フルサイズ一眼レフおすすめ6選|キヤノンやニコンもご紹介!

フルサイズ一眼レフおすすめ6選|キヤノンやニコンもご紹介!
写真家、カメラ評論家
田中 希美男

多摩美術大学付属多摩芸術学園・写真科卒業。撮影分野は、おもにクルマを中心に人、モノ、料理、風景、スナップ、ファッション、ドキュメントなど被写体を問わない。 ほかに、カメラ雑誌などに新型カメラやレンズのテストのレポート、撮影技法などの解説をする。

写真家でカメラ評論家の田中希美男さんに、おすすめのカメラを6つ選んでもらいました。APS-Cのデジタル一眼レフからステップアップしたい人、本格的な写真撮影をしたい人、そんな方にはフルサイズ一眼レフがおすすめです。それなりの価格はしますが、出来上がった写真を見た時の満足感は何物にも代えがたいでしょう。初心者やアマチュアでもプロのような写真を撮れるのがフルサイズ一眼レフなのです。どんな一眼レフがいいのか悩んでいる方は、選び方やおすすめ商品を参考にしてみてください。


フルサイズ一眼レフの選び方 写真家・カメラ評論家に聞く

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんに、フルサイズ一眼レフを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。フルサイズ一眼レフは各メーカーにそれぞれの特徴があって迷うと思いますので、購入する時の参考にしてくださいね。

NIKON D5 フルサイズ一眼レフ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

画質で選ぶなら、APS-Cよりもイメージセンサーの大きいフルサイズ一眼レフカメラがおすすめ。重量の大きささえ気にならなければ、女性でも簡単に撮影可能です。

フルサイズ一眼レフカメラの魅力を知ろう

写真家、カメラ評論家

同じフルサイズ判のカメラでもミラーレスに比べると、一眼レフには大きくて重い、メカニズムが複雑、作動音が大きい、などのデメリットがあります。しかし、そうしたデメリットをメリットとして考えることも可能。

大きく重いカメラは安定感があり、大型レンズ(とくに望遠レンズ)と組み合わせたときのホールディングバランスもよくなります。複雑なメカニズムや作動音は、撮影しているときの安心感と確実性に。「写しているぞ」「撮ったぞ」というカメラからのメッセージが、ダイレクトに伝わってきます。これこそが一眼レフカメラの大きな魅力なのだ、と断言する人も多いです。

もう1つは光学ファインダーの視認性です。もしカメラとレンズが目の延長だとすれば、一眼レフの光学ファインダーは被写体をダイレクトに見続けながら構図を選び、シャッターチャンスを決めて撮影できる魅力もあります。一眼レフカメラの機構も操作系も、フィルムカメラの時代から何十年も改良を重ねて成熟したカメラスタイルと言えるでしょう。ミラーレスカメラに比べ交換レンズの豊富さも、一眼レフカメラの魅力です。

キヤノン『EOS-1D X Mark II』

ニコンD5と並び世界最高級のスペック。風格漂うフルサイズ一眼レフカメラです。

>> Amazonで詳細を見る

フルサイズ判の良さ

写真家、カメラ評論家

フルサイズ判センサーを使ったカメラのメリットは、一眼レフもミラーレスも同じですが、APS-C判やマイクロフォーサーズ判のカメラに比べて高感度での画質がいいことです。

もし、センサーを構成する一つひとつの画素サイズを同じにすれば、センサーサイズが大きくなるほど画素数を多く配置できます。画素数が多いことの利点は、解像力のアップです。

逆にフルサイズ判、APS-C判、マイクロフォーサーズ判すべてを同じ2000万画素にすれば、フルサイズ判の画素サイズが一番大きくなります。画素サイズが大きい利点は、高ISO感度でのノイズの少なさです。高感度で高画質にこだわりたい方はフルサイズ判を選ぶといいでしょう。

高画素と高感度どっちを選ぶか

写真家、カメラ評論家

フルサイズ判カメラには大別すると、約5000万画素といった画素数の多い「高解像度型」と、約2500万画素ぐらいの画素数の「高感度型」の2タイプがあります。

高解像度型は画素サイズ(画素ピッチ)が小さくなって高ISO感度でノイズが目立つデメリットはありますが、画素数が多くなるので解像力は向上。じっくりと低ISO感度で撮影することの多い風景写真や商品撮影をする人には、高解像度型のフルサイズ判カメラがおすすめです。

高感度型は高解像型に比べて画素サイズが大きく光をたっぷりと受けることができるので、暗いシーンでISO感度をアップしてもそれほどノイズが気になりません。じゅうぶんな光量のない室内や夜に速いシャッタースピードで撮影する機会が多い人には、高感度型のフルサイズ判カメラがおすすめです。

ニコン『D850』

白黒フィルムやネガカラーフィルムを高画素のデジタル画像に変換する「ネガフィルムデジタイズ」機能をもつ唯一の機種。

>> Amazonで詳細を見る

フルサイズ一眼レフのおすすめ6選 写真家・カメラ評論家が厳選

上で紹介したフルサイズ一眼レフの選び方のポイントをふまえて、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

フルサイズ一眼レフは高価ですが、そのぶん長く愛用できるカメラですので、それぞれの特徴や違いを踏まえてお気に入りの商品を選んでくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『EOS-1D X Mark II』

キヤノン『EOS-1DXMarkII』 キヤノン『EOS-1DXMarkII』 キヤノン『EOS-1DXMarkII』 キヤノン『EOS-1DXMarkII』 キヤノン『EOS-1DXMarkII』 キヤノン『EOS-1DXMarkII』 キヤノン『EOS-1DXMarkII』 キヤノン『EOS-1DXMarkII』 キヤノン『EOS-1DXMarkII』 キヤノン『EOS-1DXMarkII』 キヤノン『EOS-1DXMarkII』

出典:Amazon

重さ 約1,340g(本体のみ)
サイズ 約158.0×167.6×82.6mm
有効画素数 約2,020万画素
連続撮影速度 高速:最高約14.0コマ/秒(ファインダー撮影時)・最高約16.0コマ/秒(ライブビュー撮影時)、低速:約3.0コマ/秒
最低/最高撮影感度 ISO100~51,200、L(ISO50相当)~H3(ISO409,600相当)の感度拡張可
シャッタースピード 1/8,000~30秒

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

世界最高級のフルサイズ一眼レフ

キヤノン一眼レフEOSシリーズのフラッグシップ機。報道、スポーツや野生動物など、悪条件で撮影する機会の多いプロカメラマンのために企画・開発された機種です。ニコンのD5と並んで世界最高級の一眼レフカメラと言ってもいいでしょう。

光学ファインダーを覗きながら最高約14コマ/秒で撮影が可能で、ミラー振動制御システムによりシャッターショックを大幅に軽減させています。また、ミラーアップしたライブビュー撮影では最高16コマ/秒の高速連写も可能。最高感度はISO409600まで設定可能です。

各種撮影モードも、実にきめ細かく設定できます。重くても大きくてもいいから、多少乱暴に扱っても壊れず確実に撮影が続けられるカメラを希望する人にはなくてはならない機種のひとつ。「立派なカメラですねえ」と褒められたい人にもおすすめのカメラです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『EOS 6D Mark II』

キヤノン『EOS6DMarkII』 キヤノン『EOS6DMarkII』 キヤノン『EOS6DMarkII』 キヤノン『EOS6DMarkII』 キヤノン『EOS6DMarkII』 キヤノン『EOS6DMarkII』 キヤノン『EOS6DMarkII』

出典:Amazon

重さ 約685g(本体のみ)
サイズ 144.0×110.5×74.8mm
有効画素数 約2,620万画素
連続撮影速度 高速:最高約6.5コマ/秒、低速:最高約3.0コマ/秒
最低/最高撮影感度 ISO100~40,000、上限設定・感度拡張可
シャッタースピード 1/4,000~30秒

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

手軽に買える小さくて軽いフルサイズ一眼レフ

現行のキヤノンのフルサイズ判一眼レフシリーズのなかではもっとも低価格な機種で、EOSシリーズ、フルサイズ判、低価格、軽量の4条件を満たす唯一の一眼レフカメラです。

ミラーレスカメラの小型軽量さにはおよびませんが、フルサイズ判一眼レフとしては小さく(幅は約14センチ)軽量(バッテリー込みで約750グラム)。このカメラボディに小型軽量なズームレンズと組み合わせればAPS-C判一眼レフ並のカメラとして使えます。

撮影機能も性能もじゅうぶんです。液晶モニターはバリアングル式なので自撮りもできますし、BluetoothとWi-Fiも内蔵しているのでスマホなどと一緒に使えます。できるだけ低価格なフルサイズ判一眼を探しているなら、このカメラがおすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ニコン『D5』

ニコン『D5』 ニコン『D5』 ニコン『D5』 ニコン『D5』 ニコン『D5』 ニコン『D5』 ニコン『D5』 ニコン『D5』 ニコン『D5』 ニコン『D5』

出典:Amazon

重さ XQDカード対応機種:約1,235g(本体のみ)、CFカード対応機種:約1,240g(本体のみ)
サイズ 160.0×158.5×92.0mm
有効画素数 2,082万画素
連続撮影速度 高速:約10~12コマ/秒・約14コマ/秒(ミラーアップ)、低速:約1~10コマ/秒
最低/最高撮影感度 ISO50~3,280,000、減感・増感・感度自動制御可
シャッタースピード 1/8,000~30秒

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

プロカメラマン向けの最高級フルサイズ一眼レフ

キヤノンのEOS-1D X Mark IIと並ぶ、世界最高級の一眼レフカメラ。カメラスタイルはバッテリーグリップ部を一体化した大きなサイズです。報道やスポーツ、野生動物など、過酷な環境で撮影する機会の多いプロカメラマン向けの機種と言えます。

ニコンの一眼レフカメラ作りの豊富な経験と実績に加え、新しい操作系も取り入れてプロが使いやすいようにつくられたカメラですが、このカメラを選ぶときに注意点がひとつあります。撮影画像を使用する記録カードは2スロットタイプですが、SDカードが非対応でXQDカードまたはCFカードしか使えません。そのため、購入する前にどちらの記録カードのモデルにするか決める必要があります。D5の備わっている機能や性能を最大限に発揮させて使うなら、XQDカードのモデルのほうでしょう。

いずれにしても、持っているだけで自慢できるカメラです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ニコン『D850』

ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』 ニコン『D850』

出典:Amazon

重さ 約915g(本体のみ)
サイズ 約146.0×124.0×78.5mm
有効画素数 4,575万画素
連続撮影速度 CL:約1~6コマ/秒、CH:約7コマ/秒、QC:約3コマ/秒(EN-EL15a使用時ほか)
最低/最高撮影感度 ISO64~25,600、減感・増感・感度自動制御可
シャッタースピード 1/8,000~30秒

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

人気と実力で評価の高いフルサイズ一眼レフ

ニコンのフルサイズ判一眼レフのなかでD5が別格とすれば、D850がシリーズでは人気・実力ともにトップ。たいへんに評判のいいカメラで、世界中で数々の賞を受けています。

画質、操作性、機能、信頼性のどれをとっても高得点が与えられる完成度の高いカメラです。画素数も4575万画素、最高感度はISO25600、最高約7コマ/秒の高速連写などなど優れたパフォーマンスを備えています。

もしD850の魅力をひとつだけあげるならば、私は迷わず「ネガフィルムデジタイズ」の機能を推します。黒白フィルムやネガカラーフィルムを実に容易かつスピーディーに高画素のデジタル画像に変換するもので、他社のカメラにはこんな便利な機能をもったカメラは一台もありません。私はその機能があるがためにD850を入手してしまったぐらいです。そんな機能は必要ないという人でも、このカメラは「性能充実実力派」なのでおすすめしたい逸品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ペンタックス『PENTAX K-1 Mark II』

ペンタックス『PENTAXK-1MarkII』 ペンタックス『PENTAXK-1MarkII』 ペンタックス『PENTAXK-1MarkII』 ペンタックス『PENTAXK-1MarkII』 ペンタックス『PENTAXK-1MarkII』 ペンタックス『PENTAXK-1MarkII』 ペンタックス『PENTAXK-1MarkII』 ペンタックス『PENTAXK-1MarkII』 ペンタックス『PENTAXK-1MarkII』 ペンタックス『PENTAXK-1MarkII』

出典:Amazon

重さ 約925g(本体のみ)
サイズ 約136.5×110.0×85.5mm
有効画素数 3,640万画素
連続撮影速度 最高約0.7~4.4コマ/秒
最低/最高撮影感度 ISO100~819,200、感度優先モードあり
シャッタースピード 1/8,000~30秒

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

古いレンズも使えるフルサイズ一眼レフ

ペンタックスにとって、フルサイズ判一眼レフは長年の夢でした。数年前にペンタックス初のフルサイズ判「K-1」がようやく発売。初のフルサイズ判カメラとしてはたいへんに完成度が高く、ペンタックスの一眼レフらしいこまやかな気配りのされたカメラでした。

そのK-1をベースにして、さらにブラッシュアップされたのがK-1 Mark IIで、高感度の画質がよくなったことのほか、リアルレゾリューションシステムも搭載。これは画素ズラしによる多重露出によって高画質が得られる撮影モードのことです。

従来のK-1では三脚が必須でしたが、K-1 Mark IIでは手持ちでも撮影ができるようになりました。ペンタックスには、フィルムカメラの時代からたくさんの交換レンズがあります。そうした古いレンズでも、新しいレンズと同じように、K-1 Mark IIのボディ内手ぶれ補正を生かして撮影が楽しむことが可能な隠れた名機。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニー『α99 II』

重さ 約770g(本体のみ)
サイズ 約142.6×104.2×76.1mm
有効画素数 約4,240万画素
連続撮影速度 Hi+時:最高約12コマ/秒、Hi時:最高約8コマ/秒、Mid時:最高約6コマ/秒、Lo時:最高約4コマ/時
最低/最高撮影感度 ISO100~25,600、下限(ISO50)~上限(ISO102,400)の感度拡張可
シャッタースピード 1/8,000~30秒

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

ひと味違ったカメラがほしい人向き

このα99 IIは、一見すると一眼レフのようなスタイルですが、厳密に言えば一眼レフカメラのカテゴリーには入りません。従来の概念で言えば、一眼レフは可動ミラーとペンタプリズム、そして光学ファインダーを備えたカメラということになりますが、α99 IIのミラーは固定式、ペンタプリズムも光学ファインダーも備わっていません。

α99 IIは、トランスルーセントミラーテクノロジーという、ソニー独自の機構を備えた一眼レフカメラであり、ミラーは半透明になっていて、レンズを通ってミラーに届いた像は撮像センサーとカメラ上部にある電子ビューファインダー機構の方向に二分されます。

大きなミラーが稼動しないのでミラーショックがないという利点のほか、旧ミノルタカメラ時代からの一眼レフカメラ用の交換レンズがそっくりそのまま使えるという利点もあり、他人とはひと味違ったカメラを使いたい、持ちたいという人におすすめ。

「フルサイズ一眼レフ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
キヤノン『EOS-1D X Mark II』
キヤノン『EOS 6D Mark II』
ニコン『D5』
ニコン『D850』
ペンタックス『PENTAX K-1 Mark II』
ソニー『α99 II』
商品名 キヤノン『EOS-1D X Mark II』 キヤノン『EOS 6D Mark II』 ニコン『D5』 ニコン『D850』 ペンタックス『PENTAX K-1 Mark II』 ソニー『α99 II』
商品情報
特徴 世界最高級のフルサイズ一眼レフ 手軽に買える小さくて軽いフルサイズ一眼レフ プロカメラマン向けの最高級フルサイズ一眼レフ 人気と実力で評価の高いフルサイズ一眼レフ 古いレンズも使えるフルサイズ一眼レフ ひと味違ったカメラがほしい人向き
重さ 約1,340g(本体のみ) 約685g(本体のみ) XQDカード対応機種:約1,235g(本体のみ)、CFカード対応機種:約1,240g(本体のみ) 約915g(本体のみ) 約925g(本体のみ) 約770g(本体のみ)
サイズ 約158.0×167.6×82.6mm 144.0×110.5×74.8mm 160.0×158.5×92.0mm 約146.0×124.0×78.5mm 約136.5×110.0×85.5mm 約142.6×104.2×76.1mm
有効画素数 約2,020万画素 約2,620万画素 2,082万画素 4,575万画素 3,640万画素 約4,240万画素
連続撮影速度 高速:最高約14.0コマ/秒(ファインダー撮影時)・最高約16.0コマ/秒(ライブビュー撮影時)、低速:約3.0コマ/秒 高速:最高約6.5コマ/秒、低速:最高約3.0コマ/秒 高速:約10~12コマ/秒・約14コマ/秒(ミラーアップ)、低速:約1~10コマ/秒 CL:約1~6コマ/秒、CH:約7コマ/秒、QC:約3コマ/秒(EN-EL15a使用時ほか) 最高約0.7~4.4コマ/秒 Hi+時:最高約12コマ/秒、Hi時:最高約8コマ/秒、Mid時:最高約6コマ/秒、Lo時:最高約4コマ/時
最低/最高撮影感度 ISO100~51,200、L(ISO50相当)~H3(ISO409,600相当)の感度拡張可 ISO100~40,000、上限設定・感度拡張可 ISO50~3,280,000、減感・増感・感度自動制御可 ISO64~25,600、減感・増感・感度自動制御可 ISO100~819,200、感度優先モードあり ISO100~25,600、下限(ISO50)~上限(ISO102,400)の感度拡張可
シャッタースピード 1/8,000~30秒 1/4,000~30秒 1/8,000~30秒 1/8,000~30秒 1/8,000~30秒 1/8,000~30秒
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

フルサイズ一眼レフ選びに迷ったら 写真家・カメラ評論家からのアドバイス

写真家、カメラ評論家

交換レンズの豊富さでフルサイズ判一眼レフを選ぶ

一眼レフ、ミラーレス、フルサイズ判、APS-C判にかかわらず、レンズ交換式カメラにとっては、使用可能なレンズこそもっとも重要かつ必須のシステムアクセサリーです。交換レンズの種類の多さという点では、文句なしにフルサイズ判一眼レフカメラがおすすめ。

フィルムカメラ時代の交換レンズが使えるカメラなら、なおさらレンズバリエーションは広がります。同じ一眼レフカメラでもAPS-C判では交換レンズの種類はだいぶ少なくなりますし、ミラーレスカメラは一眼レフに比べてまだ歴史も浅く、そのぶん交換レンズのバリエーションに物足りないところも。

交換レンズの種類の多さだけでなく、フルサイズ判一眼レフには多種多様なカメラアクセサリー類が充実。そうした周辺機器のなかには、撮影目的によっては大変に役立つものもたくさんあります。カメラボディだけでなく、専用のアクセサリー類がどれだけそろっているかをチェックしておくことも大切です。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/2/6 タイトル修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

※2020/04/16 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


初心者向けミラーレス一眼のおすすめ10選|写真家が選び方を直伝

初心者向けミラーレス一眼のおすすめ10選|写真家が選び方を直伝

写真家の藤井智弘さんに、カメラ初心者向けミラーレス一眼の選び方とおすすめ商品をうかがいました。普段はスマートフォンで写真をよく撮るけど、もっとキレイに撮りたい、という方におすすめなのがミラーレス一眼。スマホやコンパクトデジカメよりもセンサーサイズが大きく、高画質でボケのある写真も撮れます。最近ではコンパクトでおしゃれなものや、Wi-Fiなどでスマホとも連携できるものもあるので、スマホからのステップアップにぴったりです。この記事を参考に、どんな撮影をしたいのか、どんなデザインが好みなのかをよく吟味して、自分の使い方にあったミラーレス一眼をみつけてください。通販サイトの人気売れ筋ランキングもご参考に!


写真家が厳選【マクロレンズ】おすすめ5選|プロに聞く商品の選び方

写真家が厳選【マクロレンズ】おすすめ5選|プロに聞く商品の選び方

一眼レフでの撮影の際、花や昆虫など小さなものを拡大して撮影できるマクロレンズ。標準レンズや望遠レンズでは見られないような美しい景色を切り取ることができるので、カメラ好きなら興味をもったことがある人は多いでしょう。しかし、マクロレンズは性能もこまかく違うため、どれを買おうか悩む場合が多いのではないでしょうか。そこで、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんにお話をうかがい、マクロレンズの選び方とおすすめレンズをご紹介いたします。まだ見たことがない世界を最適なマクロレンズでのぞいてみませんか。


2020年【ドローン】おすすめ23選|コスパ? 高性能? 価格帯別に厳選!

2020年【ドローン】おすすめ23選|コスパ? 高性能? 価格帯別に厳選!

空からの撮影シーンで大活躍のドローン。この記事では、ジャイロ・FPV機能・連続飛行時間などドローンの選び方のポイントを解説。あわせて、フォトグラファー・瀬川陣市さんと編集部が選ぶ価格帯別おすすめ商品23選と、ランキングTOP5をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【2020年版】ニコン望遠レンズおすすめ12選|一眼レフ純正レンズ・サードパーティレンズを紹介

【2020年版】ニコン望遠レンズおすすめ12選|一眼レフ純正レンズ・サードパーティレンズを紹介

写真家でカメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、2020年版ニコン望遠レンズ12選をご紹介します。被写体撮影に役立つレンズをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

プロカメラマンの武石 修さんと編集部が選んだ、シグマレンズのおすすめ商品を紹介します。ニコン、キヤノン、ソニーなどの純正レンズではなく、サードパーティの対応レンズとして評価が高いシグマのレンズ。Contemporary、Art、Sportsの3シリーズを中心に、さまざまな機能を搭載したものや、コストパフォーマンスが高い製品が販売されています。レンズ選びの参考にしてください。


新着記事


哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学とはなにか? という基本中の基本から解説してくれる哲学の入門書ですが、内容や難易度は本によって異なります。そこで本記事では、イラストや図入りで説明しているわかりやすい本など、司書教諭・学芸員のyokoさんと編集部が選んだおすすめの哲学初心者向け入門書12選と選び方を紹介します。


2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

ハンコン(ハンドルコントローラー)は、実際に車を運転している雰囲気を楽しめるアイテム。本物と同様の振動機能や素材、ハンドルの重さなどをダイレクトに感じることで、ゲームとは思えない臨場感が味わえます。本記事ではゲームライター・芦田おさむしさんと編集部が選んだおすすめ12選をご紹介します。


【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

バイクでのツーリング中に、仲間と会話をするための道具であるバイクインカム。高音質で防水機能のものや、音楽が聴けるもの、グループ通話ができるものなども販売されています。この記事では、モーターサイクルジャーナリストの野岸"ねぎ"泰之さんと編集部が、バイク用インカムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

自宅でお茶を飲むときにティーマットを使用したことはありますか? ティーマットを敷くことで見た目が華やかになることはもちろん、「テーブルの汚れ・傷を防ぐ」というメリットもあります。ランチョンマットよりもコンパクトで、デザインもかわいいものからシンプルなもの。この記事では、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が選んだおすすめのティーマットを紹介します


パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

アウトドアや災害時に活躍するパラコード。テント設営や登山の命綱、さらにはもの干しロープや靴紐にと、さまざまな用途に使える汎用性の高いロープです。最近ではアクセサリーの材料として使う人も増えています。そんなパラコードを購入するとなると、商品によって長さ、太さ、素材、内芯の数などに違いがあるので選ぶのがなかなか大変。この記事では、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る