フルサイズミラーレスおすすめ6選|メーカーごとの特徴を詳しく解説!

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS R ボディー EOSR
出典:Amazon
写真家、カメラ評論家
田中 希美男

多摩美術大学付属多摩芸術学園・写真科卒業。撮影分野は、おもにクルマを中心に人、モノ、料理、風景、スナップ、ファッション、ドキュメントなど被写体を問わない。 ほかに、カメラ雑誌などに新型カメラやレンズのテストのレポート、撮影技法などの解説をする。

写真家・カメラ評論家である田中希美男さんに選ぶときのポイントとフルサイズミラーレスカメラのおすすめ6選を紹介してもらいます。フルサイズミラーレスとは、センサーサイズが大きく、高画質なものが撮れるカメラで、本格的な撮影ができます。ミラーレスカメラの市場が盛り上がりを見せており、カメラメーカー各社が続々参入し、フルサイズミラーレス市場は一気に選択肢が広がりました。このように選択肢が増えさらに機能も充実するなかで、いざ買おうと思ったとき、どう選べばいいか悩んでしまいますよね。画素数やレンズ互換性、手ぶれ補正といった機能など、ポイントを押さえてみていきましょう。記事後半にある通販サイトの人気売れ筋ランキングもぜひ参考にしてください。


フルサイズミラーレスの選び方 写真家・カメラ評論家が解説!

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんに、フルサイズミラーレスを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。価格はやや落ち着いてきたとはいえ、フルサイズミラーレスは高価な買い物です。重要なポイントをしっかりおさえて自分に合った商品を選びましょう。

フルサイズミラーレス一眼Canon『EOS R』ボディ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

フルサイズミラーレス市場は、現在パイオニアとして参入したソニーに対し、その後を追うのがキヤノンとニコンという三つ巴の構図です。ソニーに対し、キヤノンとニコンはレンズの豊富さで対抗しています。

画素数で選ぶ

Canon(キヤノン)『EOS R』

約3030万画素の高画素タイプの商品。しかも最新型映像エンジンのDIGIC 8とデュアルピクセルCMOSセンサーで高解像、高感度、高速化を追求。また、レンズの互換性も大きなポイント。新たに開発したRFマウントを採用し、フォーカス精度のレベルアップを実現。

>> Amazonで詳細を見る

写真家、カメラ評論家

画素数が多いほど解像力にすぐれ描写できる

フルサイズミラーレスのイメージセンサーは、2000万画素クラスから4000万画素以上まで画素数に幅があります。画素数が多いほど解像力にすぐれ、細部のディテールまでしっかりと描写できることが最大の利点。しかし、高画素になるほど画像1枚あたりのファイルサイズも大きくなり、撮影時にはじゅうぶんに余裕のあるメモリーカードも必要です。ストレスなく画像処理しようとするとそれなりの高性能なパソコンが必要となります。

逆に、2000万画素程度の画素数になると画像の取り扱いや画像処理、高速連写での撮影などが相当に軽快になります。画質については、フルサイズ判センサーで2000万画素ぐらいあれば、一般に使用するぶんには不満を感じません。

風景や商品撮影などより微細な描写を最優先したい人には4000万画素以上を、そのような必要がなく手軽にフルサイズで撮影を楽しみたい人には2000万画素クラスのカメラを選ぶのがいいでしょう。

交換レンズの「ラインナップ数」とレンズの「互換性」で選ぶ

SONY(ソニー)『α7 III(ILCE-7M3)』

ボディ内にすぐれた手ぶれ補正機能、最高ISOは204800の高感度。交換レンズもバラエティに富んでいる。

>> Amazonで詳細を見る

写真家、カメラ評論家

レンズの互換性とラインナップも重要な確認事項

フルサイズ判一眼レフカメラ用の交換レンズ数にくらべると、ミラーレスカメラ専用の交換レンズの数はだいぶ少ないのが現状です。それを補うためにマウントアダプターがあります。そのアダプターを利用することで、一眼レフ用の交換レンズの性能をほぼ保ったままミラーレスカメラに使用することができます。

ニコンやキヤノンなどの一眼レフユーザーは、そのレンズをミラーレスカメラにも使えるという利点があります。ソニーのカメラにもマウントアダプターはありますが、もともと専用交換レンズのラインナップも豊富なうえに、サードパーティ製の交換レンズも多くあるのが特長です。

パナソニックとシグマ、ライカは「Lマウントアライアンス」に賛同していてお互いの交換レンズに互換性があり、さらに多数のレンズをそろえているシグマの交換レンズも使用できるというメリットがあります。

連写性能、高感度性能、手ぶれ補正機能などにも注目

写真家、カメラ評論家

手持ちで撮る際の強い味方が高感度・手ぶれ補正機能

高速連写にすぐれているほど、動きのある被写体を確実に写し止めることが可能です。ただし撮影コマ速度だけではなく、AF/AE(自動焦点/自動露出)の機能を活かしながらの最高の連写速度はどのくらいか、最大何コマまで連写可能なのかもチェックしておきましょう。

一般的に画素数が少ないほど、画素数の多いカメラにくらべて高ISO感度の画質は良好です。暗いシーンでの撮影をする機会がある人には、高感度での画質がよい機種を選ぶのがいいでしょう。高画素数のカメラは低感度を選んでじっくりと高画質な画像を撮影する人におすすめです。

いつも三脚を使って撮影するという人は手ぶれ補正の機能にこだわる必要はありません。しかし手持ち撮影をする機会が多い人には、ボディ内、レンズ内にかかわらず手ぶれ補正の機能があるかどうかは重要なチェックポイントです。使用するレンズの種類を選ばないという点でボディ内手ぶれ補正のカメラのほうに優位性があります。

フルサイズミラーレスおすすめ6選 写真家が厳選!

ここからは、プロの選んだフルサイズミラーのおすすめ商品をご紹介していきます。選び方のポイントであがった特徴をもつ機種が紹介されています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Nikon(ニコン)『Z7』

Nikon(ニコン)『Z7』

出典:Amazon

有効画素数 4575万画素
本体サイズ/本体重量 幅134×高さ100.5×奥行67.5mm/約585g
連写速度 高速連続撮影(拡張):約9コマ/秒
連写可能枚数 JPEGラージ・FINE:25コマ/非圧縮RAW14bit:18コマ
ISO感度 ISO64~25600
手ぶれ補正機能の有無

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

高画素で高速連写可能なトップクラスのモデル

ニコンのフルサイズ判ミラーレスでは最高クラスのカメラ。画素数は4575万画素もあり、このクラスのカメラとしてもトップクラスです。高画素ながら最高約9コマ/秒の高速連写が可能。動画機能も4K動画のほか、フルHDで120p(pはプログレッシブ、順次走査)のスローモーション動画、動画撮影時にはすぐれた手ぶれ補正(約5段分のボディ内手ぶれ補正と電子式手ぶれ補正のハイブリッドVR)も働きます。撮影画角の約90%をカバーするAFポイントを使って高速で確実なピント合わせが可能です。

カメラボディはマグネシウム合金を使用して頑丈に仕上げられ、シャッターの耐久性や防塵防滴性などニコンの高級一眼レフカメラと同等。専用マウントアダプターを介すれば、一眼レフ用のFマウントレンズを使用できます。耐久性と高画質を求めるハイエンドユーザーにおすすめのミラーレスです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Canon(キヤノン)『EOS R』

Canon(キヤノン)『EOSR』

出典:Amazon

有効画素数 約3030万画素
本体サイズ/本体重量 約幅135.8×高さ98.3×奥行84.4mm/約580g
連写速度 最高約8.0コマ/秒
連写可能枚数 JPEGラージ・ファイン:約100枚/RAW:約34枚/RAW+JPEGラージ・ファイン:約34枚
ISO感度 ISO100~40000
手ぶれ補正機能の有無 ×

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

新型画像エンジンで高解像力! 作画意識の高い人に

キヤノン初のフルサイズ判のレンズ交換式ミラーレスカメラです。イメージセンサー画素数は約3030万画素の高画素タイプですが、最高感度はISO40000まで設定が可能。最新型映像エンジンのDIGIC 8により高解像力、高画質の画像が得られ、そしてデュアルピクセルCMOSセンサーによる高速AF性能も大きな特長です。できるだけ軽量な撮影機材を使って、風景などをきめこまかく描写し撮影したいという作画意識の高い人におすすめです。

2018年10月に発売されたばかりで専用の交換レンズなどのラインナップは少ないですが、マウントアダプターを使えば従来のEOS一眼レフ用の豊富な交換レンズと完全互換性があります。現在フルサイズ判のEOS一眼レフカメラを使っている人におすすめしたいミラーレスカメラのひとつです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『α7 III(ILCE-7M3)』

SONY(ソニー)『α7III(ILCE-7M3)』

出典:Amazon

有効画素数 約2420万画素
本体サイズ/本体重量 幅126.9×高さ95.6×奥行62.7mm/約565g
連写速度 Hi+:最高約10コマ/秒、Hi:最高約8コマ/秒
連写可能枚数 JPEGラージ・ファイン:約172枚/非圧縮RAW:約40枚
ISO感度 ISO100~51200
手ぶれ補正機能の有無

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

先行機だけにユーザー数や互換レンズともに多い

フルサイズ判ミラーレスの先駆者でもあるソニーの、人気のある機種です。使用するユーザー数の多さもフルサイズ判ミラーレスのなかではトップクラス。そのためソニー製の専用交換レンズだけではなく、互換性のあるサードパーティ製の交換レンズの種類も多くバラエティに富んでいます。

ボディ内にはすぐれた手ぶれ補正の機能を備えています。画素数は2420万画素ありじゅうぶんな高画質が得られ、最高ISO204800もの高感度で撮影が可能で、約10コマ/秒の高速連写ができます。あらゆる撮影シーンでストレスなくすぐれた画質の写真を確実に撮りたい人におすすめ。

いっぽう、カメラ基本性能は共通で画素数が4240万画素もの高画質タイプの「α7R III(ILCE-7RM3)」もあります。こちらは、じっくりとカメラを構えて風景などを撮影したい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Canon(キヤノン)『EOS RP』

Canon(キヤノン)『EOSRP』

出典:Amazon

有効画素数 約2620万画素
本体サイズ/本体重量 幅132.5×高さ85.0×奥行70.0mm/約440g
連写速度 最高約5.0コマ/秒
連写可能枚数 JPEGラージ・ファイン:カードの空き容量すべて/RAW:約50枚/RAW+JPEGラージ・ファイン:約42枚
ISO感度 ISO100~40000
手ぶれ補正機能の有無 ×

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

フルサイズで軽量小型! リーズナブルな価格も魅力

フルサイズ判ミラーレスとしてはたいへんにコンパクト軽量で、誰もが扱いやすい操作性と撮影機能を備えたカメラです。はじめてミラーレスカメラにチャレンジしてみたい、わかりやすいカメラ操作で画質のよい写真を写したい、できるだけ小型で軽いカメラがいい、より少ない予算でフルサイズ判ミラーレスがほしい、そんな人にはイチ押ししたいカメラです。

画素数は2620万画素ありじゅうぶんな高画質写真が得られます。最高ISO感度はISO40000までで、非常に暗いシーンでも的確にピントを合わせられるAF機能も装備。専用レンズのRF35mmF1.8のマクロレンズやRF24-240mmズームレンズとセットのキットモデルも販売されていて、それぞれ個別に購入するよりも少し安い価格になっています。はじめての人にはこちらがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-S1』

Panasonic(パナソニック)『LUMIXDC-S1』

出典:Amazon

有効画素数 2420万画素
本体サイズ/本体重量 約幅148.9×高さ110×奥行96.7mm/約899g
連写速度 (メカシャッター、電子先幕時)高速(H): 約9コマ/秒(AFS/MF時) 、約6コマ/秒(AFC時)
連写可能枚数 JPEG連写:999枚以上/RAW連写:90枚以上/RAW+JPEG連写:70枚以上
ISO感度 ISO100~204800
手ぶれ補正機能の有無

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

撮影シーンを選ばないオールマイティなカメラ

フルサイズ判で5軸手ぶれ補正を内蔵させたミラーレスカメラです。画素数が2420万画素、最高感度はISO204800、最高9コマ/秒の高速連写などすぐれた撮影機能を備えています。撮影シーンを選ばないオールマイティなカメラです。パナソニックのフルサイズ判ミラーレスには、カメラボディや基本性能はほぼ同じで画素数が4730万画素もある「DC-S1R」も同時に発売されました。そちらはより高画質な写真を求める人におすすめ。

両機種ともライカやシグマと3社共同で「Lマウントアライアンス」をスタートさせ、それを前提に設計、開発されたカメラです。3社それぞれのカメラとレンズに完全互換性をもたせているので、「S1」も「S1R」もライカやシグマがラインナップしているLマウントレンズを使用して撮影ができますし、今後のシステム展開も楽しみなカメラです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LEICA(ライカ)『SL(TYP601)』

【あす楽】【中古】《美品》LeicaSL(Typ601)【ライカカメラジャパンにてセンサークリーニング/EVF内清掃/各部点検済】[デジタルカメラ] 【あす楽】【中古】《美品》LeicaSL(Typ601)【ライカカメラジャパンにてセンサークリーニング/EVF内清掃/各部点検済】[デジタルカメラ] 【あす楽】【中古】《美品》LeicaSL(Typ601)【ライカカメラジャパンにてセンサークリーニング/EVF内清掃/各部点検済】[デジタルカメラ]

出典:楽天市場

有効画素数 2400万画素
本体サイズ/本体重量 幅147×高さ104×奥行39mm/771g
連写速度 高速約11コマ/秒、中速約7コマ/秒(AF/AE/WBなし)
連写可能枚数 RAW連写:33枚/RAW+JPEG連写:30枚
ISO感度 ISO50~50000
手ぶれ補正機能の有無 ×

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

高速連写・ハイスピード動画にも対応した高級機

ライカ初の本格的なフルサイズ判ミラーレスカメラ。他社のフルサイズ判ミラーレスにくらべるとやや大きなボディサイズですが、ソリッドでシンプルなデザインで高級感にあふれています。画素数は2400万画素で最高約11コマ/秒の高速連写が可能で、4K動画やフルHDで120fps(フレーム/秒)のハイスピード撮影もできます。AFは49点の測距ポイントを備え、AFスピードも高速。モニター画面でのタッチAF、被写体を追い続けながらの追尾AF、顔を認識してAFする機能なども備わっています。

交換レンズについては専用のSLレンズのほか、「Lマウントアライアンス」に参加しているシグマやパナソニックの交換レンズが使用可能。あるいはマウントアダプターを利用することで、豊富なラインナップのあるMシステムやRシステムなどの交換レンズも使用できます。人とはひと味違った高級カメラで撮影したい人にはイチ押ししたいカメラです。

「フルサイズミラーレス」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Nikon(ニコン)『Z7』
Canon(キヤノン)『EOS R』
SONY(ソニー)『α7 III(ILCE-7M3)』
Canon(キヤノン)『EOS RP』
Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-S1』
LEICA(ライカ)『SL(TYP601)』
商品名 Nikon(ニコン)『Z7』 Canon(キヤノン)『EOS R』 SONY(ソニー)『α7 III(ILCE-7M3)』 Canon(キヤノン)『EOS RP』 Panasonic(パナソニック)『LUMIX DC-S1』 LEICA(ライカ)『SL(TYP601)』
商品情報
特徴 高画素で高速連写可能なトップクラスのモデル 新型画像エンジンで高解像力! 作画意識の高い人に 先行機だけにユーザー数や互換レンズともに多い フルサイズで軽量小型! リーズナブルな価格も魅力 撮影シーンを選ばないオールマイティなカメラ 高速連写・ハイスピード動画にも対応した高級機
有効画素数 4575万画素 約3030万画素 約2420万画素 約2620万画素 2420万画素 2400万画素
本体サイズ/本体重量 幅134×高さ100.5×奥行67.5mm/約585g 約幅135.8×高さ98.3×奥行84.4mm/約580g 幅126.9×高さ95.6×奥行62.7mm/約565g 幅132.5×高さ85.0×奥行70.0mm/約440g 約幅148.9×高さ110×奥行96.7mm/約899g 幅147×高さ104×奥行39mm/771g
連写速度 高速連続撮影(拡張):約9コマ/秒 最高約8.0コマ/秒 Hi+:最高約10コマ/秒、Hi:最高約8コマ/秒 最高約5.0コマ/秒 (メカシャッター、電子先幕時)高速(H): 約9コマ/秒(AFS/MF時) 、約6コマ/秒(AFC時) 高速約11コマ/秒、中速約7コマ/秒(AF/AE/WBなし)
連写可能枚数 JPEGラージ・FINE:25コマ/非圧縮RAW14bit:18コマ JPEGラージ・ファイン:約100枚/RAW:約34枚/RAW+JPEGラージ・ファイン:約34枚 JPEGラージ・ファイン:約172枚/非圧縮RAW:約40枚 JPEGラージ・ファイン:カードの空き容量すべて/RAW:約50枚/RAW+JPEGラージ・ファイン:約42枚 JPEG連写:999枚以上/RAW連写:90枚以上/RAW+JPEG連写:70枚以上 RAW連写:33枚/RAW+JPEG連写:30枚
ISO感度 ISO64~25600 ISO100~40000 ISO100~51200 ISO100~40000 ISO100~204800 ISO50~50000
手ぶれ補正機能の有無 × × ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月7日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする フルサイズ・ミラーレス一眼の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのフルサイズ・ミラーレス一眼の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ミラーレス一眼 ハイクラスモデルランキング
楽天市場:ミラーレス一眼カメラランキング
Yahoo!ショッピング:フルサイズ ミラーレス ボディランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

写真家・カメラ評論家の「ここがポイント」 フルサイズミラーレスを選ぶときのポイント!

フルサイズミラーレス一眼ニコン『Z7』
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

Nikonの『Z7』。画素数は4575万画素のほか、約5段のボディ内手ぶれ補正を実現。また、4K UHD(3840×2160)/30p動画、フルフレーム撮影可能と、動画だけをとってもプロ仕様。

写真家、カメラ評論家

レンズとの組み合わせで大きさや重さをチェック

当たり前のことですが、レンズ交換式カメラはカメラボディと交換レンズをセットにして撮影します。カメラボディだけの小ささや軽さにばかり注目して選んでも、使用する交換レンズが大きく重ければカメラボディの軽さや小ささの利点は少なくなります。

とくにミラーレスカメラは、一眼レフカメラと比較してコンパクトさや軽さに大きな魅力があります。その魅力を大切にしたカメラ選びをするには、使用する頻度の高い標準的なレンズを選んでから、その「ボディ+レンズ」の重さと大きさをチェックしておくことです。

望遠レンズや広角レンズなどと交換して使うとしても、ふだん持ち運びしたり撮影頻度の高いレンズとの組み合わせ状態を最優先してチェックしておきたいものです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/07/07 コンテンツを一部修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


タムロンの広角レンズおすすめ10選|単焦点とズームレンズを厳選

タムロンの広角レンズおすすめ10選|単焦点とズームレンズを厳選

タムロンをはじめとするレンズメーカーが展開する交換レンズのラインナップには、純正レンズにはない焦点距離をカバーしたものや、すぐれた描写性能のわりに価格が安く設定されているものなど、魅力的な製品がたくさんあります。ここでは、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんが選んだタムロンの広角レンズのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせてご覧ください。


【レンズフィルターケース】おすすめ4選!|フォトグラファーに聞く商品の選び方

【レンズフィルターケース】おすすめ4選!|フォトグラファーに聞く商品の選び方

レンズフィルターを使って写真撮影する人のなかには、レンズフィルターケースの購入を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、レンズフィルターケースといっても、収納枚数や携帯性や取り出し方法など、さまざまな違いがあるので商品選びに悩んでしまいますよね。そこで、フォトグラファーでフォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんにお話をうかがい、レンズフィルターケースの選び方のポイントと注意点を教えていただきました。おすすめの商品も合わせてご紹介いたします!


カメラグリップおすすめ9選【握りやすい・三脚にもなる商品を紹介!】

カメラグリップおすすめ9選【握りやすい・三脚にもなる商品を紹介!】

フォトグラファーの瀬川陣市さんが解説する選び方とカメラグリップのおすすめ商品を紹介します。さまざまな場所で撮影するようになってくると、姿勢を維持することが難しくなってきます。そんなときに役に立つのがカメラグリップ。片手でカメラを支えたり、スティックの先にカメラを固定したりといった無理な姿勢でも、ブレの少ない撮影が可能になります。多くの撮影現場を経験してきたプロが紹介する選び方とおすすめ商品を参考に、ご自身にぴったりなカメラグリップを探してみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|【汚れをサっと落とす】

カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|【汚れをサっと落とす】

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、カメラ用レンズクリーナーの選び方、おすすめ9選を教えてもらいました。レンズクリーナーがあれば、外出先などでカメラのレンズ汚れが気になっても、かんたんに汚れを落とすことができます。効率的なクリーニングのためには、用途に適した商品を選ぶことが大切です。一眼レフなどのカメラの性能を活かすためにもケアは欠かせません。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


魚眼レンズおすすめ11選|キヤノン、ニコン、シグマ、ソニーなど厳選

魚眼レンズおすすめ11選|キヤノン、ニコン、シグマ、ソニーなど厳選

広角レンズのように広範囲の景色を独特な歪みで表現することができる魚眼(フィッシュアイ)レンズ。海の水平線を撮れば地球のような球体状に撮ることができ、犬を撮れば鼻が強調された愛らしい写真が撮れます。いつもとひと味違ったアートな写真を撮りたいなら最適のレンズです。ここでは、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が選んだ魚眼レンズのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


新着記事


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムのひとつ。たくさんの種類のアイテムがあり、カバー力やキープ力などその特徴もさまざまです。そこで今回は、プチプラコスメの『マシュマロフィニッシュパウダー』をご紹介。カバー力や使い心地などについて、徹底検証してみました!


汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではない、フェイスパウダー。選ぶアイテムによって仕上がる肌の質が異なり、販売されている種類もさまざまです。そこで今回は、汗に強くキープ力が高いと評価されているチャコットの『フィニッシングパウダー』をご紹介。カバー力や使用感などの評価について、実際に検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。


【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

2021年度の手帳をどうしようかいろいろ情報収集していくなかで、よく見かける「クオバディス」のビジネス手帳。海外製の手帳で自分に合っているのかどうか不安に思っていたり、どのように使えばいいのかわからず購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは『クオバディス手帳』の「ビジネスプレステージ・クラブ」を実際に購入したので、カバーの質感や気になる手帳の中身を、写真を交えながら徹底レビューします。『クオバディス手帳』の中身や機能性が気になる人は、当記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

毎日のスキンケア。保湿力が高くても、なかには肌トラブルを起こしてしまう刺激の強いものもあり、購入したものの肌に合わず使用を中止した経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに敏感肌の方などは、スキンケアのアイテム選びはなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥性敏感肌のためにつくられた『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』。肌へのやさしさを考慮しつつも、しっとり保湿し軽やかな使い心地が魅力の保湿クリームですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って、商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る