女性向けの一眼レフ・ミラーレスおすすめ5選【初心者でも使える商品も紹介】

女性向けの一眼レフ・ミラーレスおすすめ5選【初心者でも使える商品も紹介】
フォトグラファー
林 孝典

VANTANデザイン研究所卒業後、カメラアシスタントを経て独立。 都内にスタジオも構える。撮影分野は、主に芸能人や音楽アーティストをはじめとした著名人。また、ファッションブランドや、広告デザインなどの撮影も行っている。 定期的に撮影している媒体は、ライブドアニュースやBRUTUS、filmagaなどの専門媒体など。

フォトグラファーの林 孝典さんによる女性が扱いやすい一眼レフ・ミラーレスカメラについてうかがいました。スマホでは撮れない、一眼レフやミラーレスカメラだからこそ撮れる一枚。そんな写真に憧れませんか? 現在、キヤノンやニコンなど多くのメーカーから製品が出ていますが、なかにはプロ仕様もあるため、どの機種が使いやすいかわからないという人も多いのではないでしょうか。また、重いものは避けて軽いカメラがいい、かわいいデザインのカメラがいいなど、人によってこだわりも異なるでしょう。この記事では、選び方や女性におすすめ商品をご紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


女性向け一眼レフ・ミラーレスの選び方 フォトグラファーが解説

フォトグラファーの林 孝典さんに、女性が使いやすい一眼レフカメラやミラーレスカメラの選び方のポイントを教えてもらいました。参考にしてみてください。

ミラーレスカメラで海の写真を撮る女性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

女性向けの一眼レフ・ミラーレス選びでは軽さなど使いやすさも重要ですが、多彩なモードがついているような、撮るのがたのしくなる機種を選ぶのもポイントのひとつです。

まずは一眼レフかミラーレス一眼か選ぼう

フォトグラファー

はじめて一眼レフを購入しようとすると、まず2択の選択を迫られます。それは「一眼レフ」か「ミラーレス一眼」かということ。通常、一眼レフはレンズから入った光を、ミラーに反射させてセンサーとファインダーで除く構造になっています。ミラーレスカメラは、光が直接センサーに届く構造です。

それぞれのメリットは、
【一眼レフ】
①センサーサイズが大きくきれいで大きな写真が撮れる
②レンズの種類が豊富
【ミラーレス一眼】 
①コンパクトで軽いモデルが多い
②初心者向けの機能が多い

と、どちらもおすすめしたいメリットがあります。本格的にカメラを極めたいという人は、一眼レフ。まずはカメラを触ってみて日々の楽しみを記録したいという人にはミラーレス一眼をおすすめします。

Nikon(ニコン)『ミラーレス一眼Nikon1 J5』

コンパクトな一眼レフですが、シャープで本格的な1枚を撮影可能なミラーレス一眼です。ダブルズームレンズキットは、望遠レンズもついており使用するシーンを選びません。

>> Amazonで詳細を見る

ピントがしっかり合うモデルがおすすめ

フォトグラファー

ピントを合わせるという作業をフォーカスと言い、自動でピントが合う機能を、オートフォーカスと言います。カメラには、種類によりオートフォーカスがすごく得意な機種とそこそこの機種の2種類が存在します。

すぐにピントがあうだけで無く、ピッタリ顔に合わせてくれるものや、動くモノをしっかりと追っかけてくれるものなど各社の違いがハッキリ出ており、画素数がよくても使い勝手が悪いものもあります。猫や鳥などを撮影したいという人は、オートフォーカスや動きに強いものをおすすめします。

撮影を続けていくのが楽しくなるカメラを選ぼう

フォトグラファー

せっかく一眼レフやミラーレス一眼を持ち歩くのであれば、質の高い写真を撮りたいのではないでしょうか。プロのカメラマンは、いろいろな設定の数値を場所ごとに手動で切り替えて撮影。これをアマチュアの人がまねをしようとすると、カメラが作業的になり楽しくなくなってしまいます。

初心者向けのカメラには、このプロが設定するような数値を自動で判断してくれる機能が付いています。メーカーごとに名前が異なりますが、「シーンインテリジェントオート(キヤノン)」「シーンモード(ニコン)」などが自動で選ばれるものがおすすめです。

切り替え機能が多いモノを選び、最初はその機能を使いましょう。そして、慣れてきたら自分なりのマニュアルで撮影すれば、よりよい写真が撮影できますよ。

Canon(キヤノン)『EOS Kiss X9』

片手でも軽々もてる、コンパクトでライトな重さの一眼レフカメラです。キャンバストートやリックサックなどのバッグに入れて持ち歩くと、思わぬ1枚が撮影できるかもしれませんよ。

>> Amazonで詳細を見る

女性におすすめの一眼レフ・ミラーレス5選 フォトグラファーが厳選

うえでご紹介した、女性が使いやすい一眼レフカメラやミラーレスカメラの選び方のポイントをふまえ、フォトグラファーの林 孝典さんに選んでいただいたおすすめ商品を紹介します。それぞれ、よい機能や高い性能をもっていますが、選び方のポイントをおさえた1台をチェックしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Canon(キヤノン)『EOS Kiss X10』

出典:Amazon

有効画素数 2410万画素
本体サイズ 約122.4 × 92.6 × 69.8cm
本体重量 約449g ※ホワイトのみ約451g
ISO感度 ISO 100~25600
シャッタースピード 1/4000秒
Thumb lg 7a7cc46a 92fc 4e85 b19a ae1582bc6a82
フォトグラファー

【一眼レフ】初心者の撮影からセミプロまで使える

この機種を一言で説明するのであれば、「こんなに軽いのに、性能がメチャクチャいい!」という感じではないでしょうか。このシリーズは入学式や運動会のシーズンに飛ぶように売れるカメラで、お母さんに使ってもらえるようなコンパクトで質のよいカメラとして洗練されています。

シーンインテリジェントオートと呼ばれる、撮影するシーンに合わせたカメラ側の設定により、はじめてカメラを使ったという人でも期待値以上の写真が撮影可能。しかも、前機種よりも軽くなり、レンズ抜きでは450グラムの機種となっています。

液晶モニターもクルクルと動かしたり前面にもってきたりもできるので、ローアングル撮影や自撮りなどでも使いやすい。しかも一眼レフでは異例のボディーカラーが白色のカラバリもあります。どんな使用シーンでも活躍できる、魅力的な1台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『α5100』

出典:Amazon

有効画素数 約2430万画素
本体サイズ 10.96 × 6.28 × 3.57cm
本体重量 約283g
ISO感度 ISO100-25600
シャッタースピード 1/4000秒
Thumb lg 7a7cc46a 92fc 4e85 b19a ae1582bc6a82
フォトグラファー

【ミラーレス一眼】動き回る子どもにしっかりピント

このカメラは、一眼レフサイズのセンサーを搭載しており、きれいな画質の写真が撮影可能です。しかも、オートフォーカスとよばれるピントを合わせてくれる機能が素晴らしい。瞳AFという人の眼にピントを合わせてくれたり、子どもの顔をきれいに撮影する顔検出が搭載されています。カメラレンズのなかにさえとらえられたら、運動会の様なスピードが速い写真も、しっかりピントを合わせてくれます。

起動からの撮影開始までのスピードも他社のミラーレス一眼より早く、イライラも少ないですよ。子育て道具一式を持ちながらカメラまで持ち歩くのはたいへん、という人にもおすすめできる一台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Nikon(ニコン)『D5600』

出典:Amazon

有効画素数 約2416万画素
本体サイズ 約124 × 97 × 70mm
本体重量 約465g
ISO感度 ISO100-25600
シャッタースピード 1/4000秒
Thumb lg 7a7cc46a 92fc 4e85 b19a ae1582bc6a82
フォトグラファー

【一眼レフ】写真がたのしくなるタッチパネルと連写

実直な一眼レフという印象のNikonのD5600。カメラの性能はもちろん合格点。それと同じく、タッチパネルがしっかりしており、タッチした場所にピントを合わせることができたり、撮影設定もパパッと変更できるのが本機がおすすめのポイントです。

また、秒間5枚の撮影もでき、早い動きにもしっかり追従してくれます。こちらは定番モデルとして販売されており、現在6万円台で2本のレンズつきモデルが購入できますのでコスパ的にも非常におすすめできる1台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Canon(キヤノン )『EOS Kiss M ダブルズームキット』

出典:Amazon

有効画素数 約2410万画素
本体サイズ 11.63 x 5.87 x 8.81 cm
本体重量 390 g
ISO感度 ISO 100~25600
シャッタースピード 1/4000秒
Thumb lg 7a7cc46a 92fc 4e85 b19a ae1582bc6a82
フォトグラファー

【ミラーレス一眼】カメラを趣味にしたい人に!

メイク道具と一緒にカバンに放り込んで、街に繰り出したい1台です。本機の魅力は、コンパクトながら非常にかんたんにいい写真が撮れるということ。一眼レフで非常にシェアがあるメーカーの作ったカメラということで、本格的な撮影ができます。薄暗い場所でも、シャッターボタンを押せば本格的な1枚がパシャリと獲れちゃいます。

初心者向けの撮影機能もしっかりしてますが、自分でカスタマイズも可能です。そうした初級から中級まで使えるカメラということで、アマチュア写真家や記者などでももっている人が増えています。ただ、レンズに関してはまだまだ種類が少ない点は注意が必要です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M10 Mark III』

出典:Amazon

有効画素数 1605万画素
本体サイズ 11.9 x 4.7 x 10.5 cm
本体重量 342 g
ISO感度 ISO 100-25600
シャッタースピード 1/4000秒
Thumb lg 7a7cc46a 92fc 4e85 b19a ae1582bc6a82
フォトグラファー

【一眼レフ】持ってて自慢したくなるデザイン

ほかのメーカーでは見られない、クラシカルなカメラデザイン。非常に高級感があり、撮影する側のモチベーションをアゲてくれます。ネックストラップをつけて、旅行に連れて行きたいかわいさです。

クラシックながらも、中身はちゃんとデジタル式。(5軸手ぶれ補正により)手持ちでの夜景撮影や、ぶれずに高画質のスナップショットが行えます。動画機能もしっかり完備しており、4K撮影もできながらコンパクトな1台に仕上がっています。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Canon(キヤノン)『EOS Kiss X10』
SONY(ソニー)『α5100』
Nikon(ニコン)『D5600』
Canon(キヤノン )『EOS Kiss M ダブルズームキット』
OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M10 Mark III』
商品 Canon(キヤノン)『EOS Kiss X10』 SONY(ソニー)『α5100』 Nikon(ニコン)『D5600』 Canon(キヤノン )『EOS Kiss M ダブルズームキット』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M10 Mark III』
特徴 【一眼レフ】初心者の撮影からセミプロまで使える 【ミラーレス一眼】動き回る子どもにしっかりピント 【一眼レフ】写真がたのしくなるタッチパネルと連写 【ミラーレス一眼】カメラを趣味にしたい人に! 【一眼レフ】持ってて自慢したくなるデザイン
価格 Amazon : ¥80,278
楽天市場 : ¥ 96,250
Yahoo!ショッピング : ¥ 84,587
※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥52,000
楽天市場 : ¥ 64,700
PayPayモール : ¥ 64,800
※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格
Amazon : ¥69,800
楽天市場 : ¥ 75,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 79,800
※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥86,210
楽天市場 : ¥ 103,950
Yahoo!ショッピング : ¥ 86,380
※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格
Amazon : ¥65,400
楽天市場 : ¥ 75,200
Yahoo!ショッピング : ¥ 75,200
※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格
有効画素数 2410万画素 約2430万画素 約2416万画素 約2410万画素 1605万画素
本体サイズ 約122.4 × 92.6 × 69.8cm 10.96 × 6.28 × 3.57cm 約124 × 97 × 70mm 11.63 x 5.87 x 8.81 cm 11.9 x 4.7 x 10.5 cm
本体重量 約449g ※ホワイトのみ約451g 約283g 約465g 390 g 342 g
ISO感度 ISO 100~25600 ISO100-25600 ISO100-25600 ISO 100~25600 ISO 100-25600
シャッタースピード 1/4000秒 1/4000秒 1/4000秒 1/4000秒 1/4000秒
商品情報

※本体重量については、特記がない場合レンズなしの重量で記載しています。

※シャッタースピードについては、設定可能値で一番速いスピードで記載しています。なおISO感度によるシャッタースピードの制限については記載しておりません。

通販サイトのランキングを参考にする デジタル一眼レフカメラの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのデジタル一眼レフカメラの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:デジタル一眼レフカメラランキング
楽天市場:デジタル一眼レフカメラランキング
Yahoo!ショッピング:デジタル一眼カメラランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

「カメラの魅力」カメラの奥深い世界の入り口へようこそ! フォトグラファーが語る

フォトグラファー

カメラの奥深い世界の入り口へようこそ!

カメラの世界は一度ハマると抜け出しにくい、深い楽しみがある世界です。だからこそ、1台目は中途半端なものではなく、しっかり撮影できるカメラをおすすめします。

また、一眼レフもミラーレス一眼もレンズは資産として、次のカメラへ流用できます。最初の1台はレンズ付きモデル(できたら2本セットのもの)を購入し、レンズや本体を買い足していくのが一般的なカメラのたのしみ方でしょうか。怖がらずに最初の一歩を踏み出してみましょう!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/02/10 商品情報の修正のため記事を更新しました。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部 平野慎也)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【ライトスタンド】選び方&おすすめ4選|Manfrotto・ETSUMI製など商品を厳選!

【ライトスタンド】選び方&おすすめ4選|Manfrotto・ETSUMI製など商品を厳選!

フォトグラファーが選ぶライトスタンドおすすめ4選をご紹介します。ライトスタンドは、ストロボを乗せるための撮影機材です。最近のカメラはストロボが標準装備されているものも多いですが、ライトスタンドにストロボを乗せて独立させれば、被写体に合わせてライトの位置を細かく動かせます。使いこなせるようになれば、きっと写真撮影の幅が広がりますよ。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがい、ライトスタンドの選び方について教えてもらいました。使いやすいライトスタンドを見つけて、今以上に写真撮影を楽しみましょう。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


低価格【ドローン】おすすめ5選&選び方|小型・軽量・カメラ付き商品を紹介!

低価格【ドローン】おすすめ5選&選び方|小型・軽量・カメラ付き商品を紹介!

フォトグラファーが選ぶ低価格ドローンおすすめ商品5選をご紹介します。農薬散布や災害現場の状況確認など、活躍の場が広がり続ける無人航空機「ドローン」。ホビーの世界でもドローンを楽しむ人が急速に増えています。上空からの撮影では鳥の視点を思わせるリアルな映像で、撮っても観ても楽しむことがでもます。そこで、リーズナブルで手軽にフライトを楽しめるカメラ付きドローンの選び方について、フォトグラファーの瀬川陣市さんに教えていただきました。各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ドローンの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。


DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

フォトグラファーが選ぶDJI製ドローンのおすすめ5選をご紹介します。最近では、テレビなどのメディアでもドローンを使った撮影を目にする機会が増えました。実際にドローンを使って空撮をしてみたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんに、ドローンやアクションカメラなどのメーカーで知られるDJI製ドローンの選び方について教えてもらいました。この記事で紹介しているドローンはすべてカメラ備え付き製品になります。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングもありますので、あわせて参考にしてみてください。


おしゃれな【カメラバッグ】おすすめ6選|ショルダータイプからバックパックまで!

おしゃれな【カメラバッグ】おすすめ6選|ショルダータイプからバックパックまで!

フォトグラファーが選ぶおしゃれなカメラバッグおすすめ6選をご紹介します。カメラバッグと聞くと、機能面は充実してるけど見た目はちょっと……という人も多いのではないでしょうか。しかし、よく探してみると一目見ただけではカメラバッグとはわからない、おしゃれなものも意外とみつかります。なかにはハイブランドがだしている高級感あるデザインのものも。この記事ではフォトグラファーの瀬川陣市さんが、機能的にもしっかりしながら見た目もおしゃれなカメラバッグのおすすめ商品を紹介してくれているので、自分のスタイルにあったカメラバッグ選びの参考にしてみてください。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ミラーレス一眼のおすすめ10選と選び方【写真家が直伝】カメラ初心者必見!

ミラーレス一眼のおすすめ10選と選び方【写真家が直伝】カメラ初心者必見!

写真家の藤井智弘さんに、カメラ初心者向けミラーレス一眼の選び方とおすすめ商品をうかがいました。普段はスマートフォンで写真をよく撮るけど、もっとキレイに撮りたい、という方におすすめなのがミラーレス一眼。スマホやコンパクトデジカメよりもセンサーサイズが大きく、高画質でボケのある写真も撮れます。最近ではコンパクトでおしゃれなものや、Wi-Fiなどでスマホとも連携できるものもあるので、スマホからのステップアップにぴったりです。この記事を参考に、どんな撮影をしたいのか、どんなデザインが好みなのかをよく吟味して、自分の使い方にあったミラーレス一眼をみつけてください。


新着記事


ベビーマットおすすめ5選【助産師に聞いた】選び方も詳しく解説

ベビーマットおすすめ5選【助産師に聞いた】選び方も詳しく解説

助産師の河井恵美さんに、ベビーマットについて詳しくお話をうかがいました。ベビーマットには、寝返り前の赤ちゃんを寝かせるマットや、転倒したときの衝撃を軽くする目的で床に敷く大きめのマットなど、さまざまなタイプのものがあります。家庭の環境やメンテナンスのしやすさなども考えながら、用途に合ったものを選びたいですね。この記事では助産師であり、保育士の資格もお持ちの河井さんに、ベビーマットの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。後半に掲載した各通販サイトの売れ筋ランキングと合わせて、赤ちゃんが快適に過ごせるマット選びにお役立てください。


キッズ用ラッシュガードおすすめ5選【保育士ライターに聞いた】紫外線から子どもの肌を守る

キッズ用ラッシュガードおすすめ5選【保育士ライターに聞いた】紫外線から子どもの肌を守る

紫外線から肌を守り、ケガの予防にもなるラッシュガード。海やプールのレジャーはもちろん、子どもたちは水泳の授業でも着用することが多くなりました。さまざまなタイプがあるラッシュガードですが、購入するにはどのような点に着目したらよいのでしょうか。この記事では保育士ライターのすぎ けいこさんに、キッズ用のラッシュガードの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。子どもにぴったりのラッシュガードを選ぶ参考にしてみてください。


バスライトおすすめ6選|くつろぎのひとときに【アロマやプラネタリウムを楽しむ】

バスライトおすすめ6選|くつろぎのひとときに【アロマやプラネタリウムを楽しむ】

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、バスライトの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。備え付けの照明と違って、落ち着いた空間にもきらびやかな空間にもしてくれるバスライト。デザインやカラーもさまざまで、1つ買うといろいろな種類を試してみたくなるバスグッズのひとつです。興味はあるけれども、どの商品を選んだらよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。本記事を参考に、自分好みの商品を見つけてみてください。


スイッチングハブおすすめ6選|通信速度を快適に!【LANポートを増やす】

スイッチングハブおすすめ6選|通信速度を快適に!【LANポートを増やす】

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、スイッチングハブのおすすめ商品と選び方を教えてもらいました。ゲーム機やテレビなど、LANケーブルで複数の機器を接続したい場合に役立つスイッチングハブ。ルーターのLANポートと繋げるだけで、かんたんにポートの増設ができます。自分の家にはどの商品があっているのか、ぜひ本記事を参考にして選んでみてください。


【ミネラル豊富な塩】おすすめ5選! 塩料理研究家が選び方も解説

【ミネラル豊富な塩】おすすめ5選! 塩料理研究家が選び方も解説

塩料理研究家の青山志穂さんに聞いた、ミネラル豊富な塩を選ぶポイントと、おすすめの商品を紹介します。塩を構成する主たるミネラルには、「ナトリウム」「マグネシウム」「カルシウム」「カリウム」があります。塩の主成分である塩化ナトリウムもミネラルですが、本記事では「ナトリウム以外のミネラル」を多く含んだ塩にスポットを当てました。記事後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、合わせて塩選びの参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る