【2020年版】自撮り棒おすすめ17選|動画撮影にも役立つ自撮り棒を紹介

【2020年版】自撮り棒おすすめ17選|動画撮影にも役立つ自撮り棒を紹介
ITジャーナリスト
一条 真人

1961年生まれ。東京都墨田区出身。 パソコン雑誌『ハッカー』編集長、『PC PLUS ONE』編集長を経て、フリーランスに。 小説『パッセンジャー』で河出書房から作家デビューし、40冊以上のパソコン、スマホ関係書籍を執筆。最近では自ら電子書籍の編集パブリッシュなども行っている。

スマホでのセルフィー(自撮り)に欠かせない「自撮り棒」。セルカ棒とも呼ばれています。ライトやミラーが付いたものや、Bluetoothタイプ、リモコン付属のものなど種類も豊富。本記事では、ITジャーナリスト・一条真人さんへの取材をもとに、自撮り棒のおすすめ17選をご紹介します。自撮り棒は動画撮影にも役立ちます、ぜひ参考にしてください。


自撮り棒の選び方をご紹介!

ここでは、自撮り棒の選び方に関してご紹介いたします。商品選びに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

自撮り棒とカップル
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

自撮り棒があれば、思い出を鮮明なかたちで写真に残せる。

持ち歩くときはコンパクトに収納できるか考慮して 折りたたんだときにかさばらないかどうか

自撮り棒は家から持ち出して使うことが多いアイテムなので、携帯性のよいサイズと重さの自撮り棒を選びましょう。

自撮り棒を折りたたんだときにでっぱりが少ないタイプだと、よりコンパクトでかさばらずに持ち運べます。

スマートフォンと同じくらいのサイズや重量を目安にするのも、選びやすくなるポイントです。

ITジャーナリスト

いつも持ち歩くつもりで軽さと大きさを検討しよう

自撮り棒をいつも持ち歩いていると、店頭で持ったときの感覚以上に重く大きく、邪魔に感じてしまいがち。しかし、自撮り棒が必要な撮影やシャッターチャンスは突然やってきます。いまこの瞬間かもしれません。

そのため、いつも持ち歩くつもりで自撮り棒を購入するなら、できるだけ軽くてコンパクトなものがいいでしょう。自分で持ち歩けば、きっと軽さや大きさの重要性がわかるはずです。

広い画角で撮る場合は三脚付きのものを ひとり旅でも活躍する、三脚付きの自撮り棒

三脚付きの自撮り棒は、数人での撮影だけでなく、ひとり旅をよくする方にも向いています。

友達や家族との動画や集合写真をかんたんに撮ることができるのはもちろん、ひとり旅で出会ったきれいな景色とともに喜びを全身で表している自分を一緒に映すことも可能に。

三脚付きの自撮り棒には、三脚パーツを内蔵しているタイプや、付属品で三脚パーツがついてくるタイプがあります。

ITジャーナリスト

疲れたときや集合写真に役立つ

自撮り棒で撮影していると意外と手が疲れることもあり、手で棒を持たずにフリーハンドで自撮りしたいと思うときがあります。

そんなときに便利なのが三脚。自立して撮影できる三脚機能の自撮り棒なら、そんなときもスムーズに対応できます。スマホをセットしなおす手間もかかりません。

手が疲れたときのフリーハンド撮影はもちろん、集合写真の撮影にも役立ちます。使っていて「これを買ってよかった」と思うはず。

BlitzWolf『BW-BS10』

コンパクトな三脚を搭載。スタンド型なので自立させることが可能です。自撮りはもちろんのこと、集合写真もこれひとつで撮影ができます! リモコン付きなので遠隔シャッターを使える点も魅力です。接続の仕方もBluetoothなのでとってもかんたん。横向き撮影はもちろん、スマホを縦向きにしての撮影もできますよ。

>> Amazonで詳細を見る

ミラーやライト付きだと便利! イメージ通りの写真を撮影、暗いシーンでも高画質に

ミラー付きの自撮り棒は、撮ろうとしているシーンの映り具合や、構図を確認しながら撮ることが可能です。撮りたい写真のイメージ通りに撮影がしやすくなるでしょう。

自撮り棒についているLEDライトは、明るさを段階別で調整できたり、レフ版効果や美白効果が期待できたりするものもあります。また、夜のシーンや暗い部屋でも高画質な写真を撮ることが可能でしょう。

ITジャーナリスト

暗い場所でも明瞭に撮影できる

撮影しているとき、「ちょっと暗いな」と思うことがありませんか?

カメラならフラッシュを使うシチュエーションで撮影するときに、対象をライトアップできる自撮り棒があると便利。LEDライトなら、バッテリーの消費を抑えてくれるので、頻繁な電池交換は不要です。

自撮り用ライト搭載の製品もあり、顔のさまざまなパーツを明瞭に撮影できます。暗いところでの撮影が多い方や、きれいに自撮りをしたい方におすすめです。

atongm『自撮り棒 LED シャッターボタン付き』

かわいいピンク色のデザインが特徴の自撮り棒。LEDライト搭載で、夜の暗闇や逆光でも美しい写真が撮れます。さらに手元のスイッチで3段階の明るさ調節も可能。機能的でありながら軽量で折りたたむとコンパクトになり、持ち運びに便利だな使いやすい商品です。

>> Amazonで詳細を見る

用途にあった接続方式を確認 有線タイプか無線タイプか

有線タイプの自撮り棒は、コードをイヤホンジャックに接続するだけで写真を撮ることができるため、手軽に使えます。充電や初期設定といったことをしなくても使えるのもポイント。

Bluetooth接続で使う無線タイプは、初期設定でペアリングをする必要がありますが、リモコンがついている機種もあります。旅先やパーティなどみんなでポーズをとって撮影したい場合は、Bluetoothタイプがよいでしょう。

ITジャーナリスト

バッテリーを気にせず撮影を楽しめる!

最近の自撮り棒の多くはBluetooth通信を使い、無線でシャッターを切ります。このタイプの自撮り棒のデメリットは、スマホだけでなく自撮り棒のバッテリーにもユーザーが気を使う必要があること。

これに対して、イヤフォンジャックにケーブルを接続する有線接続タイプはバッテリーを使わないので、バッテリーを心配する必要はありません。

スマホや自撮り棒のバッテリーを気にせず写真撮影を楽しみたい方には、有線シャッタータイプの自撮り棒がおすすめです。

ケース一体型の利便性を生かす いちいち自撮り棒をセットするのは面倒

ITジャーナリスト

自撮り棒を常に持ち歩きたい方向け

スマホ用自撮り棒はホルダーにスマホをセットして使いますが、いちいち自撮り棒をセットするのは面倒くさいですよね。

そんな方におすすめなのが、スマホケースと一体化した自撮り棒です。スマホケースから棒を伸ばすことで、すぐ自撮り棒に変身。ふだんはスマホケースとして持ち歩き、必要なときだけ自撮り棒として使えます。

自撮り棒をつねに持ち歩きたい方におすすめです。

ベルボン『自撮り棒付き iPhoneケース(QYCS-V102)』

自撮り棒が収納されたiPhoneケース。ふだんはスマホを守るカバーとして機能し、必要なときは即座に自撮り棒に変身。スティック部分はアルミ製になっていて軽いだけでなく丈夫なつくりになっています。

>> Amazonで詳細を見る

所有している機種に対応しているかチェック スマートフォンのOSとサイズの確認を!

自撮り棒には iPhone用、Android用、そして両方に対応しているタイプがあります。お手持ちのスマートフォンのOSに対応していない場合は、シャッター機能がうまく作動しない可能性があります。

加えて、スマートフォンのサイズも対応しているかチェックしましょう。海外旅行などで飛行機の機内に持ち込みたい場合は、航空会社によって持ち込める自撮り棒のサイズが異なるため、事前に確認しましょう。

自撮り棒のおすすめ商品17選 ITジャーナリストと編集者がおすすめする

ここまで紹介した自撮り棒の選び方のポイントをふまえておすすめ商品を紹介します。お気に入りの自撮り棒を見つけて、より写真撮影を楽しみましょう。

小さめで軽いものや、スマホケースのまま使えるもの、集合写真が撮りやすい柄が長いものなど、さまざまな商品がありますよ。

写真撮影,スマートフォン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

お気に入りの自撮り棒を使うと、写真撮影がより楽しくなります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

atongm『自撮り棒 LED シャッターボタン付き』

atongm『自撮り棒LEDシャッターボタン付き』 atongm『自撮り棒LEDシャッターボタン付き』 atongm『自撮り棒LEDシャッターボタン付き』 atongm『自撮り棒LEDシャッターボタン付き』 atongm『自撮り棒LEDシャッターボタン付き』 atongm『自撮り棒LEDシャッターボタン付き』 atongm『自撮り棒LEDシャッターボタン付き』

出典:Amazon

本体サイズ 長さ:125~730mm
重量 120g
対応機種 iPhone X、iPhone SE、iPad、HTC、Sony、Androidほか
バッテリー容量 -
材質 プラスチック、ステンレス
接続方式 有線
シャッター機能
Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446

ITジャーナリスト

明るさ調整ができるLEDライト付き

3段調光のLEDライト搭載で、暗いところをはじめ、さまざまなシチュエーションでの撮影に対応できる便利な自撮り棒。さらに自撮り補助ライトも搭載しているので、暗い場所での自撮りに活用できます。

LEDライトと自撮り補助ライトによって、今まで撮影できなかった場所での撮影が可能に。今までと違う新しい写真の世界が目の前に広がるでしょう。暗所での撮影が多い方や今まで以上にライティングにこだわって撮影したい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Anero『MINI 自撮り棒(M1)』

Anero『MINI自撮り棒(M1)』 Anero『MINI自撮り棒(M1)』 Anero『MINI自撮り棒(M1)』 Anero『MINI自撮り棒(M1)』 Anero『MINI自撮り棒(M1)』 Anero『MINI自撮り棒(M1)』 Anero『MINI自撮り棒(M1)』 Anero『MINI自撮り棒(M1)』

出典:Amazon

本体サイズ 長さ:120~720mm
重量 102g
対応機種 Android、iOSのBluetooth機能搭載スマートフォン
バッテリー容量 55mAh
材質 -
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能 ×
Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446

ITジャーナリスト

かんたん操作のコンパクトな自撮り棒

普通の自撮り棒はつねに持ち歩くには重さが負担になりますが、これは持ち運びやすさを重視したコンパクトで軽量の自撮り棒。

しかも三脚搭載でリモコン搭載なので、自撮りなどさまざまなシチュエーションで活用できます。いつでもどこでも自撮り棒を持ち歩け、さまざまに活用できる商品です。

これひとつでさまざまに活用できるので、自撮り棒の携帯性を重視する方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BlitzWolf『BW-BS10』

BlitzWolf『BW-BS10』 BlitzWolf『BW-BS10』 BlitzWolf『BW-BS10』 BlitzWolf『BW-BS10』 BlitzWolf『BW-BS10』 BlitzWolf『BW-BS10』 BlitzWolf『BW-BS10』 BlitzWolf『BW-BS10』 BlitzWolf『BW-BS10』

出典:Amazon

本体サイズ 長さ:195~825mm
重量 171g
対応機種 iPhone X、iPhone 5、Sony、Galaxy、Huawei、Xiaomiほか
バッテリー容量 -
材質 PC素材/アルミニウム合金
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能
Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446

ITジャーナリスト

三脚とワイヤレスリモコン搭載で写真の幅が広がる

コンパクトな三脚を搭載しているので、自撮りも友だちとの集合写真もこれひとつで対応可能。自撮り棒や三脚として活用できるのはもちろん、Bluetoothリモコンで離れた場所からの自撮りもできます。

今までの自撮り棒なしでの自撮りや、ほかの自撮り棒での撮影とは違う世界を広げてくれるでしょう。ひとりで撮影するにしても、背景を大きく入れた自撮り写真を楽しめます。幅広い撮影方法で写真を楽しみたい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

VAVA『セルフィースティック 自撮り棒(VA-ST001)』

VAVA『セルフィースティック自撮り棒(VA-ST001)』

出典:Amazon

本体サイズ 幅495×奥行455×高さ196.5mm(長さ:600mmまで延長可能)
重量 約240g
対応機種 Bluetooth対応スマートフォン
バッテリー容量 3.7V(65mAh)
材質 アルミ合金製
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能
Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446

ITジャーナリスト

三脚付きなのに軽量でコンパクト!

三脚搭載自撮り棒はフリーハンドで使えるなどメリットもありますが、サイズが大きくて持ち歩きに面倒などデメリットも。

この自撮り棒は、コンパクトかつアルミボディで軽量ながら三脚を搭載しています。三脚もしっかりしフリーハンドの自撮りに便利です。

この自撮り棒を手に入れればいつでも三脚を使えるので、ほかの自撮り棒以上にあなたの写真の世界が広がるでしょう。

三脚搭載で軽くてコンパクトな自撮り棒をお探しの方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ベルボン『自撮り棒付き iPhoneケース(QYCS-V102)』

ベルボン『自撮り棒付きiPhoneケース(QYCS-V102)』 ベルボン『自撮り棒付きiPhoneケース(QYCS-V102)』 ベルボン『自撮り棒付きiPhoneケース(QYCS-V102)』 ベルボン『自撮り棒付きiPhoneケース(QYCS-V102)』 ベルボン『自撮り棒付きiPhoneケース(QYCS-V102)』 ベルボン『自撮り棒付きiPhoneケース(QYCS-V102)』

出典:Amazon

本体サイズ 幅73×奥行13×高さ145.5mm(長さ:530mm)
重量 100g
対応機種 iPhone X
バッテリー容量 3.7V(8mA)
材質 カバー:PC/スティック:アルミ
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能
Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446

ITジャーナリスト

自撮り棒が収納された機能的なスマホケース

素早く自撮りができる「自撮り棒付きiphoneケース」。スマホをケースに収納して持ち歩き、必要に応じて棒を伸ばせば自撮りできるので、もたつく心配がありません。自撮り棒を使わないときでも、ケースとしての機能性もバッチリです。

いつでも素早く撮影モードに切り替えられるので、これならお気に入りのケースとして毎日どこでも使えておすすめです。

エレコム『Bluetooth自撮り棒(三脚付)P-SSBTBK』

エレコム『Bluetooth自撮り棒(三脚付)P-SSBTBK』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(三脚付)P-SSBTBK』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(三脚付)P-SSBTBK』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(三脚付)P-SSBTBK』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(三脚付)P-SSBTBK』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(三脚付)P-SSBTBK』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(三脚付)P-SSBTBK』

出典:Amazon

本体サイズ 約幅38×45×150mm
重量 本体:約110g/三脚:約122g
対応機種 Android、iOSのBluetooth機能搭載のスマートフォン
バッテリー容量 -
材質 本体:アルミニウム、シリコン、ABS/三脚:スチール
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能

Feiyu Tech『SPG 2』

FeiyuTech『SPG2』 FeiyuTech『SPG2』 FeiyuTech『SPG2』 FeiyuTech『SPG2』 FeiyuTech『SPG2』 FeiyuTech『SPG2』 FeiyuTech『SPG2』 FeiyuTech『SPG2』 FeiyuTech『SPG2』

出典:Amazon

本体サイズ -
重量 440g
対応機種 Android、iOSのBluetooth機能搭載スマートフォン
バッテリー容量 -
材質 -
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能

デュアルBluetoothモードと防水機能を搭載

デュアルBluetoothモード搭載で、クリアな音声を実現できます。加えて防水機能も搭載。縦撮り・横撮りの変更もかんたんにできるため、SNSのライブ放送やビデオ通話にも向いているでしょう。

シャドウハンティングモードにすれば、ジンバルが素早い動きに反応し、滑らかな映像を撮影できますよ。

リンクスインターナショナル『MOZA Mini-SE』

リンクスインターナショナル『MOZAMini-SE』 リンクスインターナショナル『MOZAMini-SE』 リンクスインターナショナル『MOZAMini-SE』

出典:楽天市場

本体サイズ 幅116×奥行95×高さ31mm
重量 約498g
対応機種 Android、iOSのBluetooth機能搭載のスマートフォン
バッテリー容量 2,200mAh
材質 -
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能

多彩な専用アプリで、自由自在なカメラワーク

ジンバルのバランス調整は、独自のアルゴリズムを用いた3軸バランス調整機能がサポートしてくれます。

豊富な専用アプリは多彩かつ特殊で、クリエイティブで自由自在なカメラワークを実現し、撮影をより一層楽しめます。

設定した対象を自動で追尾して撮影するオブジェクトトラッキング機能も搭載。

ベルボン『セルフィーマルチスタンド ブラック』

ベルボン『セルフィーマルチスタンドブラック』 ベルボン『セルフィーマルチスタンドブラック』 ベルボン『セルフィーマルチスタンドブラック』 ベルボン『セルフィーマルチスタンドブラック』 ベルボン『セルフィーマルチスタンドブラック』

出典:Amazon

本体サイズ 長さ:215~823mm
重量 182g
対応機種 Bluetooth対応スマートフォン
バッテリー容量 -
材質 ABS、PC
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能

コールマン社とコラボ! 安定感のある三脚付き

スマートフォンとアクションカムなどの小型カメラを同時に使えることが可能な、コールマン社とコラボレーションしたセルフスタンド自撮り棒です。

メタルステー付きの三脚と付属のBluetooth対応リモコンを使えば、より高い安定感のもとで広範囲の撮影ができます。

スタイリッシュで小さいので持ち運びもらくにできます。

エレコム『Bluetooth自撮り棒(1m/回転ホルダータイプ)P-SSB01RBK』

エレコム『Bluetooth自撮り棒(1m/回転ホルダータイプ)P-SSB01RBK』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(1m/回転ホルダータイプ)P-SSB01RBK』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(1m/回転ホルダータイプ)P-SSB01RBK』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(1m/回転ホルダータイプ)P-SSB01RBK』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(1m/回転ホルダータイプ)P-SSB01RBK』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(1m/回転ホルダータイプ)P-SSB01RBK』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(1m/回転ホルダータイプ)P-SSB01RBK』

出典:Amazon

本体サイズ 約幅40×奥行40×高さ210mm
重量 約154g
対応機種 Android、iOSのBluetooth機能搭載のスマートフォン
バッテリー容量 -
材質 アルミニウム、シリコン、ABS
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能

約15人での撮影や角度を変えた撮影もOK!

45度刻みで360度回転する回転式スマートフォンホルダータイプなので、縦、横、斜めなど撮りたい角度で撮れます。

約100cmまで伸長するので、15人程の集合写真も撮影できるでしょう。

コンパクトに折りたたんで収納できる省スペース設計なところもうれしいポイントです。

Hamee『SelfieStick with Light ライト付自撮り棒』

Hamee『SelfieStickwithLightライト付自撮り棒』 Hamee『SelfieStickwithLightライト付自撮り棒』 Hamee『SelfieStickwithLightライト付自撮り棒』

出典:楽天市場

本体サイズ 約190~860mm
重量 約178g
対応機種 約幅4.5~8cmのスマートフォン
バッテリー容量 1,500mAh
材質 鋼、PC
接続方式 有線
シャッター機能

明るさを調節できるLEDライト付属!

LEDライトが付いている自撮り棒のため、夜の屋外撮影でもきれいに撮影できます。ハンドルにあるボタンを押すことで3段階の調光が可能なうえに、360度の角度調整もできる仕組みなため、好みの明るさで撮影を楽しめます。

また、自撮り棒の背面にはプチミラーが付いており、インカメラよりも高画質なアウトカメラでの撮影もラクにできるのがうれしいポイントでしょう。

サンワダイレクト『自撮り棒 200-DGCAM008』

サンワダイレクト『自撮り棒200-DGCAM008』 サンワダイレクト『自撮り棒200-DGCAM008』 サンワダイレクト『自撮り棒200-DGCAM008』 サンワダイレクト『自撮り棒200-DGCAM008』 サンワダイレクト『自撮り棒200-DGCAM008』 サンワダイレクト『自撮り棒200-DGCAM008』 サンワダイレクト『自撮り棒200-DGCAM008』 サンワダイレクト『自撮り棒200-DGCAM008』 サンワダイレクト『自撮り棒200-DGCAM008』

出典:Amazon

本体サイズ 約230~900mm
重量 約160g
対応機種 Android、iOSのBluetooth機能搭載スマートフォン
バッテリー容量 -
材質 アルミ、ABS
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能

安定感のあるパイプでしならない安定感

棒をひねるだけで全段のロック解除をおこなえ、ひっぱるだけで5段階の伸縮ができます。スムーズに撮影の準備ができて便利です。

安定感のある太いパイプを採用しているので自撮り棒がしなることなく、撮影位置を固定しやすいでしょう。ハイアングルやローアングル、そして広角で景色を含んだ撮影が可能です。

Feiyu Tech『VLOG pocket』

FeiyuTech『VLOGpocket』 FeiyuTech『VLOGpocket』 FeiyuTech『VLOGpocket』 FeiyuTech『VLOGpocket』 FeiyuTech『VLOGpocket』 FeiyuTech『VLOGpocket』 FeiyuTech『VLOGpocket』 FeiyuTech『VLOGpocket』 FeiyuTech『VLOGpocket』

出典:Amazon

本体サイズ -
重量 272g
対応機種 iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone 11、iPhone XS Maxほか
バッテリー容量 -
材質 -
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能

専用アプリでさまざまな撮影モードを楽しめる

コンパクトなデザインなのに、ほとんどのスマートフォンを搭載できるジンバル。

専用アプリに接続することで、ハイパーラプスやスローといった高機能な撮影モードがあり、特殊な動画撮影もなめらかな仕上がりになることでしょう。

バランス調整もかんたんで、誰でも気軽に使い始められます。

XXZU『自撮り棒 ミニ三脚付き』

XXZU『自撮り棒ミニ三脚付き』 XXZU『自撮り棒ミニ三脚付き』 XXZU『自撮り棒ミニ三脚付き』 XXZU『自撮り棒ミニ三脚付き』 XXZU『自撮り棒ミニ三脚付き』 XXZU『自撮り棒ミニ三脚付き』 XXZU『自撮り棒ミニ三脚付き』

出典:Amazon

本体サイズ 長さ:200~1000mm
重量 230g
対応機種 Android、iOSのBluetooth機能搭載スマートフォン、カメラ、GoPro、アクションカメラ
バッテリー容量 -
材質 アルミ合金製
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能

ボール雲台搭載で、カメラの角度は自由自在

ボール雲台を採用し、カメラの向きを上下左右に変更できるだけでなく、360度の角度調整ができます。

また、Bluetoothリモコンは取り外しが可能で、約10m離れたところから操作ができますよ。

加えて、7段階の自由伸縮で約100cmまで伸縮するのも魅力のひとつです。

HYR 『自撮り棒 Bluetooth 』

HYR『自撮り棒Bluetooth』 HYR『自撮り棒Bluetooth』 HYR『自撮り棒Bluetooth』 HYR『自撮り棒Bluetooth』 HYR『自撮り棒Bluetooth』 HYR『自撮り棒Bluetooth』 HYR『自撮り棒Bluetooth』 HYR『自撮り棒Bluetooth』 HYR『自撮り棒Bluetooth』

出典:Amazon

本体サイズ 長さ:230~700mm
重量 約150g
対応機種 Android、iOSのBluetooth機能搭載スマートフォン
バッテリー容量 -
材質 -
接続方式 ワイヤレス(Bluetooth接続)
シャッター機能

自撮り棒・一脚・三脚の3wayタイプ

1台で自撮り棒、一脚、三脚の3wayで使えるのが特徴の自撮り棒です。

360度回転するホルダー部分に加えて、ヘッド部分は225度まで折りたたむ形で角度の調整ができます。縦、横向きなど、さまざまなアングルでの撮影を楽しめることでしょう。

折りたたむと18.6cmとコンパクトなうえに軽量タイプなので、携帯性もよいでしょう。

Insta360(インスタ360)『バレットタイム撮影キット』

Insta360(インスタ360)『バレットタイム撮影キット』 Insta360(インスタ360)『バレットタイム撮影キット』 Insta360(インスタ360)『バレットタイム撮影キット』

出典:Amazon

本体サイズ 本体長さ:1,200mm/バレットタイムハンドル長さ:169cm
重量 -
対応機種 Insta 360 ONE R、ONE X、ONE
バッテリー容量 -
材質 -
接続方式 -
シャッター機能 ×

Insta360対応! バレットタイム撮影が可能

Insta360のONE、ONE R、ONE Xに適応した自撮り棒です。この撮影キットを使うことで多数のカメラを自分の周りに並べてスローモーションで撮ったかのような動画が撮れる、バレッドタイム撮影ができます。まるでドローンで撮影したかのような感動的な映像が広がります。

バレッドタイム撮影モードで撮影された映像からは、自動で自撮り棒が消えるようになっています。

RICOH(リコー)『RICOH THETA スティックTM-2』

RICOH(リコー)『RICOHTHETAスティックTM-2』 RICOH(リコー)『RICOHTHETAスティックTM-2』 RICOH(リコー)『RICOHTHETAスティックTM-2』 RICOH(リコー)『RICOHTHETAスティックTM-2』 RICOH(リコー)『RICOHTHETAスティックTM-2』 RICOH(リコー)『RICOHTHETAスティックTM-2』 RICOH(リコー)『RICOHTHETAスティックTM-2』

出典:Amazon

本体サイズ 長さ:229~836mm
重量 約155g
対応機種 RICOH THETAシリーズ全機種
バッテリー容量 -
材質 パイプ:アルミ合金/雲台:樹脂
接続方式 -
シャッター機能 ×

伸縮工程が軽快におこなえる

RICOH THETAシリーズ全機種に対応した自撮り棒です。THETAの底面にフィットしてはみ出しのない専用設計の雲台と、スリムなパイプを採用しているので、自撮り棒の映り込みを回避できますよ。

約83cmまで伸縮可能なロングタイプで、三脚メーカーベルボンのロック機構を搭載しています。ロック解除、伸縮といった一連の流れがとても軽快におこなえます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
atongm『自撮り棒 LED シャッターボタン付き』
Anero『MINI 自撮り棒(M1)』
BlitzWolf『BW-BS10』
VAVA『セルフィースティック 自撮り棒(VA-ST001)』
ベルボン『自撮り棒付き iPhoneケース(QYCS-V102)』
エレコム『Bluetooth自撮り棒(三脚付)P-SSBTBK』
Feiyu Tech『SPG 2』
リンクスインターナショナル『MOZA Mini-SE』
ベルボン『セルフィーマルチスタンド ブラック』
エレコム『Bluetooth自撮り棒(1m/回転ホルダータイプ)P-SSB01RBK』
Hamee『SelfieStick with Light ライト付自撮り棒』
サンワダイレクト『自撮り棒 200-DGCAM008』
Feiyu Tech『VLOG pocket』
XXZU『自撮り棒 ミニ三脚付き』
HYR 『自撮り棒 Bluetooth 』
Insta360(インスタ360)『バレットタイム撮影キット』
RICOH(リコー)『RICOH THETA スティックTM-2』
商品名 atongm『自撮り棒 LED シャッターボタン付き』 Anero『MINI 自撮り棒(M1)』 BlitzWolf『BW-BS10』 VAVA『セルフィースティック 自撮り棒(VA-ST001)』 ベルボン『自撮り棒付き iPhoneケース(QYCS-V102)』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(三脚付)P-SSBTBK』 Feiyu Tech『SPG 2』 リンクスインターナショナル『MOZA Mini-SE』 ベルボン『セルフィーマルチスタンド ブラック』 エレコム『Bluetooth自撮り棒(1m/回転ホルダータイプ)P-SSB01RBK』 Hamee『SelfieStick with Light ライト付自撮り棒』 サンワダイレクト『自撮り棒 200-DGCAM008』 Feiyu Tech『VLOG pocket』 XXZU『自撮り棒 ミニ三脚付き』 HYR 『自撮り棒 Bluetooth 』 Insta360(インスタ360)『バレットタイム撮影キット』 RICOH(リコー)『RICOH THETA スティックTM-2』
商品情報
特徴 明るさ調整ができるLEDライト付き かんたん操作のコンパクトな自撮り棒 三脚とワイヤレスリモコン搭載で写真の幅が広がる 三脚付きなのに軽量でコンパクト! 自撮り棒が収納された機能的なスマホケース ミラー付き! アウトカメラで高画質な撮影が可能 デュアルBluetoothモードと防水機能を搭載 多彩な専用アプリで、自由自在なカメラワーク コールマン社とコラボ! 安定感のある三脚付き 約15人での撮影や角度を変えた撮影もOK! 明るさを調節できるLEDライト付属! 安定感のあるパイプでしならない安定感 専用アプリでさまざまな撮影モードを楽しめる ボール雲台搭載で、カメラの角度は自由自在 自撮り棒・一脚・三脚の3wayタイプ Insta360対応! バレットタイム撮影が可能 伸縮工程が軽快におこなえる
本体サイズ 長さ:125~730mm 長さ:120~720mm 長さ:195~825mm 幅495×奥行455×高さ196.5mm(長さ:600mmまで延長可能) 幅73×奥行13×高さ145.5mm(長さ:530mm) 約幅38×45×150mm - 幅116×奥行95×高さ31mm 長さ:215~823mm 約幅40×奥行40×高さ210mm 約190~860mm 約230~900mm - 長さ:200~1000mm 長さ:230~700mm 本体長さ:1,200mm/バレットタイムハンドル長さ:169cm 長さ:229~836mm
重量 120g 102g 171g 約240g 100g 本体:約110g/三脚:約122g 440g 約498g 182g 約154g 約178g 約160g 272g 230g 約150g - 約155g
対応機種 iPhone X、iPhone SE、iPad、HTC、Sony、Androidほか Android、iOSのBluetooth機能搭載スマートフォン iPhone X、iPhone 5、Sony、Galaxy、Huawei、Xiaomiほか Bluetooth対応スマートフォン iPhone X Android、iOSのBluetooth機能搭載のスマートフォン Android、iOSのBluetooth機能搭載スマートフォン Android、iOSのBluetooth機能搭載のスマートフォン Bluetooth対応スマートフォン Android、iOSのBluetooth機能搭載のスマートフォン 約幅4.5~8cmのスマートフォン Android、iOSのBluetooth機能搭載スマートフォン iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone 11、iPhone XS Maxほか Android、iOSのBluetooth機能搭載スマートフォン、カメラ、GoPro、アクションカメラ Android、iOSのBluetooth機能搭載スマートフォン Insta 360 ONE R、ONE X、ONE RICOH THETAシリーズ全機種
バッテリー容量 - 55mAh - 3.7V(65mAh) 3.7V(8mA) - - 2,200mAh - - 1,500mAh - - - - - -
材質 プラスチック、ステンレス - PC素材/アルミニウム合金 アルミ合金製 カバー:PC/スティック:アルミ 本体:アルミニウム、シリコン、ABS/三脚:スチール - - ABS、PC アルミニウム、シリコン、ABS 鋼、PC アルミ、ABS - アルミ合金製 - - パイプ:アルミ合金/雲台:樹脂
接続方式 有線 ワイヤレス(Bluetooth接続) ワイヤレス(Bluetooth接続) ワイヤレス(Bluetooth接続) ワイヤレス(Bluetooth接続) ワイヤレス(Bluetooth接続) ワイヤレス(Bluetooth接続) ワイヤレス(Bluetooth接続) ワイヤレス(Bluetooth接続) ワイヤレス(Bluetooth接続) 有線 ワイヤレス(Bluetooth接続) ワイヤレス(Bluetooth接続) ワイヤレス(Bluetooth接続) ワイヤレス(Bluetooth接続) - -
シャッター機能 × × ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月11日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スマホ用自撮り棒の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのスマホ用自撮り棒の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:自撮り棒ランキング
楽天市場:セルカ棒ランキング
Yahoo!ショッピング:スマホ自撮り棒、一脚、三脚ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

自撮り棒のルールが設けられている場所とは?

ここからは自撮り棒を購入した後は正しく使えるよう、ルールが設けられている場所についてご紹介します。

スマホ,写真撮影
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

マナーやルールを守って使うことは大切なことですね。

自撮り棒は伸ばしたり三脚にしたりして使うため、テーマパークやレジャー施設、イベント会場、お店によっては使用を禁止している場合があります。

たとえばディズニーランドでは、ゲストの安全を守るために現在では自撮り棒の使用が禁止されています。JR西日本では、乗客の安全を守るために在来線・新幹線のホームでの自撮り棒の使用を禁止しています。

また、ほかのお客様の鑑賞の妨げとなりかねないという理由から、平和祈念展示資料館などでも使用が禁止されています。

写真撮影を楽しみたいと考えているシーンや旅行先で、自撮り棒が使えるかどうか事前に確認するとよいでしょう。

ITジャーナリストからのアドバイス 自撮り棒を選ぶうえで

ITジャーナリスト

自撮り棒を持って新たな写真の世界へ

自撮り棒は撮影の幅を広げてくれる素晴らしいアイテム。今までにない角度での撮影を、自撮り棒でじっくり楽しんでください。

あなたが自撮り棒初心者なら、ライトや三脚などを活用した撮影は、自撮り棒の扱いに慣れてからでじゅうぶんです。

自撮り棒をうまく使えれば、写真であなたの世界を自由に構築できます。写真がもっと好きになり、あなたと写真の世界がさらに広がるでしょう。

スマホでもきれいな写真を撮るためには、「三脚」は必須アイテム。家電ライターの秋葉けんたさんにスマホ三脚の選び方とおすすめ商品を教えていただきました。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:Mako、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/4/7 関連記事リンク追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 成田晴香)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年最新版】電源タップのおすすめ12選【USBポート・おしゃれなタワー式・マグネット付きも】

【2020年最新版】電源タップのおすすめ12選【USBポート・おしゃれなタワー式・マグネット付きも】

PCやテレビなど、生活家電を使っているとコンセントの数が不足してしまうことがありますよね。そんなとき便利なのが「電源タップ」。使用できるコンセントの数を増やしてくれたり、延長コードで機器を使えるようにしてくれたり機能や形状もさまざまです。この記事では、IT・家電ライターの河原塚英信さんと編集部が選んだ電源タップのおすすめ商品をタイプ別にご紹介。選ぶポイントについても解説しているので参考にしてみてください。


2020年【USB充電器】おすすめ18選|大容量・コンパクト・急速充電対応も

2020年【USB充電器】おすすめ18選|大容量・コンパクト・急速充電対応も

USB充電器は、新しい商品が次々と発売されています。機能やスペックはもちろん、コンパクト・高速充電・バッテリー内蔵・海外対応タイプなどさまざまです。そこで、ITライターの傍島康雄さんと編集部が選ぶUSB充電器おすすめ18選をご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。


ネックストラップおすすめ13選【カメラやスマホ、コンデジなどの携帯に!】

ネックストラップおすすめ13選【カメラやスマホ、コンデジなどの携帯に!】

ネックストラップはシーンを選ばず便利に使えるアイテム。カメラだけでなく、スマホや双眼鏡など、なにかを首から下げたいときに活躍します。機能性やデザインにこだわったものなど、さまざまな特徴の商品がありますが、どこに注目して選ぶべきなのでしょうか? 本記事では、ネックストラップの特徴や選び方のポイント、おすすめの商品をフォトグラファーの高月 優さんにうかがいました。


【2020年版】ワイヤレス充電器おすすめ22選|充電方法が簡単な商品も紹介

【2020年版】ワイヤレス充電器おすすめ22選|充電方法が簡単な商品も紹介

ITライターの酒井麻里子さんへの取材をもとに、2020年版ワイヤレス充電器おすすめ22選をご紹介します。オフィスや自宅だけでなく車でも充電可能なワイヤレス充電器をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


Apple Watchベルト10選|有名ブランドとのコラボアイテムも!

Apple Watchベルト10選|有名ブランドとのコラボアイテムも!

ITライターである鈴木朋子さんへの取材をもとに、Apple Watch(アップルウォッチ)のベルトの選び方と、おすすめの製品を紹介します。機能性の高さだけではなく、おしゃれでかっこいいアイテムとしても楽しめるApple Watch。ベルト交換をすれば、シーンに合わせた楽しみ方ができます。純正品や正規品だけではなく、サードパーティー製も揃っていますので、Apple Watchのベルト選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


関連するブランド・メーカー


ベルボン

新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る