おすすめの「holbein(ホルベイン)」に関する記事


水彩絵の具おすすめ12選|透明・不透明タイプの特徴も解説

水彩絵の具おすすめ12選|透明・不透明タイプの特徴も解説

パステル調の美しい絵やイラストを描くのに使う水彩絵の具。透明・不透明・半透明といった種類があり、描きたい絵のテイストで選ぶ絵の具がかわります。この記事では、水彩絵の具を選ぶためのポイントを初心者にもわかりやすく解説。人気のメーカー、サクラクレパス、ぺんてる、ホルベインなどの水彩絵の具おすすめ12選を紹介します! 記事後半では、通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載しているのでぜひチェックしてみてくださいね。


カラーインクのおすすめ9選|イラストやカリグラフィーに!【人気メーカーから厳選】

カラーインクのおすすめ9選|イラストやカリグラフィーに!【人気メーカーから厳選】

イラストなどに使用されることが多いカラーインク。大きく分けて「顔料系」と「染料系」のふたつがあります。多くのメーカーから発売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。混色する際のインク同士の相性も気になります。そこでこの記事では、インテリアコーディネーターの神村さゆりさんと編集部で、カラーインクの選び方とおすすめ商品9点を紹介。メーカーごとの特色についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。


アクリル絵の具おすすめ12選|乾くのが速く、重ね塗りも!【リキテックスなど】

アクリル絵の具おすすめ12選|乾くのが速く、重ね塗りも!【リキテックスなど】

絵を描くときに欠かせない、顔料とアクリル樹脂を混ぜ合わせて作られていた「アクリル絵の具」。重ね塗りが可能、乾くのが速い、水に濡れても平気、衝撃にも強いなどの特徴があるので、初心者~ある程度慣れた方も多く使われています。この記事では、ギフトソムリエで文房具に精通しているPapp Hidekoさんと編集部が、アクリル絵の具の選び方、おすすめ12選を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


チューブ絞りおすすめ11選【歯磨き粉やハンドクリームに!】幅広タイプも

チューブ絞りおすすめ11選【歯磨き粉やハンドクリームに!】幅広タイプも

チューブの中身を使い切りたいときに役立つ、チューブ絞り。軽い力で最後まで絞りだせる便利なアイテムですが、絞りたいチューブの幅や素材によっては使えないこともあるので、選び方を覚えておきましょう。本記事では、管理栄養士の相田すみ子さんに取材し、チューブ絞りの選び方とおすすめ商品11選をご紹介します。


スケッチブックおすすめ10選|画材と相性の良い紙質で素敵な作品を描こう!

スケッチブックおすすめ10選|画材と相性の良い紙質で素敵な作品を描こう!

絵を描くときに必要なスケッチブック。学校で使うようなクロッキーブック以外にも、さまざまな紙のバリエーションがあります。また、画材によって合わせる紙質も異なるのをご存知でしょうか。小さいサイズのものから大きいサイズのものまで、大きさもいろいろ。この記事では、絵本作家のトモコ=ガルシアさんに聞いた、スケッチブックのおすすめ商品と選び方のポイントをご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


水彩パレットのおすすめ6選|水彩画家が厳選【絵の具付き商品も】

水彩パレットのおすすめ6選|水彩画家が厳選【絵の具付き商品も】

水彩画家の柘植彩子さんが選ぶ、おすすめの水彩パレット6選を紹介します。水彩パレットといえばプラスチック製のものを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、最近は汚れがつきにくく使いやすいホーローやアルミ製の商品も多く販売されています。美しい水彩画を描くためには、絵具を出すパレットにこだわることも大切です。本記事では、各通販サイトの水彩パレットの売れ筋ランキングも掲載していますので、水彩画を描かれる方はぜひ参考にしてみてくださいね。


練り消しおすすめ7選! デッサンやホビーに【文房具ユーザーが厳選】

練り消しおすすめ7選! デッサンやホビーに【文房具ユーザーが厳選】

練り消しは「練りゴム」とも呼ばれ、通常の消しゴムのように消しカスを出さずに吸着して書いた部分を消す文房具です。一般的な文房具というよりも、画材として絵を描く分野の人たちがメインユーザーですが、小学生などがおもちゃ感覚で使い、ホビー用に作られた練り消しもあります。この記事では、文房具関連に詳しい文房具ユーザー・他故壁氏(たこかべうじ) さんに聞いた話をもとに、練り消しの選び方とおすすめ商品について紹介します。選び方のポイントを押さえて実際に使ってみて、自分と相性のよい練り消しを探してみてください。


消しゴムおすすめ20選|monoやKOKUYOなどの定番ブランドから絵画用まで

消しゴムおすすめ20選|monoやKOKUYOなどの定番ブランドから絵画用まで

文房具エキスパート、他故壁氏さんへの取材をもとに、使いやすい消しゴムの選び方やおすすめ商品を厳選! 定番の『モノ消し』や消しカスがまとまりやすい『まとまるくん』、砂消しや練り消しなどたっぷり紹介します! 記事の後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!


holbein(ホルベイン)の人気記事