初心者向けミラーレス一眼のおすすめ11選|軽いものから動画撮影向けのものまで

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M200 標準ズームキット ホワイト EOSM200WH-1545ISSTMLK
出典:Amazon

普段はスマートフォンで写真をよく撮るけど、もっとキレイに撮りたい、という方におすすめなのがミラーレス一眼。スマホやコンパクトデジカメよりもセンサーサイズが大きく、高画質でボケのある写真も撮れます。

最近ではコンパクトでおしゃれなものや、Wi-Fiなどでスマホとも連携できるものもあるので、スマホからのステップアップにぴったりです。

本記事では、カメラ初心者向けミラーレス一眼の選び方とおすすめ商品をご紹介。どんな撮影をしたいのか、どんなデザインが好みなのか吟味しながら、自分にあった商品をみつけてください!


目次

写真家
藤井 智弘

1968年東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科を卒業。96年に写真展を開催後、フリー写真家になる。 カメラ専門誌やWebでの撮影、執筆を中心に、各種撮影やセミナー講師などで活動。作品では国内や海外の街を撮影し、ライカカメラジャパンの公式インスタグラムにも作品が掲載される。 公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。デジタルカメラグランプリ選考委員。NHK文化センター講師。

初心者向けミラーレス一眼の選び方 写真家が詳しく解説!

それでは、初心者向けミラーレス一眼の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】センサーサイズで選ぶ
【2】デザインで選ぶ
【3】ファインダーの有無で選ぶ
【4】背面モニターで選ぶ


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】センサーサイズで選ぶ

 

画質や大きなボケではAPS-C。とくに暗い場所でISO感度を大きく上げる場合はAPS-Cが有利です。しかし日常で持ち歩いて、スマホよりきれいな写真が撮りたいならマイクロフォーサーズ。ボディもレンズも小型軽量なものが多く、携帯性はバツグンです。

レンズ交換式カメラの中ではセンサーサイズが小さいマイクロフォーサーズですが、それでもスマホのカメラよりはるかに大きいので、通常の撮影で画質に不満を持つことはほぼないでしょう。

また望遠撮影が多い人は、望遠レンズでも小型になるマイクロフォーサーズが有利。より大きなボケを活かして撮りたい人はAPS-Cがおすすめです。最初から高画質でカメラを楽しみたい場合は、フルサイズカメラを選ぶのも手です。

【2】デザインで選ぶ

 

ミラーレスは一眼レフを思わせるスタイルのものから、デジタルカメラのようなコンパクトでかわいいデザインのものまで幅広いタイプがあります。より本格派を目指すなら一眼レフスタイル。上位機種に似た操作性を持ち、しっかりしたグリップを持つ機種もあるため握りやすいのも特徴です。

天面がフラットなタイプは、携帯性にすぐれているのが特徴。本格的なカメラバッグではなく、ふだん使いのバックに入れて持ち歩くのにも向いています。

またカメラといえば本体の色味は黒かシルバーが一般的ですが、白やブラウンなどがラインナップされている機種もあり、スタイリッシュなのでオシャレに使えるでしょう。

【3】ファインダーの有無で選ぶ

 

ミラーレスはファインダー(電子ビューファインダー=EVF )を装備する機種と装備しない機種があります。どちらも背面モニターを見ながら撮影できますが、EVFだとカメラを顔に密着できるため、安定した構えで撮影できるのが特徴。とくに望遠レンズや夕暮れなどでシャッター速度が遅い場合は有効です。また明るい日中に背面モニターが見づらい際にもEVFは有利です。

ファインダーを持たない機種は、その分小型化できるため携帯性にすぐれているのが特徴です。できるだけ小さいカメラがほしい人はEVFなしがよいでしょう。またとくに女性の場合、ファインダーを覗くとお化粧がカメラについてしまうのが気になる、という人にもEVFなしがおすすめです。

【4】背面モニターで選ぶ

 

多くのミラーレスは背面モニターが上下可動になっており、ハイアングルやローアングルでの撮影が手軽に行なえます。

さらにスマホのように自撮りをしたい人には、背面モニターが180度反転できる機種がおすすめです。また反転の仕方も、上方に180度まわすタイプと、下方に180度まわすタイプがあります。

上方に反転させるタイプの方が視認性にはすぐれていますが、内蔵フラッシュをポップアップさせると見づらくなるのがウィークポイント。下方に反転させるタイプはタッチ操作を行ないやすいのが特徴ですが、三脚使用時は反転できないのがウィークポイントです。

写真家からのアドバイス 撮った写真をSNSにアップしたい方はスマホとの連携を確認

本格派はレンズラインナップにも注目

現在発売されているほとんどのミラーレス一眼はWi-Fi機能を持ちスマホと接続ができますが、Bluetoothでスマホとペアリングして、撮影した写真を自動でスマホへ転送する機能を持った機種もあります。SNSを活用している方は、スマホとの連携を確認するとよりスムーズにSNSで写真が楽しめるでしょう。

また本格的に写真を始めたい方は、レンズラインナップに注目。撮影したい被写体に対応するレンズがあるかどうか確認するのがおすすめです。そしてカメラを持った感触、操作性などは、実際に触ってみないとわからないもの。メーカーのショールームなどに足を運んで、実物を見てから購入すると、失敗のないカメラ選びができます。

初心者向けミラーレス一眼のおすすめ11選 写真家が選んだ

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえて、写真家の藤井智弘さんに選んでもらった、初心者におすすめのミラーレス一眼を紹介します。

エキスパートのおすすめ

Nikon(ニコン)『Z 50』

Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』 Nikon(ニコン)『Z50』

出典:Amazon

カメラ女子が買うならニコンAPS-Cミラーレス

APS-Cサイズで本格派のスタイルながら、小型で重さも約450gと軽量。しかも金属を使用し、ガッチリした握り心地も魅力です。また236万ドットのEVFはとても見やすく、初心者だけでなくエキスパートも満足できる視認性を誇ります。

頻繁に使う機能はすぐ呼び出せるすぐれた操作性や、EVFを覗きながら設定変更できるiメニュー表示の採用など、使いやすさにもこだわりが見られるカメラです。Wi-FiやBluetoothを内蔵し、パソコンやスマホに接続して撮影した写真の転送も可能。より本格的な写真をすぐにSNSにアップしたい方などにおすすめの一台です。

エキスパートのおすすめ

Canon(キヤノン)『EOS M200』

Canon(キヤノン)『EOSM200』 Canon(キヤノン)『EOSM200』 Canon(キヤノン)『EOSM200』 Canon(キヤノン)『EOSM200』 Canon(キヤノン)『EOSM200』 Canon(キヤノン)『EOSM200』 Canon(キヤノン)『EOSM200』 Canon(キヤノン)『EOSM200』

出典:Amazon

小型軽量でWi-Fi対応の使いやすいAPS-C

APS-Cサイズながら、小さなバッグに収まってしまうほど小型で軽量。しかも画素数も約2410万画素あるので、旅行先で風景を撮ったりするときに最適なカメラです。ダイヤルやボタンは少なくシンプルなデザインで、機能の説明を見ながら設定できるビジュアルガイドにより、初心者でもスムーズに扱えます。

またカメラ任せのオートモードでも、クリエイティブアシスト機能で自分好みの仕上がりにすることも可能。Wi-FiやBluetoothでスマホとも連携でき、撮影した写真はSNSへ手軽にアップできます。10種類のカメラジャケットも用意され、いつでもどこでもオシャレに持ち歩きたい方におすすめのカメラです。

エキスパートのおすすめ

OLYMPUS(オリンパス)『PEN E-PL10』

OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』

出典:Amazon

アートフィルターで幅広い表現が楽しめる

マイクロフォーサーズらしい小型で、首にかけて出かけたくなるようなどこかレトロなデザインを持つPENシリーズ。『PEN E-PL10』はタッチ操作「ライブガイド」で思い通りの表現コントロール可能なのが特徴。画面内のスライダーでボケの調整などが簡単に行えます。

また、今では多くの機種に搭載されている特殊効果のフィルター機能を流行らせたのは、PENのアートフィルター。『PEN E-PL10』は16種類、31タイプのアートフィルター機能を持ち、タッチ操作でフィルター効果の調整ができるファインチューンを新搭載しています。自分らしい写真を表現したい方に注目のカメラです。

エキスパートのおすすめ

OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M10 Mark III』

OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』

出典:Amazon

初めてのカメラに! 高コスパ小型軽量の本格派

オリンパスの本格派スタイル、OM-Dシリーズのローエンドモデル。EVFを装備しているため、カメラをしっかり構えて撮影ができます。またボディ内に5軸手ブレ補正機能を搭載し、暗い場所でも手ブレが起きにくいのも特徴。さらに上下方向に動くタッチ式の背面パネルにより、ハイアングルやローアングルでもスムーズな撮影ができます。

マイクロフォーサーズはシステムがコンパクトなので、本格派ながら軽快な撮影が楽しめます。小型でクラシックなデザインは使いやすく設計されているため、はじめてミラーレス一眼を手にする方も安心して使えるでしょう。

エキスパートのおすすめ

FUJIFILM(富士フイルム)『X-T30』

FUJIFILM(富士フイルム)『X-T30』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-T30』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-T30』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-T30』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-T30』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-T30』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-T30』

出典:Amazon

上位機と同じ富士フイルムの色が手軽に楽しめる

富士フイルムXシリーズ上位機種と同じAPS-Cサイズの撮像素子、X-Trance CMOS 4と、画像処理エンジンX-Processor 4を搭載しながら、小型軽量に仕上げたエントリーモデル。富士フイルムの色調は熱狂的なファンがいるほどです。独自のフィルムシミュレーション機能により、フィルムを選ぶ感覚で仕上がりが選択できます。

また高速で高精度のAF(オートフォーカス)機能を搭載し、人物では瞳認識も可能。EVFを内蔵したカメラらしいデザイン性も特徴的で、これから本格的に写真を始めたい方におすすめできるカメラです。

エキスパートのおすすめ

FUJIFILM(富士フイルム)『X-A7』

FUJIFILM(富士フイルム)『X-A7』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-A7』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-A7』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-A7』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-A7』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-A7』

出典:Amazon

スマホ感覚簡単操作が特徴!メーカーのエントリー機

3.5インチの大型液晶モニターを持つAPS-Cミラーレスで、富士フイルムXシリーズのローエンドモデル。タッチメニューにより初心者でもスマホ感覚で操作が可能で、手軽に明るさやボケのコントロールが行なえます。

撮像素子は上位機に搭載されるX-Trance CMOSセンサーではなく通常のCMOSセンサーですが、フィルムシミュレーションもあり、富士フイルムらしい色調が楽しめます。スマホからミラーレスにステップアップしたい、でも難しい操作はわからない、という方に親しみやすいカメラに仕上がっています。

エキスパートのおすすめ

SONY(ソニー)『α6600』

SONY(ソニー)『α6600』 SONY(ソニー)『α6600』 SONY(ソニー)『α6600』 SONY(ソニー)『α6600』 SONY(ソニー)『α6600』 SONY(ソニー)『α6600』 SONY(ソニー)『α6600』 SONY(ソニー)『α6600』 SONY(ソニー)『α6600』 SONY(ソニー)『α6600』

出典:Amazon

初心者からベテランまで対応の最強APS-Cモデル

ソニー「α(アルファ)シリーズ」のAPS-Cの最上位モデル。世界最速0.02秒(2019年現在)の高速AFを搭載し、一瞬に強いのが特徴。ほかにもリアルタイム瞳AF機能搭載で、人物や一部の動物にも高精度のピント合わせが行なえます。また最高11コマ/秒の高速連写も可能。さらに5軸手ブレ補正やすぐれた高感度特性により、暗所に強いのも特徴です。

約236万ドットのEVFは望遠レンズ使用時にもカメラを安定させた撮影が楽しめます。スポーツやポートレート、動物など、動くものを中心に本格的な撮影をはじめたい方におすすめ。

エキスパートのおすすめ

SONY(ソニー)『α5100』

SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』 SONY(ソニー)『α5100』

出典:Amazon

お手軽価格で入門者におすすめ! 高画質APS-C

APS-Cサイズながらスリムなデザインで、軽快に持ち歩けるミラーレス。180度回転する背面モニターで自撮りもラクラク。もちろんタッチパネルなので、スマホ感覚でタッチ操作ができます。AFは顔検出や瞳認識も持つため、人物のピント合わせも正確に行なえます。

Wi-Fi対応ワイヤレス通信機能で、撮った写真をスマホやタブレットへダイレクトに転送が可能。気に入った写真が撮れたらすぐSNSにアップできます。APS-Cはスマホでは難しい大きなボケもラクに得られるので、雰囲気を重視したいけど手軽に扱えるカメラがほしい、という方は注目です。

エキスパートのおすすめ

Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-G99H』

Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-G99H』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-G99H』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-G99H』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-G99H』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-G99H』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-G99H』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-G99H』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-G99H』

出典:Amazon

ハイスペックで高機動力のマイクロフォーサーズ機

一眼レフを思わせるスタイルを持ち、グリップはガッチリ握ることができます。前後に装備されたダイヤルや上位機『G9 PRO』に近いボタンレイアウト。しかもフロントケースはマグネシウム合金で防塵・防滴構造になっているので、堅牢で悪天候でも安心して撮影できます。

ボディ内5軸手ブレ補正は、暗い場所や望遠レンズ使用時に強く、マイクロフォーサーズらしい高い機動力を誇ります。空間認識技術による高速AFや6コマ/秒の高速連写など、本気で写真を撮りたい方に向いたカメラです。

エキスパートのおすすめ

Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-GF10WA』

Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-GF10WA』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-GF10WA』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-GF10WA』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-GF10WA』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-GF10WA』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-GF10WA』 Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-GF10WA』

出典:Amazon

コンパクトデジタルのような小さなミラーレス

マイクロフォーサーズらしく、ポシェットに収まってしまうほど小さくて軽いミラーレス。ボディカラーはコンサバなブラックのほか、鮮やかなオレンジ×シルバー、フェミニンな雰囲気を持つホワイト×ローズゴールドをラインナップし、スタイリッシュな仕上がりが魅力です。

背面モニターは上方180度反転し、自撮りが可能。しかも通常は自撮りになるとシャッターボタンを左手で押すことになりますが、GF10は本体上面のFn3ボタンがシャッターボタンになるため、自撮りでも右手でシャッターを切ることができます。日常から旅行まで、いつでもミラーレスで写真を楽しみたい方におすすめ。

Panasonic(パナソニック)『LUMIX G9Pro』

子供の動画撮影に手ブレ補正、Bluetooth!

6.5段の世界最高レベルの手ブレ補正機能「Dual I.S.2」を搭載。ボディにはマグネシウム合金フレームを採用し、軽量・耐久性を兼ね備えたPanasonic『LUMIX G9Pro』。子育てを動画で収めるには抜群の使い勝手です。さらに操作部材にシーリング構造を採用し、防塵・防滴・耐低温性能を獲得しました。

また、電源を入れるたびに撮像センサーとシャッターの間に約80,000回/秒の超音波振動を発生させる「スーパーソニックウェーブフィルター(SSWF)」を設置していますので、センサーへのゴミやホコリの侵入を防いでくれます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Nikon(ニコン)『Z 50』
Canon(キヤノン)『EOS M200』
OLYMPUS(オリンパス)『PEN E-PL10』
OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M10 Mark III』
FUJIFILM(富士フイルム)『X-T30』
FUJIFILM(富士フイルム)『X-A7』
SONY(ソニー)『α6600』
SONY(ソニー)『α5100』
Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-G99H』
Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-GF10WA』
Panasonic(パナソニック)『LUMIX G9Pro』
商品名 Nikon(ニコン)『Z 50』 Canon(キヤノン)『EOS M200』 OLYMPUS(オリンパス)『PEN E-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M10 Mark III』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-T30』 FUJIFILM(富士フイルム)『X-A7』 SONY(ソニー)『α6600』 SONY(ソニー)『α5100』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-G99H』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-GF10WA』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX G9Pro』
商品情報
特徴 カメラ女子が買うならニコンAPS-Cミラーレス 小型軽量でWi-Fi対応の使いやすいAPS-C アートフィルターで幅広い表現が楽しめる 初めてのカメラに! 高コスパ小型軽量の本格派 上位機と同じ富士フイルムの色が手軽に楽しめる スマホ感覚簡単操作が特徴!メーカーのエントリー機 初心者からベテランまで対応の最強APS-Cモデル お手軽価格で入門者におすすめ! 高画質APS-C ハイスペックで高機動力のマイクロフォーサーズ機 コンパクトデジタルのような小さなミラーレス 子供の動画撮影に手ブレ補正、Bluetooth!
センサーサイズ APS-C APS-C マイクロフォーサーズ マイクロフォーサーズ APS-C APS-C APS-C APS-C マイクロフォーサーズ マイクロフォーサーズ マイクロフォーサーズ
有効画素数 2088万画素 約2410万画素 約1605万画素 約1605万画素 約2610万画素 約2424万画素 約2420万画素 約2430万画素 2030万画素 1600万画素 2033万画素
EVF あり - - あり - あり - - -
角度調整 下:180° 上:約180° 上:約80°、下:約180° 上:約85°、下:約45° 上:約180°、下:約74° 上:約180° 上:180° -
サイズ/重量 約126.5×93.5×60mm/約450g 108.2×67.1×35.1mm/約299g 117.1×68×39mm/約380g 121.5×83.6×49.5mm/約410g 118.4×82.8×46.8mm/約383g 119.0×67.7×41.1mm/約320g 約120.0×66.9×69.3mm/約503g 109.6×62.8×35.7mm/約283g 約130.4×93.5×77.4mm/約536g 約106.5×64.6×33.3mm/約240g 約136.9mm×97.3mm×91.6mm/586g
ワイヤレス連携機能 Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi Wi-Fi、NFC Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi Wi-Fi、Bluetooth
カラー ブラック ホワイト、ブラック ホワイト、ブラック、ブラウン シルバー、ブラック シルバー、ブラック、チャコールシルバー シルバー、キャメル ブラック ホワイト、ブラウン、ブラック ブラック オレンジ、ブラック、ホワイト -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ミラーレス一眼の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのミラーレス一眼の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ミラーレス一眼ランキング
楽天市場:ミラーレス一眼カメラランキング
Yahoo!ショッピング:ミラーレス一眼カメラランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ミラーレス一眼を安い価格で購入する方法

床の上に置かれたカメラ

Photo by Ben Sauer on Unsplash

ここでは、とにかく安くカメラを手に入れたい方におすすめの方法をご紹介します。

ひとまずカメラデビューしたい方はレンズキットがお得

ひとまず趣味としてカメラデビューしたいというのであれば、レンズキットがおすすめです。カメラボディに+5,000円足すだけでレンズが付いてくることもありますよ。撮影の幅を広げたいなら、標準レンズに望遠または広角ズームレンズがセットになったダブルズームレンズキットがよいでしょう。

型落ちモデルあれば良いカメラも新品で購入できる

新型の後継機が出たタイミングにひとつ前の機種は安くなります。このように価格が下がる時期というのは決まっています。そして、買い時は年末年始などの在庫処分セール。安い時期・安い日を利用してお得に購入しましょう。

中古商品なら1万円台で購入できるものも

新品で買おうと思っても、カメラは高価でなかなか手が出にくいもの。もし抵抗がなければ、型落ちの中古カメラであれば、1万円台で手に入れることもできますよ。初めてのうちから、いきなり無理して新型カメラを高いものを買ってしまうと、操作に慣れる前に挫折して使わなくなる、なんてこともありますので注意してください。

初めは、メルカリなどを利用して手頃な値段で手に入れるのもあり。型落ちでも新品か中古かでも迷うと思いますが、店舗で買う場合は、状態でA・B・Cなどランク付けされている場合もありますので、目安にするとよいでしょう。

【関連記事】一眼レフ・ミラーレスカメラの関連記事はこちら

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

朝食はプロテイン、身体を動かすことが好きな40代。テニス、フットサル、ジョギング、近年は空手を少々。kindleでの読書を日課にしているほか、Apple製品、カメラやレンズ系、ガジェット商品にも飛びつきがち。

関連する記事


格安ミラーレスおすすめ14選|初心者でも使いやすい入門編の機種も多数

格安ミラーレスおすすめ14選|初心者でも使いやすい入門編の機種も多数

本記事では、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、格安ミラーレスおすすめ商品をご紹介します。カメラの買い時を探っている人にも役立つミラーレスカメラをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタルカメラ , カメラ

ミラーレス一眼おすすめ19選|フルサイズ・APS-Cなど厳選

ミラーレス一眼おすすめ19選|フルサイズ・APS-Cなど厳選

誰でも手軽にきれいな写真が撮れるミラーレス一眼は、本格的に写真を撮りはじめた人にぴったり。レンズを交換するとさまざまなニュアンスの写真撮影が可能です。軽くて小さい製品も多く、ママやカメラ女子なども扱いやすくて、アウトドアや登山、旅行などにも役立ちます。この記事では、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が厳選したミラーレス一眼カメラのおすすめと選び方をご紹介します(※中古品も含まれます)。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタルカメラ , カメラ

APS-Cミラーレス一眼おすすめ6選|軽い・高画質・高コスパ

APS-Cミラーレス一眼おすすめ6選|軽い・高画質・高コスパ

高画質で写真を撮りたいけれど、重くて大きなカメラは持ち歩きたくない、そんなときに導入したいのがAPS-C判のミラーレスカメラです。小型軽量で高画質の写真が撮れるということで、SNS投稿用の写真を撮るカメラとしても、バッグに入れて持ち歩いて街角のなにげない景色を撮るお散歩カメラとしても最適です。本記事では、APS-C判ミラーレスカメラの選び方やおすすめ商品をご紹介。記事後半には比較一覧表、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタルカメラ , カメラ

ソニーのミラーレスカメラ11選|フルサイズ・APS-C機など厳選

ソニーのミラーレスカメラ11選|フルサイズ・APS-C機など厳選

SONY(ソニー)のミラーレスカメラは、初心者でも扱える手ぶれ防止機能や、暗いところでもきれいな画質で撮影できるなど、ソニーの技術を結集したモデルが揃っています。ここでは、写真家・藤井智弘さんと編集部が厳選したソニーのミラーレスカメラのおすすめと選び方をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタル一眼レフカメラ , デジタルカメラ

オリンパスのミラーレスカメラおすすめ9選|コンパクトなPEN・本格派のOM-D

オリンパスのミラーレスカメラおすすめ9選|コンパクトなPEN・本格派のOM-D

小型軽量でしかもオシャレなスタイルが人気のミラーレスカメラ。オリンパスは初心者や女子に人気の「PEN」シリーズやプロも愛用する「OM-D」シリーズを展開しています。本記事では、写真家の藤井智弘さんにお話をうかがい、選び方のポイントとおすすめ現行機種をまとめてご紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタルカメラ , カメラ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。