テレビの設置方法と配線の仕方がわかる!簡単スムーズに接続しよう

テレビの設置方法と配線の仕方がわかる!簡単スムーズに接続しよう

テレビを新たに購入したときに必要となる設置や接続を、業者に依頼する人も多いことでしょう。小さいサイズのテレビであれば、ひとりで設置することが可能です。自分でする場合の設置や配線の仕方を確認しておけば、スムーズに接続できます。この記事ではテレビの設置方法や各種ケーブルの接続方法、テレビまわりの環境を整えてくれるグッズも紹介していますので、参考にしてみてください。


目次

テレビ設置の手順を確認してみよう

 

テレビの組み立てを業者に依頼する人も多いことでしょう。しかしそれほど大きくないサイズであれば、ひとりで設置することも可能です。手順は以下になります。

【1】テレビを組み立てる
【2】アンテナケーブルを接続
【3】B-CASカードを挿入
【4】チャンネルを設定


それぞれ詳しくみていきましょう。

【1】テレビを組み立てる ※新規購入の場合

40V型前後までのテレビであればひとりでも組み立てることができます。まずはテレビを台のうえなどの安定した場所に寝かせましょう。布団などの布を敷いておくとテレビをキズつけません。

スタンドをテレビに装着させ、ネジでとめます。そこまでできたら、次はメガネの形の端子の電源ケーブルを接続します。体力などに不安のある人は、40V型以下のテレビであってもふたり以上で組み立てするようにしましょう。

【2】アンテナケーブルを接続する 

 

地デジだけを視聴する人は、アンテナケーブルを地上デジタル入力端子につなぎましょう。BS/CSチャンネルも視聴するという人は、分波器をアンテナケーブルと一緒に用意しておきます。分波器の地デジとBS/CSにそれぞれの入力端子に挿入しましょう。

挿し間違える場合があるので、よく確認してから接続しましょう。

【3】B-CASカードを挿入する

 

テレビは電源とアンテナケーブルをつなげばすぐに見られるわけではありません。株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズが提供するB-CASカードが必要となります。テレビの挿入部にゆっくり優しく挿して使用します。

テレビを購入すると1台につき1枚同梱されています。挿入して問題がなければこれでテレビが映るようになります。B-CASカードに不具合があるとテレビが見られなくなりますので、大切に扱いましょう。

【4】チャンネルを設定する

 

テレビが映るようになったらチャンネル設定をしましょう。初期のチャンネル設定はテレビの表示にしたがって設定します。住んでいる地域を郵便番号などを入力して指定するだけで、かんたんに設定完了です。

転居で別の地域に移動したときにも、チャンネルの再設定が必要な場合があります。設定方法はメーカー各社で異なりますので、説明書などで確認して設定してください。

テレビが映らない!エラーのときの対処法

テレビが映らない
Pixabayのロゴ

接続がうまくいかないとテレビが映らないことも。エラーが出ている場合はエラー表示の内容を確認して対処しましょう。

電源やアンテナなどの接続が終わったのにテレビが映らない。そんなときにどんなことを確認すればよいのかをご紹介していきます。

まず確認する6つのこと

テレビの接続はすべて終わったのに電源が入らない、またはエラーが出てしまう場合があります。そんなときは次の6つのことをチェックしてみてください。

【1】テレビの電源は入っているか
【2】配線は正しくつながっているか
【3】「地デジ」の設定になっているか
【4】テレビの入力切換は正しくできているか
【5】B-CASカードが正しく挿入できているか
【6】ほかのテレビがあれば同じように接続して映るか確認してみる

エラー表示の内容を確認

テレビの電源は入ったけれど、エラー表示が出る場合があります。「e201」「e202」「e203」「0020」などのエラー表示が出た場合は、テレビの放送信号や電波がしっかり届いていない可能性があります。ケーブルの接続不良やアンテナ環境など、原因として考えられるものはさまざまです。

これ以外にもさまざまなエラー表示がありますので、取扱説明書で確認して対処してください。それでもテレビが見られない場合はメーカーサポートに問い合わせてみましょう。

テレビと周辺機器を各ケーブルで接続する

 

テレビが映るようになったら、録画機器やゲーム機などを接続させましょう。接続する機器によってケーブルの種類が異なります。詳しくチェックしていきましょう。

HDMIケーブルでつなげる

 

ゲーム機やレコーダー、プレーヤーなどの機器をテレビにつなげる場合はHDMIケーブルを使用します。これらの機器を1台のテレビにいくつもつなぐ場合があるため、テレビ側のHDMI端子は複数用意されています。テレビのどの端子につなぐかは、使う人の使い勝手などを考えたうえで好きなものを使用することができます。

端子のなかにはARC用と記載がある場合があります。これはARC(Audio Return Channel)対応機器と接続する場合に使用しましょう。

USBケーブルでつなげる

 

パソコンなどでなじみのあるUSB端子は、テレビ録画用の外づけハードディスクをつなぐことができます。レコーダーがなくても録画ができるので、レコーダーの代わりに利用したり、テレビによっては同時に2番組を録画ができたりと、とても便利に使えます。

ハードディスク以外にもデジカメやUSBメモリを挿して写真や動画などを楽しむこともできます。

LANケーブルをつなぐ

 

インターネットの接続環境が整っているのであれば、LANケーブルをつなぐだけでテレビでもインターネットを楽しむことができます。また無線LANを内蔵しているテレビであれば、ケーブルを用意する必要もなくインターネットに接続可能です。

ネット動画などに対応しているモデルであれば、地デジ放送以外にネット動画をテレビ画面で楽しめます。テレビをインターネットにつなぐだけで楽しみ方がぐっと広がります。

分配器を使う方法も(HDMIでの複数接続)

 

HDMIの分配器を使えば、映像や音声信号を複数の出力機器に分配することができます。たとえば、1台のパソコンの画面をふたつ以上のテレビに映すことが可能です。パソコンだけでなく、レコーダーやゲーム機を入力側につなぐことも。

テレビのモニターと同時にプロジェクターに大きく映して映画を観るなど、さまざまな使い方ができます。

せっかくならテレビまわりの環境をリフレッシュ

 

たくさんの機器をテレビにつなぐと、ケーブルが増えてテレビまわりがごちゃごちゃしてしまいます。せっかくならすっきりまとめて、テレビまわりの環境をよくしたいですね。どんな方法があるか詳しく見ていきましょう。

テレビまわりの配線をすっきりまとめる

 

テレビからのびる複数のケーブルは、結束バンドやマジックテープでケーブルをまとめるだけでテレビまわりがすっきりします。布のようなやわらかい素材やプラスチックのチューブタイプの収納ケースでまとめれば、よりすっきりした印象に。

クリップを壁やテレビ台などに取りつける方法なら、思いどおりの場所にケーブルをとおせます。

テレビ台を変えてみる

 

ケーブル類がどうしても見えてしまうのであれば、テレビ台を変える方法があります。中身が見えないテレビ台であれば、引き出しなどのなかにケーブル類やコンセントをしまってしまうことが可能です。テレビ台の裏側にネットなどを設置して、そこにケーブル類をまとめてひっかけるなどの方法もあります。

自分で工夫するのが苦手な場合は、ケーブルや電源タップが収納できるスペースを設けたテレビ台も販売されていますのでそちらを検討してみてもよいでしょう。

思いどおりに接続して充実したテレビライフを 編集部まとめ

自分でテレビの設置や接続ができるようになると、新たに買ったときだけでなくいろいろな場面で役に立ちます。テレビは番組や録画したものを楽しむだけでなく、ゲーム機やパソコンなどをつないで楽しむことができるので各種ケーブルや分配器などを上手に活用してください。

たくさんの機器をテレビにつなぐと気になるのはテレビまわりです。ケーブルを結束バンドなどのグッズを使ってまとめるだけでもすっきりします。テレビ台で上手に見えないように工夫する方法も。思いどおりに機器を接続し環境も整えて、充実したテレビライフを送りましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

50代の自称ベテラン編集者。特定のカテゴリを決めずあらゆるカテゴリを担当。得意ジャンルは『住まい・家具・インテリア』。ネット通販でお得に購入した材料や部品を使って、壁のペンキ塗りからキッチン水栓の交換までを自ら行っている。

関連する記事


【2022年】大型テレビおすすめ16選液晶|有機EL、4K・壁掛けなどの人気商品を紹介

【2022年】大型テレビおすすめ16選液晶|有機EL、4K・壁掛けなどの人気商品を紹介

迫力ある大画面で4K8Kの高画質を楽しむべく、大型テレビ。画面サイズもさまざまで、最大では80型の商品も発売されています。この記事では、高機能テレビから格安コスパテレビまで、液晶と有機ELに分けて、おすすめ商品や選び方をご紹介。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 4Kテレビ , テレビ , 生活家電

低価格で大迫力な中型テレビおすすめ18選|32型・40型なども紹介

低価格で大迫力な中型テレビおすすめ18選|32型・40型なども紹介

省スペースでリーズナブルなことから、画面サイズ32型〜43型クラスの中型テレビには根強い人気があります。画面から得られる迫力は大画面テレビには及びませんが、画質自体は向上しており、単身世帯や、テレビや映画などはあまり観ない方に向いています。しかし、実際に購入しようと思うと、どこの点に注目して決めればいいかわかりませんよね。本記事では、中型テレビについて、選び方やおすすめ商品をご紹介。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

tag icon モニター・ディスプレイ , テレビ , テレビ・レコーダー・プレーヤー

32型テレビおすすめ17選|一人暮らしや子供部屋に

32型テレビおすすめ17選|一人暮らしや子供部屋に

「自分の部屋にゲーム用のテレビが欲しい」「一人暮らしを始めるから新しいテレビが欲しい」「小型テレビでいいから安いテレビが欲しい」そう考えている方にピッタリなのが32型テレビです。32型テレビは、現在展開されているテレビの中でも小さいサイズで、画質は4Kなどに比べると劣りますが、とにかく値段が安く、コスパがいいことが魅力。そんな32型テレビですが、実はポイントを抑えて商品を選ぶと、値段はそこそこに、より満足いく視聴ができるんです。本記事では、32型テレビの購入を考えている方に向け、選び方やおすすめ商品を紹介。本記事を読めば、視聴面・機能面・そしてコスパ面できっと満足のいく商品選びができるはずです。ぜひ参考にしてください。

tag icon モニター・ディスプレイ , テレビ , テレビ・レコーダー・プレーヤー

室内アンテナおすすめ10選|高性能受信や薄型モデルも【弱電界でも快適に】

室内アンテナおすすめ10選|高性能受信や薄型モデルも【弱電界でも快適に】

屋外にアンテナがない場合、室内アンテナが必要になります。室内アンテナは、工事が不要で、ケーブルと接続するだけで簡単に設置ができます。本記事では、室内アンテナについて、選び方やおすすめ商品をご紹介!薄型で設置しやすいモデルや、電波感度のいい高性能モデルも紹介しています。記事後半では通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon テレビ周辺機器 , テレビ , テレビ・レコーダー・プレーヤー

40型テレビおすすめ5選|高画質で人気コスパのいい製品も紹介

40型テレビおすすめ5選|高画質で人気コスパのいい製品も紹介

性能に見合ったコスパのよさで比較的に手に入れやすい40型テレビ。本記事では、40型テレビの選び方、価格と性能で厳選したおすすめ商品を紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon モニター・ディスプレイ , テレビ , テレビ・レコーダー・プレーヤー

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。