テレビの設置方法と配線の仕方がわかる!簡単スムーズに接続しよう

テレビの設置方法と配線の仕方がわかる!簡単スムーズに接続しよう

テレビを新たに購入したときに必要となる設置や接続を、業者に依頼する人も多いことでしょう。小さいサイズのテレビであれば、ひとりで設置することが可能です。自分でする場合の設置や配線の仕方を確認しておけば、スムーズに接続できます。この記事ではテレビの設置方法や各種ケーブルの接続方法、テレビまわりの環境を整えてくれるグッズも紹介していますので、参考にしてみてください。


テレビ設置の手順を確認してみよう

テレビの組み立てを業者に依頼する人も多いことでしょう。しかしそれほど大きくないサイズであれば、ひとりで組み立てることも可能です。組み立て手順を確認していきましょう。

テレビを組み立てる ※新規購入の場合

40V型前後までのテレビであればひとりでも組み立てることができます。まずはテレビを台のうえなどの安定した場所に寝かせましょう。布団などの布を敷いておくとテレビをキズつけません。

スタンドをテレビに装着させ、ネジでとめます。そこまでできたら、次はメガネの形の端子の電源ケーブルを接続します。体力などに不安のある人は、40V型以下のテレビであってもふたり以上で組み立てするようにしましょう。

アンテナケーブルを接続する 

地デジだけを視聴する人は、アンテナケーブルを地上デジタル入力端子につなぎましょう。BS/CSチャンネルも視聴するという人は、分波器をアンテナケーブルと一緒に用意しておきます。分波器の地デジとBS/CSにそれぞれの入力端子に挿入しましょう。

挿し間違える場合があるので、よく確認してから接続しましょう。

B-CASカードを挿入する

テレビは電源とアンテナケーブルをつなげばすぐに見られるわけではありません。株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズが提供するB-CASカードが必要となります。テレビの挿入部にゆっくり優しく挿して使用します。

テレビを購入すると1台につき1枚同梱されています。挿入して問題がなければこれでテレビが映るようになります。B-CASカードに不具合があるとテレビが見られなくなりますので、大切に扱いましょう。

チャンネルを設定する

テレビが映るようになったらチャンネル設定をしましょう。初期のチャンネル設定はテレビの表示にしたがって設定します。住んでいる地域を郵便番号などを入力して指定するだけで、かんたんに設定完了です。

転居で別の地域に移動したときにも、チャンネルの再設定が必要な場合があります。設定方法はメーカー各社で異なりますので、説明書などで確認して設定してください。

テレビが映らない!エラーのときの対処法

テレビが映らない
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

接続がうまくいかないとテレビが映らないことも。エラーが出ている場合はエラー表示の内容を確認して対処しましょう。

電源やアンテナなどの接続が終わったのにテレビが映らない。そんなときにどんなことを確認すればよいのかをご紹介していきます。

まず確認する6つのこと

テレビの接続はすべて終わったのに電源が入らない、またはエラーが出てしまう場合があります。そんなときは次の6つのことをチェックしてみてください。

・テレビの電源は入っているか
・配線は正しくつながっているか
・「地デジ」の設定になっているか
・テレビの入力切換は正しくできているか
・B-CASカードが正しく挿入できているか
・ほかのテレビがあれば同じように接続して映るか確認してみる

エラー表示の内容を確認

テレビの電源は入ったけれど、エラー表示が出る場合があります。「e201」「e202」「e203」「0020」などのエラー表示が出た場合は、テレビの放送信号や電波がしっかり届いていない可能性があります。ケーブルの接続不良やアンテナ環境など、原因として考えられるものはさまざまです。

これ以外にもさまざまなエラー表示がありますので、取扱説明書で確認して対処してください。それでもテレビが見られない場合はメーカーサポートに問い合わせてみましょう。

テレビと周辺機器を各ケーブルで接続する

テレビが映るようになったら、録画機器やゲーム機などを接続させましょう。接続する機器によってケーブルの種類が異なります。詳しくチェックしていきましょう。

HDMIケーブルでつなげる

ゲーム機やレコーダー、プレーヤーなどの機器をテレビにつなげる場合はHDMIケーブルを使用します。これらの機器を1台のテレビにいくつもつなぐ場合があるため、テレビ側のHDMI端子は複数用意されています。テレビのどの端子につなぐかは、使う人の使い勝手などを考えたうえで好きなものを使用することができます。

端子のなかにはARC用と記載がある場合があります。これはARC(Audio Return Channel)対応機器と接続する場合に使用しましょう。

USBケーブルでつなげる

パソコンなどでなじみのあるUSB端子は、テレビ録画用の外づけハードディスクをつなぐことができます。レコーダーがなくても録画ができるので、レコーダーの代わりに利用したり、テレビによっては同時に2番組を録画ができたりと、とても便利に使えます。

ハードディスク以外にもデジカメやUSBメモリを挿して写真や動画などを楽しむこともできます。

LANケーブルをつなぐ

インターネットの接続環境が整っているのであれば、LANケーブルをつなぐだけでテレビでもインターネットを楽しむことができます。また無線LANを内蔵しているテレビであれば、ケーブルを用意する必要もなくインターネットに接続可能です。

ネット動画などに対応しているモデルであれば、地デジ放送以外にネット動画をテレビ画面で楽しめます。テレビをインターネットにつなぐだけで楽しみ方がぐっと広がります。

分配器を使う方法も(HDMIでの複数接続)

HDMIの分配器を使えば、映像や音声信号を複数の出力機器に分配することができます。たとえば、1台のパソコンの画面をふたつ以上のテレビに映すことが可能です。パソコンだけでなく、レコーダーやゲーム機を入力側につなぐことも。

テレビのモニターと同時にプロジェクターに大きく映して映画を観るなど、さまざまな使い方ができます。

せっかくならテレビまわりの環境をリフレッシュ

たくさんの機器をテレビにつなぐと、ケーブルが増えてテレビまわりがごちゃごちゃしてしまいます。せっかくならすっきりまとめて、テレビまわりの環境をよくしたいですね。どんな方法があるか詳しく見ていきましょう。

テレビまわりの配線をすっきりまとめる

テレビからのびる複数のケーブルは、結束バンドやマジックテープでケーブルをまとめるだけでテレビまわりがすっきりします。布のようなやわらかい素材やプラスチックのチューブタイプの収納ケースでまとめれば、よりすっきりした印象に。

クリップを壁やテレビ台などに取りつける方法なら、思いどおりの場所にケーブルをとおせます。

テレビ台を変えてみる

ケーブル類がどうしても見えてしまうのであれば、テレビ台を変える方法があります。中身が見えないテレビ台であれば、引き出しなどのなかにケーブル類やコンセントをしまってしまうことが可能です。テレビ台の裏側にネットなどを設置して、そこにケーブル類をまとめてひっかけるなどの方法もあります。

自分で工夫するのが苦手な場合は、ケーブルや電源タップが収納できるスペースを設けたテレビ台も販売されていますのでそちらを検討してみてもよいでしょう。

編集部まとめ 思いどおりに接続して充実したテレビライフを送ろう

自分でテレビの設置や接続ができるようになると、新たに買ったときだけでなくいろいろな場面で役に立ちます。テレビは番組や録画したものを楽しむだけでなく、ゲーム機やパソコンなどをつないで楽しむことができるので各種ケーブルや分配器などを上手に活用してください。

たくさんの機器をテレビにつなぐと気になるのはテレビまわりです。ケーブルを結束バンドなどのグッズを使ってまとめるだけでもすっきりします。テレビ台で上手に見えないように工夫する方法も。思いどおりに機器を接続し環境も整えて、充実したテレビライフを送りましょう。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/02/20 コンテンツを一部更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】テレビ用外付けHDDおすすめ26選|見たいTV番組を見逃さず録画!

【2020年版】テレビ用外付けHDDおすすめ26選|見たいTV番組を見逃さず録画!

「見たいTV番組があるけど、仕事で間に合わない」と悩む社会人は多いと思います。そこで、フリーライター&エディターの堀井塚 高さんへの取材をもとに、2020年版テレビ用外付けHDDの選び方、TV録画にも役立つおすすめ26選をご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


【2021年】大型テレビおすすめ12選|【液晶・有機EL】4K・壁掛けなど厳選

【2021年】大型テレビおすすめ12選|【液晶・有機EL】4K・壁掛けなど厳選

迫力ある大画面で4K8Kの高画質を楽しむべく、大型テレビ。画面サイズもさまざまで、最大では80型の商品も発売されています。この記事では、高機能テレビから格安コスパテレビまで、液晶と有機ELに分けてオーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんと編集部が厳選した50インチ以上の大型テレビのおすすめと選び方をご紹介します。後半には転倒防止グッズのおすすめや通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


【2021】4Kテレビおすすめランキング20選|サイズ別にプロが厳選、激安型落ちも

【2021】4Kテレビおすすめランキング20選|サイズ別にプロが厳選、激安型落ちも

ガジェット選びのプロ、海老原 昭さん厳選の4Kテレビランキングです。10万円以下で購入できる、49インチ以下ベスト10と50インチ以上ベスト10、そして超お手頃価格の有機ELテレビのベスト4を掲載。失敗しない選び方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


お風呂用に最適な防水テレビおすすめ11選|動画配信や録画機能も充実

お風呂用に最適な防水テレビおすすめ11選|動画配信や録画機能も充実

「お風呂にゆっくり浸かってリラックスしたい」「30分以上湯船に浸かって体を温めたい」そう考えている方にとって、お風呂用の防水テレビはとても便利です。近年は、ポータブルテレビでも防水機能を持った製品が数多く展開され、コンパクトなものや高性能なものまで幅広く、また工事も必要ないためとても人気です。また、防水機能が備わっているため、お風呂だけでなく、アウトドアに持ち出すことも可能です。本記事では、防水性能が高いだけでなく、録画機能などの機能性も充実した商品をご紹介します。ぜひ参考に、お風呂タイムを充実させてください!


一人暮らし向けテレビのおすすめ11選|録画機能付きも紹介!

一人暮らし向けテレビのおすすめ11選|録画機能付きも紹介!

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、一人暮らし向けテレビの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。省スペースな場所や比較的近い距離での視聴に向いている一人暮らしテレビ。最近ではあまりテレビを観ないという方も増えているようですが、まだまだ欠かせない家電のひとつといえます。一人暮らしをはじめようと考えている方のなかにも、どの商品を買おうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。一見同じように見える商品でも、4Kテレビ、フルHD、録画機能付き、HDMI端子数など、それぞれ特徴があります。本記事を参考にお気に入りの1台を見つけてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。