ブルーレイレコーダーおすすめランキング26選|低価格モデルや全自動録画タイプも

ブルーレイレコーダーおすすめランキング26選|低価格モデルや全自動録画タイプも
IT・家電ジャーナリスト
安蔵 靖志

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。 日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。 デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。 KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。

家電ジャーナリストの安蔵 靖志さんへの取材と、503名へのアンケート調査をもとに、ブルーレイレコーダーのおすすめランキングを紹介。低価格モデルや全自動録画モデル、4Kチューナー搭載モデルまで幅広く紹介しています。 その他、ブルーレイレコーダーの選び方、各メーカーの人気投票第1位の機種、ユーザーの購入する際のポイントも掲載しています。


プロとユーザーが選ぶ、おすすめブルーレイレコーダーが決定!

テレビ番組の録画やDVD・Blu-rayディスクの再生で活躍するブルーレイレコーダー。4K対応や1TBといった大容量タイプ、スマホ連動型など様々で、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

本記事はそんな方々のブルーレイレコーダー選びをお手伝いするため、家電ジャーナリストの安蔵 靖志さんへの取材と、503名へのアンケート調査をもとに、下記の5つのモデルの「おすすめブルーレイレコーダーランキング」をご紹介!

【ご紹介するランキングの種類】
・低価格・定番モデル
・同時録画モデル
・全自動録画モデル
・4Kチューナー搭載モデル
・2020年最新モデル

また、ランクインした商品の中で、安蔵さんがおすすめする商品にはコメントも入っています!プロ目線で選ばれた商品にも注目です!
ブルーレイレコーダーの、どの機能を重要視したいのか、自分の生活に当てはめて選んでみてくださいね!

また、パナソニック、シャープ、ソニー、東芝などの人気投票第1位の機種も紹介していますので、気になる方は下記のボタンをクリックしてください!

ブルーレイレコーダー各メーカーの【人気投票 第1位】を確認する

【低価格・定番モデル】おすすめランキング6選 安くても使えるブルーレイレコーダーがほしい!

低価格・定番モデルブルーレイの画像

Photo by マイナビおすすめナビ

比較的、お求めやすいブルーレイレコーダーを集めました。ぜひ参考にしてください!

それでは早速、おすすめランキングを発表していきます!

503名へのアンケート調査で「ブルーレイレコーダーを持っている」と回答した329名を対象にアンケート調査を実施し、おすすめのブルーレイレコーダーを教えてもらいました!
また、ランクインした商品の中で、安蔵さんがおすすめする商品にはコメントも入っています!ぜひ、プロ目線で選ばれた商品にも注目してみてください!

まずは、【低価格・定番モデル】のおすすめブルーレイラインキングです。また、各商品のクチコミも掲載していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第6位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 全自動モデル(DMR-BRX2050)』 2016年モデル

Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-BRX2050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-BRX2050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-BRX2050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-BRX2050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-BRX2050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-BRX2050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-BRX2050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-BRX2050)』

出典:Amazon

同時録画可能数 チャンネル録画:4チャンネル(BS、CS放送は最大3チャンネルのみ)、通常録画:3番組(BS、CS放送対応)
容量 2TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ ×
外付けHDD
SeeQVault

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

6チャンネルを最大16日間も全録できる

7チューナーに2TB HDDを内蔵し、6チャンネルをなんと最大約16日間も録画できる「チャンネル録画」機能を搭載する全録タイプのレコーダーです。全録するチャンネルは地デジ、BS、110度CS放送から自在に選べます(BS/110度CSは最大5チャンネルまで)。

Ultra HD Blu-ray再生機能は搭載していませんが、スマートフォンで撮影した写真や動画などを保存して楽しめる「おうちクラウド」機能、外出先などでも視聴できる機能、動画配信サービス対応など機能が充実しています。

【クチコミ(アンケート回答より)】
様々な機能がついているので使いこなせれば生活が便利になる。ただ慣れるまで時間かかると思います(32歳 男性)
いっぱい録画できます(46歳 男性)

【第5位】SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』 2017年モデル

SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』

出典:Amazon

同時録画可能数 3
容量 2TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

じゅうぶんな性能をもちながら価格はリーズナブル

トリプルチューナーと2TBのハードディスクを搭載して3番組同時録画に対応したブルーレイレコーダーです。ウルトラHDブルーレイディスクの再生に対応し、再生機としてもじゅうぶんな実力をもった実力派。

『2B-C20BT3』という性能面ではほとんど変わらない後継機が発売されているため型落ちという扱いになり、性能のわりに価格がリーズナブルなところが魅力です。


【クチコミ(アンケート回答より)】
番組表から簡単に録画できるので、重宝している(37歳 男性)
録画可能時間が長い(46歳 男性)
リモコンのボタン配置が特殊で、番組編集がやりづらい(37歳 男性)

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第4位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 2018年モデル

SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』

出典:Amazon

同時録画可能数 3番組(BS、CS放送対応)
容量 2TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

4Kブルーレイも楽しめる予約録画タイプ

4Kテレビユーザーにおすすめの、Ultra HD Blu-ray再生機能を搭載する予約録画タイプのブルーレイレコーダーです。3チューナーと2TB HDDを搭載しており、最長約2,820時間の録画が可能。一般的な番組表では1週間後までしか予約できませんが、最長1カ月前から予約できる「新作ドラマ・アニメガイド」機能があります。

また、ユーザーのなかで人気のある番組がわかる「みんなの予約ランキング」や、好きなタレント名やキーワード、ジャンルを登録することで自動的に関連番組を録画してくれる「おまかせ・まる録」などの機能が便利です。

【クチコミ(アンケート回答より)】
コストパフォーマンスが良いと思います(39歳 男性)
操作が簡単です(41歳 男性)

【第3位】SHARP(シャープ)『AQUOS ブルーレイ(BD-UT3200)』 2017年モデル

SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT3200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT3200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT3200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT3200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT3200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT3200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT3200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT3200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT3200)』 SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT3200)』

出典:Amazon

同時録画可能数 3番組(BS、CS放送対応)
容量 1TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

話すだけのかんたん操作! 高機能次世代レコーダー

新4K8K衛生放送チューナーは内蔵しないものの、Ultra HD Blu-rayなどの4K規格のメディア再生に対応した高機能ブルーレイレコーダーです。

声で操作をおこなえるところがもっとも大きな特徴。「最初から再生」「30分送って」などの指示や、「録画したドラマを再生して」「○○の番組を予約して」などの複雑な指示でもリモコンに話しかけるだけでかんたんに操作することができます。

ホームネットワークに接続したスマートスピーカーやスマートフォンからも音声操作が可能なので便利です。


【クチコミ(アンケート回答より)】
テレビと連動、起動が出来るから便利。2番組録画出来るのも嬉しい。DVDを観ながら録画出来るのも嬉しい(49歳 女性)
機械音痴でもシンプルだから使える。ただ、起動に時間がかかります(34歳 女性)
スマートで動作音がしないです(35歳 男性)

【第2位】Panasonic(パナソニック)『レギュラーDIGA(DMR-BRS530)』 2017年モデル

Panasonic(パナソニック)『レギュラーDIGA(DMR-BRS530)』 Panasonic(パナソニック)『レギュラーDIGA(DMR-BRS530)』 Panasonic(パナソニック)『レギュラーDIGA(DMR-BRS530)』 Panasonic(パナソニック)『レギュラーDIGA(DMR-BRS530)』 Panasonic(パナソニック)『レギュラーDIGA(DMR-BRS530)』 Panasonic(パナソニック)『レギュラーDIGA(DMR-BRS530)』 Panasonic(パナソニック)『レギュラーDIGA(DMR-BRS530)』

出典:Amazon

同時録画可能数 1番組(BS、CS放送対応)
容量 500GB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応 ×
ウルトラHDブルーレイ ×
外付けHDD
SeeQVault

らくらくかんたん操作で悩まず録画視聴可能

500GBのHDD容量を備えた、1~2人での使用にピッタリなブルーレイレコーダー。リモコン操作もかんたんで、はじめてブルーレイレコーダーを購入する方もとまどうことなく使える商品です。

「観る」「録る」だけのシンプルな機能で、価格を抑えながら、上位機種に劣らない高画質と高音質再生が可能。「録画ができればじゅうぶん。特別な機能は必要ない」という方に向いている製品です。


【クチコミ(アンケート回答より)】
番組表から簡単に録画できて、容量もあるのでかなり活用している。でも、リモコンでチャンネルが回しにくく、リモコンのボタンが少し小さい(27歳 女性)
起動が早い(44歳 男性)
録画が簡単にできる。複数録画できるので便利(38歳 女性)
録画予約の設定がしやすい。本体も軽いです(39歳 男性)

【第1位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-ZW2500)』 2017年モデル

SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-ZW2500)』

出典:楽天市場

同時録画可能数 2
容量 2TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ ×
外付けHDD
SeeQVault

ほかの人がどんな番組を予約録画しているかわかる

2TBのハードディスクを搭載し、ダブルチューナーを搭載して2番組の同時録画が可能なブルーレイレコーダーです。

ユニークなのが「みんなの予約ランキング」機能。インターネット経由で多くの人に録画予約されている番組をジャンル別に最大20位までのランキング形式で表示します。人気の番組をチェックして、気になるものをパッと予約できます。まだ見たことがなかったおもしろい番組を知ることができ、話題の番組を見逃さずに済みます。


【クチコミ(アンケート回答より)】
同時録画ができ、スマホとリンクしている事が便利(30歳 男性)
画質が良い。録画のスピードが速い(44歳 男性)
起動が少し遅いです(49歳 男性)
システムエラーがたまに出てしまう(32歳 女性)

【2番組以上、同時録画モデル】おすすめランキング5選 複数番組を同時に録画できるブルーレイレコーダーがほしい!

2番組以上同時録画モデルの画像

Photo by マイナビおすすめナビ

同時録画は基本中の基本の機能。しかしその中でも使いやすさや容量など、チェックポイントはいくつかあります!

続いて、【2番組以上、同時録画モデル】のおすすめブルーレイラインキングです。各商品のクチコミも掲載していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

【第5位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-2G300)』 2019年モデル

Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-2G300)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-2G300)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-2G300)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-2G300)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-2G300)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-2G300)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-2G300)』

出典:Amazon

同時録画可能数 6
容量 3TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ ×
外付けHDD
SeeQVault ×

Ultra HD Blu-rayで6番組同時録画

6番組同時録画で、どんな番組も見逃すことがないのがうれしい製品。連続ドラマや深夜のサッカーなどを録画して、好きなタイミングで楽しむことができるのが便利です。

Ultra HD Blu-ray対応なので、4Kテレビユーザーは高画質なブルーレイ映像を楽しむことが可能。おうちクラウド機能を使えば、録画データをスマホに移して自分の部屋や通勤通学の最中に観ることもできます。


【クチコミ(アンケート回答より)】
操作しやすいのが、いいところですが、若干重いです(35歳 女性)
コンパクトでいいですね(47歳 女性)

【第4位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-UBX8060)』 2019年モデル

Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-UBX8060)』

出典:Amazon

同時録画可能数 11
容量 8TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

外出先でも録りためた番組の視聴が可能

最大10チャンネルの28日間全部自動録画が可能なブルーレイレコーダーです。特筆すべきはネットワーク機能。スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」をインストールしたスマートフォンなら、インターネット経由でディーガに録画しておいた番組を外出先でも視聴できます。気になった番組をその場ですぐチェックすることもできます。

家中のエンターテインメント環境の中心として働いてくれる、そんな存在感のある一台です。


【クチコミ(アンケート回答より)】
番組表から簡単に録画出来るから扱いやすい(37歳 男性)
起動が若干遅めです(30歳 男性)

【第3位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 2018年モデル

SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』

出典:Amazon

同時録画可能数 3番組(BS、CS放送対応)
容量 3TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

Ultra HD搭載でキレイでダイナミックに

4Kの高画素に加え、明暗をよりこまかに再現できる「4K / HDR(ハイダイナミックレンジ)」を搭載することによって、映像本来の明るさやコントラスト、鮮やかな色を再現してくれるため、臨場感のある映像を楽しむことができます。HDR非対応のテレビでもソニー独自の変換技術によって、高画質を実現します。

また、観たいジャンルによって画質を変更することも可能。映像を自動識別して最適な設定に変更してくれます。長時間録画でもキレイに録画できる「インテリジェント・エンコーダー」を搭載していますので、よりキレイに録画した番組をより高画質で再生したい方は要チェック。


【クチコミ(アンケート回答より)】
スマホと連動できるのが便利です(33歳 男性)
番組表は見やすいです(40歳 女性)
BS視聴が面倒。39歳 男性)

【第2位】TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M3009)』 2019年モデル

TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M3009)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M3009)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M3009)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M3009)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M3009)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M3009)』

出典:Amazon

同時録画可能数 7
容量 3TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ ×
外付けHDD
SeeQVault

観たい番組をあとからチェックして観られる

SNSなどで昨日放送された番組が人気になっていて観てみたいと思ったとしても、普通ならもう観ることはできません。しかし、全録に対応した『REGZAタイムシフトマシン』ならあらかじめ設定しておいたチャンネルの番組をすべて録画してあるため、話題になっている番組をあとからチェックできます。

それだけ常時録画しているとハードディスクの容量が心配になりますが、本体内蔵のハードディスクが3TBの容量があるほか、最大6TBまでのハードディスクを4台まで同時に接続できるため、ハードディスクの容量に困ることはないでしょう。テレビ放送をたくさんチェックしておきたい方に検討していただきたい機種です。


【クチコミ(アンケート回答より)】
スタイリッシュ、レスポンスもいいです(39歳 男性)
操作が簡単です(44歳 女性)

【第1位】TOSHIBA(東芝)『REGZA タイムシフトマシン(DBR-T3008)』 2018年モデル

TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-T3008)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-T3008)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-T3008)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-T3008)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-T3008)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-T3008)』

出典:Amazon

同時録画可能数 3番組(BS、CS放送対応)
容量 3TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ ×
外付けHDD
SeeQVault

安心の大容量! たくさん録ってたくさん観れる

HDD容量が3TBと大容量で、たくさんの番組を録りためることができるブルーレイレコーダーです。スキップ再生で視聴した部分だけをかんたんにダビング編集ができる「おまかせダビング」機能も搭載しています。

また、内容は把握したいけれど全部を観ている時間がない方のために、チャプターごとの自動再生や1.3倍速再生に加えて、約1時間の内容をたった5分で観るモードもついています。気になるところだけ通常再生すれば、時間を有効に使うことができます。


【クチコミ(アンケート回答より)】
使い勝手がよく容量も大きいです(47歳 男性)
テレビもレグザだと連動が良い(48歳 男性)
録画操作が簡単(40歳 男性)

【全自動録画モデル】おすすめランキング4選 予約してない番組も録画できるブルーレイレコーダーがほしい!

全自動録画モデルの画像

Photo by マイナビおすすめナビ

すべて自動で録画を行ってくれるから、録り忘れの心配なし!どんな商品がピッタリか確認してみてくださいね!

続いて、【全自動録画モデル】のおすすめブルーレイラインキングです。各商品のクチコミも掲載していますので、ぜひ参考にしてください!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第4位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 全自動モデル(DMR-UBX4050)』 2018年モデル

Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX4050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX4050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX4050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX4050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX4050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX4050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX4050)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX4050)』

出典:Amazon

同時録画可能数 チャンネル録画:4チャンネル(BS、CS放送は最大3チャンネルのみ)、通常録画:3番組(BS、CS放送対応)
容量 4TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

6chを28日間自動録画 4Kブルーレイにも対応

7チューナーに4TB HDDを内蔵し、6チャンネルを最大約28日間も録画できる全録タイプのレコーダー。パナソニックの「チャンネル録画」対応モデルはもうひとつ上位のモデルがありますが、このモデルはチャンネル録画の期間がじゅうぶんに長いうえ、Ultra HD Blu-rayの再生機能も搭載しているため、コストパフォーマンスではすぐれています。

「DMR-BRX2050」の最長16日間でもじゅうぶんですが、「DMR-UBX4050」は同じ16日間分を、より高画質な録画モードで全録するといった使い方も可能。全録レコーダーがほしい4Kテレビユーザーにはこちらのモデルがイチオシです。

【クチコミ(アンケート回答より)】
全撮りできて便利です。もっと大きい容量にすればよかった(46歳 女性)

【第3位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ 全自動モデル(DMR-UBX4060)』 2019年モデル

Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ全自動モデル(DMR-UBX4060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ全自動モデル(DMR-UBX4060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ全自動モデル(DMR-UBX4060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ全自動モデル(DMR-UBX4060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ全自動モデル(DMR-UBX4060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ全自動モデル(DMR-UBX4060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ全自動モデル(DMR-UBX4060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ全自動モデル(DMR-UBX4060)』

出典:Amazon

同時録画可能数 6
容量 4TB
新4K8K衛星放送対応
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault ×

スマホと連携して手元で録画再生ができる

最大6ch×28日間の放送をすべて自動録画することが可能な大容量ハードディスクを搭載している製品。どんな番組も取り逃さないのはありがたい機能と言えるでしょう。

おうちクラウド機能を使えば、Wi-Fi経由で録画した番組を手元のスマホで再生することも可能。さらにスマホに取り込んで、外出先で再生することもできます。通勤通学の際のおともとしてうれしい機能です。


【クチコミ(アンケート回答より)】
たくさん取りだめできる(38歳 女性)
今まで古いタイプのものだったので、使い勝手がかなり良くなっている(40歳 男性)

【第2位】TOSHIBA(東芝)『REGZA タイムシフトマシン(DBR-M4008)』 2018年モデル

TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M4008)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M4008)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M4008)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M4008)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M4008)』 TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M4008)』

出典:Amazon

同時録画可能数 タイムシフトマシン:7チャンネル(BS、CS放送対応)、通常録画:3番組(BS、CS放送対応)
容量 4TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ ×
外付けHDD
SeeQVault

REGZAのトップグレード! 常に働くレコーダー

録画予約不要の「タイムシフトマシン」機能を使えば7チャンネルをまるごと24時間(うち1時間はメンテナンス時間)録画することが可能。予約録画の場合は最大3番組です。HDD容量は4TBと大容量。外づけHDDにも対応していますので、ハードディスクの容量が不足する状況はほとんどないでしょう。

また、「ビジュアル過去番組表」で自動録画された番組が番組表に画像化して表示され、観たい番組がみつかりやすいように工夫されています。


【クチコミ(アンケート回答より)】
予約が簡単で使いやすいです(28歳 男性)

【第1位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 全自動モデル(DMR-UBX8060)』 2019年モデル

Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX8060)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA全自動モデル(DMR-UBX8060)』

出典:Amazon

同時録画可能数 11
容量 8TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

大容量ハードディスクを賢く活用して「全部録り」

最大10チャンネル分のチューナーを搭載し、かつ「全部録り」に対応できるだけの大容量8TBのハードディスクを搭載したブルーレイレコーダーです。録った番組はスマートフォンに持ち出し(ダウンロード)もできるためインターネットにつながらない状態でのオフライン再生も可能です。

あらかじめ設定しておいたチャンネルの番組を録画し続け、古い番組から順に自動的に消去していく「チャンネル録画」機能をそなえています。大量に番組を録りためたときにつきものの悩みが「見たものを消去するのもたいへん」というものですが、この機種はそうした管理の手間もいらず気楽にテレビ放送を楽しめます。


【クチコミ(アンケート回答より)】
機能性が良い(39歳 女性)
操作が簡単でいいですね(42歳 男性)

【4Kチューナー搭載モデル】おすすめランキング6選 ブルーレイレコーダーで4K衛星放送を観たい・撮りたい!

4Kチューナー搭載モデルの画像

Photo by マイナビおすすめナビ

4K衛星放送をきれいに映し出し、録画などを行うために必要な機能が搭載された商品です!

まずは、【4Kチューナー搭載モデル】のおすすめブルーレイラインキングです。また、各商品のクチコミも掲載していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

【第6位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4CW400)』 2019年モデル

Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4CW400)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4CW400)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4CW400)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4CW400)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4CW400)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4CW400)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4CW400)』

出典:Amazon

同時録画可能数 3(4K放送は2番組まで)
容量 4TB
新4K8K衛星放送対応
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

大容量ハードディスク搭載、4K放送もたっぷり録画

4K衛星放送対応のチューナーを搭載し、4K放送の視聴と録画が可能なブルーレイレコーダーです。4K放送は高画質ですが、その分いくつもの番組を録画するためには大容量のハードディスクが必要になります。この機種は4TBのハードディスクを搭載し、4K放送でも4倍録モードでは約1,040時間の録画が可能です。

4TBまでの外づけHDDの利用も可能なため、録画できる時間はさらに長くすることもできます。録りためる容量をあとから決めたい方はこういった商品がいいでしょう。

【第5位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4W400)』 2019年モデル

Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4W400)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4W400)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4W400)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4W400)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4W400)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4W400)』 Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4W400)』

出典:Amazon

同時録画可能数 3(4K放送は2番組まで)
容量 4TB
新4K8K衛星放送対応
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

4K放送も2番組同時録画!

新衛星4K放送のチューナーを2基搭載しており、4K放送の2番組同時録画に対応したブルーレイレコーダーです。4K長時間録画にも対応しており、画質の劣化をあまり感じさせず高画質な4K放送を最大で約1,040時間とたっぷり録画できます。

もちろん、録画した4K放送は画質をそのままにブルーレイディスクに書き込み可能。新4K放送を味わいつくしたい方にぜひチェックしていただきたい機種です。


【クチコミ(アンケート回答より)】
少し設定が面倒です(39歳 男性)
すぐ録れるのはいいですね(39歳 男性)

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第4位】SHARP(シャープ)『AQUOS 4Kレコーダー(4B-C40AT3)』 2018年モデル

SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40AT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40AT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40AT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40AT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40AT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40AT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40AT3)』

出典:Amazon

同時録画可能数 3番組(BS、CS放送対応)
容量 4TB
新4K8K衛星放送対応 ○(新4K衛星放送のみ)
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault ○(新4K衛星放送は非対応)

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

4K衛星放送をブルーレイディスクに保存できる

2018年12月にスタートした「新4K衛星放送」対応チューナーを搭載し、4TB HDDに4K放送を4K高画質のまま約262時間録画できるブルーレイレコーダー。3波チューナーも3基内蔵しており、4K放送を含めて3番組同時録画が可能です。

録画した4K番組は、ブルーレイディスクに最長約8時間10分(4層128GBディスクの場合)保存できるのも大きな魅力です。もちろんUltra HD Blu-rayの再生にも対応。4K衛星放送の視聴には専用アンテナや分波器などが必要になりますが、4Kテレビユーザーで4K衛星放送も視聴・録画したいという方におすすめです。

【クチコミ(アンケート回答より)】
たくさん録画できる。4Kで録画できるので迫力がすごい(39歳 男性)
(ブルーレイディスクの)回転がスムーズで良いです(35歳 男性)
特にないが、4Kで録画すると、容量が減りやすいのが不満(39歳 男性)

【第3位】SHARP(シャープ)『AQUOS 4Kレコーダー(4B-C40BT3)』 2019年モデル

SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40BT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40BT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40BT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40BT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40BT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40BT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40BT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40BT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40BT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40BT3)』 SHARP(シャープ)『AQUOS4Kレコーダー(4B-C40BT3)』

出典:Amazon

同時録画可能数 3
容量 4TB
新4K8K衛星放送対応
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

大容量4TBでさまざまな番組を同時録画可能

4KBS/CSダブルチューナー搭載。地上波などは3番組同時録画も可能な、4TBという大容量HDDを備えたブルーレイレコーダーです。録画映像を4K放送級の映像にアップコンバートする5upコンバーターも搭載されています。

ハイスペックなので、好みが分かれる家族間で共用して使うのにも向いています。4K番組を2番組同時に録画できるので、家族で異なる番組を録画するときにも役立つでしょう。


【クチコミ(アンケート回答より)】
簡単に番組録画できるので重宝しております(37歳 男性)
容量が大きいのでたくさん録画できる(27歳 男性)
ボタンが小さいです(40歳 男性)

【第2位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 2019年モデル

SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』

出典:Amazon

同時録画可能数 3
容量 4TB
新4K8K衛星放送対応
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

4K放送の同時録画に加えスマホからの録画予約も

4K放送2番組同時録画に、地上波の3番組同時録画に対応している多機能な製品です。

スマホからも録画予約が可能となっており、専用アプリを使って外出先からも録画できるのでとても便利。ソニーならではの独自技術で4K録画も鮮明に行なえ、ブルーレイへのライティングスピードも速いので編集にストレスを感じることもないでしょう。


【クチコミ(アンケート回答より)】
操作方法が簡単(37歳 男性)
ハードディスクの容量が多いです(48歳 男性)
スマホと連動できるので良い(40歳 男性)

【第1位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 2019年モデル

SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』

出典:Amazon

同時録画可能数 2
容量 2TB
新4K8K衛星放送対応
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

ハードディスクからの読み込みも早い優良機種

4K放送の2番組同時録画に対応。スマホからの録画予約もでき、番組を見逃してしまう心配が減ります。

さまざまな画質を選ぶことができるので持っているテレビやハードディスクの容量を考慮して録画することも可能。もちろんハードディスクを追加することもでき、読み込みも早いので録画派の人も満足できる機種と言えるのではないでしょうか。


【クチコミ(アンケート回答より)】
スピードが速い(32歳 女性)
操作方法が分かりやすい(45歳 女性)
比較的簡単で扱いやすいとおもいます(48歳 男性)
リモコンの反応が少しにぶい(49歳 男性)
容量が割と早くいっぱいになる(39歳 男性)

【2020年、新発売モデル】おすすめランキング5選 最新のブルーレイレコーダーをチェック!

2020年新発売モデル

Photo by マイナビおすすめナビ

ただのマイナーチェンジと侮ることなかれ!さらに便利な機能の商品をご紹介しています!

そして最後は、【2020年、新発売モデル】のおすすめブルーレイラインキングです。ユーザーの型に各商品のクチコミも掲載していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

【第5位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ DMR-BRW2060』 2020年モデル

パナソニック『おうちクラウドディーガDMR-BRW2060』 パナソニック『おうちクラウドディーガDMR-BRW2060』 パナソニック『おうちクラウドディーガDMR-BRW2060』 パナソニック『おうちクラウドディーガDMR-BRW2060』 パナソニック『おうちクラウドディーガDMR-BRW2060』 パナソニック『おうちクラウドディーガDMR-BRW2060』 パナソニック『おうちクラウドディーガDMR-BRW2060』

出典:Amazon

同時録画可能数 2
容量 2TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ ×
外付けHDD
SeeQVault

気軽に使える高画質の「おうちクラウド」対応モデル

初心者でも簡単に設置ができる「らくらく設定」に対応し、誰でも気軽に使えるレコーダーです。高精細な4Kアップコンバートを実現する独自技術を搭載、市販のBDからハイビジョン放送まで高画質で楽しむことができます。「おうちクラウド」対応で、スマホで番組の録画や視聴を行なったり、写真や動画を家族でシェアすることも可能です。


【クチコミ(アンケート回答より)】
使い勝手がいいです(42歳 男性)

【第4位】Panasonic(パナソニック)『全自動ディーガDMR-2CX200』 2020年モデル

パナソニック『全自動ディーガDMR-2CX200』 パナソニック『全自動ディーガDMR-2CX200』 パナソニック『全自動ディーガDMR-2CX200』 パナソニック『全自動ディーガDMR-2CX200』 パナソニック『全自動ディーガDMR-2CX200』 パナソニック『全自動ディーガDMR-2CX200』 パナソニック『全自動ディーガDMR-2CX200』

出典:Amazon

同時録画可能数 3
容量 2TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ ×
外付けHDD
SeeQVault

6chで16日分を録画できる全自動モデル

指定したチャンネルを録り続け、古いほうから順に削除する「チャンネル録画」に対応した全自動モデル。最大で6チャンネルを16日分録画することができます。ドラマやアニメについては、「ドラマ・アニメおとりおき」機能で90日間消去せず保存しておくことも可能です。スマホの写真や動画を共有できるほか、録画した番組をスマホで視聴できるなど、スマホとの連携機能も搭載しています。


【クチコミ(アンケート回答より)】
同時録画ができる(42歳 男性)
録画が非常に楽ですね(37歳 女性)
起動がちょっと遅い(34歳 男性)
録画の容量が多い(25歳 男性)

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第3位】Panasonic(パナソニック)『全自動ディーガ DMR-4X1000』 2020年モデル

パナソニック『全自動ディーガDMR-4X1000』 パナソニック『全自動ディーガDMR-4X1000』 パナソニック『全自動ディーガDMR-4X1000』 パナソニック『全自動ディーガDMR-4X1000』 パナソニック『全自動ディーガDMR-4X1000』 パナソニック『全自動ディーガDMR-4X1000』 パナソニック『全自動ディーガDMR-4X1000』

出典:Amazon

同時録画可能数 3
容量 10TB
新4K8K衛星放送対応
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ
外付けHDD
SeeQVault

全自動タイプ初の4Kチューナー内蔵モデル

全自動タイプのBDレコーダーとして初となる4Kチューナー内蔵モデル。新4K衛星放送を同時に2番組録画することが可能です。映像に応じて録画の倍率を自動調整する「おまかせ長時間録画」や指定したチャンネルを録り続け、古いほうから順に削除する「チャンネル録画」も芯4K衛星放送に対応。ディーガならではの「おうちクラウド」機能も搭載されています。2TBモデルの「DMR-4X600」もラインナップされます。


【クチコミ(アンケート回答より)】
テレビと同じメーカーだと、とても操作がしやすい(43歳 男性)
28日間、自動録画してくれます(43歳 男性)
シンプルな機能だけでも十分使える(47歳 男性)
リモコンでの操作が少し難しい(43歳 男性)

【第2位】SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ 2B-C10CT1』 2020年モデル

シャープ『AQUOSブルーレイ2B-C10CT1』 シャープ『AQUOSブルーレイ2B-C10CT1』 シャープ『AQUOSブルーレイ2B-C10CT1』 シャープ『AQUOSブルーレイ2B-C10CT1』 シャープ『AQUOSブルーレイ2B-C10CT1』 シャープ『AQUOSブルーレイ2B-C10CT1』 シャープ『AQUOSブルーレイ2B-C10CT1』 シャープ『AQUOSブルーレイ2B-C10CT1』 シャープ『AQUOSブルーレイ2B-C10CT1』 シャープ『AQUOSブルーレイ2B-C10CT1』

出典:Amazon

同時録画可能数 3
容量 1TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ ×
外付けHDD
SeeQVault

HDDやBDドライブの診断機能搭載モデル

HDDやBDドライブの健康診断機能を搭載した製品。突然の故障の前に、大事な番組をダビングするなどして備えることができます。連続ドラマを自動録画する「ドラ丸」や、AQUOSリモコンやスマートスピーカー、スマホなどに話しかけるだけで、録画予約や番組再生などの操作を行なうことができる、「声でラクラク操作」機能も搭載しています。ダブルチューナーの『2B-C10CW1』もあります。


【クチコミ(アンケート回答より)】
3番組同時録画はほんとにいいと思った(30歳 男性)
録画が簡単で使いやすい(39歳 男性)
ハードディスク容量が少ない気がする(30歳 男性)

【第1位】TOSHIBA(東芝)『レグザブルーレイ DBR-T1009』 2020年モデル

東芝『レグザブルーレイDBR-T1009』 東芝『レグザブルーレイDBR-T1009』 東芝『レグザブルーレイDBR-T1009』 東芝『レグザブルーレイDBR-T1009』 東芝『レグザブルーレイDBR-T1009』

出典:Amazon

同時録画可能数 3
容量 1TB
新4K8K衛星放送対応 ×
Wi-Fi対応
ウルトラHDブルーレイ ×
外付けHDD
SeeQVault

スマホから音声でさまざまな操作が可能

専用のスマホアプリを使うと、番組の検索や再生、音量調整のほか、再生スピードの変更やチャプタースキップ、予約一覧の確認など、さまざまな操作をスマホから音声で行なうことができます。「らく早見」、「飛ばし見」などができる「時短で見る」や、番組本編のみを簡単にディスクに保存できる「時短で残す」など、多彩な時短機能も搭載されています。


【クチコミ(アンケート回答より)】
2番組録画出来る。でもスキップに時間がかかります(48歳 男性)
画像が美しい。電源が切れるのが遅い(49歳 男性)
動作音が少し気になります(42歳 女性)
ハードディスクの容量が多い(36歳 男性)
同時にたくさん録画できるのがいい(38歳 男性)

「ブルーレイレコーダー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
【第6位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 全自動モデル(DMR-BRX2050)』
【第5位】SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』
【第4位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』
【第3位】SHARP(シャープ)『AQUOS ブルーレイ(BD-UT3200)』
【第2位】Panasonic(パナソニック)『レギュラーDIGA(DMR-BRS530)』
【第1位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-ZW2500)』
【第5位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-2G300)』
【第4位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-UBX8060)』
【第3位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』
【第2位】TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M3009)』
【第1位】TOSHIBA(東芝)『REGZA タイムシフトマシン(DBR-T3008)』
【第4位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 全自動モデル(DMR-UBX4050)』
【第3位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ 全自動モデル(DMR-UBX4060)』
【第2位】TOSHIBA(東芝)『REGZA タイムシフトマシン(DBR-M4008)』
【第1位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 全自動モデル(DMR-UBX8060)』
【第6位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4CW400)』
【第5位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4W400)』
【第4位】SHARP(シャープ)『AQUOS 4Kレコーダー(4B-C40AT3)』
【第3位】SHARP(シャープ)『AQUOS 4Kレコーダー(4B-C40BT3)』
【第2位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』
【第1位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』
【第5位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ DMR-BRW2060』
【第4位】Panasonic(パナソニック)『全自動ディーガDMR-2CX200』
【第3位】Panasonic(パナソニック)『全自動ディーガ DMR-4X1000』
【第2位】SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ 2B-C10CT1』
【第1位】TOSHIBA(東芝)『レグザブルーレイ DBR-T1009』
商品名 【第6位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 全自動モデル(DMR-BRX2050)』 【第5位】SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』 【第4位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』 【第3位】SHARP(シャープ)『AQUOS ブルーレイ(BD-UT3200)』 【第2位】Panasonic(パナソニック)『レギュラーDIGA(DMR-BRS530)』 【第1位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-ZW2500)』 【第5位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-2G300)』 【第4位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ(DMR-UBX8060)』 【第3位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』 【第2位】TOSHIBA(東芝)『REGZAタイムシフトマシン(DBR-M3009)』 【第1位】TOSHIBA(東芝)『REGZA タイムシフトマシン(DBR-T3008)』 【第4位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 全自動モデル(DMR-UBX4050)』 【第3位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ 全自動モデル(DMR-UBX4060)』 【第2位】TOSHIBA(東芝)『REGZA タイムシフトマシン(DBR-M4008)』 【第1位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 全自動モデル(DMR-UBX8060)』 【第6位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4CW400)』 【第5位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4W400)』 【第4位】SHARP(シャープ)『AQUOS 4Kレコーダー(4B-C40AT3)』 【第3位】SHARP(シャープ)『AQUOS 4Kレコーダー(4B-C40BT3)』 【第2位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』 【第1位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』 【第5位】Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドディーガ DMR-BRW2060』 【第4位】Panasonic(パナソニック)『全自動ディーガDMR-2CX200』 【第3位】Panasonic(パナソニック)『全自動ディーガ DMR-4X1000』 【第2位】SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ 2B-C10CT1』 【第1位】TOSHIBA(東芝)『レグザブルーレイ DBR-T1009』
商品情報
特徴 6チャンネルを最大16日間も全録できる じゅうぶんな性能をもちながら価格はリーズナブル 4Kブルーレイも楽しめる予約録画タイプ 話すだけのかんたん操作! 高機能次世代レコーダー らくらくかんたん操作で悩まず録画視聴可能 ほかの人がどんな番組を予約録画しているかわかる Ultra HD Blu-rayで6番組同時録画 外出先でも録りためた番組の視聴が可能 Ultra HD搭載でキレイでダイナミックに 観たい番組をあとからチェックして観られる 安心の大容量! たくさん録ってたくさん観れる 6chを28日間自動録画 4Kブルーレイにも対応 スマホと連携して手元で録画再生ができる REGZAのトップグレード! 常に働くレコーダー 大容量ハードディスクを賢く活用して「全部録り」 大容量ハードディスク搭載、4K放送もたっぷり録画 4K放送も2番組同時録画! 4K衛星放送をブルーレイディスクに保存できる 大容量4TBでさまざまな番組を同時録画可能 4K放送の同時録画に加えスマホからの録画予約も ハードディスクからの読み込みも早い優良機種 気軽に使える高画質の「おうちクラウド」対応モデル 6chで16日分を録画できる全自動モデル 全自動タイプ初の4Kチューナー内蔵モデル HDDやBDドライブの診断機能搭載モデル スマホから音声でさまざまな操作が可能
同時録画可能数 チャンネル録画:4チャンネル(BS、CS放送は最大3チャンネルのみ)、通常録画:3番組(BS、CS放送対応) 3 3番組(BS、CS放送対応) 3番組(BS、CS放送対応) 1番組(BS、CS放送対応) 2 6 11 3番組(BS、CS放送対応) 7 3番組(BS、CS放送対応) チャンネル録画:4チャンネル(BS、CS放送は最大3チャンネルのみ)、通常録画:3番組(BS、CS放送対応) 6 タイムシフトマシン:7チャンネル(BS、CS放送対応)、通常録画:3番組(BS、CS放送対応) 11 3(4K放送は2番組まで) 3(4K放送は2番組まで) 3番組(BS、CS放送対応) 3 3 2 2 3 3 3 3
容量 2TB 2TB 2TB 1TB 500GB 2TB 3TB 8TB 3TB 3TB 3TB 4TB 4TB 4TB 8TB 4TB 4TB 4TB 4TB 4TB 2TB 2TB 2TB 10TB 1TB 1TB
新4K8K衛星放送対応 × × × × × × × × × × × × × × ○(新4K衛星放送のみ) × × × ×
Wi-Fi対応 ×
ウルトラHDブルーレイ × × × × × × × × × × ×
外付けHDD
SeeQVault × × ○(新4K衛星放送は非対応)
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月1日時点 での税込価格

各メーカーの【人気投票 第1位】はこれだ! ブルーレイレコーダーのブランドの特徴も紹介!

ここでは、各人気メーカーの特徴と、「メーカー別のユーザーランキング第1位の商品(※)」もご紹介いたします!

(※)503名へのアンケート調査で「ブルーレイレコーダーを持っている」と回答した329名を対象にアンケート調査を実施し、ランキングを作成。

パナソニック(Panasonic) 画質の高さに定評のあるオールラウンダー

パナソニックのレコーダー「DIGA(ディーガ)」シリーズは、超解像技術やUltra HD Blu-rayに対応するモデルも多く、画質の高さに定評があります

スマホとの連携機能もあり、多くのモデルに搭載されている「おうちクラウドディーガ」機能を使うと、スマホで撮った写真や動画を家族で共有することができます。

パナソニックの【人気投票 第1位】はこちら!

【第1位】Panasonic(パナソニック)『レギュラーDIGA(DMR-BRS530)』

500GBのHDD容量を備えたブルーレイレコーダー。リモコン操作もかんたんで、初心者の方もとまどうことなく使える商品。「観る」「録る」だけのシンプルな機能で、価格を抑えたモデルです。

第2位以降は下記になります。

【第2位】『全自動ディーガ DMR-4X1000』
【第3位】『おうちクラウドDIGA 全自動モデル(DMR-UBX8060)』
【第4位(同率)】『おうちクラウドディーガ(DMR-UBX8060)』
【第4位(同率)】『全自動ディーガDMR-2CX200』
【第6位(同率)】『おうちクラウドディーガ(DMR-2G300)』
【第6位(同率)】『おうちクラウドディーガ DMR-BRW2060』
【第8位(同率)】『おうちクラウドDIGA 全自動モデル(DMR-BRX2050)』
【第8位(同率)】『おうちクラウドディーガ 全自動モデル(DMR-UBX4060)』
【第8位(同率)】『おうちクラウドDIGA 4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4W400)』
【第11位】『おうちクラウドDIGA 全自動モデル(DMR-UBX4050)』
【第12位】『おうちクラウドDIGA 4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4CW400)』

ソニー(SONY) 超解像技術や自動録画技術に注目

ソニーの「BDZ」シリーズは、超解像技術による高画質を実現するレコーダー。ビデオカメラやスマホとの連携など、数多くの機能を搭載しています。

精度が高いことで知られる自動録画機能も便利で、キーワードやジャンルを指定するだけで、好みの番組を確実に録画してくれます。

ソニーの【人気投票 第1位】はこちら!

【第1位】SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBW2000)』

4K放送の2番組同時録画に対応。スマホからの録画予約もでき、番組を見逃してしまう心配が減ります。ハードディスクを追加することもでき、読み込みも早く、録画派の人も満足できる機種と言えるでしょう。

第2位以降は下記になります。

【第2位】『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-ZW2500)』
【第3位】『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FBT4000)』
【第4位(同率)】『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』
【第4位(同率)】『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』

シャープ(SHARP) シンプル機能でドラマ好きにおすすめ

シャープの「AQUOS」シリーズは、シンプルで使い勝手がよいことで知られるレコーダーです。

ドラマのファンにうれしい「ドラ丸」機能も搭載しています。連続ドラマを自動でリストアップして自動的に録画し、最新の4週間分を保存してくれるので、お気に入りのドラマを見逃す心配がありません。

シャープの【人気投票 第1位】はこちら!

【第1位】SHARP(シャープ)『AQUOSブルーレイ 2B-C10CT1』

HDDやBDドライブの健康診断機能を搭載した製品。連続ドラマを自動録画する「ドラ丸」や、AQUOSリモコンやスマートスピーカー、スマホなどに話しかけて操作する「声でラクラク操作」機能も搭載。嬉しい機能が満載です。

第2位以降は下記になります。

【第2位(同率)】『AQUOS ブルーレイ(BD-UT3200)』
【第2位(同率)】『AQUOS 4Kレコーダー(4B-C40BT3)』
【第4位】『AQUOS 4Kレコーダー(4B-C40AT3)』
【第5位】『AQUOSブルーレイ(BD-UT2200)』

東芝(TOSHIBA) バラエティからドラマまで、テレビ好きにはたまらない!

東芝で有名なのは、やはりREGZAシリーズでしょう。

「タイムシフトマシン」機能などの録画機能が充実しており、6~7チャンネルの番組を同時録画可能。ジャンルを選べば自動で録画してくれます。とにかくテレビが好きという方にピッタリです。

東芝の【人気投票 第1位】はこちら!

【第1位】TOSHIBA(東芝)『レグザブルーレイ DBR-T1009』

専用のスマホアプリと連動させることで、番組の検索や再生、音量調整のほか、再生スピードの変更やチャプタースキップ、予約一覧の確認など、さまざまな操作をスマホから音声で行なえる便利機能が満載の機種になります。

第2位以降は下記になります。

【第2位】『REGZA タイムシフトマシン(DBR-T3008)』
【第3位】『REGZA タイムシフトマシン(DBR-M3009)』
【第4位】『REGZA タイムシフトマシン(DBR-M4008)』

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ブルーレイレコーダーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのブルーレイレコーダーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ブルーレイプレーヤー・レコーダーランキング
楽天市場:ブルーレイ・DVDレコーダーランキング
Yahoo!ショッピング:ブルーレイ、DVDレコーダーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ブルーレイレコーダーの選び方

ブルーレイレコーダーのイメージ画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ハードディスクの容量はどれくらい必要?同時録画機能はどう選ぶ?4K対応は? スマホ連携は? 超解像度技術って何?など、ブルーレイレコーダー選びの疑問に答えます。

ハードディスクの容量は1TB以上ほしい! 録画可能時間のめやすを知って選ぼう

ブルーレイレコーダーを買ってからの後悔として多いのが「すぐハードディスクがいっぱいになってしまう」こと。ハードディスクの容量はどれくらい必要なのか、録画可能時間のめやすを解説します。

ハードディスク容量はB(バイト)という単位であらわします。ブルーレイレコーダーの容量は、500GB(ギガバイト)程度から、数TB(テラバイト)まで、幅があり、大きいほど価格も高くなります。

録画した番組をすぐ見て消す人に

価格を重視するなら、容量が少ないものがおすすめです。放送されているそのままの画質で録画できるDRモードの場合、500GBなら40~60時間程度の録画が可能です。画質を落として録画すれば、さらに多くの番組を録画することができます。

録画した番組を数日中に見てすぐに消す、という使い方なら、余裕を持って使えるでしょう。録画した番組をある程度ためておきたい人にはおすすめできません。

録画した番組を週末にまとめて見たい人に

ハードディスク容量が1TBなら80~120時間、2TBなら160~240時間程度録画できます。高画質のままでも、多くの番組を録画することができます。

週末や連休など、時間が空いたときにまとめて見て、不要な番組を消していく、という使い方に向いています。家族でシェアして使う場合にも、1TB以上のものがおすすめです。

容量を気にせずたくさん録画したい人に

録画した番組を繰り返して見るなど、番組をためておきたい人は、3TB以上のものを選びましょう。3TBあれば、240~360時間程度録画できますので、画質も残り容量も気にせずどんどん録ってためておくことができます。

ただし、容量の大きいものは価格も高くなることに注意してください。

チューナー数をチェック!同時録画対応は3番組以上に!

IT・家電ジャーナリスト

録画したい番組が重なる方は3チューナー以上を!

同時録画できるチューナー数はかなり重要です。特番の時期などには録りたい番組が重なることが多いため、最低でも2番組同時録画対応、できれば3番組同時録画対応以上のモデルを選ぶことをおすすめします。

また、たくさん録りためるためにはHDD容量 も重要です。画質を落とすことでどのくらいの時間まで録画できるのか、容量に加えて録画可能時間もチェックしましょう。

SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT3000)』

地上デジタル放送、BS/CS放送番組ともに3チューナー搭載し、3録画同時に録画できるモデル。

>> Amazonで詳細を見る

「全録タイプ」か「予約録画タイプ」かを選ぶ

IT・家電ジャーナリスト

全自動録画なら全番組を逃さず録れる

ブルーレイレコーダーは、複数のチャンネルを録画し続けて、「過去番組表」と呼ばれるテレビ欄タイプの番組表から再生番組を選べる「全録タイプ」と、従来どおり番組表から録画する番組を選ぶ「予約録画タイプ」の2つに分かれます。

全録タイプは価格が高めですが、地デジ6チャンネルを1週間以上録りためてくれますので、話題になった番組を後から観ることができます。予算さえ許せばかなりおすすめです。好きな番組だけをしっかりと録画したいという方は、それ以外の予約録画タイプを選ぶといいでしょう。

Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 全自動モデル』

予約の手間いらずの全録タイプは、ゴールデンタイムの番組をのがさずに複数録画したい方におすすめ。

>> Amazonで詳細を見る

「4K・Ultra HD ブルーレイ」再生機能の有無に注目

IT・家電ジャーナリスト

3Dや画像をきれいに観たいという方は要チェック

4Kテレビをお持ちの方、近々持つ予定の方なら、ブルーレイレコーダーのUltra HD Blu-rayの再生機能の有無にも注目です。Ultra HD Blu-rayというのはブルーレイディスクをさらに高画質化した、いわば「4Kブルーレイ規格」です。

Ultra HD Blu-ray画質の映像コンテンツは、ハリウッド映画を中心にどんどん増えている状況です。Ultra HD Blu-ray再生機能を搭載するモデルなら、より高画質なコンテンツを楽しめるようになります。

「4K・Ultra HD ブルーレイ」とは

SONY(ソニー)『ブルーレイディスクレコーダー(BDZ-FT2000)』

従来のブルーレイ画質と比べてはるかに高画質な「4K・Ultra HD ブルーレイ」再生機能。

>> Amazonで詳細を見る

4Kテレビをお持ちの方におすすめなのが、「4K・Ultra HD ブルーレイ」対応モデル。ブルーレイでは再現できなかったリアルな色の表現ができ、メリハリのある美しい映像の再生が可能。ブルーレイよりもさらに高精細な画質で映像を楽しむことができます。

4Kチューナー搭載モデルで高画質な4K衛星放送を録画しよう

IT・家電ジャーナリスト

新4K衛星放送の録画は4Kチューナー搭載モデルを

4K対応テレビをお持ちで、2018年12月にスタートした「新4K8K衛星放送」の視聴環境が整っている、またはこれから整えたいという方は、新4K8K衛星放送の録画にも対応する機種がおすすめです。

新4K8K衛星放送のすべてを視聴したい場合は新たなアンテナの設置が必要になりますが、従来のBSデジタル放送を視聴できる家庭なら、そのままBS4Kの6チャンネルを視聴可能です(マンションなど集合住宅の場合は管理会社に問い合わせるといいでしょう)。新4K8K衛星放送を録画したい方は「BS4K/110度CS4Kチューナー」搭載モデルをおすすめします。

「BS4K/110度CS4Kチューナー」とは

Panasonic(パナソニック)『おうちクラウドDIGA 4Kチューナー内蔵モデル(DMR-4W400)』

「BS4K/110度CS4Kチューナー」内蔵のブルーレイレコーダーなら、4K番組を4K画質のまま高画質で録画できる。

>> Amazonで詳細を見る

4K放送の番組を見るために必要な4Kチューナーのこと。

4K対応テレビでも、4Kチューナーが内蔵されていない場合があります。その場合、この4Kチューナーをアンテナに接続すれば、4K放送を見ることができます。チューナーが内蔵されているブルーレイレコーダーなら、4K衛星放送をそのままの高画質で録画することができるので便利です。

さらにSHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)のついたアンテナを設置して接続すれば、有料放送を含め18チャンネルも楽しむことができます。

独自の録画・再生機能、その他の機能もチェック

トレンドになっている注目機能を中心に、ほかにチェックしておいたほうがいいブルーレイレコーダーの機能を紹介します。

超解像技術対応モデルで過去の映像もクリアに

超解像度技術対応モデルなら、どんな映像でも高画質で見ることができます。

解像度の低い映像を高解像度に変換し、輪郭を補正したりノイズを除去するなどの機能によって、以前に録画した低画質の番組やDVDを、クリアでくっきりした映像で再生できます。とくに4Kテレビをお持ちの方なら、その高画質を活かせる4Kアップコンバート機能のあるモデルを選べば、画質のよさを堪能することができますよ。

「SeeQVault」対応で外付けHDDと連携して録画番組を移行!

「SeeQVault」は、録画した番組を別のレコーダーでも見られる機能。

外付けHDDを使ってデータの移行を行う場合、HDDもSeeQVaultに対応していれば、メーカーが異なるレコーダーでも初期化せずそのまま使うことができます。HDDを持ち出せば、別の部屋や外出先でも録画した番組を見られるので便利ですよ。

「スマホ連動」で録画番組をいつでも楽しめる

スマホ連動機能があれば、レコーダーで録画した番組をスマホやタブレットに送れるので、テレビのない部屋や外出先でも番組を見ることができます。

また、スマホアプリにから録画を予約したり、現在放送中の番組を見られる機能があるモデルもあります。いつでもどこでもテレビ番組を楽しみたい、という人はチェックしてみてください。

IT・家電ジャーナリスト

独自機能は使い方にマッチするかを確認しよう

各メーカーともに、新番組自動録画機能おまかせ録画機能連ドラ自動録画機能予約ランキング機能など、ユーザーが好みの番組を予約し損なわないように、さまざまな機能を搭載しています。

録りためた番組を効率的に視聴するための再生機能もメーカーごとに異なるため、機種特有の機能が、自分の使い方にマッチしているかどうかは、ブルーレイレコーダー選びのコツの1つです。

動画配信サービスへの対応スマートフォン・タブレットへの番組転送機能外出先から録画番組を視聴できる機能などもありますので、このような機能の有無もしっかりと確認しましょう。

【アンケート結果】購入する際はココがポイント!

Q.ブルーレイレコーダーを購入する際に重要視するポイントを3つまでお答えください。

【第1位】価格 58.7%
【第2位】HD(ハードディスク)の容量 56.8%
【第3位】同時録画できるチューナー数 37.4%
【第4位】メーカー 25.2%
【第5位】予約録画タイプ 20.4%
【第6位(同率)】全録画タイプ 10.9%
【第6位(同率)】「らくらく設定」などの簡単機能があるかどうか 10.9%
【第8位】4Kブルーレイ規格かどうか 8.5%
【第9位】最新モデルかどうか 7.6%
【第10位】スマホ連動機能があるかどうか 7.3%



アンケート結果では、やはり、価格は一番大切な要素。シンプルな機能のものは1万円~3万円で買えるものもありますが、高機能なものは10万円を超えるものもあります。
どんな使い方をしたいのかはしっかり考えた上で、価格帯の商品を選んでいきましょう。

そして、価格と同じくらい重要視している要素は「HDの容量」。いろいろな番組を録画したいという方もいらっしゃると思いますが、意外と忘れがちなのが、データの消し忘れです。いっぱいの状態だと、次の録画ができないので失敗したというケースもあります。そのため、あらかじめ大きめの容量を購入しておこうという方も多いのではないでしょうか。

その他、同時録画の数や、どこのメーカーなのか、また簡単機能の有無などが、ユーザーが重要視するポイントでした。

ブルーレイレコーダーの使用頻度は、自分の生活リズムに直結します。テレビを観る、観ないで、搭載するべき機能も違えば、価格も変わっていきます。
まずは、ブルーレイレコーダーをどんな風に使っていきたいか考え、購入するようにしましょう!

その他のブルーレイディスクや4Kテレビの記事にも注目!

TV番組をたくさん録画したい、データのバックアップを取っておきたい! そんなときにおすすめなのがデータを保存するために使う外付けのHDD(ハードディスクドライブ)です。ITサポートエンジニアの古賀竜一さんにお話をうかがい、外付けHDDを選ぶポイントとおすすめの製品について教えてもらいました。

ガジェットレビュアーに、ブルーレイディスク(Blu-ray Disc)を選ぶときのポイントやおすすめのブルーレイディスクを教えてもらいました。「BD-R(追記式)」と「BD-RE(書き換え式)」の書き込み方式の違い、容量、倍速の数字など、数ある中からどのようにして選ぶのがよいか解説しています。

AV家電のプロである折原一也さんへの取材をもとに、4Kテレビを選ぶ際のポイントやおすすめの製品などを紹介していきます。この記事では、最新の2019年モデル7製品と前年2018年モデルの6製品を紹介しています。

新4K衛星放送は従来のBSデジタル放送と比べて4倍の画素数で描写される高精細。臨場感のある映像を体験してみたいという方も多いでしょう。本記事では、オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家である折原一也さんへの取材をもとに、4Kチューナーの選び方とおすすめ商品を紹介しています。

◆アンケート情報
調査時期:2020年4月1日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:503名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)

※各商品のクチコミは、あくまでアンケート回答者個人の感想になります。効果、効能を保証するものではありませんので、ご注意ください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。記事中に掲載しているクチコミはアンケート調査時の回答データを使用しております。回答者個人の意見に基づくものになりますので、商品選びのご参考にされる場合には、ご注意ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/08/24 コンテンツ追加・製品情報更新のため、記事を更新しました(制作協力:A-slash、更新:マイナビおすすめナビ編集部 成田晴香・加藤佑一・関口信太郎)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ドライブレコーダーおすすめ人気ランキング13選|信頼できる機種の選び方も紹介

ドライブレコーダーおすすめ人気ランキング13選|信頼できる機種の選び方も紹介

家電流通のプロ・近藤克己さんとへの取材のもと、前後タイプ・360度タイプ別のおすすめドライブレコーダーランキングをご紹介いたします。また、人気メーカーや近年流行しているミラー型まで、各ドラレコの解説と失敗しない選び方もご紹介いたします。初めて購入する方でも確実に分かる内容なので、ぜひ確認してください。


大画面・防水・録画機能が魅力!ポータブルDVDプレーヤーおすすめ15選

大画面・防水・録画機能が魅力!ポータブルDVDプレーヤーおすすめ15選

本記事では、ガジェットライターの水澤 敬さんへの取材のもと、ポータブルDVDプレーヤーの選び方とおすすめ商品を紹介します。大画面や防水性、録画機能など、用途に合わせた楽しみ方をご提案いたします。


タイプ別テレビリモコンおすすめ7選【汎用型・学習型】シャープなど

タイプ別テレビリモコンおすすめ7選【汎用型・学習型】シャープなど

カメラ・ガジェットライターの水澤 敬さんへの取材をもと、汎用リモコン・学習リモコンのタイプ別おすすめ商品をご紹介します。テレビのみに使用するリモコンやレコーダーやその他家電に使える商品もありますので、ぜひ参考にしてください!


【プロ厳選ランキング】ブルーレイディスクおすすめ11選|高画質・大容量で保存できる【BD-R・BD-RE】

【プロ厳選ランキング】ブルーレイディスクおすすめ11選|高画質・大容量で保存できる【BD-R・BD-RE】

ガジェットレビュアーの東雲八雲さんに、ブルーレイディスク(Blu-ray Disc)を選ぶときのポイントやおすすめのブルーレイディスクを教えてもらいました。BDプレーヤーやHDDレコーダーの普及により、自宅でのブルーレイディスクへの記録も一般的になりました。大切な映像や、ドラマや映画などを残したいと思ったときに、必要になってくるのがブルーレイディスク。「BD-R(追記式)」と「BD-RE(書き換え式)」の書き込み方式の違い、容量、倍速の数字など、数ある中からどのようにして選ぶのがよいか解説しています。


【2020年版】テレビ用外付けHDDおすすめ21選|TV録画に便利な商品を紹介

【2020年版】テレビ用外付けHDDおすすめ21選|TV録画に便利な商品を紹介

フリーライター&エディターの堀井塚 高さんへの取材をもとに、2020年版テレビ用外付けHDD21選をご紹介します。TV録画にも役立つHDDレコーダーをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


新着記事


オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

漂白剤はさまざまなメーカーから発売されていますが、今回はSNSなどで話題のオキシウォッシュを実際に購入し使用してみました。筆者は「オキシ漬け」なるものをこれまで経験したことがなく、SNSなどではいい面がたくさん見えるので期待を抱きつつも「つけて置くだけでガンコな汚れが落ちるわけないだろうと」実は半信半疑。さらには少しでも手間だと感じると続かないタイプで、計量さえもめんどうなので目分量でやってしまうことも多いズボラ主婦です。そんな筆者が、オキシウォッシュを使用した後に実際に感じたメリット、デメリットを紹介します!


夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

『夢ゲンブラシ』は、洋服の埃がなかなか取れなくて困る。粘着式のコロコロクリーナーの消費が激しい! カーペットに掃除機をかけたのに毛が残っていてがっかり……などのお困りを解消してくれる便利アイテム。本当にいい商品なのか、実際に商品を購入し、いろいろな口コミが真実なのか試してみました!


『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は背中などにできる気になるぶつぶつやひじ、ひざ、くるぶしのガサガサゴワゴワをきれいに取ってくれる優れもの。軽くなでるだけですべすべのお肌にできます。でも、ボディータオルにしては高めの価格設定がされているので本当に効果があるのか、肌に悪影響はないのか気になりますよね。商品の口コミや、実際に使用してみての結果をまとめました。自分に合うアイテムか確かめてください!


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


アネッサの日焼け止めはスキンケアもできるの? 実際に使って、使用感を確かめてみました

アネッサの日焼け止めはスキンケアもできるの? 実際に使って、使用感を確かめてみました

今回購入したアネッサの日焼け止め『パーフェクトUVスキンケアミルク』は、しっかりUVカットをしつつ、スキンケアもできる優れもの。日焼けをしっかり防ぎながら、しっとり潤い肌も叶えてくれるという、まさに理想の日焼け止めなのです。そこで本当にしっとり潤うのか、腕に塗って試してみました。「石鹸で簡単に落とせる」については、拭き取り用クレンジングをコットンに浸して日焼け止めを塗った腕を擦り、落ち具合を検証。「石鹸で簡単に落とせる強力な日焼け止めで、肌に優しくてスキンケアもできるもの」を探している人は、ぜひ参考にしてくださいね。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る