【深型フライパンのおすすめ5選】料理研究家が本当に使いやすいものを教えます!

【深型フライパンのおすすめ5選】料理研究家が本当に使いやすいものを教えます!

料理研究家:角田 真秀
料理研究家
角田 真秀

東京 九段下で料理店を営む両親のもとで育つ。 美術大学卒業後、販売業を経て料理の道へ。カフェの立ち上げや家業の手伝いを経て独立。 ケータリングユニット「すみや」としての活動をスタート。 雑誌やWEBへのレシピ提供、広告の分野でも活躍中。著書多数。

深型フライパンは鍋に比べると軽いものが多く、扱いやすいのが魅力です。フライパンでありながら、軽い煮込み料理にも対応できるのもポイント。深型フライパンを選ぶときには、持ち手が劣化しにくいものを選ぶことや、応用で蒸し煮をするためにフタをしやすい口径を選ぶことも重要です。こちらの記事では、料理研究家・角田真秀さんにおすすめの深型フライパンを5つ厳選してもらいました。あわせて深型フライパン選びのポイントもまとめてあるので、購入の際にはぜひ参考にしてみてください。


深型フライパンはどう選ぶ? 料理研究家に聞いた選び方のコツ

料理研究家・角田真秀さんに、深型フライパンを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。深型フライパンは、ひとつあればひととおりの料理がこなせる万能選手。ふだんよく使うものだからこそ、ポイントをおさえて自分に合ったものを選ぶと料理も楽しくなりますよ。

フライパンの上にある料理の画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

深型フライパンは炒めるだけでなく、煮込んだり蒸したりとさまざまな調理ができます。

7〜8cm以上の深さがあるものを基準として選ぶ

料理研究家

煮込みや蒸すことも考慮すると、ある程度の深さがあるものを選ぶと応用がききます。フライパンで蒸すときの水や煮込みの水分は、深さが2〜3cmほど必要になるので、その倍以上の深さがあるとほとんどの調理を賄う(まかなう)ことができるでしょう。

また、7~8cm程深みがあれば、炒めものをしたときにも、まわりに汚れがはねにくいのも利点です。

OXO(オクソー)『ウォックノンスティックフライパン』

軽くて持ちやすい深型フライパンです。3層のコーティングでこびりつきを防ぎ、お手入れもかんたん。

>> Amazonで詳細を見る

口径は26〜28cmを目安に選ぶ

料理研究家

2〜3人ぐらいの食事を作ることを目安にすると、口径は26〜28cmを基準に選ぶといいでしょう。それ以上の大きさになると、フタなどを選ぶことが難しくなり、使い勝手がよくありません。また、あまりに重いものも使いづらいので、あわせて重さも判断する基準にしましょう。

26〜28cmだと大きいと思う方もいるかもしれませんが、深型は底面がやや狭い作りのものが多いので、思い切ってこのくらいのサイズを選ぶと使いやすいです。

目的に合わせて素材を選ぶ

料理研究家

一般家庭では、扱いやすいフッ素樹脂加工がされているものがおすすめなのですが、しっかりと焼きつけるなどの本格的な仕上がりを求めている方には鉄製のフライパンがおすすめです。

フッ素樹脂加工と鉄製、それぞれに利点があり、用途によって使い分けたり選んだりすることをおすすめします。

比較的、手ごろな価格の商品が多いフッ素樹脂加工がされているフライパンは、「洗ってから軽く拭くだけ」と手入れもしやすく料理初心者の方にもおすすめできます。また、万能でさまざまなシーンで活躍しますが、どうしても加工がはがれてしまうなどの劣化が起きてしまいますので1〜2年での買い替えを推奨します。

一方で、鉄製のものは価格も少し高いものが多く、使い続けることでのよさが生まれるもの。ですから、料理中級者以上の方が仕上がりにこだわりたいと思うときに選んでいただけるといいでしょう。

T-fal(ティファール)『IHハードチタニウム・プラス ウォックパン 28cm』

チタンコーティングでこびりつきにくい深型フライパンです。

>> Amazonで詳細を見る

深型フライパンのおすすめ5選! 料理研究家が厳選

うえで紹介した、深型フライパンの選び方のポイントをふまえて、料理研究家・角田真秀さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。ぜひフライパン選びの参考にしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OXO(オクソー)『ウォックノンスティックフライパン』

出典:Amazon

製品サイズ
全長542×幅288×高さ102mm
深さ
-
重量
約1,130g
表面加工
内面:フッ素樹脂加工、外面:セラミックコーティング
材質
本体:アルミニウム合金、ハンドル:ステンレス鋼、シリコーン樹脂
Thumb lg ba528e70 759e 4d51 8f75 68d405c9e79a
料理研究家

長時間の調理でも疲れにくい!

軽くて柄が持ちやすく、力がなくても扱いやすいのが特徴。熱が伝わりやすく、少しの油でも焦げつきにくいうえに手入れがかんたんで、IH調理器にも対応しています。長時間使っても疲れにくく、洗いやすいので使いやすさバツグン。

さっと焼いたり、炒めたりする調理に向いています。ストレスを感じにくく、使い勝手のいいフライパンです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

T-fal(ティファール)『IHハードチタニウム・プラス ウォックパン 28cm』

出典:Amazon

製品サイズ
幅470×奥行290×高さ123mm
深さ
77mm
重量
1,100g
表面加工
チタン・エクセレンスコーティング
材質
本体:アルミニウム合金、底:アルミニウム合金、ステンレス、取っ手:フェノール樹脂
Thumb lg ba528e70 759e 4d51 8f75 68d405c9e79a
料理研究家

老舗(しにせ)の安定感があるフライパン

見た目の美しさに加えて、チタンコーティングを施しているので、バツグンの耐久性があります。使いはじめの焦げつきにくさでは、他に類を見ません。

独自の性能で、余熱が完了したことを目視できるので、食材を入れるタイミングを誤ってしまうことは少ないでしょう。キズもつきにくいので、長く使いたい方におすすめ。IH調理器での使用にも適したフライパンです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パール金属『軽いね ストロングマーブルいため鍋28cm』

出典:Amazon

製品サイズ
全長495×幅290×高さ115mm
深さ
-
重量
792g
表面加工
フッ素樹脂塗膜加工
材質
本体:アルミニウム合金、取っ手:フェノール樹脂
Thumb lg ba528e70 759e 4d51 8f75 68d405c9e79a
料理研究家

軽さと手ごろな価格が魅力

こちらのフライパンは丈夫で軽い点が特徴です。一般的な深型の鍋と比較すると、『軽いね』という名前の通り軽さを実感できるでしょう。高齢の方や力に自信がない方に適した商品です。

また、焦げつきにくく洗いやすいです。耐久性については、お値段の割には比較的長く使えると思います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

和平フレイズ EZストーン『いため鍋 28cm』

出典:Amazon

製品サイズ
全長491×幅288×高さ132mm
深さ
-
重量
約680g
表面加工
内面:フッ素樹脂塗膜加工(ダイキンEZストーンマーブル)シルクウエアEZ、外面:焼付塗装
材質
本体:アルミダイカスト、取っ手:フェノール樹脂
Thumb lg ba528e70 759e 4d51 8f75 68d405c9e79a
料理研究家

炒めものだけでなく麺類をゆでるのにも最適

幅広い用途で使用できる、使い勝手のいい商品です。炒めものや煮物以外にも、パスタなどの麺類をゆでるときにも使いやすく活躍します。

また、大きさの割に軽く扱いやすいので、出番が多くなることでしょう。料理初心者の方の最初のひとつとしてもおすすめ。洗いやすいのも特徴です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RIVER LIGHT(リバーライト) 極 JAPAN『炒め鍋 26cm』

出典:Amazon

製品サイズ
全長454×幅260×高さ123mm
深さ
70mm
重量
約989g
表面加工
-
材質
本体:鉄(特殊熱処理済み)、ハンドル:木
Thumb lg ba528e70 759e 4d51 8f75 68d405c9e79a
料理研究家

使えば使うほどなじむフライパン

私が一番愛用しているフライパンです。ご紹介したほかの商品と比べると、26cmと小さいのですが、底面が小さいのでコントラストがあり、とくに炒め煮に適しています。素材は鉄なので、しっかり焼きつけられる点も優秀。メーカーの方にお話をうかがったことがあるのですが、こびりつきが気になったらゴシゴシと洗って問題ないそうです。

柄の部分の取り替えなどもできるらしいのですが、丈夫なので5年ぐらい使っていてもとくに問題なく使えています。炒めものの仕上がりのよさはダントツ。これを使ったら料理がうまくなったように感じられますよ。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

OXO(オクソー)『ウォックノンスティックフライパン』
T-fal(ティファール)『IHハードチタニウム・プラス ウォックパン 28cm』
パール金属『軽いね ストロングマーブルいため鍋28cm』
和平フレイズ EZストーン『いため鍋 28cm』
RIVER LIGHT(リバーライト) 極 JAPAN『炒め鍋 26cm』

商品

OXO(オクソー)『ウォックノンスティックフライパン』 T-fal(ティファール)『IHハードチタニウム・プラス ウォックパン 28cm』 パール金属『軽いね ストロングマーブルいため鍋28cm』 和平フレイズ EZストーン『いため鍋 28cm』 RIVER LIGHT(リバーライト) 極 JAPAN『炒め鍋 26cm』

特徴

長時間の調理でも疲れにくい! 老舗(しにせ)の安定感があるフライパン 軽さと手ごろな価格が魅力 炒めものだけでなく麺類をゆでるのにも最適 使えば使うほどなじむフライパン

価格

Amazon : ¥ 3,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,384
※各社通販サイトの 2019年7月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 6,912
楽天市場 : ¥ 4,750
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,500
※各社通販サイトの 2019年7月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,968
楽天市場 : ¥ 1,728
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,592
※各社通販サイトの 2019年7月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,860
楽天市場 : ¥ 2,180
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,180
※各社通販サイトの 2019年7月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 6,804
楽天市場 : ¥ 6,480
Yahoo!ショッピング : ¥ 6,480
※各社通販サイトの 2019年7月29日時点 での税込価格

製品サイズ

全長542×幅288×高さ102mm 幅470×奥行290×高さ123mm 全長495×幅290×高さ115mm 全長491×幅288×高さ132mm 全長454×幅260×高さ123mm

深さ

- 77mm - - 70mm

重量

約1,130g 1,100g 792g 約680g 約989g

表面加工

内面:フッ素樹脂加工、外面:セラミックコーティング チタン・エクセレンスコーティング フッ素樹脂塗膜加工 内面:フッ素樹脂塗膜加工(ダイキンEZストーンマーブル)シルクウエアEZ、外面:焼付塗装 -

材質

本体:アルミニウム合金、ハンドル:ステンレス鋼、シリコーン樹脂 本体:アルミニウム合金、底:アルミニウム合金、ステンレス、取っ手:フェノール樹脂 本体:アルミニウム合金、取っ手:フェノール樹脂 本体:アルミダイカスト、取っ手:フェノール樹脂 本体:鉄(特殊熱処理済み)、ハンドル:木

商品情報

料理のスキルや目的、作りたい料理や予算を考えて選ぼう|料理研究家からのアドバイス

料理研究家

料理をはじめたばかりの方にも最初におすすめできるのが、深型のフライパンです。鍋の代わりにもなりますし、炒めたりゆでたり煮たりもできる万能なフライパン。

最初は手ごろで軽いものからはじめて、料理の仕上がりにこだわりたくなってきたら鉄のものなどにバージョンアップするのもおすすめです。ひとつだけ持つなら、深型のフライパンがあればじゅうぶんだといえるでしょう。

ECサイトの深型フライパンランキングを参考にする

Amazonでの深型フライパンの売れ筋ランキングの参考にしてみてください。

Amazon: 炒め鍋・深型フライパンランキング 

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

普段料理をするには必須のフライパン。さまざまなメーカーのものがあるうえ素材や機能性、サイズなど種類が豊富で、選ぶのに悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。機能を長持ちさせるためのお手入れ方法も商品によって異なるので、購入前にチェックしておきたいところです。そこで、フードディレクターのSHIMAさんへの取材をもとに、自分に合ったフライパンの選び方のポイントを伺いました。毎日の料理に使えるフライパンセットや、レシピの幅が広がる多機能タイプ、また耐久性の高いフライパンをご紹介いたします!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:やきさんま、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


おすすめの鉄瓶5選|フードスタイリストが選び方も解説

おすすめの鉄瓶5選|フードスタイリストが選び方も解説

フードスタイリストの水嶋千恵さんへの取材をもとに、鉄瓶のおすすめ商品をご紹介します。鉄分が豊富でまろやかな味のお湯を沸かせると、注目を集めている鉄瓶。購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。鉄瓶には大きさや使い勝手など、選択肢がいろいろです。この記事では鉄瓶を選ぶときのポイントや、さらにおすすめの商品をご紹介しています。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。お手入れ次第で一生モノとして使えるのも鉄瓶の魅力です。はじめて購入する方はもちろん、追加や買い替えを検討している方も参考にして、長く使える一品を見つけてください。


ワインオープナーのおすすめ8選|料理家が選び方も解説

ワインオープナーのおすすめ8選|料理家が選び方も解説

料理家のスヌ子(稲葉ゆきえ)さんへの取材をもとに、ワインオープナーのおすすめ商品を紹介します。最近はスクリューキャップのワインも増えてきてはいますが、まだまだコルク栓のワインは多いもの。コルクがうまく抜けなくて、苦労したことがある方も多いのではないでしょうか。この記事では、ワインオープナーのなかでも失敗しにくいものや、力があまり必要ないものなど使いやすいワインオープナーと選び方のポイントを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。


【ビールサーバーのおすすめ6選!】家電コンシェルジュに聞く|手軽で手入れもかんたん

【ビールサーバーのおすすめ6選!】家電コンシェルジュに聞く|手軽で手入れもかんたん

家庭でもきめ細やかな泡とビールが楽しめるビールサーバー。業務用のモデルにくらべて省スペースで済むため、気軽に始めやすく、誰でもかんたんに扱えます。仲間を呼んでパーティーを開くときに、ビールサーバーがあると場も盛り上がるはず! 本記事では、モノレビュアー・家電コンシェルジュの松本レイナさんにお話をうかがい、ビールサーバーのおすすめ商品を教えてもらいました。選び方のポイントもあわせて紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。


低速ミキサー・スロージューサーおすすめ8選|家電コンシェルジュが解説

低速ミキサー・スロージューサーおすすめ8選|家電コンシェルジュが解説

ゆっくりと低回転で食材をすりつぶすことで、熱による酸化を抑える低速ミキサー・スロージューサー。ビタミンCやポリフェノールといった栄養素を残しつつ、口当たりのよい仕上がりになるのが魅力です。海外メーカーからも多数商品が発売されていて、どれを選んだらよいのか悩んでしまいますよね。そこで本記事では、家電コンシェルジュの松本レイナさんに、低速ミキサーとスロージューサーの違いや選び方、おすすめ商品を教えてもらいました。はじめて低速ミキサーを使うという方でも使いやすい商品がありますので、ぜひ参考にしてみてください。


ピザカッターおすすめ4選【フードコーディネーターが選ぶ】ピザをきれいにカット!

ピザカッターおすすめ4選【フードコーディネーターが選ぶ】ピザをきれいにカット!

合同会社HITOOMOI代表で、フードコーディネーターの倉田沙也加さんにピザカッターのおすすめ商品と選び方を教えてもらいました。ホームパーティーや家族のイベントなどで食べる機会が多いピザは、包丁やナイフできれいに切るのがなかなか難しいですよね。そんなときはピザカッターがあると便利です。この記事では、さまざまな形のピザカッターの中から厳選した商品をご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ひとり暮らしに必要な家電のひとつ「アイロン」。クリーニング屋さんを使用しない分、おうちでYシャツやブラウスなども安上がりにすみます。ですが、アイロンといっても多くのメーカーが商品展開していて選ぶのが大変ですよね。この記事では、ガジェット・家電ライターとして長年家電をレビューしてきた、渡辺まりかさんに選び方やおすすめ商品についてうかがいました。