軽い、きれいに撮れるAPS-C判ミラーレスおすすめ6選|写真家・カメラ評論家に取材

軽い、きれいに撮れるAPS-C判ミラーレスおすすめ6選|写真家・カメラ評論家に取材
写真家、カメラ評論家
田中 希美男

多摩美術大学付属多摩芸術学園・写真科卒業。撮影分野は、おもにクルマを中心に人、モノ、料理、風景、スナップ、ファッション、ドキュメントなど被写体を問わない。 ほかに、カメラ雑誌などに新型カメラやレンズのテストのレポート、撮影技法などの解説をする。

高画質で写真を撮りたいけれど、重くて大きなカメラは持ち歩きたくない、そんなときに導入したいのがAPS-C判のミラーレスカメラです。小型軽量で高画質の写真が撮れるということで、SNS投稿用の写真を撮るカメラとしても、バッグに入れて持ち歩いて街角のなにげない景色を撮るお散歩カメラとしても最適です。選び方のポイントとして、レンズのマウント(規格)、EVF(電子ビューファインダー)の有無、通信機能などがあります。この記事では、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、APS-C判ミラーレスカメラの選び方とおすすめ商品を解説します。カメラの購入を検討しているけれど、決め手に欠けて選びきれないという方はぜひ参考にしてください。


【APS-C判ミラーレスカメラ】の選び方|プロの写真家に聞いた、おさえておきたいポイント

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんに、APS-C判ミラーレスカメラを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。APS-C判のカメラを購入するにあたって着目するべき点をまとめてありますので参考にしてください。

ミラーレスカメラ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

APS-C判ミラーレスカメラは画質とコンパクトさのバランスがとれた、初心者から中級者に最適のカメラです。

APS-C判ミラーレスカメラの魅力

写真家、カメラ評論家

APS-C判(約23.5×16mm)のイメージセンサーはフルサイズ判(約36×24mm)と比べると約1/2ぐらいのサイズ。画質はフルサイズ判が上回るとはいえ、センサーサイズの違いほど「差」はありません。

APS-C判カメラはその小型センサーの利点を活かすことで、より小型で軽量なカメラボディ、交換レンズが作れます。そのぶん価格も安く抑えることが可能。できるだけ小型軽量で価格も安く、コンパクトカメラより画質のよいカメラをお望みなら、文句なしにAPS-C判ミラーレスカメラをおすすめします。

ソニーやライカのカメラはAPS-C判カメラもフルサイズ判もマウントは共通なので、フルサイズ判用の交換レンズをAPS-C判カメラで使用できます。キヤノンのAPS-C判カメラは、専用のマウントアダプターを利用することで一眼レフ用の交換レンズを使うこともできます。

ソニー 『α6400』

画質と機能を兼ね備えたAPS-C判のカメラは入門機としておすすめです。

>> Amazonで詳細を見る

必要な機能が備わっているかチェックしておく

写真家、カメラ評論家

以前は、カメラ選びで重視されていたおもな性能としてセンサーの画素数や連写速度などでしたが、今はそれほど重要なスペックではなくなりました。今はほぼ充分な性能を備えている機種ばかりになっているからです。

しっかりチェックしておくべき機能としては、たとえばWi-FiやBluetoothの機能を内蔵していてスマホなどと容易に連携できるか、明るい戸外でも構図が決めやすいEVF(電子ビューファインダー)を内蔵しているか、かんたんに誰もが自由なアングルで撮影できるように液晶モニターが可変式になっているか、フル充電したバッテリーを使って何カットぐらい撮影ができるか、などがあります。こうしたポイントをカタログやスペック表などで調べてからカメラ選びをすることが大切です。

レンズキットモデルが狙い目

写真家、カメラ評論家

APS-C判ミラーレスカメラは、しいて言えば初心者向けから中級者向けクラスの機種が多くありますが、撮影機能や画質などは上級機種と比べてもまったく遜色(そんしょく)はありません。この点についてはそれほど心配する必要はありません。

新しくAPS-C判ミラーレスカメラの購入を予定されているなら、ボディ単体と交換レンズを別々に購入するのではなく、交換レンズ(おもに標準ズームレンズ)とセットになった「レンズキットモデル」がおすすめです。ボディとレンズを個別に購入するよりも、ずっと低価格で買うことができます。お買い得です。

もしキットモデルが用意されていなければ、交換レンズは、まず標準ズームレンズを選ぶといいでしょう。その後に、F値の明るい単焦点レンズを加えていく方法がおすすめです。

キヤノン 『EOS M100』

レンズキットは単体での購入よりもお得です。

>> Amazonで詳細を見る

【APS-C判ミラーレスカメラ】おすすめ6選|写真家・カメラ評論家による厳選商品!

上で紹介したAPS-C判カメラの選び方のポイントをふまえて、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。入門機から中級機、プロやハイアマチュアの要求に応えられる上級機までそろっていますので、自分に合った1台を選んでください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン 『EOS Kiss M』

キヤノン『EOSKissM』 キヤノン『EOSKissM』 キヤノン『EOSKissM』 キヤノン『EOSKissM』 キヤノン『EOSKissM』 キヤノン『EOSKissM』

出典:Amazon

レンズマウント キヤノンEF-Mマウント
使用レンズ キヤノンEF-M、EF※、EF-S※レンズ群(※マウントアダプター EF-EOS Mが必要)
カメラ部有効画素 約2410万画素(総画素数約2580万画素)
モニターサイズ/ドット数 ワイド3.0型(3:2)/約104万ドット
EVFサイズ・画素数 0.39型/約236万ドット
ブルートゥース/WiFi ○/○
本体サイズ/本体重量 116.3×88.1×58.7mm/約351g

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

すぐれたカメラ性能ながらリーズナブルな価格

APS-C判センサーを使用するキヤノンのミラーレスカメラが「EOS M」シリーズで、そのトップモデルとなるのがこのKiss Mです。カメラ中央の上部にポップアップ式フラッシュを内蔵し、電子ビューファインダー(EVF)も装備。すぐれたAF性能(追尾AF、143点AF)、高速連写(最高10コマ/秒)、動画性能(4K動画)を備えています。

すぐれたカメラ性能にしてはとてもリーズナブルな価格で、お買い得機種です。ホワイトカラーモデルが用意されていて、とくに女性にはおすすめ。とてもよいデザインです。

なお、約29~240mm相当画角のズームレンズとキットにしたモデル(EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMレンズがキット)も用意されていますので参考にされるといいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン 『EOS M100』

キヤノン『EOSM100』 キヤノン『EOSM100』 キヤノン『EOSM100』 キヤノン『EOSM100』 キヤノン『EOSM100』 キヤノン『EOSM100』 キヤノン『EOSM100』

出典:Amazon

レンズマウント キヤノンEF-Mマウント
使用レンズ キヤノンEF-M、EF※、EF-S※レンズ群(※マウントアダプター EF-EOS Mが必要)
カメラ部有効画素 約2420万画素(総画素数:約2580万画素)
モニターサイズ/ドット数 ワイド3.0型(3:2)/約104万ドット
EVFサイズ・画素数 EVFなし
ブルートゥース/WiFi ○/○
本体サイズ/本体重量 108.2×67.1×35.1mm/約266g

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

初心者向けエントリーモデルだが不満のない性能

APS-C判ミラーレスカメラEOS Mシリーズの初心者向けエントリーモデル。しかし、初心者向けとはいうものの、撮影モードは充実していてP/A/S/M(プロブラム/絞り優先/シャッター速度優先/マニュアル)はもちろん、便利なオート撮影モードも備えています。

AF性能(デュアルピクセル CMOS AF)も、連写性能(最高6.1コマ秒で最大89コマ)についても、まったく不満のない性能を備えたカメラです。

電子ビューファインダーは備わっていませんが、液晶モニターは180度回転して自分撮りもできます。Wi-Fi、Bluetooth LEの機能も備わっているのでスマホと写真共有や遠隔撮影も可能。

24~72mm相当の画角をカバーする手ブレ補正内蔵の「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」レンズとのキットモデルもあって、こちらは手頃な価格で購入できるので、こちらをおすすめします。ホワイト、ブラック、グレイのカラーモデルが用意されています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニー 『α6400』

ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』 ソニー『α6400』

出典:Amazon

レンズマウント ソニーEマウント
使用レンズ ソニーEマウント
カメラ部有効画素 約2420万画素(総画素数:約2500万画素)
モニターサイズ/ドット数 ワイド3.0型/約92万ドット
EVFサイズ・画素数 0.39型/約236万ドット
ブルートゥース/WiFi - /○
本体サイズ/本体重量 120.0×66.9×59.7mm/約359g

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

APS-C判αシリーズのなかではイチ押し

ソニーAPS-C判ミラーレスのαシリーズとして2019年5月現在での最新の機種です。今、デジタルカメラにとって必要な機能と性能は、ボディ内手ブレ補正をのぞいてほぼ備わっています。画像処理エンジンは最新型です。AF性能も4K動画撮影の機能も、上位機種のα6500よりも格段にすぐれています。APS-C判αシリーズのなかではいちばんのおすすめ機種です。

このカメラにはズームレンズの「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」とセットの「高倍率ズームレンズキット」。「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」と「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」の2本がセットになった「ダブルズームレンズキット」。そして「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」がセットの「パワーズームレンズキット」があります。

レンズは必要ない、ボディだけほしい、という人以外は、レンズキットモデルのなかから選ぶのがいちばんお得です。イチ押しはダブルズームレンズキットです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

富士フイルム 『X-H1』

富士フイルム『X-H1』 富士フイルム『X-H1』 富士フイルム『X-H1』 富士フイルム『X-H1』 富士フイルム『X-H1』 富士フイルム『X-H1』

出典:Amazon

レンズマウント FUJIFILM Xマウント
使用レンズ FUJIFILM Xマウント
カメラ部有効画素 約2430万画素
モニターサイズ/ドット数 3.0型(3:2)/約104万ドット
EVFサイズ・画素数 0.5型/約369万ドット
ブルートゥース/WiFi ○/○
本体サイズ/本体重量 139.8×97.3×85.5mm/約623g

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

頑丈なボディに機能凝縮、使い続けられるカメラ

富士フイルムのミラーレスは中判カメラのGFXシリーズをのぞけばすべてAPS-C判センサーを採用した機種(Xシリーズ)だけです。ざっと10機種ほどラインナップされていますが、その最上位機種がこのX-H1。いちばんの特長は、Xシリーズでは2019年5月現在で唯一のボディ内手ブレ補正を内蔵したカメラであることです。

交換レンズXFレンズにはレンズ内手ブレ補正を内蔵したものが多くありますが、それらとX-H1とを組み合わせればふたつの手ブレ補正を働かせて手ブレ補正効果をアップする機能も備わっています。

プロの過酷な使用条件でも適応するように頑丈なボディで、さらに防塵・防滴・耐低温の構造にもなっています。せっかく購入するのだから何年も使い続けられるカメラを、と希望するならXシリーズのなかではX-H1が最適なカメラでしょう。少し価格は高めですが、買って使ってみて後悔しない機種です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

富士フイルム 『X-A5』

富士フイルム『X-A5』

出典:楽天市場

レンズマウント FUJIFILM Xマウント
使用レンズ FUJIFILM Xマウント
カメラ部有効画素 約2424万画素
モニターサイズ/ドット数 3.0型(3:2)/約104万ドット
EVFサイズ・画素数 EVFなし
ブルートゥース/WiFi ○/○
本体サイズ/本体重量 116.9×66.7×40.4mm/約311g

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

レトロなボディに4K連写も備えるローエンド機

"X-A5はXシリーズのなかでローエンドにあたる機種ですが、AFは位相差AFとコントラストAFのハイブリッドAF方式を採用して、高速で確実なピント合わせができます。

動画機能はフルHDや4K動画の撮影のほか、スローモーション再生が可能なHDハイスピード動画の機能も搭載。秒間15コマで高速連写してベストの1枚を選び出す4K連写モードや、ピント位置の異なる複数枚を撮影したあとカメラが自動的に合成してシャープな写真に仕上げてくれるマルチフォーカスモードなどの、このカメラ独自の撮影機能も備わっています。

手ブレ補正機能を内蔵の約23~68mm相当の画角をカバーする「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ 」ズームレンズがキットになっているモデルもあります。ボディカラーには、シルバー、ブラウン、ピンクの3モデルが用意されています。低価格で、かつ充実した機能を備えた富士フイルムのミラーレスを、というならX-5Aがイチ押しです。"

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ライカ 『TL2』

ライカ『TL2』 ライカ『TL2』 ライカ『TL2』

出典:楽天市場

レンズマウント ライカLバヨネットマウント
使用レンズ ライカTL、ライカSL、ライカM/R(※ライカL用MレンズアダプターまたはL用Rレンズアダプターが必要)
カメラ部有効画素 約2424万画素(総画素数:約2496万画素)
モニターサイズ/ドット数 3.7型(3:2)/約130万ドット
EVFサイズ・画素数 EVFなし(オプション)
ブルートゥース/WiFi - /○
本体サイズ/本体重量 134×69×33mm/約355g

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

スタイリッシュで高性能、ライカファン注目のカメラ

アルミ金属の削り出しボディで、手触りバツグン、たいへんにスタイリッシュで高品質なカメラです。ライカファンなら持っているだけで満足し自慢もできます。

ボディ背面にはほかのカメラのような操作ボタン類はなく、モニター画面に表示される機能アイコンをタッチして撮影モードや機能の設定をおこないます。最高20コマ/秒の高速連写や4K動画、120fpsのスローモーション撮影も可能です。

EVF(電子ビューファインダー)は内蔵していませんが、別売オプションで外付けタイプのEVF・ビゾフレックス(角度調整可能)が使用できます。

交換レンズはライカLマウントであればフルサイズ判用レンズでも使用できますし、専用のマウントアダプターを利用すれば新旧のM型ライカ用レンズも使うことができます。もし予算的に余裕があれば、ぜひおすすめしたい高級ミラーレスカメラのひとつです。

「APS-C判ミラーレスカメラ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
キヤノン 『EOS Kiss M』
キヤノン 『EOS M100』
ソニー 『α6400』
富士フイルム 『X-H1』
富士フイルム 『X-A5』
ライカ 『TL2』
商品名 キヤノン 『EOS Kiss M』 キヤノン 『EOS M100』 ソニー 『α6400』 富士フイルム 『X-H1』 富士フイルム 『X-A5』 ライカ 『TL2』
商品情報
特徴 すぐれたカメラ性能ながらリーズナブルな価格 初心者向けエントリーモデルだが不満のない性能 APS-C判αシリーズのなかではイチ押し 頑丈なボディに機能凝縮、使い続けられるカメラ レトロなボディに4K連写も備えるローエンド機 スタイリッシュで高性能、ライカファン注目のカメラ
レンズマウント キヤノンEF-Mマウント キヤノンEF-Mマウント ソニーEマウント FUJIFILM Xマウント FUJIFILM Xマウント ライカLバヨネットマウント
使用レンズ キヤノンEF-M、EF※、EF-S※レンズ群(※マウントアダプター EF-EOS Mが必要) キヤノンEF-M、EF※、EF-S※レンズ群(※マウントアダプター EF-EOS Mが必要) ソニーEマウント FUJIFILM Xマウント FUJIFILM Xマウント ライカTL、ライカSL、ライカM/R(※ライカL用MレンズアダプターまたはL用Rレンズアダプターが必要)
カメラ部有効画素 約2410万画素(総画素数約2580万画素) 約2420万画素(総画素数:約2580万画素) 約2420万画素(総画素数:約2500万画素) 約2430万画素 約2424万画素 約2424万画素(総画素数:約2496万画素)
モニターサイズ/ドット数 ワイド3.0型(3:2)/約104万ドット ワイド3.0型(3:2)/約104万ドット ワイド3.0型/約92万ドット 3.0型(3:2)/約104万ドット 3.0型(3:2)/約104万ドット 3.7型(3:2)/約130万ドット
EVFサイズ・画素数 0.39型/約236万ドット EVFなし 0.39型/約236万ドット 0.5型/約369万ドット EVFなし EVFなし(オプション)
ブルートゥース/WiFi ○/○ ○/○ - /○ ○/○ ○/○ - /○
本体サイズ/本体重量 116.3×88.1×58.7mm/約351g 108.2×67.1×35.1mm/約266g 120.0×66.9×59.7mm/約359g 139.8×97.3×85.5mm/約623g 116.9×66.7×40.4mm/約311g 134×69×33mm/約355g
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

APS-C判ミラーレスカメラは発売から3年以内の機種から選ぼう|カメラ評論家のアドバイス

写真家、カメラ評論家

近年は旧型から新型にモデルチェンジされても、機能や画質が"格段に"よくなるということはなくなりました。だから、というわけでもないでしょうが、新型が出てもしばらくは旧型を売り続けているメーカーもあります。

こうした旧型は価格が安くなっていることが大きな魅力なのですが、なかには発売されてから数年以上経過している機種もあります。目安として発売から3~4年経過した機種を選ぶのは避けたほうがいいでしょう。3~4年の期間といえば、撮影機能も画質もそれ相当に新しくなり性能も向上しています。

数万円ぐらいの価格差であれば、できれば新型または発売後1~2年ぐらいの機種を選ぶことをおすすめします。価格が安いから、という理由だけで購入すると、あとで後悔することにもなりかねません。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/16 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


写真家が厳選【マクロレンズ】おすすめ5選|プロに聞く商品の選び方

写真家が厳選【マクロレンズ】おすすめ5選|プロに聞く商品の選び方

一眼レフでの撮影の際、花や昆虫など小さなものを拡大して撮影できるマクロレンズ。標準レンズや望遠レンズでは見られないような美しい景色を切り取ることができるので、カメラ好きなら興味をもったことがある人は多いでしょう。しかし、マクロレンズは性能もこまかく違うため、どれを買おうか悩む場合が多いのではないでしょうか。そこで、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんにお話をうかがい、マクロレンズの選び方とおすすめレンズをご紹介いたします。まだ見たことがない世界を最適なマクロレンズでのぞいてみませんか。


2020年【ドローン】おすすめ23選|コスパ? 高性能? 価格帯別に厳選!

2020年【ドローン】おすすめ23選|コスパ? 高性能? 価格帯別に厳選!

空からの撮影シーンで大活躍のドローン。この記事では、ジャイロ・FPV機能・連続飛行時間などドローンの選び方のポイントを解説。あわせて、フォトグラファー・瀬川陣市さんと編集部が選ぶ価格帯別おすすめ商品23選と、ランキングTOP5をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【2020年版】ニコン望遠レンズおすすめ12選|一眼レフ純正レンズ・サードパーティレンズを紹介

【2020年版】ニコン望遠レンズおすすめ12選|一眼レフ純正レンズ・サードパーティレンズを紹介

写真家でカメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、2020年版ニコン望遠レンズ12選をご紹介します。被写体撮影に役立つレンズをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

プロカメラマンの武石 修さんと編集部が選んだ、シグマレンズのおすすめ商品を紹介します。ニコン、キヤノン、ソニーなどの純正レンズではなく、サードパーティの対応レンズとして評価が高いシグマのレンズ。Contemporary、Art、Sportsの3シリーズを中心に、さまざまな機能を搭載したものや、コストパフォーマンスが高い製品が販売されています。レンズ選びの参考にしてください。


フルサイズミラーレスおすすめ6選|メーカーごとの特徴を詳しく解説!

フルサイズミラーレスおすすめ6選|メーカーごとの特徴を詳しく解説!

写真家・カメラ評論家である田中希美男さんに選ぶときのポイントとフルサイズミラーレスカメラのおすすめ6選を紹介してもらいます。フルサイズミラーレスとは、センサーサイズが大きく、高画質なものが撮れるカメラで、本格的な撮影ができます。ミラーレスカメラの市場が盛り上がりを見せており、カメラメーカー各社が続々参入し、フルサイズミラーレス市場は一気に選択肢が広がりました。このように選択肢が増えさらに機能も充実するなかで、いざ買おうと思ったとき、どう選べばいいか悩んでしまいますよね。画素数やレンズ互換性、手ぶれ補正といった機能など、ポイントを押さえてみていきましょう。記事後半にある通販サイトの人気売れ筋ランキングもぜひ参考にしてください。


新着記事


エナジードリンクのおすすめ商品26選|ノンカフェイン商品も紹介!

エナジードリンクのおすすめ商品26選|ノンカフェイン商品も紹介!

仕事や勉強を始めるまえや、気分転換したいときに頼りになるエナジードリンク。ここでは、エナジードリンクについて、フードアナリストの市岡充重さんと編集部で選び方とおすすめ商品26点を調べました。深夜に飲みたい人に向けたものも紹介していますので、ぜひ参考にしてみしてください。


【お家で本格カクテル】バーセットおすすめ9選|初心者でもかんたんに作れる!

【お家で本格カクテル】バーセットおすすめ9選|初心者でもかんたんに作れる!

バーテンダーがかっこよくシェイカーを振っている姿を見て「やってみたい」と憧れを抱いた方も多いのではないでしょうか。本格的なカクテル作りに必要なツールがそろったバーセットがあると、自宅でも手軽にバーテンダー気分を味わうことができます。 この記事では、暮らしスタイリスト・料理家の河野真希さんと編集部が、バーセットの選び方とおすすめ商品をご紹介。


ルーフボックスおすすめ11選| 収納機能だけでなくデザインでも【ルーフバッグタイプも】

ルーフボックスおすすめ11選| 収納機能だけでなくデザインでも【ルーフバッグタイプも】

車の屋根に取り付けてたくさんの荷物を持ち運びができるルーフボックス。キャンプやアウトドアに行く際に便利な収納ツールです。自分の車に取りつけたいと思っても、そのサイズや容量はさまざま。ブランドも異なるのでなかなかすぐには選べません。この記事では、フリーエディター&SUV生活研究家である山崎友貴さんと編集部が選んだ、ルーフボックスのおすすめ商品と選び方をご紹介します。


電子レンジラーメン調理器のおすすめ11選|素材・形状・機能で選ぶ!

電子レンジラーメン調理器のおすすめ11選|素材・形状・機能で選ぶ!

忙しいときや洗いものを増やしたくないときに活躍する「電子レンジラーメン調理器」。この記事では、湯切り穴や目盛り付き、時短できる商品など、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が、おすすめの商品をご紹介。あわせて、電子レンジラーメン調理器の選び方を解説します。


フローラル系アロマオイルおすすめ12選|甘くて、優しい香りで穏やかな時間を過ごそう【注意点も】

フローラル系アロマオイルおすすめ12選|甘くて、優しい香りで穏やかな時間を過ごそう【注意点も】

なにかにつれストレスを感じることが多い日々……。ちょっとしたことでもすぐに落ち込んでしまうこともありますよね。そんなときはアロマオイルの香りでゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがですか? 自分の好きな香りに包まれて、お手軽にリラックスできる空間を手に入れましょう!英国ITEC認定アロマセラピストの中野智美さんと編集部が選んだ、フローラル系アロマオイルおすすめ12選を紹介します。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る