り向き】デジカメのおすすめ5選! ITライターが厳選

上で紹介した自撮り向きのデジカメの選び方のポイントをふまえて、ITライターの酒井麻里子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Canon(キヤノン)『PowerShot SX70 HS』

Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』 Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』 Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』 Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』 Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』 Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』 Canon(キヤノン)『PowerShotSX70HS』

出典:Amazon

サイズ 幅127.1×高さ90.9×奥行116.6mm
総重量 約610g
液晶モニター バリアングル式
画素数 カメラ部有効画素数:約2,030万画素、総画素数:約2,110万画素
ISO感度 オート、ISO100-3200
シャッタースピード 1~1/2000秒(オートモード)、15~1/2000秒、動画撮影時は状況によって1/4000秒
スマホ連携
Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa

ITライター

複数での自撮りや風景撮影を楽しみたい人向け

焦点距離21mmと画角が広めなので、複数での自撮り撮影にも向いています。液晶画面の角度を上下左右にこまかく調整できるので、見やすい角度で撮影が可能な点が便利。また、「自分撮りモード」では、背景のぼかし具合や明るさの調整をしたり、美肌効果をかけての撮影が可能です。

65倍の光学ズームに対応しているので、遠方のものを撮影するときにも活躍するでしょう。自撮りに加えて風景撮影なども楽しみたい人におすすめの機種です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-TZ95』

Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-TZ95』

出典:Amazon

サイズ 幅約112.0×高さ68.8×奥行41.6mm
総重量 約328g
液晶モニター チルト式
画素数 カメラ有効画素数:2,030万画素、総画素数:2,110万画素
ISO感度 静止画オート:ISO80-6,400、動画オート:80-3,200
シャッタースピード 静止画:4~1/2000秒(メカシャッター)、1~1/16000秒(電子シャッター)、動画:1/30~1/16000秒
スマホ連携
Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa

ITライター

「4Kセルフィー」など自撮り機能が充実

モニターはカメラの上方向に180度開くタイプ。毎秒30コマの連写で高画質な自撮り写真を撮影できる「4Kセルフィー」モードが搭載されていて、たくさんのカットのなかからベストな表情の写真を選ぶことができます。

そのほかにも、複数で自撮りをするときに便利な「広角4Kセルフィー」や、パノラマ写真で自撮りができる「自分撮りパノラマ」など自撮りに関する機能が充実。さまざまなシーンで自撮りをしたい人にうれしい機種です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Nikon(ニコン)『COOLPIX A1000』

Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』 Nikon(ニコン)『COOLPIXA1000』

出典:Amazon

サイズ 幅約114.2×高さ71.7×奥行40.5mm
総重量 約330g
液晶モニター チルト式
画素数 有効画素数:1,604万画素、総画素数:1,679万画素
ISO感度 ISO100-1600 、ISO3200、6400(P、S、A、Mモード時に設定可能)
シャッタースピード 1/2000~1秒 、1/2000秒~8秒(S、A、Mモード)、1/4000秒(高速連写時の最高速)
スマホ連携
Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa

ITライター

顔写真を小顔や美肌に、スポーツ・植物撮影も得意

撮影後の写真に、「小顔」や「美肌」、肌の色を12色から選択できる「ファンデーション」などの効果を追加して、仕上がりを調整できる機能を搭載。写真をスマホなどに転送してからアプリで仕上げをするとひと手間かかってしまいますが、これならカメラ内の機能だけで完結するので便利です。編集の手間を省きたい方や、そこからさらにスマホで手間を加えて編集に広がりを持たせたい方におすすめ。

120コマ/秒の高速連写や、1cmの距離まで近づいてのマクロ撮影にも対応しているので、スポーツシーンの撮影や植物などの撮影でも活躍します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『サイバーショット DSC-WX800』

SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-WX800』

出典:Amazon

サイズ 幅101.6×高さ58.1×奥行35.5mm
総重量 約233g
液晶モニター チルト式
画素数 有効画素数:約1,820万画素、総画素数:約2,110画素
ISO感度 オート、ISO80-3200
シャッタースピード おまかせオート(1/4~1/2,000秒)、プログラムオート(1~1/2,000秒)、 マニュアル(30~1/2,000秒)
スマホ連携
Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa

ITライター

「瞳AF」機能を搭載、スマホでリモコン撮影も可能

小型軽量で自撮りに対応したデジカメをお探しの方におすすめなのがこのモデル。モニターは、真上方向に180度回転する構造。被写体の瞳を検出して、自動でピントを合わせる「瞳AF」機能を搭載しているので、すばやく顔を検出して撮影を行なえます。

また、NFC対応のスマホを持っていれば、カメラとスマホをタッチするだけで接続でき、スマホをリモコンとして使うことが可能。カメラからスマホに写真を自動転送することもできるので、写真をスマホで管理したい場合に便利。約233gの軽量コンパクトなボディで持ち歩きやすい点もメリットです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『サイバーショット DSC-RX0M2』

SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』 SONY(ソニー)『サイバーショットDSC-RX0M2』

出典:Amazon

サイズ 幅59.0×高さ40.5×奥行35.0mm
総重量 約132g
液晶モニター チルト式
画素数 有効画素数:約1,530万画素、総画素数:約2,100万画素
ISO感度 ISO125-12800
シャッタースピード 1/4~1/32000秒
スマホ連携
Thumb lg 0d1fa052 f78e 414b a827 5a98214cb1aa

ITライター

アウトドアなどハードな環境での自撮りにも対応

このカメラの特徴は、水深10mの防水性能や高さ2mからの落下衝撃耐性を備えていること。屋外で地面に落とした場合でも故障のリスクが少ないので、アウトドアでの趣味をお持ちの方におすすめ。ハードな環境でも安心して使えます。

人物撮影のピントをすばやく正確に合わせることができる「瞳AF」や、自動で肌を滑らかにする「美肌効果」など、自撮りで役立つ機能も充実。また、画質に大きく影響するイメージセンサーには、コンパクトデジタルカメラとしては大きな1型を採用。小型のボディながら高画質な写真を撮影できることが魅力の機種です。

「自撮り向けデジカメ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Canon(キヤノン)『PowerShot SX70 HS』
Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-TZ95』
Nikon(ニコン)『COOLPIX A1000』
SONY(ソニー)『サイバーショット DSC-WX800』
SONY(ソニー)『サイバーショット DSC-RX0M2』
商品名 Canon(キヤノン)『PowerShot SX70 HS』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-TZ95』 Nikon(ニコン)『COOLPIX A1000』 SONY(ソニー)『サイバーショット DSC-WX800』 SONY(ソニー)『サイバーショット DSC-RX0M2』
商品情報
特徴 複数での自撮りや風景撮影を楽しみたい人向け 「4Kセルフィー」など自撮り機能が充実 顔写真を小顔や美肌に、スポーツ・植物撮影も得意 「瞳AF」機能を搭載、スマホでリモコン撮影も可能 アウトドアなどハードな環境での自撮りにも対応
サイズ 幅127.1×高さ90.9×奥行116.6mm 幅約112.0×高さ68.8×奥行41.6mm 幅約114.2×高さ71.7×奥行40.5mm 幅101.6×高さ58.1×奥行35.5mm 幅59.0×高さ40.5×奥行35.0mm
総重量 約610g 約328g 約330g 約233g 約132g
液晶モニター バリアングル式 チルト式 チルト式 チルト式 チルト式
画素数 カメラ部有効画素数:約2,030万画素、総画素数:約2,110万画素 カメラ有効画素数:2,030万画素、総画素数:2,110万画素 有効画素数:1,604万画素、総画素数:1,679万画素 有効画素数:約1,820万画素、総画素数:約2,110画素 有効画素数:約1,530万画素、総画素数:約2,100万画素
ISO感度 オート、ISO100-3200 静止画オート:ISO80-6,400、動画オート:80-3,200 ISO100-1600 、ISO3200、6400(P、S、A、Mモード時に設定可能) オート、ISO80-3200 ISO125-12800
シャッタースピード 1~1/2000秒(オートモード)、15~1/2000秒、動画撮影時は状況によって1/4000秒 静止画:4~1/2000秒(メカシャッター)、1~1/16000秒(電子シャッター)、動画:1/30~1/16000秒 1/2000~1秒 、1/2000秒~8秒(S、A、Mモード)、1/4000秒(高速連写時の最高速) おまかせオート(1/4~1/2,000秒)、プログラムオート(1~1/2,000秒)、 マニュアル(30~1/2,000秒) 1/4~1/32000秒
スマホ連携
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 自撮り向けデジカメの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの自撮り向けデジカメの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:デジタルカメラランキング
楽天市場:デジタルカメラランキング
Yahoo!ショッピング:コンパクトデジタルカメラランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スマホでの自撮りから一歩前進したい人に! ITライターより

ITライター

スマホで自撮りをしていて、「アプリの機能だけでは物足りなくなってきた」「もっとアングルやシーンに凝った写真を撮りたい……」と感じたときにおすすめなのが、自撮り対応のデジタルカメラです。

スマホのカメラだとバッテリー切れやストレージ容量が気になってしまうという人でも、デジタルカメラなら心おきなく撮影を楽しむことができますよ。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/02/10 一部本文・商品情報の修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

※2020/04/21 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


2020年【コンパクトデジタルカメラ】おすすめ11選|機能・性能・価格で選ぶ

2020年【コンパクトデジタルカメラ】おすすめ11選|機能・性能・価格で選ぶ

コンパクトデジタルカメラは、軽くて持ち運びに便利。スマホの内蔵カメラにはない機能や画素数などをもった製品がたくさんあります。本記事では、写真家の藤井智弘さんと編集部が選んだコンパクトデジタルカメラおすすめの商品11選をご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

フォトグラファーが選ぶ、安いけど多機能なアクションカメラ5選+番外編を紹介します。スポーツに、アウトドアに、さらには水中カメラの代わりにと、さまざまなシーンで迫力ある映像を撮影するのに威力を発揮するアクションカメラ。小さなボディながら、臨場感あふれるカットを鮮明にとらえてくれるのが魅力ですよね。この記事では、GoProにも引けを取らない数ある高コスパ・アクションカメラのなかから、フォトグラファーの瀬川陣市さんが厳選した、リーズナブルで気軽に使えそうなモデルについて解説していきます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ミニ三脚のおすすめ4選|1000円台の商品もご紹介!

ミニ三脚のおすすめ4選|1000円台の商品もご紹介!

ITジャーナリストの一条真人さんに聞いた、ミニ三脚のおすすめ4選をご紹介します。デジカメやスマホの普及で画像や動画の「撮影」が身近になりましたよね。みなさんの周りにも気軽に撮影を楽しんでいる方は意外と多いのではないでしょうか。手持ちで思いのままに撮るのも楽しいですが、手ブレを抑えて安定した画像や映像を撮影するには、やはり三脚が欠かせません。最近はコンパクトながらもすぐれた製品が数多く販売されています。この記事では、一条さんに、ミニ三脚を選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。記事後半の通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてくださいね。


カメラ用三脚のおすすめ7選|コンパクトタイプもご紹介!

カメラ用三脚のおすすめ7選|コンパクトタイプもご紹介!

フォトグラファーの林 孝典さんにカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてうかがいました。手持ちよりも安定し、手振れを防いでくれる三脚。天体星空の撮影や夜景のような暗いシーン、バードウォッチング野鳥撮影、風景撮影など待ちが必要な場合は、三脚がとても役に立ちます。しかし、カメラ用三脚の売り場を見るとたくさんの種類があり、どれを選んだらよいか分かりづらいですよね。そこで、フォトグラファーの林 孝典さんにカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてうかがいました。専門家ならではの視点をぜひ参考にしてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもチェックしてみてくださいね。


【2020年版】GoProおすすめ12選|アウトドアや旅行の思い出撮影に活用

【2020年版】GoProおすすめ12選|アウトドアや旅行の思い出撮影に活用

モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんへの取材をもとに、2020年版GoProおすすめ12選をご紹介します。迫力ある動画の撮影ができ、初心者の旅行にもプロの現場にも役立つおすすめのGoProをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


新着記事


司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

最近は実にたくさんの法律事務所が、過払い金請求のCMなどで宣伝をしています。しかし債務整理の相談はデリケートな問題であり、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。また、CMなどで有名なところよりも、さらに実績があって信頼できる司法書士事務所もたくさんあります。そこで本記事では、司法書士事務所のおすすめ11選をFP2級技能士の逆瀬川勇造さんの解説とともにご紹介します。債務整理以外の相談ができるところもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る